□ 木曜 21:00〜 TBS (初回は 〜22:00)
□ 脚本・・成瀬活雄 □ 演出・・松田礼人 ほか □ P・・貴島誠一郎 ほか
□ 主題歌・・・ 「ついてゆくわ」 松任谷由実 
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/yumeai/
◆ 出演者 ◆
 北原ハツミ(26)・・・・矢田亜希子
 野間良平(28)・・・・・押尾学
 丸山元(26)・・・・・・・永井大
 中野美香(22)・・・・・山田優
 篠田圭一郎・・・・・・・・前川泰之
 小谷毬子(21)・・・・・・・上原美佐
 生田華子(67)・・・・・・・野際陽子
 
北原恭太郎(55)・・・・・長塚京三
主題歌
商品の詳細
DVD-BOX
商品の詳細
◆ レビュー ◆
◇ 第夜 ◇  「最高の結婚式」  最終回  2005.06.23.

ベタな結末だろうが、ナンだろうが、こういう話には弱いんです、私は!
最初から最後まで泣いちゃったわ・・。
女の子って、好きな人ができて結婚する!ってなると、親の気持ちよりそっちの方が大きくて、
親がどんだけ寂しいかなんて、気がつかないんだよね・・。
もう、自分が嫁に行ったときの親の気持ちを考えると、申し訳ないなぁ・・って思っちゃう。(汗)

結婚前の父への挨拶。これは、一大イベントのようで、実は何でもなくさらぁ〜っと行われたりするんだけど、
結婚式当日まで持ち越しちゃいかんよ、ハツミ。
とにかく忙しくてそれどころじゃないんだから!(笑)
いつ言うんだ・・?って私もヤキモキしたけど、最後に言った一言が「愛してる」だったのには驚き。
「ありがとう」かなぁ・・って思ってたんだけど、父親としたらこう言われたら嬉しいだろうなぁ・・。
あんな可愛い子だったら余計かも。(笑)
それにしても矢田ちゃんのドレス姿は可愛かったよなぁ・・。
でも、私にとっての矢田ちゃんのドレス姿は「僕の生きる道」でのドレス姿なんだよねぇ・・。

新婚旅行に行ったかと思った二人は実家に帰ってきちゃいました。
恭太郎の退官の日には一緒にいたかったのね。
「ダーリン♪」「ハツミ♪」って呼び合ってて、恭太郎はきぃぃぃ!!って感じよ。(笑)
でも、最後は結局この家に同居することになって、娘も生まれてて、
良平が「この子は絶対嫁にはやらない!」って言ってるのを華子さんが「歴史は繰り返す・・」って言ってるのが面白かったね。
そうそう、人の娘をぶん取ったくせに、自分の娘は誰にもあげたくないんだよね。
まったく、子供って勝手なんだから・・。

とにかく、ハッピーエンドでなにより。


 ■ 総評 ■

とくに大きなイベントもなく、たらぁ〜っと過ぎていった11回だったけど、
それなりに最終回は感動しました。
最終的に、恭太郎さんが主役だったような気がするんですけど・・。(笑)
それに、長塚さんって、あの海軍の服がよく似合うわぁ。
お父さん役がすっかり板についちゃってて、今度は久しぶりに悪役も見てみたいなぁ・・。
押尾くんの「いい人」ぶりは目新しかったです。
いつもはタラシっぽい役が多いので(汗)
そういう面でもまぁまぁ楽しめたかな。
人の幸せに感動できるって、結構幸せですね。後味よろし・・。


◇ 第夜 ◇  「父が結婚を許す日」  2005.06.16.

