花より男子

□ 金曜 22:00〜 TBS 
□ 原作・・神尾葉子 □ 脚本・・サタケミキオほか □ 演出・・石井康晴 □ P・・瀬戸口克陽
□ 主題歌・・・  「WISH」  嵐        □ イメージソング・・・ 「プラネタリウム」  大塚愛
□ 公式HP・・・ http://www.tbs.co.jp/hanayoridango/
◆ 出演者 ◆
 牧野つくし・・・
 道明寺司・・・
 花沢類・・・
 西門総二郎・・・
美作あきら・・・
三条桜子・・・
松岡優紀・・・
浅井百合子・・・
井上真央
松本潤
小栗旬
松田翔太
阿部力
佐藤めぐみ
西原亜希
瀬戸早妃
藤堂静・・・
千石幸代・・・
牧野晴男・・・
牧野進・・・
牧野千恵子・・・
道明寺椿・・・
道明寺楓・・・
佐田真由美
加藤貴子
小林すすむ
冨浦智嗣
石野真子
松嶋菜々子
加賀まりこ
原作
花より男子―完全版 (Vol.1) (集英社ガールズコミックス)
主題歌
All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)
サウンドトラック
花より男子(だんご)オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
花より男子DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「最高のラストプレゼント」   最終回  2005.12.16.

TOJはほぼ原作通りでしたねぇ。
1、持ち時間1分で特技を披露 → 護身術
2、好きな衣装を選び着こなす → 意地悪で裂かれた服をアレンジ
3、英語で「恵まれない子どもたち」をスピーチ → 家族愛を強調
4、21人の子どもたちと遊ぶ → 子どもやあや乃とも一緒に遊ぶ
と、順調に勝ち上がっていったけど、つくしは惜しくもあや乃に負けちゃうのよね。
特別賞はもらったけど、優勝ではない・・。

つくしが優勝しなかったら、母の言うことを聞くと約束していた道明寺は、
3年間、跡取りとしてアメリカで勉強をするということを受け入れたのよね。
もし、優勝しなくても、道明寺が行くのなら、つくしに対する嫌がらせはやめるといってくれたし。

うん、原作通りでなかなかの出来じゃないですか!と思ったら、
最後が違ったよね?
つくしには内緒でアメリカに経つつもりだった道明寺だけど、
花沢類がつくしに出発を教えてあげたことで、つくしは空港まで急ぐのよ。
飛び立とうとする飛行機の横を必死に走るつくし。(←ありえねぇっつの!(笑))
そこで母・椿が西田に「ちょっと止めて、サングラスを忘れてきたの・・」と、
まるで道明寺に「つくしと話してきていいよ」と言わんばかりの行動をとるわけさ。
えぇ〜!ここで認めちゃうの、二人を?
ふぅ〜ん・・・
そうなると、続編を作るときにすこし原作とはズレがでてくるのでは・・?と
余計な心配をしてしまうわ、私は。(笑)


ま、そんなとこくらいかな、難癖つけるのは。
ほかはなかなか素敵な最終回だったと思います。
でも、やっぱり、マツジュンのアップになると、「肌が汚いな・・」って思っちゃって、
イマイチはいりこめませんでした。(汗)

んで、最後にまたとっても下手な静@佐田真由美が出てきてビックリ。
もう、あなたの一本調子のセリフは聞きたくなかったんですけど・・?
花沢類と静の再会は描かなくても良かったんじゃないかと思えて仕方ない・・・(汗)

最後に「See You Soon!」と出たので、やっぱり続編はアリということですね。
連ドラになるか、単発になるかは、出演者のスケジュール次第ってことかな?(笑)
椿役を松嶋菜々子にしたことで、今後の調整がききにくくなったんじゃないか・・?と余計な心配をまたしてしまった。(笑)


■ 総評 ■

まず、底辺に「マツジュンが苦手」というのがあって、そして「F4のレベルが低すぎる!」というのがあって、
最初はどうしても難癖をつけたくなってしまって、どうもハマれませんでしたが、
徐々にマツジュン道明寺にも慣れてきて、最後はまぁ、こんなもんでしょ?って感じでしたね。
つくし役の井上真央ちゃんは、とっても似合ってて良かったとおもいます。
続編をきっと作ると思いますが、きっとまた、何やかんや言いながら見ると思います、私。(笑)

◇ 第話 ◇  「いざ女子高生日本一決定戦」     2005.12.09.

