□ 木曜 10 :00〜10:54 (初回は 〜11:09)
□ 原作・・・きたがわ翔 □ 脚本・・樫田正剛 □ 演出・・中島悟・飯島真一ほか □ P・・江口正和
□ 主題歌・・・ 「HERO」 EXILE
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/hotman/ 
◆ 出演者 ◆
 降矢円造(30)・・・・・反町隆史
 降矢七海(7)・・・・・・山内菜々
 降矢志麻(27)・・・・・伊東美咲
 降矢ひなた(19)・・・・市川由衣
 降矢灰二(18)・・・・・斉藤祥太
 降矢龍之介(18)・・・斉藤慶太
 坂本雪水(28)・・・・・黒谷友香
 尾久間刀記・・・・・・深水元基
 大月あやめ(26)・・白石美帆
 池上オサム・・・・・眞木大輔(EXILE)
 水澤貴美子・・・・・高橋ひとみ
 水澤いちご・・・・・・美山加恋
 千葉るみ子・・・・・・安倍麻美

 森谷 夕子・・・・・・石橋 奈美
 日高かずえ・・・・・・紺野まひる
原作
商品の詳細
主題歌
HERO
DVD-BOX
HOTMAN 2 DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「降矢家のHERO」 最終回  (12/23)  

なるほど、あの三上が教育委員会に訴えたため、円造は転勤になっちゃったわけか。。
それにしても、どこまでも情けなくて汚い男だ。。。
ま、このおかげで、志麻とオサム、雪水と刀記がくっついちゃったみたいで、良かったということか?

灰二は結婚式をしないと言い出して、かずえの両親に泣きつかれるんだけど、
結婚式をするしないという問題で悩む前に、灰二との結婚を悩んだ方がいいのでは・・・?(笑)
でも、円造の結婚式は自分たちのためだけじゃなくて、親のためにやるものでもあるっていう話には賛成だね。
お金もかかるし、面倒くさいし、女としては主役になれる日!とかいうけど、
結婚式はやっぱり親のためにやるようなもんよ・・・。
「やってあげる」方が一番良いと思いますよ、>これから結婚する君へ・・。(笑)

灰二の結婚と自分の転勤を機に、円造は母の家を買い戻すことを断念すると宣言します。
このままでは兄弟みんなが負担を背負って生きていかなくてはいけなくなる、
それくらいなら、ここできっぱり諦めて自分の人生を歩んでいって欲しいという気持ちだったんだね。
うん、いいんじゃない?
この兄弟なら、「故郷」となる家がなくても、きっといつでも集まれるだろうし・・。

なんやかんや言いながら、最後まで見ちゃいました。ふぅ・・・。


 ■ 総評 ■

やっぱり「第2弾」の成功ってのは難しいってことだねぇ・・・。
大きな原因は志麻の役が変わってしまったことかな。
初回で離れていった視聴者が多々いたと思われます。
それに、あっけなく円造と美鈴先生が別れたということで、矢田亜希子ちゃんも出演しなかったことも一因かな。
ホームドラマの場合、定着したキャストを変えるというのは、私から言わせてもらうと、やっぱりナシだと思います。
揃えることができないなら、無理に放送しなくてもいいんじゃないのかなって・・。
後は、裏の「大奥」のせいってのもあるかな。
この枠はフジに勝つのは難しいかもよ・・。
来クールは「H2」で若者層を持って行きたいんだろうけど、大部分は「優しい時間」に流れるのではないでせうか・・。
ま、頑張っておくんなまし。

あ、なんかドラマのないように対する総評になってないな・・。
でも、あんまり印象に残らなかったということなのかもしれないので、ここのところで失礼つかまつり!

◇ 第話 ◇  「結婚する弟へ」 (12/16)  

今回は弟妹たちの恋愛話でしたねぇ。
でも、なんか一気に1話に全員分の恋愛を詰め込んだって感じがするんですけど???(笑)

まずはひなた・・。
まだあの医者と付き合ってたのか・・。
あんなことされて、よくまた会う気になるよなぁ・・。よっぽど好きなのか?
馬鹿にされてるとしか思えないんすけど?

