〜アネゴ

□ 水曜 22:00〜 (初回は〜23:09)  □ 公式HP・・・ 
□ 原作・・林真理子 □ 脚本・・中園ミホ □ 演出・・吉野洋 ほか □ P・・櫨山裕子 ほか
主題歌

KISS or KISS
北出菜奈
KISS or KISS anego[アネゴ]オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
anego
原作
anego〔アネゴ〕 DVD-BOX
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
 野田奈央子(32)・・・・篠原涼子
 沢木絵里子(30)・・・・ともさかりえ
 沢木翔一(39)・・・・・・加藤雅也
 黒澤明彦(22)・・・・・・赤西仁
 加藤博美(31)・・・・・・戸田菜穂
 阪口部長(49)・・・・・・・升毅
 立花渡(29)・・・・・・・・・山口馬木也
 長谷川真名美(27)・・・・市川実和子
 早乙女加奈(24)・・・・・山口紗弥加
 中野早希(25)・・・・・・・小西美帆
 野田厚子(55)・・・・・・・由紀さおり
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「 一歩前に…」  最終回   2005.06.22.

なかなか良い終わり方だったな、
あっちもこっちもくっついてうまく行った日にゃ、どーしてやろうかと思ったけど。(どうする気?(笑))
明るい未来が見えたようで、モンゴルの空のように爽快な最終回でした。

飛び降り寸前の絵里子を救った奈央子。
おかげでさらに問題が複雑化し、子会社に左遷されてしまいそうになった奈央子は、
自ら辞職願を出しました。
潔い決着のつけ方ではあるけど、あのロビーのお見送りはどうかと?
奈央子のアネゴっぷりを表現したかったんだろうけど、だから、仕事しろっつの!
ほとんど女性社員だったよね?つまり、男は仕事してるか、男にはさして慕われてはいなかったということか?(汗)

黒澤からのプロポーズも、今の自分ではいけないということでお断りした奈央子。
新しい会社でも「姉貴」って呼ばれてマンザラでもなさそうなんだけど、
年がいってるとはいえ、新人なのに、掃除当番(だっけ?)まで仕切ってて、恐るべし、アネゴ・・。(笑)

きっとここからはあっという間に月日が経って、黒澤がモンゴルから帰ってくるにちがいない・・と思ったけど、
ちょっと違ってたね。
1年後、立花と加奈が結婚するということで急遽帰国した黒澤くん。
司会がドタキャンしたということで、これまた急遽司会を引き受けた奈央子。
ここでの奈央子のスピーチは良かったね。
「ゆっくりとした時間の中で、今日するべきことをする・・それが幸せだ」という黒澤のメールが、
必死にがむしゃらに生きてきた奈央子の心に響いたんだね。
うん、その時間を黒澤くんと分かち合いなさい。

モンゴルに即帰国したと思った黒澤と思いがけず「金太郎」で会った奈央子。
二人とも、お互いの心を読もうとして読めなくて、「年のせいか?」とか「まだガキだ!」とか言ってるのが面白かったわ。
ゆっくり時間をかけて、二人が「よし!」と思えるときに、きっと幸せになってくれるだろう・・と
希望を持たせてくれるような終わり方でした。
・・・いや、奈央子にそれほど時間に余裕はないが・・。(笑)

赤西くん、モンゴルまで行ったんだねぇ!
お忙しいのに、よくぞまぁ・・。しかもよー走る!(笑)
ほんと、「今日もモンゴルは良い天気」だ!気持ちよさそうだったなぁ・・。



 ■ 総評 ■

総評としては、やっぱり「不倫」が題材で、しかも、不倫が意外に肯定されてたので、ちょっと馴染めませんでしたね。
独身で30代のOLがみんな不倫してるわけでもないだろうし、
ドラマを見てる人の中に主婦層が結構いると思うのに、こんなにもまぁ不倫、不倫って!(笑)
篠原涼子という女優と、赤西仁というアイドルを単体で楽しめたという面ではおいしかったんだけどねぇ・・・。
絵里子のキレぷりもちょっと中途半端っていうかぁ・・最終回まで引っ張っておいて、あっさりと正常に戻った感が否めない・・。
それほどハマれはしなかったけど、最後は気持ちのいい終わり方だったので、
終わり良ければすべてヨシっつーことで、はい、さようなりぃ〜!!


