□ 木曜 21:00〜 テレビ朝日
□ 原作・・筒井康隆 □ 脚本・・蒔田光治 □ 演出・・長江俊和 ほか □ P・・桑田潔 ほか
□ 主題歌・・・ 「愛のメモリー」 及川光博
□ 公式HP・・・ http://www.tv-asahi.co.jp/fugoh1/  □ 続編レビュー・・・ 
◆ 出演者 ◆
 神戸美和子(23)・・・・・深田恭子
 鎌倉熊成(48)・・・・・・・山下真司
 鶴岡慶一(43)・・・・・・・升毅
 布引幸四郎(44)・・・・寺島進
 狐塚虎彦(38)・・・・・・相島一之
 猿渡義文(33)・・・・・・・鈴木一真
 西島誠一(25)・・・・・・・載寧龍二
 樋口純子(23)・・・・・・・野波麻帆
 瀬崎龍平(71)・・・・・・・筒井康隆
 神戸喜久右衛門(74)・・夏八木勲
原作
富豪刑事 (新潮文庫)
主題歌
愛のメモリー
DVD-BOX
富豪刑事 DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「絶体絶命の富豪刑事」 最終回 2005.03.17.

ありがとう、ミッチー、ありがとう、しげる松崎、最高でしたぁ!!

ミッチーが犯人だってことは、最初からわかってたけど、今回はいろいろと楽しませてもらっちゃった♪
前回、今回で評価も↑↑↑です♪

喜久右衛門と親交がある県警の刑事部長の大谷(ミッチー)の部下である市川から呼び出された喜久右衛門。
それはトレーラーのお店で、マスターで元刑事の川村が市川を殺して喜久右衛門のせいにするんだよね。
揺れてる時点で、こりゃお店自体が動いてるな・・ってわかったけどね♪
そうそう、せっかく長井秀和が出てたのに、「間違いない!」のセリフを取られちゃってて、
何しに出てきたんだぁ!!って感じ♪ もったいないけどナイスな使い方でしたね。(笑)

瀬崎が黒幕かと思った美和子だけど、違ってましたねぇ。
このドラマが始まって以来、瀬崎が書き続けてきた自伝の内容がわかったねぇ!
初恋の恨みか・・。
んで、喜久右衛門ったら、若い頃からあのメガネかけてたのね!(笑)
しかも、めっちゃ老けてるし・・。
んで、とても美しいという麗子さんも、老けてるわ、美しくないわ・・。(笑)
もう、この回想シーンで私の心はすっかり掴まれちゃったわよぉ!
でも、喜久右衛門は瀬崎のこと、全然覚えてなかったみたいだけど・・。(笑)

そして何より、川村を追いつめてからが最高だったわぁ!
喜久右衛門が、市川が渡した調査書の一部を持ってるって言っちゃったことから、美和子が拉致されちゃったんだけど、
実は黒幕は大谷で、じゃじゃじゃぁ〜んってミッチーが登場したのよねぇ!
素敵な微笑みと、悪人の顔、二つを切り替えちゃうミッチー、素敵だったわぁ・・。

捕まえた、と思った鎌倉に、大谷は「詰めが甘いな。。」って言うのよ、そして・・・。
「美しい人生にょぉ〜ん♪」って、ミッチーとしげる松崎のコラボが始まったわぁ!
あぁ、巻き戻して何度も聞いちゃった♪
捕まろうが、どうなろうがもうこの際、どうでもよくなってきた!(笑)

「お金で人の命は買えない・・それは嘘です!」って言って、美和子が札束を投げ出して
それに子分たちが群がって焦点を合わせることができなくなった川村も捕まえました。
いやぁ、これだけで良かった気もしますが、最後は富豪らしく、カウント不能なお金が世界中を飛びまくりました・・。(笑)
おいおい、世界中はないじゃろう・・。
ま、いっかぁ!ありえない話もひっくるめての「富豪刑事」ですから♪
ちなみに、私は雪よりも札束が降ってくるほうが良いです・・。(笑)
今回の自腹総額は、¥?△*□億○☆?×万☆?*□円ということで、やはりカウント不能・・。(笑)
それだけ使えば喜久右衛門の資産も結構減ったんだろうねぇ。

