□ 土曜 21:00〜 日本テレビ
□ 原作・・森本梢子 □ 脚本・・江頭美智留 □ 演出・・佐藤東弥 ほか □ P・・加藤正俊
□ 主題歌・・・ 「NO MORE CRY」 D-51  □ 挿入歌・・・ 「絆」 亀梨和也
□ 公式HP・・・ http://www.ntv.co.jp/gokusen/
◆ 出演者 ◆
 山口久美子(25)・・・・・仲間由紀恵
 小田切竜(17)・・・・・・・亀梨和也
 矢吹隼人(17)・・・・・・・赤西仁
 猿渡五郎(48)・・・・・・・生瀬勝久
 馬場正義(35)・・・・・・・東幹久
 白鳥ひとみ(23)・・・・・乙葉
 九條拓真(30)・・・・・・谷原章介
 朝倉てつ(29)・・・・・・金子賢
 黒川銀治・・・・・・・・・井上順
 黒田龍一郎(73)・・・・宇津井健 
主題歌
NO MORE CRY
サウンドトラック
ごくせん 2005 オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
ごくせん 2005 DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「胸張って卒業しろ!!ヤンクミと3年D組、涙の別れ」 
    最終回90分SP  2005.03.19.

想ってたよりも大きな騒動は起きなかったなぁ・・。
もっと感動的かと思ったんだけど・・・・と思ってたら、旦那は横で感動してたわ。(笑)

卒業式までもう少し、となったとき、刑事の鬼島(高杉亘)がやってきて、
以前逮捕した黒銀のOBの工藤が留置所から脱走したと知らせてきました。
3Dと問題を起こさないように注意して帰っていったんだけど、そんな暇あったら捕まえろよ、って感じ。(笑)
ヤンクミや竜たちを逆恨みしてるぞ、って言うなら、守れよって感じ。(笑)

教室に行ったヤンクミは、すでに生徒たちに工藤の手が及んでいることを知ります。
ヤンクミは、絶対工藤の相手はするなって言うんだけど、次々にヤラれてしまう3D生徒。
しまいにゃ二人の生徒が連れて行かれちゃって、隼人たちはケンカはしないけど取り返しに行きました。
絶対ケンカはしないと決めて・・。

それをクマが見ててヤンクミに通報。(笑)
ヤンクミは急いで行くんだけど、間に合わず、隼人たちはボコボコにされててて、
加勢にきたほかの生徒はケンカしちゃってました。。
ヤンクミがいつもの登場の音楽とともに、工藤たちをとっちめたんだけど、
これが新聞報道になっちゃって、理事長は3D全員を退学処分にするって言います。
ヤンクミは、自分が辞めるから生徒は卒業させてくれと頼みます。
うっしっし・・ってほくそ笑む理事長。。。思ったとおりにことが運んでるのね・・。

そして卒業式。
ヤンクミを辞めさせたくないから卒業式には出ない!という3Dを置いたまま卒業式が始まりました。
猿渡がヤンクミに知らせてヤンクミ登場!
卒業はお前たちだけの問題じゃない、親御さんにとっても大事なことだ、
自分が教師を辞めてでも卒業させたいと思える生徒に出会えて、私は幸せなんだ!と言って説得します。
そして全員で卒業式に参加して、無事に卒業証書をもらいます・・・。

猿渡の独断で、辞めるヤンクミからの挨拶。
これでもか!と生徒を泣かせる演出で、私はちょっと冷めた目で見てしまったわ・・。(笑)
立派になれよぉ!っていう思いでは見ていたけど、涙は出なかったなぁ・・。
冷たい人間なのか、私は?

そして主題歌に乗って全員の一言コメント。
ワンカットとはいわなくても、つながりを感じる作りにしてもらいたかったなぁ、別撮りって感じがしたんですもの。
お疲れ、ヤンクミ、さよなら、3D・・。

エピローグ。
黒銀をクビになった猿渡とともに沖縄の高校に赴任することになったのね。
パートVには、また生瀬さんもでてくれるでしょう。
きっと、また出会えるよね、ヤンクミ!!


