□ 月曜 21:00〜  フジテレビ       □ 公式HP・・・ 
□ 脚本・・衛藤凛 □ 演出・・武内英樹 ほか □ P・・:若松央樹 ほか
「のだめオーケストラ」LIVE!
のだめオーケストラ
LIVE!
「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
のだめカンタービレ
DVD-BOX
原作
のだめカンタービレ(1)
ドラマ 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック 2006年 12月号 [雑誌]
のだめカンタービレ
ミュージックガイドブック
のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
のだめカンタービレ
ベスト100
のだめカンタービレ キャラクター・セレクション のだめ編
キャラセレクション
のだめ編
のだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編
キャラセレクション
千秋編
のだめカンタービレ キャラクター・セレクション ミルヒーと仲間たち編
キャラセレクション
ミルヒーと仲間たち編
のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK
のだめカンタービレ
キャラクターBOOK
◆ 出演者 ◆
野田恵
千秋真一
峰龍太郎
三木清良
奥山真澄
多賀谷彩子
大河内守
佐久桜
河野けえ子
峰龍見
江藤耕造
谷岡肇
フランツ・ケン・シュトレーゼマン












上野樹里
玉木宏
瑛太
水川あさみ
小出恵介
上原美佐
遠藤雄弥
サエコ
畑野ひろ子
伊武雅刀
豊原功補
西村雅彦
竹中直人
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
桃ヶ丘音楽大学 ピアノ科 21歳
桃ヶ丘音楽大学 ピアノ科 21歳
桃ヶ丘音楽大学 ヴァイオリン科 22歳
桃ヶ丘音楽大学 ヴァイオリン科 22歳
桃ヶ丘音楽大学 管弦楽科 21歳
桃ヶ丘音楽大学 声楽科 22歳
桃ヶ丘音楽大学 指揮科 22歳
桃ヶ丘音楽大学 管弦楽科 20歳
音楽誌編集者 30歳
峰の父 中華料理店主 55歳
桃ヶ丘音楽大学 ピアノ科講師 40歳
桃ヶ丘音楽大学 ピアノ科講師 45歳
世界的マエストロ
◆ レビュー ◆
◇ Lesson  「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」  最終回64分SP 2006.12.25.

ぶわぁ〜ん!!マジで泣きました!
音楽でこんな風に震えるように感動したのって、初めてかも・・。

千秋先輩が泣くし、峰も泣いてるし、みんな泣いてるし・・、感動でした!
そしてあの幕の下り方!最高です!
最高潮に高まった気分をエンディングで少し和らげたところで、「じゃぁね!」って感じで、
最初から最後まで、「やられたぁ〜!」って感じ!
ふぅ・・・誰とは言わずにお礼を言いたい!
ありがとぉぉぉぉ〜!!(←なんのこっちゃ(笑))


私は原作マンガを読んでるので、千秋がのだめを迎えに行って、
感動のハグシーンがある・・・ってのは知ってたんすよ。
しかし!マンガを越えてましたね、あの画は!
上野樹里ちゃんが、ビックリするくらいに可愛かったじゃないですか??
後ろからのハグは、私の中では「あすなろ白書」のキムタク@「オレじゃダメか」が今までNo.1だと思ってきましたが、
今後は千秋先輩をNo.1に認定いたします!!(笑)


のだめは失意の中実家に帰ってたんだけど、体から溢れる音楽をやはりピアノで弾きたくて、
自分の部屋のピアノを弾いてみるのよ。
そしたらお祖母ちゃんが嬉しそうに拍手していた・・。
のだめはまさしく「音を楽しみ、楽しませる音楽」というものを実感し、
そんなときに、ハリセンからオクレールの推薦でパリの音楽学校の試験を受けられることと言う知らせを聞き、
東京に帰ろうとしていたのよね。
んなことも知らずに、千秋は福岡まですっ飛んできて、大川までタクシーで向かってたのさ!
あたしゃ九州人なので、「大川までタクシーはありえねぇ」ってことはわかるんですけども。(笑)
もうすぐく着きそう・・ってところでのだめと携帯がつながり、のだめの姿を見つけた千秋・・。
そしてのだめに後ろからタックル・・じゃなくてハグをして「一緒にヨーロッパに行こう・・
オレ様を二度もふったら絶対許さねぇ・・」って告白しちゃうのさぁ〜!

