◆ オレンジデイズ ◆

TBS系 日曜 9:00〜9:54 
(初回〜10:24)
 

■ 脚本・・・・・・北川悦吏子
■ 演出・・・・・・生野慈朗・土井裕泰ほか
■ 主題歌・・・・
「Sign」 Mr.Children
■ プロデュース・・植田博樹   
■ 公式HP・・・・http://www.tbs.co.jp/orangedays/
■ 結城櫂(22)・・・・・妻夫木聡      
■ 萩尾沙絵(22)・・・柴咲コウ
■ 相田翔平(22)・・・成宮寛貴
■ 小沢茜(22)・・・・・白石美帆
■ 矢嶋啓太(22)・・・瑛太
■ 柿崎・・・・・・・・・・永井大
■ 高木真帆(25)・・・小西真奈美
■ 佐伯そよ子・・・・・山田優
■ 桐島あゆみ・・・・・上野樹里
■ 結城愛・・・・・・・・・岡あゆみ
■ アリサ ・・・・・・・・・佐藤江梨子
■ 堺田教授 ・・・・・・小日向文世
■ 萩尾ゆり子・・・・・・風吹ジュン
ほか

文庫本
オレンジデイズ (角川文庫)
主題歌
Sign
サウンドトラック
オレンジデイズ オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
オレンジデイズ DVD-BOX

最終回   2004.06.20.         君の声          ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沙絵からの手紙の中身は「○」だけ。意味わからんけど、沙絵らしいわね。
耳の状態は少しは良くなったらしいけど、茜にだけ連絡して、櫂にはないのかい!
おまけにドイツでハルキと結婚話が進んでるみたいだし・・・。

翔平くんが帰ってきましたぁ〜!茜と連絡取ってなかったんだ・・。結構冷たい男なの?と思ったら、
「手紙じゃなくて写真で茜に伝えたかったんだ・・・」だって!っかぁ〜!恥ずかしくてそんなセリフ言えねぇぇぇ!!(笑)
その翔平くんの計らいで、「櫂くん、ドイツでプロポーズ作戦」のための指輪を買いに行くことに。
そこで偶然、帰国していた沙絵に出会う。
沙絵は耳が少し聞こえるようになったのに、今まで声を出そうとしなかった。けど、
偶然銀座で出会った櫂に向かって、「かいぃぃ〜」と呼びました。思わず、声が出た、て感じだね。
「久しぶり」。手話を交えて話す櫂の声を、沙絵は初めて聞けたのかしら?

沙絵は櫂が真帆と結婚すると思ってたんだ。あの日のこと、本当に誤解してたんだね。
だからドイツにも行ったし、ハルキとも結婚しようとしてたんだ。
真帆も最後は良いことするねぇ!あなたにあそこで出会えて良かったわよぉ。
真帆もカッシーとうまくいってるみたいだし♪
「誰にでも弱いところはある、あなたがしゃべるのを怖がっているように・・」という真帆の言葉、
沙絵には伝わったんだろうな。素直になりなさい、沙絵。

沙絵は結婚をとりやめ、日本に残ることに。
卒業式を途中で抜け出した櫂はオレンジノートを見つける。そして、沙絵も見つける。
「もう一度、二人でやり直そう」・・・・Happy Endですのね。
その後、皆が再会するシーンは、青春像、丸出しでしたね、コマ送り仕様で。
子供の卒業式を微笑ましく見ている親の気持ちで見てしまいました。

そして、エンディング。
皆、それぞれの新しい生活、啓太、茜はそれぞれ仕事してて、翔平はチベットへ。
翔平は、あのシーンのためだけにチベットへお行きになったの?なんてお金のかかること・・・・。
そして沙絵と櫂は、同棲ってことですか?ま、いいんですけど、母親とか、櫂の家族のこととか、
全く触れられることはなかったねぇ。そういうところはごまかされた感はありますが・・・。
ま、最後は沙絵が「櫂、いってらっしゃい」としゃべるシーンで、櫂の嬉しそうな泣き顔にちょっとヤラれました。
妻夫木くんは、間をとれる良い役者さんになったねぇ・・・。
そして最後の写真、最後まで啓太はボケてて、彼のいいところ、最後までナシ!(笑)