美和子の感想として、「でも刑期を終えられたら、是非我が家を訪ねてきていただきたいと思います。
またディナーをご一緒いたしましょう。大谷さんの唄に合わせ、わたくしがピアノをお弾きしたく存じます。」
と書いてありました。
それも見てみたいぞぉ・・。(笑)

なんか、(笑)マークがとっても多くなっちゃった♪


 ■ 総評 ■

最初は推理モノとして考えてる自分がいて、どうもこのおチャラけた感じに?感を感じてたんだけど
回を重ねるたびに、美和子のキャラはこうでなきゃ!って感じになってきて、
最後の方はお遊びの部分にかなり力が入っていたようで、楽しかったよぉん♪
もっと見たかったなぁ・・っていう感じで終わっちゃったね。
でも、おいしい食事はお腹一杯食べるより、もうちょっと食べたかったなぁ・・っていう方が幸せ感が大きいので
これもそんな感じなのかしらねん。
あー、面白かった♪
DVD-BOXを買ってくれと旦那がうるさいっす・・・。(笑)


◇ 第話 ◇  「学園の富豪刑事」 2005.03.10.

面白かったぁ!!
何がって?話の内容とかじゃなくて、もう、出演者に乾杯!って感じよぉ♪(笑)

ラグビー部のコーチが襲われる事件が続いてて、美和子の提案で学校を一つ作って
疑わしい不良ラグビー選手を転校させて、ラグビー部を作ることにしたんだけど、
鎌倉警部がコーチになったのよぉ!
しかも、ユニフォームがあの「スクールウォーズ」の高校を同じなんだもん!
んで、んで、何より、BGMがマジパクリ!(笑)
「でけでけでけでけでけでけでけでけ・・」っていうイントロで、おっ??と思わせといて
微妙にメロディが違ってるんだもん、ずっこけるわぁ♪
楽しすぎる・・。

んで、犯人は松村雄基さん演じる有名ラグビー部のコーチだったのよね。
スポーツ賭博がからんでのことでした。
山下さんと松村さんがラグビー場に立ってるところは、もう懐かしくて・・。
しかも、鎌倉警部は、コーチしてるときは泣き虫先生の顔になってるんだよね!
セリフもマジぱくりだしぃ〜!!
あぁ、本当に面白かった!
推理モノ、というより、パロディのような感覚で見られました!(笑)

そして来週は最終回。
ミッチー、松崎しげるさんも出てくるみたいで、またもワクワク♪
「うつくしいじんせいにょぉ〜ん」のミッチーは、明日のMステの出演するらしく、
それもまた楽しみでやんす♪

そうそう、鈴木ヒロミツさんの手帳を盗み見た美和子が「素敵な黒革の手帖だったので・・」って
テレ朝つながりのセリフもあったね♪

◇ 第話 ◇  「富豪刑事の要人警護」 2005.03.03.

断然、来週が気になるんですけどぉ〜!!
「スクールウォーズ」ですよ?泣き虫先生=山下真司ですよ?松村雄基ですよ?
いやぁん、30代の人間にはたまらんキャスティング・・。
カツラの会社から、イソップも連れてきてください!(笑)

今回のゲストは古田新太さん、ということで、犯人はコイツだ!と誰もが思ったでしょう・・。
しかも、奥さんが濱田マリさん、ということで、殺されるのはこの人だ!と誰もが思ったでしょう・・。
思ったとおり♪

ネット上に代議士の大蔵を殺害して欲しいとスナイパー希望の情報が流れ、
翌日、大蔵は何者かに狙われてしまいました。
また演説するという大蔵をどうやって守るんだ、ということになって、
美和子の提案は、射撃が上手な人を別のところに集めればいい、と射的大会を開催することでした。
賞金は1億・・・。驚くみんなに「安すぎますか・・・?」だとよ。
賞金1億の射的大会???全国から集まってきたら、あんな会場に入らないと思うけど。(笑)