 ■ 総評 ■

今クール一の視聴率と面白さだったと思うんだけど、最後はちょっと目新しさのない展開だったので残念。
でも、赤西くんと亀梨くんという素敵な若者にすっかり魅了されてしまいまして、感謝したい気持ちです。(笑)
個人的には、金子くん演じるてつがお気に入りでした。
久美子を好きなあまりに白目をむいてしまうシーンが大好きでした!(笑)
あと、「ピポォ!」っていう効果音が妙に私の心をくすぐったなぁ♪
きっと第三弾を作ってくれると期待してます!
今度は共学高校ってのもいいんじゃないかしら?スケバン相手に立ち回りってのも見てみたいわ!
仲間ちゃんは来年は大河ドラマなので無理だろうから、それ以降ってことになるけどね。


◇ 第話 ◇  「父と息子 涙の絆・・・」   2005.03.12.

隼人派のわたくしですが、ちょっと竜にもふらふらりぃ〜・・・。(笑)

隼人たちは桃女との合コンでカラオケ「右大臣」で盛り上がってたんだけど、
3年の担任たちの慰労会がその向かいの居酒屋「左大臣」で行われてて、共同トイレで教頭と土屋が鉢合わせ!
ヤバいと思った隼人たちはお金を払わずに逃げちゃうんだけど、結局警察に捕まっちゃって・・・・。
竜の父(宅麻伸)が警察のお偉いさんで、引き取ってもらえたんだけど、
竜は学校へ行くことを禁じられ、卒業式にも出られないということになっちゃいました。
しかも、竜パパの力で、隼人たちは退学処分を受けることになりそうで・・。
竜はいつもパパには逆らわずに自分の気持ちを押さえ込んで生きてきたのね・・。

竜が監禁されてると思って隼人たちは竜の家に忍び込んで逃がそうとするんだけど、
そりゃ警察のお偉いさんの家だもん、警備会社に入ってるじゃろぉ〜??(笑)
案の定捕まっちゃって、竜だけ逃げるだけど行くあてもなくチンピラとケンカしちゃうんだよね。
それを見つけたヤンクミは、警察のお偉いさんの息子である竜を、自分の家に預かることにするんだよね・・。
バレることよりも、生徒のことを考えた行動だけど、最終回に向け、ヤバい展開かぁ〜?

担任のヤンクミが大江戸一家の4代目だと知り、竜の両親がやってきました。
かくまってるであろう竜を返せと・・。
自分は父さんの言うことを聞くから、隼人たちの退学を取り消してくれと頼む竜。
竜の人生は私が決めるんです、という竜パパに、ヤンクミは自分の祖父は押し付けずに自由にさせてくれたと話し始めます。
思ったことを言え!とヤンクミに言われ、竜は「コイツらと一緒に卒業したい、教えてくれたのはヤンクミだ!」って
泣きながら訴えるのよぉ!
ちょっとぉ、亀梨くん、イケてるじゃなぁい??許してやってくれい、タクマッシーン!!(笑)
初めて自分に本音をぶつけてきた竜に折れて、竜パパは竜の願いを聞き入れてくれたようで・・。
意外とあっさり許しちゃうパパ、あなたも寂しがり・・っていうか、似たもの親子ですのぉ。(笑)

ほほぉ、警察のお偉いさんがバラす、という展開ではないみたいだね?
問題は理事長だったか・・。
井上純さんの恐ろしい顔・・。何をたくらんでるんだ?最初からヤンクミの正体を知ってたみたいだし・・。

さて、いよいよ来週は最終回です。
90分といわず、120分SPでも構わないんだけどなぁ!

ホワイトデーのてつ特製「ハート型のたこ焼き」、食べてみたいかも・・。
せっかく作ったのに、大江戸一家の皆様に食べられてしまったときのてつの表情にも大うけしちゃいました♪

◇ 第話 ◇  「私はずっとお前らの先生だ」   2005.03.05.