いやぁ〜ん!メリークリスマス!!(←乗っかってみる(笑))
この二人のハグシーン、キャプってパソコンの待ち受けにしようと決めました。(笑)
そしてこのシーンをのだめ父が目撃し、千秋、白目で失神。(笑)
玉木くん、白目が回を増すごとにうまくなっていきますね♪

のだめがのだめである所以・・それがここにありました。
のだめを作った家族に巻き込まれている千秋の姿も、面白かったですね!
のだめ父は、のだめの小さい頃のトラウマについて話をし、ヨーロッパに行って大丈夫か・・?と心配するのよ。
千秋はきっと、同じように子供の頃のトラウマをのだめが抱えていたのだ・・と知り、
オレを治してくれたようにそばにいてあげよう・・って思ったのかもしれないね。
「大丈夫ですよ、ちゃんとピアノを弾いてるし、ボクはアイツのピアノがすごく好きなんですよ」って言っちゃって、
「そげん好いとーと?」と父、誤解♪
この陽気で呑気なのだめ家のシーンも楽しませていただきまして、さぁ、クライマックスへ・・。

R☆Sオケの公演が始まりました!
サントリーホールってのは360度客席ってことで、のだめは千秋の正面に座ったのよね。
清良のバイオリンソロも素敵に無事終わり、最後の「ベト7」へ・・。
その前の休憩時間から、もう玉木くんがウルウルでさぁ〜!
こっちまでウルウルでございましたよ。
一人一人との別れの挨拶を済まし、さぁ、最後の演奏へ!
この演奏、素晴らしかったですね!
クラシックを全然知らない私ですが、引き込まれて揺さぶられて泣けてしまいましたよ・・。
みんなが千秋を信頼し、千秋がみんなを信頼して、まさに一つになっていた「音」・・。
ありがとう、ありがとう・・って千秋の気持ちがラストに向かっていくにつれ大きくなっていって、
あれは玉木くんのマジ泣きなんだろうなぁ・・って思えちゃいました。
それと、演奏中に入ってきたダイジェスト映像も凝ってましたよね!
千秋のつぶやきとリンクした昔の映像がいい感じで流れてきておりました♪
それと、役者のみなさんたちの演奏がすごかったですね!
実際は音は出てないのかもしれないけど、ちゃんと弾いてる(&吹いてる)ように見えるんだもん!

いやはや、どれだけの練習を積んだんですかねぇ・・それだけでも感動に値しますね!

演奏終了から、峰パパの「ブラボー」までの間に、私はお先に「ブラボー」ってました。(笑)
テレビに向かって拍手しまくりでした。
はぁ・・・本当に素晴らしい最終回で、なんか、興奮して書き綴っておりますばい。
これで終わりかぁ・・・寂しいの一言です。
続編を!と期待したいところですが、フランス編は外人が多数出てくるので無理だろう・・と思いますね。
SPドラマくらいで戻ってきてくれた方がよろしいかもです♪




 ■ 総評 ■

 大好きなマンガのドラマ化ということで、最初は不安たっぷりだったんですが、
 初回から「これはすごい!!」と感心させられっぱなしでした!
 原作を傷つけることなく、原作に忠実で、原作に動きと音を加えたことで、
 「のだめカンタービレ」という作品がさらに素晴らしくなった!って感じです。
 上野樹里ちゃんののだめっぷりも見事でしたが、やっぱりMVPは玉木くんですね!
 ってか、このドラマ、正直千秋が主役・・っていう感じもするんだよね。(笑)
 千秋を演じる人に全てがかかっていた・・・と言っても過言ではないくらいです。
 素晴らしい千秋先輩でした。マジで惚れてしまひましたよ♪(笑)
 竹中さんのミルヒーは大袈裟だ・・と思ったけど、これを演じることができるのは竹中さんしかいなかったかも。(笑)
 本当に本当に感動でした。
 スタッフ・キャストの皆さんに感謝・感謝でございます。
 これでお別れなんて、本気で寂しいです・・。(涙)



◇ Lesson  「波乱のコンクール!告白と涙の最終章!!」   2006.12.18.

ううう・・・・予告の千秋先輩の涙で最終回の期待が高まっちまいましたよ!
期待通りの最終回になるであろう・・と予感させる、ラス前でございました♪

悠人くんのプレッシャーで一曲目のショパンの「エチュード」はめちゃめちゃになったのだめ。
でも、2曲目のドビュッシー「喜びの島」は、「恋しちゃってルンルン」っていうハリセン妻@陣釜さんの言葉を思い出し、
素晴らしい演奏を披露したのだめ。
2次予選も無事に通過し、さぁ、決勝へ・・ってことです。

千秋ものだめに負けずと、日本でやるべきこと・・R☆Sオケのコンサートに向けて動き始めたのよ。
高橋(木村了)ってのが出てきましたが、ま、これはおまけってことで・・。(笑)
清良が心置きなく海外に旅立てるための代打が出てきてくれたってことですわ。
峰くんが男らしく清良を旅立たせてあげてたのが素敵でしたね♪
この二人が付き合ってると知らなかった千秋はショックだったみたいだけど。(笑)

一方のだめは決勝のためにシューマンの「ピアノソナタ2番」とストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」を
必死で練習してました。
でも、いくらのだめでも無理だろう・・・とハリセンも思ってたようですが、
ご飯も食べずにのだめは練習を続けていたのよ!
その様子を見に来たときのかおり(白石美帆)の顔が最高だったわ!
どんどん陣釜さんが魅力的に見えてきた・・。(笑)

練習に根をつめすぎたのだめは、とうとう高熱でダウン・・。
決勝では、ハリセンは「1曲だけ弾いたら退出しろ」って言うのよね。
でも、もう優勝しか考えられないのだめは、会場に着くまで練習をしていた・・・
と、そこに!!
高校生の携帯の着メロ「今日の料理のテーマ(NHK)」が流れてきた!
そう、この「今日の料理のテーマ(NHK)」のせいで・・。(涙)

