◆ 新しい風 ◆

TBS系 木曜 10:00〜10:54
全11回

 

■ 脚本・・・・・・ 浅野有生子       

■ 演出・・・・・・ 三城真一・松田礼人・竹村謙太郎   
■ 主題歌・・・・ 
「金木犀」笹川美和
■ プロデュース・・ 貴島誠一郎   
■ 公式HP・・・・ http://www.tbs.co.jp/kaze/     
■ 新見真子(26)・・・・・ともさかりえ   
■ 新見昂(35)・・・・・・・吉田栄作
■ 新見萌(7)・・・・・・・・森迫永衣
■ 林原雅巳(45)・・・・・段田安則
■ 柴田雪乃(45)・・・・・伊藤蘭
■ 近沢沙希(26) ・・・・新山千春
■ 柴田綾 (26)・・・・・・小田茜
■ 秋吉圭吾・・・・・・・・高杉瑞穂
■ 山岡鉄也・・・・・・・・高知東生
■ 江口弘之・・・・・・・・山下真司
■ 延岡さつき・・・・・・・市毛良枝
■ 黒川敏・・・・・・・・・・寺田農
■ 中澤美登里(59)・・・野際陽子
■ 延岡良治(70)・・・・・橋爪功
■ 中澤幹夫(55)・・・・・植木等
ほか
主題歌
金木犀/笑 (CCCD)

第8回   2004.06.03.             訣別          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第7回   2004.05.27.        落選?踊る大選挙選          ★★★★☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんじゃ、このサブタイトル。フジテレビに対するプライドはないのかい?「踊る・・」って・・・。

昂は負けましたね。あの描き方だと、投票日も活動してたら勝ったかも・・・って感じでしたね。
最後の一押しを娘と遊ぶために怠ったのが仇となりましたねぇ。
投票前に、当選後のためのVTRを撮ってるときから、「選挙が終わったら新婚旅行でも行っちゃう?」とか
のん気な事言ってるから、きっと落ちるに違いない・・と思ってたら、案の定だよ。
「勝たないと意味がないんだよ!」っていう気持ちになるのは、本気で戦って負けたからだよ>昂。
「勝っても負けてもいいじゃん」なんて言ってるのは、はなっから本気じゃなかったんだよ>真子。
負けたから、昔の暮らしに戻れると思ってたら、昂は選挙浪人になるのね・・・。
真子はどうするんでしょうか・・・。

さらに暗い話になってきました。
でも、対立候補の舟木が選挙違反、もしくはどこかの代議士みたいに学歴詐称とか女問題で
失脚するんじゃないの?んで、繰り上げ当選とか??
ありがちな展開で代議士になる気じゃないでしょうね?>TBSさんよぉ!

第6回   2004.05.20.   現行犯逮捕!怪文書!最後の切り札!      ★★★★☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真子が逮捕されたわけは、「個別訪問の禁止」。投票をお願いするために各家庭を訪ねていく行為は
法律で禁止されている行為なんだって。
でも、よく電話はかかってくるよね?それは法律にひっかからないの?わからんわ・・・。

今回はお咎め無し、ということになったけど、味方の中に敵がいるって思うと、落ち着かないなぁ・・・。
しかも真子の母親が登場して、自分の店のお得意さんが対立候補派らしくて、客が減っていく!って文句いうし、
あの母親も、自分のことが大事な女だねぇ。娘や息子(義息子)が頑張ってるってーのに・・。
昂のこと「あの男」呼ばわりだもん。根性曲っとるね。

投票日まで真子も演説に廻る日々。それに加えて中澤代議士まで応援演説に来てくれるってことで、
また話がうまく進みすぎてて、何かあるんじゃないのぉ?と思ってたら案の定!
真子が現行犯逮捕されたときの写真がばらまかれてましたぁ〜!!そこまでやるんかい・・。
政治の新しい風を見せたいんでしょ?やっぱり政治って汚いよねぇと実感させてどうするよ!
真子が倒れたとき、「ともさか、役でも妊娠か??」と思ったけど、ただの過労でした。(笑)
舟木陣営の最後の切り札は、妻の涙の演説かい。確かに女の涙は武器だけどさ・・・。