隼人の前髪をあげた姿が可愛かったなぁ・・。(笑)

学校に突然大トラックで乗りつけたガラの悪いおっさんがやってきました。
この人実は、隼人のお父さん!似てないよぉ!それと、寝癖たっぷりの隼人にクラクラの私・・。(笑)
でも、竜の話だと、死んだお母さんは美人だったみたいで、ふむふむ、納得・・。(笑) 弟もイケメンだったしね。
大学に行かないという隼人を頭ごなしに叱り付ける父・博史ですが、
実は学がなくて苦労した自分と同じようになってもらいたくなくて、あんなにきつい口調になったのね。
でも、弟や友達の面倒を見るいい子なんだ・・ってちゃんと隼人のことをわかっててくれてよかったわぁ。

出前中のクマにボールをあててしまったことが縁で、ラーメン屋を手伝うことになった隼人。
母親たちを気遣って必死に働くクマに感動し、すすんで働き始めた隼人を見て、
何かを見つけてくれるのではないかと期待しつつ、温かい目で見守るヤンクミ。
でも、クマのラーメン屋は地上げにあってて、地上げ屋に襲われたりしてたんだよね。
店にまでおしかけてきた地上げ屋のせいで、その事実がヤンクミにバレて、
ヤンクミはクマを助けるって言い出すんだけど、心配や迷惑をかけてくないクマは
「もう関係ないだろ!」って言って立ち去っちゃうんだよね。

隼人のおかげでクマの抱えている気持ちを知ったヤンクミは、翌日地上げ屋の事務所へ乗り込もうとします。
そこにクマの母から電話が・・。店を襲われて母親は権利書をわたしてしまった、それを知ってクマは取り戻しに行ったと・・。
それを聞いて走り出す隼人。土屋たちも行こうとするんだけど、ヤンクミが止めます。
ヤンクミ一人で後を追い、竜は大江戸一家へ!よし!竜、よくやった!

事務所では隼人とクマがボコボコにされてしまいました・・。
そこへ来ました!ヤンクミがぁ!!「お前さん、誰だい?」「こいつらの先生だ・・」ってやっぱり水戸黄門だわぁ!!(笑)
「しうつらに手を出すんじゃねぇぇぇ!!」ってヤンクミが格好よかったよぉ!
やっぱり相手が普通の人じゃないからドスの利き方も普通じゃなかったわぁ!
引き出しから拳銃か何か取り出そうとした親分を開けさせないようにぐぐぐっ!ってやるところも格好よかった!
権利書を取り返したヤンクミの背後から襲おうとした地上げ屋の手を掴んで、やってきました、お祖父ちゃん!!
そうよ、このままじゃ仕返しされちゃうもん!
やっぱりこういうときはお祖父ちゃんがいてくれて助かったわぁ!!
宇津井さん、めっちゃ威厳があってかっこよかったね!

隼人も、お父さんに「おれがなりたいのは、大事なものを守れる男だから・・」って言えてよかったわぁ!
そして不恰好な隼人お手製のおにぎりを食べるお父さんの絵にちょっと感動しちゃったもの・・。
いやぁ、もう、隼人を堪能させていただいたわぁ!
なのに、次回は竜のお話みたいじゃないのぉ!また嬉しいったら♪
毎週楽しみで困っちゃうわい♪
もうすぐ終わっちゃうなんて、寂しすぎるぅぅ〜!!!

途中に来期からのドラマの予告が入ってて、「anego」は絶対見よう!と思いました。
「瑠璃の島」はちょっとわからない感じでしたねぇ・・。

◇ 第話 ◇  「自分の人生と真剣に向き合え!!」   2005.02.26.

今日は髪はほどいたけど乱闘シーンは無かったね。でも、面白かったっす!

ヤンクミは自分は今学期でこの学校を辞めなくちゃいけないと気がついて
職探しを始めるんだけど、それよりも、3Dの生徒たちの仕事のことも気になるんだよね。
「家業継げばいいじゃん、4代目なんだし・・・」って隼人がポロッっと言っちゃったところは面白かったぁ!
ヤンクミがふっ!って吹き矢の真似したら、隼人が胸を抑えたりして、
もう、すっかりナイスなコンビになってるし♪

土屋がある会社の面接を受けるということで、応援して送り出したのに、
前日、トドロキ高校にヤツラの一悶着してるところをその会社の人に見られちゃって
面接も受けさせてもらえなかったんだよね・・・。
そのことが学校にばれて、今後一切就職活動をするなと言われちゃうんだよね。
でも、ヤンクミは、「誰一人欠けることなく、全員卒業させます!
ちゃんと進む道を見つけて巣立っていくところを見たい、それが私の夢ですから・・」
って言うんだわ。