本番直前、またもプレッシャーをかけにくる悠人。
ったく・・・人を蹴落とすためにわざわざやってくるんだから、憎たらしい!
「(幼少時の鬼教官)花桜先生もきてるよ・・」って言ってたけど、来てたのか??
そして1曲目は無事見事に弾き終えたんだけど、
2曲目は、まだ完璧に曲を覚えていなくて、途中で曲が飛んでしまい、頭の中は「今日の料理のテーマ(NHK)」・・・。
この「今日の料理のテーマ(NHK)」、のだめが弾くと高尚な曲に聞こえましたよ。(笑)

「今日の料理のテーマ(NHK)」を織り交ぜながらの「ペトルーシュカ」が終了し、
のだめは堪らず会場を後にするのよね。
そんなのだめに、千秋は「一緒にヨーロッパに行こう、あっちのほうがお前のピアノにも合ってる。。」って言うのよ。
コレ、千秋がのだめを誘ってるわけよ?
一緒に行きたいってことよ?
のだめちゃぁ〜ん!告白されてますよぉ〜!!(笑)

しかし、優勝してお金をもらって・・っていう目標が潰えたのだめは、そんな千秋の言葉もまっすぐにとれない・・。
「なんでそこまで勉強しなくちゃいけないんですか!」って言っちゃったよぉ・・。
お金のためにコンクールに出たなんて悪態ついちゃってさ!
もう!!

そしてのだめの姿を見ないまま、千秋はR☆Sオケの練習へ・・。
オケのみんなは千秋の出発を祝ってくれていて、最後に一つになれる!っていう感じで盛り上がってきました!
でも、そこにのだめはいない・・・
それがとてつもなく千秋には寂しく感じられたのに、「もういい・・オレには関係ない」なんて言っちゃって!

そしてのだめは一人、故郷に帰って行ってしまったのさ・・。

さぁ、最終回です!
のだめを迎えに行く千秋とのラストと、R☆Sオケの公演がめっちゃ楽しみですね!

***12/19修正***
あの曲は「今日の料理のテーマ(NHK)」でした。
「キューピー3分クッキング」ではありませんでした。お詫びして訂正いたします。ぺこりぃ〜 m(_ _)m



◇ Lesson  「コンクールVS留学!決断は別れの予感!?」   2006.12.11.

千秋先輩は、一歩踏み出しました・・・。
次は、のだめの番なんだけどね・・・。(汗)

催眠術から覚めた千秋は、頭に響くのだめの言葉に逆らうことができず、
イヤイヤながらも峰くんと北海道行きの飛行機に乗る破目に!!
白目むいたり峰くんにしがみついたり、スッチーに変な目で見られたり・・・。(笑)
でも、無事に北海道に着いたね!
これでもう、大丈夫・・と思ったけど、催眠術の余韻が残っているらしく、
カニだのウニだの「白い愛人」だの、大量のお土産を買っちゃうのよね!(笑)

でも、のだめは部屋にいなかった・・。

のだめはハリセンのところで合宿することにしたのよ。
マラドーナ・ピアノコンクールに優勝すれば賞金が200万円もらえるだけでなく、
留学の援助もしてもらえるらしいのよ!
そう・・のだめは、千秋と一緒にいたくて、今までとは全く違う道を進んでいるのよ。
千秋が北海道に行くことができたと知って、焦ったりもするんだけど・・。
でも、千秋は複雑なんだよね。
幼稚園の先生になると言ってたのだめが、なぜハリセンの家で特訓を受けてるんだ・・?ってね。
まさか、自分に追いつきたくて・・とは思いもしなかったのさ。


ハリセンの家では、奥さん@陣釜さん@白石美帆も登場♪
「電車男」を思わせる豊原さんとのシーンでしたわ♪
一次予選のための曲を、シューベルトにしたのだめ・・。
「付き合ったことのないタイプと付き合いたくなる・・っていうか・・」ってことらしい。
「付き合ったことのあるヤツにしとけぇ〜!!」っていうハリセンの気持ち、わかる!(笑)
でも、千秋からのメールで「正面から向き合え」って言われて、
のだめの音楽に対する姿勢がすこしずつ変わっていくのよ・・。
練習するのだめに寄り添う「スポットライトに照らされた千秋先輩」が素敵でした・・♪(笑)

千秋は、飛行機恐怖症を克服し、ミルヒ〜にいわれて、すぐにでもヨーロッパに来いといわれるんだけど、
R☆Sオケの再演話も盛り上がって、悩むのよね。
そんなとき、ハリセンからのだめが頑張る理由を聞かされて、
自分も今、やるべきことをここでやろう!と決めて、再演後ヨーロッパに行くと決めるのよね。
それを聞いてた峰くんが複雑そうだったねぇ・・。

一次予選に合格したのだめは、2次予選の曲の練習をするんだけど、
選んだショパンの曲には、あるトラウマがあるらしい・・。
小さい頃にそうとうイヤな思い出があるみたいで、
予選当日、そのトラウマを思い出させるユウトくんとやらに再会しちゃったのさ!
素晴らしいショパンだった!と練習で感動してたハリセンがガッカリするほどの適当な弾き方をしてしまったのだめ・・。
さぁ、どうなる??

