□ 日曜 9:00〜9:54 (初回は 〜10:09) 
□ 脚本・・遊川和彦 □ 演出・・清弘誠 □ P・・八木康夫
□ 主題歌・・・ 「あなたが好きで」 森山良子
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/fu-fu/
◆ 出演者 ◆
 山口太一(59)・・・・・・・・田村正和
 山口華(46)・・・・・・・・・・黒木瞳
 山口菜穂(25)・・・・・・・・加藤あい
 山口順(22)・・・・・・・・・・塚本高史 
 田之上静香(32)・・・・西田尚美
 待田幸子(37)・・・・・・羽田美智子
 元木慎吾(28)・・・・・・大森南朋
主題歌
あなたが好きで
DVD-BOX
夫婦。DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「究極の選択 妻か彼女か」 (11/14)  

相手に家庭があって、その相手が電話で煮え切らない返事を返してきている・・・。
気づけよ!幸子!
携帯に幸子からの着歴ばっかり残ってて、さすがの太一もウンザリだろうさ。

今回のムカつきはやっぱり華。
静香に対するあの発言だわ。人の子供のことまでいちいち言うなよ、って感じ。
途中でチャンネル変えたろかと思いましたわ。

最後の浮気を許すシーンも、あんな煮え切らない電話で相手が納得するとは思えないわ、私には。
結局華は太一が好きってことでいいんじゃないっすか。

もう、リタイアします。
日曜の夜、むかむかすると、週明けの朝が不愉快っすから。
さようならでやんす。

◇ 第話 ◇  「結婚25年最大の危機」 (11/07)  

最初に、浮気チェック!の項目が出てきて、自分の夫の行動と比べた奥様方がいたのは間違いないでしょう。。
ま、私も一応、チェック項目を探しましたけど♪

前回の終わりで、華が大暴れした後の太一の反応が気になるところでしたが、あんまり面白くなかったわ。
あれだけの惨状を、あんな理由でごまかされるなんて・・・。(笑)
もっと太一の反応を見るような感じになるかと思ったけど、意外にあっさり終わっちゃったので、ガッカリ。

大体ね、基本的にね、既婚者だと知ったくせに、メールを打ってくる女=幸子が気に食わない。
バレエ公演に誘うときだって、太一がダメだと言うことに対して、一言も二言も多い!ため息つきまくりだし。
んでもって太一さんよぉ、公演に行っちゃってるし・・。押しに弱いのね・・。
近所の奥様たちに見つかりそうになって、レストランに場所を移したものの、そこにはうるさい若い女性グループがいて、
「うるさい!」と怒鳴る幸子。
この幸子っていう女性は、男性から見ると可愛いの?なんかいっちょんわからん、こん子は。(←おっと、九州弁が出ちゃった!)
「おばさん」って呼ばれて怒ってたけど、十分おばさんでしょーがね。37歳っしょ?
太一を「おじさん」呼ばわりされて怒ってたけど、「じいさん」呼ばわりされなかっただけでも良かったじゃん?(笑)

んで、家に帰った太一を華の浮気チェックが待ってました。
タクシーの運転手にタバコを吸ってもらって服の香水の匂いを消したつもりだったんだけど、しっかりバレてたし、
携帯のロックもしちゃってるし、急にデートに誘ったりするし・・・。
華はたまらず幸子に会いにいくんだけど、結局何も言えずに帰ってきて、ストレス発散とばかりに買い物するんだけど、
ゴボウ買いすぎ!あんなに買って何に使うんだ・・・?確かに旬ですけどね。

そして慎吾の母が挨拶にしました。どうも母一人子一人みたいだね。あの方言は北陸かなぁ?
実家に帰りたいんじゃないか?って太一が聞いたとき、慎吾母は急に苦しみだしました。
心臓に持病があったらしく、以前目の前で老人が倒れ死亡した記憶のある順はすぐに病院へ運ぶことに。
そして子持ちだと前回発覚した静香と口論になっちゃいました。
娘の父親は誰か、軽口でごまかす静香に怒った順に対して、「じゃあ、アンタが父親になってくれるの?」と静香。
それを立ち聞きしていた華が静香に猛抗議!
あぁ、ヤダ。「この子はまだ大学生なんです!あなたみたいな人が・・」だとぉ?
ったく、偽善者っていうか、失礼な母親っていうか、何者?って感じ。
大学生だけど、成人してるんだから、出てくるなよ、そこで!って感じ。
基本的に好きじゃない役者さんなので、余計にムカつくったら・・・・。

