ブラザー☆ビート

□ 木曜 21:00〜 TBS (初回は 〜22:00)
□ 脚本・・小松江里子 □ 演出・・竹之下寛次 □ P・・伊藤一尋
□ 主題歌・・・ 「Broken Hearts」  Def Tech   □ 挿入歌・・・ 「My Way」  Def Tech
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/brotherbeat/
◆ 出演者 ◆
 桜井春恵(46)・・・
 桜井達也(24)・・・
 桜井陸(22)・・・
 桜井純平(20)・・・
久遠アイ・・・
田中美佐子
玉山鉄二
速水もこみち
中尾明慶
浅見れいな
山口課長・・・・
春恵の夫・・・・
亜紀・・・・
田村知里(24)・・・・
 野口秀貴(46)・・・・
金田明夫
赤井英和
岡本綾
国仲涼子
生瀬勝久
ノベライズ
商品の詳細
主題歌
Catch The Wave
DVD-BOX
ブラザー☆ビート DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ vol. ◇  「兄貴の結婚式」    2005.12.22.

いまいち盛り上がりに欠ける最終回だったなぁ・・。
普通に結婚式して、まぁ、思った通り、あのガンコオヤジが暴れだして、
最終的に丸く収まって、終わり・・みたいな?
うぅ〜ん・・。

だいたいね?
いくら相手が気に入らないからって、娘の結婚式で大暴れする父親ってどうよ?
「だらしない」だの「どうしようもない」だの、
アンタにそんなことを言う資格はないと思うのさ、あたいは。

あーいうオヤジ、本当に嫌い。

事の発端は、陸が達也の結婚資金を返せなくて、
家を担保にお金を借りちゃったりして、でもそれがバレて、結局そのお金は返して、
知里の貯金でささやかに結婚式をあげた・・ということなのよね。
何も聞かされてなかった知里の父親が怒るのはわからんでもないけど、
あーも爆発されるとムカついてくるのよ。

それに達也もさぁ・・陸が無理な借金をしてきたと知って、
知里に相談もせずに「金ができるまで結婚はヤメだ!」ってキャンセルするのはどうよ?
本当に勝手すぎる!

大人しい知里もさすがにキレたよね。
これからも相談もなしにパンパンと決めてしまうような男かもなぁ・・。
大変そうです・・。

んで、最後の家での挨拶もさぁ・・・
自分の母親を、いつも「春恵」って呼んでるのにもちょっと抵抗あったけど、
こういう真面目な話をするときは、「母さん」とか言ってもらいたい。

どんなに家族を大事に思ってても、私はちょっとイヤなのよねぇ、親を親と呼ばないような男は。
古い女どす、あたいは♪

純平とみゆきも、なんだかズルズルとくっつきそうだし、
何だか、はい、そうですか・・・って感じでした。


■ 総評 ■

田中美佐子さんの復帰作ということで、すごく楽しみにしていたのですが、
主役!という感じではありませんでした・・。
「セカンド・チャンス」がすごく好きだったので、それと比べるとねぇ・・って感じです。
兄弟3人では、玉山くんが結構かっこいいのねぇ・・としみじみいたしましたが、
やっぱり、もこみっちーは演技がイマイチお上手ではないし、
中尾くんはイケメンではないので(←失敬!)、「イケメン3兄弟」というのにはちょっと?でしたね。(笑)
知里役の国仲涼子ちゃんは清純な感じが良く出てて可愛かったですね。
可もなく不可もなく・・という言葉がぴったりなドラマで、最終回もそんな感じでした。
気軽に見られるドラマではありましたけど♪


◇ vol. ◇  「長男の嫁」    2005.12.15.

なんていうか、このドラマって、すごく懐かしいんだよなぁ・・。
昔のTBSの「東芝日曜劇場」みたいな感じ?