・・・のだめの小さい頃を、まるちゃん@森迫永依ちゃんが演じてたのね!
もっとじっくり見たかった・・。(涙)
それと、ユウトくんの頭が妙に長かったのが笑えました。(笑)

さぁ、2次予選の結果は?
のだめの今後はどうなる??
そのとき千秋は?
と、先を知ってる私でもワクワクしちゃ


◇ Lesson  「新星オケ初陣!トラウマ克服に揺れる恋」   2006.12.04.

今回は良かったですねぇ〜!
最初から最後まで、ぐぐぐっ!と引き込まれた回でした!
のだめの苦悩と愛をカンジマシタヨ・・♪

コンクールのために練習を中断したものの、千秋は一人、部屋で譜面を相手に練習し続けていたのよ。
あのキレイ好きの千秋様がお風呂にも入らずに・・。(笑)
んで、疲労のあまり、白目むいて溺れる・・・おもろいっす♪

そんな千秋を見て、のだめは千秋の音楽への熱意をビシビシ感じとり、
自分も江藤から言われた課題曲に手をつけようとするんだけど、やぱり踏み出せないのよね・・。

千秋のためにスタミナうなぎ!!と「スーパーひとしくん」に特売うなぎを買いに走るのだめ。
・・・3本で300円!!どえりゃぁ安いやんか!!(笑)
それを見た黒木くんは、二人の関係を知ってしまい、
ショックのあまり、コンクール直前にオーボエのリードを水に漬けすぎた!!
んで、コンクールは散々な結果に・・。
清良も、寝違えちゃって2位という結果で、二人とも納得できなくて、
R☆Sオーケストラ・コンサートに賭けることにするわけだ!!
盛り上がってまいりました!!
おまけに、峰パパが張り切って宣伝しちゃったため、プレッシャーも加わりさらに練習に熱が入り・・。

コンサートが近づくにつれ、千秋の状態も不安定になっていきます。
飛行機事故のトラウマが度々出現してきて、のだめは試しにミルヒぃ〜からもらった時計で催眠術を・・
かかるかい!と思いきや、かかっております!(笑)
きっと疲れているからよね・・?
急いで本屋に行って勉強するのだめだけど・・
もし、このトラウマがなくなったら、先輩は外国に行っちゃう・・と思うと、
「素人はやっちゃダメなんですぅ・・・」と封印することにするのよね。


そしてコンサートの日・・のだめは「彼女席」で鑑賞することに♪
オーボエ協奏曲も素晴らしかったし、ブラームスの交響曲第1番も素晴らしかったですね!
絶望から希望へ・・歌え!歓喜の歌を!!・・・っていう千秋先輩のアツアツの熱がこっちにも伝わってきました!
のだめは流れる涙を止めることができなかった・・。
感動してたのよね・・そして、千秋の望む外国行きを叶えてあげたくなったんだろうね・・。

千秋のママ(黒田知栄子)から、飛行機事故の詳細を聞いて、
「コンサートがうまく行ったご褒美です♪」と催眠術をかけてあげることにしたのよ。

千秋を解放してあげただけでなく、のだめも一歩進むことにしたようです。
このままではずっと千秋のそばにはいられない・・というミルヒ〜の言葉を思い出し、
江藤からの課題に取り組むことに!
さぁ、これからはのだめが頑張る番ですよぉ〜!!
予告では、まるちゃん(森迫永依)が出てた??しかも陣釜さん(白石美帆)まで??
楽しみだぁ〜!!



◇ Lesson  「新オケ始動!すれ違う恋に波乱の予感!?」   2006.11.27.

まだまだ千秋ものだめも迷いの中におります・・。

オーボエ奏者・黒木(福士誠治)やチェリストの菊池(向井理)を集めてオケをやることになった千秋は、
才能ある人材とやれて、幸せを感じていたんだけど、
みんな、これはある意味「お遊び」のオケだと思ってるやっていると知って、哀しくなっちゃうのよ・・。
それに、当然千秋は海外に出て行くとみんなが思い込んでいることも重荷になっちゃうというか、
「行けないんだもん・・」って思っちゃうのよね。
このオケに全てをかけるつもりで望もうとしてた千秋は、
「コンクールが終わるまで練習はナシ」と言って出て行っちゃって、
追いかけたのだめが水筒を落として、それを見てフラッシュバックを起こすのよ・・。
小さいときに経験した飛行機事故のことを・・。
この事故には、千秋が海外に出て行けないトラウマが隠されているのです!
そのトラウマを誰かがどうにかしてくれちゃったり、しなかったり・・。(笑)

それは後ほどのお楽しみです!