「すいきんちかもくどってんころりん」で、まずは軽くノックアウトされちゃいました、あたい。(笑)
そうなのよ、私もこうやってボケてた記憶があるなぁ、ちっちゃい頃・・・。
結局、つくしパパのリストラ騒ぎのせいで、道明寺はやっぱり待ちぼうけ・・。
だって、つくしパパったら、500万円も借金してたのよ!
つくしは学校も休学してバイト探しに明け暮れる日々・・・。

その頃花沢類たちは、これは道明寺母の仕業だな・・と勘付くのよ。
そしてつくしに話を聞こうとした花沢類なんだけど、そのころつくしは怪しいバイトの誘いに乗っちゃってたのさ・・。
写真撮るだけで10万なんて、そんなおいしい話があるかっつの!!
そこに助けに来たのが花沢類・・いつもいつも、操の危機には花沢類がつきものなんすね。(笑)

それに気がついたつくしは、乗り込んでったよ、楓のところに!
やっぱり、つくしの啖呵は小気味いい!!
そうさ、自分以外の人間をすべて見下すような女に、負けるんじゃねぇ!!

母のたくらみを知った道明寺の怒りをとりあえず抑えたのは、母の秘書の西田(デビット伊東)だったねぇ。
ふぅ〜ん・・いい役だったんだね、この人。(笑)
そして道明寺は、何があってもオレが守る・・って言ってくれるのさ。

道明寺は姉に頼って、つくしを「TOJ=ティーン・オブ・ジャパン」に出場させることにしたのよ。
なんと、この大会の初回優勝者は楓らしく、つくしが優勝したら認めざるを得ない・・ってことらしい。
んで、特訓が始まるんだけど、頑張るつくしを横目に、道明寺がサラリとこなすのがムカつく!(笑)
やっぱり、コイツ、バカだけどお坊ちゃまなんだなぁ・・しみじみ・・。

楓は千石堂にまで手を回してて、それを見たつくしはさすがに、自分が相手にしている存在の大きさを実感しちゃうのよ。
諦めようとするつくしに発破をかける道明寺。
雑草パワーを発揮しなくっちゃ!
笑顔が一番似合うんだからよ・・なんていわれちゃってさぁ!
・・・でも、この時点ではつくしはまだ道明寺のことが好きではないんだよね?
この話は道明寺にハマっていくつくしが可愛くて面白いんだけどなぁ♪

さて、花沢類や西門・美作が、つくしの家や千石堂を救ってくれてるらしく、
つくしはTOJ開催日までこぎつけたわけですが・・。
楓の刺客・栗巻あや乃@道明寺の婚約者(酒井彩名)が送り込まれてきました。
ほかにもお嬢がたくさん出場してますが、この子が一番の敵になるのは間違いないっすな。
おっとっと、道明寺が誰かに殴られましたよ!
うまい具合に引っ張りますなぁ!

次回は15分延長の最終回。
この時点で続編希望が殺到しているようで、「つづく・・・」って感じの終わり方になりそうだなぁ。

◇ 第話 ◇  「バトルF4解散!!」     2005.12.02.

花沢類とのことを誤解しちゃった道明寺は、かなり怒っちゃうのよね。
んで、花沢類はF4からはずされちゃうのよね。
つくしはどうしたらいいかわからないんだけど、「オレが守るから・・」と花沢類。
・・・うぅ〜ん・・ちがぁう・・花沢類じゃなぁい・・(涙)

そして二人がデートすることになるんだけど、気になる道明寺はこっそり覗いてるのよ。
覗きといえば、トイレを花沢類に見られちゃったのはイタイっすねぇ!
立ち去り際に「くっくっく・・」って笑う花沢類は、ちょっと花沢類だったような気もしなくもないが・・。(笑)

桜子を使って道明寺とつくしを引き離そうと母・楓は考えたらしいけど、全然効果ないと思うよ。
道明寺はつくししか見えてないんだから・・。
そして花沢類は、道明寺がつくししか見えてないことに気がつくんだよね・・。