コテコテの展開なんだけど、ほのぼのしてて、私は好きなんですよ、こういうドラマが。

知里のお見合い相手・・・と、えなりくん(役名不要(笑))がやってきて、達也はもう一度直談判にいくことになったんだけど、
今回は春恵も一緒に・・。
この時点で、「大丈夫♪」と言いつつも、どうせプッチーン!ってキレるに違いない・・と思ったけど、やっぱりだ!
「だらしない」だの「どーしようもない」だの「くだらない」だの、アンタは何様だ!っつんだよ!
人をこき下ろすくらい偉い人間なのか?代々続く和菓子屋を継いだことが偉いんか?
人を見下すような人間が腐ってんだよ!!と私は大声で言ってやりたいです。

こんなオヤジにあーまで言われて黙ってるなんて我慢ならない春恵の気持ちはよくわかるわ!
でも、意外だったのは知里の母までもブチギレしちゃって家を出て行ったことよ。
家族のため・・と横暴な夫にも我慢してきたんだろうけど、さすがに我慢できなかったみたいだわ。
子どもはアンタの持ち物じゃないんだ!思い通りにしようなんざ、どだい無理なんだよ!!
別に無職の「どーしようもない」男ってわけじゃないでようが、達也は!
認めてやれっつんだよ!

達也は知里に「このままじゃ結婚できない、時間をおこう・・」なんていうもんだから、知里は勘違いしちゃったわさ。
達也って、言葉が足りないことが多々あるんだよね。
女ってのは、元々想像力がありまして、好きな人の一言でいろんな展開バージョンを考えちゃうのよ。(笑)

でも、達也はお父さんが心配で実家に行ってたのよね。
お母さんがいなくて散らかりまくりの部屋を掃除し、洗濯し、ご飯を作る達也。
「お父さんの許しをもらえないと結婚できません、いつまでも待ちます・・」という言葉を聞いて、
お父さんはとうとう許してくれました・・。
遅刻して会社に来た達也の手にあるお土産の袋に上司が食いついたときは、「ダメダメ!」って思ったけど、
たしかに、何かほかに買ってくるべきだったね、達也・・・。(笑)

そして春・・知里と達也の結婚準備が着々と進む中、みゆきちゃんがまた東京で暮らすと出てきました。
部屋が見つかるまで。。と桜井家にお世話になるみゆき。
みゆきの部屋を探しに行ったはずに純平は、「ここにみゆきちゃんを住まわせて欲しい、子どもの父親になる!」と言い出しました。
あのね・・そういうつもりだったら、この家にはこないよ、みゆきは。
ま、みゆきもさぁ、純平の純朴さを知ってるなら、この家に来ちゃいけなかったかもなぁ・・。
純平がこー言い出すのは目に見えていたわけだし・・。

さすがの春さんも、このことには即答できないようです・・。

さてさて、結婚資金に・・と300万近く貯めていたお金を、店のために貸してあげた達也。
数ヶ月が経ち、利益も出てきてるので、結婚式費用に。。と返してくれと言いましたが、「ない」ときたもんだ。
おいおい、利益を全部接待に使っただ?
お兄ちゃんがもすうぐ結婚するって毎日見てるんだからわかっとったんじゃないんかい!
ったく・・・いつまでも見通しの甘い男っつーか、やっぱり陸はダメだわ、私・・。(汗)


◇ vol. ◇  「親父の背中」    2005.12.08.