この最終回は、ほとんど展開が読めました。
まず、指輪を買いに行ったシーン、沙絵に再会するんだろうなぁ。。。と思ってたら、やはり。
そして、ここで沙絵は真帆を再会するんだろうなぁと思ってたら、やはり。
きっと沙絵はオレンジのなる木のところにいるんだろうなと思ってたら、やはり。
最後は沙絵がしゃべるシーンで終わるんだろうな、と思ってたら、やはり。
ま、裏切られもせず、驚かされもしない最終回でした。なので、とっても良かった!!と思えるほどではなかったな。

 ■ 総評 ■

期待以上でも以下でもなかったです。とにかく、柴咲コウが出てるということで、まず、構えて見てまして、
北川脚本、ってことで、不幸が増えるのでは?と危惧していたところもあったんですが、それはなくて良かったっす。
ま、こんなもんかな?って感じです。
決して駄作だと言っているわけではないですよ、ないですけどぉ、傑作というわけでもない、という所でしょうか。


第10話   2004.06.13.         君がいない          ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沙絵は何ともなかったみたいでしたねぇ。でも、みんなが来てくれたんだから「ごめんなさい」じゃなくても
「ありがとう」は素直に言った方がいいと思うよ。いちいちお母さんに口答えするんだから、この子は・・・。

「君と一緒にいたら一生飽きない」っていう櫂の言葉を聞いて「プロポーズ?」って・・・。
考えすぎっしょ?沙絵ちゃん。
それに、年を取った櫂が昔の恋話をするだろう、っていう仮定の話も、ものすごい想像力だよね。
ドイツに行かなくちゃいけないのはわかるけど、櫂の気持ちを考えてやって欲しいわぁ・・。
こんなに好きなのに・・・。
ま、どんなカップルも女の子の方が現実的で、先を読む性質があるからなぁ・・・。

真帆が再登場してきました。
「私、熱あるぅ〜?」って言いながらキス!こらぁ、何やってんだ!この女は・・・。
「昔は年上ってことを気にしてキスしてとか言えなかったのよね」っていうのは分かる。
だからってお互いに恋人がいる身でキスするなぁ!酔った女はタチが悪い・・・。
さらに櫂の家に上がりこんで飲み始める始末・・・。でも、櫂と付き合ってた頃よりも明るくサバサバした子になってたね。
そこを沙絵に見られちゃいました・・・。見なかったふりして帰ればいいのに、シャツはちゃんと置いてくるんだから・・。
「私、見たわよ・・」っていう意思表示なのね。
ま、最終回前のイベント的に再登場してきた真帆ちゃんでした、って感じですかね。

何よりムカついたのは、ゆり子だよ。娘の携帯メール勝手に読んだり、おまけに削除したり!
(間違って消しちゃった、って言い訳してたけど、操作がスムーズだったわよ!)
娘の足を引っ張るな、経済力もないくせに!みたいなこと言っちゃって・・・。
ま、あのメールを沙絵が読んでいても、もう一度会おうという気になったとは思えないけどね。

櫂に内緒で旅だつ沙絵。追いかける櫂。「しあわせになってね、しあわせでいてね、私はあなたを忘れない・・」
言い逃げですか?櫂はどうしたらいいんですか?勝手な女性登場人物、オンパレードですね。

来週は15分拡大最終回。翔平は無事チベットから帰ってきてたみたいだけど、沙絵はハルキと結婚?
最後のお手紙の内容は結婚報告?勝手に離れていって、勝手に結婚するって知らせるなんて、
本当に勝手な女だなぁ・・。櫂はきっと沙絵と一緒にいたら一生振り回されそうだな・・・。

「くるり」の曲、やっぱ良いなぁ・・。どこかの月9ドラマと違って、主題歌歌手の曲をフル活用しないところが素敵!
もっと聞きたかったなぁ、くるり・・・。

第9話   2004.06.06.         悲しい運命          ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
母親のドイツ行きが決まっちゃって、しかも幼馴染ではとこのハルキがやってきちゃいました!
「妬かないの?」って、子供の頃の約束でしょぉ?妬くもんかい!
でも、沢村一樹って知ったらちょっと妬いちゃうかもなぁ・・。

