◆ アットホーム・ダッド ◆


フジテレビ系 火曜 10:00〜10:54 
(初回は10:10〜11:14)
 

■ 脚本・・・・・・尾崎将也

■ 演出・・・・・・塚本連平ほか
■ 主題歌・・・・
「朝焼けの旅路」 Jackson Vibe
■ 挿入歌・・・・「愛しても愛し足りない」 Fayray

■ プロデュース・・安藤和久
■ 公式HP・・・
http://www.ktv.co.jp/dad/
■ 山村和之(37)・・・・阿部寛
■ 杉尾優介(34)・・・・宮迫博之
■ 山村美紀(28)・・・・篠原涼子
■ 杉尾笙子(33)・・・・中島智子
■ 大沢健児(24)・・・・永井大
■ 倉本冴子(24)・・・・滝沢沙織
■ 上田聡(35)・・・・・・中村繁之

■ 岩崎真理江(38)・・川島なお美
 ほか
             ・
主題歌
商品の詳細
サウンドトラック
商品の詳細
DVD-BOX
アットホーム・ダッド DVD-BOX
SP DVD
アットホーム・ダッド スペシャル [DVD]


最終回   2004.06.29.         立つ主夫、跡を濁す        ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 やっぱり面白かったぁぁぁぁ!!和之も主夫続行だったしぃ〜!大満足の最終回だったわ!

仕事が決まって嬉しそうな和之が、どうやって美紀に話そうか悩んでいるところも
娘の理恵にどう説明したらいいのかと考えるところも、昔の和之だったら考えられない行動だよね。
そして美紀も意固地になって仕事を続けたいとは言わずに家族はやっぱり一緒にいるべきだって仕事辞めるっていうし
理恵も亮太くんと海にいくことができないこと以外は、パパとママと一緒に行くって言ってくれちゃうし・・・。
家族がしっかりとしてるんだなぁと思いました。
そして、自分の中で家族が一番になっていることに気が付いた和之は仕事を諦めることにする。
うん、無理矢理ダメになったんじゃなくて、自分で決意したっていう結末が良かったわぁ。
みんな幸せそうで何より♪

優介のHP開設の心境、よくわかったわぁ!
HPを作ってすぐは誰か見に来てくれるかなぁって私も気になったもん!
でも、思った通り、HPタイトルは「アットホーム・ダッド」でしたね。わかりやすい・・・。
中島と宮迫の「よっ!さすがカリスマ主夫!」「よしなさいって」・・・「言わねぇのかよ!」っていう
さすがお笑いの二人のやりとりが最高に面白かったわ!
でも、中島のお腹の膨らみ方はちょっとおかしかったね?妊婦のお腹に見えなかったんですけど・・。

健児と冴子もゴタゴタしてたけど婚約したし、この二人のやりとりにも楽しませてもらいました!
あの二人が今の若者のカップルの姿なんだろうなぁ。女の子の方が強くて!

さすがの高視聴率番組!早速秋SPが決定してました!
「笑っていいとも」で篠原がすでに暴露してたから知ってたけど、笙子の出産の時期に重ねたのね。
楽しみです!

 ■ 総評 ■

おもしろかった!「光とともに・・・」は感動のドラマで、今クール最高だと思ってたけど、
このドラマも違う意味で高い評価になりますね。
やっぱりキャスティングが良かったんだと思います。あの阿部ちゃんが主夫!っていう違和感と、
それを完璧に演じた阿部ちゃんに乾杯!
今クール最後のドラマがコレでよかった!


第11回   2004.06.22.          良薬、主夫に苦し         ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
理恵ちゃん、お注射嫌いっていいながら、めっちゃお利口さんだったねぇ!
もっと、もぉ〜っと暴れる子、いるもん。体が大きくなると押さえるのが大変なんだよねぇ・・。
でもさ、理恵ちゃんに黙っていなさいと言われてたのに話してしまった亮太くん、目をそらしたシーンが可愛かったなぁ。

理恵ちゃん、風邪ひいちゃいました。今まで看病なんかしたことのない和之は大慌て!
「やっぱりお父さんじゃ無理ですかねぇ」ってイボリー!・・じゃなかった、尾美さん、冷たい言い方だなぁ・・。
子供の熱なんて、あっという間に上がるもんでしょ?そこまで責めなくてもいいんじゃないのぉ?
だからって、和之さん、あのお布団はかけ過ぎですぞぉ!それにいろいろ飲ませすぎ!(笑)
それに1時間毎に体温をグラフ化するなんて、ホントに細かい男だ!
そんなときに仕事の依頼がきちゃいました・・・。美紀は熱海に出張だしぃ〜・・・。
せっかくのチャンス、理恵ちゃんのために断りました。昔の和之だったらきっと考えられない行動だよね。
「今はこっちの方が大切だから・・」 よく言った!甲斐甲斐しく看病する姿に感動!!

