□ 金曜 23:15〜               テレビ朝日       □ 公式HP・・・ 
□ 脚本・・高山直也 ほか □ 演出・・常廣丈太ほか □ P・・桑田潔 ほか
 主題歌

VERY LOVE 0.5℃
Mao/d
VERY LOVE -0.5℃
原作・・・
 「アンナさんのおまめ」 
  鈴木由美子
アンナさんのおまめ 1 (1)
 ◆ 出演者 ◆
桃山リリ
西園寺アンナ
坂上恭太郎
神野亜紀
間三平
亀田勇
鶴岡正人
桃山光
桃山美麗
桃山龍一郎










ベッキー
杏さゆり
柏原収史
滝沢沙織
徳井義実
大東俊介
渡邊紘平
池田努
高橋ひとみ
草刈正雄
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
自分が美人だと信じる勘違い女王
リリの親友
アンナの彼氏
恭太郎の上司 雑誌編集長
恭太郎の親友
恭太郎の同僚
恭太郎の同僚
リリの兄
リリの母
リリの父
◆ レビュー ◆
◇ # ◇  「恋愛教祖と勘違い!?こうすればモテる!」    2006.11.03.

見たんですけど、風邪にうなされなから見ておりまして、
面白かった。。と思いつつ、いざレビューを書こうと思っても何も頭に残ってなくて、
んで、あっという間に一週間が過ぎ、また見たけど、「前回を書いてから書かないと・・」と思ってるうちに
またもすっかり忘れてて・・ってのが続きまして、
ま、そんなこんなで、レビューは書かないことにします。
楽しんで見てはいるんですけど♪
楽しみにしてくださってた方、すみません・・(汗)


◇ # ◇  「最強の勘違い家族!まさかのプロポーズ」   2006.10.27.

どんどん恭太郎が壊れていく・・・。(涙)

リリに新しい男を紹介・・・と懲りずにチャレンジする恭太郎たち。(笑)
でも、鶴岡と一緒に帰ったリリを心配したアンナに言われて恭太郎はリリを追いかけ、
またもリリに「いやぁ〜ん、恭太郎ったらぁ〜ん!」と勘違いされちゃうのよね。
「誤るな」と「早まるな」・・・確かに似ている・・。(笑)
もうこうなったら、フラフラしてないでアンナにプロポーズしちゃいな!と編集長に言われて
恭太郎はアンナに会いにマンションに行ったら、そこに見知らぬ男がいて・・・。
なるほど・・こうやって恭太郎は勘違いしちゃうわけか・・。(笑)

アンナの兄・そして両親が部屋に来てるのだと勘違いした恭太郎は、
「お嬢さんとお付き合いしています!」と言っちゃうのさ。
そこに「パパ、ママ!」とリリ登場・・。
ふぅ〜・・・・・と恭太郎、失神・・。
わかるよ、その気持ち・・。(笑)

間違いです!って言いに行ったのに、リリ兄から
「父は不治の病でもうすぐ死んじゃうから、それまでウソでも・・・」って言われちゃうんだけど、
コレ、真っ赤なウソだったのさぁ〜!
リリはさ、全くの天然で人をハメる気なんてないんだけど、
このお兄ちゃんのやり方はなんか汚いわぁ〜!!
パパとママは、リリの親らしく見事にぶっ飛んでる両親だけど♪
(笑)

「お前の顔なんで見たくない!!」って世話女房を楽しんでるリリに向かって言っちゃった恭太郎。
スッキリしてドリンクゴクゴク飲んでたのに、
アンナからリリが行方不明って聞いて探しまくるのよ。
ようやく見つけたリリに駆け寄ろうとしたら、ババナですっ転んで入院・・。(笑)
んでもってリリには「やっぱり結婚はしないわ♪」って言われちゃうし、
おまけにアンナには「私の大事なリリにひどいこと言ったらしいじゃないのぉ〜!」って殴られるし、
踏んだり蹴ったりの恭太郎・・
いつまでこの受難は続くのやら・・・。(笑)



◇ # ◇  「史上最強の勘違い…親友の彼は私に夢中」   2006.10.20.

やばい・・・。面白いわ、このドラマ♪
ベッキーの勘違いっぷりより、柏原君の振り回されっぷりの方が遥かに面白い!
何度笑わせてもらったことか・・。(笑)

まずは歯医者での治療シーン・・。
院長の吉野(大浦龍宇一)がリリの良さを語りつつ器具を恭太郎の口の中に入れちゃって、
「そこ違う!意識をこちらに?先生??そこ違ぁ〜う!!!」って叫ぶとこは、
マジでバカウケしちゃいました!(笑)

リリの勘違いのせいでアンナが誤解しちゃうんじゃないか?って心配になって三平に相談するとき、
よーく考えてみ?アンナちゃんは百も承知さ、って言うシーンも、
レジの音に合わせて必死に考えてる姿も可愛らしいったら♪
・・・んで、あのときトイレに入ってた爺さんは誰や・・?(笑)