安易だなぁ・・・。
確かに、父の背中ってのは大きいもので、特に幼い頃に亡くした父の背中の大きさは計り知れないでしょうさ。
でも、あまりにも簡単にクリーニング屋を継ぎたいと決心しちゃったし、
それを言われて春さんは嬉しかったとは思うんだけど、
そんな簡単にOPENできんでしょうが?
建設現場の廃棄物の分別を必死に頑張った陸は偉いとおもうけど、
だからってすぐにOPENしちゃいかんでしょ?
あたしならこの店にクリーニングは頼めないっすよ、怖くて。(笑)
もうちょっと修行してからにしていただきたいっす。


達也はわざわざ知里の両親に挨拶にいったけど、やっぱりダメですな、あの頑固ジジィは・・。
んで、知里に婿養子を!ってえなりくんをブッキングっすか?
それ、アンタの息子さんですやん?(←渡る世間)

年下やし、えなりくんやし、とても達也とは比較できないんですけど・・・(汗)

最終回に向けて、みんなをまとめようとしてるのか、純平はみゆきのお腹の子どもの父親になるって言い出すみたいよ?
息子3人がみんな相手を見つけて幸せになるのはいいけど、
春さんは寂しくなっちゃうだろうなぁ・・。
みゆきちゃんと純平があの家に住むことになるのかしら?
まさか、達也が和菓子屋を継ぐってことはないよねぇ・・?(笑)

◇ vol. ◇  「元カノVS 今カノ」    2005.12.01.

元カノのレベルにもよるよねぇ、この話は。
達也の場合、陸とは違ってずっと亜紀のことを思い続けていたわけだし、
その元カノと一緒にいるところを見たら、そりゃ家族も慌てるだろうさ。
しかぁし!春さん、知里に言っちゃぁあかんっしょ?
配慮っつーもんがないのかねぇ・・。


そんなとき、知里の弟が家業を継ぐのはイヤだ!と実家を出てきてしまって、
父親(角野卓造)が、知里に婿養子をとって家業を継がせようと考え始めたと知って、
東京に出てきたついでに、娘さんとお付き合いしてると挨拶すると達也が決めたのよね。
そりゃ知里は嬉しかっただろうに、なんてこってい、亜紀関連の仕事で来られなくなっちゃって。
代わりに来た春さんと陸が、知里父と口論になっちゃってさぁ・・。
頑固ジジィとだらしない母親の闘いとなりましたが、春さんらしいっちゃー春さんらしいんだけど、
こじれちゃったよなぁ、お父さんと・・・。

自分が思うほど達也さんは私を思ってない!!って初めて感情を露わにした知里。
そして達也は真剣に知里とのことを考え始めるのよね。
仕事よりも大切なものがあるでしょ?と春さんに言われ、仕事を放ったらかして知里を連れ出す達也・・。
いやいや、そういう意味で言ったんじゃないよ、春さんは。(笑)
大事なコンペがあるんでしょ?そっちは大丈夫か?
知里も店長に睨まれてるんだから・・。


「心から好きなだと思える人を見つけて、その人にも自分を好きになってもらえたら・・」って夢を知里が話した
観覧車まで連れて行く達也。
あたしゃ、タクシーで知里の実家まで行くのかと思って焦ったわよ。(笑)
そしてなんとも情けない「あへあへ」状態のプロポーズ開始。
「けっこんしてくらはい・・・」みたいな?(笑)
決してカッコいいプロポーズではなかったけど、あたしくらいのオバチャンから見てると、微笑ましかったわぁ・・。
ニコニコしながら見ちゃったもん。


知里の大きな目からポロポロ涙が落ちて、あぁ・・男だったら抱きしめたいなぁ・・って思っちゃったわよ。(笑)
そして初めてのキス・・。
こりゃまた微笑ましい・・。
はい、おめでとう!あの頑固ジジィの説得は大変だろうけど、頑張りや!
春さんとなら、いい嫁姑になれそうだし、その姿を私も見てみたいよ。
亜紀がこっぴどく振られるシーンはなかったので、なんかまだキッパリ別れた感じがしないんだよなぁ・・。
逃した魚は大きい・・・って感じだったよね。
そう、時、すでに遅し・・ってことさ!

さて、次回は陸話。
もしかして、クリーニング屋を継ぐってことになるのかしら?
そうなのよ、得てして頼りない息子が最後はしっかりしたことを言ったりするもんなのよねぇ・・。

◇ vol. ◇  「オレの子供です」    2005.11.24.