そして志麻。
雪水の会社にいる三上と付き合っているという志麻なんだけど、雪水ともつきあっていることが判明。
それを知った円造の家に三上を連れて志麻が帰ってきました。
三上を呼び出して優しく問う円造。しかし三上は平気な顔でどっちとも付き合ってる、そのうちどっちか決めるという。
それはおかしいという円造に、「あなたも昔はそうだったんでしょ?」なんていわれちゃって・・・。
あのさ、あのキレやすい円造ちゃんはどこへいったの??
いつも「おいおい、そこはキレるとこじゃないだろう・・」ってところでぶっちんぶっちん切れてたじゃん?
自分の志麻をもてあそばれてると知ったら、そこはキレてもいいんじゃないのぉ??
自分過去を突かれてグッタリしたったのかい・・・?
なんか、納得いかないのよね・・・。
刀記とオサムの怒りの方が納得いったっていうか、当然の行動のように思えましたばい・・。

最後は灰二。結婚するって言い出しちゃったよ?
ここは、なんかながら見しちゃって、なんでそんな話に・・???って感じなんですけど?
別れてなかったんだ・・。
年上でしっかり仕事してる女性が、いつまでも頼りない灰二と結婚するとは思えないんだけど・・。
結婚は現実ですから。特に女にとってはね。

なんでかしらないけど、このドラマ12回なのね。長いわぁ。
ようやく最終回。ココまで見たから最後まで見るけど、やっぱりパート1のほうが遥かに良かったな・・・。
(早めに総評している私・・・。)

◇ 第話 ◇  「七海の恩返し」 (12/09)  

心温まるお話でした・・・。
でも、ながら見なので、レビューは完結に・・。(笑)

円造は、家を買い戻すための頭金の貯金を始めました。
通帳を見ながらため息をつく円造を見た妹弟たちは、少しでも協力したいと思って、残業や新しいバイトをします。

みんなお仕事で忙しいのを見て、七海は恩返しにと一人で料理を作ると言い出します。
あの年の女の子は料理に興味があるんだろうけど、
包丁を持ってるときは、側で見てあげてください、円造!危ないですからぁ〜!!
完成した豆乳入りシチュー。
ものすごく大きくて不ぞろいの野菜が入ってるシチュー。
それでも円造にとっては何にも変えがたい最高の料理なだよね・・・。

そんなことを知らされずに、「早く帰って来い」と言われていた志麻たちなんだけど、
志麻は同僚が倒れ病院にいき、その病院ではひなたがバイトしてて、さらに灰二が同僚を連れてその病院に・・。
みんな、早く帰りたいけど帰れない状況。それにまさか七海が料理して待ってるなんて知らなかった・・・。

誰も帰ってこないまま、七海は寝てしまいました。
さてさて、これからまた円造の激怒コーナーか??と思ったけど違ったねぇ。
みんなが遅れた理由、龍之介も寝る時間を惜しんで家庭教師のバイトを増やしていたと知って
自分の無力さを感じると共に、家族の愛を知るんだよね。
それに、寝る前に言った七海の言葉が泣けたわ・・。「みんなを叱らないで、七海が勝手にやったことなの」
大人だわぁ、七海ちゃん・・。
円造の言うとおり、電話くらいは出来たと思うわよ、妹弟たちよ・・・。

いちごちゃんが近くに帰ってきたので、華やかさが戻りましたねぇ。
いちごママのキャラが変わってきてるのも面白かったし♪

でも、今回、龍ちゃんとるみ子の話もあったけど、あれ、いらないよね?
しかも安倍麻美の演技が驚くほどに下手だし・・。なんで出てんだ、この子は・・。
それと、志麻の同僚の男、怪しいな・・・。こんどは志麻はこの男に騙されそうな気がする・・。

◇ 第話 ◇  「七海のママは誰?」 (12/03)  

円造と七海の部屋から、ホルムアルデヒドが検出されました。補修工事で使ったみたいだけど、
検査のために七海はしばらく入院することになりました。
そこで母親と触れ合う他の患児を見て、七海は複雑な心境になるのよね。
そして「七海ちゃんのママは?お名前は?なんで死んだの??」と質問攻めにあい、つい、志麻が母親だと嘘ついちゃいました。
うぅ〜ん、難しい!この時点でのこの嘘はとりあえず容認して、その後ちゃんと真実を話すっていうのが、
一番ベストかもしれないなぁ。