頼みの優介はどこへ出かけたかと言うと、健児と冴子のケンカの仲裁かぁ。
でもそこに真理江が来ちゃって、二人の相性が悪いとか言いだして、
そしたらお互いのことをかばい出しちゃって、あっという間に仲直り♪犬も食わない、ってことね。
結婚生活がうまくいってない真理江に言われたくないわ!って感じもしました。(笑)

さ、最終回、和之に大きな仕事のチャンス到来、でも単身赴任しなくちゃいけなくなるみたいだねぇ。
「世界が変わってたんだよね、オレのやりたい仕事ができそうなんだ」 ってことは、主夫続行?
予想以上の好評のため、最終回は75分延長です!おめでたい!楽しみです!!

<独り言>
理恵ちゃん、ホントにキツそうだったぁ・・。演技だとは思えなかったわ!

第10回   2004.06.15.           主夫は暇なし          ★★★★★★☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
優介はお金に困ってパートするわけじゃないんだよね?もうずぐ赤ちゃんだって生まれるのに、
すぐ辞めるつもりで勤めたりされたらパート先が迷惑だよぉ。
和之も暇つぶしのパートなのかしら。品出しのパートに就いたけど、品物を理解してないじゃん!
確かには葉野菜は見分けが難しいもんね。
でもさ、レジ打ちよりも遥かに和之の仕事の方がキツそうだったよね?私には無理だわ・・・。

優介はデパート勤務の過去をいかしてレジ打ちで大成功!契約社員にならないか?だって。
和之は広告代理店勤務の過去からディスプレイの腕を見込まれちゃいましたねぇ。

このままうまく話が進むと思いきや、美紀の忘れ物を理恵ちゃんが一人で持っていこうとする。
でも結局は和之がついていって、パートも辞めるということで決着♪
理恵ちゃん、噴水池の縁をケンケンパしちゃ危ないぞぉ!ほら落ちた!親が黙って見てたらダメでしょぉ!(怒)
最後の3人での掃除のシーンはほのぼので良かったですねぇ。
そんなとき、和之の退職前の作品が賞を取っちゃいました!

さてさて、話は和之の再就職へと進んでいきます。
最終回は和之がどの道を選ぶか、ということに尽きますね。
1.復職する。 2.専業主夫を続ける 3.共働きをする・・・。
私としては、主夫の和之も好きなんだけど、やっぱり復職してほしいかなぁ・・・。


第9回   2004.06.08.       金の切れ目が主夫の切れ目      ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
買物のときカートは使わない方がいい・・・確かにそうだわ、重くないからかさばる物とか買っちゃうもんなぁ。
「安いからっていらないもの買って・・・」・・・あぁ、耳が痛い!すいませんって謝りながら見てました(汗)

「おとぎハウス \29800」って??高すぎるよぉ〜!!あの年頃で3万のプレゼントは高すぎる!
意地張らずに美紀に「高すぎるよね?」って相談すればいいじゃん!
たった2週間で3万作り出すのは無理やと思いますけどぉ!そんな方法あったら、私にも教えてくださいよ(笑)
だからってギャンブルっていうのは短絡すぎるわぁ。本末転倒ですよ。

結局、安いプレゼントにしようと決めた山村夫妻だけど、理絵ちゃんに言えなぁい!
いやぁん、あそこまで期待してるのに、今更「おとぎハウス」はナシ!とか私だったら言えなぁい!!
でも一生懸命手作りでケーキ作ったり、お部屋を飾り付けたりして、それを影から見てた理絵ちゃん。
そして誕生パーティ。電気をつけたらすごい可愛い飾り付け♪風船もあって、すごかったわぁ!
「理絵、おとぎハウス、いらないよ!この部屋がおとぎハウスみたいなんだもん!」だってぇ〜・・・
良い子だなぁ、理絵ちゃん。本当に良かったぁ・・・。
でも幼稚園であんなにおとぎハウスGET!って自慢してたから、後々辛い思いをしないといいんだけど・・・。

千葉名物「はまぐり丼」おいしそうだったなぁ・・・。本当に詰めが甘いんだから、健児は!!
それと、真理江にいくら包んだんだろう・・・。材料費+気持ちってことになると、ケーキも買った方が安かったのでは・・・?