のだめは・・というと、谷岡先生からハリセンに担当教師が変わってしまったことで、
逃避の日々が始まっちゃいました。
のだめにとって、ピアノや音楽は、みんながいう「上を目指すための」モノではないんだよね。
幼稚園の先生になるための勉強の一つ・・ってことだったのに、
ハリセン使ってスパルタ教育しようとする江藤に激しい拒否反応を示しちゃうのさ。
九州弁の「ダークのだめ」が登場してましたね。(笑)
千秋もまた、のだめのピアノが幼稚園の先生にするには惜しいものだとわかってて、
「お前は幼稚園の先生にはなれない」って言っちゃうのよ。
そんな千秋は、ハリセンにアドバイスしてましたね♪
プリごろ太のフィギュアにつられて行く姿はまさに原作通りで笑えました!(笑)
でも、原作は「おなら体操」じゃないんだけど・・。(汗)
「おなら体操」の歌詞の横で絵が踊ってたのが、とっても可愛かったです♪
幼稚園で実際に流行らせてみてはいかがでしょうか・・・?
下品だからダメ?(笑)


「とりあえず自由に」というアドバイスで、ハリセンはハリセンを捨て、
のだめと「おなら体操」にとりあえず付き合うことに・・。
のだめもまた、一つのステップを登るときがやってくるようです・・。


◇ Lesson  「さらばSオケ!! 涙の解散式&愛の2台ピアノ」   2006.11.20.

た・達彦さん@「純情きらり」だぁ〜!!
福士くんが出てきたぁ〜!なんか、それだけで嬉しい・・・♪(笑)

ピアノ弾かなきゃぁ〜!!とのだめは数日家に篭ってピアノを弾きまくっちゃうのよ。
その間、千秋は佐久間やけえ子から「なんで海外に行かないの??」って言われちゃうのよね。
行きたくても行けないっつの・・・。(涙)
んで、イライラが募る千秋だけど、
「私もオケでピアノ弾きたいんですぅ〜!」ってやってきたのだめを見てわかるのよ。
めちゃくちゃだけどすごい腕を持ってるのだめが幼稚園の先生になるなんて聞いて、
「それでいいのか!」って自分が思うように、みんなオレのことを心配してくれてたんだ・・ってね。
そして千秋は、この場所を出ることが出来ないからとくすぶるのではなく、
やれることをやるべきだ!って決心し、清良の勧めもあって、新しいオケを作ることにしたのよ。
・・・それにしても、のだめ、何日お風呂に入ってなかったんだ・・?(汗)
相当臭そうだったぞ・・?(笑)


清良はよそから優れたメンバーを何人か選んできてて、
その中に黒木くん役で福士くんが出てきたわけ!
思わず座りなおしてしまい、「達彦さんや!」とつぶやいてしもうた・・。(笑)
次週から楽しみだわん♪

峰は、自分がいくら誘っても千秋はもうオケはやらん!って言ってたのに、
清良に言われたら即答しちゃったから、ちょっと寂しかっただろうけど、
絶対仲間に入れてもらう!と、千秋の出した「Aオケに入れ」という条件に向かって頑張るみたいだね。
真澄ちゃんも、これで千秋とお別れ・・って思ってたけど、
真澄ちゃんの能力を認めている千秋から誘ってくれたのよね!
良かったねぇ、真澄ちゃん・・・♪

今までは千秋がメインのお話だったけど、
これからはのだめのお話になっていきます。(原作通りなら)
千秋とピアノを弾いていたのだめを見て、ハリセンがどうやら指導教官に名乗りあげたようで、
のだめちゃん・・・大変なことになっちまいますね・・。(涙)

楽しければいいと思ってピアノを弾いていたのだめの苦難がはじまります・・。


◇ Lesson  「さよなら巨匠!恋の学園祭オケ対決!!」   2006.11.13.

前回がとっても面白かったせいか、序盤はかなりトーンダウン・・って感じがしちゃいました。
半ばくらいまで全然話に乗り切れなくて、だらりん・・・としてましたけど、
さすがにオケのシーンになると盛り上がってまいりました!

学園祭でSオケは仮装オーケストラとして出場することにして大盛り上がりになるわけですが、
千秋は、ミルヒ〜からAオケにピアノ演奏者として参加するように言われちゃうのよ。
指揮者として弟子にしてもらいたかったのに、なんでピアノ??と思ったら、
ミルヒ〜ったら、この学園の理事長が初恋の相手だったらしく、
その美奈子理事長(秋吉久美子)に聞かせるためにこの曲にしちゃったらしい・・。
なんでだよ・・と思いつつ、ミルヒ〜の秘書・エリーゼ(吉瀬美智子)から、
弟子をとらないシュトレーゼマンの弟子になれたくせに、いらないなら返して!って言われて、
ちゃんとやってみっか・・・と思ったわけですが・・・。

ただうまく弾けばいい・・というわけではなく、「魅せる」ことも大事だというミルヒ〜。
それがわからずに悩む千秋の前で、Sオケがやってくれました!
マングースの着ぐるみを着てピアニカを演奏するのだめと、
袴と着物を着た団員たちが、まさに「魅せる」演奏をしていたのよね!
マンガでは伝わらなかった曲の楽しさが、実写で見られたので、それはとっても嬉しかったんだけど、
大河内くんの指揮は下手すぎです・・・・。(涙)