そして前回の引き続きで、中塚くんと優紀の問題だけど、
連絡が取れなくて泣いてる優紀を、放っておけなくて西門が救いの手をさしのべちゃうんだけど、
中塚に「オレの女を泣かせたら・・」と凄むシーンは、
優作さんをちょっと期待しちゃったんだけど、ちょっと迫力不足でしたねぇ・・。

その後のつくしのパンチはすっきりしたけど♪

そして、花沢類は道明寺を呼び出して、つくしといろいろやっちゃった♪みたいな話をするわけよ。
カッとなった道明寺と、止めようとした美作・西門も加えて乱闘・・。
「ウソだよ」と花沢類が言って、仲直り・・。
道明寺の気持ちを確かめようとしていたのね。
男は殴りあいをすればアッサリ仲直りしちゃうから良いよねぇ♪

そして、つくしはというと、道明寺が中塚を殴った本当の理由を知って、謝らなくちゃ・・って思うのよ。
そこに道明寺から電話が。
あの望遠鏡が出てきたってことは、「土星」ですね?
でも、お父さんがリストラになっちゃったみたいで、また道明寺は待ちぼうけかよ・・(涙)
このリストラの原因は、もち、あの人のせいでしょうが・・。

この原作はまだまだ先が長いんだけど、一体どこで話を終わらせるのかなぁ・・と思ったけど、
どうもTOJで終わろうとしてるのね。
なるほど・・。
どういうふうに演出されるのか、楽しみですね♪

しかし不思議だ・・。道明寺@マツジュンがかっこよく見える・・・。(笑)


 □ 突然アンケート結果 □
ちょいと皆様にもお聞きしたくて・・

どちらがお好き?


< 注 >
原作の二人ではなく、
このドラマの二人のどちらか・・
ということで、お願いします♪
■ 結果発表 ■

投票数・・・1229票

道明寺司・・・ 790票
花沢類・・・・・・275票
どっちもダメ・・・164票


ご協力、ありがとうございました!
◇ 第話 ◇  「大波乱一触即発の三角関係」     2005.11.25.

今回は結構ツボにハマりましたよ、私。
原作でも、この頃の花沢類が好きではないので、小栗くんの花沢類も気にならなかったし。(笑)

天然道明寺全開で、不覚にも笑ってしまふ部分が多々あったわ。(笑)
これはマツジュンではない・・・と自分の暗示をかけて見ると、この道明寺も愛おしくなってきたわ。(笑)
でも、お母たま@楓様が許さなくってよ!
どうにか二人を引き離さねば・・って動き始めたと知った椿は急遽ロスから帰国。
んで、司がよもぎちゃん@つくしとうまくやっていけるか、庶民デートっつーもんをやってみたら?と提案し、
優紀と、その彼・中塚(忍足修吾)とWデートすることになったのよ。
「誰が行くかよ!」なんていいながらルルルンの道明寺。
来ないかも・・と不安なつくしのところに、「アイツは来るよ」って花沢類が言いにきて、
そのときにつくしが「道明寺専用ピカリン携帯」を落としてしまったから、後の波乱を引き起こすんだね、これが・・。

そして西郷さんの前で待ち合わせしたんだけど、この中塚くんつーのがチャラ男でさぁ。
つくしの立場を考えて、ギリギリまで我慢する道明寺なんだけど、
「たるくね?いい女紹介っすっからさぁ、だいたいアンタの女も微妙じゃね?」とか言われちゃって、
プッチーン!バッキーン!っと道明寺がキレちゃったわよ。

こんなやつとは別れたほうがいいなんていい残して先に帰っちゃう道明寺に、
何も知らないつくしはちょっとムカつくのよね。

そして家に帰ったつくしの目の前に、道明寺楓が・・。
3億円を目の前にし、きっとお父さんはクラクラきてたんだろうけど、
ちっちゃな石につまづくわけにはいかないんです、と娘を侮辱された母・千恵子さん、ナイスです!
楓の頭に塩をたっぷりとぶっかけ、「庶民をナメると・・・しょっぱいのよ!」ときたもんだ!
つくしは「わけわかんないけど」って言ってたけど、充分わけ、わかりますよ、あたいには!(笑)

「あんなヤツとは縁を切りなさい!!」と言わないで、「絶対モノにしなさい!」って言っちゃうところもナイスです!!