そして、自分の就職先も決まってないのに、夜になっても生徒のために
就職先を探しているヤンクミの姿を見た隼人たちは、
「もう、ケンカはしねえ、ちゃんと、全員そろって卒業するよ」って約束するんだよね。
なのに、またトドロキ高校のやつらに絡まれて、倉庫に連れてかれちゃうのよぉ。
それを白鳥先生が見てて、ヤンクミに電話するんだけど、
隼人たちはヤンクミとの約束を守って、やり返さずにボコボコにされちゃうのぉ!
思わず手が出そうになる土屋を止める隼人が、また素敵・・。(笑)

ヤンクミが駆けつけたときには、隼人たちはぐったりしてて、
ヤンクミ、あの音楽に合わせて髪をほどき、メガネを外して登場!!
でも、相手の高校生に殴らせて睨み返すのよ!
「ボコボコにされても我慢したコイツらの気持ちをムダにできねぇだろ!」
うん、仕方ない、そういう理由なら、今回は立ち回りがなくても仕方ないね。
「やっぱりお前ら、私の自慢の教え子だぁ!よくやった!」って
頭をぐちゃぐちゃ!ってなでられて、髪が乱れた隼人たちがまた可愛かったわ!(笑)

んで、ヤンクミの就職はというと、
バスの中で助けたお婆ちゃん(南田洋子)が黒銀の理事で、
来年から自分の孫が黒銀に入学するらしく、「この先生は4月からもいらっしゃいますよね?」ということで、
ヤンクミはこの学校に”とりあえず”残れることになったようですね。
でも、実家のことがバレると思うので、まだまだ安心しちゃいけませんぞぉ!(笑)

このドラマって、エンディングがいつも気持ちよく終わってくれるから、好きなんだよなぁ!
「のぉ〜もぉ〜くらぁい!♪」に気持ちよく繋がるんだよね!今回も気持ちよく終わってくれて、爽快な気分でした♪

次回は隼人のお話かな♪お父さんは内藤剛志さんみたいだねぇ。
んで、クマとどうからむのかしら・・。楽しみぃ〜!

◇ 第話 ◇  「親の気持ちをもっと考えろ!!」   2005.02.19.

今回の主役は日向。3Dの中でも卒業後の仕事を見つけた生徒でした。
しかし、このバーのバイト、かなりやばそうで、ヤンクミも隼人たちも心配してたんだけど、
やっぱりこのバーでは違法賭博をやってて、それを覗いてしまった日向がボッコボコにされてしまいました。
母親から連絡を受けたヤンクミたちが向かった時点で、きたぁ〜!!!って期待したんだけど、
眼鏡をはずして髪をほどくかと思ったのに、なかったねぇ?
でもさぁ、あんなヤバい系のおっさんたちを痛めつけて、仕返しとか怖くないのかしら・・・?
翌日、「善意の通報者」のおかげで摘発・逮捕されてたけどさぁ、怖いわぁ・・。

しかし、日向のお母さん・治代(手塚里美)は情けなかったねぇ・・。
親が子供に気を使ってどうするんですか!!っていうヤンクミのお説教が身に染みたお宅も多かったのでは?(笑)
一人で大きくなったと思ったら大間違い!と思うけど、
確かにあの年頃はそんなことを考えたりしないんだよねぇ・・。
親のありがたさは、自分が親になったり、。親元を離れて生活しないとわかりにくいもんねぇ・・。

それより、いよいよバレちゃいましたねぇ・・。
屋台で飲んだくれてたミノルをヤンクミの実家に送り届けた隼人と竜は、
「ただいまぁ〜!」って帰ってきたヤンクミを見て唖然・・。いやぁ、いいねぇ、この二人の唖然とした顔!
どうにかごまかそうと、大江戸一家は劇団、とか言い出すし。(笑)
ま、話す気はないという二人なので、これからヤンクミを助けていってくれるのかな?
最後に竜と隼人がニコっって笑ったときに、もう、またおばちゃんはKOされちゃいました・・。
なんてイケメン二人組なんだろ・・。ほんと、ヤンクミの痛快劇に加えて、この二人のおかげで見甲斐が倍増だわ!

ひとみの恋の相手がテツだと言う事もバレちゃいましたねぇ。
あっちゃぁ・・・っていうときの金子くんの目を細めた顔が妙にツボにはまってしまって、
一人で大笑いしてしまいました♪(笑)

◇ 第話 ◇  「大事なのは、心の強さだ!!」   2005.02.12.

