□ 金曜 22:00〜 TBS (初回は 〜23:09)
□ 脚本・・宮藤官九郎 □ 演出・・金子文紀 ほか □ P・・磯山晶 ほか
□ 主題歌・・・ 「UTAO−UTAO」 V6   □ オープニング・・・「タイガー&ドラゴン」 クレイジーケンバンド
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/TandD/
◆ 出演者 ◆
 山崎虎児・・・・長瀬智也
 谷中竜二・・・・・岡田准一
 メグミ・・・・・・・・伊東美咲
 銀次郎・・・・・・塚本高史
 辰夫・・・・・・・・尾美としのり
 半蔵・・・・・・・・半海一晃 
 リサ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蒼井優
 林屋亭どん太(谷中竜平)・・・・・阿部サダヲ
 組長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・笑福亭鶴瓶
 谷中鶴子・・・・・・・・・・・・・・・・・猫背椿
 谷中小百合・・・・・・・・・・・・・・・銀粉蝶
 
林屋亭どん兵衛(谷中正吉)・・・西田敏行
主題歌
UTAO - UTAO (通常盤)
主題歌
商品の詳細
SP DVD
タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」 [DVD]
DVD-BOX
タイガー & ドラゴン DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「子は鎹」の回  最終回  2005.06.24.

たいがーたいがーじれったいがーーーーー!
最高の最終回です!文句の付け所がない!10点じゃたりない!

泣いて笑ってまた泣いて・・。
キャストも全員、誰一人欠けてもダメだわ、このドラマは!
ありがとう、クドカン、ありがとう!!

さて、冷静にレビューをば・・。

最終回は竜二でしたね。BGMは「ドラゴンボール!」ここで掴みはバッチリ♪
「7代目どん兵衛を襲名することになり・・」って言ったときはすごく嬉しくて、でも、じゃ師匠は・・?って思っちゃった。
虎児の件で自ら辞したんだ・・。辛い思いをしたんだねぇ・・。

刑務所から出てきた虎児を迎えに来たのはチビTだけでした・・。
流星会からも林家亭からも迎えにこないなんて、なんて寂しいんだろう・・。
まず向かった「ドラゴンゾーダ」では、リサが一人でてんてこ舞い!
なんで売れてるんだ??しかも支店だしてるし!(笑)
んで、銀ちゃんと別れた・・というリサですが、なんと銀ちゃん、立派にヤクザになっちゃってたんだねぇ・・。
あれってさぁ、服の下にいろいろ詰めてるんだよね?めっちゃ恰幅がよくなってたもん!

そして辰夫から師匠が追い込まれた状況を聞かされた虎児は、寄席を見に行きます。
そこには「二代目・小虎」を名乗った師匠が・・。
二度と虎児が戻ってこられないように・・って言ってる人が、その名前を継ぐなんてことあるかい?
待ってるんだよぉ、大事に思ってるんだよ、アンタのことを・・。
でも、虎児は自分がかけた迷惑の大きさを実感してしまって、流星会に行くことに・・。

ご挨拶にきた虎児は下働きでいいから使ってくれと言います。
ヤスオが頼むと「ダメだ!」って若頭が言って、
ヤスオも梶も虎二も若頭まで眉間にシワ寄せて怖い顔のドアップ四連チャン!のときはマジで大笑いしちゃった!
なんて愛いヤツラなんだぁ〜!!(笑)
そして銀ちゃんは、「昔、にあわねぇことすんなって言った兄貴に、今、すっげぇにあわねぇことしてるオレも棚に上げて言わせてもらいます
似合わねぇことしてんじゃねぇよ!!」
・・・銀ちゃん、男前だぁ! うん、すげぇ似合ってるぞ!!
男と男の友情っていいなぁ!!

そして谷中家に向かう虎児・・。
いろんなところで「子は鎹」とリンクしてるので、書ききれないよぉ!
噺の中で別れた子供にお金を渡したことで、別れた妻は夫があいにきたということを知るんだけど、
虎児がどん太の子供に時計を渡したことで、みんな、虎児が会いに来たことを知るんだよね。
あんなに怒ってたどんちゃんが、誰よりも先に靴も履かずに外に飛び出すんだもん・・。
離れられない絆がもう、みんなの中にあるんだよ・・。
・・・んで、あのナンで肉じゃがとか包むのはやっぱりマズイのね?(笑)

そしてここも泣けた!!ケンちゃん(組長)とどんちゃんの会話!
お互いにそろそろ仲直りしないか・・?って言って仲直りしたはいいけど、
追い返した虎児がここにいないのはどうしてだ・・?ってケンちゃんが聞くのよ。
カタギにしたらお前に返すって言っただろ?罪償って帰ってきたら迎えてやるのが当たり前だろ!って怒るケンちゃん。
泣きながら「ここに座ってたんだ・・なんで今いないの?アンタのせいだろ?アンタらがつまらない争いに巻き込んだんだろ?」って
もう、これ聞きながらこっちももらい泣きぃ〜・・・。
二人の師匠にこんなに思われて・・虎児!幸せものだよぉ!!