とても上手な栗田(大倉孝二)は決勝まで勝ち上がるんだけど、
わざと刑事が入り込んでると言いふらして、栗田がわざと失敗するのを確認する美和子。
ほんと、このぽわぁ〜っとした姉ちゃんはよく気がつくねぇ・・。
そのころ、大蔵の妻が射殺されました。
大蔵は車で休んでいたけど、実は裏から抜け出して階上から妻を狙撃したのよね。
議員バッジを落として、それを美和子が拾ったことから犯行がバレちゃったわけですが、
自分が流したスナイパー希望の情報のせいで命を狙われる羽目になった・・というオチでした。

しかし、毎回、毎回、美和子以外はちっとも解決に絡んでないよねぇ・・。

とにかく来週が気になる!「スクールウォーズ」をパクりまくってくださいねぇ!!(他局だけど♪)


今回の自腹金額は、9億7632万9415円なりぃ〜!!
射的大会の賞金よりも、宣伝費(5億弱)、運営費(4億弱)の方にお金がかかってる・・・。(笑)

◇ 第話 ◇  「富豪刑事の古美術品騒動」 2005.02.24.

「真実を見つめる肖像」という古美術品を移送中に、まるで「3億円事件」のように、爆発だ!と言い出す車に騙されて、
まんまと中身を入れ替えられてしまいました・・・。
本物を鑑定できるのは、博物館の本間だけ・・・という時点で、犯人は本間だな・・と思ったよ。
ホント、このドラマ、推理の必要が全くありませんのぉ・・・。(笑)

盗まれた肖像を見つけるために、偽物をバラまいて、本物だと鑑定する必要があるようにすればいい、と美和子が提案。
喜久右衛門のお金を使って偽物を流す警察。
そして、本間を襲って鑑定させようとした戸塚という男を逮捕し、肖像を鑑定したら偽物と鑑定する本間。
いや、これは本物だな、とこの時点でもわかっちゃいましたけど・・。(笑)

大事な本物を隠さずに置いていた戸塚を怪しいと思った美和子は、
戸塚が麻薬を隠していることを知ってしまい、拉致されてしまいます。
そこへ本間が助けにきて何とか助かるんだけど、美和子より偽物の肖像を最初に助けたことから
美和子は本間が犯人だと推測。問い詰めると白状しました・・。
この本間、いい犯人だったねぇ。この肖像を我が物にしたかったのではなく、
悪いやつに取られるのがイヤだったんだもん。
最後も、せっかく鎌倉に報告したのに電話を切られちゃって、「一緒に警察に行っていただいてもいいですか?」なんて
悪い犯人だったら、ここで殺されちゃうぞぉ〜?

んで、拉致されたときに戸塚の車に落としてきた指輪の行方やいかに・・。
美和子が受け取りに来て、がっかりする純子たちも見たかったなぁ・・。(笑)

「ごくせん」同様、効果音を多用すると、ついつい見てしまうよね・・。(笑)

今回の自腹金額、336億3254万8348円なりぃ〜!偽物を作るのって、お金がかかるのねぇ・・。

◇ 第話 ◇  「富豪刑事の遺体捜索」 2005.02.17.

3年前に行方不明になった女性を夫・塚越が焼畑ビジネスパークに埋めていたのを見た、という男がでてきました。
3年前の目撃証言を、今更言いに来るなんて、その時点でおかしいよねぇ。
絶対言わされてるな、と思ったよ。

焼畑ビジネスパークを掘り起こすわけにはいかないので、遺体と一緒に株券も埋めてたということを聞いた美和子は
日流商事の株価をあげて、掘り起こしたくなるように仕向けたらどうかと言い出しました。
私も、狐塚が言うように、掘り起こす!って言い出すのかと思ってたけど、違ったわ!
「お金で事件が解決するなら、警察はいりません!」って言いながら、いつもお金使ってるじゃぁん♪(笑)