最後はいよいよたまりにたまった気持ちを太一にぶつける華。
携帯見せろって言ったら、「いいよ」っていうんだから見りゃいいじゃん。
そこまで言ったら確認しないとぉ!布団にもぐっちゃったよ・・・。
太一はどうしたらいいかわからなくてオロオロするんだけど、それでもう浮気を認めたと同じだと思うんですけど・・・?(笑)

菜穂はきっと結婚を考え直すんだろうね。実家に帰りたいらしい慎吾と、病気持ちの母親。
結婚と言う形に夢を抱いていた菜穂に急に突きつけられた現実だもんね。
ま、結婚する前にわかってよかったんじゃないのん?

長々と書いてきましたが、来週はもう見ないかもしれないです。
私にはちょっと厳しすぎるキャストと内容ですもんで・・・。(汗)

◇ 第話 ◇  「妻が秘密を知ったとき」 (10/31)  

すっかり気を抜いて、だらぁ〜っとしながら見てましたが、
んが!最後に華がキレた場面で眠気が覚めた!
なるほどぉ・・。キレイ好きってのを妙に強調してるなぁと思ったら、ここに繋がってたんだねぇ・・・。
冷蔵庫のタッパをぶちまけるだけでも驚いたけど、まさかカレーの鍋までひっくりかえすとは・・・。
「片づけが大変だ・・」ってことしか思い浮かばなかったよ、あたしゃ・・。(笑)

なので、そこに至るまでの経過はあんまり集中してみてなかったんだけど、
太一の結婚指輪を返してもらうためにまた会ってしまったのよね、幸子と。
そして菜穂が慎吾との結婚を辞めると言い出して、幸子と太一は付き添って話し合うんだけど、
その後、また二人で飲みに行っちゃうわけだ。
そして幸子の本当の気持ち、太一への思いを聞かされてしまって、太一混乱・・。

その頃家では華は太一のことを慎吾に確かめてたら、どうもおかしい・・?と思いだして、
帰ってきた太一のメールを読んじゃうんだわ。
・・・あかんねん、旦那のメールチェックは。
知らなくてもいいことを、敢えて知っちゃいけないのよ、夫婦ってのはさ。
私も旦那の携帯は見ないし、飲み会についても何の詮索もしません。
ちっとは疑った方がいいのか・・・?(笑)

そして、疑惑が本物だったという事実を突きつけられて、おろおろする華が面白かったわ。
受話器を取るんだけど、誰に電話していいかわからない。
うん、わかる、私もその現場にいたら、きっとどうしていいかわからないだろうし、誰に電話していいかわからないもん。

いやぁ、ちょっと今回は面白かった。
でも、来週はもう仲直りしてなかった??でも幸子との関係は続いてそうだし・・・。
静香が子持ちっていう事実に順がどうするかってもの気になるし。
もうちょっと見続けようかと思いました!

◇ 第話 ◇  「25年目の浮気」 (10/24)  

地震のニュースと、日本シリーズを見ながらの、完璧な「ながら見」をしてしまいました・・・。
だって、やっぱり興味持てないんだもん、このドラマ。

太一は華と仲直りで、「こっちくるか?」ってなもんで、×××ってなことになったわけなんだけど、
次の日の華の妙なハイテンション、ドンびきですなぁ。
朝起きて、お母さんがあんなテンションだったら、大人の娘・息子は感づくだろうに・・・。
恥ずかしくて見てられへんわ。あぁ、はずかし!

太一は、順に「親父の仕事は恥ずかしくて、あんなことやれっか!」と言われてしまってすっかり落ち込んじゃって、
家に帰らずに「カラオケだけだもん、いいよな・・」って幸子を誘って、
食事の場に幸子の元カレが来て、"出来ちゃった結婚”するんだ!なんてシーンに居合わせちゃった太一は、
結婚指輪まではずして、「彼女を振るなんて信じられない・・」みたいな、おかしなフォローしちゃって・・。
私だったら、「やめてよぉ、そんなこと言われた方がミジメじゃないですかぁ!!」って怒りたくなるかも・・。(笑)

しまいにゃ幸子のマンションまで送っていって、「あなたは売れ残りではない、私が保証します!」ってかい。
嬉しかったのね、幸子は。
嬉しくなった幸子が太一に飛びついて、腰を痛めて幸子の部屋に行ったくせに、そういうことは出来るのか!(笑)
まったく、男ってやつは困ったもんじゃ・・・。