今回は、立ち回りはなかったけど、けっこうスッキリしたし面白かったな。

バレンタインダーが近づいてきて、3Dの面々も色めきだってました。
「ちょっこれいと、ちょっこれいと、ちょこれいとがほ・し・い♪」って、このドラマの提供は明治でしたっけ?(笑)
その仲間に竜だけは入ってなくて、ちょっと竜が男前に見えて、ごめんよぉ、赤西くん・・とか言っちゃう私♪

今回の主役はタケ。学校近くの喫茶店でバイトをしている、桃女の水島真希ちゃん(若槻千夏)に惚れてしまいました。
「超かわいいぃぃ〜!!」って言ってたけど、若槻千夏より、小池徹平くんの方が間違いなく可愛いっすよ?(笑)
喫茶店に通って、「話しかけろよぉ!」とみんなに言われても勇気がなくて出来ないタケは、
土屋に頼んでタイプを聞いてもらいます。「強い人が好き、嫌いなタイプは弱い人」と言われて
自分に自信がないタケはガックリ・・。
おまけに真希ちゃんは奥寺(高杉瑞穂)という大学生に惚れてるらしく、
その日デートするって知ったタケは、土屋たちの力を借りて、真希と奥寺に絡んでもらい、
そこにヒーローのごとく登場して助ける、という作戦を決行するんだけど・・。
ま、この時点で、きっと奥寺が強くてギャフンと言わされるんだろうなぁと思っていたら、案の定でしたぁ!
すごすごと逃げ出すところを真希は見ちゃって、
翌日、黒銀に乗り込んできて、タケをビンタ!!「あんたみたいな男、大嫌い!!」
私も大嫌い!こんな男、自分の力で告白も出来ないくせに小細工しやがって・・。
ヤンクミは「強いっていうのはケンカとかじゃなくて、心の強さをいうんだ!」ってタケを殴ります。

すっかり意気消沈したタケの横を、奥寺が通り過ぎました。「4股なんだよねぇ」って笑いながら・・。
ヤンクミに言われたことを思い出して奥寺に真希から手を引くように言ったタケに、
奥寺は「オレとタイマンはって勝ったら言うこと聞いてやるよ」と言います。

そのことを知ったヤンクミと竜たちは川原に急ぎます。偶然、話を聞いた真希と九條も同行。
川原には奥寺にボッコボコにやられているタケがいました。
止めようとする土屋たちをヤンクミは制止します。男として戦ってるんだもん、止めちゃいかん・・。
でも、決定的な一発が入るところにヤンクミが入ってきて奥寺の拳をぎゅぎゅぎゅぅ〜っと!
潰してしまえぇぇぇ・・・とつい、思っちゃった、あたい♪
その姿を見て真希もタケを見直し、九條もタケの気持ちを認めました・・。
でも、タケちゃんよぉ、目の周りは全然打たれてないのに、なんでほそぉい目をしてるの?(笑)

バレンタイン当日、真希はタケにチョコを、ヤンクミも九條にチョコを・・。
あのデコボコチョコ、大丈夫かぁ?と思ったけど、生徒たちは「うめぇ!」って言ってたから良かったわぁ!
お嬢からチョコをもらえなかったら、諦める!って言ってたテツももらえたし、良かった良かった・・。
そうそう、ひとみが偶然テツに助けられて、テツに一目ぼれしちゃったみたいだねぇ!
ってことは、ヒトミがテツを追いかけて、その結果ヤンクミが極道の女ってバレるのかしら・・?

予告では、竜と隼人がヤンクミの秘密を知っちゃうみたいだね。
どちらが先に知るか・・?っていろいろ考えてたけど、二人同時だったんだぁ。
でも、この二人はきっと内緒にしててくれそうだし、みんなにバレるまではまだまだ時間がかかるでしょう。

次回は日向(小出恵介)の話みたいだね。進路がらみか・・?
またも大立ち回りは見られそうもないけど、最終回にはきっとやってくれるだろうから、
しばらくはこんな感じで楽しむことにいたしましょ♪

◇ 第話 ◇  「自分の人生、人と比べんな!!」   2005.02.05.

土屋=もこみっちーじゃ、ちょっと盛り上がりに欠けたような気もしなくはない・・。(汗)
いつもの愉快・痛快なごくせんじゃないんだもぉん!!