さて、花沢類が「ピカリン携帯」を持ってると知った道明寺は怒ります。
そしてつくしは、いつもの階段で花沢類に会い、「ちょっとだけ・・」と抱き合っちゃって、
それを道明寺に見られちゃいます。
花沢類がなぜこうなってしまったのか・・・っていうのは、次回に持ち越しなんですね。
それだけ静を愛していたんだろうけどさぁ・・。

原作でもこの頃から、私の気持ちは道明寺に傾いてまいりますので、さらに楽しく見られそうな気がしてきました。
毎回毎回、千石堂の女将さんの恋愛話も楽しみになってきたし。(笑)
美作と西門の出番が少ないのも、私にとっては嬉しいかもです。(汗)

◇ 第話 ◇  「命がけの愛の告白」     2005.11.18.

おりょりょ?ちょっと道明寺がかっこよく見えちゃったわ。
マツジュン道明寺は絶対に私はダメ!って思ってたけど、顔の半分が影になってるシーンとか、
はっきり顔が見えないときは、ちょっといい感じに見えちゃったり・・・(笑)
つーことで、マツジュンがダメだということは何とか乗り越えられそうな気がしてきました。(笑)

桜子が犯人とわかって見ているので、いたるところで「騙されるなぁ〜!!」と思いながら見てました。
友達だと思ってた桜子にあんな仕打ちをされるなんて、つくしもかわいそうだよなぁ・・。
でも、そこに道明寺が助けにきてくれて、つくしは救われただろうねぇ。
「目、つぶってろ!」にはちょっとクラっ・・ときそうになりましたよ、あたい。(笑)

さて、桜子がどうしてこんなことをしたのか・・っつーことですが、
実は桜子は道明寺と同学年で、幼稚園(幼稚舎というらしい)時代に、
「ブス!」と言われたことを根に持っていて、整形をし尽くした姿になって帰ってきたのに、
見向きもしないどころか、パンピーのつくしに入れあげちゃってるのがかなりムカついちゃったらしく、
怒りの矛先がつくしに行っちゃったっつーことっすわ。
だけどよ、ナイフを振り回すのは教育上よくないっすよ?若者がたくさん見てるんだから、このドラマ・・・。

桜子の手下にボコボコにされても反抗しない道明寺。
なんで?と聞くと、「それじゃお前を守ったことにならねぇだろ・・」・・・いかん、またクラっときそうになった・・。(笑)

そして桜子の正体が浅井たちにバレちゃってイジメられてるときに、やっぱり見捨てることの出来ないつくしがかばってあげるのよ。
それを見た道明寺が「オレが太鼓腹押したやつだけあるなぁ〜」なんて絡んできちゃって!
「太鼓判じゃろ!」とみなで突っ込む・・。これもまた、「花男」を見る醍醐味になりつつあるのね・・。(笑)
しかぁし!
帰ってきたよ、花沢類が・・。
今回でマツジュン道明寺を何とかクリアした私ですが、小栗花沢類をクリアできる日はまだまだ遠いな・・。
せっかく面白くなってきた・・と思った気持ちが萎えまくりっすよ・・。
ふぅ〜・・頑張れ、私!何とかクリアするんだぁ〜!!(←何の意気込み?(笑))
つくしの思いも、道明寺に行きかけたけど、花沢類の帰国でまた揺れてしまうのねぇん・・・。

次回はまた菜々ちゃんの登場ですな。
裏が「女の一代記」なので、負けないためにも菜々ちゃんを出してきた・・ってことかしらん?(笑)

◇ 第話 ◇  「初めての朝帰り!?」     2005.11.11.