株価をあげるにはどうしたらよいですか?と喜久右衛門に尋ねる美和子に、
株を買い占めて、上がりきったら売り払う!!って、また悪どい顔になってますよぉ、喜久右衛門♪
この喜久右衛門のダークな顔、結構好きです♪
それじゃ苦しむ人が出る、ということで、業績を上げて株価を上げることにしました。

行方不明の智子にお金を貸していた、という女性が出てきたんだけど、
この女性も殺されちゃいました・・。きっと、塚越が殺したに違いない!と思って塚越の家に踏み込む美和子と布引。
「ちょっとよろしいでしょうかぁ〜?」って布引が言ったのは面白かったわぁ!(笑)
家の中には目撃者の橋本が一日中見張られて監禁されたと証言して、
塚越にアリバイができてしまった・・。でも、美和子はこれを狂言だと見抜きました。
ほんと、美和子意外は使い物にならない刑事たちだこと・・・。

焼畑ビジネスパークを掘り起こさせようとしてるのも、警察に信じ込ませようとしたのだということで、別荘付近を調べることに。
実はもう一つ別荘を持っていて、有名画伯の絵が壁に書かれているのを見て鎌倉は、この壁の向こうに遺体がある!って
また狐塚が高価な絵をぶっこわしちゃった・・。(笑)
その別荘の外に白骨遺体が見つかって、無事に事件解決ということでした・・。

日流商事の株を上げる必要がなくなったと喜久右衛門に告げるのを忘れていたため、
また喜久右衛門は儲かってしまいましたとさ・・。(笑)
今日も相変わらず、なかなか面白かったかな?

本日の自腹総額・・・43億6209万2000円でした。

◇ 第話 ◇  「ホテルの富豪刑事」 2005.02.10.

ヤクザの手打ち式を捜査一課が担当することに。
暴力団の担当は捜査4課の担当だろうに、鎌倉さんったら何を張り合ってるんだか・・。
ホテルやレストランに人員を配置すると2000人以上の警官が必要と言うことで、
「あのぉ〜、ちょっとよろしいですか?」と美和子登場!
周りのホテルや旅館を貸しきって、エンジェルホテルしか泊まれないようにしちゃえばいいんです。とさ。
エンジェルホテルは喜久右衛門の持ち物らしく、こりゃまた大喜びで貸してくれました♪

手打ち式で、水野(寺田農)が用意したワインを福本(細川俊之)が飲んで、死んでしまいました!毒を盛られたらしい・・。
そして銃撃戦が始まり、唯一泊まっていた民間人の外国人の奥さんが撃たれて死んでました・・。
ヤクザは泊まっていない最上階で、なぜ銃撃戦に巻き込まれたのかなぁ・・。
鎌倉の失態だということになり、みんな捜査4課の大橋警部(大和田伸也)の下についちゃって、鎌倉一人ぼっち・・(笑)
でも、美和子が銃撃で割れたガラスの破片を見て犯人が夫だと推測。
大橋警部が間違った犯人を連れてきたのを見て、威張り腐る鎌倉がまた可愛い・・。(笑)

毒をもったのは、案の定ガッツ石松だったねぇ・・。
ワインに毒をいれたのではなく、ナプキンに含ませてたんだろうなぁという想像通りだったけど、
まさか、ワインを腐らせて・・ということだったとは・・。
ワインセラーの温度を上げて腐らせたっていうことは、あそこにあったワインは全部ダメになったってこと?
もったいねぇぇぇぇ!!
犯行を白状するときに「OK牧場」っていうのは何さ!(笑)
また、毎度のように意味のわからん説得をして、さっさと帰っていった美和子ですが、
今回は「せっかく使ってもらえると思ってたのに、儲かってしまったぁ〜!!」という喜久右衛門の嘆きがなくて寂しい・・。

今回の自腹金額・・・6億6796万8720円なりぃ〜!
ホテルを抑えるお金以外に、ワイン代と、6階の修理費まで含まれるんだねぇ・・。
すごすぎる・・(笑)

◇ 第話 ◇  「富豪刑事のキッドナップ」 2005.02.03.