んで、明日は襲名披露の当日なのに、どん太さんは竜二を誘って「桃色パブ」へ・・。
こら!何やってんだ!!(笑)
そこで客引きの虎児に会うんだよね。
実は虎児は刑務所でも落語の勉強して、全部覚えてたんだぁ!
でも、噺はできても、わからないことがいっぱいで、やっぱり戻ってこないとダメなんだよぉ!!
そしてどんちゃんと虎児を引き合わせるんだよねぇ!
あぁ、感動的だぁ!
出会いのシーンを繰り替えすところなんて、よくもまぁ、ここまで繋げてくれたよ・・って感動!!
あの場面で抱き合ってたら、そりゃホモにも見えるかも・・。

そして襲名披露へ・・。
シーン!って静まり返ってたけど、私はどん太の寒いギャグにお笑いなんですけど!(笑)
ビーバップも倍賞・倍賞・損害賠償!!も、お願い四万十川!!も、面白いんですけど?(笑)
そしてどんちゃんは「小猫」と名乗り・・最後に挨拶したのはなんと、虎児!
「三代目・小虎」を名乗る虎児に、みんなの目は驚きと戸惑いでいっぱい・・。
そして「子は鎹」を噺はじめました・・。
やっぱり「小虎」はアンタだよぉ!!
オチは・・「しかし、なんだなぁ・・なんだなぁ・・道理でカレーがないと食べられないって・・・そっちのナンじゃねぇよ!」
ぶわっほ!「何」と「ナン」をかけてきたか!ぶわっほっほ!!

そして会場が一体となった「たいがーたいがーじれったいがー!!」
私もおまけにお手手を合わせて「じれったいがー」をやらせていただきました!
面白かったよぉぉぉ!!
終わっちゃうのかよぉ!!
寂しいよぉ!!!


 ■ 総評 ■

今期No.1ドラマとなりました!!!
落語という、普段身近にない題材をこんなにも楽しくわかりやすく脚色できるとは、クドカン恐るべし!!
キャストも最高でした。
誰一人欠けてもこの出来はなかったと思います。
長瀬くんがこんなに上手とは知らなかったわぁ・・。
あそこまで汚い役ができるとは思わなかった。見直しちゃった!!
小ネタがあちらこちらに散りばめられてて、飽きないし、もう一度見直したくなるんだよね、クドカンドラマは!
DVD買っちゃおうかしら・・。(笑)

クドカンドラマは好き嫌いが分かれるらしく、奥様仲間ではそれほど評判はよくないというか、とっつきにくいらしいですが、
私は大好きです!!
次回作も楽しみにしてまぁす!!

クドカン・キャスト・スタッフの皆様、ありがとう!!
今日は安らかに眠れそうじゃ・・。(笑)


◇ 第話 ◇  「品川心中」の回   2005.06.17.

「品川心中」自体が前半で終わってしまうので、いまいちオチがわかりにくい。
確かに仕返しとか暗い落語なんて聞きたかねぇけど、「とっくに腰が抜けてらぁ〜」というオチでは笑えないんだよなぁ、私は。
あと、今回は古典の世界の登場人物が入れ代わり立ち代りで、いまいちよくわからんかった。
お染に唆されて飛び込んだのは銀次郎なのに、落ち武者な感じであがってきたのは虎児だったもんねぇ。

さて、竜二は落語がしたくてたまらなくなって家に帰って入門させてもらいにいくんだけど、
メグミの元夫のたもっちゃんが青森から物産展のために出てきちゃって、
誰も相手してくれないんだよね。
オマケにどん兵衛が「自分の名前は小虎に継がせたい」っていってるのを聞いて、寂しくなっちゃったのよね。
ここで、竜二=お染ってことで話は進むのかとおもったけど、違ったわ。(笑)

メグミは保にヨリを戻したいって言われて、それを竜二に相談するのに素気無い態度をとられて、怒ってしまいました。
そして連絡がとれなくなったメグミ・・。実は練炭自殺の誘いに知らずにのっちゃってたんだよね。
探しにいった竜二と保。見つけたメグミが保に飛び掛り、それでもしっかり立ってる保の言葉が
「いやいや、腰が抜けてしまっただ・・・」・・お後がよろし・・・くない。
小竜の落語が面白くないのか、このネタ自体が悪いのか、わからん・・。すまん・・。

虎児は、流星会がウルフ商会に合併されちゃうという話を聞いちゃうんだけど、
実はウルフ商会の梶は虎児を引き抜きたかったのよね。
カタギにならせようとする親分たち、でも、流星会を守るためには梶のところに行った方がいいのか・・
散々悩んで虎児は「やっぱりここにはこれない」と梶に言っちゃいました。
そのせいで若頭も親分もボコボコにされちゃいました。
「流星会」を継ぐのは銀次郎だと思い、虎児はウルフ商会に殴りこみ、全責任を取って銀次郎を逃がします。
ここの虎児はかっこよかったぁ〜!男!って感じだったよね。
ってことで、今回は落語ネタではなく、虎児に感動!
あっちゃこっちゃで自分を認めてくれて求めてくれてるのに、自分の分をちゃんとわきまえてて、
立派だよ、アンタは。かっこよかったよ!

