□ 木曜 22:00〜 フジテレビ (初回は 〜23:09)
□ 脚本・・中野独人 □ 脚本・・武藤将吾 □ 演出・・武内英樹 ほか □ P・・若松央樹ほか
□ 主題歌・・・ 「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」  サンボマスター 
□ 公式HP・・・ http://www.fujitv.co.jp/denshaotoko/  
◆ 出演者 ◆
 青山沙織(エルメス)(25)・・・伊東美咲
 山田剛司(電車男)(23)・・・伊藤淳史
 陣釜美鈴(26)・・・・・・・・・・・白石美帆
 沢崎果歩(25)・・・・・・・・・・・佐藤江梨子
 啓介(23)・・・・・・・・・・・・・・速水もこみち
 観月裕子(30)・・・・・・・・・・須藤理彩
 松永勇作(30)・・・・・・・・・・劇団ひとり
 川本信二(27)・・・・・・・・・・菅原永二
 黒木文人(40)・・・・・・・・・・佐藤二朗
 及川尚人(28)・・・・・・・・・・前川泰之
 山田葵(17)・・・・・・・・・・・・堀北真希
 武田花梨(17)・・・・・・・・・・小出早織
 山田恒生(48)・・・・・・岸部シロー
 桜井和哉(38)・・・・・・豊原功輔
 青山由紀(48)・・・・・・秋吉久美子

***ネットの住人***
 皆本宗孝(25)・・・・・・小栗旬
 牛島貞雄(38)・・・・・・六角精児
 
一坂進(40)・・・・・・・・温水洋一
 富永(40)・・・・・・・・・・我修院達也
 浅野真平(29)・・・・・・山崎樹範
原作
電車男 (新潮文庫)
主題歌
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
サウンドトラック
商品の詳細
DVD-BOX
電車男 DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 特別編 ◇  「電車男・もう一つの最終回」   2005.10.06.  視聴率・・15.6%

うぅ〜ん・・・あんまり面白くなかったなぁ・・。
初っ端から桜井と陣釜さんが出てきたので、ぐいっ!!っと引きつけられたんだけど、
そのあとがねぇ・・。
アナザーストーリーってわりには回想シーンが多いんだもん。
それに、「ギター男」の話かと思ったら、「阪神男」の話の方が多くなかったかい?

キャバクラで働く外人の女の子にお金を貢いで逃げられる・・っていうと、
「愛という名のもとに」に出てきたチョロを思い出したのは私だけだろうか・・・。(←古い?)
ソニンちゃんの「いかにも外人がしゃべる日本語」が結構リアルで、
この子を知らない人は、本当にこういうしゃべり方をするんじゃないの?って思っちゃうかもよ?(笑)

ただ同然のギターを300万円で買わされた松永と裕子の物語も、
最後は感動モノに作られてたけど、絶対、お金を裕子に使われまくることは間違いないであろう・・。(笑)

私としては、「桜井の七転八倒物語」とか、「陣釜の華麗なる男遍歴物語」とかの方が
面白く見られたかも・・?と思っております。(笑)


電車男とエルメスの後日談も、なんか急に関係が進んでて、ビックリだわ!
「ぃぃぃぃよぉろこんでぃ!!」っていう伊藤くんは、毎回可愛いんですけど♪(笑)

とにかく、面白かったドラマは、その余韻を引きずりつつ、そのままで終わったほうが良いっつーことですな。
腹八分で心地好い満腹感だったのに、余計なデザートを食べて気持ち悪くなったりするし。
ちゅーことで、今度こそ、さようならぁ〜!!

◇ 第話 ◇  「史上最大の告白!!涙の卒業式」   最終回84分SP  2005.09.22.

ムダに長かったような・・・。30分延長しなくても良かったと思うなぁ・・。
始まって早々、掲示板を読みながらエルメスが回想する・・ってことなんだろうけど、
それがまた長いこと!途中でニュース番組なんかを見つつ、眺めてしまいましたよ。

桜井が余計なことを仕掛けるから、こらぁ〜!!ってちょっと思ったけど、それもちょっと最後はグダグダだったような・・。
エルメスが倒れたとウソの電話を山田にして、ビルから遠ざけて、そこに向かうエルメスをものにしようとしたんだけど、
結局二人は再会する運命だった・・ってことで、報われない男だったねぇ・・。
最後は陣釜さんに捕まってるし!(笑)
あの怪我は陣釜さんにやられたわけ?「失恋レストラン」に集まった男共の数・・・恐ろしかったっす。。(笑)

