□ 金曜 22:00〜  TBS       □ 公式HP・・・   □ 前作レビュー・・・ 
□ 脚本・・サタケミキオ □ 演出・・石井康晴 ほか □ P・・:瀬戸口克陽 ほか
主題歌
Love so sweet
Love so sweet
挿入歌
Flaver Of Life
Flavor Of Life
宇多田ヒカル
花より男子2(リターンズ)オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
花より男子―完全版 (Vol.1)
原作
花より男子DVD-BOX
前作DVD-BOX

DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
牧野つくし
道明寺司
花沢類
 西門総二郎
美作あきら
三条桜子
松岡優紀
大河原滋
日向更
浅井百合子
藤堂静
西田
千石幸代
牧野晴男
牧野進
牧野千恵子
道明寺椿
道明寺楓

















井上真央
松本潤
小栗旬
松田翔太
阿部力
佐藤めぐみ
西原亜希
加藤夏希
貫地谷しほり
瀬戸早妃
佐田真由美
デビット伊東
加藤貴子
小林すすむ
冨浦智嗣
石野真子
松嶋菜々子
加賀まりこ
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
名門私立高校に通う一般ピーポー(ピープル)18歳
F4のリーダー。わがまま 19歳
F4のメンバー。大人しく、わが道を行くタイプ 19歳
F4のメンバー。自他共に認める女タラシ 19歳
F4のメンバー。マザコンでマダムキラー 19歳
つくしの同級生 今はオーストラリアに留学中
つくしの親友 18歳
大河原財閥の令嬢 母が決めた司の婚約者 18歳
優紀のお茶教室の仲間
イジメっこ
類の憧れの女性
楓の秘書
つくしと優紀のバイト先の店長
つくしの父
つくしの弟
つくしの母
司の姉
司の母
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「史上最高のプロポーズ」 最終回69分SP  2007.03.16.

終わっちまった・・・
はぁ・・・すごい脱力感で、しばらく放心しちゃいました。
あぁ・・・これでもう今期のドラマは終わった・・くらいに寂しいです。(涙)

しかし!原作ファンからすると、「おいおい!」と思わせるところは多々ありましたね。
あっちこっちを貼っつけてぎゅぎゅぎゅっ!と詰め込んだって感じです。

ま、終わりよければ・・ってことで、OKとしましょう!(笑)

海が相変わらずの相当なウザキャラでしたね。
何様か知らんけど、「もうこないで・・つくしちゃんがくるとイライラしちゃってマイナスになっちゃう」だと?
んでもって道明寺も、「あのクッキーまた作ってくれよ」とか言いやがって、つくし、ウルウル・・ですよ・・。
その涙に心の奥が締め付けられるような感じになっちゃう道明寺・・・
「いっつも一緒にいる海じゃなくて、たまにしかこないつくしちゃんがいいの・・?」とこっちも涙攻撃!
ふっ・・・アンタの涙じゃ心は動かないんだよ!!

司は野生動物・・本能で生きている・・これが最大のヒントとなる展開になりました。
快気祝いでスキー場に行った面々ですが、海のやろうは「私、司くんのことすきなの・・カレも同じ思いみたい・・」と
更につくしを追い込んでいきます。
しかぁし!海が作ったクッキーを食べて、コイツが運命の女じゃないとようやく気がつきました。
「欠けた記憶ってのはオレをイラつきと怒りの世界から連れ出してくれたんだ・・お前は一切関係ない!」
よく言った!!いや、もっと言ってやれ!!(笑)

ショックを受けた海は、優紀を捜していたつくしに、「山頂のレストランに行った」とウソをつくのよ。
バカ正直に捜しに行っちゃったつくし・・
吹雪の中、このままでは死んでしまうかも・・というとき、本能の男・道明寺が動き出しました!
コヤツの場合、頭じゃなくて体が反応する方が早いんだろう・・。(笑)

雪の中倒れているつくしを見つけた道明寺はつくしを山小屋へ・・
「野球ボール」が出てこない以上、原作とは違う記憶の戻り方をするとは思ってましたが、
そっか、そういう思い出し方でしたか・・。
凍える道明寺に服をかけ、薬を飲ませて暖める・・・
そう、これは以前、エレベーターの中で二人で経験したのと同じ状況だったのよね。
「同じことがあった気がする、オレが生まれて初めて惚れた女は・・・牧野・・お前がオレの運命の女だ・・・」
きたぁ〜!
なんか、もう、何もかもどうでもいいや!って思うくらい、良かったぁ・・って思えちゃった♪
んでさ、アンタらマジで愛し合ってんのか?っつーくらいのアツアツなシーンだったと思いませんこと?(笑)

見たいような、見てられないような、そんな感じでした。

無事見つかったと聞いて泣いている海に、
類は「泣いても許されないよ、アンタが心から生まれ変わらない限り、誰も許さないから・・」といいます。
うぅ〜ん・・ここは原作通りに海が道明寺の恐ろしさを知って慄く!っていう展開が面白かったかもなぁ〜!
後々良い子で登場してきたのは、戸田恵梨香ちゃんのイメージダウンを避けるためとしか思えないもん。(笑)