そして今度は千秋の出番・・。
さて、どんな演奏になるのかなぁ〜と期待してみていたら・・・千秋先輩・・素敵でした・・・♪
なんか、玉木くんがすごくかっこよく見えるんだよなぁ、このドラマ♪
とんでもない変態野郎のミルヒ〜だけど、世界的巨匠であることは間違いないわけで、
もっともっと教わりたかった・・・っていう千秋の気持ちがすごく伝わってきました・・。


のだめもまた、ミルヒ〜から「今のままでは・・」って言われて焦りを感じちゃったみたいです。
「楽しければいい」と思って音楽をやってきたのだめが、
素晴らしい演奏を披露した千秋の姿を見て、少し変化していくんでしょうか♪

・・・あんまり変わらないでもらいたいですけど♪

今回もニューキャラ登場でした♪
千秋の演奏を聞きに来た評論家の佐久間を、ミッチー王子が演じておりました!
ミッチーって、そこにいるだけで音楽が聞こえてきそうだもんなぁ〜!
このドラマにピッタリかも!

一話だけの出演・・?と思ったら、ちゃんと次回も出てくれるみたいだし、楽しみですね!

「HEY×3」で松っちゃんが「のだめに出る」って言ってたから、何役かと思って期待してたのに、
なんだよ、テレビの中の「松っちゃん役」かよ・・。
ミルヒぃ〜の友達とか、面白い役で出てくれるかと期待してたのに!!(笑)


◇ Lesson  「キス成るか!?感動の定期演奏会バトル!!」   2006.11.06.

今年の風邪は厄介でっせ・・・皆はんもお気をつけてぇ・・・・・・。
ってことで、レビューにもいろいろと支障が出ると思いますが、
そこんとこは優しく見守ってくださいませ・・。

体が辛いときは、気楽なドラマが一番ですな♪
今回の「のだめ」も気楽に楽しめました!
あぁ〜面白い!こんなに毎週月曜日が楽しみなのは、いつ以来だろうか・・・。

まずは「おこた」。
これはきっと皆様も大きく頷きながらご覧になったのではないでしょうか・・。
おこたが出ると、おこた中心の物品配置になっちゃうんですよね。
手の届く位置にゴミ箱・お菓子・お茶セット・マガジンラック・・・といつしか配置される。(笑)
動かなくなるんですよ、おこたが出ると!
「初」おこたの千秋先輩が、見事に「おこた生活」に堕ちておく姿が面白かったです・・。
ま、「おこた」だけでここまで堕落するわけもなく、
諸悪の根源はやっぱり「のだめ」なんだけどね。(笑)


千秋は定期公演でSオケの指揮をすることになったんだけど、
思うとおりにいかなくてイライライラ・・
峰も、コンマスとして千秋のサポートをすべし!と千秋しか見えなくなっちゃってて、
団員も楽譜を追って千秋に応えるのに必死で気持ち悪い音楽になっちゃったのよ。
何でもそうだよね。
指揮をとる人間が自分中心になっちゃうと、チームワークなんて成立するわきゃない。
そのことに気づかせてくれたのは・・・のだめでした。

何にも縛られずに自由に課題曲をピアノで弾いていたのだめを見て、
めちゃめちゃのはずなのに、なんて心地好いんだ・・・って思えて、
「落ちこぼれ集団」のSオケの団員は、みんな「のだめ」なんだ・・・って気がついて、
そのたくさんの「のだめ」をまとめていくという楽しさに気がついたようです。

そして千秋は全てをとっぱらって、新しくやり直すことに。
団員もそんな千秋についてきてくれたのよ。
・・・風呂も入らずに・・。(笑)
「SオケTシャツ」を着た千秋の指揮で演奏が始まりました。
講師たちも、「くず」だと思ってた生徒たちが見事に演奏しているのを見て、
千秋の才能を認めたようです。
クラシックには疎い私ですが、風邪のせいか、とっても心地好い演奏に酔いしれましたよ・・。
のだめ、ミルヒ〜とともに、涙まで出そうになりました。


そしてAオケの演奏ですが、適当人間・ミルヒ〜が急に降板し、めちゃめちゃなことに・・。
ったくこのオッサン、何を考えてるんだか・・。(笑)

そして、うたた寝をしていた千秋の隙を狙ってぶっちゅ〜っとキスをGETしたのだめ。
煮詰まった自分に立ち直るきっかけを与えてくれたのだめへのお礼として、寝たふりをしてくれた千秋ですが、
ふっふっふ・・・・すでにのだめのペースに巻き込まれているのね・・。(笑)

それにしても、このドラマのこのシーンのためだけに、あの「ぷりごろ太」のアニメを作ったんですか?
すごいわぁ・・・なかなかの出来でしたよね!
それと、のだめが鍋セットを持って千秋の部屋のドアに顔を挟むシーン、
編集ってわかってても、マジで痛そうでしたばい。(笑)


◇ Lesson  「弱小オケ大ピンチ!!愛は貧乏を救えるか」   2006.10.30.