そして、ビルの屋上での電車の告白シーン・・。
このシーンは、電車がどもって、言葉がでてこなくて、「早く言えよぉ!!」とイライラする場面だと思うんだけど、
どうしてだろう・・・伊藤くんの演じる電車男は、本当に応援したくなる男なんだよなぁ・・。
「頑張って・・」ってエルメスが電車の手を握ったとき、私も「頑張って!」って言っていたので、
きっと画面のこっち側の人たちはみんな同じ思いなんじゃないかしらん・・・って思えました。
そしてキスシーンまで演じてくれて、ありがとう、美咲ちゃん。しかも、何回も・・(笑)
でも、ちょっとイチャイチャしすぎっす。
いきなりあんなにベッタリされると、見てるこっちはちょっと引きます・・。(笑)

ネットの住人とのお別れのシーンも、ちょっと長かったかなぁ・・。
掲示板に相談したことでこの話は進んでいったわけで、最後はちゃんとお別れをしなくちゃいけないってのはわかるけど、
途中で飽きてきてしまいましたよ・・・(汗)
それにさぁ、書きこみしている間にあっという間にレスが進んでいって、1000レスを電車がGETするのは難しいかと・・。(汗)
ちょっと無理があったよね、このシーンは。
浅野が最後に「買い物でも行くか・・」って言ってたけど、「まずはちゃんと下でご飯を食べなさい!」と突っ込んでしまいましたわ。(笑)

そうそう、電車のお母さんは「ガンダム」でマチルダの声優でもある戸田恵子さんでしたねぇ!
なるほど・・と納得したんだけど、まさか、ご懐妊とは・・。(汗)
名前は「マチルダ」っっていうのは、是非やめてもらいたいっす。(笑)

とにかく、54分に集約して見せてもらったほうが、面白かったように思います。
次は「ギター男」編ですね。楽しみです。


■ 総評 ■

私は映画版を見ていないので、比較することなく見ることができました。
伊藤くんがどう変化していくか、というのがキーだったと思うんだけど、上手に見た目は変貌できたと思います。
それでも中身はついてこない。。。っていうところもうまく表現できてたんじゃないでしょうか?
「エルメス目線」の電車男を描く・・ってことだったんだけど、やっぱりこのドラマの主役は電車男だね。
それだからこそ、面白かったと思います。
意外にハマったのが陣釜さんですね。
お嬢様イメージの強い白石美帆の演じっぷりに感動でした。(笑)
あまり好きじゃなかったけど、ちょっとは好きになれそうです。

全編を通して、面白いドラマだったと言ってもいいんじゃないでしょうか?
明日は休みだし、結構視聴率が取れてると思いますねぇ・・・。楽しみです。


◇ 第話 ◇  「最終章!奇跡の大逆転」     2005.09.15.

面白かったし、いい話だったどぉ〜!!
何がいいって、陣釜さんよ!白石美帆・・・恐るべし・・。(笑)

掲示板にエルメスのことを全部書いてて、それをネタにされてると啓介が沙織に話したことによって、
完璧にフラれてしまった電車・・。
もう、掲示板に来ることはない・・と宣言してしまいました。
それを見ていたネットの住人たちは、このままでいいのか?電車に勇気をもらってたのは自分たちだ!と話し合い、
みんなで掲示板に戻って来い!告白しろ!ってメッセージを送り出すのよね。
陣釜さんにいたっては、「女の傷は女で治す!」とばかりに電車の家に行って脱がせ始める始末・・。
ナイスです!(笑)


エルメスは傷つき、果歩たちとイタリア旅行に行くことにするんだけど、
果歩は、「まいあひぃ〜♪」の替え歌で、電車の失恋を喜んでた桜井の行動により、掲示板の真実を知るのよね。
イタリアでもAちゃんねるを見ている果歩・・。それはやりすぎ・・。(笑)

引きこもりだった真平も外に出て張り紙をし、路上パフォーマンスをする女の子もいれば、
ティッシュにメッセージを入れて配ったり、騒ぎを起こしてテレビに映り叫ぶ牛島もいて・・。
こんなにも愛されてるんじゃん、電車!帰って来い!!
そして、アイドルの花梨ちゃんのラジオからのメッセージで何が起こってるか知った電車は、
勇気を出してエルメスに電話・・。出てくれない電話に「二人だけの秘密の場所で待ってます!」とメッセージを残します。
果歩からも「掲示板を読んでみて!」と言われていた沙織は、とうとう、掲示板へ・・。

くぅ〜!いつも良い所で終わるんだからぁ〜!!
最終回SPも楽しみだぁ〜!!