「円造は七海に本当をこと言ったのかよ!」と刀記に指摘され、思い悩む円造・・・。
自分が答えられない問題を問われると、ブチ切れてしまうこの性格、どうにかしなさいよね、円造。

いちごちゃんがお母さんと七海の家に遊びに来ました。
パパに会いたいといういちごと、お父さんの家に一緒に行ってあげた七海。
でも、お父さんは接待ゴルフのために少しの言葉を交わしただけで行ってしまいました・・。
これはつらい!仕事よりも家族の方が大事だろ!って言ってあげたいけど、いやぁ、大人はつらいのよ!
この状況でのお父さんを一概に責めることは、私にはできませぬ・・・。
二人して号泣する七海といちごの図は、さすがに切なかったけどね・・。

家に帰ったら、刀記たちが庭にビニールハウスを作ってくれてて、友情を感じたのはいいけど、
あれ、邪魔じゃないっすかね?しかもあそこで寝てたけど、絶対風邪ひきますからぁ〜!!!
「もう、ママのことは言わない!偉いでしょ?」っていう七海は、かなり可愛かったけどね♪

今回はやけにパート1の映像を使ってたよね?
今までは志麻が別人ということで、懐かし映像を使えないんだろうなぁ・・って思ってたけどさ。
ま、円造と七海の二人のシーンの映像なら使えると今更気づいたのかもしれないわ・・・。(笑)

◇ 第話 ◇  「姉がいない家」 (11/25)  

もう、忙しいから見られないって言いつつ、何故か古ぅ〜いビデオデッキまで稼動させて録画している私・・。
んで、視聴はこれからも遅れるかと思われますが、見られたら見たいと思いますわ。

アトピー話が出てきたときは、もう見るのを辞めようかと思ったけど、なんか見続けちゃいました。
七海が毅然と勘違いした上級生に反論したのも良かったし、アトピーを治そうと親子が決意新たにするのも良かったし、
新しくひなたが就職することになった病院の先生がとっても協力的で良かったからかなぁ。
でも、このお医者さん、「君が想い出になる前に」で気持ち悪い記者役をやった人じゃなぁい?
役によってはこんなにも印象が変わっちまうもんかなぁ・・・。すごいね、俳優さんって。
あんなに気持ち悪かったのに、今回はめちゃくちゃ良い人に見えるんんだもん!

七海は「通年性アレルギー性結膜炎」と診断されました。原因はハウスダスト。
あんなに気をつけてるのに・・・。こうなると、更に家庭での円造がこうるさくなるそうだわぁ。。

志麻と円造のケンカは、志麻が昔の家を買い戻したいと言い張っていることを怒ってるのではなくて、
志麻が勝手に家を出て行ってしまったことを怒ってたんだね。
でも、志麻の言うとおり、早く買い戻さないと売れちゃうってばさぁ・・。
最終回までに買い戻せるのかなぁ・・。どこをどうひねり出してもお金は出てこないと思うけど・・。
前作の終わりみたいに、また誰かの遺産でも入らない限り、無理だな・・。

来週はいちごちゃん、再び登場!!やっぱり可愛いなぁ・・。
残り3回だし、やっぱり最後まで見てみようかなぁ・・。

◇ 第話 ◇  「妹がなくしたもの」 (11/18)  

リタイア予定でしたが、見てしまいました・・。
今回は円造が大人だったので、楽に見ることができました。
円造は七海のことじゃないと、結構冷静に対応できるようになったのかしら?

噂でひなたが医療ミスをしたために就職できないと聞いた円造は、たまたま東京に来ていた小田切に会いに行きました。
あんなに可愛い七海ちゃんをあんなところに置きっぱなしにして、連れて行かれちゃうよ?危ない、危ない・・・。
小田切の父・院長に、ひなたは七海のアトピーを治したいと看護師になったのだと話すんだけど、
「そういう浪花節、結構好きなんですよ、300万でどうです?」とお金で解決しようとする。
お金の件を持ち出した時点で、責任は小田切にあると認めているような気がするんですけど?(笑)
でもさ、小田切は何も言い返さないところを見ると、心を痛めているのかしら?
次回はひなたも就職できそうだし、小田切が譲歩したのかもしれないね。

