◆ 光とともに・・・ 〜自閉症児を抱えて〜 ◆

日本テレビ系 水曜 10:00〜10:54
(初回は〜11:09)
 

■ 原作・・・・・・戸部けいこ 「光とともに・・・」
■ 脚本・・・・・・水橋文美江
■ 演出・・・・・・佐藤東弥・佐久間紀佳
■ 主題歌・・・・「万華鏡キラキラ」
Rythem(リズム)
■ プロデュース・・櫨山裕子・内山雅博
■ 公式HP・・・・
http://www.ntv.co.jp/hikari/index.html

■ 東幸子(31)・・・・・篠原涼子     
■ 里緒秀美(33)・・・小林聡美
■ 東雅人(32)・・・・・山口達也
■ 桜俊也(30)・・・・・武田真治
■ 東 光(6) ・・・・・・斉藤隆成(子役)
■ 川見純・・・・・・・・市川 実日子
■ 藪下めぐ美(28)・・井川遥
■ 藪下檜治(29)・・・大倉孝ニ
■ 相良薫(34)・・・・・鈴木杏樹
■ 東貴子(54)・・・・・高橋惠子
■ 矢吹一・・・・・・・・渡辺いっけい
ほか

原作
光とともに… (1)
主題歌
万華鏡キラキラ
サウンドトラック
商品の詳細
DVD-BOX
光とともに… ~自閉症を抱えて~ DVD-BOX

最終話  2004.06.23. 最後の連絡帳・・・明かされる先生の思いと母の決意 ★★★★★★★★★☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
里緒先生は自分がいなくなった後のことを考えて、他の人との関係を作るように幸子に仕向けたんだね。
おばあちゃんたちが見ていてくれることもありがたいけど、やっぱり社会に出ることも大事だもんね。
でも、おばあちゃん’sは寂しそうだったけどね・・・。

先週の終わりに出てきた「ひでぶ〜」のお友達・森くんは、そういう施設のボランティアだったんだね。
あの茶髪の軽そうなお兄ちゃんじゃ、見た目だけだと預けるのは心配だよね。
気晴らしで二人で出かけた里緒先生と幸子。この姿ももう最後かぁ・・・。寂しいなぁ・・・。
「私が良い先生でいられるのは、あなたの存在が大きいんですよ」 そうだね、里緒先生も成長したんだよね。
森くんったら、光くんの才能見つけてくれたんだね!
裏返しでもパズルを組み立てちゃうんだって!すごいねぇ!!

新しいあさがお学級の奥田先生、子持ちで障害学級の経験もあるんだぁ、それでも信じられないのは
いつも森口さんが意地悪な役をしているからかしら・・・?(すみません、森口さん)
でも、トマトの絵を見つけてくれたもんね、きっと良い先生なんだね!
それにしてもトマト、上手に書けてたねぇ!画家、顔負けじゃん!私より上手だよぉ。(ちなみに美術の成績=2・・・)

幸子は先生と明るく別れられるよう、光くんに自立登校させると宣言しました。
と、そこに・・・やっぱり淡路恵子さんが出てきた!あの回にちょっとしか出てこないなんて、おかしいと思ったわ!
まるでストーカーのように車でつけまわしてた!怖!
でも、登校中に道をはずれた光くんを保護してくれてたんだ。理解して励ましてもくれて、良かったぁ・・・。

そして季節は巡り・・・。先生との別れの日。
お別れ会で、川見先生が光くんに「里緒先生」って仕込んでて、もう、涙ボロボロだったわぁ。
このまま良い気持ちで終わらせてくれると思ったら!!
やぶりん校長が入院、そして来るはずだった奥田先生に変わって、郡司先生こと、片桐はいりだぁ!
いやだぁ、なぁにぃ〜?すんごいダークホースが最後に出てきた!
この終わり方って、パート2を予感させるなぁ。原作マンガもまだ連載中なんでしょ?あり得るな・・・。

予告で「ラストプレゼント」の天海姐さんの娘役の子、光くんの真似をしてた麻由子ちゃんだったよね?
連投なのね。でもあの麻由子ちゃんのイメージが抜けきれるかどうか、心配・・・。