んで、沙織はオレに任せろ・・なんて言ってた桜井のお相手は、沙織の母・由紀だったよ!
・・・うん、ある意味お似合いかも・・(笑)
キングコングの梶原まで何気に出てて、秋葉カンペーさん、ドランクの塚地・・と、お笑い芸人のオンパレードでした。
でもね、ネットの住人はもう、今のままでお腹いっぱいなので、増やさなくてもいいですよ?(笑)

◇ 第話 ◇  「最終決戦は悲劇の予感」     2005.09.01.

いやぁ・・・やり過ぎっすよ、美咲さん。
きっと男性方の中では「萌えぇ〜〜〜!!」と思った方も多いのかもしれないけど、
あのメイド服だのツーテールキャピキャピ姿だの、女が見ると寒いのよ!
いくら電車の妄想とはいえ、気持ち悪いっす!

それにしても、すっかり沙織は電車のことが好きになってるのね!
パソコンを一緒に買いに行く約束を果たすためにアキバへ・・。
そこで会った松永たちを見ても、全然動じないんだもん、恐るべし、エルメス!
あのさぁ、沙織が「萌えぇ〜」っていう声に萌えるわけ?ふぅ〜ん、わからんけど・・。

沙織の父(山下真司)が離婚届に判を押させようとわざわざ日本まで来たんだけど、
由紀さんはその場に子供たち、電車まで呼んでたのよね。
何も知らない電車はドキドキして準備してるんだけど、それをネット上で桜井が知っちゃって、
自分が手回ししたレストランに誘うんだよね。
そこで驚くべきゲストが・・。
辛いものを食べさせて水を飲ませ、トイレに行くために席を立った電車の影武者として
エスパー伊東を送り込むとは!!(笑)
このドラマ、「いとう」さんがたくさん出てるのね♪
でも、沙織の父の登場でエスパーさんの出番もポシャリ・・・。(笑)

離婚話で言い争う親を見ながら涙する沙織・・それを見た電車はガラにもなくお説教を・・。
「子供は親の笑顔を見ていたい・・」って、一気に話した電車。
電車を一人の男性として見てなかった由紀さんも、認めてくれたみたいだったね!
帰りに「手を繋ぎませんか?」って電車から言えたのも良かったねぇ。
繋ぎ方も「カップル繋ぎ」になってたし。(笑)

しかぁし!こうなると、エルメスがこの掲示板を見てる可能性も出てくるぞ!って話になって、
電車は意を決して掲示板に相談し続けてきたことえお素直に話しに行くのよね。
でも、一足先に啓介が事実を知ってしまって「姉貴は騙されてたんだ!」って言っちゃったのよ!
ありゃりゃ・・裏切られたって思っちゃったかしらん??

次週は世界柔道のためお休みです!


◇ 第話 ◇  「復活!!涙のオタク激白」     2005.08.25.

今日も面白かった!
やっぱり、桜井がいい味出してるわぁ!
とことん邪魔してやる!!という憎まれ役でありながら、憎めないんだよねぇ、この男。
車と音楽とラジコンと指輪でエルメスにプロポーズしようとしてたのに、
エルメスは帰ると言い出すし、車は盗まれるし、指輪を乗っけたラジコンは海にダイブするし!
もう、お腹抱えて笑ってしまったわ!(笑)

最高だぞぉ〜!!

入院した電車のそばについていたエルメスですが、桜井が余計なことを言うもんだから、
二人はそこで何も話さずに別れてしまうのよね。
自分が婚約者だって電車に言うだけならまだしも、掲示板に電車のふりしてカキコしちゃうのよ、この男!
でも、「バイなら」って・・・・。今時、使いませんよ?
みんな、軽くスルーしてるのに、「ぼく、電車ですよぉ〜!」って更にカキコしちゃってさぁ!(笑)
でも、さすがに、沙織の携帯にかかってきた電車の着信を見て、拒否設定したときは憎たらしかったけどね。

電車は沙織の携帯が繋がらないから、実家に電話するんだけど、
挙動が不審すぎるぅ〜!!!
私が由紀さん(秋吉さん)だったら、即、電話を切ります!(笑)

でも、由紀さんは、「もしかして、沙織にウソをつかなかった・・?」って聞くのよね。
自分がヲタクだとウソをついていたこどが・・・と思った電車は、本当の自分を知らせるべきだと思うのよね。