妥当な展開というか、ホームドラマの王道の展開というか・・。
わかりやすくて笑えちゃったんだけど、最後はさすがにちょっと泣いてしまった・・。
年のせいか涙もろいのよ・・・。(笑)

恭太郎は結婚に反対したまま、良平の両親に会いにいくハツミ。
人の良さそうなご両親で何より・・。(笑)
でも、あの野暮ったい夫婦からなんで押尾くんが生まれてのかしら・・。(笑)

訳わからんのは元よ。
「おれは納得できない!」って良平を呼び出したけど、アンタ、何様?
別にハツミの彼氏でもないのに・・。
んで「一発殴らせろ」だぁ〜?
だから、アンタ、何様よ。なんでアンタに殴られなきゃいけないわけ?
アンタの自己満足のために殴りたいだけでしょ?
良平も人が良すぎ・

そして恭太郎の仕事場に行った二人。
潜水艦の中で勤務する人たちも想いが伝わったらしく、父が反対するうちは結婚しないと言い出しました。
ここからは、ある意味脅迫でしたね。(笑)
お父さんに祝福されるまでは結婚しない。
できれば定年前に結婚したかった。
だって、制服で出席してほしかったの・・。
でも、お父さんが許さない限り、結婚は延期します。
・・・ね?こんなこと言われたら「許す」って言わざるを得ないでしょ?(笑)

そして、結婚の許しが出ました。
次週は結婚式ですね。
終わり方も「やっぱりね・・」ってな終わり方になるのかな?
それはそれでいいんですけど・・。

◇ 第夜 ◇  「お嬢さんをください!」  2005.06.09.

プロポーズの次は親の承諾を得る・・ま、普通の手順を踏んでるね。(笑)
でも恭太郎は結婚を簡単に許さない態度が、単に娘を嫁にやりたくないということだけじゃないと思うのよね。
クリニックを閉めるという、親としては心から喜べない良平の状態だし、
ハツミは良平の借金総額も知らないし・・。
親から独り立ちして、ハツミと二人で生きていきたいって言ってるけど、
その借金も全部自分が抱えて生きていく・・って感じに聞こえないんだよね。

とりあえず、新しい雇われ歯科医院で二人で働いてみて
やっていけるなぁ・・・って思ってから結婚してもいいんじゃないかしら?
「結婚を前提に」付き合えばいいのよ。
そう簡単に許してくれない親のところに通って、通って、真心を伝えなさい!
一人娘なんだから・・。

私は古い人間だから、安易に結婚を決めたと感じてしまう恭太郎の気持ちがよくわかります。
残り2回なので、そんなにゆっくり描くことはできないだろうけどさ。(笑)

普通の経過で、「おっ?」と思える展開はないまま経過しております。
このまま普通に結婚式で最終回・・・っていうオチっすかねぇ・・・。

◇ 第夜 ◇  「私からプロポーズ」 2005.06.02.

今までじわじわと着実に、確実に膨らんでいったハツミも思いがついに弾けましたねぇ!
お父さんの気持ちで最後のシーンは見ちゃいました・・。

クリニックの経営状態が悪く、相談に行った先ではリストラも考慮しろと言われて
良平はクリニックを閉めることを考えました。
クリニックの従業員の勤め先は自分が探すとハツミに言う良平。
自分は子供たちが集まるような、街の小さな歯医者さんで働こうと思うという良平。
良平にはしっちが似合ってる・・・そして、その横に私はいたい・・・。
そう思い、家まで送ってくれた良平に「先生についていきます。私の前からいなくならないでください」と告白。
ハツミを抱きしめる良平。それに答え良平を抱きしめるハツミ。
そして、心配して出てきた恭太郎は、二人を見てしまいます・・。

呆然と立ち尽くし、少し涙目の恭太郎・・・。
お父さぁん、いよいよやってきましたよ、娘の巣立ちが!
嫁に行け、行け!って追い立ててた娘が、本当に嫁に行っちゃいますよぉ!
私は嫁に行った人間ですが、何だか嫁にやる父の気持ちが痛いほど伝わってきて、
「お父さんもこんな気持ちで見てたのね・・」としみじみ・・。(笑)

ようやく動き出したハツミの恋。残り3回で結婚式まで行くかな?
きっと泣くね、恭太郎さん。きっと泣くよ、私も・・・。(笑)

元のリストラ&再就職話なんてどーでも良い展開になってきましたねぇ・・。(笑)

◇ 第夜 ◇  「父がいなくなる日」 2005.05.26.