中澤代議士が「選挙カーの上で演説しない、選挙民と同じ目線で話をしたい」というところは良かったな。
見習ってほしいもんです。

第5回   2004.05.13.        地獄の選挙戦の裏側           ★★★★☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
見忘れて1週間が過ぎ、そしてまた次の回とまとめて2時間見る気はせず・・・。

んで、リタイアするつもりだったんだけど、キルトを作りながら、まさに「ながら見」をしていたら
最後まで見終わってたので、2週まとめてレビューします!

真子も考えが甘いんだよねぇ。萌の学校のお母様仲間とのお茶の席で、代金を全部払っちゃうんだもん。
やっぱり立候補者の妻としての自覚が足りないのよ。
んでもって昂まで一緒になってお金を取り戻しに廻るなんて・・・。そんなに暇じゃないと思うんだけど。
しかも昂ったら、回収ついでに演説まで開始しちゃって、商店街で人を集めちゃったぁ〜??
そいで、翌日の選挙戦開始日には奥様たちがたっくさん集まって選挙運動に参加?
はぁ・・。話がうますぎるんじゃ!

おまけに萌ちゃんまで真子のこと「ママ」って呼ぶようになるし、こんなにいい事ばっかり続くわけないだろぉ?
・・・と思ってたら、真子が「公職選挙法違反」で捕まっちゃった!!
その選挙運動員の中に、対立候補陣営のスパイが入ってたってことね?
あの怪しい女、何者じゃ!!

第4回   2004.05.06.        総理に恥をかかせた男           ★★★☆☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新見昂の妻の真子です、よろしくお願いします」って、アンタをお願いしてどうするよ。
「新見萌です。パパをよろしくお願いします」って、子供のほうがしっかり昂を押してるじゃん!
ここ、美登里は見逃さないよね、きっと!会場の客も引いてたし、私もドン引きだよ。

自分の姉夫婦まで選挙要員にかりだされてて、旦那は一人淋しく単身赴任で、よく絵本書いてられるよなぁ・・。
確かに自分の夢をかなえたいのはわかるけど、選挙に出ることを了承した以上、
ある程度は手伝わないといけないんじゃないのぉ??考えが甘いんだよ。
結局萌ちゃんも転校させて、昂の家に移ることに。萌ちゃん、無理矢理泣いてたなぁ・・・。

26区で絶対勝ちたい昂所属の進民党は、小田島総理を平日に昼間に呼んで講演会を行うことに。
会場動員目標は1500人。必死で集めるけど、結局ほとんど集まらなかった!!反対陣営の妨害??
おいおい、これがサブタイトルの「総理に恥をかかせた男」ってことか・・・。
こんなことってあるのぉ〜??確かに総理の立場ないな、こりゃ・・・。でも怒らない小田島の太っ腹には驚きですわ!
中澤も昂のために土下座までしとは・・・。この男のどこにそんな魅力があるんだ?

しかし、山岡って何者??昂の友達だからって、実家の山梨から出てきていっつもいるけど、大丈夫なのか?

第3回   2004.04.29.        代議士の妻になる教育           ★★★☆☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんか、仕事を辞める気がないのはわかるけど、全くお手伝いしない立候補者の妻なんているの?
選挙もまだまだ始まらないし、つまんないわぁ・・・。
後藤田議員の妻、水野真紀には耳の痛いお話ですこと。(笑)

林原はイケ好かない奴だと思ってたけど、言ってることはごもっともですね。
あれはヤダ、これもヤダなんて言ってて、選挙に勝てるかい!って感じだよね。甘ちゃんばっかで困るわ。
理想論はご立派ですが、なんか、伝わってこないのは、私が歪んでいるのかしら・・・。

はぁ・・・。なんか、このペースだと、最終回は一体どうなるの?当選でおわり?
当選後、汚れた政界にガッカリして記者に戻ったり??
心引かれない、ってことには変わりのない、ドラマやわぁ。