そのころ、沙織は啓介から、何度も電車がコンタクトをとろうとしてると知って、電車の家に行っちゃった!
普段着で出てしまった電車は、部屋の外で沙織を待たせて・・
「どうぞ・・」と言われ部屋に入った沙織が見たものは!!
・・・電車よ、その服に着替える必要はないのでは・・・?(笑)
しかもまたキレイにヲタクグッズが並べてあってぇ〜!
ど・ど・どんびきぃ〜!かと思ったけど、沙織にとっては、誠心誠意話してくれる電車の気持ちが嬉しかったんだよね。
「私が言いたいこと、先に言っちゃうんですもの・・」だって♪
よかったねぇ、仲直りできて♪

でもさ、割れてしまった誕生日プレゼントの代わりに、女の子のフィギュアってのはどうよ?
「可愛いですよ!」って、沙織ちゃん、本気で言ってるのかい?(笑)
ま、これで、カミングアウトも済んだし、後は、原作にもあるキスシーンってかい?(笑)
あるかなぁ・・。
「101回目のプロポーズ」でも、浅野温子と武田鉄矢とキスシーンが最終回に!!って期待してたのに、
結局なかったし・・。
美女と野獣だし、やっぱりしないのかしらねぇ・・。

いつもはC-C-Bの曲が頻繁にかかってたけど、今日は「スクール・ウォーズ」だったからなんで??って思ってたら、
最後に先生(山下真司)が登場!!(笑)
青山さん・・ってことは、エルメスにトラウマを与えた父親ってことかしら?
ってことは、「娘に近づくな!!」みたいな展開になるのかしらね?

あ、小栗くんのことを書くのを忘れてた!
「毒男」のスレで、何を交信しあってるんだか!(笑)
あの二人も仲直りできたってことかな?

◇ 第話 ◇  「脱オタク!!涙の誕生日」     2005.08.18.

桜井のキャラがどんどん壊れていく・・。(笑)
沙織に恋してるんじゃなくて、「エルメス」に恋してるから、目の前に沙織がいても「エルメス」って声をかけそうになっちゃうのよ。
思い切り自分の顔をぶってたよね・・。(笑)

エルメスは、電車が「ヲタク」だったことに嫌悪感を感じて別れを切り出したんじゃないのに、
電車も、ネットの住人も「脱ヲタだ!」ってことになっちゃって、いろんなものを片付け始める電車。
違うのに。。
ささいな嘘にも弁韓に反応してしまう自分が、また電車を傷つけてしまう・・と思って
側にいられないっていっただけなのにね・・。
ヲタグッズを捨てに行く途中、秋葉カンペーさんが出てきたねぇ!(笑)
んで、秋葉さんもヲタグッズを捨てにきたようで、秋葉さんのグッズまで電車のところに戻ってきちゃったよ・・。(笑)
でもさぁ、私もいわゆる「ヲタク」っていうのはちょっと抵抗あるけど、
ザクは捨てなくてもいいと思うよ?ガンダムマニアは私にとっては許容範囲内です。(笑)
マチルダさんはイヤだけど・・・。

今回は陣釜さんが大活躍だったねぇ!
ネットで電車とエルメスの関係を逐一把握してて、ケンカの仲裁を啓介とやろうとしたり、
誕生日にずっと待ってる・・と言ってた電車の存在を沙織に知らせてあげたり・・。
いいやつじゃん!
それに、この役が白石美帆で良かったかなぁ・・って思えてきたし。 

ただ、桜井よ!(笑)
あのプレゼントは何だ??ベッタベタじゃないですかぁ・・ドミノかよ!(笑)
しかも、パーティ会場が変わったと啓介が連絡してなかったから、一人ぽっちだし!
そして、沙織を連れてセッティングした自分の店に連れて行こうとした桜井ですが、
途中、雨にぬれて待ってる電車に気づいた沙織は、「ここに連れてきれくれようとしたの・・?」って言って降りちゃった・。
あぁ・・。むなしいねぇ・・。
雨に打たれていた電車は、沙織に会えて想いを伝え、倒れてしまいました・・。
これで、また仲直りできるのかしら・・?と思ったら、おっとっと?
ヲタク復活かよぉ!!本当のボクを見てください!!ってことになるのかな?

◇ 第話 ◇  「告白は波乱の幕開け!」     2005.08.11.