商店街の近くにショッピングモールが出来る、それをやってる会社に勤める雪水に誘われて志麻も就職しちゃいました。
家を早く買い戻したいと言い張る志麻と円造はケンカしてしまい、志麻は出ていっちゃいました。
行くとこあるのかしらねぇ・・・。
志麻おねえちゃんがいなくなることで、次回の降矢家は結構大変そうですよ?
七海ちゃんの髪がとんでもないことになりそうですし・・・。

あの家の近くのお寺の住職さん、七海の悩みを解決してあげる!と大口叩いておきながら、
「球根をボールから守るにはどうしたらいいの?」という質問にたいして、「良い天気ですなぁ」とごまかしちゃダメ!(笑)
でも、なかなか良い味出してるおっちゃんだね!

◇ 第話 ◇  「誇り高き兄弟」 (11/11)  

なんか、円造って子供だよねぇ。
七海のこと、花壇に農薬を撒いていた先生に対して口調を荒げてしまうのはわかるんだけど
そのことがあったからって家に帰って家族に当たったりしないで欲しい。
しかも、島で仲良しだった省吾くんが遊びに来てて、ひなたの大事なカセットケースを壊してしまったときなんか、
七海が「私がやったの」って言ってるのに、省吾君を犯人と決め付けて何様?って感じ。
ウソはいけないって教育してたのは自分じゃん、まったく!
問いただし方だってもうちょっと違う方法があるんじゃない?
省吾君のおばあちゃんが聞いてたら絶対激怒だよ?

家を買い戻したいと夜もホステスとして働く志麻の気持ちも汲み取らないで文句ばっかり言ってて、
アンタは何かしてるの?って感じ。教師だけでしょ?お金がない、ない、ってつぶやいてるんだったら
自分で何かすればいいじゃん!って何かムカつくんですけど!

龍ちゃんが家に戻ってこられない理由は、奨学金をもらっているので新聞配達店を出られないんだね。
ひなたも前の病院から手が回ってるみたいで再就職は難しそうだし、
志麻は雪水の会社で働かないか?って誘われるんだけど、商店街を敵に回す仕事らしいし、
何もないのは灰二だけか・・・。

今回はホント、なんかムカムカしちゃった!
大奥・チャングム・スカパーの韓国ドラマが重なってしまっているこの時間。
来週からは見ないかもしれないです・・・。
っていうか、ホント、私ドラマ見すぎだね・・・・(汗)

◇ 第話 ◇  「思い出をつくろう」 (11/04)  

今日はなかなか良かったです。

転校が決まったいちごに何かプレゼントしたいと言う七海に、「海に行きたい」といういちご。
二人で三浦海岸まで二人っきりで電車で行こうとするんだけど、それを偶然見かけた龍之介とるみ子が尾行します。
途中まで退屈そうに携帯を触っていたるみ子も最後は仲良く写真撮ったり、七海をおんぶしてあげたり。
龍之介をカモのしてる女の子なんだろうけど、元は良い子なのかもしれないわ。
それにしても龍ちゃん、お肌が荒れすぎだわぁ・・。(汗)

無事に帰宅した二人を心配して探しに来たあやめと、いちごを迎えに来た母親(高橋ひとみ)のシーンは
久しぶりに面白かったねぇ!今回は伊東美咲ちゃんの突っ込みもちょっと笑えました。
やっぱり灰二がボケて、全員で突っ込むという流れが必要なんだわね、このドラマは♪

離婚しないでと必死に訴える円造に、「生徒にどう接していいかわからない」と相談するあやめ。
飲んで壊れたあやめ先生もなかなか可愛らしかったわ!「ぷぅ〜るるるるぅ〜」って息を吐き出すところもナイスです♪
なんかこうやって二人は良い感じに進んでいってしまうのかしらん・・・。
美鈴先生、かむばぁぁぁっく!!