第8回   2004.06.01.        主夫老い易く、学成り難し       ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回はお受験話。その気はなかったのに、理絵が意外と頭がいいので、和之はすっかりその気!
何事もやり始めると突き詰める性格だからね、和之は。

模擬試験の練習風景は明暗分かれましたねぇ!杉尾家は和之のするどい突っ込みでタジタジだし、
亮太くんはやっぱりダメダメくんだし・・・。(でも私は亮太くん、好きよ!)
だけど、実際の模擬試験では杉尾家の亮太くんもうまく話せて、本番に強いらしい!
なのに、和之ったら、自分のセリフを優介に先に言われてテンパっちゃって、
ドアを押して開けるか、引いて開けるかの違いでパニクって、指示がある前にイスに座っちゃうし・・・。
あぁ・・。和之は本番に弱いタイプ??

真理江の夫は模擬試験にきませんでした。
真理江の夫は外に女がいて、ほとんど別居状態ってことを和之たちの前で告白。
「ママ、僕がいるよ」という翼くんには感動ですね。ちょっとはしおらしくなるかと思いきや、
なのに奥様たちの前では海外出張だっただとぉ〜?すごい!さすが・・・。やっぱり真理江はこうでなくちゃ!

来週はいろいろ節約術が見られるかしら?楽しみです。

<独り言>
宮迫くん、お腹がへっこんできたね!初回の頃の水着姿は見られたもんじゃなかったもん。

第7回   2004.05.25.         出る主夫は打たれる        ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和之はまだまだ仕事への思いが強いのねぇ。でも美紀より高収入という条件をクリアする仕事はないのねぇ・・。
そんなに美紀って高収入なのぉ?いくらもらってんだ?気になる・・・。

今回は「金を稼いだ方が発言が有利」という考えに基づく2夫婦の会話ですねぇ。
ウチはそんなことないけどなぁ。一人で稼いでるわけじゃないでしょ?どっちかっていうと私の発言の方が強いかも・・。
夫婦別々にそれぞれの家庭で飲みつぶれちゃって、愚痴を言える仲間がいて良いよね、この夫婦。

主婦の仕事を軽んじた発言をしてしまった和之に真理江の逆襲が!!奥様方に電話しまくってる姿がこわっ!
公園でのフリマでたこ焼きに店を出せだって!うっわぁ・・。面倒くさ!
山村家でたこ焼きの練習をしてたけど、あのぱりっぱりの固焼きせんべいみたいなたこ焼き、まずそぉ!(笑)
何度も試行錯誤して、なんとか形になるものの、笙子が熱を出してあっさり優介が家に帰っちゃって、一人でやる羽目に・・
しかも、フリマ会場でのあの店の位置は何?テントもないし、端っこだし!売上目標2万円??大変だ・・。
「理恵にかっこいいところを見せてあげて」と美紀に言われはりきる和之。
それにしてもあの行列はないだろう・・。そんなにおいしかったのかしら。
ま、真理江、ざまぁみろ!って感じですね。

来週はお受験問題と、真理江の夫の話か。出てくるのかなぁ?
いつも威張っている真理江の情けない姿を見られるのなら、楽しみですね。

今回の健児と冴子の話は、冴子の見合い話に健児が珍しく激怒!「追いかけてこないし・・」ってとこが可愛い♪
んで、冴子先生は見合いするのん?


第6回   2004.05.18.         苦しい時の主夫頼み        ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
幼稚園でのお楽しみ会での演目は「シンデレラ」!!確かにウチの子をシンデレラに!とか、
ウチの子を王子様に!!って思うはずだもん。幼稚園って大変・・・。
でも、そうなったら全員主役にしないと脇役の子の立場は・・って感じだよね?
真理江は自分の息子一人を王子様に配役しろとか台本変えろかとうるさく言ってきて、冴子は和之に相談する。
そういう親って本当にいそうだよね?あーまで明らさまじゃなくても文句は言う親いるんだろうね。大変だ・・・。