「嘘をつかれる」のが本当にイヤなんだね、沙織は。
父が母を苦しめてきたことが、沙織をも苦しめてるということなのか・・。
なのに、電車ったら・・。
そんなにコミケが大事なのか!
・・んで、「コミケ」って何さ!(笑)(コミックマーケットのことらしい)
人生に一度あるかどうかわからないエルメスとの恋と、コミケを天秤にかけて、
コミケを取るとは!許せん!このヲタクめぇ〜!!!(笑)

そんなことも知らずにエルメスはどんどん電車のことが好きになっていってたのね。
家に招待して、映画を見終わったときにリモコンを取ったときに手が触れたときには、ドキドキしてなかったかもしれないけど、
電車が「言わなくちゃいけないことがあるんです、今度、聞いてください」って必死に言うのを聞いて、
心に染みたんだろうね、沙織も泣きながら「はい。聞かせてください!」って言って
車から救ってくれた電車の手を自らとって歩いたんだもん!
もう、トキメいてるってことだもん♪
なのに・・

電車ったら、桜井の店でコミケの入場券となる封筒を落としてきちゃって!
「仕事の書類なんですけど・・」って嘘ついちゃったもんだから、後で見つかったことを啓介が沙織に言っちゃったて、
沙織が東京ビッグサイトまで届けに行っちゃったよぉ!!
そのビッグサイトの警備員が、ネットの住人の迷彩服男だったんだね。(笑)
あの異様な雰囲気でちょっとは何かを感じなさいよ、沙織・・・。
そして、会場に入れず道端で荷物を広げている電車たちのところに沙織が来ちゃいました・・。
あぁ・・。
「嘘、ついてたんですね・・」と沙織。
きっと電車は「ヲタクってことを言わなかったこと」を怒ってると思うんじゃないかしら?
でも、沙織にはそんなことより、このコミケに来るために嘘をついてたこと、
そして、大事な書類だって嘘をついていたことの方がショックだったんじゃないかな?
見た目とかじゃなくて、自分を守ってくれると言ってくれた電車を信用してたのに・・。
あぁ、なんてこったい!!


そして、桜井がエルメス=沙織だと気がついたね!
エルメスに勝手に恋をしてた桜井だもん、沙織だとわかったら俄然攻撃に出ちゃうんじゃないのぉ〜?
電車、ピィンチ!!

啓介と陣釜さんがくっついちゃうとは意外だったなぁ・・。

◇ 第話 ◇  「ストーカー撃退大作戦」     2005.08.04.

今日の話はすごく好きでしたぁ〜!!
伊藤くんの「電車男」って、すごく「が・頑張れぇ〜!!!」って言いたくなるよねぇ!
最初は挙動不審にしか見えなかったんだけど、今はすっかりネットの住人の立場で見ちゃうわぁ〜!!


電車の同僚の及川に惚れた裕子のために合コンを用意しなくちゃいけなくなった電車男。
でも、ドタキャンで、呼んだのはヲタクの松永(劇団ひとり)たち・・。
ひゃぁ〜!!私だってこんな合コン、絶対イヤだぁ〜!!キモイぃ〜!!

エルメスはストーカーに狙われてる気がして、電車から降りるとき、つい、剛司の手を握って降ろしちゃうんだよね。
こんなことされたら、めっちゃ嬉しいだろうなぁ!
「なんだ、ストーカー予防のためかよ・・」と思ったとしても、自分を頼ってくれたんだとしたら、嬉しいはずだもん!
エルメスの家にたくさんの盗撮写真が置いてあって、本当にストーカーが狙ってると知って
度は越してるとはいえ、翌日にあんなにたくさんの防犯グッズや対策法を調べてきてくれたら、また嬉しいだろうよ。
・・・もち、好意を持ってる相手に限りますよ!(笑)
「送り迎えをさせてもらえませんか・・・?」と言う電車に、「お願いします」と答えるエルメス。
幸せだねぇ、電車・・。

自分に何ができるのか?って考えて犯人探しをすることにした電車。
煽っておきながら「捕まってたりして・・」って語り合ってるネットの住人には笑えたねぇ。
確かにこういうところは他人事なんだよねぇ!(笑)

犯人の部屋らしきところを見つけた電車はこっそり覗いてしまうんだけどそこに警官が・・。
捕まる!と思ったら、勝手に入ってるよ!いいんですか・・?(笑)
部屋にはエルメスの膨大な写真が・・。
慌てて携帯に電話した電車。しかし、で出たのは男・・・。(弟の啓介だけどね)
そんなことより!ってんで会社に直行した電車は、真っ暗な会社の中でストーカー(大倉孝二)と鉢合わせしちゃいました!

「青山さんのストーカーさんですか・・?」と聞く電車。
この井村駿平も、ただ本当にエルメスに恋焦がれてたんだよね。
電車だって、一歩間違えたら同じようになってたかもしれないもんなぁ!
自分だって一緒にいて楽しくても、いつも不安なんです・・という電車。
それは、ヲタクだけじゃなく、みんなそうなんだよ!

こんなに幸せでいいんだろうか?こんなに好きなのは私だけなんじゃないか・・?っていつも不安なんだよぉ!
それでいいんだよぉ!!