あと、ケンの話は良かったわぁ〜!
前回、ケンが生きてると知ったあと、道明寺が暴挙にでたんじゃないかと心配してたけど、
「家族も元気なのか?良かった・・生きてて良かった・・」って本気で思ってたんだもん・・
つくしのおかげで、道明寺は心ある人間になっていってるんだよね。

さぁ、盛り上がりは最高潮に!!あとは卒業プロムです!
道明寺からもらったドレスを持ってパパの運転する車で向かうわけですが・・・
ふっ・・無事に着くとは全然思えなかったよ。(笑)
いくら金がなくても、タクシーに乗ればF4の誰かが払ってくれるよ?とも思いましたが、(笑)
走る!走る!走る!つくしの前に・・・楓が現れました。
「乗っていきなさい・・」
実は、前回出てきた自殺しようとしてた社長さんが成功して、道明寺財閥と提携してくれたのよ。
司が後継者になる・・・そして、つくしと結婚するっていうのが前提ってことで、
とうとう楓もいろんな面でつくしを認めざるを得ない状況になってたわけよね。

到着したつくし・・・しかし、もうプロムは終わってました。
スポットライトに照らされた道明寺に「最高のお前に伝えたいことがある、結婚してくれ!」とプロポーズ・・。
しょーがないなぁ〜!私がアンタを幸せにしてあげてもいいよ!
ようやく思いが通じました・・
しかし、ここからがちょっといただけなかった。
あの1万人のウェーブはどうよ?ちょっと興ざめ・・。(滝汗)
お姫様抱っこの道明寺とつくしも、リアルにラブラブでさぁ〜♪
でも、一番の萌えポイントは、世界中の誰より真っ白なスーツが似合う類です♪(笑)
このやろぉー!かっちょいいなぁ〜♪


西田も復活、滋も帰国、姉ちゃん(椿)も協力、静も登場、桜子も復活・・と、
オールスターが揃っての最後ってことで、あぁ・・もう終わりなんだなぁ・・ってしみじみと実感しました。
「お父さん・・結婚してください!」「はい!」には大爆笑でした。(笑)
そして最後の街中のキス!
マフラー持ってつくしからのキスは、とっても可愛かったですね!



 ■ 総評 ■

はぁ・・・寂しいけど、もう会えないんだろうね。
下手に続編を作るより、この余韻で終わってくれてもいいかな・・って私は思います。
見事にキャラが確立してのパート2は、前作よりもゆとりを持って見る事ができました。
くっついたり離れたり、かなりヤキモキさせられる展開でしたけど、
最後はハッピーエンドという確信も持って見ていたので、それほどイライラさせられることなく、
最初から最後まで楽しむことができました。
ありがとう、花男!ありがとう、F4!そして、ありがとう、花沢類!!(笑)



◇ 第話 ◇  「消えた思い出」 2007.03.09.

こりゃまた素晴らしい「海」でしたね!
原作でもかなりムカつくキャラなんだけど、戸田恵梨香ちゃんの天真爛漫な感じが、
見事に「ウザイ海」でした!(笑)

あぁ・・・・コイツ・・相当ムカつく・・。


さて、ケンですけど、やっぱり楓が仕組んだことだったみたいね。
母に騙されたってのもそうだけど、信頼してたケンに裏切られた・・ってのも道明寺は悔しかったんだろうね。
・・・んで、あのあと、ケンはどうなったんでしょうか・・・?(汗)

そのころつくしは漁村にいたんだけど、お金を漁民の皆様にお借りしていた両親は窮地に陥っておりました。
こりゃどうなる・・・ってタイトルバックに行くかと思ったら、「ストップ!!」というつくしの声でブチっと切れた!
この作りはなかなか好き♪(笑)

自殺しようとしてた社長さんを止めたつくし・・パパの話とか、いい話だったんだけど、
この話は必要だったのか・・?(汗)
後々生きてくるのか、この人の作った何かが・・?

もう会社なんてどうでもいい!牧野と二人で生きていく・・・と決めた道明寺に、
総二郎はカード、美作は現金、類は携帯を貸してくれるのよね。
「類たちは友を呼ぶ・・」だとよ!うん、確かに間違ってるけど間違ってない。(笑)
そして類のヘリを使って漁村に降り立った道明寺に群がる漁民たち・・
「惚れた女を迎えに来た、ただの男ですから・・オレにはもう何もないけど、ついてきてくれ・・」って手を差し出すのよね。
さぁ、掴むんだ、つくし!!
と思ったのに・・・「財閥御曹司じゃないのかよ!」と漁民が押し寄せて、
弾き飛ばされた進が落ちそうになって、道明寺が助けて頭を打っちゃった!