さて、最終回は「子は鎹」。「子別れ」かと思ったけど違ってたね。
虎児はオツトメを果たして帰ってくるのかな?
銀ちゃんもしっかり極道になってそうだし、みんな、それぞれの道を見つけて生きていくのかな。
最後はわかりやすく〆てもらいたいっす。

◇ 第話 ◇  「粗忽長屋」の回   2005.06.10.

ありえねぇ話をあった話にしちゃうんだもん、すごい。
んで、今回の話は次回に続く!ってことになるのかな?
しかし今回もレビューが書きにくい・・。(汗)

ヤスオは組長の元舎弟だった梶がやってる「ウルフ商会」に入ってたのね。
んで、そこでお金は使い込むわ、梶の女にまで手を出してて・・。
やばいから手を引こうよ!という竜二の言葉に耳を貸さない虎児。
今まで自分が関わってきた事件が落語のネタに繋がる・・・ってことに味をしめやがったな?(笑)

そしてヤスオを竜二の部屋にかくまおうとするんだけど、中国人に反対されちゃった。(笑)
んで仕方なく谷中家に連れてくるんだけど、男衆は怖がっちゃって逃げちゃったのに、
小百合ちゃんも鶴子もヤスオにメロメロやん!(笑)
あの男、女には人気があるらしい・・。

今回のネタは「粗忽長屋」。
行き倒れになった男が友達だ!ってんで、ハチ公は、まだ気がついてないからいけねぇってんで長屋まで見に行ったら
案の定、死んだことにも気がつかず長屋でタバコふかしてやがった熊。
早く現場に行くぞ!ってんで到着した二人は死んだ熊を抱えて・・・
・・・ん?抱えられてるのはオレだけど、んじゃ、抱えてるのは誰だ?・・お後がよろしいよう・・・
よろしくないわい!と虎児は猛反発!
結構コヤツは杓子定規なところがあるので、オチに納得いかないらしい。
確かに、笑えるのか??と私も思っちゃった。

この話を聞いたヤスオは、「それ、やろう!」ってんで、自分を殺すふりして懸賞金の500万を山分けしようとな。
そんなにうまくいくかい!と思ってたらヤスオはウルフ商会の哲也と泰次に見つかっちゃってボコボコに・・。
殺される!と思ったら、泰次、哲也を殺しちゃった!
うぅ〜ん、ダ〜ク・・。
いくら名前を間違ったり濡れ衣をきせられたからって、ころしちゃうなんて、このドラマ、本当にヤクザドラマだったのね・・。(涙)

そして哲也の死体と服を変えて、ヤスオは死んだ・・ってことにしたのよね。
この死体を運んでるのはオレだけど、んじゃ、オレは誰だ・・・?お後がよろしいようで・・・。

といいきたかったけど、ヤスオちゃん、「結婚しました」ハガキを梶に送っちゃいかんだろ!(笑)
ほんと、粗忽モノなんだから・・・こりゃまた、お後がよろしいようで♪

んで、この話、次回にも続くようです。
私としては、もっと笑える話の方が良いんだけどなぁ・・。ちょっとダークなんだもん・・・。
「ドラゴン・ドラゴン・チャン・ドンゴン!」という予告にちょっと期待は持てるけど♪

◇ 第話 ◇  「出来心」の回   2005.06.03.

いいねぇ、やっぱり!虎児がTHE・男!って感じでかっこよかったぁ〜!

虎児の舎弟・銀次郎は仕事も任せてもらえず宙ぶらりんの自分を「ニート」だと言い相談します。
甘ったれんなぁぁ!!と虎児に一喝された銀次郎は、幼馴染の金子(高岡蒼佑)に久しぶりに会います。
金子よ、その「全身ドラゴンソーダ」なファッションはどうかと・・・?(笑)
なんと金子は警官になってて、そこで神保組の構成員がアパートにヤバイものを隠してるから
それを握って二人でゆすろうぜぃ!って誘われてまんまと乗っちゃいました。
でもそこに隠されてたのは裏ビデオ(裏DVDっていうのか?)で、
なんじゃこりゃ?と思いつつ、うっきっき!って視聴してるところをリサに見られちゃって、
思わず「もっとシャブとはチャカとかヤバイもんがあるんだよぉ!」と大嘘こいちゃったのよね。
んで、リサ、銀次郎が心配になって虎児に相談するのはいいけど、もう警察に通報してたよ!(笑)
そのころ銀次郎は神保組に捕まってました・・。

今日の高座にはテレビカメラが入るってんでみんなノリノリだったのに小虎がこない!
銀次郎を助けに行かなくちゃいけない虎児は組長を・・・。
やっぱり鶴瓶さんはお着物がよく似合う!
でも、あのネタ、いろんなところで聞いたことあるんすけど、クドカンのネタじゃなくて鶴瓶のマジネタでは・・?(笑)
それにしても客も林屋亭一門も、すっかり小虎がいないとダメになっちゃってるのかなぁ♪
だからって、あの姿勢で噺をするのはどーかと思いますけど。(汗)