僕もストーカーみたいなもんです・・という電車に、「そんなことないです」と写真を渡すストーカー。
「これが彼女のベストショットです」という写真には、電車と楽しそうに語り合うエルメスの姿が・・。
「僕もあなたみたいになりたかった・・」というストーカーに電車は、
「僕一人の力じゃないんです、こんな僕を応援してくれて、叱ってくれて、励ましてくれて、そして見守ってくれる仲間がいるんです」
と言います。そう、一人じゃない・・
・・・・って、この話の流れで、入院生活が続いてイライラしてた香織(皆藤愛子)の気が変わり、卒業・・ってこと?
今回のネットの住人の卒業話としてはショボかったような・・。
いきなり「めざまし姉ちゃん」をキャスティングした。、って感じがアリアリだわ!(笑)
それにしても、いつにも増して今日の小栗くんのアスキーアートはすごかったね!(笑)

帰りの電車の中で、携帯の相手が弟だったとわかり、別れ際、思い切って電車を降りる剛司。
転んでかっこ悪かったけど、でも、「送らせてもらってもいいですか?」って言ったときの顔は素敵だったよ!
頑張れ、電車男ぉ〜!!!

さて、来週も面白そうだわ!
エルメスにちょっと惹かれはじめてる桜井は、沙織=エルメスだと気づくみたいだし、
電車の「ヲタク」がバレちゃうみたいだし・・。
楽しみだぁ〜!!

◇ 第話 ◇  「夏!サーフィン大特訓」     2005.07.28.

エルメス話になると、こうも盛り下がるもんか・・?
つまんないっす!

もっと電車男がギャーギャー慌てまくって、ネットの住人が絡みあう話の方が面白いんだってば!
ここで「主役は伊東美咲です」てことを強調しておきたかったのですか?
相手のいない公衆電話シーンも、うすら寒かったっすよ・・。(汗)

桜井はエルメスの元カレではなく、兄みたいな存在だったんだ。
紛らわしい登場しやがって・・。(笑)
沙織は、妻帯者である瀬野(葛山信吾)に2年間も騙されてたんだ・・。
その傷が深すぎてまだ立ち直ってないってことなのね。
その瀬野は、車の中で生活しているようで、浮気がばれて離婚して家も失ったってことか?
んで、毒男スレを見てるってことか。悲惨な人生やの・・。

サーフィンを見せるっていう約束をしちゃった電車男は、必死に練習するんだけど、ヤッパリダメで、
正直に言った方がいいよ・・って話になってるところに瀬野が参加。
「お前はその彼女に嘘をついたんだ!」って言い切っちゃってたけど、
別に嘘はついてないじゃんね?エルメスが勝手に勘違いしただけやし・・。
その言葉を気にしちゃって、結局海まで行っちゃう電車男とエルメス。
でも、ちゃんと謝ってエルメスに好感触を与えることが出来たみたいだね。

次回もオリジナルな話になるのかな?
エルメス話より、電車メインの話にしてくれないかなぁ・・。
せっかく面白かったのになぁ!

それにしても、サトエリ、見た目通りの役だね。(笑)
電車に軽いジャブを食らわせまくりで、しまいにゃ「二人きりがいいよね?」って言って、
電車とエルメスを二人にするかと思いきや、エルメスとサトエリのおまいら二人が消えるんかい!(笑)
でも、白石美帆と、サトエリの役って、逆でも良かったかな。
白石美帆の顔から、あの汚い言葉が出てくると、イマイチ似合わないんだよねぇ。
サトエリだとしっくりくると思われ・・。(笑)

◇ 第話 ◇  「初デートに大ピンチ!!」     2005.07.21.

こうやってネットの住人のエピソードが織り込まれていくんですね。
そして、みんな卒業していくのか・・。
前回の塚地もいなくなってて、今回の手塚くんも次回にはいないってことか・・。
初回に出てた菊間アナが2話以降には出てなかったのは、彼女が最初の卒業生ってことなのかしら?
問題発覚前に卒業しておいてよかったね。(毒)
んで、新たな仲間も増えてるし?葛山さんが入ってたね?延々と減ることのない毒男たちよ・・。(笑)

初デートはなかなかの出来でしたね。
原作でも、確かエルメスが電車男の服を引っ張ってたような記憶があります。
そういう行為って、結構可愛く見えちゃったりするんだろうね。
電車には刺激が多すぎる初デートでした。(笑)
しかし、「ネットサーフィン」を「サーフォン」と聞き間違えるとは・・・。
電車よ、あんた、ボードまで買って、マジでサーフィンやる気なのか・・。(笑)

いつも一緒に遊んでた友達に彼氏ができて、食べ歩きもできなくなった・・。
このセリフ聞いたら、「じゃぁ、一緒に行こうよ」っていう流れにならなきゃダメよぉ!(笑)
完全に誘ってますぜ?
それに気づかない電車・・。
でも、ネットの住人たちの励ましと後押しで次回のデートにこぎつけました!おめ!