母親とハルキの勧めで全日本ピアノコンクールに出場することにした沙絵。
でも、弾いている最中に唯一聞こえていたはずの高音部の音が聞こえなくなってて、呆然・・・。
なのに母親が出てきて「もう一度お願いします!沙絵、もう一度弾いて!」っていうのはどうよ?
あの状況、気づいてやんなさいよ!櫂がいなかったら沙絵はもっと可哀想なことになってたはずよ!
でもさすがだね、櫂は気づいてたんだ。全然聞こえなくなったのはこれが初めてではなかったんだ・・。
手術をすれば今よりも聞こえるようになる可能性があるけど、耳の形が特殊だから成功率は60%。
簡単に手術したら、とは言えない状態なんだね・・。
6割の確率なら成功する方に賭けたら?と思うのは楽観なんだね。
確かに、4割に入るかもしれない、今ある希望がなくなるのが怖い、っていうゆり子の気持ちはわかる。

櫂が沙絵に手術を勧めたことをゆり子に責められていた、そのとき、沙絵はバイク事故に・・・。

来週は翔平はチベットへ、沙絵はドイツへ行っちゃうみたいだね。もうこのドラマも終わりに近づいてるんですけど、
結末はどうなるんだろう。沙絵の耳は?沙絵と櫂は?あと残り2回でどこまで描けるのか?
納得いく終わり方になるんだろうか・・・。不安・・。

翔平の妹・あゆみのあの足は、家を出て行くお母さんを追いかけて事故ったんだね。
翔平はだから更に母親が許せないんだ・・・。悲しみを抱えて茜の元に・・・「このまま抱きたい」「いいよ」って
先週、そんなに簡単にそういう<関係になりたくない!って言ってなかった?
若さゆえぇ〜♪(古!)って感じだね。

第8話   2004.05.30.         結ばれる二人          ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回あんな終わり方したから、今回はどんな始まり方するのかと思ったら、やっぱり何もなかったように
振舞われてしまったのね、櫂くん♪。沙絵はそんな子なんだから、理解してあげないと・・。
しかも憎まれ口叩いちゃって、ケンカ状態。
そこで茜&翔平の出番!二人っきりにしてあげよう作戦決行ですね。良い友達だぁ〜。
気まずいまんまで二人で海へ・・・。相当怒ってるね、櫂は。でもそこですかさず茜のフォロー!
周りの人たちの協力で、ようやく結ばれちゃいました!
大声で告白する櫂は良かったねぇ。「こんな大声で告白する俺もかっこ悪いぞぉ!みんな見てるぞぉ!」って
その後、人前でキスする方が100倍恥ずかしいけどなぁ・・・。
もう一回好きだ、っていうところ、ブッキーが超カッコ良かったわぁ・・。
久しぶりにあーいうラブシーンを見せていただいた気がします。

なのに、せっかく幸せになったのに、沙絵はめまい・・・。これから何が起こるんすか?
耳が治る??予告でピアノの高音部分を何度も叩いてたのは、もしかして聞こえるから?
それとも、今まで微かに聞こえていたはずの音までも聞こえなくなったってこと??
うぅ〜ん・・・。暗い話にならないといいけど・・・。

しかし、翔平って優しい男の子だねぇ・・・。友達が心配で名古屋まで行くなんて。
不器用だけど、道で男の人にぶつからないように茜を引っ張ってあげるとか。女心をくすぐるんだよね。
でもあの服の趣味はどうにかしてくれい!毎回、翔平くんの服は刺激的すぎますです(笑)。
茜と付き合うには片付けなくてはいけない問題があるから、だいぶ待たせることになりそうですな。