さぁ・・・切ない展開でございます。
道明寺は、つくしのことだけ記憶を失ってしまったのさ・・。
必死に思い出してもらおうと、赤札張ったり、ピョンピョンパンチをかましたりするけど、全然ダメなのさ。
「道明寺語録の再現」は・・・きっと本人自身が自覚ナシで話してることだから意味ないと思うよ。(笑)

ここでつくしは、入院患者の中島海(戸田恵梨香)に出会います。
患者の間でも大人気の海ですが。。。類だけは最初から海を受け付けないのよね。
「オレ、嫌い」って言って、プイっ!って帰って行っちゃうんだもん、いいぞぉ〜!!
・・それにしても、海ちゃん、松葉杖の使い方が下手すぎなんですが・・?(汗)

思い出せないことがある・・・と考え込む道明寺に、
「忘れてることは埋めていけばいいんだよ!人生のリセットだと思ってさ!」って言いやがる!
でもつくしは、「思い出すことを諦めないで・・・」って懇願するのよ。
なのに、「やめて!そういうのが患者さんにとってはプレッシャーになっちゃうんだよ」って言いやがる!
きぃ〜!何も知らないくせにぃ〜!!
・・・ま、この時点では、何も知らないから・・ってことで、ちょっとは許してやろう・・って気もするわけですが・・

さすがに見ていられない類たちは道明寺を責めるんだよね。
海が止めに入ろうとすると、「部外者は黙ってくれないか?消えてくれない?目障りなんだよね」という類。
そうだ、そうだぁ〜!もっと言ってやれぇ〜!!
やっぱり類は素敵だよぉ〜!類にしておこうよ・・・。(笑)

つくしがどれだけ苦しんでると思う・・?という話を聞いて、海は道明寺とつくしの関係を知って、
「これから協力するよ、司君、何気に海に心開いてるし♪」だと!
くぅ・・・何気に・・とか、自分のことを名前で呼ぶとことか、その笑顔とか、全部ムカつく!(笑)

つくしは、思い出してもらうために、「道明寺クッキー」を徹夜で作っていくんだけど、
寝ている道明寺の枕元に置いて帰るのよね。
土星ペンダントで「思い出せぇ〜」って催眠術をかけてるつくしが可愛かったですわ。
しかし・・・コレを食べた道明寺はとんでもない方向へ!
「恋の味がした・・オレが忘れてるのはお前か?オレたち、付き合ってたのか・・?」って海に聞くのよ!
そして海は微笑みながらキスをしやがったのよ!
このやろぉ〜!!
この時点ではつくしが道明寺と付き合ってたって知っててやってるんでしょ?
これは絶対に許せないわ!!

このあと、原作ではさらにムカつく展開になるんだけど、そこんとこも描くのかしら??
さぁ、最終回です!
最後に遭難を持ってきたんだね・・・楽しみです!


◇ 第話 ◇  「切ない雨の別れ」  2007.03.02.

えぇ〜!ケン、生きてたの??
まさか、あの悲壮な自殺も楓が仕組んだ芝居だったってこと??
いやはや、意外で驚いた!

せっかく感動的な身の引き方をした滋の努力もむなしく、
大河原財閥と道明寺との合併話はポシャってしまいました・・。
んなことも知らずにラブラブな道明寺とつくし・・・
カードも止められてるってのに、呑気に庶民デートを楽しんでるんだもん・・・

お金のことは心配ない♪ってF4のみんなが言ってくれたけど、そんな状況でもなくて・・
西田はクビになるし、合併話はなくなって大規模な事業縮小をはじめる楓のせいで、
優紀の父親の仕事だけでなく、日本経済にも大きな影響を与えることになっちゃったのさ・・。
大騒ぎになってる社会を見て、つくしは決断します。
楓のところに行って、自分が身を引けば・・って言っちゃったのよ!
何を勝手に決めてんだよぉ・・・


道明寺は、楓に勘当されてもつくしと一緒に・・・って思ってたのに、
雨の中、家を出て行こうとしていたつくしに「終わりにしよう・・」って言われるのよ。
ここねぇ・・原作マンガでも泣けるシーンなんだよねぇ〜!(涙)
「オレをただの一人の男として見た事あるのか・・・?」
「どうだろ?もしアンタを好きだったら、こんな風に出て行かないよ・・」
ち・ちどい・・・
でも、身を引き裂かれるような思いで言ったんだよね、つくしは。
そんなつくしを待ってたタマさんを見て、あたいもぶわぁ〜って泣けてきちゃったわよ・・

一人外を見ながらほくそ笑む楓・・・
このババァ・・・どうしてやろうか・・・。

そしてつくしは両親の元へ・・
またも凶暴になっちまった道明寺は、街中で信じられないものを見てしまいます。
ケンです!死んだはずのケンが・・・!
しかも、全速力で逃げやがった!
コイツ・・・楓に金をもらって一芝居うちやがったか??
ま、まさか、合併がポシャったってのも、楓の計画のひとつ・・ってことはないよね??

さぁ、次回は道明寺、記憶喪失になる。。。の巻ですかね?
私、原作ではこのくだりは切なくて好きじゃないんだよなぁ〜!
明るい感じで作ってくれるんだったらいいなぁ・・って思うんだけど。

あの女の子、出てくるのかな・・?
あの子、嫌いなんだよなぁ・・・。


◇ 第話 ◇  「四角関係の決着」  2007.02.23.