しかぁし!
エルメスの友人の果歩が品定めしてやるってんで、デートについてくるとな。
これも原作通りですね。
でも、このドラマでは果歩と電車はすでに最悪の出会いをしてるわけで、
果歩が気がつかないことを祈るのみ・・。

ネット上では、みんなが電車を後押ししてるわけはなく、
あーやって毒を吐いたり、疑ったりされるのは当然のこと。
私だってその場にいたら、誰かの作り話か・・?って思っちゃうと思うもん。
もしくは、その嘘の話に付き合って面白がったりするかもしれないわ。

このドラマって、エルメスが主役っていうふれこみだったよね?
でも完全に電車男が主役だと思うんすけど・・。
それに、電車男を主役に描いたほうが、やっぱり面白いと思うので、このままで良いんじゃないかしら?

もこみっちーはエルメスの弟だったのね。確かに似ている・・・。(笑)
エルメスは2年前に豊原さん演じる桜井に振られて、その傷がまだ癒えない・・ってことか。
桜井は日本に帰ってきたみたいだし、今後はこの話も並行して描いていくのね。
負けるな、電車ぁ〜!!

◇ 第話 ◇  「初デートへ向け大変身」    2005.07.14.

電車男の挙動が不審すぎて、キモい・・。(笑)
後の変身度合いを大きくするために、最初はかなりキモ系で演じてるんだろうけど、キモい。
あんなに電話口で「ふぅ〜、はぁ〜」て言われて、エルメスはキモくないんすか?
もっと、もちつけ!もとい、落ち着け!電車男!!(笑)

電話をかけるところで先週は終わったけど、エルメスの電話につながらなかったのよね。
翌日もとことんすれ違う二人。
「AU」「AU」って、めっちゃ宣伝してないっすか?(笑)
そして家に帰ってようやく通じた電話。エルメスの反応はなかなか良かったね。
私、あんまり真剣に原作を読んでなかったんだけど、「めし、たのむ、どこか」っていうカキコは、
電話しながら電車男が打ってた文面だったのね、なるほど・・。
よく電話しながらネットできるもんだ、恐るべし、電車男。
「お風呂に入れってうるさいので、また、かけてもいいですか?」ってエルメス。なかなかの好感触。
んで、あのシャワーのシルエットは本当に美咲さんですか?(笑)

デートの約束をとりつけて、その後どうする?っていう話は、
みんないろいろ提案するけど、結局ある一人の女の子の言葉に「なるほどぉ〜!」って言ってるだけじゃん?
電車男よ、その女の子に何でも聞くがいい。

そして変身開始!
まずは髪型、コンタクトに変更・・。これで結構ヲタ臭が消えたね!変わるもんだ・・。
洋服も無難に決めてたし、何とかいけそうな感じだね。
自分に少しでも自信がつくと、挙動不審もちょっとは治まってきて、なんとか見られるようになりました。
頑張れ、電車男!
でも、せっかく見つけた四葉のクローバーで「くる・こない」ってやっちゃいかんだろ?
簡単に計算してみろ?「こない」になるに決まってるじゃん!(笑)

エルメス自体に何か問題がありそうなのが気になるね。
それは原作では描かれてなかったし。
辛い恋を経験して、まだ立ち直ってなくて、親が品パイして見合いさせてる・・って感じかな?
んで、もこみっちーは何者なんだ・・?

あと、「陣釜さん」が「チンカマさん」に聞こえて、なんか耳障りなんですけど。(笑)

◇ 第話 ◇  「100万人が見守った恋の行方」  69分初回SP   2005.07.07.