 
■ 総評 ■

文句なく、今クール最高のドラマでしたね。泣かせてもらったし、たまにプッと笑われてもらったし、
小林聡美さんと篠原涼子さんの役者っぷりに加えて、光くん役の斉藤隆成くんの演技に感動でした。
文句のつけどころがないです。他のドラマがまだ最終回を迎えてないですけど、でも、今クール一と言わせてもらいます。
第二弾、楽しみにしてますよぉ、日テレさん♪


第10話  2004.06.16.   いつか離れていくあなたにママができる事   ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう、やぶりんの体調が気になっちゃって・・・。1時間、そのことが気がかりでした。

琴美ちゃんパパ・檜治の話、うん、そんなこと考えてたんだね、って考えたりもしたけど、
「いろんなこと考えて育ててきたのに」って言ってたけど、育ててないじゃん!って思っちゃいました。
雅人でさえパパって呼ばれたことないのに、あなたは呼ばれないでしょ、とも思っちゃいました。
あそこまで大きくなってるのにまだ受容できてない、ってことは育ててないってことじゃないのぉ?
早く自覚を持ってください!
でも最後はラジカセをお父さんの前に持ってきて、「父ちゃん、大好き」って聞かせてあげた琴美ちゃん。
2人で泣きあって、それをニコニコ見つめている琴美ちゃんが可愛かったなぁ・・・。

光くんは「しおメロン味」大好きなんだねぇ。だからそのお菓子、どんな味なんだぁ?気になる・・・。
川見先生につきそってもらって買物にいった光くん。
「お母さんの手じゃなくても、他の人の手でも光くんが生きていけるような、小さな小さな一歩」
本当に里緒先生は毎回毎回、良いこと言うなぁ・・・。
100円でしおメロン味、って言いつづけてたけど、特売期間が終わって120円になってました。
「可哀想な子だからおまけしておくよ」っていう店主に、「可哀想な子じゃありませんから!」と
キッパリ言った川見先生、偉いよ。

光くんのこだらりの靴を一緒に探してくれた薫。こうやって他人の手を借りていけるようになったら最高だよね。
でも、「サイズが合わなくいから」って諦めてたけど、足は大きくなるんだから買っておいたらいいのに・・・。
その頃にはこだわりも変わっちゃうのかしらん。

出たぁ〜!またも森口瑶子!この人ってちょこちょこ出てくるよなぁ・・
この人が後任の先生なのね。優しそうな顔して、良い先生じゃなかったりして?(考えすぎ?)
出たぁ〜!!里緒先生と親しそうに話す男!誰、あれ?桜先生、顔がマジでしたねぇ。
来週は最終回、語らなくてはいけない話題が多すぎて時間足りるかなぁ・・。(15分延長)
やぶりんの体調、後任の先生の性格、謎の男の正体、そして里緒先生との別れ・・。
はぁ、終わっちゃうんだなぁ、このドラマ。寂しいなぁ・・・。

第9話  2004.06.09.   ママはもっと強くなりたい・・・胸に秘めた涙   ★★★★★★★★★☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やぶりんはどうなったのぉ〜!!そのままどうかなっちゃうんじゃないかと思ったけど、無事でしたぁ〜・・。
でも、具合悪そう・・。早く病院に行ってよぉ!残り2話で何か起こりそうで怖いんですけど・・。

里緒先生は辞めることを幸子に告げようとするんだけど、なかなか言えない。
ひでぶぅ〜として話をしに来たのに、邪魔が入っちゃって・・・。
確かに違うタイプの人間と接するのは大事なことかもしれないけど、でも、ね・・・。
でも、里緒先生には里緒先生の人生があるわけだし、仕方のないことだよね。
大学に戻って障害児教育の勉強をし直したいっていうのも光くんに出会って決めたんだろうし、
みんな、光くんに影響を受けて変わっていこうとしてるんだから、受け止めてあげないといけないよね。

ホットケーキはさぁ、ホットケーキミックスを使ったら楽なんじゃないの?値段も安売りだと結構お得だし・・。
毎回あんなに手をかけてたら、大変だと思うんですけど・・。(私は楽な方を選ぶ体質なもんで・・・)
それにしても、すごい量のホットケーキ!と思ったら、「半分こ」の練習だったんだぁ!すごいねぇ、光くん!
この成長を里緒先生に見せたかったんだ!里緒先生の退職を知って幸子も成長したいんだね。
しかし、ホットケーキを前にした光くんの顔がめっちゃ可愛かったなぁ♪

