□ 土曜21:00〜  日本テレビ  (初回は〜22:09まで)
□ 脚本・・藤本有紀 □ 演出・・:岩本仁志 □ P・・戸田一也
□ 主題歌・・・ 「HEY!FRIENDS」  藤木直人  
□ 公式HP・・・      □ パラパラ振付・・・前田健
◆ 出演者 ◆
 北島進之助 (33)・・・
サキ (16)・・・
 レミ (18)・・・
ユリカ (16)・・・
ナギサ (18)・・・
リカ (17)・・・
シズカ (16)・・・
スミレ (16)・・・
藤木直人
戸田恵梨香
鈴木えみ
矢口真里
新垣結衣
岩佐真悠子
佐津川愛美
奈津子
土谷守 (50)・・・
柳下恵美子 (48)・・・
相川勇作 (44)・・・
早川晶子 (33)・・・
モモ (8)・・・
一ノ瀬誠 (24)・・・
柳下哲雄 (49)・・・
ジェロニモV世・・・・・・
高田純次
大島さと子
温水洋一
三浦理恵子
山内菜々
佐藤隆太
生瀬勝久
古田新太
主題歌
HEY! FRIENDS
サウンドトラック
商品の詳細
DVD-BOX
ギャルサー DVD-BOX
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「地上30m恐怖の落下 友情殺す死ねメール」 
    初回69分SP  2006.04.15.

今の子って、こういう話し方をするんですか・・?
全部が全部、こんな子ばっかりではないとわかってるし、願いたい気持ちでいっぱいですが、
こういう子たちがいるという事実も事実・・。
しかし、見ていて気持ちのいいものではない。
戸田恵梨香ちゃんは、これでちょっと見る目がかなり変わっちゃいそうだな・・。(汗)

うざい。
キモイ。
死ね。
死ね。死ね。
言われた方は怖い。
そんなこと、言われないとわからんのか。
そんなこと、教えてもらわないとわからんのか。
そんな世の中が怖いよ。

身をもって体験して、自分たちが軽々しく使っていた言葉がどれだけの傷つけるかわかった・・という、
なんともキレイに話を片付けてしまったけど、
カウボーイが渋谷に降り立ってギャルを説教・・なんてありえない設定で説教されても
ほほぉ・・・なるほど・・と実感できるものか?
今後もこうやって進之助がギャルたちを諭していくんだろうけど、そこにいたるまでが見てられないのよね、私には。

とにかく、70年代に生まれ80年代に青春時代を送った私には、
とてもじゃないけどついていけませんので、今後は見ないことにします。
ま、始まる前からある程度は想像してたんだけどね・・。

古田さんのインディアンには大笑いさせてもらったけど、
それ以上の不快感がありますゆえ・・。
それに矢口だけがすごく浮いてるんですけど・・・無理があるよなぁ・・。

若い子や、若い女の子好きの方にはたまらんドラマかもしれないので、
見る人は多いかもしれませんけど・・・。
とにかく、今時のギャルがどーこーというより、こういうことを平気で描いてしまうことに疑問を感じちゃいました。

でも、イモコが誰かは気になりますね・・。(笑)
わかった時点で掲示板等で教えてください。(←人任せでごめんね♪)



 ■ 人物紹介 ■  

 北島進之助・・・・突然渋谷に現れたカウボーイ
 サキ・・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」の下っ端
 レミ・・・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」のリーダー
 ユリカ・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」のメンバー
 ナギサ・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」の幹部 
 リカ・・・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」のメンバー 次期リーダー候補
 シズカ・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」の下っ端
 スミレ・・・・・・・・・「エンゼル・ハート」の下っ端
 土谷守・・・・・・・・文具店店主
 柳下恵美子・・・・商店会長夫人
 相川勇作・・・・・・ドラッグストア 店主
 早川晶子・・・・・・ドラッグストア 薬剤師
 モモ・・・・・・・・・・・ジェロニモV世の娘
 一ノ瀬誠・・・・・・・渋谷署の警察官
 柳下哲雄・・・・・・渋谷の商店街会長 喫茶店経営
 ジェロニモV世・・・アリゾナ在住のインディアン 進之助の親友


◆ Story ◆ 米国帰りのカウボーイ・北島進之助が、パラパラを踊るため東京・渋谷の街に集うギャルたちの間でできた渋谷細大のギャルサー「エンゼル・ハート」と真っ向から対峙。熱い対立を繰り広げていくうちに奇妙な友情関係が築かれていく
◆ 期待度 ◆ な・なんだ、このドラマは・・・。「ギャル」ってことで、私は視聴対象年齢ではないと思うのですが、フジッキーは見てみたいので初回は見ますけど、さて、どうなりますやら・・。