そして転校の日。急遽急いで引っ越すことになったいちごに思い出の写真を渡せずにうつむく七海に、
あやめは「伝えたいことがあるんでしょ?」と送り出す。「みんなもちゃんとお別れしなくていいの?」と
クラス全員に語りかける。
そしてみんなに見送られながら去るのね、いちごちゃん・・・。寂しいわぁ。もう加恋ちゃんの登場はないのかぁ・・。
これで見る甲斐がなくなってしまったようで、ちょっと気が抜けました。
来週もこんな感じで笑いのシーンを入れてってくれるんだったら見ていられるかもしれないけど、
また円造怒る!って感じで暗くなるんだったら、リタイアしちゃうかもしれないわ・・・。

◇ 第話 ◇  「いちごはお友だち」 (10/28)  

なんかなぁ、あんまり集中して見られなくなってきました。

灰二が降矢家に帰ってきました。あいからわずケンカばっかりしてるけど、
確かに志麻と円造と七海の3人よりも華があっていいやね。
そしてひなたが帰ってきました。何も話さないひなたですが、周囲の人間は失恋だろうと推測。
円造は刀記に静岡にいってもらうことに。(ええように使われちゃって・・。)
そこで罪をかぶらされたことを円造はしります。今回は特に円造の動きはありませんでした。
良かったよ、大人気なく病院に乗り込んでいかなくて。

一方、七海は元気の無いいちごを自宅へ招くことに。
家族の温かさを知ったいちごは、自分の親にもそれを求めようとするんだけど、二人は離婚問題で
そんないちごの気持ちに気がつくことはありません。
いちぎは七海を過ごす時間が楽しくて、塾をさぼってしまいます。
おまけに公園で犬と遊ぼうと七海を誘い、七海はアトピーによる発作を起こして病院へ。
駆けつけたいちごの母は、塾をさぼったのは七海のせいだと怒って帰ってしまう。
そんないちごに円造は優しく声をかけるのでした。

いちごは学校を休みました。母方の祖父のところへ行っていたのです。
教室内で起こっていたいちごと七海へのイジメも、今回は冷静に対処したあやめのおかげでなくなり、
これで問題は解決したかと思いきや、いちごは転校させると母親が学校へやってきました。

ってこんな感じなんですけど、うぅ〜ん・・・話を目で追ってるだけって感じで特に感想がないという、
レビュー書き泣かせな展開になってきております。(汗)
ただ、いちごちゃんは転校しちゃうのねぇ、とちょっと寂しく感じております。
あと、灰ちゃんはかずえと別れたのね。それもちょっと寂しい。でも予告にはちょっと映ってたよね。
龍ちゃんの彼女は誰に似てる??って会話で、「なっちかな?」って・・・本当の姉妹ですから・・(笑)

あぁ、どうしよう。
この時間は忙しいのよねぇ。リタイアしようかなぁ・・・。むむむ・・困った。

◇ 第話 ◇  「七海と給食の秘密」 (10/21)  

うぅ〜ん・・。こういうことって事前の説明や父母と教師のコミュニケーションで回避できる問題だと思うんですけど?
「ウチのクラスにイジメはありませんでした!」って一方的に怒ってたけど、自分で調べもせずに
円造に言われただけで生徒にいきなりこの話題をぶつけるっていうのが問題なのよ。
自分に確信がないから、いちごちゃんに「イジメはありません!」って言われたら、それで終わり、ってことになっちゃうんでしょ?
自分が悪いくせに、よく言うわ、この教師。

んでもってアトピーを抱えた七海が給食を食べてないことも、「どうしてかしら?」と思いもせずに
「ちゃんと食べなきゃダメでしょ!」って一方的に言うんだよ?ろくな教師じゃないな、コイツ・・。
ま、七海はほかの子と差別されるのがイヤだったから言わなかったんだろうけど、
円造や志麻には言ってもいいんじゃないかなぁ・・。忙しすぎる家族って言うのも問題だね。

全てを謝ったあやめに対して、円造は「過ちのない人なんて見たことない」と笑顔であやめを許します。
こういう状況での笑顔って、きゅぅ〜っとなっちゃうかもよ?あやめちゃん。
ちょっと円造のこと、見直しちゃったでしょ?惚れないでね、円造には美鈴先生がいるんだから!(←別れたけど・・・)

灰二の借金問題は、かずえから借りたお金を持っていたことで相手は帰ってくれました。
灰二もカメラマンになりたいというアバウトな夢の実現に向けて頑張って欲しいもんです。
軽い浮気現場を目撃しちゃうわ、お金は貸さなくちゃいけないわ、のかずえちゃんは、不憫ですけど・・・・。