とにかく、なんかヤな展開なんだよね。
次回は浮気がバレるんでしょ。もう、あの田村さんの口調で言い訳をダラダラとされると思うと、さらにムカついてきちゃうかも。
はぁ、ちょっとどうでもよくなってきた、このドラマ。
何でこんなに私には合わないんだろう。。。

◇ 第話 ◇  「愛してるって言ってほしい」 (10/17)  

結婚何年も経って、毎日「愛してる」だの「きれいだよ」だの言われたら、かえって気持ち悪いんですけど?
何か後ろめたいことでもあるんじゃないの??とか、変に勘ぐっちゃうぞ、私は。
でもさぁ、テレビで「ウチの奥さんは手遅れ」とか言われたら、ちょっと、いや、かなりムカつくかも・・・。(笑)

幸子からの電話は角野さんに貸したハンカチを返すってことだったのね。
だからって雑誌見てお店を決めるマメさが気持ち悪い・・。「”パスタ”はパスだ」とか言ってるし・・。
幸子に、奥さんは「愛してる」って言ってほしいんじゃないですか?って言われて、カニのおみやげ?
「なんでこんなの、こんな時間に、もう、いくらしたのぉ??」っていうセリフは、よくわかる!私もあの状況なら絶対に言う!!
私もよく言うんだわ、このセリフ。「せっかく買ってきたのにさぁ・・・」って愚痴られるんだわ。
でもね、カニなんか買ってこられたら、冷蔵庫に入らないし、食べきれないし、ゴミは臭いし、本当に大変なんだから!

「アンタの歌、ダサいよ、歌い方も暑苦しいし」っていう静香のセリフ。私もちょうどそう思ってたよ。
下手だから、歌わない方が良いかと・・・・順くん。
静香も静香で、25歳と順に言われて肯定してどうする?32歳っしょ?
しかも街中でちゅぅ〜って!欲求不満っすか?どんな流れのキスなのか、理解しがたい・・。
ほぼ同年齢の私から見ても、ちっともわからん・・。

菜穂は"結婚”に憧れてるだけだね。現実を見ないと・・・。こういう人は結婚式が終わったら、気が抜けるタイプだね。
太一は菜穂の命が・・とか言いながら泣いてたけど、おいおい、もしかして毎回泣くの、正和さん?
菜穂が「なんでこんなに結婚したいかと言うと、パパとママみたいになりたいから・・・。」だって!
なんか、このセリフも、あとで「なんちゃって!」とか言ってそうな気がして信じられない歪んだ私・・。
と思ったら、やっぱりそうだった!怖いよ、この子は・・・。
結婚式は12月18日で決まり。最終回は結婚式、っていうことですね。

せっかく夜、太一が勇気を出して「愛してる」って言おうとしてるのに、こういうときは華は冷たいのよねぇ。
んでもって「こっちに来ないか?」とか言ってるのに、「なんで?」とか言われるし。
さらに、昔の女の話から始まって、こじれてきたときに、「愛してるって言って欲しいんだろ?」とか言ったら、だめ、だめ!
言いなれてないからタイミング間違っちゃったよ、この人・・・(笑)

先週もそうだけど、太一のインタビューみたいな話はいったいなんなのさ。
先週は「まさか離婚するとは・・」って言ってたよね?離婚してないし。何が言いたいのか、あの演出は・・。
それにしても加藤あいちゃんと塚本クン、顔が似ている・・・。姉弟に見える・・。。

やっぱりこのドラマはハマれない。日曜9時だから見続けるけどさぁ。表面上のお付き合い家族って感じなんだもん!