見事にみゆきちゃんに利用されてしまった純平くん。
人が良さそうで、頼みを断りそうもないから・・と。純平に中絶同意書にサインを頼んだりしてたけど、
本当は、純平みたいなお人よしだったら、「産め」って言ってくれると思ってたのね。
相手の男が最低でも、自分のお腹に宿った子供は産みたい、でも・・っていう葛藤から
純平なら救ってくれると思ったわけか。
うん、正義のヒーローだね。
最終的に、親の反対からみゆきちゃんを守ってあげたわけで、
みゆきちゃんとしてはそれで終わりだったんじゃないかって思うんだけど、
なんか、最後は純平はみゆきちゃんに恋しちゃってるみたいで、
みゆきちゃんはそう思ってないんじゃないかなぁ・・っと思うのは私だけ?(笑)


今日は知里と達也が面白かったなぁ・・。
もう、達也が知里にコントロールされてるのが面白かったわぁ〜!
知里がご飯を作りに来てくれてたらめっちゃ嬉しそうでさぁ♪
んで、いつものように陸とケンカしそうになったら、春さんが「主任が!主任が!」って言うと、
ピタッ!とやめるんだもん。(笑)
知里も、ケンカをすごく不安そうに見てたけど、その家の嫁になるなら慣れておかないと!(笑)
んで、みゆきちゃんの妊娠を一方的に反対する達也にも、知里は「もっと優しい人だと思ってました・・」って言っちゃって、
そしたらすぐに「今日くらい泊まってもいいか」って言うこと変えるし!(笑)

陸はというと、純平の話を聞いたアイに「私も妊娠したみたい・・」ってカマをかけるんだけど、
これ、女が使う、使っちゃいけない手の一つだよね。
女は軽く、男の愛情を確かめたくてカマかけたりするけど、
男からすると、これは使って欲しくない一手だと思うのよ。違うかしら?

なのに・・
次回は達也の元カノ・アキの登場ですか・・。
よりを戻したいだ?同窓会で付き合ってるっつった男と別れて寂しくなったから・・・ってか?
ダメだっちゃ!それはきっと春さんもあたいも許さないんだからねぇ〜!!


そうそう、春さんといえば・・。
新しい店長さん、厳しそうだったねぇ・・。野口くんだったら許してくれてたことも、
これからは許してもらえないだろうし、大変そうだなぁ・・。

◇ vol. ◇  「15年目のプロポーズ」    2005.11.17.

うぅ〜・・・私の希望では、春さんにフラれた野口くんは、一人大阪に行こうとするんだけど、
栄転は取り消しになって、ふんだりけったりでまた今までと同じ暮らしが始まる・・・っていうのが良かったなぁ!
本当に大阪行っちゃったんだもん、寂しいわぁ〜!

野口くんがプロポーズすると知ってて、達也たちは一緒に温泉旅行に行くのよ。
春さんも、野口くんからそういう話があるだろうと警戒して話をそらそうとしてたんだけど、
野口くんの勢いに任せて、「考えてみる・・・」って答えちゃうのよ。
それで、野口くんは一人走り始めちゃって、指輪まで買ったのに、
春さんは「ごめん・・」って断っちゃったよ。
わかってたけどさぁ・・こうなるってわかってたけど、かわいそうだったなぁ、野口くん。
いつも見守ってくれて、失敗してもかばってくれた野口くんがいなくなったら、春さん、これから大変だぞぉ〜!
いつも側にいてくれた人がいなくなってはじめて、春さんは野口くんの大切さに気づくのかもしれないね。
あの指輪が春さんの指にはめられる日はくるのでしょうか・・・。