黒銀学院は来年から男女共学になるということで、学校見学会が行われることに・・・。
それを聞いた3Dも大喜びで、隼人なんて指くわえちゃって・・。イメージが崩れる・・・。(笑)
竜だけはちょっと冷めた感じで、硬派はこの子だけなのか・・?(汗)
来年から、ということで、自分たちはおいしい思いできねぇじゃねぇか!!って言いつつ、
見学会当日はヤンクミを教室に監禁して、学校のいたるところに仕掛けをする3D。
竜まで参加してるし・・。楽しんでるし・・。でも、これって妨害行為じゃないっすか?(笑)

見学会に、土屋の中学の教師・石川が生徒を引率して来ていた。
中学時代、土屋を目の敵にしていた石川は、みんなの前で説教を始める。
その日の夜、土屋は石川が昼間引率してきた宮崎菜緒(秋本未莉)が万引きしようとしていたところに居合わせ、
万引きをとめ、塾をサボってしまった菜緒をにつきあってゲームセンターにいくことに。
いやはやしかし、もこみっちー、すんごい顔が小さいねぇ!何頭身??9頭身くらいあるんじゃない?
楽しそうにしている菜緒でしたが、石川に見つかっちゃいました。
菜緒を問い詰める石川。土屋は自分のせいにしろと目で合図し、菜緒はうなずいてしまいます。
「オレなんかより、あの子の人生の方が・・・」という土屋に、人と比べるなと言うヤンクミ。
そして、ヤンクミは土屋は菜緒をかばってるんじゃないかと思い、菜緒の家に通い続けます。

そして、土屋の処分が決まる日。理事長は土屋の退学を決めます。
しかし、そこに3Dの仲間と、菜緒がやってきました。自分をかばってくれたのだという菜緒。
良かった良かった、はい、解決!

ん?でも、何か物足りない・・。
そうよ、隼人と竜の出番が少ないのよ!んで、ヤンクミの立ち回りもなかったし。
やっぱり私の中では、このドラマの評価基準に隼人&竜&立ち回りがあるんだわ・・・(笑)
でも、次回もタケ=小池徹平くんのお話みたいですねぇ・・。
同じ感じになっちゃうのかしらん。うぅ〜ん・・。

今週は裏番組が強力なので、視聴率は下がっちゃうかもね。

◇ 第話 ◇  「お前らは私の大事な生徒だ!!」   2005.01.29.

いやぁ、痛快、痛快!やっぱり面白くて、男前だせ、ヤンクミ!!(笑)

自転車泥棒の疑いで土屋たちが捕まったと聞いて、王子・九條との飲み会を中座しなくちゃいけなかったヤンクミだけど、
自分を信じてくれた先生に、クマのラーメン屋で、チャーシューをみんなでヤンクミにあげちゃったりして、
もう!いいぞ!ヤンクミ!嬉しいね♪

すでに3Dの心を掴みつつあるヤンクミですが、
今回は、隼人と竜の名前を語ったやつらが引き起こした事件に、
やられた他校の生徒がおしかけてくるところから始まります。
「やってない」という隼人たちの言葉を信じるヤンクミですが、周りはそうはみてくれないんだよね。

隼人たちは誰が自分たちの名を語ったか探し始めるんだけど、
そのとき、公園の遊具に乗ってる赤西くんが可愛いったら・・・。(笑)
でも、見つかりません。
そのとき、一年年上で、去年退学になった工藤らが隼人たちを囲みます。「仲間に入れてやるよ」
でも、竜と隼人は興味ないと帰ろうとするんだよね。
もう、学校が楽しくなってきちゃってるんだわ・・。
それに怒った工藤は、竜を拉致し、隼人も呼び出して監禁し、その間に貴金属強盗をやっちゃったのよ。
ご丁寧に学生証入りの財布を落として・・・・。

簡単に解放された隼人たちは、警察に捕まっちゃいました。
詳しい話を3Dで聞いたヤンクミは工藤たちを探しにいく、と言い出して土屋たちに止められます。
「お前たちは、私の大事な生徒なんだ」というヤンクミの言葉に動かされ、全員で工藤を探し始めます。
居場所を見つけたヤンクミは一人で乗り込む・・。
いや、あんなカワイ子ちゃんが一人で乗り込むのは危険ですってば!いつも思うけど!
でも、あの立ち回りで、みんなすごすご逃げちゃうんだよなぁ・・。ま、「ごくせん」だから許しちゃうけど♪
でも、あの工藤がこれで黙っちゃいないと思うんだけどなぁ・・。