一年一組、光くんの真似問題、マユコちゃん自身は悪気がないみたいなので始末が悪いのよねぇ。
そのマユコちゃんへの桜先生のお話、泣けました・・・。武田くんの演技が最高でしたぁ・・・。
「たくさんの思いが光君の言葉には詰まってるってことを考えてくれるかな?」 って泣きながら話す桜先生。
あの子に伝わるといいなぁ・・・と思っていたら、
「もうしないよ、悲しむ人がいるから。泣きながら桜先生が話してくれたから・・」だって!良かった!伝わったんだ!
そのことを知って里緒先生は桜先生を見直したみたいで、「気が合うねぇ」だって!
うまくいくといいなぁ、この二人♪

里緒先生との別れに耐えられず泣きながら帰る道すがら、光くんは幸子の前に道端に咲いている花を摘んでくる。
泣けたぁ!!なんて優しい子なんだ。。。もう、ずるっずるに泣いちゃいました。
今回はとっても良いお話で、もう一回、後日見ようっと!じっくり見て、また泣こうっと♪

やぶりん、大丈夫かなぁ・・・。


第8話  2004.06.02.   それぞれの運動会・・・見守るママ達に奇跡が   ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「そういう障害を持って生まれた子は家に閉じ込めとったもんだ、昔は!」って、あのじじぃ!
ずけずけ物を言う、アンタの方が家に閉じこもってなさいよぉ!ぷんぷん!
でも、おばあちゃんのおかげでちょっとなごんで良かったわぁ。
私が養護学校で実習してたときも、お母さんたちは
「神様は私たちならこの子を育てられる、って授けてくれたんだと思う」とか、
「ウチを選んで来てくれたんだと思います、この子は」など、おっしゃっていたのを思い出しました。
おそらく受容するまではとっても大変だったと思うのに、それを乗り越えての言葉だったので、
私はただただ「そうですか・・」としか言えなかったのを覚えています。

運動会の萌ちゃんには泣けましたね。一等にならなくても、頑張った我が子を誉める、当たり前のことだと思うけど、
薫が素直に我が子を誉めることができるようになったことはとっても良かったと思います。
あの旦那も変わってくれれば・・・・。無理っぽいねぇ、あの旦那は。

最後、ヤブりんが倒れたぁぁぁ!里緒先生がいなくなるのも大問題だけど、あの校長先生がいなくなることも
大・大・大問題ですぞぉ!あんなにもの分かりの良い校長、いないもん!
いやだぁ・・。「救命救急24時」みたいに急死なんてことはないでしょうね?いやよぉ!

来週はヤブりんの具合、一年一組の光くんモノマネ問題、桜先生の告白と盛りだくさんですね。
悲しい話にならないといいんだけどなぁ・・・。

<独り言>
おしりプリプリの高橋恵子おばあちゃんの「ねずみマーチ」可愛かったっすね!


第7話  2004.05.26.     皆を裏切りたくない!ママの誤算      ★★★★★★★☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
光くんは反抗期になっちゃいましたねぇ。障害があるなしに関わらず、この年頃の子供は
親の言うことなんか聞かないんだろうなぁ。あまのじゃくになっちゃって、ダメ!っていうと必ずやる(笑)
萌ちゃんも珍しくお母さんに反抗して、光くんのところに遊びに行きたぁい!なんて言うんだもん。
そのおかげで薫も幸子と向き合えることができて、「何かお手伝いできることないですか?」なんて言えちゃったし。
すこしずつ周りの人が変わってきてくれるんだね、嬉しいね。