◇ 第話 ◇  「罪と罰 」  2005.06.15.

むほ!良い展開になってきちゃったじゃないの?良さげぇ〜!!
評価が↑↑↑です!(笑)

絵里子は会社に怪文書を流しちゃってどーなるかと思ったけど
「ウチの会社、不倫なんて日常茶飯事ですから!」って・・みんながかばってくれちゃったのよね。
日常茶飯事なのかよぉ!そんな会社、イヤだぁ〜!!!(笑)

絵里子は奈央子の実家にまで手紙送ってて、抜かりなし。(笑)

「二人で頑張ろう」なんて言っちゃってる沢木だけど、不倫は初めてじゃなかったんだね・・。
「私が最初の相手でいたかった」っていう奈央子の気持ちはわからなくはない。
不倫に一度目も二度目も関係あるか!と言われてしまえばそれだけだけど、でもわかる。
一度やるやるは二度やるんだよ、そしてきっと三度目もね・・・。
奈央子は不倫熱も冷めたようで、絵里子と沢木の前で別れを宣言。
そして「どうして沢木さんと別れないの?」と絵里子に聞くと、「運命の人だから・・」
それは沢木には呪いの言葉のように聞こえただろうなぁ・・。
まだ現実的な恨みつらみを言われた方が割り切れるっつーもんだ。
離婚の話をとりあえず中止したあとの沢木のフルフル・・・っていう震えのシーンも怖かったけど、
その後ろで見てる絵里子がもっと怖かったわ。(笑)

さってぇ〜!
そんなことよりぃ〜!
黒澤くんったら♪弱った奈央子にやられてしまいましたね?
別名「お仕置き部屋」@モンゴルに左遷させられるという状況で、奈央子にプロポーズだよ!
今回の奈央子と黒澤の心のテロップが面白かったわ!
「何言ってんだ?カラダ目当て?金目当て??」って、すっかり男不信だよ。(笑)

でも、「結婚してください!」って言っちゃってぇ〜!
うわぁ、この時間がずっと続けばいい、夢なら覚めなきゃいい・・っていう気持ちがよぉくわかったわ!
「ちょっと考えさせて」「どれくらい?」「5分くらい」「はやっ!」って、早っ!!(笑)
そして本当に夢の中に・・。おぉい!地獄から天国じゃねぇかぁ〜!ずっと寝てろぉ〜!!(嫉妬)

さて、モンゴル転勤を受け入れ「結婚するかもしれません」なんて黒澤に言われちゃった奈央子。
幸せの絶頂っすか?と思いきや、屋上に絵里子が!
ふぅ〜、止めてほしいんでしょ?だからこのビルに登ってるんでしょ?
本当に死ぬなら他のビルにするもんね。本当にいつまでも人騒がせな女だ・・。

◇ 第話 ◇  「運命の男」  2005.06.08.

今回も面白い!と思われた方、↓はお読みにならない方が良いですよ?
読んで不愉快になるようでしたら困りますので、読まないでくださいね。




あー、最低だ。(by黒沢くん)
私は主婦ですので、いくら常軌を逸した行動に出る絵里子がおかしいとしても、
奈央子に同情はできないし、したくないなぁ・・・。
今までいろんな人の相談にのってきて、頼られてきた自分はもういやだ、自分の思うとおりに生きることにした!って
みんながそういう風に行動したら、世の中はどうなるんだ?
一緒に「凶」を出して、お互いに同じお土産を買っちゃったりして、運命を感じちゃって、
んでもって終いにゃそーいうことになっちまっただか。
ふぅ〜ん・・。
やっぱり私は奈央子寄りのレビューは書けません。(笑)

絵里子が離婚届を脅しの意味で沢木に渡した・・というのも、行き過ぎではあるが、わからないでもない。
カマをかけてみたくなる気持ちはわかる。
でも、最後の会社にメールをばらまくってのは、ちょっとどうかと・・。
社会的に大きすぎる影響を与えるもんなぁ。
まずはもっと小さな攻撃から仕掛けるな、私なら・・ふっふっふっふっふ・・(笑)

そして、奈央子のプロポーズを重く受け止めず断ってしまった黒沢。
奈央子を失って始めて想いに気がついたのか・・?
カラオケでの美しき涙に、今回も評価を下げてやろう!と思っていた私をぐいっ!と引き止めました。(笑)
奈央子はやめときな、黒沢くん・・。

◇ 第話 ◇  「傷心」  2005.06.01.