冴子に頼まれたことが真理江にバレて更にねちねち言われたんだけど、そこは物知り和之!
真理江をギャフン!と言わせちゃった♪あの顔!ざまぁみろ!って感じだわよ。
なのに手柄を独り占めする優介ってずるっ!
何事にもキチンとやり遂げないとすまない性格の和之はシンデレラの脚本直しで大忙し!
その脚本が大笑い!!面白すぎた!シンデレラの愚痴=主婦の愚痴なんだもん!
結末も「結婚しても働いていいかしら?」だって。普通に見てたらはちゃめちゃな劇だな・・・(笑)
劇の最後のオチは翼君のセリフ忘れで変えられちゃったけど、本当はなんとも和之らしいオチだったなぁ。
でも、「その件はまたゆっくり話し合おう」って子供のセリフか??(笑)

私、冴子と健児のシーンって結構好きなんだよなぁ。面白いんだもん。
最後は抱き合ってるところを和之と優介に見られちゃって、これから先も面白くなりそうだ!

次回は公園でのフリマですか。こりゃまた大変そうだ!「俺たちのありがたみ、思い知らせてやろう」だって!

第5回   2004.05.11.       産みの母より、育ての主夫      ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自分の好きなようにお金が使えない、家族のものなら買えるのに・・・」、わかるぅ〜!そうなのよねぇ!
旦那がいらない、って言ったら私だけ食べる、ってわけにはいかないもん、ウチだって・・・。
あぁ・・。本当にこのドラマ、うんうんって頷けるポイントが多いわぁ!
でも優介のへそくり隠し場所は安易だけどね・・・。あんなところに隠したら気付かれるっちゅーの!

笙子の妊娠が発覚。仕事が忙しくて喜べる状態じゃないみたいねぇ・・。
喜べないのは優介も同じ。息子が小学校に上がったら仕事しようと思ってた優介はちょっとガッカリしてるみたい。
そんで和之に相談。家事は代わってあげられても、出産は代われないもんね、困ったもんです。
笙子は子供を堕ろすと言い出す。それに「ごめん」としか言えない優介。
いろいろ調べたことを優介に教えようとする和之だけど、優介が泣いてて渡せない。
幼稚園で母の日のエプロンをもらう優介。そこには優介の顔が書いてあった。泣いて喜ぶ優介・・・。
何が大事なのか、ということに気がつき、主夫であり続ける覚悟をする。よく言った!
・・・宮迫って、ホントに泣きの演技が下手だよねぇ・・。眉間にシワ寄せて唇かむくらいしかできないんだもん。

結局子供を産むことになった杉尾家。優介の覚悟があってこその出産・育児になるでしょう。頑張れ!
山村家は和之には無理なので、しばらく理絵ちゃんには妹はできないでしょう・・・。

和之が煮物作ってて、味見したニンジンが固くてシャリシャリ言ってたのには笑えました♪

第4回   2004.05.04.        置いては主夫に従え       ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美紀のお母さんがやってきて、和之は立場ないなぁ・・・・。
嫁と姑の関係だな、まさに・・・。掃除のアラとか発見されて、もう、絶対ヤダ!
美紀も美紀だよ、ちょっと性格キツくなってきてない?
昔は可愛い奥さん♪て感じだったのに、立場が変わるとこうまで変わるか??って感じよ。

和之は和之なりに頑張ってるのになぁ。ひどいけど一生懸命つくったBAGとか、いろいろやってるのに、
誰もわかっちゃくれないのね・・・。
でも、理絵ちゃんはお父さんが頑張ってるところをちゃんと見てるから、文句は言っててもわかってたんだね。
救われたなぁ、トイレに立てこもったまま寝ちゃった理絵ちゃんがBAGを抱えてるところ・・・。
和之、頑張れ!負けるなよぉ!

真理江の子供は最悪やな、親のポロリと言った言葉って子供は聞いてるからね、気をつけないと!
真理江の場合はいっつもグチグチ言ってるから、子供の教育に悪いんちゃう?父親はどうなってんねん!

優介がネットで出会い系をやってるかと思ったら、株やってたんだなぁ。
確かに家計のお金を16万も使い込むのは問題だとは思うけど、でも、黙って主夫してろ!っていう
笙子の言葉も問題あると思うわ。アンタの稼ぎより倍も稼いでる!とか、言いすぎだよぉ〜。
優介ほど完璧な主夫だと、ちゃんと出来て当たり前!って思われるから、大変だよなぁ・・。

最初と最後の和之と理絵の朝の一騒動が毎回楽しくて、ドンドンはまっていく私・・・。
★を一つ進呈します!