組長とどん兵衛さんが昔、どん兵衛のウケがよくて悪いなぁ・・って思ってて、それで落語をやめちゃったと思ってるから、
面白いと思った「出来心」のBパターンのオチを使わないでいたのね、どん兵衛さん。
私も、Aパターンしか知らなかったけど、Bパターンのほうに「ぶわっはっはっは」って笑っちゃったよ。
でも、最後は小虎がBパターンのオチを使用して、おあとがよろしいようで・・・。
どん兵衛は使用できなくても、自分の弟子でありケンちゃんの子分でもある小虎が使うことでお互いに納得できそうだね。

小虎を兄弟子として認められない竜二は試しに小虎の高座を見てみたんだけど、
面白かったようで、やってもいいかなぁ・・・って言ってくれました!
今日の「出来心」を彼女とその元カレの前で演じてたシーンは結構上手な落語家さんっぽかったね、岡田くん。
しかぁし!そういわれた虎児が見ていたものは・・。
きたぁ〜!!ヤスオだぁ〜!!悪い顔してるねぇ、北村さん。(笑)

今日は、虎児の兄貴の日向(宅間孝行)さんに花丸を差し上げたい!
初っ端の「見てたのに・・」にもオオウケだったし、最後に神保組に乗り込むところもめっちゃかっこよかった!
これからもこんな感じで頑張ってもらいたいっす!

◇ 第話 ◇  「猫の皿」の回   2005.05.27.

うん、いい話だったねぇ。
そろそろ竜二がこっちの世界に来てくれないかなぁ・・って思ってたので、嬉しかったわぁ。

今回の噺は「猫の皿」。
あるお店の主人が高価な皿で猫にエサをやってるを見て、「猫を3両で買いたい、この皿も一緒に・・」
ところがこの主人「お客さん、この皿は300両くらいするものですよ!とんでもない!」
「じゃ、なんで高価な皿でネコにエサをやってんだ?」・・・「この皿でエサやってると、時々ネコが3両で売れますもんで・・
どうやってこの噺にからめていくのかと思ったけど、今回も見事でした!

高価なもので人を釣る・・・。
竜二は68万のビンテージジーンズを欲しがっていた。
ある日、それを見つけた虎児とメグミ。ところがそれを先にある人間が買っていってしまった・・。
この時点で、「あり?この服屋のおっさんが猫の皿の主人じゃないの・・・?」って思ったのよね。
そう簡単に話は進みません!

新人お笑い発掘オーディションを開催することが決まっていたので、虎児はこのジーンズを景品にすることに。
なんと、ジーンズは3位の景品になっちゃいました。
それを知った竜二は、竜平に「ドラゴン・どらごん・せいしょうなごん!!」など、くっだらねぇネタを仕込んでもらって挑むことに。(笑)

実は竜二、昔、噺家の修行をしているとき、父と敵対していた小しん(小日向文世)の弟子になってました。
「子別れ」という噺を教えてもらいに通ったのに、小しんが教えるのは「猫の皿」ばかり。
高座の前日になってようやく「子別れ」を教える小しん。
いくら天才の竜二でも1日でマスターするのは無理な話で、高座で何も話せず赤っ恥をかくことに。
高座後に、小しんが自分のことだけでなく父の文句まで言ってるのを聞いて激昂してしまった竜二は
それ以来、落語をやめてしまっていたのよね・・。
このことがあったから、どん兵衛も竜二に落語をさせようとは思わなかったのね・・。

そしてオーディション。「せいしょうなごん!!!」なんてネタが通用するような場ではなかった。
なんと、落語界のお偉いさんがズラリと並んでいる前で、竜二はおもむろに「猫の皿」をはじめます。
さすが天才!という語り口・・・は、あまりにも短くてこっちには伝わらなかったけど、
結果はどん兵衛を涙させるほどの出来。小しんも拍手を送り、「子別れ」を教えてあげるよ・・とまで言ってくれました!
んで、優勝しちゃった竜二はジーンズを手に入れることは出来なかったわけだけど、
「なんでそんな高いジーンズを景品にしてるんだよ!」
「へぇ、こうしておくと、ときどき面白い素人が、ただで釣れるんです・・」
はい!お後がよろしいようで!!
1位の景品じゃなくて3位の景品にしてるのがミソだよねぇ。
自分の落語がうまいと思いつつも、高座で大失敗をした記憶を持ってる竜二に「優勝」というハードルは高いから、
3位くらいに設定してるほうが食いつきがいいはずなんだもん!
いやぁ、良く出来てる!!

さて、これで竜二も落語の世界に一歩足を踏み出してくれるかな?
あの裏原の売れない店、どうするのかしら・・?(笑)

◇ 第話 ◇  「明烏」の回   2005.05.20.

面白かったなぁ!本当に寄席で聞いてるみたいに今日はものすごくテンポが良かったねぇ!
しかも「明烏」まんまの話でわかりやすすぎだしぃ〜!