運動会で「ねずみマーチ」を踊ることになったんだけど、学校で出来ても家では反抗してやらない光くん。
萌ちゃん、教えてあげようと思っただけなのに、光くんに叩かれちゃったんだ・・。
帽子をとられたと思ったんだね。あぁ・・・・。せっかく薫が心を開いてくれたのにぃ〜・・。
「ねずみマーチ」を踊ろうとしない光に幸子は押し付けるようになる。
光くんのためじゃなくて、周りの人にちゃんと出来るところを見せたいから、嫌われたくないから・・・か。切ないねぇ。
里緒先生の心使いはやっぱり良いねぇ。光くんは見学です!ってあっさり諦めるなんて里緒先生らしくないと思ったのよ。
1年1組での話し合いも良かったぁ。「光くんの分も一生懸命踊ります」っていう萌ちゃんにも感動!
でも最後はやっぱり薫に「ママなんか嫌い!」って反抗的になっちゃってたなぁ。うぅ〜ん・・・。

それよりも驚きなのは、里緒先生が今年度限りで辞めちゃうって決めてるってことよぉ!
桜先生とくっつく、という私の読みははずれたか・・・。
「やめないでください!」って言い逃げしてた桜先生。やっぱり好きなんでしょぉ?告白しちゃいな!
今回は泣きどころはなかったねぇ。来週と合わせての2話完結エピソードってことですかしら?
さて来週はいよいよ運動会。里緒先生の退職話は置いといて、って感じですかい?
無事に済みますように・・。

「しおメロン味・新発売・おいしいよ」って、お菓子、どんな味??塩辛いメロン味?・・・・むむむ・・・。おいしいのか・・・?
それと、篠原涼子、痩せたよねぇ・・・。初回の頃はふっくらしてて、お腹もポッコリ出てたのに、
回を重ねるごとに頬もこけていってるし・・。やっぱり2ドラマ掛け持ちはキツイんだろうなぁ・・・。

第6話  2004.05.19.   あなたを思いきり抱きしめたい・・・心の中で    ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は泣き所が多かったですねぇ・・。
行方不明になった光を周りの人が心配してくれてあったかくて、ちょっと涙が出てきたり・・。
光が見つかって、母親なら走りよって抱きしめたいだろうに、「私をとめてください」って言わなくちゃならなくて。
そうは言いながらも、今回ばかりは光くんは幸子の前で立ち止まったりしてくれないかなと期待もしたんだけど、
やっぱりまっすぐ玄関に向かって歩いていっちゃうし・・。仕方ないことだけど、ちょっと悲しくなりました。

光くんは行方不明の過程でたくさんの場所に迷惑をかけてて、幸子は謝りにいかなくちゃいけなくなっちゃったんだけど、
ま、それは親として当たり前のことだから何も言うことはありませんが、
やっぱり障害児に対する人の対応っていろいろあるなぁと思っちゃいました。
「頑張れ」と励ましてくれる人(もう充分頑張ってる!)、「目を離しちゃいけないでしょ?」と言う人、
極め付けは大物女優、淡路恵子!
確かに幸子が「障害があるので、」と前置きするのは、ちょっと障害を言い訳にしているような気はしたんだけど、
だからって、「本当に自閉症なの?」のくだりはムカッとくるなんてもんじゃないわ!
唇を噛み締めて、言い返したい気持ちをこらえている幸子に、ちょっと涙・・・。

光を最後まで見ててくれた堅太くんのお父さんは息子のことを何もわかっちゃいなかったんだね。
「光くんをとめることができなくてごめんなさい・・」というセリフには泣けました・・。
でも、「光くんのおかげで息子を見直すことができました、ありがとう!」と言われて幸子は嬉しかっただろうなぁ。
私からの提案!今はGPSつきの迷子装置があるじゃないですか?あれを光くんに持たせてみては?
障害のない子にも持たせている親がたくさんいるらしいので。

里緒先生の「シェー!」は感動ものでしたね!篠原涼子の「シェー!」はイマイチ迫力に欠けましたが・・・(笑)
おばあちゃん’sが「シェー!」の練習をしているのも良い光景でした。

気になったのは里緒先生が桜先生を見直したってこと!あの二人、絶対くっつくと思う!
んで、里緒先生が移動になっちゃうっていう展開と見た!
ま、そうじゃなくても1年の約束であさがお学級に残ったみたいなので、いやだよぉ!めぐ美の気持ち、わかるよぉ!
でも、公立の学校は転勤があるのは当たり前だkら、仕方ないのかもしれないね。
でも、求めている生徒がいるのなら、杓子定規に考えなくてもいいんじゃないか?とも思います。