そこにいて当たり前の人がいなくなるかもしれない・・・。
急に突きつけられた父のガンの可能性。
・・・こういう話のオチは到底「何でもなかったのぉ〜!」って決まってるんですが、わかってても泣けるのよねぇ・・。

定期検診で再検査を告げられた恭太郎さん。
膵臓ガンの可能性があるため、一泊の検査入院をハツミたちに言えずにコッソリ出かけようとするんだけど、バレちゃって、
ハツミも華子さんも無事を祈りながら時間を過ごすのよね。
二人して「大丈夫かな?」「大丈夫よ!」「大丈夫よね?」「大丈夫かなぁ・・」って言ったりきたりの会話してて、
きっと、一人で悶々と考えるより、二人いるからだいぶ楽だろうなぁって思っちゃったよ。

ハツミは元に相談しようとするんだけど、元は元でクビになり・・。
・・・ってさぁ、元よ、アンタ、仕事なめてんちゃう?
今期あはアメリカ行きがなくなって申し訳ないってきう上司にむかって、「悩んでたんで返ってよかったです。」なんてよく言うよね。
そんなこと、普通言わんだろぉ?
もち、上司は怒って「あなたに投資してきたのよ」っていうのよ。
そりゃそうさ、ただで研修なんてさせるわけないじゃん!人材を育てようとしてるのよ!
なのに「投資・・・?」って心外みたいな顔してさぁ・・。
んで、「クビよ!」ってい言われたら「はい。」だって!食い下がれよ!そんなもんなのか?って思うじゃん!
クビにして良かったよ!ったく、仕事を舐めてるドラマが多すぎる・・。

そしてハツミは良平に相談するんだけど、この良平はいい人だぁ!
調べてみたらかなりガンの可能性が高いと知った良平は、それでも心配ないってハツミを慰めるのよね。
そして、恭太郎の検査結果は問題なしとのこと。
そうだとわかってても、泣けてきちゃったよ。

お礼に・・って良平と一緒に焼き鳥屋さんに行くハツミ。
そこで父と同じ野菜スティックの食べ方をする良平。
こういうのって、ちょっと嬉しかったりして、好きになるポイントなんだよねぇ。
もち、お父さんの嫌いじゃない部分が似てないとダメよ?(笑)
なんか、いい雰囲気になってきたねぇ!早くくっついちゃえぇぇぇ!!

でも、予告だと良平がクリニックを閉めるとか言い出してるし!ガッカリさせないでもらいたいんですけど・・・。

あと、美香ちゃんが早退するハツミに向かって「全然大丈夫です!」っていうセリフがあったけど、間違ってるから!
「全然問題ないです、大丈夫です!」でしょ?
ドラマから影響を受けるんだから、ちゃんとしたセリフを用意してくださいよ!

◇ 第夜 ◇  「男同志の熱い火花」 2005.05.19.

ハツミちゃんはどーしてそんなに働きたいの・・?
そんなにしゃかりきに働くのは何でだろ?
良平のため?元に会いたくないから?時間延長して患者を看るのに二人きりは無理じゃないのん?
ハツミもだけど、良平の体を心配しちゃったわ、私は。

んで、ハツミはどーしたいのか?
元を好きなわけでもないなら、早く断った方がいいよ?
仕事に必死でしまいにゃ倒れて、そりゃ大変だ!って感じだけど、なんだかなぁ・・。
お父さんの仕事が忙しかったこととハツミが倒れたことがあまり繋がってなくて拍子抜けだし。
もっと恋愛的に動いてくれないもんかなぁ?