生真面目で全く女っ気がない主人公がどん吉っていうのがまたピッタリだよねぇ!
生真面目だけじゃなくて、マザコン&そっくりな姉3人っていうオマケつきだけどね♪(笑)
このどん吉にかこつけて、どん太と竜二は合コンを計画。
喜利喜利ボーイズであいうえお作文をやるから絶対きてくれ!って言ってうまく連れ出すんだよね。
いやぁ、ここまで素晴らしい展開♪

虎児はというと、200万円の借金を抱えた克子の追い込みの仕事を組長から命令されてたんだけど、
そろそろ銀次郎に任せてみては?なんて言っちゃうのよね。
ま、ランパブで遊びたかったし合コンに行きたかっただけなんだけどね♪(笑)
しかし銀次郎、克子を逃がしてしまったのよねぇ・・。
失態をカバーするために合コンを断念する虎児。代わりにきたのはジャンプだったよ。(虎児の扮装してたね(笑))

一方合コン海上の伊豆では女の子が一人足りないってんで困ってたところに克子が偶然現れて無理矢理連れてっちゃった。
しかしあの合コンのメンツ、イケてるのか?ちょっとお頭の足りない女の子ばっかじゃん?(笑)
一人二人と抜けていって、克子とどん吉が残りました・・。
そのとき、克子のBLOGが更新されてて!「いまぁ、伊豆にいるんだけどぉ〜、合コン中でぇす!」なんて書いてて!
急いで乗り込んだ虎児と銀次郎が見たものは、二人で寝ているどん吉と克子!ひゃぁ!やっちまったかぁ!
しかも借金払うことにしてるしぃ〜!おいおい、いいのか、それで・・?

そして小虎の噺のオチは、「いいのかい?私が抜けたらあいうえお作文ができないよ・・」でした!
最後の最後まで、お後がよろしいようで・・・。(笑)

んでいつもの借金返済のシーンはウケたぁ!
いつものように虎児が師匠にお金を払うんだけど、隣にいる銀次郎がどん吉に授業料払ってて
そしていつものようにそれを借金にあてた師匠の横で、どん吉も銀次郎に借金を返してんの!
おいおい、なんで銀次郎が授業料を払ってんだい?
ま、いっか!いろいろ勉強になったもんね、銀ちゃん♪(笑)

次回はとってもゲストが豪華みたいだねぇ!
高田さんに、ヒロシ、小日向さんだったよ!楽しみだぁ!!

ま、どーでもいいことでございますが、どん太さん、今日はとっても楽しそうでしたぞぉ〜!(笑)

◇ 第話 ◇  「厩火事」の回   2005.05.13.

今回はちょっとシュールな感じでしたねぇ・・。
途中でまるおの母親が首を吊った映像が流れたときに、もしかして最後にどっちか死ぬか・・?と思ったんだけど
本当にこんな悲しい終わり方をするとは・・・。
「お前に何かあったら、遊んで毎日酒が飲めねぇ・・・」・・・・もう、お酒飲んじゃダメだよ、まるおさん。


まるお(古田新太)が流星会にやってきた。酒のせいで傷害事件を起こして服役し出所してきたので挨拶にきたのね。
酒を飲ましちゃいけないと言われた虎児は見張ってるんだけど、このまるお、奥さんのまりも(清水ミチ子)とともに漫才をやってたのね。
「どついたろか、おるるるるぁぁぁぁ!」と言いつつ、どつく上方夫婦漫才でしたねぇ。
欲を言うと、清水のミっちゃんには悪いけど、もうちょっとどつかれ蹴られてもらいたかったなぁ・・。(笑)

まるおの前にお酒がじわじわ迫っていく感じがうまく描かれてたわ。よく我慢したと思うよ、あたしゃ。
でも、どん兵衛の寄席を見に辰夫も店を開けちゃって、その間に竜二がまるおにお酒を飲ませちゃったよ。
そしてまた傷害事件を起こして逮捕されちゃいました・・。

さて、今回の「厩火事」につなげていきますと・・。
小百合ちゃんと病院で会ったまりも。実はどついたり優しくしたりでまるおの本心がわからなくなってきたといいだして、
そしたら、実は病気だと言って、それでもどつくようだったら愛してないということだ・・・っとしてみることに。
そして一日だけ釈放してもらったまるおを漫才の場に連れて行こうとしたけど大阪に帰ると言い出すまるおに
竜二は「まりもさんは癌であと3ヶ月・・」と言って、会場に向かえと言い出すまるお。
まりもは「やっぱりどつけないような男は嫌いだ、病気だと知ってもどつく人だったら、私は彼についていきます」と言い出して
いざ漫才へ・・。
でも、まるおは動揺して漫才もできないし、どつくこともできない・・。
病気なんてウソだったのよ!というまりもを、いつも以上にどつくまるお。
子虎の「厩火事」も最高のオチで終わり、会場で聞いてたまりもは最高の笑顔で、そして本当に癌で死んでしまいました・・。

いやぁ、切ないねぇ・・。
そういう終わり方もしちゃうのねぇ、クドカン。今回は違ったやり口で、これまたOKですよ、私は。

次回はすっかりクドカンファミリーの薬師丸ひろ子さんが出るんだぁ!楽しみぃ〜!!

◇ 第話 ◇  「権助提灯」の回   2005.05.06.

面白かったじょぉ〜!今回はどう繋げてくれるかと思ってたけど、
まさか提灯=カーナビとくるとは・・。絶妙っすねぇ!