ひなたちゃんは小田切の指示通りにして、死にかけた患者さんの責任をとらされることになりそうです。
っていうか、「モニタリングしなくていいんですか?」ってあの状態なら自分で繋げばいいでしょ?
指示がなくても点滴刺入したあとで繋げばいいじゃん。それくらいの判断ができないなら、先輩に聞くとかしなさいよ。
全てが小田切のせいじゃないと思うけどね。
だいたい、仕事中に何してるの?医者とそういう関係になるからなーなーな仕事をするようになるのよ。
仕事とプライベートを切り離せないなら、職場恋愛なんかしないでください、まったく!

正直に生きることを円造から聞かされた七海の給食は、特別食になりました。
そのことでクラスのみんながいじめるんじゃなくて、興味を持ってくれたのは良かったですのぉ。
いちごちゃんが休みじゃなかったら、きっとからかって、また七海は傷ついたかもしれないけどね。

来週は、いちごちゃんと七海の仲直りかな?それとひなたの抱えた事実を知った円造が小田切に会いにいっちゃったりするの?
それはやめておいた方がいいと思うけどなぁ・・。
ま、こうやって一人一人、降矢家に戻ってくる、ってことになるのかな?
裏の「大奥」がかなりの高視聴率なので、先行き不安ですな・・・。

◇ 第話 ◇  「一人ぼっちの七海」 (10/14)  

うわぁ、今日は七海ちゃんが可哀想でしたぁ・・。
教科書に落書きされたことも誰にも言えなくて一人で消しゴムで消そうとしたりして・・・。
いちごちゃんのお家に誘われてピアノを習いたいと思うんだけど、
その家でケーキと牛乳が出されたんだけど、アトピーだから食べちゃいけないってずっと言われてる七海は
「豆乳ないですか・・・?」なんて聞くんだよぉ!うぅ〜・・・、辛い!
学校にも行きたくないから、「お腹痛い・・・」ってサインを出すんだけど、誰も気づいてくれないんだよね・・。
画用紙にクレヨンで鍵盤を書いて弾いてる七海を見て、あぁ〜・・・辛すぎて見てらんないっすよ・・。

イジメの事実を一番最初に見つけたのは、家庭教師で家に来ていた龍ちゃん。
そしてまず相談したのはさすが双子、灰二でした。
突っ走ろうとする灰二を抑えてまずは志麻に告げるんだけど、結局円造の知るところに・・・。
その円造は、翌日、担任のあやめにイジメがあることを言うんだけど、あやめは静観するという。
「大人は、子供が悪いことをしたら叱っていいんです」という円造。
あやめは、以前、児童と親しくなりすぎて言うことを聞かなくなった児童を叩いてしまったんだね。
それから、あんなふうになってしまったんだ。
そんなあやめに円造の言葉は響いたのね。
最後には教室でイジメのことを話題にしました。「教室にエンゾがいるみたいで、嬉しい」と七海。
でも、いちごちゃんは「いじめられてる人もいじめてる人もいないのに、そんな話はイヤです!」なんて言っちゃって!
もう、また七海ちゃんがぼりぼり掻き始めちゃったじゃないかぁ・・。

予告を見る限り、いちごちゃんの両親が離婚しそうなのかしら。それで彼女も苦しんでいるんだね。
灰二はどうも借金してるみたいだし・・。これで降矢家に帰ってくることになるのかしら?
おまけにひなたまで医療ミス??問題山積ですわ・・・。

しつこいけど言わせて!
やっぱり志麻に違和感が・・。もう少しで慣れそうな気もするんだけど、
あの状況で優しく包み込むキャラがいないような気がしてならないのよ。
小西ちゃんの志麻だったらもっと母親のように包み込んであげたんじゃないかしら・・?とか考えちゃったり・・。
うぅ〜ん、思い込みを取り除くってのは、難しいもんですのぉ・・。

辛い話が多すぎて、評価は上げられず・・。やばいです、忙しい木10の中で、リタイア候補になってしまうかも・・。
ちょっと明るい話題をお願いしたいんですけど・・。

◇ 第話 ◇  (10/07)  