第7話   2004.05.23.          君が好き            ★★★★★★☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
柿崎は昔のバイオリン仲間で、沙絵の憧れの先輩だったんだ。付き合ってたわけではないんだ。
啓太も茜を避けるし、櫂も沙絵を気にするし、翔平は茜に付き合おうとか言うし、気まずくなっちたねぇ。
櫂に冷やかされた沙絵はキック!こういうところは柴咲コウらしいです・・。

翔平は沙絵には素直に話す。「君は静かだから」。そういうこと言われてもイヤな顔しない沙絵は好き♪
櫂のことは「近すぎて好きとか嫌いとかわからない」か・・・。そうだよね、近すぎるとトキメかなくなるのよねぇ・・。
櫂も優しすぎるから柿崎とのデートの応援とかしちゃって、ダメだよぉ!
「櫂は、私が誰かを好きになってもいいの?私がいなくなってもいいの?」なんて聞かないでよぉ。
櫂くんが可哀想だわ。必死で沙絵を応援してたのに・・。櫂の気持ち知ってて言ってるんだよね?
なんて言ってほしいんだ?「行かないで!」って櫂が言ったら行かないのか?

柿崎に告白されちゃった沙絵。彼氏はいないって言っちゃうし、いいのかぁ?
でも柿崎って、何かウラがあると思うんだけどなぁ・・。利用しようとしてるんじゃないの??
・・と思ったらやっぱり!!企画書を見つけちゃった沙絵。柿崎さぁん、デートに持ってきちゃイカンだろ?
しかも彼女いるんじゃん!青田典子か・・。趣味悪いのぉ・・・。
でもさ、だからってさ、柿崎がダメになったからって櫂にする、っていうのは許しませんよ!

櫂に振られたとメールする沙絵。櫂の返事「うん」ばっかりだけど、そのメールも料金かかってんだよね。
もったいないから、何か書いた方が・・・(笑)
「会いたい」って送った後充電が切れる沙絵の携帯。大学へ行く沙絵。そしてそこに櫂が来る・・・。
出来すぎや!そんなことあるかい!ドラマみたいや!(ドラマや!っちゅーの)
振られた女を抱きしめるんだ・・・。そこから始まる恋って多いよなぁ。
私は、弱った人につけこむ恋も、弱ったときに優しくしてくれる人を好きになる恋も好きじゃないんだ。
それって、確かに一つのきっかけかもしれないけど、私は好きじゃない。
だからこのまま簡単に付き合って欲しくはないです。

来週はケンカしたり好きだって言ったり、忙しそうです・・・。


第6話   2004.05.16.            彼女の恋             ★★★★★★☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだキャンプの続きだったか。感心するくらい翔平は女の子の扱いがうまいねぇ。
どんなにイヤな奴!とか思ってても、ふと見せる優しさにクラっとくるものなのよね、女は・・・。
意外だったのは啓太があっさり茜にふられて、しかも茜が翔平にあっさり告白しちゃったこと。
啓太の扱いはそんなもんなのね・・・。このあとも彼の存在はきっと薄いに違いない・・。
それにしても白石美帆だけめっちゃ浮いてるね!すんごい年上のお姉さんって感じ。
翔平も「顔だけ」男、みたいな言われ方されてて、強がってる分、本当に心を許した人には依存しそうな感じ・・。
「お茶3パックを4人分に分けてきて、君のがないじゃん。君ってそういうとこ、可愛いよね・・」だって!
そうか??女を可愛いと思うポイントがわからんわ・・・。

「仕事で疲れた帰り道、夕日を見てキレイだ・・今日も1日良い日だった・・とは思えないのよ、私は」
っていうこと自体、普通の人生を馬鹿にしてると思うんだけど。
お嬢様で、お金に困ったことも、働かないと生きていけないことも知らない女の言う事で、
聞いてて腹立つ!って感じでした。はいはい、ピアノでも何でも弾いてな!って感じです。
沙絵は櫂の言葉に励まされてピアノで就職しようという気になったのね。
ま、平凡で地道な仕事はイヤみたいなので、その道しかないと思うけどね・・・・。
お母さんの名前とか使いたくないとか言いながら、耳が聞こえていたころの栄光を履歴書に書いてるじゃん。
それに惹かれて採用されたわけだから、ま、今の沙絵が選ばれたとは思えないんだけどね。
この後、やっぱり就職できないことになっちゃったりしそうな気もするんだけどさ・・・。

