□ 日曜 21:00〜 TBS系
□ 脚本・・飯野陽子 □ 演出・・平野俊一・山室大介 □ P・・伊與田英徳
□ 主題歌・・・ [時の舟」 松たか子 
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/tobo/
◆ 出演者 ◆
 永井徹生(35)・・・・江口洋介(逃亡者)
 峰島隆司(40)・・・・阿部寛(警視庁・刑事)
 尾崎カオル(28)・・・水野美紀(県警・刑事)
 国枝真澄(32)・・・・加藤浩次(警視庁・管理官)
 鬼塚咲・・・・・・・・・長澤まさみ(保護観察中)

 藤堂ナツミ・・・・・・黒川智花(入院中の少女) 
 永井淳子・・・・・・・戸田菜穂(徹生の妻)
 東治郎・・・・・・・・・尾美としのり
 小野寺千秋(42)・・片平なぎさ(看護師長)
 郡司直巳・・・・・・・別所哲也(外科医)
 伊川貴子(43)・・・・原田美枝子(生活安全課刑事)
 来栖慶介(58)・・・・原田芳雄(来栖総合病院・院長)
主題歌
商品の詳細
サウンドトラック商品の詳細 DVD-BOX
商品の詳細
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「真犯人は誰」 (9/26)  最終回

想像通り、来栖院長が黒幕でしたぁ!!順当な推理通りの結果でしたね。

整理すると
警視総監の娘の堕胎手術に失敗。
入院してた脳死の少年の腎臓が適合したので、腎臓移植を院長が執刀。
そのことをしった淳子は院長を告発する、頼むから自首してくれと頼む。(東にナツミのレントゲン写真をすでに送っていた。)
院長は郡司→国枝へ淳子暗殺計画を持ちかける。
国枝が一日で殺害計画を練る。田所へ指示。田所は指紋を残しつつ淳子殺害。
陸は田所の顔を見てしまったため、郡司が点滴チューブを切り殺害しようとする。
このことは院長にとっては予定外。陸は助けたかった。
田所殺害は国枝。脅迫してきたから。

つまり、郡司・国枝共犯の、黒幕は院長。ってことですな。

意外とあっさり良い子になっちゃったナツミちゃん。前回まであんなに悪人顔で話してたくせに、
何がきっかけでそんなに急にお利口さんになっちまっただ?伊川さんの説得がさぞかし上手だったのかしら・・・?
追い詰められた国枝が拳銃を持ってて、自殺するということは私でさえ読めたんだから、止めなさいよ!
あんなにたくさん警察がいるのに、まるで見守るかのごとくただ見てるだけかよ!
そうだった、あんなにたくさんいたのに永井を取り逃がし続けるような警察だったわね・・・(汗)
んで、永井さん、えらくのんびりしてたけど、自分の無実よりもまず、子供のことを捜しなさいよ!
すっかり無事だと確信してるのがおかしかったわ・・・。

朝霧高原の院長の別荘に陸くんをかくまっていた小野寺師長。これは院長の指示だったのね。
突然陸がいなくなった。永井は必死に捜す。
陸は、「お母さんを助けなきゃ・・」と走り出す。そっか、事件で時間が止まってるんだもんね・・・。
自分が守ってあげられなかったから・・なんて言われちゃうと、辛いなぁ・・・。

淳子の墓参りでであった森迫永衣ちゃんが重大証言してくれましたねぇ!相変わらず可愛い・・。
そして来栖院長と淳子の確執を知った永井は院長のいる病院へ。
真実を聞かされて院長の首を締める永井。そこへ外庭から「ぴょんきちくぅ〜ん!」と聴こえてくる。
永井の手がはずれる・・・。
この殺害を止める方法は良かったなぁ・・。「やめて!永井!」とカオルが止めるよりも、
子供の声で止められたっていうのが演出的に良かった。
永井が殺人者になっちゃうっていう結末は見たくなかったので・・・。


 ■ 総評 ■

最後まですんごく振り回されたドラマでした。前々回くらいから来栖院長黒幕説が一番だと確信してましたけど、
まさかそんな簡単な結末かぁ?と読みすぎてしまったことも多々ありましたねぇ。
いろいろ映像にごまかされたり、ミスリードされたり・・・。
別所くんは最世から最後まで怪しかったので黒幕ではないと思ったけど、それにしても怪しすぎたわね。
結末を知ってしまってから書く総評なので、アラ探しみたいになってるけど、でも3ヶ月楽しませてもらったことは間違いないです。
でもさ、よくよく考えると、自分の娘を殺してしかもその夫のせいにしようとしてたわけで、ひどい話だよねぇ!
陸くんはお母さんをお祖父ちゃんに殺されたってことでしょ?トラウマにならないといいけど・・・。

何はともあれ、3ヶ月ありがとうございました。怪しすぎる演技を多々見せてくれた役者さんたち、ありがとう!

◇ 第話 ◇  「犯人の顔」 (9/19)

最終回まで犯人はまだわかってないっていう結論で間違いないっすよね?