うぅ〜ん、これ、面白い?ってか、理解できる?
部屋にドデカい蜘蛛が出現してしまって、集中して見られなかったせいか?わからんわ・・。
(ちなみに蜘蛛は旦那様が捕獲後逃がしてくれました。助かります・・・)

同棲してた黒沢が出て行って初めて本当に好きなんだと思ったわけよね?
それにしてもさぁ、男を簡単に部屋にあげすぎじゃない?
友達の旦那よ?
いくら誕生日に一人で寂しいからってあげるかぁ〜?
んでもって「京都に連れてってくださいよぉ!」ってか?
そのまま流せばいいものの、「あ、あたしったら・・」なんて顔してさぁ、なんかしらじらしいのよ。
すごく軽い女に見えるんですけど・・。

誕生日の父からの言葉は「本気で欲しい物ならなりふり構わず追いかけろ・・」
その言葉を受けて黒沢にプロポーズする奈央子。
好きなの、うん。
一緒にいたいの。うん。
だから結婚してほしい!・・・うん?それは早すぎやしないかい・・?
すぐにそこに話が飛ぶかなぁ・・。
なりふり構わなすぎよ?
「わかりました、5年待ってください」と黒沢。
33歳の女に5年待てって、無理っしょぉ〜?それは、遠まわしに断ってるととられても仕方ないわ。
わかりました、と帰る奈央子。そして沢木から「そうだ、京都に行こう!」ばりのお誘いが。(笑)

翌日、新幹線に乗り込んだ奈央子の姿が・・。
どうしたいんですか、あなたは・・。
細い目でしらぁ〜っと見てる私。
赤西くんの裸にさえトキメかなくなってきたよ・・。

◇ 第話 ◇  「甘い生活」  2005.05.25.

あーイライラしたぁ〜!!!
幼稚園の役員に選出されて、それがいやで娘に幼稚園を休ませて遊園地に行く絵里子もイヤだし、
仕事中にチャットで会話してる輩もムカつくし、
ことあるごとに奈央子にたかってくる女子社員もムカつく。

奈央子は総合職ではなく、相談室でも開けばいいんじゃねぇかい?

大事な総合職の面接の間際に絵里子から電話がかかってきて「子供がいなくなったんです!」
・・・はいはい、行くんでしょ?ってすぐに思ったわ。
あんたを推薦した部長の立場はどーなんねん?
面接とはいえ仕事の最中でしょ?
それを部長も同僚も納得してるところも、全くもって納得いかん。

んで、子供が見つかったんなら、すぐに会社に戻ればいいのに、なんで夫婦の語り合いの場にいるのさ。
総合職になってならなくていいよ、全く。
何もかもにムカつきました。

わたし、この1時間、本当にイライラしながら見ちゃいました。
んで沢木の浮気は絵里子の虚言だったということか?
これからもっと精神を病んでいくのか・・・?
むむむ・・・。そーでもよくなってきた・・。(汗)

◇ 第話 ◇  「プロポーズ」  2005.05.18.

「私も忘れるから黒澤くんも忘れて!」って言われて「助かります」ってアンタ・・。
そりゃひどすぎやしないか、若者よ・・。

前回終わりにかかってきた電話は加世(板谷由夏)という斉藤の元カノでした。
彼女が斉藤と結婚するなとでも言い出すと思ってたのか、ちょっと拍子抜けのお話でしたねぇ。
実は彼女、離婚歴のある子持ちで、愛した斉藤の見合い相手である奈央子の人となりを知りたかったとのこと。
そして奈央子と会って「斉藤さんを幸せにしてあげてください」と言って帰っていきました・・。
おいおい、そしてそれを聞いて奈央子は斉藤への印象を上げちゃってるけどどうよ?
つまり、官僚として出世していくために加世のような女とは結婚しても得はないから見合いしてる男でしょ、斉藤は?
なんでそれで斉藤の株があがるの?わからん・・。

ま、最終的に斉藤とは結婚するということにはならないとわかってたけど、
なんだかなーて感じ。ひねりも感動もありゃしない。
一線を越えようとしたときに、斉藤が加世と話す電話を盗み聞きして、なんかキレイ事言って身を引いていったよなぁ。
んで斉藤さんも加世のところにアッサリ戻ってるし。なんだったんだ?て感じだわ。