そのピアノバーに永井大くん演じる柿崎登場。あれは沙絵の片想いではなくて、付き合ってたってこと?
抱き合ってたし、予告で「今も好きだよ」とか言われてたし・・。
櫂を見る沙絵の目と柿崎を見る沙絵の目があまりにも違ったので、櫂はショックだったのよね?
それって、櫂もすっかり沙絵のことが好きになっちゃってるってこと?
まだ真帆と別れたばかりなのに、あっさりとしたヤツだ・・・。

この主題歌、いいねぇ!やっぱり桜井さんの声って脳に響く気がするんだよな。

第5話  2004.05.09.            二人の夜             ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「櫂が振られるのをみたくない、恋愛感情じゃない、もう恋はしない」という沙絵。
耳が聞こえなくなってから辛い恋をしたのかな?ほんとは櫂のこと好きなくせにぃ〜・・・。

櫂は勇気を出して真帆に会いに。すっかり真帆は佐野の方に気持ちが行ってるんじゃない??
必死に話す櫂が痛々しい・・・。「学校行って就職したら真帆と結婚したい」・・・今ごろ言っても遅いってか?
そこに佐野が・・・。「ハハ・・かわいい」だって!っきゃぁ!!ムカつくぅ〜!!子供扱いかよ!
「ぼく・・いや、オレ、」って言い直す櫂がまたも痛々しい・・。
「もう、カレのことが好きなの」、やっぱりかい!この二人が3年も付き合ってたっていうリアリティがないんだよな。
別れのシーンもなんか空々しい・・・。今別れるってことは、この先真帆が戻ってくるような気もするな・・。
「やっぱり櫂くんの方が好きなの!」とか言って。あの女ならやりかねない・・・。

茜の就職の内定が出て、お祝いにオレンジの会の皆でキャンプに行くことに。
話の途中にいなくなった櫂を教室で見つけた沙絵。泣いてる櫂を見て、見なかった振りを決め込もうとする沙絵。
バガボンドでタケゾーが死んだら話は終わっちゃうでしょ?(笑)
泣いてる櫂を優しく後ろから抱きしめる沙絵。すっかり良い雰囲気ですね、この二人は。

上海ハニーの歌にのってドライブ開始!すごいね、あの曲の手話は、早い!啓太の上達っぷりには感心しますわ。
これも愛の力なのか?(笑)
みんなでバーベキュー、缶蹴りか、楽しそうだなぁ・・・。若いって素晴らしいねぇ、戻りてぇ〜・・。
忘れた自転車を探してて、見つけた櫂と沙絵。鍵のナンバーを当てたら付き合う、っていう賭けをする。
偶数というヒントをくれたのに、櫂は「3」に合わせる。沙絵は気付いてないみたいだね。
翔平と茜も啓太そっちのけでいい雰囲気になってきたな。啓太ったらホントに間抜けだわ。

あっらぁ・・・。沙絵の元カレ(?)は永井大くんだったかぁ・・・。こりゃまた複雑になってきましたね・・・・。

いやぁ、しかし、キャンパスのシーンをよく見ると、タバコ吸ってる女のコ多いねぇ!
みっともないし、体に悪いから、やめた方がいいと思うよぉ〜・・・。
それと、シャンプ中の翔平のズボン、カッコ悪くない?? シマウマかよ!

第4話  2004.05.02.            僕の失恋            ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「甘くてすっぱい、俺達の青春・・」でオレンジの会?ダサっ!いかにも啓太の考えそうな事だこと・・・。
しかし今時交換日記っすか。字を書くことすら少なくなってきたこの時代に、新鮮なのかもしれないけど・・・。
でも、あのノートって、あの窓際に置きっぱなしにしておくの?誰でも読んでいいのか?
んじゃ、みんなオレンジの会に入ってもいいのかい??(笑)