サエコちゃん。こんなちょびヒゲの小出くんでもいいですか・・?(笑)
この二人が付き合ってるなんてねぇ・・・と、余計な目線で見てしまいました♪

のだめに正拳突きをされて失神しちゃったミルヒ〜の代わりにSオケの指揮をすることになった千秋だけど、
あまりにも下手くそすぎてバラバラでめちゃめちゃになっちゃうんだよね。
でも、正気を取り戻したミルヒ〜の手にかかれば、バラバラなオケも見事な音を奏で始める・・。
やっぱりこのオヤジ、変態だけど、天才指揮者なのさ♪(笑)
やっぱり転科させてください!という千秋に、ミルヒ〜は転科しなくてもいいから弟子にしてやるって言うのよ。
Sオケ担当のミルヒ〜は、キャバクラ通いが忙しくて、とりあえず千秋に任せちゃうのよね。
そして千秋は副指揮者としてやってくことになるわけですが・・。

今回のメインはコントラバスの桜ちゃん。
父親の仕事がうまくいってなくて、自分で学費を稼がなくちゃ・・と、拾い食いまでしてるのよ!
貧乏って胃腸を丈夫にするんだよねぇ・・・。(涙)
着てる服はボロボロだし、なんて可哀想な子だ・・と思いきや!
すんごい豪邸に住んでやがった!
「誰一人欠けることなく・・」とミルヒ〜が言ってたもんだから、
千秋は学校をやめると言い出した桜に会いに来たんだけど、一緒にきた面々とともにビックリさ!

家に入ってみたら、桜パパがこっそり名器のバイオリンを隠してやがったのよ。
自分の趣味で集めたこのバイオリンだけは・・・と、何とも勝手なパパ。
でも、みんなの説得でバイオリンを売って桜の家は昔どおりになったわけだ・・。
わかりやすい展開だけど、ちょこちょこと面白ポイントがあったので飽きなかったですね!
私としては、大きなコントラバスを抱えた桜がいたるところにぶつけていたシーンが好きでした♪

そして、桜も戻ってきて、Sオケをミルヒ〜に渡す・・・ことになると思ったら!
ミルヒ〜捜しにキャバクラにやってきたときに千秋が女の子を全部さらっていったことを根に持ったミルヒ〜が、
「私はAオケに専念します!!」と敵意むき出し!!(笑)

千秋よ、今度の定期公演でAオケに勝てるのでしょうか!!

・・・いやはやしかし、千秋先輩が主役みたいになっちゃってますね♪


◇ Lesson  「落ちこぼれ変態オケ!波乱のスタート!?」   2006.10.23.

面白かったんだけど、ちょっととっ散らかった感じがしなくもないわね。
たぶん、キャラが濃すぎて、肉じゃがと酢豚とフォアグラのソテーを一緒に食べる感じかな?(笑)

のだめが霞むほどの真澄ちゃんと峰くんのキャラで、お腹一杯の回でした。
2話にして、すでに玉木くん演じる千秋先輩が素敵に見えてきてしまった・・。(笑)

指揮科に転科しようとした千秋先輩だけど、ミルヒ〜が「お前、キライ!」と言って届けをビリビリ・・と。
のだめは「これで先輩とまた一緒♪」って喜ぶんだけど、
千秋は自分の道が見えなくて絶望しちゃってたんだわ。

んなことも知らずに、ミルヒ〜主催のSオケのメンバーが発表され、合コンに耽るミルヒ〜・・。
この男が本当に世界に名だたる指揮者なのか?と思っちゃいますが、
その実力は次回披露されるでしょう♪

のだめと千秋が一緒にいるところを見た真澄ちゃんは、のだめに嫉妬の炎を燃やし、
数々の嫌がらせを・・。
のだめに惚れちゃった峰くんは、一緒になって犯人を捕まえようとしてくれるんだけど、
最後の嫌がらせ=「まぶたに目」は可愛かったなぁ〜!
「まぶたに目」の使い方がすごく上手だったわよ、のだめ!(笑)

峰くんといえば中華料理屋の息子ですが、このお父さんも実は私のお気に入りキャラなんです♪
今後の活躍を期待したいわん!

どっちが千秋とデートするか!っていうことで決着をつけることになった二人だけど、
真澄ちゃんは話したことすらなくて、清良がAオケの練習に千秋を誘ってくれて、真澄ちゃんはウッキィ!って喜んで
いつも以上に張り切ってティンパニるんですが・・。
・・・やりすぎた。(笑)
真澄ちゃん@小出くん、頑張ってるけど、肌荒れしてるのかな?あれはメイク・・?

のだめはお色気作戦に出るんだけど、ちっともなびいてくれなくて、
おまけに秋だってのに薄着でアピールしてたもんだから風邪引いちゃって、
峰くんの再試験のピアノ伴奏ができなくなっちゃうのよね。
毛布で簀巻きされて千秋に運ばれてくる、芋虫のだめ。(笑)
可愛いわぁ〜!