まさか組長とどん兵衛が大学時代の同級生だとは思わなかったわぁ!
でも、組長の本名が「中谷謙」だとわかった時点で、「あぁ、谷中と絡めてくるな・・」と思ったけどね♪
「権助提灯」という噺は、本妻と妾の間を行ったりきたり、付き人の権助に提灯を持たせて行ったりきたり、
んで、最後は「もう提灯はいらないっすよ、夜が明けましたから」っていう話で、
なるほど、どん兵衛が小百合さんとバーのママの小春さんの間を行ったりきたりする話なんだな、と思ったら違ってた!

小春さんに昔ラブレターを書いたのは自分じゃないとお互いに言い張るどん兵衛と組長。
酔っ払った小春を連れて組長の家に来た虎児に、組長は「正吉に悪いから正吉の家に連れてけ」と言われ、
正吉の家では「小百合さんがいるから上げるわけにはいかない」と言われまた組長の家に。
銀次郎まで出てきて小春を連れて途方に暮れる虎児と竜二。
そして、小春が持ってたラブレターの中身を見てみると差出人は「中谷中」
んでどっちが書いたねん!!(笑)
どっちでもいいよ、ほら、夜が明けた・・。たいがーたいがーじれったいがー!!(笑)
良く出来てるねぇ!
後々、メグミをはさんで虎児と竜二もこーなっちゃうのかねぇ・・・。(笑)

んで、ラブレター書いたのはどっちやねん?と思ったら、組長だったのね。
んで、なんで「中谷中」って書いたのさ?(笑)
それと、ジャンプ亭ジャンプがまた出てきたのは何故さ。いつまでもライバルってことですかい?

次回は古田新太さんと清水ミチ子さんの夫婦漫才だぁ!「厩火事」だぁ!
楽しみだぁ!!

◇ 第話 ◇  「茶の湯」の回   2005.04.29.

ふ・不覚!休日だと余裕ぶっこいて深酒したせいか、途中で寝てもうた!!!
そんな自分にビックリ・・。(笑)
でもぉ、お酒のせいだけでもないかも。今日の話は今までと違ってわかりやすくはなかったもの・・。
なるほどぉ〜、やるなぁ!って、ポンと拳を叩きたくなる感じではなかったんだよね、今回は。

前回終了時にでてきた丸刈りの良々さんは、アマチュア落語のチャンプ・ジャンプ亭ジャンプこと淡島だったのね。
コイツが偉そうに人を小馬鹿にした態度をとりやがる!
虎児だけじゃなく、ちょっと上手なはずの竜二までけなしやがった!
お前、どんだけのもんやんねん!と思ってたら、なんと、どん兵衛のところに弟子入りにきやがった!
しかも、その理由が、「キャラがかぶる人がいないし、弟子がたいしたことないから・・」だとぉ〜?
だから、お前はどんだけのもんやねん!って感じ?
そのとき、今回の課題は「茶の湯」にしようと言うどん兵衛の言葉を聞いて、淡島は「自分は饅頭怖いでやってみます」だと。
ほぉ・・・お前のお手並み拝見したろうやないかい!と思ったらコイツ!!
師匠が今日の演目に選んでた「茶の湯」を始めやがった!
しかも、ちょっと自分でアレンジして、ちょっとウケてるし・・。
その後のどん兵衛の「茶の湯」はさすがのおちついたもので、「どっちが良かったか?」と聞かれた虎児は、
「ジャンプのが面白かったけど、もう一度聞きたいと思ったのは師匠のだ」と答えるのよね。
それぞまさに古典の醍醐味なんだろうなぁ・・。
そして虎児は、古典で勝負することにするんだけど、これがまた全然ウケねぇ〜!
某2ちゃん○る風の掲示板では、「萌えぇ〜」ってかかれてたのに、「萎えぇ〜」にすぐ変わってるし・・。(笑)

そのころ竜二は、お店にやってきたストリートファッションの神様・BOSS片岡(大森南朗)に
「ドラゴンナイト」というクラブでのイベントのチケット代わりになるリストバンドのデザインをしてくれと言われるのよね。
あのイケてない「ドラゴンソーダ」のデザインを「やばくねぇ?」とか言って褒めちぎったBOSSだけど、
一生懸命考えたデザインをことごとく却下したうえに、適当にOKを出して竜二を喜ばせて
出来上がったリストバンドは黄色の「竜之炭酸」って書いてあるダサいリストバンドになってた!
怒った竜二は、売れなくても自分の思うようにやっていくと決めるのだよね。

この話を聞いて虎児もオリジナルの「茶の湯」を発表することに。
んで、この話がどーやってオチが「茶の湯」とリンクするのか・・?と思ったら、最後の「またドラゴンソーダか・・」にかかってたのね?
ちょっと難解だったけど、でも、虎児と竜二の熱い友情にちょっと感動したぜい。

メグミがいつの間にかあの家に居ついてるのにはビックリだわ。
しかも、淡島と同部屋だったし・・。(笑) 童貞にはキツイ部屋だわね・・。

もう少し落語を勉強したほうが面白く見られるのかもしれないなぁ。
明日、本屋でちょっと見てみようっと♪

◇ 第話 ◇  「饅頭怖い」の回   2005.04.22.