しかも、萌ちゃんたら、ママと認めてくれたのかと思ったら、「あの人ママ?」って聞かれて「ううん、お友達!」だって・・。
あっちもこっちも進展しない話だこと・・・。

第2回   2004.04.22.         ライバル代議士の醜聞          ★★★★☆☆☆☆☆☆ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やっぱりダメだぁ・・・。早めにリタイアしちゃおうかなぁ・・・。

萌に受け入れてもらえないからって、「ママになるのはやめるよ、友達になろう」ってか。
ママは欲しいけど、パパを取られたくない、っていう複雑な心境なんじゃないの?
でも、破られた絵本のことを昴にチクらずに自分で解決したのは偉いですけどね!
萌ちゃんも最後はママと認めてくれて、「今度絵、教えてね」っていうところはちょい泣きでした。

美登里が真子を偵察しに本屋にくる、ってのは怖いわぁ・・・。「教育しがいのあるお嬢さんねぇ・・・」だって!ぶるぶる~~

昂は結局代議士になることに。何が決断させたんだ?
真子と萌が仲良くなったのを見て、家族って大事だなぁ、やっぱりサラリーマンでいよう!って考えたんじゃなかったんだ。
わからん・・・。
私は絶対代議士の妻なんかになりたかぁないわ!(なれませんけど・・・)

 ◇ ちょっと一言 ◇

 「たかし」っていう漢字=昂と、「すばる」っていう漢字=昴は微妙に違うのね・・。
 私は最初、「たかし」っていう名前とは知ってたけど、「すばる」って入力して漢字を出してました。でへ♪オバカ♪

第1回   2004.04.15.   夫の転職先は永田町でした        ★★★★★☆☆☆☆☆ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中澤派夫人会の集まり「ワイヴズ・ソサエティ」から始まりました。
「白い巨塔」のくれない会みたいでゲンナリやわぁ・・・。でもドロドロしてて面白そうだけど・・。
中澤夫人=野際陽子はこういう役をやらせたら間違いないね!

死別した妻との間に出来た娘・萌を持つ昂と結婚した真子。絵本作家になりたいっていうけど、あの落書きは確かに龍っていうよりトカゲだな・・。誕生日の絵本は可愛くて上手だったけどね!
萌は真子になついてないんだ・・・。大好きなお父さんをとられるような気がしてるんだね。
なんで昂の上司・延岡が仕事よりも家庭を大事にしろっていうんだ?と思ったら、延岡夫妻は昂の元妻が亡くなってからずっと萌の面倒をみてくれてたからなんだね。なるほど、新しいママに懐かないはすだ・・。
だからって真子が作った絵本を破かなくってもいいんじゃないのぉ??すごい子供だ!

新見は中澤に呼ばれる。そこには昂の属する東都新聞社会長も同席していた。
中澤は衆議院選挙の候補者に、第一秘書の黒川、第二秘書の林原を差し置いて新見を出すことにした。
何が目的?何で一介の新聞記者を立候補させるんだ?しかも林原を秘書にするという。
林原は納得いかないだろうなぁ・・・。
あーいう青臭い正義感をたてに生きている記者をその気にさせるのは簡単じゃ!って感じ??捨て駒か??

私がバカなんだろうけど、ドラマ内の政治の相関図がわからん!もっと分かりやすくテロップを出すとか、どうにかしてくれないと、誰と誰がどういう位置にいるのかさっぱりわからんのじゃ!きっと私がバカなのねん・・。

ちょこちょこ、名の知れた役者が出てきて、話のわりにもったいない!!
選挙話は、まぁさておき、真子と萌の関係の変化は気になりますね。
「僕カノ」の凛ちゃんほどではないですが、萌ちゃん役の永衣ちゃんが可愛くて、憎らしくて、
それだけでもうちょっと見続けてみようかなと思ってます。


-------------------------------------------------------------------------------------

選挙に出馬することになった夫を支える妻の奮闘。
新聞記者(吉田)と運命的に出会い結婚した主人公(ともさか)だったが、
突然夫の選挙出馬が決定。関心のなかった政界に巻き込まれる。


期待度 ★★