沙絵はやっぱり先週の櫂の「君を暗闇から救う」っていう言葉、告白だと思ってたんだね。
私だってあんなこと言われたらその気になっちゃうもん♪でも、こじれないところが沙絵らしいけどね。
バイオリン以外に何か探してみるという沙絵に触発されて、就職を考え直そうとする櫂。
確かに福祉の勉強してるんだから、そっちの方に進むのは自然だと思うけどね。

佐野ぉ〜「俺の心も、いつも真帆の手の届くところにあります」だって、クサっ!でも、嬉しいかもなぁ・・・。
んでもって櫂と距離を置こうとする真帆。うん、いいんじゃない?その方がみんなうまくいきそうな気がするよ、私は。
就職のことも相談してもらえなくて、将来のことも考えてもらえなくて、真帆がドン引き。
必死に櫂が言い訳してるときにカメラがドンドン引いていくから面白かったっす。
真帆も正直に佐野のことを櫂に話しちゃうんだから、この二人はもうダメかな。

最後の櫂が沙絵に携帯を投げるシーン、「愛してると言ってくれ」の鍵を投げるトヨエツのようでしたね。
しかも走る自転車に当てたということは、走る距離も考えて投げたのか?すごいヤツ・・・。
でも気をつけないと沙絵が事故っちまうぜ、櫂くん。

やっぱり、茜=白石美帆は違和感だなぁ・・・。どう見ても大学生に見えへん!浮きまくり!!
翔平との関係も先が見えてて、あまり興味なぁし!てことで・・・。

第3話  2004.04.25.            君の涙             ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さすが百戦錬磨の翔平、沙絵の嘘を見抜いて合わせてあげるんだもん。裏がないなら良い人だねぇ。
啓太のラブレターの内容にはぶったまげだけどね。「あなたのたてがみは・・・って馬かよ!」(大ウケ)
啓太のラブレターの相手が茜だって知ったときの翔平の表現が最高!
「あー、あの、のぼぉ〜っとした?」っていう表現が最高にピッタリで大ウケ!のぼぉ〜としてるもん!

やっほぉ〜!カッシーだぁ♪やっぱぴカッコイイわぁ・・。
「オレの前でなら泣いたり怒ったりしてもいいんだぞ」 っきゃぁぁぁ!!言われたひ・・・。
佐野は真帆のことが好きなんだねぇ・・。
でもさ、自分のことを好きだと思っている人に相談するのって罪深いよなぁ・・。
逆の立場で考えたら辛いとか、考えないのかしら?モテる女は無神経なのか・・・。

大学のオーケストラに加わることができて、嬉しくて抱きつく沙絵は確かに可愛かったなぁ・・。
でも素直じゃないから、櫂のことめちゃくちゃに言っちゃうんだね。
確かにありゃ、新種の拷問だわ。よく我慢できるね、人間が出来てるわ、櫂は。
私ならブチ切れだよ!可愛いと思って何言っても許されるんかい!!ってな。
「でも、私、あなたのこと、好きだよ」って手話、結構みんなわかっちゃうかも。
誰か見てたらバレバレじゃんか!危ない、危ない・・・・。

確かにバイオリンって耳が聞こえないと難しいよね。ピアノだと鍵盤が決まってるからまだマシだもんね。
オーケストラをクビになったことを言えない櫂。沙絵は練習に参加してしまうじゃないか!ひどいよ・・・・。
そっちの方が傷つくよなぁ・・。そんなときに真帆から「しゃべったら?」とか言われちゃって・・。
沙絵が話さないのはバカにされた過去を持っていたからで、間が悪いっすね、真帆さん。
自分も傷ついてるのに沙絵のところに行っちゃう櫂にショックを受ける気持ちはよくわかる、けどぉ!
だからってまた佐野を呼びだすんかい!んで、どうなったんじゃ!あの二人は??

櫂が沙絵の元へ。「耳が聞こえなくなったのは、ただ不幸がやってきただけ」、
「僕が君を、音の闇の中から救う」、櫂はどういう気持ちでこの言葉を言ってるの?
本当にただの良い人で、ボランティア感覚で言ってるの?勘違いしちゃうよ、沙絵は・・・。
それと、客に片付けさせるのかよ、沙絵母!無礼な母が沙絵をあんな我侭にしちゃったのか?