滋がまだまだしつこく道明寺に食い下がるもんだから、
もういい加減にしてくれよ・・・と思わせておいて、この展開か!
くっそぉ・・・滋ちゃんが良い子で潔くて泣けてきちゃいましたよ・・。

道明寺の部屋に来た滋は、裸になったりモノを投げたり、必死で道明寺の言葉を聞かないようにしてたのよね。
でも、運命の人は牧野なんだ・・っていう気持ちは変わらない道明寺・・。
道明寺に馬乗りになってなおも食い下がる滋の姿を、つくしが見てしまって、
まだ誤解してケンカして・・っていう流れになるかと思ったら、もう道明寺は揺るがなかった・・。
それでも滋は諦めなかったのよ。
つくしに「あの後ね・・」と意味深なことを言って、結婚することになるから・・・と言いやがる!
はぁ・・・もうやめなよ、みっともないよ・・って嫌気がさしてきちゃったもん。

一方つくしは、類を呼び出すんだけど、
類ったら先手を打って「ちなみにオレは何を言われても牧野のこと、諦めないから」ときた。
なぜだろう・・・諦めの悪いところは滋と同じなのに、許せてしまうのは・・。(笑)
つくしは「花沢類の気持ちには答えられない」と再度言うのさ。
「牧野を幸せにできるのは、オレだと思うよ」とまたも爽やかに言ってのける!
惜しいなぁ・・・道明寺がいなかったら、フラフラとついていきたくなるでしょーに!(笑)

道明寺は類に「牧野を諦めてくれ!」と土下座をしました・・。
あのワガママで横暴な男は土下座??
さすがの花沢類のつくしへの思いも、これで譲ろう・・ってことになっちゃったようで・・。
「本当に好きになった人とは絶対にうまくいかないみたい・・」って言ってるとこは、
すんごく可哀相だったわぁ〜!

惜しい・・実に惜しい・・・。(笑)

楓が帰国し、滋の両親との会食が開かれることになるんだけど、
そこでまだ滋は道明寺との結婚を推し進めようとする発言をするのさ。
はぁ・・・もう見たくないよ・・と思ったら・・。
なんと、親の前で自ら破談を言いだしたのさ。
おまけに、この破談のせいで道明寺財閥との仕事に支障がでないように・・って頼んでるんだもん、
なんてことを・・・そんなことを考えていたのかい・・。(涙)
好きな男を守るために好きな男を諦めるなんざ、相当な苦しみを乗り越えたんだね・・。

ニューヨークへと向かう滋の顔は晴れ晴れとしていて、
その滋にむかって、「しげる!」と呼びかけるつくし・・。
道明寺と類の友情も壊れることなく男と男の友情が強まったけど、
つくしと滋の女の友情もこの辛い経験を乗り越えて強い絆になったんだろうね・・。

さぁ、手をつないで一緒に進もう!と思ったそのとき・・
つくしと道明寺の前に楓の姿が・・。
この大ボスを倒さねばならないわけだわよ・・
タマさんも西田も二人の味方だけど、その味方がいても難しいか??
んで次回は、せっかくくっついたと思ったら、また別れですかい・・?



◇ 第話 ◇  「一期一会の初恋」  2007.02.16.

総二郎の涙にヤラれる予定でしたが、残念!
私は総二郎にはキュンとこないようでございました・・・。(汗)


道明寺の家で使用人として働くことになったつくしだけど、
横暴なタマさんの言い方に反論する道明寺。
では、坊ちゃま付ってことでは・・?と提案されると、素敵な妄想のトリコになっちまった道明寺は、
いいんでないのぉ〜と撤収・・・
何度も言うけど、このドラマのマツジュンは大好きです♪(笑)

バレンタインデーから一週間、総二郎と優紀と連絡が取れないということがわかって、
町でうろつく優紀を発見したつくしと道明寺は、話を聞くわけよ。
更は総二郎の初恋の相手で、一年前のバレンタインデーに更に、早朝ビルの屋上に誘われた総二郎は、
振られると思って行かなかったのよね。
更は総二郎ののお兄ちゃんを好きだったようで、勘違いしちゃってたのさ。
あの日、ビルに何かあったのか、それを知りたくて優紀は一人たくさんのビルに上って探し続けてたのさ。
いじらしいじゃないのさ!
なのに、そのころ総二郎は更を探して山奥へ行ってて、また告白しようとしてやがった!
しかし、もうさ更には婚約者がいたのよね。

道明寺から連絡を受けた総二郎は、悩んだ末にそのビルに行きます。
朝、日の出に反射した光で看板の一部が消え、「すき」「ジロー」とメッセージが現れた・・・
ここねぇ・・マンガじゃすごく感動しちゃったんだけど、
松田くんの泣きの演技にはちょっと泣けなかったなぁ〜!

これは好みの問題だと思うけど、あたいはちょいとダメ派でしたねぇ・・。(汗)

タイミングを逃すと後悔してもしきれない・・と実感した総二郎から「一期一会だよ」とアドバイスされるつくし。
そして、考えるわけだ、ちゃんとしないと・・今、ちゃんと選ばないと・・ってね。
そして、類を明日呼び出して「付き合えない」って言ってくるって道明寺に言うわけよ。
嬉しかろうよ、道明寺・・

そしてつくしは類に電話をかけるんだけど、類の声がさぁ、決心を揺るがすような優しい声でさぁ・・。(涙)
明日、話があるといわれて、きっと類はわたっただろうね。
でも、つとめて明るく振舞うのよ。
類も捨てがたいんだよなぁ〜!(←私に選ぶ権利はないのだが。(笑))

つくしが類と決着をつけるのなら、道明寺も滋のことをちゃんとカタつけないと!
会社や家族を巻き込む命がけの恋だけど、ちゃんとしないとダメだぞぉ〜!
そろそろ滋がうっとーしいので、ここらできっぱりスパッ!と忘れてくれないかなぁ〜!