最後の飲み屋での良平と元の言い争いは面白かったなぁ。
サブタイトルが「男同志の熱い火花」って言っておきながら、最後のこの部分しかないじゃん?
ここんとこをもうちょっと見たかったのにぃ〜!

むむむ・・つまらん!(笑)

◇ 第夜 ◇  「初恋は実りますか」 2005.05.12.

今日はいろいろハッキリしてきて面白かったな。

今日は華子さんの誕生日。元も誘おうとしたら毬子も誕生日と聞いて一緒に祝うことに。
それを聞いたクリニックの全員も誕生会に参加することに・・。
もちろん、ハツミが料理できないことは内緒でね♪
それにしても良平さんよ、すっかりハツミのことがお好きですね?ハッスルカンフー、私が一緒に行きましょうか?(笑)

元はスポーツエージョントに就職して呼び出されたりして誕生会には遅れることに・・。
毬子だけが何だか雰囲気がおかしいな・・と思ったら、そーいうことでしたか。
毬子の姉と元は高校時代に付き合ってて、大学受験の日、姉は急死してしまったのね。
それから元は前に進むことをやめてしまった、乗り越えるための就職をみんなでちゃかさないでください!ときたもんだ。
しかぁし!元が乗り越えようと思えたきっかけは毬子ではなく、ハツミだったのね。
ハツミと再会して乗り越えようという気持ちになった、また、付き合ってくれと告白してきたよ。
うぅ〜ん・・・初恋の相手に再会したんだもん、そりゃ結構なショック療法だとは思うけど、
毬子が可哀想っちゃー可哀想だよねぇ。
元だって毬子の気持ちに全く気づいてなかったはずないしさぁ。
ハツミにしてみたら毬子の気持ちをバシバシ感じちゃってるし、それに自分にそんな気はないし、困るよねぇ。
ハツミに好きな人でもいたら、はっきり「その気は無い!」って断れるけど、ちょっと心を動かされてしまったかもね。

毬子が持ってた本。それは恭太郎のものだったのね。
昔元が恭太郎の本棚から持ち出し、それを今度は毬子が持ち出した・・。
「これは、私が妻に贈ったものなんだ・・」って言う話を聞いて「そうなんですかぁ〜!」って笑った毬子よ、
その場で「すみません、そんな大事なもの・・」と返しなさい!(笑)
そして毬子は恭太郎に、自分と元を応援して欲しい、私は真剣なんです!と言っちゃったよ。
父として、複雑ですなぁ・・。
んで、恭太郎的に、ハツミの結婚相手としては元なの?良平なの?どっちも考えられないの?

最後の食卓でのシーンはなんか良かったなぁ。
愛する人を失うということ、それを抱えている人と生きていくということ。
恭太郎はそういうものを抱えた元をハツミの相手としては考えたくないのかなぁ。
そこに華子さんが割り込んできて、恭太郎に注文をつけるところが何ともアットホームで良かった。
終わりが良いと、見終わったときの爽快感が違うね。

さて、次週はハツミが倒れるのか?そしてその時恭太郎は緊急事態で忙しいのか?
んで元は一緒にアメリカに行こうとか言い出すし、むむむ、どうするのかしらねぇ・・。

◇ 第夜 ◇  「父が納得できる男」 2005.05.05.

ニ・ニヒルでダンディな西田健さんの頭が・・・。
あ・あたまが・・・・。
か・髪が・・・。
あれは本当に西田さんっすか?
最近2時間ドラマだのテレ朝の渋めのドラマを全く見なくなった私には大ショック!!
そのことにビックリして、話の内容が頭に入らなかったわ・・。(笑)

またも客足の遠のいた野間クリニック。
ハツミは篠田の秘書になる話を断ってから、衛生士の仕事に生きる!と決めてたのに、このままではヤバい!と思い
衛生士としてもっと成長したいと思うのよね。
でも現実は厳しくて、自分のレベルでは到底無理だと、また落ち込んじゃうのよね。
ハツミちゃんの人生相談ドラマになってるな、毎回・・。(笑) 行ったり来たりの繰り返しぃ〜♪ってな。