◇ 今日の気になり ◇

ベートーベンって、ヅラなの??

第2話  2004.04.18.           恋のはじまり           ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真帆に沙絵のサポートさせるなんて、コッヒー、いや、堺田教授も罪な人だ・・・。
「なんか、私とは合わないような気がする・・・」って、私もそう思うわ、真帆と沙絵は。
頭っから障害者だと決めつけて対応する真帆はちょっとイヤかもしれないわ・・・。
「どういう知り合い?」って聞く真帆の横でニヤニヤ笑っている沙絵がちょっと可愛かったわぁ・・。
キス、のことは言わないから」の字が大きくなって、ちょっと演出で笑っちゃいました。

「障害をのりこえて」っていうセミナーでの「F○○K YOU」は衝撃やなぁ・・。(汚い言葉なのでふせます)
それよりビックリはバイオリンを売ってしまった沙絵に人のバイオリンを貸す真帆だよ。
しかも市民で集まるクラシックの会なんかで新進気鋭のバイオリニストを弾かせるなんて・・・。可哀想だよ・・・。
福祉に携わる人間なら、もうちょっと心を大切に接していって欲しいと思うわ。マニュアル通りじゃなくてさ。
いろんなことを手話で言い捨てて出ていく沙絵をフォローする櫂が痛々しい・・・。

薄暗い部屋で沙絵は溜まっていた思いを吐き出す。手話をいちいち言葉に代えないで!
・・・すんごい心に響いた。私が学生の頃手話を学んでいたとき、そんな風に考える人もいたかもしれない。
無意識にしていることが人を傷つける、そんなこと、考えられない自分がイヤです・・。
「真っ暗にして沙絵を抱きしめたいと思った、それは恋とは違うと思った」・・・恋ですよ、櫂くん。

櫂は沙絵が売ったバイオリンを探し始めた。翔平と啓太が手伝ってて、上っ面な友達かと思ってたら、
なかなか良いヤツらだったわ。でもこの禁煙ブームなのに二人ともプカプカ吸っちゃってるのでガッカリ・・・。
沙絵は心から感謝した。ありがとうなんか言うわけないと思っていた櫂もビックリ。
目を潤ませてお礼をいう沙絵を見てて、こっちまで涙が溢れてきました。

翔平と啓太にお礼をする沙絵。二人とも茜目当てなのね。どこがいいんですか、大学生には見えませんけど?(笑)
翔平ったら出会い頭でキスするんすか??相手の女もどんなヤツやねん!
でも、茜みたいな真面目な子は、あーいう危険な香りのする男に惹かれるんだろうけどね・・・。
沙絵をバカにする発言をした男たちをいきなり殴りつける櫂。でも勘違いで、違う人殴っちゃった・・。
私が殴られた側の人間だったら、あんなに簡単には許せないけどね・・・。
怪我をした櫂を心配して戻ってきた沙絵は真帆と櫂のラブラブシーンを見てしまう。
・・・・・沙絵もはじまっちゃいましたか、恋。

あのねぇ、気が強いだけの柴咲コウ、ってのばかり見てきたので、
こういう可愛い気の強さは新鮮で気に入っちゃいました。
さてさて、来週はカッシーが出てきちゃいます!やっぱりカッコイイ・・・。
なに?真帆とどういう関係??カッシー=真帆、櫂=沙絵ってことに、簡単にはならないだろうから、
こりゃまた人間関係が複雑になってきちまうのだねぇ!面白くなってきちゃったな、このドラマも・・・。

第1話  2004.04.11.          声を無くしたマドンナ          ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
満面の笑みのブッキーから始まり、始まりぃ〜!!
ブッキーは大学生の役がピッタリねぇ!実年齢も23歳だから、ピッタリの役だね!
就職かぁ・・。そんなころもあったなぁ・・・。私は看護師であまり就職に苦労した記憶はないし、時代がバブルで就職難なんてなかった頃だったからなぁ・・・。今の学生さんは大変ですねぇ・・・。