部長と博美が付き合ってたのは驚きだったわね。
この職場、わかてるだけでも3組の大人の関係があるわけよね?一体どういう職場なんだ?
別れるって言い出した博美だけど、2年も禁煙してたのにタバコを吸い始めた部長に同情してヨリが戻ってるし。
それにあの課、中国語を話せるのが部長だけってのもどうよ?
「国破山河在」って書く真名美・・・。交渉決裂間違いなし。(笑)

どんどん面白くなくなっていくなぁ・・。
黒澤もさぁ、奈央子とこういう関係になってどうしたもんか、と考えつつ、かといって結婚していなくなるのはイヤだとか思ってて、
勝手な若者に振り回されるなよ、奈央子・・。
んで、沢木は何しにきたんだ・・・?不倫はあきまへんで!

次週はちょっとドタバタしそうで面白そうかな?

◇ 第話 ◇  「結婚の法則」  2005.05.11.

ちょっとアクビが出てきたなぁ・・。
この会社も職場で人の恋愛の話ばかりしてるし・・。(笑)

官僚の斉藤と見合いをすることになった奈央子。
それにいちいち口出ししてくる絵里子が気持ち悪いわぁ・・。
「自分も見合い結婚なの」と前提し、「結婚は冷静な判断と直感が大事」と聞かされて見合いに望むのよね。
んで斉藤を評価していく奈央子。
ま、見合いなんてみんなこんな感じでお互いを探ってるんでしょ?いいんじゃない?(笑)

んでもって会社で「官僚夫人になります!」と宣言しちゃって、
博美じゃないけど、そんなこと言ったら後戻りできなくなっちゃうぞぉ!

そのころ黒澤は新人研修に行って夜脱け出してお酒を飲んでて暴力事件を起こしてしまいました・・。
ま、クビよね、クビとはいわなくてももっと厳重な処分があるんじゃない>警察沙汰なんだから。
反省文で終わるなんて甘々よねぇ。

斉藤とのデートの帰り、握手だけして帰る斉藤にちょっとガッカリして飲み明かす奈央子。
いやぁ、初デートでいきなり○や×をされてるなんて、あたしはイヤよぉ?
握手だけでいいんじゃないの?欲求不満か、アンタは。
酔った奈央子に電話をかけてきた黒澤が駆けつけてきました。
あんな状態であんな風に走ってきたら王子様に見えちゃうよねぇ!(笑)
そして二人は奈央子の部屋で朝を迎え・・・。
って、普通の展開&「曲がり角」と々展開かと思ったら、最後に一波乱あったねぇ!
あの声は絵里子じゃないとすると、斉藤か黒澤の元カノってことだよね?
話の流れから言うと、斉藤の彼女ってことかなぁ。
あの電話、めっちゃ怖いわ!(笑)

ちょっとダラダラ進行しているようで、黒澤と奈央子の関係とか、絵里子の崩壊とか、
早めに見せてもらいたいもんですわね。

◇ 第話 ◇  「年下の男」  2005.05.04.

いやぁ、こりゃまた絵里子@ともさかが、めっちゃ癇に障るわぁ!
社交辞令で「会社に復帰したら?」といった奈央子の言葉を間に受けて
仕事中の会社にケーキ持ってきてのほほんと帰るわ、
そのことを旦那に反対されたということを、翌日わざわざ会社の奈央子に電話してくるわ、
奈央子に冷たくされてショックを受けたと行って家の近くに来て電話するわ、
あんたの持ってきたケーキのせいで大変なことが会社で起こったと聞いてもヘラヘラ笑ってるわ・・。
見事に全てがむかっ!とくるのよ。
別に勝ち組だから・・とかいう問題じゃなくて、絵里子自体にカチンとくるのよね。
いやぁ、ともさか、恐るべし・・。(笑)