第5話  2004.05.12.   我が子に手を上げた・・・姑の理解とまごころ    ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今時いるんだね、あんな顔したギャル。「こわ、こわ、こわ・・」ってあの顔見たら怖がってるってわかったけど・・?
幸子は気がつかなかったんだ・・・。それくらい言葉を覚えることがすごいことなんだね。光くん、すごいね。

めぐ美の娘・琴美が七月小学校に体験入学しにきた。何でもすぐにこなし、素晴らしい絵を書く琴美に
少なからず嫉妬と気持ちを持つ幸子。人と比べちゃいけないんだけどね・・・。わかってるんだけどね・・・。
子育てに焦りを感じながら光にあたってしまう幸子。見てて辛かったなぁ・・・。
いつもパズルで遊ぶ光から取り上げてしまう幸子。だからって洗濯機に隠すとは・・・。ちどい・・・。
パズルが見つからなくて探しまくる光に新しいパズルを与えるが、幸子にぶつけてしまう。
思わず幸子は光をぶつ・・・。「こわ、こわ、こわ・・・」、あぁ・・。本当に見てて辛い。

そんなとき姑・貴子、登場!自分が見てるから外に行ってらっしゃいという貴子。
里緒先生と飲んでるときの幸子はちょっと気を許してて、素敵な友達だなぁと思っちゃいました。
パズルの一片がなくて探しまくる光に貴子はパニック!
「自分で預かると言い出したんですよね、自分で言い出したことは最後まで責任持ってやりましょう!」という
里緒先生の言葉に納得。でも貴子のとまどいもわかるわぁ。髪の毛ボッサボサだったもん。
幸子の子育てを理解し、優しく見守る貴子の言葉に泣けてしまいました。

健太くんのキラキラ光る鍵が気になって仕方ない光。あぁ・・。幸子とはぐれちゃった・・・。
「里緒先生がいなくなる〜??」というセリフが気になりました!なんでぇ〜??責任とらされるの??

そうそう、薫は自分の夫が冷たいからって、夫婦仲良くパズルを返してもらいに来た東夫婦にあたるなんて、最低!
確かに薫の夫も最低だけど、よく萌ちゃんが歪まず育ってるなぁと思っちゃいました。

第4話  2004.05.05.   ママは後悔しない・・・あなたが好きだから!    ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつのまにか「ひかるのいえ」の屋根が外れてましたねぇ。それだけ教室にも慣れてきたということでしょうか?
さてさて、校長先生の素敵な発想で「トマト大作戦!」の始まりですね!
航くんが立候補してくれて、光と一緒にトマトの水遣りをしようとしたんだけど、やっぱり最初は大変だねぇ。
でも、何を言われても光に付き合ってくれる航くんが、とても可愛くて、とてもカッコ良かったね♪
みんなが航くんに「ありがとう」っていうのを聞いて、「ありがとう」という光。
単なるオウム返しなのかもしれないけど、本当に心に染み入る「ありがとう」でした。

今回はじっくり見入るシーンが多かったなぁ・・・。トマトの苗に水をあげるまでのシーンはハラハラでした。
でも、毎回毎回、一つずつ成長していく光を見ることができて、このドラマには救われている気がします。

最後の里緒先生の誕生日祝い、良かったなぁ。やっぱりケーキのろうそくは火事みたいだったね(笑)
「手伝います!」「助かります!」のやりとりも最高だな、この二人のコンビは♪

相良薫のかたくなな教育ママっぷりは、あの旦那に起因するものだったんだね。
あの旦那じゃ確かに萌に厳しくしてしまうのも仕方ないような・・・。

さて来週はおばあちゃんが光と関わってくるみたいだね。「お母さんには無理です!」って言い切っちゃった幸子だけど、
どうなるんでしょうか・・。琴美ちゃんも七月小学校に通えることになるのかも気になります。