田所の携帯のリダイアルから横浜のホテルが潜伏先とわかり向かう永井とカオル
そこには黒手袋の男が先回りしていた。・・・国枝だ!あの髪型は国枝だ!
淳子が東に宛てた宅配便。その中身はレントゲン写真。このレントゲンは何の証拠なのか。
とにかくこの時点で、国枝は共犯者であり黒幕ではなぁい!

田所の口座にお金を振り込んでいたのはやはり小野寺師長だった。
院長の血圧が異常に低下。点滴の中身に異常を感じた小野寺は点滴を抜く。薬を入れているのは郡司?
追いついたカオルが小野寺を問い詰める「陸くんはどこ?」何か言いかける・・・。
事情聴取が始まった。
国枝がやってくる。「ヘマをしてくれたな・・・」黙秘しろという国枝に、院長に手を出すなと条件を出す小野寺、
意外そうな顔の郡司、知らなかった?
とにかくこの時点で、小野寺の黒幕説はなぁい!

カオルが看護師から亡くなる前の淳子の情報を得る。元気がなかった。「ひまわりが気になって・・」と言っていた。
何かの不正を見つけてしまったから・・・。

ナツミが退院した。ヒマワリの花束を抱いて・・・。「みんなを集めて、咲も」郡司の表情もおかしい。
ナツミの父親は警視総監。ナツミは売春の結果、堕胎手術を受けるために入院していた。
伊川は自分が追ってる事件を話す。虐待された子供の話。
頭を殴られて脳死状態で五日後に死亡。しかし病院側は内臓破裂の症状があったと言う。
虐待した母親はおなかは殴ってないという。
おなかは殴ってないのに、少年の腎臓はキレイに切り取られていた・・・・・。生体間移植・・・。
ナツミは少年が死んだ日に手術を受けていた。二度目の手術を。
淳子が学会でいないときに少年は死んだ・・・つまり、ナツミに腎臓が移植されたのだ・・・。
それを暴こうとして淳子は殺されたのか?
ナツミの担当医師は・・郡司!やっぱり郡司は最初から思ったとおり怪しかったですなぁ・・。でも安易すぎるなぁ・・。

峰島は死んだ田所の指紋をとって帰る。田所の指紋を「永井の指紋と一致するはず」と鑑識に渡す。
しかし一致しなかった。国枝がすでに情報を書き換えていたのだ。
田所殺害の容疑者は永井と発表する国枝。八木、怪しむ。
淳子殺害の凶器に残った指紋は田所のものと一致。データを書き換えた人物はそこまですることができなかった。
その人物は・・・国枝。
そこへ八木がやってくる。「興味深い話をしてるじゃないか」

小野寺師長の部屋に行くカオル。そこにいるはずの陸はすでにされかに連れ去られていた・・。

郡司から連絡を受けた国枝が病院へ警察官を送る。院長と話をする永井。カルテの改竄があったのだ。
堕胎手術から腎臓を傷める可能性はないことはないと言う。
淳子のデスクで「臓器移植 著 郡司」という本を見つける。
腎臓移植のページにひまわりの押し花が挟まれていた・・・。その頃自分のデスクでほくそ笑む郡司・・・。
この本をこのデスクに置いたのも郡司かもよ?
警察に包囲される永井。逃亡生活の終わり・・・。

そして最終回予告。「最後まで信じようとしてたんだよぉ!!」
ん?ってことは、永井が信じたいと思っていたのに、裏切られてしまった人間ってことだよね?
ってことは・・・。やっぱり来栖院長だよ!お偉いさんに積極的に臓器移植をしていたのは郡司ではなくて院長なんじゃ?
小野寺はそのことを黙っているのが辛くなってきている・・。
なんてな?私、やっぱり院長が怪しくて仕方ないのよ。原田さんは最後にきっと何かやってくれるはず!
でも、なんで郡司は院長を殺そうとしたんだ・・・?
警察のほうは、きっと八木が峰島の味方をしてくれて、国枝の不正を暴くって感じになるんじゃないかしら?
いや、八木こそ本物の使い走りかもしれない・・。

うぅ。。。人間不信や。誰もかも怪しく見えてまうで。早く安眠させてください・・・。


■ 9話終了時点での真犯人予想アンケート結果

1.ナツミ 2.峰島の奥さん 3.伊川 4.国枝 5.郡司 6.来栖 7.小野寺
でした・・・。
小野寺・国枝・峰島の奥さんの説はないと見た。あとは・・・。

◇ 第話 ◇  「命の取引」 (9/12)

現場の倉庫から発見された弾丸が警視庁の保管庫から消えたものと同じだったと国枝に報告する八木。
そして「田所という名前を峰島が話していた」と八木が話したときのあの国枝の顔!
しかも八木が田所を調べると言ったら止めたよね?あやしい!!怪しすぎる!!
でも、黒幕の器じゃない気がするので、国枝は警察側の共犯者ってことかしら。。。

