■ 2005年秋クール評価 ■

秀作の多いクールでした。
逆に駄作もありましたけど、(汗)

上位3作品は、甲乙つけがたい出来でしたが、
心温まる「あいのうた」を私は評価したようです。
泣けるドラマが多かったですね。
順位 タイトル 総得点 平均点 期待度 評価
■ あいのうた  85 8.5 最初はムカつかせておいて、じわじわと主人公の心を溶かしていくにつれ、視聴者の心も温かくしていく・・。そんな感じのドラマで、見事に毎回泣かせていただきました。最後が「死」で終わらなかったのも、見ていて気持ちが楽だったのでよかったと思います。
■ 1リットルの涙 87 7.9 原作があるので、最後は主人公は死んでしまう・・という結末がわかっていながらも、主人公が強く生きる姿や、支える周りの人の強さややさしさに、これも毎回泣いちゃいました。とても良い作品だと思います。
■ 野ブタ。をプロデュース 77 7.7 最初は、さすがの山P好きの私もドン引きするほどの彰のキャラでしたが、次第にカレの魅力に取り付かれて、主題歌にもドップリハマって抜け出せない日が続きました。(笑)もう一度、最初から見てみたい作品です。
■ 大奥〜華の乱 72 7.2 シリーズ第三弾ということと、キャストにあまり華がなかったのでどうなるかと思いましたが、いやはや、小池栄子や藤原紀香に感心させられる場面も多々ありました。最終章だそうなのでもうないとは思いますが、もうお腹いっぱいっす!(笑)
■ 熟年離婚 63 7.0 ノーマークでしたが、リアルな熟年離婚を見せてもらったように思います。しっかりと練られた作りと、キャストの安定感に、見ているこっちも安心してみることが出来ました。質の高いドラマですね。
■ ブラザー☆ビート 77 7.0 うぅ〜ん・・期待度は一位だったんですけどねぇ・・。主役といいつつ、田中美佐子さんがあまり前に出ていなかったのが何とも寂しいです。もっとちゃんとした主役のドラマを期待してたので・・・。
■ 花より男子 57 6.3 どうしても原作マンガへの思い入れが大きかったのと、マツジュンが苦手ということで点は伸びませんでしたね。(汗) これだけの原作のドラマ化ということでプレッシャーも大きかったでしょうけど、なかなかだったと思います。続編も是非見てみたいです。
■ 今夜ひとりのベッドで 61 6.1 全然期待してなかったのに、初回で「おぉ?」と思わされて見続けましたが、最後は何のこっちゃ?って感じでした。(笑) そこそこ・・って感じですかね。
■ 危険なアネキ 39 3.9 なんじゃこりゃ・・・?という月9ドラマでしたね。最後まで見ましたけど、最終回の時点で記憶をリセットしたらしく、怒りも記憶にありません。(笑) とにかく、面白くなかったことは間違いないっす。
 ◆ リタイアしました・・ ◆
■ 鬼嫁日記 鬼嫁が本当にムカつく鬼嫁っぷりで、見てて不快感だけが残る展開に、見てられませんでした。んで、最後はゴリは救われてたんでしょうか・・?(笑)
■ 着信アリ やっぱり菊川怜が苦手なので、初回でリタイアしちゃいました。苦手だから見ない!というのはやめようと思ってたんですけど、やっぱり無理でした。(汗)
■ 恋の時間 これもまた、黒木瞳が苦手なので見続けられませんでした。不倫の話ってのはあんまり好きじゃないですし。でも、主題歌は好きでしたよ。