第3回   2004.04.27.        主夫の心 妻知らず       ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮迫とオセロ中島の夫婦の標準語って、やっぱ違和感だなぁ・・・。二人とも大阪から来たっていう設定にして、
大阪弁丸だし!のほうが面白かったと思うんだけどなぁ・・・。

美紀もさ、仕事が忙しいのはわかるけど、朝はもうちょっと早く起きれば理絵の三つ編みくらいしてあげられるのに・・。
最初から何でもかんでも和之に任せすぎなんだよぉ。
でも、ズボン履くと洗濯物増えるからって履かないのはどうだろう?(笑)
スイーツクラブで「主婦には休みもないし残業代もない」って言ってたけど、確かにそうだよなぁ・・。
唯一の息抜きタイムは旦那が会社に行ってる間かなぁ・・、私の場合・・・(笑)
美紀は和之が家庭くさくなることに嫌悪感を感じてるみたいだけど、求め過ぎだよぉ!
男らしく、家事もしてね、って勝手極まりない!ま、慣れるまで時間がかかるのかな。
イライラしてる美紀に和之はおいしい料理を作って待つことに。でも美紀は仕事で大失敗!!
なんとか乗りきった美紀は上田と食事へ・・・。ひどぉぉい!!連絡ぐらいしなさいよ!
ご飯作ってたのに何も言わずに外で食べてくる夫(この場合妻)、よく聞く話だ・・。
ウチも「電話しにくかったんだよぉ」とか、「あれ?しなかったっけ?」と言い訳してくるもん、ムカつくったら!!
でもビーフシチューと高野豆腐の組み合わせは確かにおかしいね・・。

結婚記念日だから張り切って料理を作った優介なのに、笙子は部下を連れて帰ってきちゃいました・・・。
あぁ・・、忘れてたのね、笙子は。こういうことって、普通の家庭でもよくあるんだろうなぁ・・・。悲しいよねぇ。
「あぁ、ごめん!おじいちゃんの命日だった!」だって、優介、不憫・・・。
和之と優介のブランコシーンは良かったなぁ。こうやって反省して主夫の大変さを更に実感していくのね・・。

仕事で遅くなった美紀は上田に送ってもらう。家の前で真理江に目撃されちゃって、
しかもキスしてると誤解されちまった!!こりゃぁていへんでぃ!(大変だ!)
和之にわざわざチクりに行くんだもん。どうなるのか??と思ったら、意外とあっさり過ぎていったなぁ・・・。

和之に再就職の話が来て、うっきっき!だったけど、やっぱりダメでしたか・・・。
でも私としては和之には主夫をやっていてもらいたいので、良かった良かった!♪

今回は自分が仕事していた時の美紀の気持ちを実感できて良かったんじゃない?
しかし、つくづく、このドラマは主婦向けのドラマですわ。旦那様方は見てて耳が痛いんじゃないのかしら?

第2回   2004.04.20.       主夫は一日にして成らず       ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わは!お迎えバスを追っかけてるよ。面白〜い!町内を1周するバスで良かったねぇ・・。
掃除機がコロコロ転がって、「ま、これでいいか」とやめちゃうところも、効果音が良い!
宅配便に実印押してるよ!危ないったら!
お〜い!洗剤入れすぎだよ!全自動洗濯機なのになんで水が出ないんじゃ?
オムライスを作るのに材料をいちいち秤で計るなんて、細かいわ!
細かいくせに面倒くさがりで不器用だから始末におえん。
今時の男の人って、あんなに何にもできないのかしら・・・。
でも、パソコン相手に「・・・じゃないっ!!」って何度も繰り返してるとこが可愛いわ。

子供のお迎えを忘れて結局岩崎さんのお世話になることに・・・。
今日はラッピング教室ですか。紙代が500円??岩崎さん、これって商売ですか??
んで、家に帰ったら家事は何にも済んでなくて、結局杉尾の手を借りることに。
謙虚に教えてもらうんだよ!謙虚にね♪
必死に夕飯を作るパパをみて、嬉しそうな娘。なんとか出来あがったご飯を一応褒める美紀だけど、
やっぱり疑ってて、でも娘が「パパが一生懸命作ったんだもん!!」には感動だよね。
ま、ほぼ手伝ってもらったんだから、美紀の想像通りなんだけどさ。
でも、帰ってくる前にハンバーグ焼いちゃったら固くなっておいしくないと思うよ。一人じゃ焼けないから仕方ないけど。
せっかく頑張ったのに最後はケチをつけられる和之。
ま、家事をしてるとそんなもんよ。やれて当たり前、出来てないと文句言われる。そんなもんよ・・。(哀愁・・)