そして疑いの晴れた隼人たちは警察に解放されます。
そしてここからが痛快でした!「こいつらに謝ってください」と刑事・鬼島(高杉亘)に言ってくれた!
「謝れ!」って私も思ったもん!
でもね、こんな先生、今はいないんじゃないかなぁって思っちゃう、悲しいけど。
本当に生徒を信じてくれてる先生がいてくれたら、きっと生徒は嬉しいだろうし、教師を信頼するだろうなぁ。
そしてみんなして「ヤンクミ!」って呼んでくれて、またも嬉しいね、ヤンクミ!!

いやぁ、すっかり「ごくせん」のトリコでごわす。
大河よりも視聴率のいいこの番組、週明けの視聴率発表が楽しみですな♪
隼人や竜がお茶目になってきて、さらに面白くなってきたので、評価もあげちゃおうっと!

◇ 第話 ◇  「人の強さは力じゃ決まらない」   2005.01.22.

やっぱり面白いよぉ!旦那も一緒になって夢中になって見てました♪
それにしても、赤西くんのかっこよさに、あたいはウットリだわさ・・。
こんなにちゃんとキレイな顔したジャニーズって、久しぶりに見た気がする・・・。(笑)

小田切くんが、荒高とのタイマンをするはずだったのに、事前に勝手に詫びを入れてしまったことに対して、
隼人が怒ってたってことなわけだ。
んで、その理由は、タケ=武田(小池徹平)がタイマンにびびって、退学になると母親を悲しませると相談したからだったんだ。
それで、小田切くんは、一人で荒高に詫びを入れたんだ・・。
かっこいいねぇ!男だねぇ!!

隼人たちが荒高の奴らをやっつけちゃったから、その仕返しにと3Dの生徒がやっつけられちゃって、
仕返しに行くぞ!って息巻いていたら、猿渡が「退学になるぞ!」っていうのよね。
ヤンクミから「ケンカが強いことが、男として強いことではない」と言われていた隼人は、
一人で荒高の奴らのところに行くのよ。これで荒高と黒銀の争いにケジメをつけようとしたんだ。

それに気づいた小田切とヤンクミたちが追いかけていくんだけど、
他校の生徒をやっつけちまったら、教師が生徒をやっつけたってことで、問題になっちゃうじゃん!!と思ったけど、
ちょっとヤンクミが本気を見せた時点で、すごすごと逃げていきやがった!
このチキンめ!(笑) 

そして、小田切くんと隼人は仲直り・・。良かったぁ!
これで、この3Dの中心グループの5人は、ヤンクミの本当の強さを知ったわけで、
ちょっとはヤンクミもやりやすくなるかなぁって感じです。
ちょっと早すぎるような気もしますけんど♪

今回は、憧れのバーバリー様が、隣の女子高の教師・九條ってことがわかりましたね。
3Dの生徒のいたずらに怒って、タンカきってしまって、およよよ・・って感じがまた面白かったっす。
あと、タレコミだの、ネタがあがってるだの、御上みたいな真似とか、ついつい専門用語が出てしまうところも
面白かったわぁ!こういう小ネタでクスクス笑わしてくれるので、このドラマは止められませんねぇ♪

◇ 第話 ◇  「たった一度の高校生活無駄にするな!
         ・・あの熱血教師が帰ってきた!」   2005.01.15.

やばい、やっぱり面白い・・。(笑)
効果音が可愛いんだよね、絶妙で♪

白金学院高校は潰れ、ヤンクミは山奥の保育園で働いていました。
そんなヤンクミのもとに優秀校で有名な黒銀学院の採用通知が届きましたぁ!
実はこれ、手違いで、本当は屈強な男教師を呼びたかったのに、ヤンクミが来ちゃったのねぇ!
白金から黒銀の教頭になった猿渡もビックリさぁ!!
相変わらずのリーゼントっぷりで、すっとぼけた猿渡にLOVE♪(笑)