さ・寒いのは、季節のせいですか・・・?
道明寺だけじゃなくて、美作も西門もめちゃめちゃサムいんですけど・・。

あの「リンゴのすりおろし」のくだりは、寒くて風邪がぶり返しそうだったわよ、あたしゃ。
うぅ〜ん・・・。
やっぱりダメだわ、このF4(今はF3)は・・。
おバカな道明寺が、全然お茶目に見えないし、それに突っ込む人もイマイチだしなぁ・・。
唯一、OKなのは、和菓子屋の女将の千石幸代さんだけね。(笑)


雨の中待ってた道明寺と、安い店に入ろうとしたら、ここはすでに閉鎖の決まっているビルで、
そうとも知らずにエレベーターに乗っちゃった二人は閉じ込められちゃいました。
んで、寒さに凍える道明寺と一晩過ごしてしまうつくし。
これでますます道明寺はつくしを好きになっちゃって、学校でもつくしの扱いが変わってくるのよね。

それを面白くない顔で見ているのが桜子。
コヤツ、要注意なんどすえ。
クラブに行ったつくしは、「花沢類さんっぽくなぁい??」と言われた男性に近寄られます。
・・・似てないし?全然花沢類じゃないし?みんな、目、大丈夫?(笑)
んで、騙されてお酒を飲まされたつくしは、ホテルの一室であられもない姿で目が覚めます・・。
こりゃ、なんぞや?と思って学校に行くと、そこには男と寝ているつくしの写真が・・・。
ありゃりゃ、道明寺も誤解してしまいましたよ?
それをほくそ笑んで見ている桜子・・。
次回はコイツの秘密が明らかになりますかな?
あの、慌てて隠したアルバムにも、要注目でやんすね。


でもなぁ・・・、やっぱり、私は全然入り込めないわ、申し訳ないけど。
母・楓の登場とか、再度、姉・椿の登場とか、そういうのを楽しみに見続けていきますわ。

◇ 第話 ◇  「涙!!サヨナラ大好きなヒト」     2005.11.04.

うん・・・そうなのよ、道明寺はとってもオバカさんなんだけど、愛すべきオバカさんなのよ。
しかし、この道明寺は愛しにくい・・。(笑)
第3話から急に道明寺の雰囲気がガラリと変わって戸惑っちゃうよなぁ・・。
もっと最初から、可愛い道明寺をちょこちょこ見せておけばいいのにぃ〜・・。

今回はパリに旅立つ静を見送る類を励まそうとするつくしのお話です。
また言いますよ、私。
すみませんね、しつこいオバチャンで。
だから・・・花沢類に見えないんですってば・・。
しかも相変わらずの棒読み佐田真由美氏のおかげで、私は見る気を失いそうになりましたよ・・。


静が旅立つ日、F3(花沢類を除く)とつくしが見送るんだけど、
静が発ったあと、花沢類がやってきて追いかけると言い出すんだけど、
それを聞いた道明寺が熱く語り、友達思いの姿を見たつくしは、すこし見る目を変えたのかもしれないね。

そして椿@松嶋菜々子の登場です。
そうねぇ、ま、感じはいいと思うんですけど、ちょっと気取りすぎって気もするかなぁ・・。
美しくも野蛮な椿さまを見たかったような気もします。(笑)
その椿と司のやりとりは、オバカな司に椿と同じように行く末を案じたくなりました・・。(笑)
「類へ。。」って書くところを「数へ。。」って・・・。
ふぅ〜、お姉ちゃん、頭痛いよ・・。(笑)


姉の苦言や、花沢類の行動に影響された道明寺は、つくしをデートに誘います。
つくしは本気にせず、でも時間を気にしながら優紀と遊んでるんだけど、
雨が降り出して、気になって約束の場所に行ってみたら、傘もささずに佇む道明寺が・・。
ここね。
ちょっとマツジュンが道明寺に見えちゃったのよ。
あの服装のせいもあるかもしれないけど、「あらら??♪」って思っちゃった。

道明寺のあのクルクル頭は天然パーマなので、水に濡れるとストレートになるはずなんですが、
ドラマではどうなるんでしょか?
見事なくらいのクルクル頭が、別人のようになっちゃうところも見所なんだけどなぁ♪

◇ 第話 ◇  「最悪のファーストキス!!」     2005.10.28.