キャンパスでバイオリンを弾く沙絵に引っ張られるように近づく櫂。手を差し出す沙絵にお金を渡そうとするが持ち合わせが無くてオレンジを渡す櫂。これが二人の出会いですか・・・。確かにバイオリンに引き付けられたっていうか、あんだけキレイな子が弾いてたら見てしまうわな・・。

コニちゃんがブッキーの彼女役なんだぁ・・・。小犬顔同士のカップルですね(笑)
でも、彼女がいるのに柴咲コウとどうにかなっちゃうんでしょう?コニたんが可哀想やわぁ・・。
っていうか、この二人、どうやって知り合って付き合い出したんだろう、それも気になる。
二人が付き合ってる雰囲気があんまり漂ってないような気がするのよね。釣り合いがとれてないような・・。

感じ悪い役させたらお似合いだよね、柴咲コウは。でも手話は上手だったわぁ!コニたんの手話のシーンで思ったのは、手が流れるように動いてしまって、ピタと止まらないから、読み取りにくいです。ちょっと手話を勉強したことがあるくらいの私でも、あの手話はちょっとね・・。
柴咲コウはすっごい勉強したんだろうなぁ・・・。感心、感心。。
でも、手話をしながら、口も動かす聴覚障害者のほうが多いと思うんですけど?私が今まで接してきた方々はみんな口も動いてました。あそこまでかたくなに口を閉ざさなくてもいいのでは??

翔平はしつこいアリサを諦めさせるために啓太と付き合ってるというホモ説を!確かにそういう理由だったら諦めるな。
翔平は外では強がってるけど、家では優しいお兄ちゃんなんだね。でも妹が足ひきづってて、そのことに何か後ろめたいことでもあるのかなぁ・・・。複雑そうな家庭で、今後気になります!
でもサトエリだけじゃなくて、モデル役の山田優ちゃんまで関係あるんかい!かっこええのぉ・・。
ごこまでも謎の多い翔平くんだわ。

啓太はモテない役だけど、あんなに背が高くてカッコイイ男だったらもててるに決まってんでしょ??
リアリティがないんだよ、瑛太くんじゃ!

んで尻込みする啓太の代わりに遊園地にいった櫂は沙絵と遊園地に行くことにする。
唇読める、って言ってるコウちゃんよ、ブッキーの目を見てなかった??おかしいなぁ・・・。
下品な手話を使うっていう話だったけど、初めてのデートであの話は手話じゃなくてもひくわ!
振られるのは耳のせいじゃなくて、その性格のせいだと思うよ、って櫂は言うけど、沙絵は何度もいろんな思いをしてきたから、自己防衛であんな風な態度をとってるんじゃないかな?

遊園地で沙絵を一人にしてしまう櫂。ダメだよぉ。キーホルダーの順番を知らせる放送だって聞こえないんだよ!雨降ってくるしぃ〜!!可哀想じゃん!
自転車置いたままタクシーで帰った沙絵のことを遊園地で待ち続けていた櫂。そのことに気付いて遊園地に戻る沙絵。待ちくたびれた櫂の指には二人のキーホルダーが。
優しく声をかける櫂に沙絵はキスをする・・・。
っかぁぁ!王道だ!トレンディドラマの!嫌味のない王道っぷりです!

来週は売っちゃったバイオリンを探してあげるんだね。それから早速真帆と沙絵と櫂の三角関係が!!前クールがドップリ暗い話だったので、切ない爽やか系のこのドラマ、楽しませてもらえそうです!
そうそう、「光の射す方へ!」って予告で櫂が言ってたけど、ミスチルにかけてるんですかい?
それと、櫂の着メロは月9主題歌だったよね?(生きとし生ける物へ)月9に負けるか!!っていう意気込みですかい??



-------------------------------------------------------------------------------------

柴咲が演じるのは、難病で聴覚を失ったバイオリニスト。
夢を断たれて心を閉ざし、美しい顔と美しい指で、下ネタや悪口なども手話で話すが、
妻夫木が演じる大学生と切ない恋に落ちる王道のラブストーリー。



期待度★★★★