余談ですが、予告終了後の「恋するハニカミ」の予告のタカアンドトシにバカウケ!
私の中ではまだまだタカトシの「欧米か!」はツボなんです♪(笑)


◇ 第話 ◇  「告白は大波乱!!」  2007.02.09.

西田の話は、道明寺が変わっちゃった理由でしたね。
兄のように慕っていたケン内田という日系人が、自分の不用意な発言の結果自殺してしまったらしい。
何の気なしに言った言葉で会社の株が暴落し、リストラに踏み出しその対象になったのがケンだったのね。
自分の言葉がどれだけの人に影響を及ぼすか、身に沁みた道明寺が生き方を変えたのはわかる・・
でも、つくしに再会して、やっぱり自分の思いを貫きたいと思ったのね。
それを西田は理解し、そんな司が人間らしい一面を持つトップになってほしくて、
そのためにはつくしが必要だと思ってわざわざ話しにきてくれたんだ・・
西田、ナイス!これからも頼むぞ!!

その話を聞いた直後に類が目の前に現れて、後ろから抱きしめたりキスしようとするんだけど・・・
そんな、必死な類はあんまり見たくない!
ごめんよ、やっぱり私はつくしのそばには道明寺が・・って思っちゃうみたいよ。(涙)

んでまたその直後、道明寺が部屋にくるんだけど、ここで進がナイスパス♪
前回ですっかり意気投合して言葉がなくても心が読めちゃう関係になったようで、
二人きりにしてあげたのさ。
そして後ろから抱きしめる道明寺だが・・その手が胸に!
「今、どこ触ってる?」とつくしにつっこまれてたけど、
私としては「拝啓、父上様」の夢子さん風に「揉んだの??」と聞きたい。(笑)

ケリを入れられて階下に落ちちゃって、あらら、アパート取り壊し・・。

そのころ道明寺は椿に協力して欲しいと電話してて、帰国してきた椿に連れられてつくしは道明寺家へ・・
おまけにこの家につくしが住むと知って、ねぇちゃん、さんきゅー!!ってベッドでゴロンゴロンしてる道明寺がさ、
参っちゃうくらいに可愛かった・・

類、ごめんよ、あたいの心も道明寺に行っちゃったみたいだよ・・。(笑)

しかし道明寺には片付けなくてはいけない問題が・・・滋です。
滋は悪くない、いい子だからこそ可哀相だ・・と思ってたけど、
「別れるとか言われたら、死んじゃうかもよ・・?」とか言われると、さすがにドン引き・・。(汗)
その言葉は道明寺にはキツイっすよ・・。

どうやってケリつけるんだろうね?
それに、つくしとの恋を選ぶということは会社を巻きこむことになるわけで、まさに「命がけの恋」
しかし道明寺はもう決心して動き始めたのさ!

なのにぃ〜!つくしったら、滋への友情とかいろいろ考えちゃって、思わぬ決断をしちゃったよ!
橋の上で「オレにチョコをくれるんだな?」ってウキウキして待ってた道明寺に、土星ペンダントを返しちゃったのよ!
そのペンダントを川に投げ捨て「オレはお前以外・・牧野以外ありえねぇっつーんだよ!」って帰っちゃうの!
そうよ!道明寺は「命がけの恋」をしようとしてるんだぞ?
あんたのそんな中途半端な決断とは違うんだぞぉ!

流れ行くペンダントを見ていて、道明寺の思いを聞いてたまらず拾いにいっちゃうつくし。
そう、それでいいのさ・・・
・・って、一瞬魔女が映ったぞ!(笑)
きたきた、タマさんの登場だ!!

滋からのチョコを前に夜を明かした道明寺の前にメイドがやってきた・・・つくしちゃんです!
昨日、あんな振られ方したってのに、喜べる状況じゃないよね?
でも、つくしは「ここで道明寺と一緒に住む理由が欲しいの・・これが私の精一杯の返事・・」って言うのよね。
これから二人で数々の苦難を乗り越えていきたまへ!
・・・いやはや、佐々木すみえさんのタマさんがあまりにもピッタリで素晴らしかった!
シャキッ!となるところも是非見てみたいっす♪

さ、次回は「ジロー」のお話かな?
私もこのエピソードはすごく好きだし、西門@松田翔太くんの切ないとこも見たいので楽しみにしたいと思います!
あぁ・・毎回、面白いわ、このドラマ・・。


◇ 第話 ◇  「おまえが好きだ」  2007.02.02.

裏が「千と千尋」だからか、ちょっとサブストーリーみたいな内容で、
手を抜いたか・・・と思いつつ見ていたけど、くっそぉ〜!ちょっと感動しちゃったぞ!

進と涙目がもう、可哀相でさぁ・・。(涙)

前回は、道明寺とつくしの会話を類が聞いちゃう・・ってとこで終わったけど、
そのあと、道明寺は動物的なカンで、入院中に類との間に何かあったと勘付くのさ。
あまりのしつこい攻撃に、「いきなりキスされたわよ!」と答えちゃったのさ。
ふぅ・・・このあと、血を見るってことが想像出来んのか、アンタは?