◇ 第話 ◇  「妻の言い分VS夫の言いわけ」 (10/10)  

まるで「ジャパネットた○た」のように自分でテレビショッピングに出演している田村さん。
なんか、頬のお肉がたるんでらっしゃるような気がいたしますけど・・。それだけ年をお召しになられたということですか・・。

全体的に、見ててイライラしたのは、私だけでしょうか・・・?
結婚して20数年経って、生活にもある程度のリズムが出来上がってて、収入も十分で
はたから見たら何不自由ない主婦の暇を持て余したぜいたくな愚痴にしか聞こえないんだもん。
そんな旦那とラブホに行くこととか考える暇があったら、趣味を持つとかしたらいいのに。欲求不満も甚だしい!(笑)
それに、基本的に黒木瞳という女優さんが好きではないので、余計に同情できないのよねぇ・・。

山口家の主婦・華。友達がぽろぽろこぼすせんべいのカスをお盆で何度も拾う・・。
きれい好きなのはわかるけど、こんなことされたら落ち着いて談笑できやしないけど。。(笑)
台所に鏡が設置してあること自体、ナルシストだねこの奥さん・・。
髪切ってイメチェンしたら?っていうけど、十分素敵な髪型してるわよ?
あんなに旦那に振り回されて、言いたいことも言わないで、我慢ばっかりで、よく暮らしていけるよなぁ・・。

山口家の父・太一。家に帰ってきて話を聞かない旦那さんみたいだけど、普通よ、アレは。
あそこまで極端じゃなくても、疲れて帰ってきてたら、右から左に抜けてるんだから、ウチも。
大事な話は夜に話すだけじゃなくて、朝にもう一度。朝は忙しいから聞き流している可能性大なので、
もう一度折を見て話す。最低3回は確認しないと、「えっ?それ、オレ聞いてないけど?」と必ず言われます・・・。
そんなもんです。

山口家の長男・順、留年したんだね・・。早く言わないとぉ!路上で歌うたってる場合じゃないぞぉ!
歌を歌ってるときに、おじいさんがパッタリ倒れちゃったんだけど・・・。偶然居合わせた看護師・静香。
おいおい、その心臓マッサージはあまりにも下手すぎる・・・。もうちょっと上手にやってください。死にますよ。
この二人も付き合うとかいう話になっていくのかな?
でも、仕事してる女性と学生の男性っていうカップルは、別れる可能性大ですよ?逆ならいいんだけどね。

山口家の長女・菜穂は結婚話を父親に話そうとしてるんだけど、その相手が父親の部下・慎吾なんだね。
結婚を相性だの占いだので決めちゃいかんよ、菜穂ちゃん。今だけだぞ、そんなの。
それに勝手に式場まで予約しちゃうってのはどうよ?慎吾の親は何も言ってないのかい?
大森さんとあいちゃんって、設定は3歳差だけど、実際は10歳も年が離れてるでしょぉ?
もっと若い男の人をキャスティングすればいいのに・・。
二人からの結婚の話を聞きながら泣き出す太一にはちょっとひきました・・。
この「太一」っていう男のキャラがいまいちわからん。ハチャメチャなお父さんって感じにしか伝わらなかったよ。
娘を獲られたからって仕事で慎吾に冷たくあたるなんて、何を考えとるんだ、この社長。

勝手に式場をキャンセルしようとする太一。そこには昔の彼女に似た幸子がいて・・・・。
角野さんだぁ!「カミさんの悪口」コンビじゃないですかぁ!懐かしい・・・。
結婚式当日にダダをこねてる角野さんに偉そうに説教してるくせに、自分のこととなるとまた勝手なこと言うんだから・・。

なんか、イライラしながら見たから疲れた。
前クールの「逃亡者」が懐かしい・・。
このドラマを日曜9時に家族揃って見て下さいとでもいいたいのかしら・・・・。
想像通り、可もなく不可もなく・・。

黒木さん、加藤あいちゃん、大森南朗さんと、私が好きだとは言えない役者さん揃いでもあるので、厳しいレビューとなりました。

◆ Story ◆ 2人は結婚も控える年ごろの娘と息子を抱えた、現実でもよくある家庭の夫婦役。田村が演じるのはいちずに仕事に取り組んできたが、50歳代を迎え不器用ながらも女性などに対して“もう一花”咲かせようとする男性。一方の黒木は、専業主婦として家庭を守りながら、夫の姿を見て思い悩む妻役。子供たちの結婚という問題にも直面しながら、それぞれの立場で本音をぶつけ合って、家庭や夫婦、結婚のあり方を描いていく。
◆ 期待度 ◆ 「オヤジぃ」「おとうさん」に引き続き、この枠で家族ものといったら、お父さん役は田村正和!!っていうのが定番になりつつありますねぇ・・。しかも黒木瞳が妻役だったら「オヤジぃ」と一緒じゃん!違う配役はできなかったっすかねぇ・・。田村さんが好きなのか、八木Pが好きなのか・・・。私は好きではないんですけど・・・(汗)