□ 火曜 21:00〜  フジテレビ       □ 公式HP・・・ 
□ 脚本・・吉田智子 □ 演出・・村上正典 佐藤祐市 □ P・・:小椋久雄
主題歌

てんやわんやですよ
クレイジーケンバンド
てんやわんやですよ 挿入歌
あふれる(DVD付)
あふれる
My little lover
今週、妻が浮気します オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
原作
今週、妻が浮気します
今週、妻が浮気します DVD-BOX
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
堂々ハジメ
三枝陶子
泉玉子
轟真一郎
堂々力
河野恵介
馬場敦
春木耀司
至宝君子
小町ゆかり
至宝勝










ユースケ・サンタマリア
石田ゆり子
ともさかりえ
沢村一樹
加藤翼
鈴木浩介
和田正人
藤井フミヤ
広田レオナ
江波杏子
西村雅彦
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
「現代公論」編集部デスク 陶子の夫 35歳
旧姓でアパレス会社に勤めるハジメの妻 35歳
「現代公論」編集者 バツイチ 32歳
ハジメの同期 36歳
ハジメの息子 保育園に通う6歳児
契約カメラマン
「現代公論」の編集者
陶子の浮気相手
勝の妻 43歳
「現代公論」の編集長 独身 50歳
法務部社員 ハジメの相談相手 浮気者 43歳
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「幸福の選択」  最終回  2007.03.27.  

なんだこの話は。
今まで見続けたことを後悔するくらいの最終回だったぞ?(汗)

「現代公論」の廃刊が決まりそうになって、ハジメは社長に直談判をしにいくんだけど、
そこに植木を手入れするオジサン(平泉成)の姿が・・
この時点でさ、どうせこのオッサンが会長かなんかで、
ハジメの「現代公論」への暑い熱い思いに感動して「廃刊撤回!」っていうんだろうなぁ・・・って思ってたら、
そのまんまですやん!
なんのヒネリもないでやんの。
呆れて言う言葉もないわよ。


んで?
最後にクリアすべき問題は、陶子とのこと・・・ってんで、
結局AV女優の亜里沙(MEGUMI)と結婚することになった恵介の結婚式で、
陶子との離婚話までしはじめて、しまいにゃ、主役の二人を放っておいて
招待客の前でキスまでして仲直りってですか?
なんの感動もせんわ、こんな展開。

はいはい、元サヤでよかったですねぇ。
しかし、いざ抱こうとすると春木の顔が浮かぶ・・・っていう問題はクリアしたのかしら?
キスできたからクリア!ってことかしら?
でも、一生この過去は二人の間でくすぶり続けるような気がするんだけどね・・・余計なお世話?(笑)
個人的には、私は絶対に復縁できそうもないですが・・。(汗)



 ■ 総評 ■

このドラマ、正直、11話の連ドラは無理があったと思いますね。
中にいろんなエピソードを盛り込みながら、何とか引き伸ばした・・って気がしてならん。
2時間ドラマくらいにしてれば良かったのにね。
石田ゆり子さんもさ、「家族」とおんなじような役で、結末まで一緒ですやん??
違う仕事を請ければよかったのでは・・・って気もします。
暗くなりがちな不倫&浮気話をちょっと気軽に描きたくてユースケをキャスティングしたのかもしれないけど、
私としては、真剣な問題なのに真剣味が伝わらなかったように思います。
はぁ・・・今期のドラマの〆がコレかよ・・っていうモヤモヤ感が残っちゃいましたわい。(汗)



◇ 第話 ◇  「愛するが故の別離」   2007.03.20.  

あり?今日が最終回じゃなかったのか?
もう、今日で終わりでいいんだけど・・。(汗)

結局、一晩中話し合って、「オレは(陶子の浮気)を忘れられないと思う・・」と結論を出すハジメ。
好きだから別れてください・・・か。
こう言われたら陶子も同意せざるを得ないわなぁ・・

そして二人は離婚しちゃったわけですわ。
陶子が出て行って、ハジメは部屋を売り、養育費も渡すってことにしたわけだ。
今まで陶子がどれだけ大変で有難かったか・・ってことを手紙で伝えるハジメだけど、
その手紙の中には愛情があふれてて、愛してるから別れる・・・って切ないわ・・ってしみじみしちゃいましたね。

しかし、考えた末に出した結論・・・
これからは新しいスタートだ!と気持ちを切り替えた二人ですけど・・
ハジメに最後の危機が!
現代公論社がなくなっちゃうそうで、現代公論は休刊・・ってことらしい。
仕事と家庭、ハジメは取り戻すことができるのか??
・・・・どうでもいいやって気もするけど。
だいたいさ、今回と次回、一緒にして今日最終回でよかったんじゃないのか?
うぅ〜ん・・・

それにしてもちょっと皮肉な映像が・・
きっと、今頃東京は桜が咲いてる・・と読んで、あの花見のシーンを作ったのだとしたら、
気象庁のミスがこんなとこまで影響してたってことね・・・(笑)



◇ 第話 ◇  「妻が帰りたい場所」  2007.03.13.  