開始から30分間、全くCMがなくて、かえって心配になっちゃったよ・・・。韓国ドラマのようでした。
いいね、かぁ〜っと見入ることができるから。その後はこまめに入れてきたけどね・・。
でもね、厳しく見させていただきますと、やっぱりさ、違和感があるのね、私には・・・。
こういう家庭物のシリーズドラマで、主となるメンバーのキャストが代わるというのは異例のことだと思うし、
顔だけじゃなくて性格も変わってるみたいだから、別の兄弟って感じがしてなじめないです。
矢田亜希子ちゃんと小西真奈美さんのスケジュールがとれなかったんなら、どうして今やらなくちゃいけなかったんだろう・・・。
矢田ちゃんはまだしも小西ちゃんは出て欲しかった!!伊東美咲ちゃんってこんなに演技が下手だったっけ・・・?(汗)

円造は美鈴先生と別れたんだね・・・。SPまでやったのに、別れちゃったのぉ!
ついでに刀記と雪水も別れちゃってるみたいだし、1年半という年月は大きいのかなぁ・・・。
そして今回のヒロイン役の白石美帆、キッツいなぁ・・。あのクリクリお目目で怒鳴られても迫力ないし・・。
教師として、何か問題を抱えているみたいだね、この人は・・・。その問題を解決してくれる円造に惚れるってことですか?
美山加恋ちゃんはいい子っぽいけど、ありゃ裏があるね、あの顔は・・。
イジメる役はやっぱり加恋ちゃんなんだね・・・。七海の教科書にいたずら書きしてあったもん・・。うぅ〜・・。

灰二の彼女は紺野まひるちゃん。しっかりものの彼女でここはほほえましいんだけど、
龍ちゃんの彼女の安倍麻美ちゃんは怪しいねぇ・・。龍ちゃんからお金を巻き上げてるし。金づる扱いじゃん!
ひなたちゃんの彼は医者の蘇芳くん(ヴァンパイアホストの見すぎだわ・・)だったわね。松田くん、久しぶりだわぁ!
みんな、それぞれにお相手ができちゃったからなかなか集まりにくい感じだわねぇ。
このカップル間でのいざこざがこれからの話題になっていくんだろうなぁ。
EXILEのMAKIDAIくんは志麻ちゃんに恋する八百屋さん役かぁ。結構上手に演じてたね!

だいたいさぁ、志麻は自分のせいでみんなの家をとられたのに、なんで謝らないんだ?
ひなたと灰二と龍ちゃんの怒りはもっともだね。あわせる顔がないからってずっと謝らないなんてダメだよぉ。
志麻ならこんなことしない!とか考えちゃって、やっぱり伊東美咲=志麻って感じがしないのよ・・。
全員が集まるまでまだまだ時間がかかりそうです・・・。

来週は早速七海のイジメ問題みたいだね。龍ちゃんは円造がお金のやりくりに困ってるのを見て、
一番最初に同居を申し出るのかな?
私にとっての最初の課題は、伊東美咲・志麻に早く慣れることだな・・・。

慶太くん、東大生なのに真っ黒に日焼けしてて健康そうだわ・・・。
祥太クンは肌がツルツルなのに、慶太くんは荒れ荒れだわね。。。ウォーターボーイズだから仕方ないか・・・。
昔は見分けがつかないくらいソックリの双子だったのに、このごろはハッキリと区別がつくようになってきましたね、この双子。

あの家、まだダレも買い手、もしくは借り手がいないからいいけど、早くしないと売れちゃうよ?

◆ Story ◆ 七海のアトピー治療のために郊外に引っ越してから2年。別々に暮らす弟妹たちもそれそれを道を歩んでいた。志麻はOLを辞めて自然食品店を経営、ひなたは静岡で准看護師として働き、灰二はバイトをしながら気ままに暮らし、龍之介は東大に合格し、大学近くの新聞販売店の寮で暮らしていた。そんなある日、志麻が行方不明になる・・・。
◆ 期待度 ◆ 帰ってきました、ホットマン!反町くんの温かい面が見られるドラマで、とっても楽しみなんですが、矢田ちゃんとはどうなったの?という疑問もなきにしもあらず・・・。新しいヒロインであろう白石美帆、というところにちょと引っかかったりしてますが、ま、楽しみですね!