今回は加奈が部長に知らせるべき専務の伝言がうまく伝わらなかったことが問題となりました。
ちゃんとメモに残したと主張する加奈を、立花だけがかばって、またそれが周りの反感を買っちゃって・・。
んで、その立花と加奈がその日の夜二人でいるところを奈央子が見ちゃったからさらに面倒なことに。
それを真名美が聞いちゃって、課内で暴露しちゃったのよねぇ。
この子もまぁ、言わなくてもいいことをペラペラと意気揚々と話すんだから・・。(笑)
「かばってくれたお礼したかったからです」と言い切る加奈。
おいおい、お礼で寝るのかよ・・。
ま、派遣食いで有名な立花くんらしくて、またお遊びかと思ったけど、今回はちょっと違うのかなぁ?
ま、この二人がどーなろうと興味ないけどね♪(笑)

それより!
黒澤にキスされてめちゃめちゃ意識しちゃってる奈央子が面白かったねぇ。
若い子に振り回されてる・・。(笑)
そんな自分を冷静に振り返り、10歳も年下の男と結婚はありえないと博美に言われたこともあって、
奈央子はとうとう見合いを決心したようです。
なのに黒澤とデートするからなんで?と思ったけど、そっか、思い出作りだったのかい。
ま、黒澤にもちゃんと別れてない彼女がいるらしいしね・・・。
そのうち黒澤の彼女も出てきそうじゃない?誰がやるんだろうなぁ・・・。(ちょっと嫉妬・・。(笑))

奈央子のお見合い相手は神保悟志さんだったわねぇ。
「インパクトない顔・・」って奈央子は言ってたけど、いや、結構インパクトありますぞ?
あんだけの学歴とキャリアでそれないのお顔なのに見合いするってことは、わけありのような気もするけどなぁ・・。

奈央子の見合いを知ってもまだ諦めない黒澤くん、次回はな・なんと××シーンっすか?
いいなぁ・・。(←何が?(笑))

◇ 第話 ◇  「アネゴの正義 いい女は幸せになれない」  2005.04.27.

こらぁぁぁぁぁ!!奈央子ぉ!誰の膝に座ってんじゃぁぁぁ!!
もう、このシーンで一回ふっとんで、最後のキスシーンでもっかいぶっとんだわよ、あたいは!
きぃ〜!!羨ましい・・。(笑)

えっと、えっと、何の話だったっけ、今日は・・・。



そうそう、そうだった。不倫の話だ。
なんか、昨日から不倫の話続きじゃないか?リコベンUもそうだったし、曲がり角もそうだったし。
エロ副社長と社内公認の不倫をしてた美人秘書・香苗(竹本聡子)からの相談を受けたことが事の始まり。
しかしさぁ、デスクで課内の人間がみんなで不倫話ってのもどーかと?(笑)
そんだけバレてんなら、もう放っておきゃいいじゃん、そんな不倫しておいて幸せな結婚しようなんざ、不倫否定派のあたしから言わせりゃ
甘いっつーんだよ。当然の報いだわ。加奈の言うとおり、良い思いもしてきたんだろうしさ。
しかし、それを放っておけないのが奈央子なんだよなぁ。

会社までゴルフ写真を持ってきた絵里子の前でもこの話をしちゃう真名美のせいで絵里子の知るところとなり、
話は沢木まで行っちゃいまして、沢木はフリーライター・溝口(金山一彦)を紹介。
この男が副社長に記事にするぞと脅しをかけたことで、不倫暴露の話はなくなり、香苗に感謝される奈央子。
沢木にお礼を言わなくちゃ♪なんてうかれてたけど、ここで終わりませんでした。

金山一彦が出てきて、そんな良い役やるわきゃないじゃん!と思ったら案の定、会社の不正を記事にしやがった。
自分が沢木に相談したことから会社に迷惑をかけたと心を痛める奈央子。
沢木に文句を言ってみるものの、「それじゃいつまで経ってもあなたは幸せになれない」とまで言われちゃって
奈央子、さらに傷つく・・。
人の心配して、そのせいで傷ついてたりしてる奈央子が情けなく思える大人なな沢木もいれば、
そんな奈央子を素敵だと思う若者・黒澤もいるんだわ!