美紀ったら早速重要な仕事をまかされちゃって、何年もブランクのある人にそんな仕事を回して大丈夫なのか?
しかも来週は上田とどうにかなっちゃってるみたいだし・・・。
なんか、安直な話の進み方だわ。こういうのは嫌いです。

◆ 気になりポイント ◆
 洗濯機の蛇口って、毎回閉めるもの??ウチは開けっぱなしっすけど・・・。みなさんとこはどうですぅ〜??


第1回   2004.04.13.          男子厨房に入る         ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ためになるなぁ・・・。引越しのご挨拶に持っていく物は来るときは残るもの、去るときは消えるものがいいんだぁ・・。
知らなかった・・・。私、どっちも洗剤とか渡してたなぁ・・。常識知らずですんまっせぇん・・・。

しかし、新築住宅6800万かぁ・・・。高いねぇ、東京周辺は!いや、安い方なのか?
こっちだと豪邸が建つぞ、6800万もあったら!
山村さんとこの家って、「あなたの隣に誰かいる」の最終回で引っ越した家じゃないかしら?
確かに絵になる家ですもんね。あんなに素敵な家ならもうちょっと高くなりそうな気も・・・。

真理江みたいな奥さま頭、やっぱりいるの??ウチの近くにはいないけどなぁ・・。やだわぁ、こんな地区。
それにスィーツクラブって奥さまの集まりだけじゃなくて、会費2000円もとるんかい!さらにやだわぁ・・・。

山村は子会社に転籍されたと同時に会社が倒産!つまり、リストラですな。
でも、扱いにくい社員でも、実績を残してるならリストラしなくてもいいんじゃないの??納得いかないよ、これじゃ!
再就職の口がないってことは、それだけの男だった、ってことなんだろうけどね!
美紀に舞い込んだ再就職の話。山村が会社辞めてローンを返せるほど稼げるのかい??
えっ!?月35万??すごいなぁ・・。美紀ってそんなにすごい編集者だったの??
中村繁之、久しぶりに見たなぁ・・。まだこの世界にいたんだ!

男が主夫なんて、みっともなくてやりたくない!って言ったところに宮迫がいて、効果音で笑っちゃいました!
実際に主夫をやってらっしゃる方を知らないけど、マイノリティはいつの世もそういう目で見られるものですな・・。
主夫の辛さ、大変なんだなぁ・・って思いました。よほどの覚悟が無いとやれないね、主夫は。
杉尾も完璧に割り切って主夫しているわけではないんだね。

山村はプライドを少しの間だけ横に置いておいて、臨時で主夫をやってみることに。
しかし何事も手際が悪くて、見ていて歯がゆい!!お皿は裏も洗ってください!水はすぐ止めてください!
主婦を甘くみるなよぉ!これから大変な目にあいなさい!ふっふっふ・・・。

これからは、あんなにビシっと決めた阿部寛がどんどん主夫になって、くだけていくのを期待したいっすね!
宮迫と中島の夫婦、いいなぁ。やっぱりこの二人は良いですな。
お笑いで役者なので安心して掛け合いを見ていられます。篠原も安心して見られる役者になったわね。
それと、永井大くんは、「砂の器」のときとは違ってプリティで、ちょっと好きな役者の中に入れちゃおうかしら?
それにしても永井くんと宮迫の肉体の差が激しい!!ナイスバディな永井くんと中年太りの宮迫が対称的ぃ〜♪
うん、これは主婦向けのドラマですね。


-----------------------------------------------------------------------------------

山村和之(阿部)は一流広告会社の社員。妻の美紀(篠原)、娘の理絵との3人暮らしだ。
念願のマイホームを購入し、満足感にひたる和之は古いタイプの典型的な会社人間。
その新居の隣りには、杉尾優介(宮迫)と妻の笙子(中島)、息子の亮太が住む。
この家は笙子が店を経営して多忙なため、優介は専業主夫をしている。
和之は「大の男が情けない」と思っていたが、トラブルに巻きこまれて会社を辞めざるを得えなくなってしまう…。



期待度★★★