アンナにちゃんと説明しなくちゃ!ってレストラン話すシーンの
アンナの蟹のから揚げを丸ごと食べる姿にも仰天!
いくら可愛い彼女でも、あの姿はちょっと引かないか・・?恭太郎・・?(笑)

・・・んで、後ろでピアノの弾いてるババァは何者?
前回も出てきてたし、今後も小ネタとして登場するに違いない・・目が離せないわ!(笑)

こうなりゃ、新しい男をリリに紹介すりゃいいんだ!っていう神野のアドバイスで、
恭太郎は吉野をリリとくっつけようとするんだけど、
この吉野ってのがかなりの素敵な男性で、この男ならOKか・・?ってみんな思ったんだけど、
なんとコヤツ、妻子持ちで、ストレス発散のために若いパーな女を食っちゃおうとしてたらしい!
吉野が妻子持ちってことを知った恭太郎は、アンナがリリを大切に思ってるという話を聞いて、
一人、温泉に飛んでいって二人の間に割り込むわけですが・・。

ま、当然のごとく、「オレの彼女の友達に何をするぅ〜!」っていう言葉は、
「オレの彼女に何をするぅ〜!」と変換されました。(笑)

しかも王子スタイルになってるし♪
んで、恭太郎がぶっ飛ばした吉野が2階から落ちちゃうんだけど、あの映像はかなりシュール・・。(汗)
深夜帯なのでOKとしますか。

そしてリリは、しかたないなぁ〜!アンナとの三角関係、頑張っちゃうぞ?とまたも勘違い・・。
ふぅ〜・・アンタら、ほんまにおもろいわ・・。(笑)
アンナが本当にリリを心配して大事に思ってるのもなかなか好感が持てる姿で、
杏ちゃんのアンナもお気に入りになりそうです♪


さぁ、次回はこりゃまたありえない展開になりそうですね!
なんで間違ってリリの両親に挨拶するのだ、恭太郎!!
楽しみだ♪


◇ # ◇  「史上最強の勘違い女!男は皆私に夢中」   2006.10.13.

だから・・・ベッキーは誰かの「おまめ」になるほどブサイクじゃないし、
勘違い女でも可愛いから、無理ぃ〜!!!(だって原作のリリはかなりのサカナ顔・・・)
・・・と、思う間もなく引き込まれていました。(笑)
ベッキー、ハジけてましたねぇ〜!

お前・・頭、大丈夫か・・?と本気で心配になるもん。(笑)
この「おまめ」の勘違いっぷりを、毎回楽しもうと思います♪

ナレーションが本田博太郎さんで、「吾輩は主婦である」の漱石みたいな語り口でしたね!
それだけでも私としてはOKです♪

さて、勘違い女リリの親友アンナの彼氏である恭太郎の受難の日々が始まりました・・・。
アンナの勘違いを一つ一つ並べていくと、夜が明けそうなのでやめておきます。(笑)
でも、基本的に「アンナに悪い」と思ってるのは間違いのないことなので、
たぶん・・・たぶんですが、この子はいい子です。(笑)

アンナも、昔優等生でみんなに嫌われてたときに友達になってくれたリリを大事に思ってるし、
この二人の友情がとってもよろしいのよねぇ〜!
・・・んで、どれくらい一緒にいたらこの勘違いに慣れるんですか・・?(笑)

アンナの彼氏はダメぇ〜!と言いつつ、自ら近寄っていっちゃうリリ。
あの出版社も大変な子を雇ってしまったねぇ・・。(笑)
私は、恭太郎の友達の間くんが結構お気に入りです♪
間の取り方とか絶妙だし、アンナに振り回されるだけの可哀想な姿も笑えます♪

今後も要チェックだわ♪

んで、リリの後をつけてるのは、リリのパパとお兄ちゃんなんだよね?
「坂上恭太郎か・・」ってつぶやいてたけど、
まさか、パパも相当の勘違い男??(笑)
家族みんなに勘違いされる恭太郎の運命や、いかに・・・。(涙)


とにかく、なんとも気楽に楽しめるドラマを見つけちゃったって感じですかね?
いつもは土曜日の深夜に放送されていた「金曜ナイトドラマ」が、
今クールはちゃんと金曜日の深夜に放送されるので、
それだけで何だかありがたく感じちゃったので、今後も見続けようと思います♪

それと、主題歌がなかなか良いですね!
ドラマ終了後のCMでこの曲のCMが流れてたんだけど、
ただゴマフアザラシが横になってMPプレーヤーでこの曲を聴いてる姿だけなんだけど、
その姿がなんとも可愛いんだわぁ〜!

巻き戻してもう一度見ちゃった♪(笑)


◆ Story ◆ 「白鳥麗子でございます!」の漫画家鈴木由美子さんの原作で、自分を超美人と信じる勘違い女リリの生活を描くコメディー。
◆ 期待度 ◆ 原作マンガは面白いんですけど、ベッキーがどこまでハジけるか・・にかかってますね。ただ、この枠は録画忘れの可能性があるので最後まで見られるかはわかりません。(汗)