そんな悩んでるハツミを見て、「早く結婚して仕事やめろ」と言っちゃうお父さん。
ま、人間はこうだ!と強く言われると反発しただるもので・・。
「衛生士をしながら結婚したっていいじゃない!」と、また衛生士として生きていく自信を得ちゃったわけでした・・。

今回はお父さんとの親子愛はあんまり感じられなかったけど、
やっぱりこーいうお父さんが欲しいなぁ・・・と思っちゃいました。
朝起きたらご飯と弁当が出来てるなんて、そんな幸せないぞぉ!(笑)

そしてハツミを後押しする人がもう一人!
良平です!
衛生士にもちゃんとした地位を与えていきたいと、新しい機材を投入しようとしてるのよね。
そんな良平を見直したハツミちゃん。
良平自身も経営者に必要な笑顔を必死に習得しようとしてて、可愛かったなぁ・・。
早くこの二人がくっついちゃえばいいのに!(笑)

◇ 第夜 ◇  「さよなら!お弁当」 2005.04.28.

なんかねぇ、そんなに面白いとは思わないんだけど、どうしても見ちゃうんだよなぁ・・・。何でかなぁ・・。
こーいうわかりきったホームドラマって、ながら見するには最適なのかも・・。(笑)

今回はお弁当の話。
毎日かかさずお弁当を作ってくれるお父さん、あたしも欲しいよ・・。
「嫌いって知ってるのに入れないでよ!」なんて、「んじゃ食べなきゃいいじゃん、残せば?」とか思っちゃうんだけど、
ちゃんと食べてるから偉いじゃないの。(笑)
残さず食べるから、入れてくるんだよ、きっと。
にしても、シイタケ嫌いな人にとっては鬼の仕打ちのような弁当だね、ありゃ・・。でかすぎるし。(笑)

それより、やっぱあの篠田ってヤツが許せん。
ハツミの働きぶりを見て、「君は歯科衛生士なんかで終わる人じゃない」なんて言って秘書になれだと?
こんなこと言われた時点で私ならムカつくんだけど・・。
確かに「私はこの仕事が大好きなんです!!」って言うほどの想いがない場合は、何も言い返せないかもしれないけど、
でも、自分の夢とか仕事に不安のあるなしに関わらず、どんな小さな仕事だって見下すような言い方する男は願い下げだね。
そんな態度で人が集まってくるとは思えないぞ、篠田くん。

ま、ハツミはどんなに小さいことでも意味がある、って気づいて、自分の仕事に誇りを持てるようになったので
秘書の話はお断りしたわけですが、んで、いつまで篠田は出てくるの?
もう、いーかげん出てこなくても良いと思いますが?(笑)
早く良平との恋が動き出さないかなぁ・・・。

「どんなに偉い人だって歯医者がいないと虫歯は治せないんだ!」っていう思いはハツミと良平は同じみたいだし、
いいカップルだと思うわ。
今回の押尾くんは、やっぱ良いっすね。
永井くんだけど、今後もっと絡んでくるのかしら?良い相談相手っていうところで止まっててくれたほうがいいんだけど。(笑)
んで、来週はまた脱いでるし・・。連ドラに出ると必ず裸になるよね、永井くん?(笑)
あたしゃ見たくもないけどさ。

んで、特に嫌いなドラマじゃないと気づいたので、評価も上げておきますか・・。

◇ 第夜 ◇  「沖縄!リゾートの恋」 2005.04.21.