いきなり、やっちまったのかい、何でやらないのかいと聞くのかい・・。んで、みんなやってなかったんかい・・(笑)
すっかりメグミは虎ちゃんの虜になっちゃっててぇ〜、でも虎児にその気はないらしく・・。

今回の主役はどん太くん。雑誌の「抱かれたくない男」で出川哲郎抜いちゃってるし・・。
しかも、結婚したくない、恋人にしたくない、上司にしたくない、今年中に消える、消えて欲しい芸能人の上位にランキング!(笑)
んで、他の人は微妙に名前が変えられてるのに、出川だけ実名とは、さすが殿堂入りなヤツ!(笑)
岩田順一=石田純一、ピロキ=ヒロシ、波多夕区=波田陽区、銅清日=金正日、小泉純二郎=小泉純一郎
兵頭4:50=江頭2:50、SALA.ちゃん=KABA.ちゃん・・・ぷぷぷっ(笑)
おまけに、弟のどん吉が先に真打になっちゃって、更に落ち込むどん太・・。
でも、股下80cm以上の女抱かせろ!どんどんどんぶるんるんとか言っちゃって、ったく、コイツは。。。(笑)

メグミを連れて家に来た小虎。その場でどん吉の真打披露の演目を決めるどん兵衛。
「饅頭怖い」に決定。
どん兵衛の高座から、「饅頭怖い」の世界に移行していく様が最高!
「饅頭怖い」の主人公はどん太演じる松。世の中で怖いものなんてない!という松は、「あ、一つだけあった、饅頭が怖いんだ・・」
饅頭という言葉を聞くだけで卒倒する松に、その場にいた衆は、いたずらしようと魂胆。
饅頭を山ほど買ってアイツの枕元に積んでおこうよ!
そして枕元にある饅頭をパクパク「怖いよぉ!」と言いながら食べる松。
「おい!お前、本当に怖いのは何だ!」「今は、濃いお茶が怖い・・」・・お後がよろしいようで・・・。

ドライブ中のメグミと虎児に電話する竜二。夜、おでん屋で待ち合わせる二人。
どん吉の前座に出ることになったらしいどん太なんだけど、テンパリ芸でようやく売れてるどん太は本番ではヤバいらしい。
お兄ちゃんを心配してあげるんだねぇ、竜二・・。
そうそう、どん太の奥さんの鶴子、売れっ子演歌歌手だったんだねぇ!
この鶴子の復帰も決まっちゃいそうで、「抱かれたくない男に抱かれてる女に抱きたいなんて男は・・」って
もう、しっちゃかめっちゃかよ、どん太さん・・。(笑)

おっといけねぇ、おでん屋の竜二はそろそろ本題へ・・。
メグミのこと、好きみたいなんです・・と虎児に告白。自分で言えよ・・・ってそこにいるんかい!(笑)
虎児が中座して、メグミと対面する竜二なんだけど、「はじめまして。顔にインパクトなくて・・」とか言われてんの!
そして、車からおりてきたメグミを見て、「タラバガニみてぇぇ!!」だって!ウケたぁ!!
そのメグミちゃんったら、「えっとぉ〜・・」って何度言っても竜二の名前覚えないんだもん、コヤツもなかなかやるのぉ・・・。
「タイガー&ドラゴン」は、メグミが命名ってことになるのかな。

中座した虎児は、組の若頭・日向に呼び出されてました。
この若頭ったら、組長の娘を捨てて結婚するらしく、結婚式で暴れろと組長にいわれてた虎児。
若頭にお世話になってる虎児はどうしたもんかと迷っちゃうんだよね。
その虎児の目に、若頭の彼女の携帯ストラップが飛び込んできます。
な・なんと、それは手作りどん太ストラップじゃん!かわいいぃ〜!!(笑)

そしてここから、小虎オリジナル「饅頭怖い」の高座へ・・。
組長に、若頭の恋人はどん太が大嫌い!と吹き込んで、んじゃ、嫌がらせでどん太を余興に呼びつけろ!ってことになって、
若頭の恋人にはわざと嫌いなふりをさせて、「どん太、キモいぃ〜!!大嫌いぃ〜!!」と叫ばせます。
やっぱりドMなのか、どん太よ・・。水を得た魚のようにイキイキと会場を走り回り、いつしか若頭の恋人はどん太に夢中♪(笑)
組長にバレちゃって。「ほんまは嫌いなんだろ?んじゃ、ほかに嫌いなものは何や?」と聞かれた新婦は、
「一戸建てとシステムキッチンとプラズマテレビが嫌い・・」と答えます。
こうたるわ・・。可愛い赤ちゃんは、自分でどうにかせんかい!・・・お後がよろしいようで・・。

そして最後は荒川良々さんが出てきたね!来週はカレの出番かしらん、楽しみぃ〜!
「茶の湯」の噺のようで、ふむふむ、予習しておこうっと!

虎児は、落語を学ぶと同時に家族の温かさの学んでるんだね。ええ話や・・。
それと、最後の落語教習代→借金返済のくだりは、こうなるとわかってても面白い、まるで水戸黄門状態ですな・・。(笑)

あり?今日、リサって出てきたっけ・・・?

◇ 第話 ◇  「芝浜」の回  69分SP   2005.04.15.

