父への伝言

□ 月曜 11:00〜 
□原作・・・東野圭吾 □ 脚本・・福田靖 □ 演出・・星田良子 □ P・・鈴木伸太郎
□ 主題歌・・・「大好きだよ」 大塚愛
□ 公式HP・・・ http://www.nhk.or.jp/23renzoku/
◆ 出演者 ◆
 宮本拓実(25歳・50歳)・・・国分太一
 宮本時生(トキオ)(19)・・・櫻井翔
 早瀬千鶴(27)・・ ・・・・・・・富田靖子
 坂田竹美(24)・・・・・・・・・・保田圭
 小島今日子(40) ・・・・・・・高橋ひとみ 
 田村早苗(25)・・・・・・・・・・井上和香
 坂田清美(44)・・・・・・・・・・山村紅葉
 イシハラユウジロウ(?)・・・伊武雅刀
 坪内謙介(52)・・・・・・・・・・片岡鶴太郎
 東條須美子(50)・・・・・・・・風吹ジュン
原作
時生 (講談社文庫)
主題歌
大好きだよ。 (通常盤)
DVD
トキオ 父への伝言 [DVD]
◆ レビュー ◆
◇ 第週 ◇  「そして旅立つ君へ」 (9/27〜9/30 まとめて10/01)  

泣きましたぁ・・・。もう、こんなに 泣いちゃってどうすんべ、っていうくらい泣きましたぁ・・。
そして旅立つ君へ・・・「花やしきで待ってるぞ」、この言葉に誘われて過去にやってきたトキオ。
そっか、亡くなるときに拓実が話しかけた言葉がこの言葉だったんだ・・。

多くは語らないよ、もう・・。誕生日を一緒に祝い、いつまでも友達でいてくれと頼む拓実の言葉を聞いて、
隠れて一人慟哭するトキオ・・・。「お父さん・・・!」うぅ〜・・。こっちまで泣けてきたよ、翔くん。
無事に千鶴を助け出して、立派に別れることが出来ちゃったね。
自分勝手な拓実が、千鶴の幸せを祈って別れてあげることが出来たんだよね。立派になったよ・・・。
そしてお母さんにもう一度会いに行く拓実。「生まれてきて良かった。オレを産んでくれてありがとう、母さん。。」
おぉ〜ん、良かったよぉ!和解できて・・。

そしてぼたんが出た!いや、違った、大河内奈々子ちゃんだ。そっかぁ、千鶴と別れたということは
トキオのお母さんは別の人だってことだよね?ぼたんがお母さんだったんだぁ・・。
その二人の出会いをトキオが優しく見守ってる・・・。
でもさ、奈々子ちゃん、現代でも若々しくなかった?拓実とのバランスがおかしかったぞぉ?(笑)

そして時生の最後・・・。
「お父さん、僕はお父さんとお母さんの子供に生まれてきて幸せだったよ、19年間育ててくれてありがとう」
と現代のPCでメッセージを読む拓実・・。
言いたかったことをお父さんに伝えることができてよかったねぇ、時生くん。

最後に初回に出てきた占い師が、「また会えますよ」って言った言葉・・・。
んなわけないじゃん!と思いつつ、また、会えるんじゃないか・・・?と思ってしまうのはどうしてだろう・・・。
またトキオとどこかで会える・・・。そんな気がして仕方ない終わり方でした。

とってもいいドラマでした。
でも、時間変更だったり、と台風で放送がなくなったり、字幕が出たり、と集中してみられなかった人も多いようなので
再放送してください。もう一度しっかり見たいです。NHKさん、よろしくぅ〜!

◇ 第週 ◇  「彼女の秘密と母の秘密」 (9/20〜9/23 まとめて9/24)  

トキオに「世界で一番尊敬できる人なんだ、」と言われて、ようやくしっかりと考え始めたのね、拓実は。
千鶴も、千鶴の彼もみんな助けたいと思うようになったんだね。
昔の拓実だったら絶対簡単に諦めてるだろうし、逃げてたと思うもん。

そしてたどり着いた実父の家。
実母からの手紙を読んで全てがわかったんだね。
愛されて生まれてきたんだということを。
誰かが事情をちゃんと拓実に伝えてあげてれば、あんなにゆがんで育たなかったと思うんだけど・・・?