なんちゅー展開なんじゃ・・。いきなり沖縄旅行かよ・・。羨ましい・・。
でも、なんか違うんだよなぁ、ハツミが感動するポイントがさぁ。わかりにくいっていうか・・。

急に野間歯科に客がどっと押し寄せて、何事か?と思いきや、篠田が自分のサイトの日記で紹介したからでした・・。
でもよ?たとえばホリ○モンが勧める歯医者にみんな行く??あたしゃ行かないね・・。(笑)
ま、顔が全然違うので、ちょっとは状況も変わってくるとは思うけど。(笑)
あの人数を良平だけでサバけたことに感心しちゃったわ・・。
んで、ゴルフに誘われたハツミ。「ちょっとそこまでゴルフしに・・」ってんで、沖縄だぜぃ?
そんだけ忙しいIT長者が、沖縄なんかに遊びに行けるのか?っつー疑問もありますが、ま、金持ちだから何でもアリか?(汗)
華子さんと元や鞠子まで連れてって、ちょっとしたツアー状態になっちまいました・・。
元と鞠子だけど、「なんで起こしてくれないの!」とか、「あのこと内緒だぞ」とか言ってたよね?
この二人は同棲してんの?ハツミに内緒のあのことって何ぞや?

んで、この沖縄で篠田がハツミを襲うとかいう展開になるかと思いきや、意外と紳士で、(笑)
誕生日パーティに誘うわけさ。んで、それなりに気張って着飾ったハツミだけど、何とも豪華なパーティで、
場違いだわ・・と思っちゃって、しかも、篠田にはほったらかしにされちゃって・・。
いいんじゃなぁい?そういう世界の人間だってちゃんとわかることが出来たんだから、傷つくことないじゃん?
ってか、好きだったわけ?篠田のこと。

そして一人うなだれて帰るハツミと、街の風景の映像がユーミンの音楽と共に映し出されるんですが、意味あるのか?
それでも世界は動いてる・・みたいな?よくわからん。
そんなハツミの前にパパが柏餅を買って帰ってきました。
ハツミの柏餅を旅行中に犬にあげたことで怒られちゃったから、買いなおしてきたってことなんだろうけど、
それと、子供の頃の運動会で恥ずかしい思いをしたことと何か関係が?
自分が恥ずかしい思いをしたことと比べる話なのか・・・?とふと疑問。
なんつーか、もっとわかりやすく、「パパとなっちゃん」みたいに現在と過去がリンクしてたら面白いと思うんだけどなぁ・・。
パパとハツミのそういう言葉にしなくても通じる関係にホロリ・・とかさせてもらいたいんだけどなぁ。

んで、次回もまだ篠田話っすか?そのうちこっぴどく振られるんでしょ?秘書なんかになるんじゃないぞぉ!

今回の押尾くんが、かっこつけぇーの役じゃなくて、なんか可愛げがあるのでちょっとわたしの中の好感度UPでござった。
なので、もうちょっと見続けてみようかと思います♪

◇ 第夜 ◇  「絶対!結婚してやる」 2005.04.14.

「パパとなっちゃん」を思い出す作りですねぇ。
田村正和=長塚京三、小泉今日子=矢田亜希子、白川由美=野際陽子・・・。
でも、家事一般を引き受けてるお父さんだから、設定は微妙に違うけどね。
そんなに期待せずに見たけど、まぁまぁなスタートじゃないかしらね。

ハツミは26歳の歯科衛生士。学生時代は一人暮らしをしてたけど、母の死をきっかけに、半年前から父と暮らし始めたのね。
お母さんがいなくても、あんなにマメなお父さんがいてくれたら確かに便利で嬉しいかも・・。(笑)
んで、母方の祖母である華子さんとも同居してるのね。
野際さんと長塚さんが義理とはいえ親子関係なんて、年齢的に野際さんが可哀想やわ・・。(笑)

ハツミの勤める歯科医院は、勤めてた医者が顧客をつれて辞めちゃったみたいで、経営難って感じ?
んで、院長の良平はあんまり真面目そうじゃなくて、押尾くん、いかにも・・って感じ。(笑)
いきなりハツミにプロポーズしたのは、幸せそうなカップルを見たから?
この人の考えてることは掴みにくいんだけど、本当にハツミが好きなわけ?