やっぱり秋葉原の映像を見ると、ちょっと引きますね・・・。私はやっぱりダメだわ。(笑)
あんなマニアックな映像を初っ端から何分も見せられると、思わずチャンネルを変えたくなります。
しかし、あのオープニングのタイトルバックなんて、アキバ系の方々にはたまらんでしょうなぁ。
あのアニメの女の子はオリジナルのキャラクターっすか?
そのうち売り出す気だな、フジテレビ・・。(笑)
それに、実際に電車男との会話に参加した「2チャンネラー」たちは、まるで自分が出演してるような気持ちだろうね。

「キター」っていう文字が多用されてたけど、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」の方が近いかと・・。
文字数が多すぎるので「キター」にしたのかしら?なんか感じが違ってくるよね。(笑)

物語のまさに序章の部分を描いてるんだけど、
何より泉谷さんの酔っ払い姿がはまりすぎてて面白かったわ。
吊り輪にぶら下がってぐるんぐるん回るところなんて、「いそう・・・」と思ったモン。(笑)
それを勇気を出して止めた電車男。投げ飛ばされて、最後に押さえ込んだのはリーマン(山田孝之)なのよね。(笑)
エルメス沙織も、リーマンの方に目が行くかと思うんだけど、電車男に手を差し伸べたのは偉いね。
あまりにも神々しいエルメス@伊東美咲なので、リアルエルメスさんはどう思って見てるんでしょうか・・(汗)

電車男@剛司はまさにアキバ系なんだけど、劇団ひとりの方がイタいアキバ系ですね。(笑)
まだまだ普通の世界に戻ってこられそうな域に生きてる男の子って感じ。
でもね、映画の山田くんは、「ちょっと帰ればかっこよくなる」ってわかってたけど、
ちびノリダー@伊藤君じゃ、ちょっとイジってもたいして格好よくなるとは思われないんですが・・・大丈夫っすか?(笑)

エルメスの友達のサトエリはちょっとヤな感じだね。
確かに、ズボンの裾のホコリをざっくりさらってきたブラシなんて、二度と使いたくはないけど、
目の前で捨てなくても・・。
それより最悪なのは、風船をとってくれと泣いてた少女よ。
「誕生日なのに、ついてないことばっかり・・」っていうことを表現したいんだろうけど、
配水管からの下水とか、ちょっとやりすぎっていう気もするね。

剛司がネットで報告して、それにネットの住人がお答えする・・というところは、
いちいちネットの中を「びゅぅ〜ん!」って走る映像がはさまれてて、ちょっとウザいかも。
1話につき一回くらいにしていただきたいですね。
小栗くん演じる皆本が書き込んだアスキーアートは、本当にあんな感じで書き込まれてたっけ?
原作本は読破後、速攻で古本屋に売ったので記憶にないわ・・。(笑)

今回はエルメスに電話することに決めた!というところで終わったけど、
次回は会うことになって、準備するの巻・・ってことかな?
この話は映画やSPドラマみたいに、2時間程度にまとめて見せてもらったほうが引き込まれて面白いかと思われ。
このテンポで進むとなると、ちょっと不安な気もするな・・。
あと、剛司の会社の派遣社員の白石美帆、あの役必要なのかしら?
今後剛司のアドバイザーみたいなことになるのかもしれないけど、今回はただムカついただけだわ。


 ■ 人物紹介 ■

 青山沙織(エルメス)(25)・・・外資系貿易会社のOL
 山田剛司(電車男)(23)・・・人材派遣会社の営業部員
 陣釜美鈴(26)・・・・・・・・・・・人材派遣会社「ワーカホリック」のOL
 沢崎果歩(25)・・・・・・・・・・・沙織の同僚で親友
 観月裕子(30)・・・・・・・・・・・沙織の会社の先輩
 啓介(23)・・・・・・・・・・・・・・・謎の男 沙織の恋人
 山田葵(17)・・・・・・・・・・・・・剛司の妹 オタクな兄を毛嫌い
 山田恒生(48)・・・・・・・・・・・剛司の父 自転車屋「ヤマダサイクル」店主
 桜井和哉(38)・・・・・・・・・・・青年実業家 沙織の相談相手
 青山由紀(48)・・・・・・・・・・・沙織の母
 一坂進・・・・・・・・・・・・・・・・ネットの住人 「スローダンス」の理一が勤める自動車会社に通ってる
◆ Story ◆ 青山沙織(伊東美咲)は外資系企業に勤めるOL。帰国子女で誰もが振り向くような美人。ある晩、電車の中で酔っ払いに絡まれた。気弱そうな若者、山田剛司(伊藤淳史)が助けようとするが、かえって騒ぎは大きくなってしまう。謝る剛司にお礼をしたいと申し出る沙織。後日、沙織はエルメスのティーカップを贈る。女性とまともに話したこともなくどうしていいかわからない剛司はインターネットの匿名掲示板にSOSを求め…。
◆ 期待度 ◆ エルメス側から描くとどういう風になるんだろ?って興味は湧くんだけど、脇を固めるキャストがどうも苦手な人員が多いのよね・・。「スローダンス」とのリンクが面白く作られたらいいなぁと思いますね。