トキオは拓実に「千鶴さんを助けて、もう一度お母さんに会いに行くべきだ」と言う。
そこまで達したら、トキオがどうなるんだろう。。。
70年代にいるトキオが消えてしまうのはわかるけど、現在の時生はどうなっちゃうんだろう。

んで、トキオのお母さんは千鶴なのか?
きっと違うんだろうなぁ・・。そんな気がする。
悲しくない、良かったね!と思える結末だといいんだけど・・・。

◇ 第週 ◇  「大阪・真夏のふたり」 (9/13〜9/16 まとめて9/17)  

ホルモン「百龍」のおっつぁん、「君が想い出になる前に」に出てた、いやらしい記者役の人だ!
あの演技はきっとあの役のために、わざとやってたんだと思ってたけど、違った!
あの人、きっとあーいう人なんだ・・・。このドラマでも同じようにニヤニヤして気持ち悪い演技してたもん!
うぅ〜・・・この役者さん、嫌い!!(←悪いけど・・・ちなみに小市慢太郎という人です)

やっと千鶴に会えたかと思ったらイシハラに拉致されちゃって・・・。
ここで録画が切れてました・・。ん?なんで?
そっかぁ、プロ野球のストのニュースで始まりがズレてたんだ・・。もう、NHKって簡単に時間変更があるから注意しなくちゃと
わかってたのに・・。
ま、予告とかで見た感じだと、千鶴と一緒にいた男を拓実たちは見つけたんだね。
そして千鶴を助け出そうとするんだね。

んでさ、この話はどうなったら終わるのかなぁ。
拓実がお父さんにあって、自分が生きていく意味を見つけ出したらトキオが消えていくのかしら?
あの漫画の原画が鍵になるかと思ったんだけど、質屋に入れちゃったし・・。
それにしても高い値で売れたはずなのに、3000円で売っちゃうなんて、ドジやなぁ・・。

◇ 第週 ◇  「消えた恋人を探して」 (9/05〜9/09 まとめて9/10)  

トキオは千鶴が突然いなくなったわけを知ってたんだぁ。知らなかった・・・。
競馬で増えたお金を持って名古屋の母の家に行く拓実とトキオなんだけど、
やっぱり母を許せなくて出てきちゃう拓実の代わりにトキオが抱きしめてあげるところは良かったねぇ。
「ボクもあなたに会いたかった・・」 だっておばあちゃんなんだもんね、その人は。

んで探し当てた千鶴に会えた拓実たちなんだけど、男と一緒だったことで拓実が怒ってしまいました。
警備員の面接が最後のチャンスだったなんて拓実は知らなかったから余計にムカついたのかもしれないね。
そしてお母さんから預かったという封筒を拓実に渡して行ってしまう。
その中身は誰が書いたかわからない漫画の原稿だった・・。
そして名古屋城下でのキャッチボールのシーン。
目の前の青年が自分の息子?んなまさか・・と思いながらも不思議な感覚でキャッチボールをする拓実。
変な感覚だろうなぁ。同じ世代の子が自分の息子かもしれないなんて・・。

東京に帰ることを考え直し、大阪に行くことにした拓実。
千鶴が昔話していた友達の名前を思い出して捜すんだけど、その友達役の保田圭ちゃん、関西弁が下手すぎ!
関西人の私が聞いてもおかしいと思うくらいだから、関西人の方は???なんじゃないかしら・・・。
関西弁って、本当に難しいよなぁ・・。あのアクセント、微妙な加減があるらしく、とっても難しい!
でも、好きなのよねぇ、関西弁。
このサイト内でもよく関西弁を用いている管理人ですが、関西に住んだことはありまっしぇぇん♪