翌日、類を問いつめる道明寺に、「キスしたこと、怒ってんの?」と飄々と答える類。
まぁねぇ、確かに道明寺に怒る資格はないよね。
一年間もつくしを放っておいて、今や滋と結婚寸前なんだもん。
「そこまで牧野の気持ちふみにじって、今更彼氏面すんじゃねぇよ!」って怒鳴る類も素敵だったわ・・♪(笑)
言い返せない道明寺は、暴犬と化して暴れまくるのさ。
ったく・・・この男の凶暴性を描きたいのはわかるけど、
モノに当たる・・くらいにしてもらいたいわ。(滝汗)

類はつくしに、「いつからか・・牧野のこと好きだった」って告白するのよね。
道明寺なんて!と思いつつ、気持ちを吹っ切れてないつくしは、
その類にどう接していいかわからないのさ。
そんなつくしに、「そろそろ気持ちをハッキリさせろ」という美作。
そんなつくしに「やっと笑ったな・・」と励ます西門。
・・いかん!本日は西門にも萌えぇ〜っとなってしまいました♪(笑)

そしてここからは進の初恋のお話へ・・。
入試のときに消しゴムを貸してくれた女の子に一目ぼれしちゃってて、
それを道明寺が西門たちの手を借りながら全面的に応援するのよ。
合格発表もそっちのけで告白に命をかけていた進むだけど、
煌々には合格したけど、初恋は実らなかったみたいです・・。
寒い中、ずっと待ってた道明寺が、ウルウルの進をぐぁし!と抱きしめて励ますとこなんてさ、
もらい泣きしちゃったわよ・・。


純粋な進の気持ちに触発された道明寺は、つくしに「やっぱりオレはお前が好きだ」って告白するのよね。
今までのことを考えたら、すぐに嬉しい・・と思えるわけもなく、
「冗談じゃないわよ!」と家に帰ってしまうつくし。
自分の気持ちをハッキリさせなくては・・・と類に電話してみるものの、
話も出来ずに切ってしまって、類は車を飛ばしてつくしのところに向かうんだけど・・
「コンコン」とつくしの部屋の扉が叩かれ、ま、ここは「類?いや、類と見せかけて道明寺?」って思ったんだけど、
なんと、西田だった!
この男、何を考えてるのかわからんわぁ〜!

母の使いできたのかしら??どっちの味方だ??

次回はつくし、メイドになるの巻ですね!
先輩(と呼ばせるタマさん)も登場するみたいだし、お姉ちゃんも再登場だし、
来週はまた楽しくなりそうですね!

私、マツジュンは苦手なんだけど、何故だかこのドラマでは素敵に見えてしまふ・・・気のせいか?(汗)


◇ 第話 ◇  「命がけの修羅場」   2007.01.26.  

いやぁ〜ん♪、もう、類に萌えぇ〜!でございます♪♪♪
病院でつくしの手を握りながら寝ちゃってて、朝起きたらつくしがビックリするわけさ。
「ずっと手を・・・?」って聞いたら、「うん」ってニコニコしちゃって!
いやぁ・・・久々に胸がきゅん♪ってしちゃったわ!(笑)
んで、「なんでオレがピンチのときの花沢類か知ってる?牧野のこと好きだからかも・・」って言いながら。
キスしちゃうのよぉ〜!
「ダメだった?だってしたかったんだもん」ってさぁ・・・
いいえ!ダメではありません!OKっす!(笑)

あとね、静に「ありがとう」って言って立ち去るときの姿が、またも素敵だったわぁ〜・・。
道明寺も応援したいけど、類も素敵だからなぁ・・・困っちゃう♪(笑)

それにね、滋が悪い子じゃないでしょぉ?
もっと憎まれ役だったらさ、「道明寺!つくしを裏切るな!」とか言いたくなるんだけど、
滋はただ道明寺を好きなだけの女の子だから、可哀相なんだよねぇ・・。

本日の道明寺もぶっ飛んでましたねぇ〜!
一番笑えたのは、「結納→有能→ユーノー?」ではなく、
「シェークピア」でございます!
「シェークスピアだろ・・?」と突っ込む間もなく、階下で「ぴあ」をシェイクしてるのよ?
アホだねぇ〜!ばっかだねぇ〜!

つくしと類の件を聞きたくて仕方なくて動揺しまくってるのはわかるけど、
階段で蹴躓くし、カレーにみたてたウ○コとか言うし、この一連の流れに大笑いしちゃいました。(爆)

んで、つくしのパパがリストラになって、夫婦で漁師になっちまったみたいで、
石野真子さんはよゐこ濱口化して「獲ったどー!」とか言ってるし!(笑)
・・でも、横領の件は一体・・?(汗)
んで、つくしを進は学校関係の件で残されることになって、
優紀の知り合いの更の紹介でボロアパートに引っ越すことになったのさ。
そこに変態・道明寺が覗きにきやがって、しかもこのアパートお買い上げ!(笑)
ふぅ・・・やっぱり「普通の人間」じゃないっすね、アンタは。
・・・そういえば、ブラックカードにタクシーの運ちゃんが戸惑ってたね!
確かに、私も実際に真っ黒なカードを見たことはございませんので、気持ちはよくわかる・・。(笑)