女ってのは、付き合い始めてすぐはしょっちゅう電話とかしないとダメんだよぉ!という陸のアドバイスで、
達也は知里に電話するんだけど、後ろで温泉ギャルがキャーキャー言ってて、またも誤解・・。(笑)
それでも、ちゃんと達也が「彼女だと思ってるから」って言ったことで、
二人の関係はこれから急速に進展しちゃうかもなぁ〜♪

でもよ、達也くん。上司の接待の誘いをあんな風に断って、普通ならかなりヤバい状況ですぞ?(笑)

次回は純平のお話のようです。
最後のエンドロールで、岩佐真悠子ちゃんの名前が出てきて、「あり?どこに出てたっけ?」と思ったら、
その後に出てきたよ。(笑)
かなり怪しいんですけど、お人よしの純平をお腹の子のお父さんに仕立てようとでも思ってるのか?
また女に振り回される話になるのかしらねぇ・・。

◇ vol. ◇  「トゥルーラブ」    2005.11.10.

達也ぁ〜!そりゃないぜぇ〜!!
ひどすぎる・・・主任が可哀想だよぉ〜!!

でも、今日は面白かったっす!(笑)

達也と知里は付き合うことになって、初めてのデートは映画を見に行くんだけど、
給料日前でお金がない・・って感じの達也のために、「ウチで食べませんか?」と言い出す知里。
おいおい、今時カードももってないのか、達也は?(笑)
初デートでいきなりお宅訪問なんて、どこがオクテやねん、達也?(笑)

んでもって、家で「私のドコが・・?」って聞く知里に「目が可愛いじゃん・・」と言いながらキスしようとしたりして、
おいおい、どこがオクテやねん?(笑)

でも途中でアイから達也に電話がかかってきて、「すぐ戻る」って出て行っちゃうんだけど、
アイは今付き合ってる男を結婚して外国にいくって達也に告げるのよ。
ま、つまり、このことを陸に伝えてくれっていうことで、素直な達也はまっすぐ陸のところに言って報告よ!
「一人の女に束縛されるのはイヤなんだよ!」という陸とケンカになる達也。
「お前なんかじゃアイが可哀想だよ、これでいいんだよ!」って怒る達也。
うん、そうだね、それは陸もよぉくわかってるんだよね。

んで、知里は一人お家で待ちぼうけ・・・可哀想すぎる・・。

その埋め合わせにとデートする達也と知里。
しかし、店を探しに行った達也は、陸がケンカしているのを目撃して仲裁に入っちゃうのよ。
んで、一緒になって大ゲンカ!
最後は兄弟仲直り♪・・・ってこら!また忘れとるやないかい!(笑)
知里・・またも待ちぼうけ・・。

慌ててお詫びの電話をする達也だけど、とうとう知里も電話に出なくなっちゃったよ。
でも、怒って出ないっていうより、何度も置き去りにされてるってことは、別れを切り出されるんじゃないか・・?って
心配してるんじゃないかなぁ・・って気がするのよね。
ったく、罪な男だぜ、達也!

んで陸は、とういうと・・。春さんが「お父さんからのプロポースを教えてあげる」と言いだして
「正直、君を幸せにする自信はないけど、ボクが幸せになる自信はあります!」っていうセリフを聞いて、
陸はアイに会いに行きます。
すでに招待状も送ってるカップルの結婚を止めるなんざ、ちょっと無謀やと思うんすけど・・。
でも、このセリフが見事に効いたようで、二人は元サヤぁ〜ってことね。
いやいやしかし、結婚相手の人、めっちゃ可哀想ですやん?
何も悪くないのに・・。そりゃ、慰謝料請求されても文句は言えまい・・。


さて、最後に野口さんから三兄弟へ告白が・・・。
君たちのお父さんになりたい!春さんと結婚したい!!ですと??
おいおい、春さんの気持ちは置いてけぼりかよぉ〜!!(笑)

◇ vol. ◇  「TOKYO恋物語」    2005.11.03.