第3話  2004.04.28.   ママの願い・・・あなたの心をもっと知りたい    ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんだあの医者と看護師!少なくとも小児科の医者なんでしょ?恥ずかしいと思いなさいよ!
「息子が自閉症ですみません!」 アンタが謝ることないでしょ?雅人。卑屈になるなよ。
「大変ですね、可哀想に・・・」って、おい!腹、蹴ったろか?(おっと、下品になっちまった・・・)
里緒先生、様様だね。おばあちゃんも先生の言葉でちょっと自閉症に対する認識が変わったみたいだし。
それに何より、自分のこと(結婚してない33歳)を例え話にして、幸子の気を楽にさせてあげてる。
本当にすごいなぁって思う。良い先生に出会って良かったね、東一家は。

それと、体育倉庫に閉じ込めてしまった教師!中を確認しろよ!子供っちゅーもんをわかってないんか?
それを見ない振りをした萌ちゃんを責めるのはお門違いだよ。責任もって子供を見てくださいよ。
誰もが里緒先生見たいじゃないんだから仕方がないかもしれないけどさ。
桜先生もちょっと弱気な発言しちゃって、里緒先生から「弱虫」扱い(笑)。
でも、桜先生って、里緒先生のことホの字(古っ!)だな??この二人の関係も要チェックっすね♪

雅人も閑職に追いやられたとはいえ、光のために家族のために時間を使うようになったのね。
あの会社の部下、最悪やな。自分でバラしたくせに、「いいんですか??」だとぉ?よく言えたもんだ!
これからもっともっといいお父さんになっていくんだろうな、頑張れ!雅人!

相良薫の考え方を変えていくのには「光通信」だけではまだまだ難しいかもなぁ・・・。
偏見で見てるし、でも、萌ちゃんは純粋に光くんの友達になってくれそうで、ちょっと嬉しくなっちゃいました!
さて、来週は花壇で植物を育てるらしい。
新しいお友達ができるといいね♪光くん!

やっぱ、このドラマ、いいわぁ・・。
今クールで一番かも!小林聡美さんは、やっぱり良いです!

◇ 今日の気になりポイント ◇
雅人くん、アルミホイル、使いすぎ!資源の無駄ですぞ!(笑)

第2話  2004.04.21.   ママと呼んで欲しい・・・あなたが好きだから    ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あさがお教室って完璧に独立した障害児学級ではなかったんだね。しかも生徒一人??
でも、同級生の親たちへの説明が不充分だったね。前もって説明しておかないと、不安になる気持ちもわかるわ。
それに始めてだったんだね、里緒先生・・。自閉症の生徒を担当したことなかったんだ・・。
お母さんとして認識されてないなんて、可哀想だわ・・・。辛いけど、でも、それが真実なんだろうね。
貴子ババは、あれから光に会ってないんだね、自閉症が治ったら会いにいくなんて、
あれから何年も経ってるのに自閉症のこと全然知ろうともしてなかったってこと?ババの資格なし!

里緒先生、すごいね、あの「ひかるのへや」。めっちゃ短時間でこさえたもんじゃ!
自分が教卓の下にもぐってみて、狭いと感じたから大きいの作ったの??
あの家なら、だいたいの子供は喜んで入っていくだろうね♪
めぐみのとこの子供はもうママって呼ぶ、って聞いて幸子は焦ったんだね。気持ちはわかる。
でも、無理矢理ママって呼ばせたくない、っていう里緒先生の気持ちもよぉくわかる。
先生と幸子の信頼関係もまだ確立されてはいないから、グラグラ危なっかしいけど、でも、信じたいんだよね。
雅人もまだ受容できてないみたいだね。いつまでもそんなんじゃ、幸子は大変だろなぁ・・。
せっかく里緒先生と光の距離が縮まった!と思ったら雅人が入ってきちゃって、台無し!!
「先生は光と向き合うことを避けてるんじゃないですか!」って、アンタだよ!嫌がってるのに、何てことを・・。
でも、過労で倒れるなんて、すんごく悩んでたんだね。しかも閑職に回されちゃって・・・。

そして写真を見て光が初めて「マ・マ」って呼んだ時は泣けちゃいました。
ただ単に口にしただけかもしれないけど、二度と呼ばないかもしれないけど、嬉しいよね、幸子。
篠原はうまいなぁ・・。でも、山口たっちゃんの泣きの演技がイマイチだったなぁ・・。ちょっと興ざめ・・・。
それに比べて、子役の斉藤隆成くんの無表情っぷりには感心させられてます。

めぐみんとこの家庭は大変そうだねぇ・・。暴力ふるいまくりだもん。
この家庭もこれから光たちに関係してくるんだろうね。薫のとこの家庭もね。
ありゃりゃ、光が体育倉庫に閉じ込められちゃったぁぁぁ!見てたくせに、見ない振りは親のせいなり!