代わりに千秋が「弾いてやる」ってことになるんだけど、
ここで千秋も努力の人で、今も夢に向かってもがいてる状態だと知って、
峰くんも千秋のことを見直しちゃったみたいです。
こうやって、のだめとか峰くんとか、普通じゃ手に負えない奏者を相手にすることで、
千秋は指揮者として成長できちゃうかもしれないぞ?(笑)


千秋が指揮科に転科できなかったらもうすぐ卒業して外国行っちゃうかも?と峰くんが言うのを聞いて、
のだめは「いやぁ〜!!」とミルヒ〜のところへすっとんでいきました。
千秋先輩を転科させてください!と頼むのだめに、
「いいですよ、キスしてくれたら♪」といいやがる変態オヤジ。(笑)
先輩と一緒にいられるなら・・とのだめは思ったみたいだけど、
あのミルヒ〜の顔・・・・キモイ。(笑)

そしてSオケの練習にやってきたのは千秋で、初めての指揮・・ってことになるわけですが、
さぁ、このとんでもない集団をまとめることなんて、できるんでしょうかねぇ・・?

そうそう、倒れてたミルヒ〜ですが、
↓以下ネタバレ?


あれはマンガではのだめがグーで殴ったんですよね。
決してキスをしてもらって嬉しくて泡ふいて倒れたのではないですから♪(笑)


◇ Lesson  「変態ピアニストVS俺様指揮者のラプソディ」 2006.10.16.  初回69分SP

のだめがちゃんと「のだめ」でしたぁ〜!
面白かったですぅ〜!

のだめと、千秋先輩と、みるひぃ〜が面白かったですぅ〜!
これは、ハマっちゃいそうですぅ〜!!
玉木くんはもうちょっと滑舌が良かったらなぁ・・・って気がしますけども。(汗)
でも、上野樹里ちゃんは見事に「のだめ」でしたね!
あと、真澄ちゃん役の小出くんも、頑張ってましたねぇ・・。
あと、彩子の「らったったったったったったったったぁ〜♪」のお歌のシーンは、
悪魔のようで怖かったっす・・。(涙)

序盤は千秋先輩の幼き頃の回想シーンで、ちょっと盛り上がらないなぁ・・・って思ってたんだけど、
子役の子が溺れそうになりながら白目をむいてるところで、思わず噴きだしちゃったわよ!(笑)
そうなのよ、千秋先輩は切ない体験から飛行機も船もダメなんだよねぇ♪

そして自分の音楽的な未来に絶望した千秋先輩が家の前で座り込んでるところを、
のだめに拾われちゃったあたりから、ぐぐぐっ!と盛り上がったきました!
リアルに汚いのだめの部屋・・・うぅ・・・耐えられないですぅ・・。
ベランダからは怪しき紫の液体が流れ込んでくるし、千秋先輩ったら、
いつしかのだめのペースに巻き込まれていくのであぁ〜る!(笑)


のだめったら、千秋先輩の扱い方をよく知ってて、
料理が最高にうまい!って本気で褒め称えるもんだから、「今度はもっとおいしいものを・・」って
千秋先輩自ら言い出しちゃうんだもん、素晴らしい!(笑)
しかし、のだめは怪しい外人を連れてきちゃいました!
そう、みるひぃ〜です!
原作マンガのみるひぃ〜は、見るからに怪しい竹中さんとは違って、一見ちゃんとしてたと思うんだけども・・。(笑)
なんでここまで見た目を変える必要があったのか・・?と疑問ではありますが、

このみるひぃ〜とのだめと千秋先輩の絡みもなかなか楽しくて、
今後も楽しみな感じですわ!

このみるひぃ〜、実はとっても有名な指揮者で、
のだめに刺激されて指揮科に転科しようとしてた千秋先輩の受難が始まるわけです・・。(笑)

谷岡先生がのだめと千秋先輩に「モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ』ニ長調」を弾かせるんだけど、
クラシックには疎い・・っていうか、聞くだけで眠くなる私でも、
楽しそうにのだめが弾くピアノは、本当に「カンタービレ(歌うように)」で、
眠くなるどころか、身を乗り出して聞いちゃうくらいの音楽でした。

これがのだめの才能なんだよね!
あの猫背でピアノを楽しそうに弾く姿が、本当にそこに「のだめ」がいるみたいでしたね。
上野樹里ちゃんは相当「のだめ」を研究したんじゃないかしらね♪

久々に胸がワクワクしてたまらん月9に出会った気がします!
このマンガが実写化になって、はたして面白さが表現できるのがろうか・・って心配だったけど、
見事だったのではないでしょうか?
この調子で最後まで突っ走ってくれるといいなぁ〜♪


◆ Story ◆ 「のだめ」は上野扮する桃ヶ丘音大ピアノ科に在籍する主人公・野田恵のあだ名。玉木扮する天才ピアノ科に在籍しながら指揮者を目指すイケメン完ぺき主義の千秋真一に恋する。
◆ 期待度 ◆ 青春ドラマですね。頑張ってついていきます。(笑)・・・いけるかな・・。