コテコテの恋物語だけど、わたし、結構こういう話、好きです♪
堅物の兄ちゃんを、遊び人の弟が怒るシーンもなかなか良かったわぁ♪

良かったねぇ、知里ちゃん・・・♪
男と女はいつどうなるかわからない・・・本当だね、陸・・(涙)

知里の見合いが決まって、「どうしましょぉ〜!!」と春恵に泣きつく知里。
なんと、「付き合ってる男がいる」って親に話しちゃったみたいで、
親が田舎から会いにきちゃうのよ。
んで、春恵が送り込んだ人間は、達也ではなく陸・・。
ま、チャラ男をお父さんが認めるわけもなく、「認めんからな!!」と怒られてしまいました・・。

達也は、同窓会で、好きだったアキにあうんだけど、
いやぁ。。罪な女だ!持ち上げるだけ持ち上げておいて達也をその気にさせておいて、
最近、この人と付き合いだしたの♪ときたもんだ。
達也、ショック・・。

落ち込んだ達也を励ますために、知里を加えてアイとWデートをすることにした陸。
なのに、「彼女を女としてみたことなんてねぇよ!」とか言っちゃう達也。
ちどい・・・これ、かなり傷つくぞぉ〜?

知里は見合いをすることを決めて、達也にはっきりと話をするのよ。
それを聞いた陸は達也に掴みかかります。
「これだから理屈こねる大学でのエリートはイヤなんだよ、女を好きになるのに時間なんて関係ないんだよ!」
いやぁん、もこみっちー、かっこええやん♪

この言葉を受けて、駅まで知里を追いかける達也、でも間に合わず・・
と思いきや、新幹線には乗らなかった知里がそこにいました・・。
。。。よくある展開やなぁ・・。(笑)
「あの・・・友達からでいいんだ、付き合ってくれたらなって・・・」
良かったねぇ、知里ちゃん♪

しかし、みんなも言ってたけど、いまどき「友達から♪」なんて、ぷぷぷっ!(笑)
女として見てなかった・・なんて言ってた達也が知里と付き合うなんて・・という純平に
「いつどうなるかわからない、それが男と女の面白いところだよ・・」なんて答えた陸。
まさにそれ!
アイは違う男と付き合いだしてたぞぉ〜!
あぁ・・・ね?いつどうなるかわからないんだよ、男と女なんて♪(笑)


私、このドラマの音楽がイマイチ好きになれませんわ。
主題歌もあんまり好きじゃないし、メッセージ性の強いDef Techの曲は、BGMとしてはちょっとうっとーしいです。(汗)

◇ vol. ◇  「三男の甘い誘惑」    2005.10.27.

なんか、玉ちゃんがとってもかっこよく見えるんですけどぉ〜♪
あんな毛の長いサラリーマンが好きじゃないけど、でも玉ちゃんなら許しちゃおうかなぁ・・。(笑)
ウチの旦那は横で「もこみっちーって男前やなぁ♪」ってうるさいけどね。(笑)

今回は純平のお話。
あの電話の主がかなり怪しいのに、すぐにひっかかっちゃうんだもんなぁ・・。
もうちょっと慎重な子かと思ったけど、意外に簡単にひっかかっちゃったわ。(笑)
んで、この「ケイコ」っていう女の企みはなんなんだ・・・?って思ってたら、なんと、目的は陸だったか!
陸にポイ捨てされた腹いせに、純平に近づいたってこと?
付き合ってる男の携帯を覗き見して弟の番号をGETしてたってかい?