 ◇ 気になりポイント ◇

 ポラロイドのフィルムって結構高いと思うんだけど、教材費でおとしてるんですかねぇ。自腹??
 

第1話  2004.04.014.   愛しい我が子に衝撃の告知・・・家族の愛の物語   ★★★★★★★★☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
始まりのプロローグ部分がとってもきれいで、篠原涼子ってキレイだな・・って思っちゃいました。
ものすごく幸せな映像で始まったので、これから先のことを考えるとちょっと切なくなりました。
しかし、篠原は「アットホーム・ダッド」とかけもちで、大変だぁ!
でも、すっかり良い役者さんになっちゃってるので、安心して見られます。

キラキラ光るものが好きな光。キラキラ光るアドバルーンを見つけて母親から離れてしまう光。
屋上の貯水タンクの上に登ってしまう。そこに居合わせた秀美。
33歳で振袖か・・・。キッツいなぁ・・。見合いだからって振袖って、年を考えたほうがいいのでは・・・?(笑)
やっぱり小林聡美って滑舌がいいから好き!深津絵里とか、早口の難しいセリフもさらさら言っちゃうから、好き!

光が普通の子と違うんじゃないかと幸子は考え始めるが、雅人は受け入れようとしない。
自分も発達が遅かったから心配ないという。雅人の母も強烈なキャレだよなぁ・・。
合鍵もってる姑なんて、絶対ヤダ!しかも自閉症は幸子の育て方のせいだて決めつけるんだもん。辛いわぁ・・・。

環境が変わったので光は落ち着かなかったよな・・。そして幸子は光を病院に連れていく。
「自閉症」と診断されたのに信じたくなくて、雅人に何ともないと嘘を言ってしまう。
せっかく幸子の母が雅人に言ってくれたのに・・・。
あのときちゃんと言ってたら雅人も受け取り方が違ったのかもしれないのに・・・
しかし、雅人、ひどいよぉ・・・。
自閉症だと告げられて、どんな病気か調べもしないで、育て方が悪かったって決めつけて・・・。
子供を育てるのは母親だけの仕事なの??
あんな風に言われて孤立無援で、私だったら実家に帰って実母に相談するけどなぁ・・・。

でも、里緒先生に出会えて良かったね。幸子が最初に光について相談したとき、
帰り際に自閉症について語るだけ語って帰ってしまって、「言い逃げかよ!」と思っちゃいました。
あんなに悩んでいる母親に、もうちょっと自閉症について話してあげれば良かったのに!
ま、この人が幸子の支えになっていくんだから、結局は良かったんだけどね!
「あなたのせいじゃない」って言われたときは、本当に力が抜けて、良かったぁ〜・・・って。

光はキラキラ光るアルミ箔を探していて部屋中のものをひっくり返してたんだ。そうだったんだ・・。
この子役の子、上手だったなぁ・・・。お葬式の場面で目が覚めた後、暴れ始めるまでの演技がすごかった!
来週からは秀夫(砂の器)じゃなくて、斉藤隆成くんが子役です。楽しみです!
これからもたくさんの苦難を乗り越えていくんだろうけど、まずは父親が受容することが大事だね。

気になるのは、井川遥、今回は悪の役だね。でも、汚い言葉が合ってないよなぁ・・・。ちょっと無理があります。
この親子もこれから関わってくるだろうし、鈴木杏樹親子も感じ悪いけど関わってくるんだろうなぁ・・。
まだまだ前途多難です。


------------------------------------------------------------------------------------

自閉症をテーマにした人気漫画「光とともに…〜自閉症児を抱えて〜」(戸部けいこ著)を連続ドラマ化。
自閉症児を持つ母親が女性教師との出会いをきっかけに、前向きな生き方を再発見するヒューマンドラマ。
母親役の篠原涼子(30)と教師役の小林聡美(38)のダブル主演。


期待度★★★★