ダークモードが長すぎるのよぉ!
ようやく次回、椿に蹴飛ばされたり、つくしにかまい始める司になるみたいだけど、
もう、いつまでムス―っとしてんのよ、司!!って感じ。


前回終わりに拉致されたつくしですが、司が家に連れてかえって着せ替え人形にしちゃったというわけだ。
自分好みの女に・・と思ったのかもしれないけど、つくしはそんな女じゃないんですよぉ!!
怒って帰るつくしは、司の家の中で迷子になるんだけど、
あの大食堂は、まさに「ハリーポッターっかっつーの!」状態でしたねぇ。(笑)

学校では「淫乱女!」とか、「中絶5回!」とか書いてあるのよぉ!
ったく、陰湿だわ・・。
バイト先に桜子が謝りにきて、つくしにとってようやくお友達が出来た・・ってことね。
帰りに、静の特大ポスターの前で佇む花沢類を発見します。
「パリの時差」を聞いていた花沢類に「8時間」と教えてあげるつくし。
それを車の中でじぃ〜っと見ている司・・・。

翌日、桜子のロッカーに赤札が張られてました。
みんなからイジめられる桜子をかばって、投げられたソースをホウキで打ち返したつくしですが、
なんと、司の靴にソースがついちゃった・・。
「舐めろ」だって・・・「もう誰も愛さない」以来だわ、足を舐めろだなんて・・。(笑)(←古過ぎますか?)
そこに「間違ってるよ」と花沢類。
・・・いやぁ・・しつこいけど言わせてね。
違うのよぉ〜!!花沢類じゃないのよぉ〜!!ちょっと寒気で鳥肌がたっちゃったわよぉ!
ふぅ〜・・・抑えろ、私。(笑)

「パリとの時差はサマータイムだから7時間だよ」と茶々をいれたがために、司、途中でやめました。

次の日、つくしはみんなからイジめられるどころか、「おはよう!」なんて声をかけられることに・・。
何事?と思ってたら、イジメっこ3人組からパーティにまで誘われちゃって、ウキウキのつくし。
「カジュアルでいいのよ」と言う言葉を信じて会場に入ってみると、フォーマルなパーティでした・・。
これ、静の帰国パーティだったのよね。
イジメっこに飲み物をかけられて悲惨なつくしに、優しく話しかける花沢類。
静も、イジメっこに仕返ししてくれて、つくしは素敵なドレスに着替えて登場・・・。
それにしても佐田さんよ、大根すぎやしないかい?
どうしてこんなにセリフが棒読みなのかしら・・。
静の「靴のエピソード」は、すごく好きなシーンだったので、余計にカッチーンときちゃったわ。(笑)


ドレスアップつくしに、ちょっと惚れたくせに、「誰の許可を得てコイツに話しかけてんだ?」って文句いいだして、
静をかばった花沢類を殴っちゃう司。花沢類をかばおうとしたつくしは、なんと、
スっ転んで司とキスしちゃいましたよ。
さぁ、司、自分の思いに素直になるんだぞぉ〜!!

次回は椿@松嶋菜々子の登場ね!楽しみだわ・・。

◇ 第話 ◇  「宣戦布告!!お金より絶対に大切なモノ」   2005.10.21.

納得できない部分が多々あるんだけど、やっぱりF4がF4ではない!
どうしても比べてしまうんだけど、道明寺が違うのよぉ!!
道明寺は、すんごくイヤなヤツなんだけど、愛すべきキャラでもあるのよ!
あんな、カッコばっかりつけてるヤツじゃなくて、おちゃらけた面も出していってくれないと、
単なるイヤなヤツになっちゃってるじゃないかぁ〜!!

でも、きっと今後はどうしようもなく可愛い道明寺になってくれると祈りたいもんですが・・・。
花沢類ですが・・・コレはねぇ、私の中での「花沢類」はF4の中でも別格なんですよ。
これは、きっと誰がやっても文句をつけてしまうかもしれないけど、やっぱり小栗くんじゃダメですな、私には。
松田翔太くんは、ちょっと余所見して見てたときに声だけ聞いたら、
お父さん@松田優作さんの声とソックリでビックリした!!
いやぁ・・優作さんが生きてるよ、この子の中で・・としみじみ考えちゃった♪
美作は、まぁ、特に言うことなし。(笑)

それより!司の姉って、松嶋菜々子なの???
写真に写ってたけど、後々出てくるの??そりゃ気になるわ!
でも、「つかさ!!」っていう声は、菜々ちゃんじゃなかったような気がしますけど・・。

つくしは、まぁ、つくしだったよね。特別可愛いわけではないけど、どうしても気になる・・っていう感じで。
でも、私が一番納得して見てたのは、つくしの家族♪
お父さん役の小林すすむさんが、ドラマのパパと同じなんだもん!