あ―こりゃ、陸に捨てられても仕方ない女ですやん・・。

偶然陸が純平とケイコを見かけて、事の真相がわかったわけだけど、
弟のために春恵と達也と陸の3人が本当に心配して話し合ってるのが良かったねぇ♪
今日は美佐子さんの出番も多かったし、時折ちゃんと母親らしい表情もしてたしね。

陸がケイコを誘って、ケイコの企みを知って、純平の前に二人で現れて「ほら、騙されてたんだぞ」って
ある意味ショック療法ってことになったんだけど、純平は信じないんだよねぇ・・。
一人帰るケイコの後姿に「ボクは本当にケイコさんのことが・・・!」って純平が振り向きざまに叫んだのに、
もうそこにはケイコの姿はなくて・・。
いやぁ・・可哀想だった・・・。
最初に好きになった女性にこんな振られ方したら、女性不信になっちゃうよねぇ・・。
純平の今後が心配ですわ。


そしてもう一つの恋の行方・・。
達也を王子と思い込んじゃってる知里は、勇気を出してメガネのお礼に食事に誘うのに断られちゃうのよね。
普通、ここで諦めそうなもんですが、相当好きみたいで・・。
知里は春恵に達也のことを相談してるんだけど、家までやってきて相談しちゃってて、
そこに達也が帰ってきちゃって、息子だ知っちゃうのよね。
働きにくいぞぉ〜!(笑)
達也は全然知里の気持ちに気がついてなくて、今回の純平の件を見てて、
ちゃんと気がないことを話すことこそ誠意だと思っちゃったのか、
わざわざスーパーに言って「勘違いさせてたらごめんなさい」って改めて振っちゃったよ!
おいおい、本当に女心のわからんヤツだ・・

だから、彼女が出来ないんだよ!
さて、次回は元カノが出てくるみたいだねぇ・・。
知里の思いはどうなるんでしょうか・・。

◇ vol. ◇  「次男のホストNo 1」    2005.10.20.

思いっきり陸メインでしたねぇ・・。
母・春恵さんとの絡みも少なくて、おいおい、美佐子さんの扱いはこんな感じで進むのかい?と
ちょっと寂しくなってまいりました・・(涙)


家族に内緒でホストを仕事を始めてて、それが達也にバレてケンカして家を出て行ってしまいました。
父親代わりである達也からすると、それは許せないんだろうけど、
まぁ、確かに頭ごなしではあるよねぇ・・。
しかし、陸ちゃん、ホストがお似合いですこと♪
でも、見た目からいうと、あのNo.1ホスト(高杉瑞穂)の方がホストらしいホストだね。

心配になった陸の元カノ・アイもそのホストクラブに通うようになっちゃうんだけど、
No.1ホストの餌食になりそうだ・・・と知ってしまった陸は、とにかくアイに来るなと言うのよ。
・・アンタも頭ごなしだね・・・。(笑)
アイは陸の様子を見たくて通ってるんだろうけど、結構楽しんでるように見えたわね・・。(笑)

春恵さんは、いつも達也と比べられてた陸は、唯一勝てるのは女のことだって言うのよ。
そんなんで張り合うなんて・・・(笑)

アイのことでNo.1ホストを殴っちゃった陸は、みんなにボコボコにされるんだけど、
そこにやってきた達也が陸をかばおうとしつつ「なんで殴り返さないんだよぉ!」って言うのよ。
この仕事を辞めたくないんだ!!って言って殴られ続ける陸。
小さい頃、黙って頭下げることを教えてくれた達也の言葉を覚えていたということだな。
その言葉を聞いて、やりたいのなら・・と達也もみとめたらしいけど、
アイが「辞めて」って泣いたら、あっけなく辞めちゃった!
うぅ〜ん・・意外に簡単ね、アンタ。(笑)
んで、元サヤっすか、おたくたち?

知里の「メガネ事件」のお相手が達也と知った春恵さん・・。
女関係が激しい陸のホストクラブは心配しないけど、
女関係がほぼない達也の恋には関心があるようです・・。(笑)
メガネを買いに行った二人ですが、「コンタクトは?せっかくキレイな目してるんだからさ」とか言っちゃう達也。
それ・・かなりの殺し文句っすよ?