んで、ちゅぅ〜よ、ちゅぅ〜!
うん、今後、この子とどうこうなる、とか関係なく、おいしい思いをしたと思いなさい、奈央子!(笑)
しかし極端な二人の男だよなぁ・・。年上の既婚者と年下の新入社員。
どっちにも行き難いよなぁ・・。うぅ〜ん・・。て、おいおい、私が悩んでどうする?(笑)
最初の二人の心理もさぁ、あたしゃオバチャンだから「読めない・・オバサンの限界か!」っていうところがツボでした。

イケてる男が二人もいるので、あたしは「曲がり角」よりこっちが好き♪
やっぱ、ドラマは見た目も大事ってことよね♪
えっ?内容で評価しろって?・・・・いやいや、元々わたしはそういう人間さ!(←開き直り)
内容はどっちも似たり寄ったりっつーか、そこそこな感じになってきてるけどね・・・。

◇ 第話 ◇  「合コンの掟」 69分SP  2005.04.20.

やっぱり面白かった。本当にそこにいそうな30前半のOLさんだったな。筋が一本通ったいいドラマだと思います。
「曲がり角の彼女」と設定は同じだけど、あたしはこっちに共感できました。
あの立ち呑み屋、行きたい・・。(笑)

勤続11年目を迎えた正社員の奈央子。数年前から女子の正社員を採用しなくなった東済商事勤務。
まわりには、30歳以上の正社員=おばちゃんと、派遣・契約社員=ギャルズという女性に囲まれ
どっちにもなれず(なりたくなく)中途半端でありつつ、仕事では部長に認められ、しかし心では白馬の王子を待っている女性。
うん、わかる・・。諦めたわけじゃないけど、状況的にも厳しいことを自覚せざるを得ないんだよね、この年って・・。

合コンでも仕切り役で駆り出されるだけで、男どもには相手にされやしない。
ある日の合コンで、エネルギー部の宮本(田中実)がやってきて、ちょっと心が揺れる奈央子。
あの、奈央子の気持ちを表すテロップは余計だったように思うけどね・・。(汗)
しかし、宮本をお持ち帰りしたのは契約社員の真名美。
でも、ここであっさり引いてしまう奈央子が潔いと思いつつ、食らいついていけない年齢に悲しみを感じたり・・。(涙)

この真名美ちゃん、契約4年目だけど、仕事できねぇぇぇ!!
各部に配布する連絡事項で、人物名をあだ名で書くなんざ、初歩の初歩だぞ?
それを部長に言われて仕方なく注意する奈央子だけど、「あは?パソコンのせいですぅ〜」だとよ・・。
「うん、でも、それを登録したのはあなたでしょ?」って優しく言う奈央子。あんたは偉いよ、あたしならこの時点でキレるね。(笑)
「プリントアウトは早乙女さんに・・」と責任転嫁する真名美。
そしてこの早乙女加奈!「言われたとおりにプリントアウトして配布しただけです、っていうか、あなたにそんなこという権利あるんすか?」
。。。。間違いなく、この時点であたしの顔面はカピカピにこわばって、ぷってぃぃ〜ん!とくるに違いない。
「おどりゃぁ、言わんとわからんから言うとるんじゃ!言われたくなかったらちゃんとせんかい!」とね・・・。
でも、会社で余計な波風を立てずに解決するのも大事なことで、奈央子もちゃんと処理しました・・。

経営戦略部に新しい男性社員が。前・繊維部でイケてると有名な立花。
・・・・イケてるか?イケ・・・メンか?果てしなく首をかしげたくなった私・
そしてぇ〜!こっちは間違いなくイケメンちゃんのあっかにしくん♪
そんな髪型でよく就職できたねぇ♪なんてチクリといじめたくもなっちゃうけど、可愛いから許す!(笑)
もっと今時の若い男の子役かと思ったけど、しっかり状況把握できる子じゃん?良いですぞぉ!

むしゃくしゃした気持ちを発散するために一期後輩の博美とゴルフへ・・。
この博美、つんとした近寄りがたいお局予備軍ではあるけど、奈央子には心を許してて、これから期待大!
戸田菜穂ちゃんは、ともさか演じる絵里子みたいな役もこなすし、コッチ系もいけてるし、良いぞぉ!
そのゴルフ場に部長が連れて来た、奈央子の昔の後輩・絵里子。
コイツ、今更なんで奈央子に近づいてきたんだ?まだ独身の奈央子を偵察にきたんか?
ただの天然いい子ちゃんではないと思うんだけど。。。
その絵里子の旦那が、先日奈央子を酔っ払いから救ったヒーロー翔一さん♪
まさに「電車男」の出会いと同じじゃん?と苦笑・・。
加藤雅也さん、老けたね・・。でも、私は好き♪結婚指輪がアップになったときの指毛にはちょっと引きしましたけど・・(汗)
帰りの車内で真名美からの電話を受ける奈央子。宮本にヤリ逃げされたらしい・・。
コソコソ話のつもりが、もろ女同士のズケズケ慰めモードになってて、大笑い。
それを真顔で聞いてる3人・・。確かに反応しづらい内容だったよね・・。(笑)