母の7回忌の法事で恭太郎の部下に、父が寂しそうとか言われちゃって、ハツミは父の再婚を意識して
「昨日、プロポーズされたの」って言っちゃったのよ。
そしたら恭太郎は「結婚しろ、そうでないとオレが再婚できないだろ」って言っちゃったもんだから面倒なことに・・。
翌朝、「私、結婚するから、お父さんも結婚したら?」って言うハツミ。
んで、お互いの相手が気になり始めちゃった二人は、ハツミは良平に、恭太郎はスナックのママ・恵美子(藤吉久美子)に頼んで
顔合わせをすることになっちまいました・・。
なのに恵美ちゃんったら、「もう7年になりますかしら・・?」なんて言っちゃった!
おいおい、奥さんが死んだのは6年前なんだぞぉ!(笑) 睨み聞かせる華子さんが面白かったわ。

翌日気になったハツミは恵美子の店に行くんだけど、そこには恭太郎がいて・・。
実は鬼塚(六平直政)のツケとお礼を渡しにきただけだったんだけど、すっかりハツミは父が本気だと思っちゃったのよね。
そしてハツミは偶然本屋で元カレの元(ややこしい名前だ!(笑)に再会するんだよね。
父にも祖母にも気に入られてる元、コイツと寄りを戻して結婚した方がいいんじゃないのん・・・?

本当は結婚話はウソだったんだとお互いに話す二人なんだけど、小うるさい父に反抗するハツミ。
海上自衛隊の潜水艦の艦長だった恭太郎が母を放ったらかしにしてたことを責めるんだよね。
これを言われたらキツイだろうなぁ、恭太郎は・・。

歯科医院にやってきた、IT長者の篠田に夕食に誘われたハツミ・・。何をきっかけにハツミを誘ったんだ・・?
この男、怪しすぎる・・。(笑) 今流行の「IT」っすか。
レストランの内部のプライベートスペースに案内されたハツミ。
んで、ハツミが帰った後、誘った女のデータなんかつけてたぞぉ?ひゃぁ、気持ち悪い・・寒気がする・・。 

さてさて、いきなりハツミの前に現れた3人の男。
最終的にハツミは誰を選ぶのでしょうか・・。押尾くんだろうけどね。(笑)

んで、間髪入れずに「汚れた舌」が始まったよ!TBSがチャンネルを変えさせないための作戦だな?
危うく続けてみちゃいそうになったけど、もち私は「恋におちたら」へチャンネル変更・・。(笑)



 ■ 人物紹介 ■

 北原ハツミ(26)・・・・・「野間デンタルクリニック」 歯科衛生士
 野間良平(28)・・・・・・「野間デンタルクリニック」院長
 丸山元(26)・・・・・・・・書店アルバイト ハツミの元カレ
 中野美香(22)・・・・・・「野間デンタルクリニック」歯科助手 ハツミの後輩
 小谷毬子(21)・・・・・・書店員
 生田華子(67)・・・・・・ハツミの祖母
 
北原恭太郎(55)・・・・ハツミの父 海上自衛隊勤務

◆ Story ◆ 矢田扮する適齢期の娘が3人の花婿候補の狭間で揺れ、俳優の長塚京三(59)扮する父から反対されながらも幸せな結婚をつかもうとする、コメディータッチのハートウォーミングドラマ。結婚に悩む人に向け、“矢田式幸せな結婚ノウハウ”を伝授する内容になりそうだ。
◆ 期待度 ◆ どうかなぁ・・。矢田ちゃんは好きなんだけど、「アタックN0.1」の裏だしなぁ・・。押尾くんだしねぇ・・。初回を見て、リタイア・・という可能性は高いかも・・。