それに、あの弟のキャラが結構お気に入り♪ 水飲み場でのシーンで笑ってしまったわ!
この家族だけは楽しく見ていられたかも。

それと、静さんも違うんだよなぁ・・。
色が透き通るように白い、清楚な美人のはずなのに、黒いしケバいし・・。イメージが全然違うよぉ!!


F4のいる学校でなるべく目立たず卒業までを平穏無事に過ごすことだけを祈って暮らしていたつくしですが、
転校生の桜子ちゃんが道明寺にぶつかっちゃって、それを助けたがために赤紙を貼られてしまいます。
ここからは執拗なイジメが始まるわけですが、行く先々で花沢類に救われるつくし。
F4の中でも一人異質な類だけが、つくしの救いとなるわけですな。
でも、あの挿入歌はちょっと存在感がありすぎて合わないなぁ・・。

どんなにイジめても学校を去ろうとしないつくしにいらだって、弁当箱をひっくりかえし、
伊勢エビを踏みつける道明寺。
・・・あの家庭で伊勢エビなんざ、清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで両親が入れてくれたってことなのに!
なんてことしやがる・・とフルフル震え始めたつくし。
ここで、きっとテレビの前の皆様方は、「つくし!行け!!」と思ったでしょう。(笑)

ボッカーン!と道明寺を殴り宣戦布告するつくし。
しかし!
宣戦布告は、赤紙を道明寺のオデコにペッタンコ!ってやってもらいたかったなぁ・・。
イジメのシーンも本当にネチっこくて、もっとサバサバと流してくれないと、不快になっちゃうよねぇ。
全体的に湿っぽい作りになってたような気がするわ。

みつ編みで目立たないように過ごしてきたつくしが、髪をおろして心機一転立ち向かうぞ!と意気込んだのもつかの間、
道明寺の車に拉致されちゃったわよ?
どうなりますやらぁ〜!!
大筋は原作通り進むのかもしれないけど、ドラマ独自の作りをしていくのかしら?
中途半端にすると、原作と比べちゃうので、ドラマなりの「花男」になれば、そういう目で見られるようになるかもな。
とにかく、もう少し様子を見ましょ。

作りとしては面白かったかもしれないけど、私の中の「花男」が「違う!」と言ってるので、
初回は厳しく評価しておきます。(笑)



 ■ 人物紹介 ■

 牧野つくし・・・・・名門私立高校に通う一般ピーポー(ピープル)
 道明寺司・・・・・F4のリーダー。わがまま。
 花沢類・・・・・・・F4のメンバー。大人しく、わが道を行くタイプ。
 西門総二郎・・・F4のメンバー。自他共に認める女タラシ。
 美作あきら・・・・F4のメンバー。マザコンでマダムキラー。
 三条桜子・・・・・つくしと仲良くなりたい女の子
 松岡優紀・・・・・つくしの親友。
 浅井百合子・・・イジメっこ
 鮎原えりか・・・・イジメっこ
 山野美奈子・・・イジメっこ
 藤堂静・・・・・・・類の憧れの女性
 千石幸代・・・・・
 牧野晴男・・・・・つくしの父
 牧野進・・・・・・・つくしの弟
 牧野千恵子・・・つくしの母
 道明寺楓・・・・・司の母
◆ Story ◆
物語は、超金持ち名門高に通う貧乏少女が、御曹司4人組らとぶつかり合いながらたくましく生きる姿を描く学園青春ドラマ。原作は4800万部を売り上げた神尾葉子氏の伝説的コミックで、95年に内田有紀主演で映画化された。
◆ 期待度 ◆ あぁ・・・やっちゃった・・・って感じ。このマンガを日本でドラマ化するとは本当に勇気があるわぁ・・。ハードルが高すぎますよ?しかもこのF4のメンツ・・・。しょぼすぎる・・・。といいつつ、見ますけど♪とりあえず・・。