今日はあんまり富豪っぷりが感じられなくて残念・・。

誘拐事件に巻き込まれた高森(吹越満)が出てきた時点で、こりゃまたコイツの狂言だな・・とわかっちゃいましたけどね。
そんなことより美和子のお嬢っぷりさえ面白ければこのドラマは問題なし!なんだけどぉ、
今回はそうでもなかったなぁ。残念!

高森が犯人ってことはわかってて、共犯もいるんだろうなぁ・・っては思ってたけど、
まさか、息子の英一くんが自ら共犯の男を橋から落とすために細工をした・・なんて結末は、
ちょっと考えたくなかったっていうか・・。最後のニヤリ・・っていう英一君の顔も恐ろしいったら・・。

今回も、おじいさまが「ワシの金を使ってくれてありがとう・・」って言いつつ、儲かっちゃう♪なんてことになるかと期待したけど
今回は「かご抜け融資」に1億円を使ってくれると思ってたのに、返金されちゃって、
さぞかし残念だっただろうなぁ・・。(笑)
時折見せる、悪いおじいさまの顔も、結構楽しみです♪

んで、筒井さんは何者・・・?

◇ 第話 ◇  「密室の富豪刑事」 2005.01.27.

今日はものすごいお金をかけてたねぇ!
今期あの自腹額は、748億円らしいっすよ!(笑)

宮本鋳造の社長が死亡した。密室で火事による死。
ライバル会社の江草3兄妹の仕業だと疑うんだけど、証拠も殺害方法もわからなくて困っていると、
「ちょっと、よろしいですか?」とまたも美和子が!
前にも同じ方法でライバル社長を殺したんじゃないかと疑われていた江草たちは、
またきっと同じ状況になったら、おなじように殺害するんじゃないかと思った美和子は、
鋳造会社を作っちゃいましたぁ!
この時点で、あぁ、この会社、また儲かっちゃうんだろうなぁ・・と思ったら、やっぱり最後はNASAと提携しちゃったよ!(笑)
せっかく自分の財産を使い果たしてくれると思ったのに、またお祖父ちゃん、ガックシ・・。

今回の密室トリックは、換気の出来ない部屋に酸素を送り込んで停電させ、
火をつけさせて爆発させるってこいことですね。
ま、最初から読めてたトリックでしたけど、その後の警備員のおじちゃんの殺害まで続いて、
今回は結構推理モノとして面白かったように思います。
んで、筒井さんは一体何役なんでしょうか・・。

でも、ほんと、このドラマは気楽に見れてよいわぁ!

そうそう、朝の体操のときの美和子のジャージ、すごかったねぇ!普通じゃなかったわよ!
細かくお金をかけてるから、そういうところも見てて面白いです。
公式サイトにいくと、そういうところも、美和子の大邸宅も見られるし、結構面白いですよ!

◇ 第話 ◇  「美術館の富豪刑事」 2005.01.20.

決して上手ではない深キョンの演技が、何故かハマってしまうお嬢様役ですのぉ。
脇がしっかりしてるから、安心して見られます。
それに、しっかり見入るドラマ、というよりも、針仕事でもしながら見たくなるドラマですね。
気楽に見られました。(風邪で寝ながら見てたけど・・・)

岡田ふぁんふぁんが出てきた時点で、犯人はこの人だ、とわかってしまっても、許せてしまう・・。(笑)
今回はあんまり大富豪らしい推理展開がみられなかったような気がするのがちょっと残念かなぁ・・。
贋作を飾る予定が、贋作師が忙しくて本物を展示したんです・・っていう話は笑っちゃったわ。
狐塚が、「ひまわり」に”じゅぅ〜”ってタバコの火を押し付けたときに、やばいんじゃないのぉ?と思ったけど。(笑)

それに美和子の推理の途中で、「くだらない、素人が!ねぇ、警部?」と鶴岡が鎌倉を振り返ると、
「ふむふむ・・」って考えちゃってた鎌倉さんがぷりてぃでしたぁ♪
このドラマが終わるころには、刑事課に欠かせない人間になってたりして・・。

推理より、そのほかのドタバタしてるところとかの方が面白かったなぁ。
ということで、熱にうなされつつ見ていたので、今回のレビューはこの程度にしておきます・・。
ふぅ〜、キツイ・・。

◇ 第話 ◇  「富豪刑事の囮」 2005.01.13.

