□ 金曜 23:15〜  テレビ朝日
□ 原作・・加納朋子  □ 脚本・・成井豊 真柴あずき □ 演出・・唐木希浩 □ P・・中込卓也
□ 主題歌・・・  「運命の向こう」 平川地一丁目    □ 原作本・・・  
□ 公式HP・・・  
◆ 出演者 ◆
 雨宮照代 (16)・・・
 水野サヤ (29)・・・
松本陽太 (26)・・・
溝口エリカ (23)・・・
上田偉子 (16)・・・
雨宮信夫 ・・・・・・
雨宮慶子 ・・・・・・
黒川智花
木村多江
金子昇
さくら
高部あい
福本伸一
荻野目慶子
末広大八 (45)・・・
末広真澄 ・・・・・・
五木隆宏 ・・・・・・
沢井やす子 (12)・・・
林夏江 ・・・・・・
手嶋珠子 ・・・・・・
鈴木久代 (78)・・・
ブラザートム
中沢純子
道躰雄一郎
福田麻由子
大森暁美
冨士眞奈美
草笛光子
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「母のテーマソング」   2006.06.10.
◇ 第話 ◇  「ささらさや」   2006.06.03.
◇ 第話 ◇  「父帰る」   2006.05.27.
◇ 第話 ◇  「一人ぼっちの少女」   2006.05.20.
◇ 第話 ◇  「東京の夜・ふたり」   2006.05.13.
◇ 第話 ◇  「歌うゾンビ自転車」   2006.05.06.
◇ 第話 ◇  「恋する超能力少女」   2006.04.29.
◇ 第話 ◇  「照代、時をかける」   2006.04.22.
◇ 第話 ◇  「性悪娘と未亡人!!」   2006.04.14.

ファンタジーすぎて、なかなか掴みにくいドラマかもしれませんね。(汗)
私は原作の「ささらさや」を途中まで読んでいるんですが、
その設定を知ったうえでこのドラマを見たので、入りやすかったんですけど、
何も知らずに見ちゃうと、「はっ?」って感じになっちゃうかもしれませんね。

つまるところ、幽霊が登場するファンタジードラマです。
「雨夢」を見てないので、比べようがないですが、
「ささらさや」を読んで大泣きしてしまった私は、見ててちょっと辛かったですね。

両親の借金のせいで一人、佐々良に行かされた照代が、
「ギャルサー」ほどではないにしても、口が悪いんだわ!(笑)
ま、あーいう親に育てられたら、あんな風になっちゃってもしかたないかと思いますが、
今後はビシビシ!と久代さんに教育してもらいたいもんです。
照代の母と久代さんは、どういう関係なんでしょ。親子かな・・・?

もう一人の主人公・サヤは、小さな子供を抱えた母なのに、夫を事故で失ってここに流れついたのよね。
偶然出会った久代が経営する下宿・笹乃館に住むことになるんだけど、
儚げな感じはさすがに木村多江さんによく似合います。

照代にあてがわれた部屋はボロく、時折小学生の幽霊の出る部屋。
30年も昔にこの部屋を使っていた小学生が、取られたくなくてイジワルしてたみたいね。
ここに居続ける幽霊・やす子も可哀想な子です・・。

そして、同じく下宿人・陽太に突然、サヤの夫がのりうつる・・。
「馬鹿っサヤ・・」っていうフレーズだけで、条件反射のようにちょっと泣けてくるのよねぇ・・。
でも、やっぱり映像で見るより、文章で読んだほうがかなり泣けます。(涙)


今後はこの二人のお話を通して、幽霊も成仏できていくんでしょうか。
そして、そのときには、照代もサヤも救われてるといいなぁ・・と思いますね。

とりたてて「面白い!!」ってほどでもないんですけど、ま、録画ミスさえしなければ
見続けてみようかなぁ・・と思います。



 ■ 人物紹介 ■

 雨宮照代・・・・高校2年生 両親の夜逃げで「笹乃館」にやってくる
 水野サヤ・・・・照代と同時期に「笹乃館」にやってきた未亡人 子持ち
 松本陽太・・・・「笹乃館」の住人
 溝口エリカ・・・・スナック店員
 上田偉子・・・・高校2年生
 末広大八・・・・陽太が働くリサイクルショップの店主
 沢井やす子・・・「笹乃館」の近所に住む小学生
 鈴木久代・・・・下宿屋「笹乃館」の経営者 照代の親戚
 
 
◆ Story ◆ 風が吹くと不思議なことが起こる町「佐々良」を舞台にしたファンタジー。
「雨と夢のあとに」のスタッフが再結集する。。
◆ 期待度 ◆ 「雨夢」を見てないんですよねぇ・・。評判が良かったらしいので、このドラマも期待できそうですが、この枠はいつも言いますが録画忘れをしますので、途中リタイアの可能性もありますです。(汗)