この真名美ちゃん。またしでかしました・・。
CCで送られてきた宮元のメールに返信しちゃって、エネルギー部全員にラブメールを読まれてしもうた!
マジで、4年も契約で働いててそんなことも知らんのか?まさに「自爆テロ」・・・。(笑)
それをこっそり諭してあげようとする奈央子の前に、宮本の婚約者という社員が現れちゃって・・。
この女もさぁ、エントランスであんな大声で「結婚目的で遠距離頑張ったのよ!」って言っちゃって、それもかなりの大恥だぞ?
さらに悪いのは宮本よ!阪口部長に真名美をやめさせろって言ってた!
それを女子トイレで聞いてた奈央子はズカズカと男子トイレへ・・。
ここで上司や男性同僚にタンカきらずに、冷静に説いた奈央子に共感いたしました。

そしてそれを聞いてた博美が「実は私も宮本に昔、ヤリ逃げされたんですよ」だと!
思わず「えっ?」って声をあげちゃった私・・。(笑)あんたもか・・。
真名美が持ってた宮本の忘れ物・ネクタイを持って「忘れ物・その1」って書いて突きつけたのはGOODでしたねえ!
「その1」って・・・。ぷぷぷ!確かにこの一言がものすごい効力を発揮してるね・・。
宮本は前言撤回、真名美のクビは繋がりました・・・。

いつからトラブル処理の女になっちゃったんだ・・・って桜の前で涙を流す奈央子の前に、明彦が。
「お願いがあります」って言われて、「10歳も違うのにぃ〜!」って簡単に勘違いしちゃいかんだろ、奈央子ちゃん・・。
「アネゴって呼んでいいですか?」・・・ま、10歳も年下の男にこんなこと言われたら、「なめられてる・・」と思いたくもなるけど、
ま、許しちゃおう♪赤西くんだから何でも許しちゃうっと!

はー、面白かった。
2時間ドラマを見てる感じで、このまま終わってもいいくらいによくまとまった初回でした。(笑)
最後には奈央子に人生のパートナーが現れるのかしらねぇ・・。
「不倫は絶対しない!」って言ってる奈央子が翔一とどうこうならないことを祈りたいっす。
そっち路線は他のドラマでお腹いっぱいっすから・・。(笑)


 ■ 人物紹介 ■

 野田奈央子(32・・・・・東済商事勤務10年目のOL。独身 経営戦略部
 沢木絵里子(30)・・・・・元・東済商事のOL。寿退社後社長夫人
 沢木翔一(39)・・・・・・・絵里子の夫 経営コンサルティング会社経営
 黒澤明彦(22)・・・・・・・東済商事の新入社員。「アネゴ」の名付け親
 加藤博美(31)・・・・・・・東済商事の社員。奈央子の一期後輩
 阪口部長(49)・・・・・・・奈央子の上司 経営戦略部部長
 立花渡(29)・・・・・・・・・奈央子の同僚 前繊維部で一番人気のイケメン
 長谷川真名美(27)・・・東済商事の契約社員
 早乙女加奈(24)・・・・・東済商事の派遣社員
 中野早希(25)・・・・・・・東済商事の派遣社員
 野田厚子(55)・・・・・・・奈央子の母 
 
◆ Story ◆ 主人公はバブル末期の大量採用で入社した総合商社のOL。社歴10年で、仕事もてきぱきこなす。後輩からはせん望の的で、「アネゴ」と慕われ、頼られたりもするが、自身は寿退社する同僚を見送りながら、恋愛、結婚や親との関係に悩んでいる。そんなヒロインの日常を描いていく。
◆ 期待度 ◆ コメディエンヌ・篠原涼子に期待したい作品ですねぇ!「ごくせん」で大出世した赤西くんや、加藤雅也さんまでイケメン揃いで期待度さらにUP!!(笑)
ただ、篠原さん、このドラマが終わるまでご結婚はなさらないほうがよろしいかと・・。(笑)