あら、思っていたよりも面白かったわ・・。
でも、本格的な推理ドラマとしては見られません。お気楽なサスペンスコメディって感じかな?
深キョンはこういう素っ頓狂な感じがピッタリで、普通は嫌味に聞こえることも許せちゃったり。

最初から、なんで大富豪の娘が刑事になれるの?という疑問を持っちゃいけない!っていう設定でしたね。(笑)
こんなお嬢様が早速時効間近の5億円盗難事件の捜査に参加しちゃうから、また、ありえねぇ!
でも、あの防犯カメラを見て、運転手が雇い主に殺害されてると思う、っていう美和子の発想は、
やっぱりいつも運転手つきの車に乗ってる人でないと思いつかないだろうなぁと感心しちゃいました。

そして残りの容疑者須田と幡野。こいつらにお金を使わせて、隠した5億円に手をつけさせようと考えた美和子。
その考えを聞いた夏八木お祖父ちゃんの喜びようが可愛いし、
側で冷静に温かく見守る市毛さん=松江もなかなかいいコンビネーションです。

ま、展開としては幡野が犯人だと思って須田には素性を明かしてしまった美和子が拉致されて
殺されそうになるんだけど、須田の車を調べていた西島がついてきてて助かったっていう結末でした。
推理部分もそんなに期待してなかったので、ふぅ〜ん。て感じでしたね。

でもさぁ、なんでいつも筒井康隆さんはドラマに出てくるかなぁ?原作者で留まらず、必ず出てくるもんなぁ。
きっと好きなんだね、こういう世界が・・。
あと、生理的に載寧くんは×です。演技も下手だしぃ〜。
今後美和子と恋愛話に発展するのか?どうでもいいけどね。

山下さんを始め、升さん、寺島さん、相島さんは安心して見られましたね。
これだけ脇を固めてもらえれば、少々のことは許してしまいたくなります。(笑)

一番のお気に入りは、ミッチーの主題歌!
「きょにょみゅねのとょきみぇきうぇお〜あにゃたぅにぃうぃうぃ〜♪」(この胸のときめきをあなたにぃ〜)のところが、
木梨ノリさんの仮面ノリダー並みの「にゃににゅにぇにょ」で、何度もリプレイしちゃった!
タイトルバックも、話と違ってみんなかっこよく作られてて、この部分が一番見入っちゃいました♪

まずまずのスタートです。次回、どうなるかで決まるかな(リタイアするか)。


 ■ 人物紹介 ■

 神戸美和子(23)・・・・・焼畑署刑事。大富豪の娘
 鎌倉熊成(48)・・・・・・・焼畑署 刑事課係長
 鶴岡慶一(43)・・・・・・・焼畑署刑事 鎌倉の言いなり
 布引幸四郎(44)・・・・・焼畑署刑事 寡黙だが、取調べになると性格が変わる
 狐塚虎彦(38)・・・・・・・焼畑署刑事
 猿渡義文(33)・・・・・・・焼畑署刑事
 西島誠一(25)・・・・・・・焼畑署刑事 美和子が想いを寄せている
 樋口純子(23)・・・・・・・交通課勤務 美和子と同期
 瀬崎龍平(71)・・・・・・・関西のフィクサー 喜久右衛門を恨んでいる
 神戸喜久右衛門(74)・・美和子の祖父で大富豪 悪どいことをやってきた男

◆ Story ◆ 大富豪の孫娘神戸美和子(深田)が新人刑事として配属され、周囲の反感を買いながらも大富豪ならではの奇抜なアイデアと方法で難事件を解決していく。
◆ 期待度 ◆ この枠は「黒革の手帖」の後なので、面白かったら儲けもん!て感じですね。期待しすぎずに見たいと思います。深キョンに合ってそうな役だしね。