ひゃっほぉい!やっぱり面白いよぉ!堪能させていただきました♪

最初はSPバージョンのおさらいという感じでダイジェストが流れ、これで初見の人もとっつきやすくなってたのかな?
最近の番宣で毎回流してたので、私はもう展開が口で言えるくらいでしたけど♪(笑)

いきなり小虎の「じゅげむ」から始まったのはいいけど、「五劫のすりきれ」を「五劫の擦り傷」とか言っちゃうし、
「海砂利水魚のくりいむしちゅー」って、こりゃまた古典的な間違いを繰り返しちゃうんだもん、大笑いさ!
ちなみに、ぽんぽこぴーのぽんぽこなーですよ、イボリー@辰夫♪(笑)
借金の取立て中も「ぶわっはっは」って自分の親父ギャグにウケてるい小虎ちゃんなんだけど、
私も結構笑えたぞぉ・・・。(小虎レベルの私・・)

今回のお題は「芝浜」という借金まみれの夫婦の人情話です。
これがいたるところにリンクしてて、書ききれまへんがな!(笑)
魚売りの男が明け方仕事に出かけたら財布を拾って帰ってきたんだけど、その中身は50両も入ってて大喜びするんだけど、
目が覚めたら「何の話?夢じゃないの?」って女房がすっとぼけるのさ。
実は女房が、旦那が使わないように隠してて、「お前のおかげでまっとうに生きてこれたよ、ありがとう」ってな話、ってことだよね?
いかん!この小噺をまとめると、やっぱり小虎レベルの説明になっちまう!(笑)

この再現映像が、噺の下手な虎児だと、女房役はどん兵衛さんなのよぉ!西田さん、ナイスっす!
あなたのきちゃならしい女装に夜中なのに大爆笑しちまっただよ!
んで、噺が上手な竜二の女房役は、きれいどころのメグミなんだよねぇ。よくできてるわ!

同時進行で、リサの話。竜二が給料払ってくれなくて、ろくでもない彼氏にお金を巻き上げられてる状態なんだけど、
店に落ちてた銀次郎の財布を拾って、お酒に酔った帰りに交番に届けようとして銀次郎と出会っちゃうのよ。
ひゃっほぉ!竜二が言ってたような素敵な男に出会っちゃった!って翌日ウキウキなんだけど、
竜二は「それ、夢だろ?」って言い聞かせるのよ。そうだよね、と冷静になったリサは、またお店で働くことにしたのよね。
ふむふむ、よくできてるわぁ!で、竜二はリサのことが好きなの?
そうそう、リサの怪しげな彼氏って「YOU THE ROCK★」さんだよね?顔も映ってないのにクレジットに出てたから、
何役だったんだ・・・?って考え込んじゃったよ。

竜二に「噺家になったらいいのに、。親父から逃げてんの?」って言っちゃった虎児。
痛いところをつかれた竜二は、中途半端に生きてるヤクザに言われたかねえや!虎児に言っちゃって大ゲンカになっちまった・・
屋台をちゃぶ台のようにひっくり返しちゃう虎児さんよ、ちゃんと半蔵さんに弁償してあげてね♪

「芝浜」をオリジナルに演出して竜二とリサの噺を立派に噺しきった小虎。
これで1つ、攻略できたね♪立派だったよぉ!面白かったぞぉ!!

最後は仲直りしようと竜二が虎児に話しかけるんだけど、そこはラブホの前・・。
「虎ちゃん♪」と言って出てきたのはメグミでしたぁ!
アンタ!竜二にも銀次郎にもあの女には気をつけろとか言って、アンタもやってんのかよ!
ほいじゃ、あなたの体にも、ハートに矢が刺さった刺青がどこかにあるんすか・・?(笑)

アフロなどん太も、もみあげ立派な銀次郎も、タコみたいに酔っ払ったリサも、
やっぱり可愛くて面白くて、SP以上に力が入ってましたよぉ!なんて濃厚な69分だったんでしょう・・。
1話完結だから見やすいんだけど、中身が濃くてレビュー泣かせのドラマになりそうですな・・。(笑)


 ■ 人物紹介 ■

 山崎虎児・・・・・・・・・・・・・・・・・ヤクザ
 谷中竜二・・・・・・・・・・・・・・・・・売れないデザイナー 「ドラゴンソーダ」
 メグミ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はとバスガイド
 銀次郎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・組長の息子
 リサ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ドラゴンソーダ」 アルバイト店員
 林屋亭どん太(谷中竜平)・・・・・落語家 竜二の兄
 組長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿流星会組長
 
林屋亭どん兵衛(谷中正吉)・・・日本一面白い噺家 古典落語の名人

◆ Story ◆ 連ドラでもスペシャルを踏襲。1話完結の手法で古典落語が現代風の物語となり、虎児と竜二が巻き込まれていく。また毎回最後には、モチーフとなった演目の一部を長瀬演じる虎児が披露という、クドカンならではの斬新な展開となる。
◆ 期待度 ◆ 楽しみぃ〜!!!SPもとぉっても面白かったので、期待大です!でも、連ドラになるとイマイチ視聴率があがらないという実績の持ち主なんだよね、クドカンは・・。私は見るよぉ!!
1話完結は見やすいと思うし♪