気になった教師陣から語ってみましょう。
酒井敏也さん、髪型どうしたんですかぁ!!もともと薄かったのに、剃り上げて前髪だけちゅるんって・・。(笑)
キューピーちゃんみたいでしたよぉ!!可愛いけど・・。
乙葉は、まぁ、素でやってるって感じでどうでもよいですね。
東ミッキーはヤンクミに一目ぼれしちゃってる体育バカって感じだね。
猿渡を竹刀でバチコーンって打ったときは、大爆笑してしまいました♪
理事長の井上順さんは、いい人そうだろうけど、何を考えてるかまだわからない感じだねぇ。

そして3年D組・・。
私、ジャニーズは嵐以下は区別がほとんどつかなくて、KAT-TUNという名前は知ってても
どんな子がいるかなんて全然知りませんでした。
でも、亀梨くんは見たことあったわ。スポーツ番組でピッチャーやってプロ野球選手を抑えてたような・・・。
違ったっけ?アイドルがやるのぉ・・と思った記憶があるんだけどな。
矢吹=赤西くんが前作のマツジュンの役、つまりボスってことになるわけだ。
小池くんは、すごんでも可愛い顔なので迫力ナシ・・。最初にヤンクミに心を許しそうだね。
もこみちくんは一人だけ年上!って感じがして違和感があったんだけど、赤西くんと同じ年=20歳なんだね。

そして、不登校扱いになってる小田切=亀梨くんには何やら深い事情がありそうっすねぇ。
矢吹と仲が良かったらしいけど、何があったんだろうね。教師を全然信用しようとしてないし。
借金30万円を返せたら学校に行けるという小田切の言うことを信用して、ヤンクミはバイトして稼いで
持って行くんだけど、冗談だったらしく、騙されたと気がつくんだよね・・。

それを見ていたクマ(熊井クン=ワッキー)が、それはヤンクミがバイトして稼いだお金だと小田切に話し、
小田切はお金をヤンクミに返し、仲間から抜けたいと言い出しました。
「そこがお前の居場所なのか??」っていうヤンクミの言葉に、いろいろ考えたんだね。
ボコボコにされているところに、ヤンクミ登場!!
男前やなぁ、ヤンクミ!惚れるね、あのタンカには・・。
アクションシーンは相変わらず「よくそれで勝てるね?」っていうレベルだけど、大目に見ます!(笑)

翌日、小田切が登校してきました・・。喜んだヤンクミだけど、矢吹が殴りかかり、早速乱闘騒ぎ・・。
先行きまだまだ不安ですのぉ・・。

やっぱりヤンクミ@ごくせんは面白い!!この時間帯は見逃す可能性が高いけど、
ちゃんと録画予約をして見続けたいと思います!

そうそう、今回のヤンクミの王子様は谷原さんでしたねぇ・・。
今までの数々の失恋は、この出会いのための試練だったんだ・・・って言ってたけど、
どうせ最後はフラれるに決まってらぁ〜!でも、がんばれ、ヤンクミ!!



 ■ 人物紹介 ■

 山口久美子(25)・・・・・黒銀高校 3年D組担任
 小田切竜(17)・・・・・・・3D生徒 不登校
 矢吹隼人(17)・・・・・・・3D生徒 リーダー格
 猿渡五郎(48)・・・・・・・黒銀学園 教頭
 馬場正義(35)・・・・・・・黒銀学園 体育教師 ヤンクミに一目ぼれ
 白鳥ひとみ(23)・・・・・黒銀学園 英語教師 マドンナ教師
 九條拓真(30)・・・・・・・桃ヶ丘女学園教師 ヤンクミが一目ぼれ
 朝倉てつ(29)・・・・・・・大江戸一家 若頭代理補佐
 黒田龍一郎(73)・・・・・大江戸一家 三代目 ヤンクミの祖父 
 
◆ Story ◆ 任侠(にんきょう)一家の跡取り娘で、ワルぞろいの男子高校に赴任した熱血女性教師・山口久美子(通称ヤンクミ)の奮闘を描く学園活劇。今回は新たに赴任した男子校での活躍が描かれるが、「人気シリーズなので、あまり変化させることなく従来の持ち味をよりパワーアップさせたい」
◆ 期待度 ◆ こりゃまた「第2弾」モノですか・・・。しかも水10枠じゃなくて土9枠・・。こりゃなかなか厳しいと思うぞぉ!私もこの時間帯は結構見逃す確率が高いので、ちょっと期待しないでおこう・・・。