陸が匿われているのは病院だね、だってモニターがあったもん。ちゃんと医療機器が揃ってたし・・。
介護していた女性の腕時計が小野寺師長と同じものだったね。
病院内でもいなくなることが多いみたいだし、陸を病院内に隠しているとみた!
倒れた院長の手を愛おしそうに握っていたところから考えると、院長と小野寺は何か関係がある?
院長が犯人なら、小野寺は共犯者。
でも、院長が犯人じゃないなら、ただ陸を守りたくて匿っているってことになると思うけど・・・。
田所は陸がいなくなったという事実だけを知らされていて、陸がどこにいるかもしらずに
それを利用して永井を動かしていた・・・ってこともあると思わない?
院長室に盗聴器がしかけられていたことを知った郡司は心当たりがあるような顔をしてたよね?ってことは犯人じゃない?
院長室に盗聴器を仕掛けられるとしたら、やっぱり病院関係者か入院患者・・・。ナツミもあり得るよねぇ?
うぅ〜・・・わからん!

田所から永井に電話が入る。峰島が警察病院に移送されるときを狙って殺せと。
永井は峰島を殺す気はさらさらなく、陸の居場所を探すことに躍起になる。
田所の家で淳子殺人事件の日の前後に490万円ずつ数回「スズキサブロウ」という人物から振り込まれている通帳を見つける。
銀行のATMの前に立つ小野寺の映像があったけど、それじゃぁあんまりにも当たり前の展開じゃない?
違うよ、きっと、これもTBSのフェイクだ!騙されるな!!(←自分に言い聞かせる私・・・)
売春(?)をしてお金を集めているナツミ。「咲」と名乗ってたみたいだね。
そこを咲が見つける。あの200万円はこうやって稼いだお金だったってこと?
あの200万がいまだに気になるよなぁ・・・。

ナツミといえば、伊川が郡司に、ナツミが郡司に手術された同じ日に亡くなった子供のことを調べてたね。
その子の担当は亡くなった淳子と小野寺師長だった・・・・。
この事件がらみで・・・?って思わせたいんだろうけど、これもフェイク?

カオルから田所の指示を受けたことを知らされた峰島は病院から逃げ出す。
それを知った田所は、永井に対して指示を変更する。
埠頭のビルの屋上へ。。。そこには峰島が先に待っていた。
永井は峰島を撃つ。それを見ていた田所を、カオルが発見し、格闘する。
そう、永井と峰島は連絡を取っていて、殺した振りをしたのだ。
追い詰められた田所は、自分に指示を出した人物の名前を言おうとして、撃たれてしまう。
走って追いかける永井とカオル・・。
走りながらの車で確実にしとめたということは、かなりの腕の人物ってことだよね?
やっぱり警察関係者の協力、もしくは真犯人って線もはずせない・・。

あぁぁぁぁ!!もう!また1週間待たなきゃいけないのね?
うぅぅぅ〜・・。たくさんの共犯者による犯罪だという想像はつきました。
そのトップ、黒幕は誰やねん!ナツミみたいな子供のためにたくさんの大人が動くってこと、あるかなぁ。

警察側の共犯者・・・国枝
病院側の共犯者・・・小野寺
黒幕・・・・・・・・・・・・来栖院長   っていう線と

警察側の共犯者・・・国枝
病院側の共犯者・・・郡司
黒幕・・・・・・・・・・・・ナツミ     っていう線もあり?

まだまだいろんな組み合わせが可能だよね・・・?
はぁ、もう、疲れる・・・けど面白い!!

■ 8話終了時点での真犯人予想アンケート結果
1.小野寺 2.ナツミ 3.伊川 4.峰島の奥さん 5.国枝 6.郡司 7.来栖
でした・・・。
とってもわかりやすい結果でした。でも、小野寺じゃないとおもうよぉ・・・。

◇ 第話 ◇  「因縁の対決・家族のための戦い」 (9/05)

なるほど・・ふむふむと思った感想は最後に書くとして、まずは冷静にレビューをば・・・。

「約束の場所」とは、永井と峰島が関わったあの事件絡みの場所だった。
峰島も子供を殺した戸塚少年の保護監察官だった永井。
戸塚少年が峰島の子供にぬいぐるみ爆弾を送りつけたのには訳があった。
事件の数日前、万引きしようとしていた戸塚少年を峰島が捕まえたからだ。
万引きしても反省することのない少年に、刑事である峰島は警察に連れて行こうとしたんだ。これが少年には屈辱だった。
そしてぬいぐるみ爆弾を峰島の息子・隆の誕生日に送りつけた。
不意に届いたぬいぐるみを見て、同席していた田所と峰島は取り上げようとするが間に合わず、隆は死亡する。