んで、明日が受験という進を部屋から追い出し、つくしと二人きりになる道明寺・・。
いきなりシリアスに「無花果」とか「恋の味」の話なんか始めるから何かと思ったら、
「オレにとっての恋の味は、お前が作った下手くそなクッキーの味だ。」なんて言い出して!
ドキドキしちゃってたところに、類から電話がかかってきて、「出るな!」ともみ合いになってしまったところへ、
タイミング悪く滋が入ってきちゃって、しかも、電話にも出ちゃってて類に全部聞かれちゃって・・。
駆け出す滋を追いかけようとしたつくしに、「行くな!追いかけんじゃねぇ」って手を掴むんだけど、
そこから十数秒無音・・・でつづく!ってなるわけよ。
くぅ・・・たまらんね、この展開!


原作とは違う流れになってきてるので、まったく先が読めなくて、
毎週毎週、楽しみでございます♪


◇ 第話 ◇  「ばいばいバカ男」   2007.01.19.  

今日の爆笑ポイントから・・。
まず、滋がつくしの家に豪華中華料理を持ってきたのに、
つくしの家族は「この北京ダック、おいしい!」といいながら、身だけ食べて皮を残してた。(笑)
そして、道明寺のオモシロ発言♪
「オレは大人の階段を上り下りしてるんだ!」
・・・下りるんかい!とみんなと一緒にツッコミつつ大笑いしちまっただよ!

やっぱりアンタのオバカっぷりは「あかしろ(明白)」なわけで・・・。(笑)

そんなお笑いポイントもどこかへ行っちゃうほど、つくしにとっては悲しい展開になってきましたねぇ・・。
前回終わりの滋と道明寺のキスにはわけがあったのね。
道明寺は、滋に、つくしとの関係を認識させるために呼び出してたのね。
でも、勝手に滋がキスしちゃった・・ってわけで、それをつくしがみちゃった・・・ってことなのね。
・・のわりには、道明寺、目を閉じてたじゃんよ!(笑)

これでつくしは益々道明寺への思いに蓋をし始めちゃって、ラウンジでも大ゲンカしちゃうのよね。
ちゃんと心をぶちまけて話せば気持ちは通じると思うのに、
二人とも強がりだからなぁ・・・。

道明寺は母親につくしとの交際を続けるというんだけど、
どうやら道明寺財閥、経営がヤバイことになってるらしくて絶対に許さないって感じですね。
あの道明寺の悪夢は、下請け会社か系列会社かなんかの人みたいですね。
この人のことを持ち出されると道明寺は辛いらしく、とうとう滋と付き合うことにしちゃうみたい・・。(涙)
滋が泣きながら喜んでつくしに抱きついちゃってさ・・。
辛いねぇ、つくし・・・。
おまけにさ、お父さんが会社の金を使い込んで株に手を出しちゃったみたいで、
つくしは深夜のバイトをしなくちゃいけなくなっててさぁ・・・
心身ともにグッタリな状態になっちゃうのさ・・。(涙)
・・・んでさ、パパ、それって犯罪ですからね?(汗)

そのころ道明寺は、つくしに前作シリーズでもらったクッキーを一口食べ、ゴミ箱に捨てた・・・
おぉ〜い!!「不○家」も真っ青の消費期限切れでんがな!(滝汗)
そんな道明寺に「後悔なさいませんよう・・」と声をかける秘書の西田。
どっちの味方だよ!という道明寺に「正義の味方のつもりです・・」と言うのよ。
なによ、司ママの手先のくせに!!と思ったら、本当に正義の味方だった!!
バイト先でつくしが倒れて救急車で運ばれたことを、道明寺にこっそりと伝えたのさ!
このやろぉ〜!やるじゃねぇかぁ〜!

駆け出す道明寺・・・、いつも車移動の道明寺が爆走です!!(笑)

次回は類とつくしのキス?道明寺、オオカミと化す??
早く続きが見たいですね!

美作のママの役で西村知美が出てたけど、すんごいリアルで驚き。(笑)


◇ 第話 ◇  「最強のライバル」   2007.01.12.  

おや?私が記憶する「花より男子」とは違ってるような気がするのだが・・?
もう、読んだのがすんごい昔なので忘れてるってのもあるけど、すごく新鮮な感じです!
加藤夏希ちゃんは正直好きなタイプではないんだけど、
この滋役はとっても似合ってると思う!
無邪気で人懐こくて憎めないからこそ複雑・・・っていうつくしの気持ちがよくわかるもん!

ふむふむ、良いじゃないですか!
今日は久しぶりにドキドキしちゃったぞ♪(笑)

それとさぁ、道明寺のオバカっぷりがちょこっと帰ってきてくれたのが嬉しかったわ♪
「品がない」を「しながない」と読んでるし、違うよ・・って言うと、
「じゃお前ら”しながわ”は”ひんがわ”か?」って笑ってやんの!(笑)

いやぁ・・・やっぱりアンタはそうでないと♪

でも、まだまだつくしに真っ直ぐに向かってくることはないんだよねぇ・・。
どうも、あの夢に出てくる男(鶴見慎吾)が関係してると思われ。
自分勝手に動けないのは、会社に関わる人間がオレの肩にかかってる・・ってことを強調してたでしょ?
きっと、あの男が死んでしまったことがトラウマになってる・・・みたいな?
とにかく、まだまだ切ない展開になりそうです・・。

そうとも知らずに、つくしは滋の存在にヤキモキしちゃってたわけよ。
そんなつくしに相変わらず優しい類。
あのソファの転倒シーンはちょっとドキドキだったよねぇ〜!
そのままキスでもしちゃうんじゃないの??ってハラハラしちゃったもん!