近いうちに、知里はコンタクトになると思われ・・。(笑)

次回は三男・純平のお話みたいだけど、完璧パシリだね、この子・・(汗)
あの携帯にかかってきた電話、怪しすぎるんですけど。。。純朴な純平は軽くひっかかっちゃうんだろうなぁ・・・。

◇ vol. ◇  「長男の逆玉見合い」  60分SP  2005.10.13.

思ったとおり、大好きだなぁ、このテイストのドラマ!
田中美佐子さんも、昔のまま、ナイスキャラだし、
息子たちもそれぞれがちゃんとキャラに合ってるし、生瀬さんも相変わらず素敵(?)だし♪(笑)

1990年、春恵の夫が配達時に事故に遭い、最初は肋骨骨折ということだったのよね。
入院で不便をかける・・という話から、息子たちにそれぞれ言葉をかけるのよね。
長男達也には、弟たちの世話をちゃんとしてやれ。
次男・陸には、お兄ちゃんの言うことをよく聞け。
三男・純平には、そのままでいい・・と、
そして、お母さんには迷惑をかけるな、女なんだから大事にしてやれ・・。
そして父の容態は急変し、そのまま死んでしまいました・・。
父の急変に泣き出した弟たちのために、自分も泣きたいのに「ウルトラマンタロウ」を歌う達也が切なかったねぇ・・。

そして15年後・・。
いやぁ・・ここまでよくも立派に育てたねぇ・・。
達也と陸は殴り合いのケンカをしたりして、男三人兄弟で大変そうだぁ〜!
でも、こんなに良い男に囲まれて、美佐子さん羨ましいのぉ♪(笑)
ある日、陸に騙され合コンに出かけた達也は、そこにきた理恵に一目ぼれ・・。
この子、実は達也の会社の取引先のお嬢様で、この子も達也に惚れてて、
この子が見合いを父親に頼んだ・・ってことなのね。
ぽぉ〜っとしてる達也が可愛かったね。

でもさぁ、大学時代に付き合ってた子に似てるから・・って惚れられても嬉しくないよ?
未だに机に元カノの写真を忍ばせてるんだもん。。。女々しいわ。(笑)

理恵は「婿養子」前提での付き合いをしてると知って、きっぱり断った達也。
父の遺言が頭にいつまでも残ってるんだね。
長男である自分は、弟や母を守っていかなくてはいけない・・って。
そうだねぇ。この子の性格からして、このお話は無理かもなぁ・・。
携帯の写真をすぐに消去してたのは好感が持てたわ!

達也の決断が嬉しくも切ない母・春恵は、泥酔しちゃうのよね。
それを迎えに来た達也・・そして、雨が振り出して傘を持ってくる陸と純平・・。
ケンカは絶えないけど、いい兄弟なんだよね。

そんな達也はある女の子とぶつかります。
この子が知里@国仲ちゃんなのね。
メガネがポキっと折れるところはちょっと笑えたわ。(笑)
知里は達也に一目ぼれしちゃったのかな?
今後の恋の展開も面白そうです♪
初回から結構楽しめました!



 ■ 人物紹介 ■

 桜井春恵・・・・・・15年前に夫と死別し、一人で3人の息子を育てる。
 桜井達也・・・・・・長男。広告代理店勤務。
 桜井陸・・・・・・・・次男。水泳のインストラクター。
 桜井純平・・・・・・三男。介護専門学生。
 田村知里・・・・・・春恵の勤めるスーパーの主任。
 野口秀貴・・・・・・春恵の勤めるスーパーの店長。春恵に気がある。

◆ Story ◆ クリニング店を営む夫と死別して15年。友達のような関係の親子4人の物語。5年ぶりの連ドラ復帰の田中美佐子に注目。
◆ 期待度 ◆ ものすごく待たされた・・。田中美佐子さんは大好きなんです!それと、「セカンド・チャンス」というドラマが大好きだった私としては、よく似た設定にもちょっと嬉しかったり?とにかく、楽しみです!