永井は弁護する。花火程度の爆弾だと騙されて殺傷能力のある爆弾をネットで購入した戸塚少年を。
少年は反省していたと。少年院での2年の生活のあと、峰島に本気で謝ろうとしていたのだと。
少年の保護監察期間が終わる日、永井は峰島に戸塚少年に会って欲しいと頼む。
埠頭の倉庫に一人で来いと言った峰島の言葉に、少年は従い謝りに行った。
。。。そう永井は思っていた。
しかし、扉の前で怖気づいた少年は行かなかった・・・。

何もかもケリをつけようと二人が話した後、永井は冷凍庫に閉じ込められる。
助けにきたのは峰島だった!
峰島も永井からとされるメールで倉庫に呼び出されていたのだ。
呼びつけたのは、田所。
ライフルで撃たれた峰島。火炎瓶も投げ込まれ危機一髪。
誤解の解けた二人は、なんとか倉庫から逃げ出した。
「早く子供を助け出せ」という峰島、永井はまたも逃亡する・・・。

田所が電話で「二人を殺した」と報告。電話を受けていたのは髪の長い人物・・・。
やっぱり女じゃんか!真犯人は!!
あの傷んだ茶髪・しわのある指からすると若くはない。
前回のビデオで検証すると伊川の携帯は折りたたみ式だったし、
ヒールのある靴を履かないだろうから、伊川ではない。
とすると、残るは片平なぎさ演じる小野寺師長・・・?
でも小野寺の携帯もオレンジ色の折りたたみ式だったはず。
どういうことだぁ??携帯を2つ持ってるってことか。
だとしたら伊川説も捨ててはいけないか・・・。
服装は先週小野寺が着てた黒い服の感じと一緒だったけどね。
峰島の息子の件が関係ないとすると、
あとは永井が15年前に起こした事件の関係者ってことかしら・・・。
むむむ・・・でも郡司が関係ないとは思えないんだよなぁ・・・。
なんで彼はなかなか出てこないんだ?
視聴者を混乱させるための人物なのか?
うぅ〜ん、まだわからん!!

自分の妻を殺し、息子を連れ去った真犯人を目の前にしたとき、
永井は峰島に言ったように、許すことができるのでしょうか・・・。
きっと、私には無理です。
峰島の言うように、罪を犯した人間がまた同じことをすると断定はできない。
でも、自分の愛する人を殺した人間を、私はきっと許せないと思う。
私はそんなに立派な人間ではないから・・・。

ところで、峰島の奥さん、ちょっと映ったけど彼女はやっぱり関係ないのかしら・・・・?
来週は、田所に言われたように峰島を殺すのか、永井は・・・。殺さないわね、絶対に。


■ 7話終了時点での真犯人予想アンケート結果
1.郡司 2.峰島 3.小野寺 4.伊川 5.来栖院長 6.ナツミ
でした・・・。
峰島っていう線はもう、ない・・・と思うよねぇ。もう一回アンケートしちゃう??

◇ 第話 ◇  「息子の命」 (8/29)

峰島は捜査からはずされた。ライフル持ち出しの件はどうなったの??持ち出したのは峰島じゃないの?
あっさり釈放して野放しにしちゃうし・・。この男は本当にわからん・・・。
先週の終わりで義手の男に捕まったカオルは何とか助かるけど、顔を見てない。

一方、永井は津留の家で津留が淳子たちが殺されたとき、入院していたことがわかった。
ってことは、津留は淳子殺しの真犯人ではないってことだね。
永井は伊川と接触。「警視庁の保管庫からライフルが一丁盗まれたらしい」と教えてもらう。
その途中、永井は峰島の子供の事件を思い出す。田所と言う峰島の部下も怪我をしていた。
伊川に聞き出し、田所の家に向かう。
カオルは自分で調べて田所に到達したのね?なのに田所に騙されて逆にまた田所に捕まってしまう・・・。
バカだねぇ、カオルは。見るからに怪しいじゃん、田所。

田所にボコボコにされてしまうカオル。あぁ、ひどすぎる・・・。
しかし水野美紀ちゃんは汚れ汚れてても綺麗だわぁ・・・。
そこへ永井がくるけど、田所は逃げてしまう。追いかける永井だが、駆けつけた車に乗って逃げてしまう。
指名手配してくれと言う永井に、カオルはキチンとした物的証拠がない限り元・警察官を指名手配しないという。
んでもってカオルを放ったらかしで帰るんかい!
アンタのためにこんな姿になったんだぞぉ!

陸の意識が戻った。陸くんの表情が全く変わらないのは、病み上がりだから?
おじいちゃんである来栖、もしくは病院関係者にビビってるのかなぁ?
陸の意識が回復したことを電話で永井は聞く。
その電話を田所が盗聴していた・・・。
ってことは、病院内部に共犯者がいるってことだよね?
峰島に陸の意識が回復したことを報告する男。
・・・・やっぱり峰島と田所の共犯??田所かな、あの声・・。
陸が何者かに連れ出された。
そして咲の携帯にメールが・・・。
「子供は預かった、生きたまま返して欲しければ、約束の場所へ来い」
そのメールを送った人物の指は女性だね。
そして左手の薬指に指輪が・・・。結婚してる女性っていうと、伊川と小野寺の二人だよね?
細く見えるけど、男性の指なのかなぁ・・・。
咲のメルアドを知っていて、永井と咲が一緒にいるであろうことを想像できる人物・・・やっぱり伊川?