んで、オロオロするつくしを優しく見つける類が素敵でねぇ・・。(笑)

美作や西門が自分と道明寺を心配してくれてると知って、
つくしは行動にでました。
キンピカ携帯を取り出し意を決して電話して、昔待ち合わせをした場所に来てって言うのよ。
その電話に出た道明寺の声が妙に優しくて、思わず「類に掛け間違えたか・・?」って思っちゃった。(笑)

来てくれるか・・?不安な気持ちで向かったつくしの前に道明寺が来た!
来てくれた・・・そう思ったのもつかの間、目の前に滋が!
えっ・・・?って思ってたら、その場で二人はキスよ?
しかもさ、そのキスがなんか美しかったじゃないのさ!

こりゃかなりのショックですたい・・。(涙)
続きが気になりますねぇ〜!

それはそうと、道明寺が今も大事にしていた箱の中身は、前作で渡された道明寺クッキーだよね・・?
その蓋、開けたら大変なことになってるんじゃないか・・?と思われ?(汗)


◇ 第話 ◇  「あれから1年…今夜遂に復活!!  今度の舞台はニューヨーク!!
 大波乱の恋と友情の新展開 つーかハッピーエンドじゃなかったの!?」                               2007.01.05.  初回129分SP

いやぁ・・・長い、長い!(汗)
そりゃさ、前作シリーズを振り返りつつ・・っていうふうにしたいってのはわかるけど、
それでも2時間越は長いでしょーが。

話の内容は原作を読んでるので想像がつくため、途中、あっちゃこっちゃチャンネルを変えてしまったわい。(滝汗)

一番ぐぐぐっ!と注目したシーンは、織部順平のシーンでした。
「のだめ」の千秋先輩@玉木宏が出てきたんかい?って思うくらいによく似ている子が登場してくるんだもん!
あれはジャニの生田斗真くんなのよねぇ・・・
あたしゃ、この子がこんなに大きくなってこんな顔になってるなんて知らなくってさぁ・・
なんか、しみじみと感じ入ってしまいましたよ・・。(笑)

この順平が、つくしと同じ学校で目立たないように生きていて、
つくしと仲良くなりたいだの、泣いてすがったりだの、なんだか怪しさ満点だったわけですが、
やっぱりコヤツが曲者でして、実は道明寺に仲のいい近所の兄さんがボコボコにされてしまったらしく、
復讐をしようとしてつくしに近づいた・・ってわけですよ。
つくしをダシにして道明寺を呼び出すのはやり方が汚いけど、
当時の道明寺の傍若無人さから鑑みると、ま、この復讐も当然のような気がするし、
一回さ、道明寺も今までのツケをしっかりと精算しやがれって気もしますね。(笑)


今回はいたるところでつくしを救ってくれたのが、類と椿。
なんか、類は前作よりも素敵になってる感じがしますね♪
西門と美作は、あんまり変わらない感じだけど。
んで、椿役の菜々子ちゃん・・・・いやぁ・・・このお年頃の一年って大きいのね・・としみじみさせられました。(汗)
そんな椿が、NYでも日本でもつくしの窮地を救ってくれまして、
今後も母の横暴なやり方から救ってくれることを期待したいもんですな。

道明寺役のマツジュンは、切ない目つきとか、なかなか味のある演技が出来るようになってきてるような気がしました。
つくしを思う気持ちは今も変わっていないのに、
つくしを遠ざけなくてはいけないこの状況を、なんとか必死に我慢しているわけでしょ?
昔の道明寺なら、とっくに全部捨てて日本に帰ってきてるだろうさ。
母親に従ってるのには訳があるってのに、それがつくしにはわからないからまたケンカになっちゃうんだよねぇ・・。(涙)
でもさ、私は、早くオバカでマヌケな道明寺を見たいです・・・。

つくし役の真央ちゃんは、顔がスーッ・・として大人になった感じですね。
椿の車に駆け寄って、思いをぶちまけながら泣くシーンは、さすがの演技でした。

つくしが邪魔だという考えは変わらない母・楓は先手を打ちました。
急遽日本に帰国し、道明寺の婚約を誕生日パーティで発表したのよ!
その相手は、大河原財閥の令嬢・滋・・。
この滋もなかなかの個性の持ち主なので、今後が楽しみですな。

でも、やっぱりこんなに長い初回SPにする必要はなかったような気がします。
来週からはノーマルな放送になるので、楽に見られそうです。(笑)



◆ Story ◆ 昨年10〜12月に放送されたTBSのドラマの続編 。道明寺がNYに旅立ってから1年・・寂しいつくしは彼を忘れようとしていた・・・。
◆ 期待度 ◆ 前作は面白かったので、今回も裏切らないと願いたいです!それにしても、初回SPが長っ!!(笑)