さてさて、その竹美の部屋に千鶴がいるのでは??というところで話は来週へ続いてしまいましたが、
千鶴はどうなっちゃうのぉ?それにお父さんには会えるのかしら・・。気になるトコロですな。
それと、イシハラの部下を演じる佐藤二朗さん、国分くんの髪の毛食べるのはやめてください!
気持ちわるすぎっす!!(笑)

◇ 第週 ◇  「25年後の息子」 (8/30〜9/02 まとめて9/03) 

最初の暗い始まり方で「うわぁ、見たくないかも・・」と思ったけど、やっぱり東野圭吾さんの原作だし見なくちゃいけない!
と思い直して続けて見ちゃいました!
太一くんの声を低くしてる演技は良かったけど、もうちょっとメイクは老けた感じにした方がいいのでは・・・?
でも、うまく演じ分けてるよね。

現在2004年、拓実(50歳)の息子・時生は重病で入院していた。時生の顔が映らないってことは、あれは翔くんじゃないの?
時生の病室で「信じられないでしょうけど、昔、息子に会ったことがあるんです」と医師に語り始める拓実。

1979年、25歳の拓実は浅草でチンピラまがいのキャッチセールスをやってるどうしようもない男だった。
そこに少年トキオが現れる。「信じられない!!」と言いながら拓実の体を触りまくる少年。
「花やしきで待ち合わせって言ったじゃん!」って言ってたよね?こりゃまたどういうことだ・・?
「なんだその頭は!染めたのか?」「あぁ、誰か似た人の体借りたんだ、やってみたかった茶髪になってるし」
ってことは、あの体は時生のものではないってことか・・・。魂だけ飛んできたってことかしら?
どうやってタイムスリップしたのかはまだ謎なのね?
チンピラにボコボコにやられた拓実を見て、「僕が会いに来たのはこんなヤツじゃない。」
どんな父親に会いたくてやってきたの、トキオは・・・?一体何しにきたんだ、トキオは・・・?気になりますのぉ。

それにしてもホント、最低な男だなぁ、拓実は。ヒモじゃん完璧!千鶴もなんであんな男と一緒に住んでるんだか・・。
スナックで働いたお金を貢いじゃってるけど、とうとうプッチィ〜ンって切れちゃったのね。
富田靖子って怖い表情させたら迫力アリアリだもんね。
あの整ってない中途半端なロン毛が、昔の西城秀樹っぽくて太一くんが70年代の男に見えました・・・。

トキオが拓実に寿司をおごるって言った時点で、お金は・・・?って思っちゃったわよ。
ネットバンキングなんかあるわけないじゃん!!
千鶴の頼みだった警備員の面接にも遅刻して結局受けられませんでした・・・。
それでもあっさりと許した千鶴は拓実の前から消えてしまう。「さよなら」と書いた手紙を残して・・・。
千鶴はオレに惚れてるだぁ?ったく、何勘違いしてんだか!

慌てて千鶴を捜す拓実とトキオ。自分の部屋に戻ってみるとイシハラユウジロウと名乗るヤクザまがいの男が待っていた。
千鶴を捜しているという。10万円で捜してこいと言われた拓実たち。
トキオは競馬で「ハイセイコー」に賭けようと言いだす。「僕は未来からきたから知ってるんだ」と・・・。
それにしてもあの携帯電話らしきものはどうやって作ったんだ??
中継基地も衛星もないのに通じるのぉ??わからん・・・。

ま、面白そうだから引き続き見ようと思います。
よくよく考えてみると、この枠のドラマをちゃんと見たのって初めてかもしれない・・・。

◆ Story ◆ 時空を超えて1979年に出会った父と息子、25歳の拓実と19歳のトキオは、拓実の失踪した恋人・千鶴を捜して東京・名古屋・大坂を旅していく。25年後の世界からきた息子と行動する中ですさんだ生活を送っていた男が一人の人間として成長していく。