予告を見ている限り、峰島は犯人ではないような気がする。
でも、逃げる田所を迎えにきた車には無線のアンテナがついてたので、警察車両だと思うのよ。
ってことは、やっぱり伊川???
あぁ〜ん、わからないぃぃぃ!

◇ 第話 ◇  「自首」 (8/22)

津留は100mも離れた距離から、警察の狙撃班ほどの腕前の人物に撃たれたとい鑑識の証言を得たカオル。
しかし、警察の発表は、永井が揉み合いの末腹部に発砲したというものだった。
そして失踪した峰島は過去に狙撃班に属していた・・・。
ここまで峰島怪しい説が出てくると、峰島が撃ったんじゃないな・・・って感じだよね?
国枝は峰島と永井の関係を知っていた。ライフルの持ち出しも全てもみ消し、永井のせいにする。
国枝も永井に恨みが?この男も何か関係があるんだろうね。

来栖病院の名誉回復のため、陸の意識が戻り、淳子の葬儀に参列するという嘘の情報を流し、
永井をおびき出そうとしていた。
院長に確認しようと永井が電話すると、院長は出ない。ってことは永井が来ることを願ってる?
郡司の弔辞を聞いてると、淳子に恨みが満々!って感じでしたねぇ。「ひとでなし」と言われるほど、何をしたんだい?アンタは。
アンタも片平なぎさも、まだまだ謎深い・・・。

真実を知りたいと思うカオルの手引きで東京まで帰ってきた永井。
永井が教会に近づこうとするところを峰島が見つける。なのに、警察は峰島を発見したようで峰島が捕まっちゃった!
おいおい、そこに永井がいるのに?
峰島も永井がそこにいる、って教えないし、この男も何を考えているのやら・・・。
陸の回復が嘘と知った永井はまた逃亡。あんだけの刑事がいて捕まえられないってどういうこと?
車もバイクもたくさんあるのに、何でみんな走って追いかけるの?
捕まえちゃいけないってTBS制作サイドから言われてるんだろうけど、無様すぎます・・・・(笑)
見送るカオルを義手の男が羽交い絞めに・・・。
おっ?義手の男は津留だけじゃなかったのか!そうきたかぁ・・・。誰だ?
どういうことだ・・・・?って予告で永井が言ってたけど、全くその通りやわ!

そうそう、峰島さん、ハムスターはそんなにポッケの中でじっとしてないと思うけど・・・。
それに、ポッケの中で粗相しっぱないだと思うわよ?
それにあんな草むらの中で放しちゃって・・。刑事に踏まれないか心配しちゃったわよ!

◇ 第話 ◇  「義手の男〜犯人との対決の時」 (8/15)

羽田空港発の飛行機に咲の名前で予約されていたため、警察は羽田空港を包囲した。
しかし、深読みした峰島とカオルは成田空港で永井を待っていた。
比較的手に入りやすい韓国のパスポートと航空券を手に入れた永井は、成田空港に現れる。
峰島の姿を見つけた永井は逃げる。いやぁ、江口さんの走りっぷり、すごいね!マジ走りだよ、アレ!
それに追いかける水野美紀ちゃんもさすがアクション女優だね。迫力ありましたぁ〜。

今回の大発見その1。峰島の子供は、中学生が作った爆弾を家に持ち帰り死んでしまったんだね・・。
そしてその中学生の保護監察官が永井だったんだ・・・。
いくら未成年とはいえ、加害者を擁護するということが理解できないし、許せないんだね、峰島は。
峰島にも立派な動機があるじゃん!その中学生は現在の事件には無関係なのかしら・・・?

大発見その2。真犯人とされる津留も、10年前付き合っていたホステスを絞殺、7年服役後、仮釈放
永井の保護観察下に置かれるが、再犯の恐れありと刑務所に戻されていた。
カオルが津留の部屋を捜索すると、異常なまでの恨みが込められた写真が多数見つかる。
そっか、誰かに操られていたとかじゃなくて、本当に永井に恨みがあったんだね。おお怖い!
でも、峰島と津留が繋がってないという説明にはならないよね。何かあるかも?

峰島たちから逃げた永井は苫小牧に到着。峰島は北海道へ行ったと予測し、北海道へ経つ。
カオルは永井犯人説に疑問を持ちつつ、咲から話を聞き、北海道へ。

原田電子工業から出てくる津留を見つける永井。「見つけたぞ・・・」って、おいおい、去ってるじゃん?
見つけたって行ってるけど、遠ざかってるじゃん?もっと必死で追いかけなさいよ!
そっか、義手を取りに戻ってくるってこと?もしかしたらその場の修理で済んだかもしれないのに?
社員証を手に入れた永井は夜、会社に潜入。
義手部門の部屋で津留の義手を捜すが見つからず、警備員に見つかり逃げる。
その途中、カオルが現れ自首を薦められる。カオルに従う永井。手錠をかけ警視庁に報告をするカオルの背後から津留が・・・。
きゃぁ!遠藤さん、めっちゃ顔が怖いっす!永井も正面から歩いてくる津留に気がつきなさいよぉ!
津留に連れされれた永井。やっぱり義手を修理で預けたんじゃなくて新しいのを撮りにきただけなんじゃん!
甘いよぉ、読みが・・・。

刑務所に戻されたあと集団リンチに遭い、右手を失い、更に余命わずかと診断された津留は、
永井を挑発し、自分を殺させようとする。そうだね、永井を殺すよりも自分の家族を殺した罪をきける方がものすごい復讐だわ。
でも永井は冷静にわれに返り、そんなことをしても妻は喜ばないと言う。
逆上した津留は拳銃で自分の頭を撃ち抜こうとする。しかし、弾丸が胸に当たり死亡する。

そこへカオルが。死亡した津留の側に薬莢が落ちていた。それはライフルによるもの。
しかも壁に弾痕があり、その角度をたどっていくと、ガムの包み紙が落ちていた。
それは峰島が持っていたものだった。そう、警察からライフルを持ち出し、峰島が撃ったのだ。
ってことは、津留と峰島はやっぱり繋がってたってこと?
峰島がコマとして津留を使ってのかしら?

これで自分の無実を証明してくれる人がいなくなったと思っている永井は、絶望する。
来週は、絶望した永井が再び動き出すことになるのやら・・・。

いやぁ、今回は面白かった!いろんな謎も解けたし、何より永井が二人の恨みをかっていたとは・・・。
津留が余命わずかという診断を受けたのが来栖の病院だとしたら、まだまだ関連した人間がいそうだよね?
まだまだ目が離せません!
今日はおかしなカメラワークもなかったので、楽しんで見られました!

◇ 第話 ◇  「真犯人の罠」 (8/08)

永井さん、最初は必ず誰かにめっかっちゃうのね、しかもめっちゃ捕まりそう!なのに捕まらない・・・。よく出来とる!
警察に包囲された安房から出るために永井が考えた方法・・・。
それは東京湾で開催されている花火大会での永井の目撃情報をネットを通じて流し、
警察の目をそちらに向け、さらに、安房から東京へ戻る車のトランクに乗って東京へ移動する、というものだった。
すごいね、あの状況であれだけのこと考えて、実際にうまく実行できちゃうんだもん、さすがドラマ!
ご丁寧に東京まで運んでもらえた上に、峰島を挑発する永井。
あれは余計なんじゃないの?峰島が永井を絶対捕まえる、ということは何も間違った行為ではないんだから、
わざわざ危険を冒して峰島にメッセージを託して自分の姿を見せる、ってことまでしなくても・・・?て気がしました。
峰島VS永井という図を表したかったんだろうけどさ。

警察から逃げた永井は、昔、咲が隠れていた部屋に潜んでいた。そこへ咲が警察に追われやってくる。
「ごめん、私が預けた200万円のこと・・」と謝る咲。「力になりたい・・」「ありがとう、咲・・・」
本当に信じていいのかなぁ。本当に咲は味方なのかなぁ・・・。すっかり疑り深くなっている私・・・。
あの200万円はあの感じからいくと、ナツミから預かっていたお金っぽいよね?
永井のお使い中の咲に対するあの態度もからいっても、ナツミは曲者ですなぁ。
まだまだあの子から目が離せませんね。

東弁護士の残したFAXには10人の名前が残されており、永井は自分が格闘した相手の感覚からいって
義手をしている男だと確信し、咲に手伝ってもらい、一人の男に達する。
名前は「津留正」。北海道にいるらしい、そして永井は北海道へ向かうことにする。
ここでも咲を名前を使い警察をかく乱する。羽田から出発する北海道行きの飛行機に咲の名前で搭乗予約をし、
実際は成田経由で入る・・・。でも、峰島は見抜いていた・・・。
マジメな男が逃げようと裏をかいた結果と、いつも裏をかいている刑事の考える結果が同じって言うのが
結構面白いわぁ。この二人、実は似たもの同士だったりして?

安房の富ばあちゃんの証言を聞いて、ちょっと永井の積に対して疑問を持ち始めたカオル。
どうしても永井が犯人だと言い切る峰島、この二人がとうとうタッグを組むことになりそうですね。
真犯人は「津留」という男だとわかっても、その裏で操っている人物を割り出さないと解決にはなりません!
まだまだ4回が終わったばかり。先が気になります!

◇ 第話 ◇  「謎の男」 (8/01)

いやいや、いくら峰島の撃った銃弾が腕をかすっただけとはいえ、あの高さから落ちて生きてるかぁ??
いくら執念深いからって、生きてないと思うんですけど・・・。
ま、生きてないと話は終わっちゃうから仕方ないか!

永井は航行中の船に乗り込み、千葉の安房にたどりつくが、民家で力尽きる。
そこの住人の老女・富(菅井きん)に助けられ、3日間も眠っていた。
この家はテレビが映らないから指名手配中の永井の顔も知らないんだね。
でも、お金が貯まったら息子が帰ってくることになってる、という時点で、あぁ、懸賞金欲しさにチクるんだな、と思いましたけど。
でも、息子みたいに思えたのかもしれないねぇ。不憫なおばあちゃんだ。

そして峰島の提案で、来栖の病院から懸賞金を出すことに。1000万円!すごい金持ち!!
そのことを永井に知らせる来栖。
そのことを病院の地下の車の中で聞いている犯人。
→の写真でいくと、白髪交じりの右手義手の喫煙家で、メガネ。
誰だ?国枝かと思ったけど、彼は白髪じゃないよなぁ。
でも、気にしてみてたけど国枝の右手は義手ではなかったなぁ。

永井の家に盗聴器をしかけていく犯人の図。「ぎぃぎぃ」という機械音。
確かに手の動きと同じだね。あの音は。
あの男と、実際に淳子を殺した犯人は同一人物だよね?

東の事務所に東が依頼した興信所からのファックスが残っており、それを手に入れた永井。
その内容がわからなかったなぁ。
でも、「あっ・・・・」みたいな表情がなかったので、
決定的な内容が書いてあったわけではないのかしら?
でも予告で真犯人がわかった!って言ってたよなぁ。
うぅ〜・・・わからん!!

富さんの家に来た義手の犯人、体型から言うと、国枝の部下の
六角さんも怪しいような気もする・・・。ちょっと猫背な感じ?
それともまだ登場してないのかなぁ。

気になったのはナツミの父親の話。もしかして絡んでそう?
それと、峰島の最初のたとえ話。
自分の親を殺されて、犯人が目の前にいたらお前も撃つはずだ、って言ってたよね?
ってことは、峰島の兄弟が、15年前に永井に殺された?とか?
峰島の過去も何かありそうな気がするんだよねぇ。

それと、予告にでてきた  → この人って誰?
陣内さんに似てるけど、違うよね?
ますます目が離せなくなってきました!!

◇ 第話 ◇  「最後の別れ」 (7/25)

ありゃりゃ・・・。犯人候補だったイボリー、じゃなかった、尾美さんが死んじゃった!殺されちゃった!
あの「ぎぃ、ぎぃ・・」って動く指の男が犯人だよね?左利きかと思ったら、右手が義手?
ってことはまだ物語には登場してきてないのか?

今回は逃げた永井が、15年前の事件で助け、それ以来家族付き合いもしていた東弁護士を頼るところから始まる。
そっか、そりゃ東、アンタ怪しいぞぉ!(と、この時点ではイボリーを疑っていた私) 
数々の淳子との想い出を思い返しながら、永井は息子と淳子にどうしても会いたくて、
義父の来栖とコンタクトをとり、警察で固められた病院へ潜入する。
そのとき東が永井に上着を貸すんだけど、あんなに体格が違うのにサイズが合うのかぁ?
しかも、めっちゃ怪しいアングルでイボリーを写してたし。。。(この時点でもまだイボリーを疑う私) 
そして教会に安置された淳子の遺体を抱きしめ、犯人をつかまえることを改めて心に決める。

そのとき東の元に宅配便が。送り主を見て東、ビックリ。永井を呼び出す。
その後、東は何者かにつけられる。そして殺される・・・。
そしてその犯人は警察無線を使い、東と永井の待ち合わせ場所に警察を誘導する。
東の元へたどり着いた永井。そして淳子を刺したナイフと同じもので刺し殺された東を発見。
このナイフ、15年前に使ったナイフかもしれないね。永井だけがわかる・・・みたいな?
そこへカオルと峰島が。
追い詰められた永井は橋から飛び込もうとする。「飛び降りればいい、裁判の手間がはぶける」といいながら近づく峰島。
「オレは守るものがある、まだ死ねない」と逃げようとする永井を撃つ峰島。
肩を撃たれ、永井は橋から転落する・・。(もちろん、死ぬわけない、生きてる)

今回はあんまり逃亡者っぽくはなかったねぇ。 淳子に別れを告げ、逃亡しながら犯人を捜すという決意をするための回かな?
橋から落ちはしたけど、生きてるみたいだし、逃げた場所で出会う菅井きんにチクらてたかと思えば
「逃げるんだ」って言われてるし・・・。まだまだ真犯人への道は遠いようです・・。

それにしても、  、カオル・・・。手錠をはずしたのは永井が鍵を奪ってだとぉ?自分を守るために嘘をつきやがった!
ったく・・。しかも逃げたことは隠してるんだわ!警察って・・。
警察の威信を守るためか、予告では1000万の懸賞金をかけてたよね?どこからそんなお金が・・・。
猟奇連続殺人犯でもないのに、1000万円は多すぎかなと・・・。

阿部ちゃん演じる峰島は、ちょっとおかしいねぇ。楽しみすぎっていうか、気持ち悪い!
こういう人なのか、何か過去にあったのか・・・?
東が峰島をだますためについた、潰れたカレー屋さんのことも知ってたし、コイツもかなり怪しいわぁ!

もっともっと逃亡して追い詰められて欲しいので、点をちぃっと減らさせてもらいませう。(←私ってはSなのね・・・)

◇ 第話 ◇  「無実の罪」 (7/18)

いやぁ、疲れた!話の内容も幸せな家族が殺人事件で壊されていくという内容だから疲れたっていうのもあるし、
何より、画面が暗い!犯人の正体を見たくて目を凝らして見てたので、めっちゃ疲れた・・・。
しかも、米ドラマ「24」を意識してか、画面分割方式を取り入れていたのは、時間経過がわかって良かったんだけど、
小さなテレビで見ている方には非常に見にくかったと思うわ!
ウチの36型ワイドテレビで見てても、旦那と二人で、「何??今の何??」って言いながら見てましたもん。

話は、映画の「逃亡者」の犯人が誰だったのかもすっかり忘れてしまっているし、まったく別物のドラマらしいので、
すっかり引き込まれてしまいました。
息子・陸くんの誕生日の日、保護観察中の咲が問題を起こしたようで、永井は出かけてしまう。
そして咲から200万円の不明金を預かってしまう。(これも事件への伏線か?)
出かけるときに壊してしまった息子の電車の模型を買って家に帰っる、その時、家に殺人犯が・・・。

まずは迷いなく永井の部屋へ行って離婚届が入ってると思われる封筒を置いて、2階へ上がっていく。
陸はおじいちゃんの病院へ一人で出かけてしまい、家には妻の淳子一人に。
そして淳子が犯人に気づく。顔を見た、声も出ない。犯人は手袋をはずし、素手で凶器のナイフを持ち襲いかかる。
そこへ陸が帰ってくる。陸も襲われる。最後の力を振り絞り、淳子は陸をかばう。
そして永井が帰宅。外で草刈りしてた人は、何か目撃してないのかなぁ・・・。
永井はまずはまっすぐ自分の部屋へ行き、預かった200万円を机の引き出しへ。
2階に上がり、倒れた二人に気づく。後ろから犯人に襲われ格闘。顔は見なかったのね。
そして逃げる犯人。逃げるときに一瞬、犯人の動作が映ったけど、何をしてたんだろう?
ポケットから何かを取り出してたよね?永井の指紋のついたナイフかなぁ?

そして第二の事件。手術後の陸の点滴シリンジチューブの切断をした人と淳子殺人の犯人とは別人のような気もしなくない?
ちょっと女性っぽい体格のような気もする・・・。
こうなると、別所君も、片平なぎさも怪しくなってくる・・・。

永井は昔ワルで、正当防衛とはいえ、人を殴り殺していた前科者だった。
そして淳子のサインの入った離婚届、かなりの額を上乗せされた保険、永井の指紋のついた凶器、
机に入っていた200万円、これらの証拠から永井は逮捕される。
咲も200万は知らないと証言したらしい。(やっぱり怪しい・・・)
何より、凶器のナイフには心当たりがあるらしいね、永井には。
ってことは、昔、ワルだったころの関係でこの事件はおきたのかしら?

陸の切断されたチューブからも永井の指紋が出てきて、永井は警視庁へ移送されることに。
その途中、トンネルでガス爆発事故が。
一緒に移送されていた男が闘争したため、カオルは追いかける。そのとき永井は負傷者を見つけ、助けようとする。
手を自由にしてくれといわれ、カオルは手錠をはずしてしまう。
負傷者を救急隊に渡すと、永井は逃亡の道を選んでしまう・・・・。

きっと何か心当たりがあるからだよね。まだまだ隠された過去や事実がたんまりとありそうだもん!
なかなか面白かったんでないかい?
淳子の死を「お前のせいだ」と責めるおじいちゃんの気持ちもよくわかったし、切ない事件ではあるけれど、
面白い展開になっていきそうな気がします。

とりあえず、犯人候補は・・・(共犯者も含めて)
外科医・別所くん。看護師の片平さん。弁護士の尾美くん。刑事の矢島さん。保護観察中の咲。管理官の極楽・加藤。
これからまた登場人物が増えていきそうな気もするけどね♪

◆ Story ◆ 妻殺しという無実の罪をきせられた男が、刑事の追跡を逃れ真実を追い求める。
保護観察官・永井の妻・淳子、息子・陸が自宅で暴漢に襲われた。偶然、犯行直後に家に戻った永井は、犯人と格闘。しかし取り逃がし、妻は死亡、息子は意識不明となってしまう・・・。
◆ 期待度 ◆ このクールで一番期待してます。裏切らないでねぇ〜!