なんか、まとめに入ってきたね・・・って感じだわ。

陶子の浮気の原因は、ずっと一人ぼっちで大変で寂しかった・・ってのは前回までにわかりましたけど、
どれほどに寂しかったか・・ってことが今回説明されたわけですな。
ハジメは、一人で力の面倒を見ながら仕事をするってことがどれだけ大変か・・ってことを身にしみて感じちゃったり、
恩師の葬儀で結婚当時のことを思い出したりして、少しずつ心境に変化が訪れてくるわけだ。

玉子と轟がいい働きをしてくれて、今日が陶子の誕生日であることや、
昔プロポーズしたときのことを思い出されてくれて、ハジメは許そうと考えたようです。
そして、やり直そう・・と陶子にキスをしようとして・・・
目の前に春木の亡霊が登場してくるわけです。
思わず陶子から離れてしまうハジメ・・。
最後に乗り越えなくてはいけない大きな壁・・ってことですね。

さぁ、最終回、よりを戻すんでしょうか?
なんか、私としてはすっかりテンションガタ落ちなので、どーにでもなれって感じです。(笑)
私なら、配偶者の浮気相手の顔を見てしまったら、一生その顔がチラつくと思うし、
浮気をしてしまった立場なら、一生負い目を感じて生きていくのも辛いし、
子供がいないなら「別れれば?」っていえるけど、力がいるしねぇ・・。

なんでこんなにこのドラマにハマれないんだろう・・?
「これはただのドラマだ」って割り切って見るには生々しすぎるからか・・?(笑)
ま、最後はきっと元サヤ・・・って思うんですけど、どうなりますやら・・・


◇ 第話 ◇  「妻が罰せられる時」  2007.03.06.  

陶子がやっぱり受け入れられないわね!
なんで自分が原因でこんなことになってるのに、子供を連れて一方的に家を出るわけ?
ん?一方的に子供を連れて家を出る石田ゆり子・・・?
どっかで見たなぁ・・・と思ったら・・・「家族」そのものですやん!

同じような役を立て続けに演じなくてもいいと思うんだが・・。(汗)

今週、妻に鉄槌が下されます・・・ってことで、
実家に帰った陶子は父親に殴られ、会社でも別居が噂になり、ちょっと追い込まれちゃいます。
幼稚園では力が友達に暴力を振るうという問題を起こすし、
「パパに会いたい!」としつこく言ってくるから、またも追いつめられちゃうわけだ。
しまいにゃ、新プロジェクトからはずされる・・ということに。
これは、なんと春木からの依頼のようで!

そして、陶子は、自分とハジメのことが「現代公論」で記事にされていることを知るのさ。
まぁねぇ・・・旦那の出版する雑誌に自分たち夫婦の不仲について書かれたら、
何考えてるの!って思うのはわかるわぁ・・。

そんなとき、力が陶子とはぐれてバイクに轢かれそうになっちゃうという事故が・・。
このときの力がさぁ・・「ママを助けてあげて・・パパはヒーローだから・・」って言うんだもん、泣かせるじゃないの!
ただただパパに会いたいって駄々をこねてたわけじゃないのよ。
ママが苦しそうだから、パパに助けてもらいたかったんだよね。

ったく、子供にとっちゃいい迷惑だよ、この親は・・。

轟は、陶子に「Q&Aサイトをちゃんと読んでほしい・・アイツ、不器用だから・・・」って言うのよ。
そしてハジメの本心を初めて知った陶子は、匿名で書き込みをし、
ハジメとチャット状態になっちまいました。(笑)
これは、ハジメは相手が陶子とは知らずに書いてるってわけですね。
「妻が他の男性に抱かれたということを忘れられるんですか・・・?」と書き込む陶子。
ハジメは素直に「ノーです。」と答えてしまった・・。
自分の非を認め、反省するからこそ夫の元には戻れない・・・なんて言ってたけど、
本心は、元に戻っても許してくれないんでしょ?って思ってるってことでしょ?

ったく・・・相手の気持ちを探る前に、まずは正面から謝ってみろってんだ!
そういうとこも、あたしゃ嫌いだわよ!


◇ 第話 ◇  「妻の理由 夫の事情」  2007.02.27.

やっぱり浮気してたんじゃんか、ハジメ!
この時点で、あたしゃハジメには同情できないわ!

一夜の過ち・・・って感じだけど、妻が妊娠してたときに・・ってか?
許せませんね!

それを陶子は知ってたわけだ・・。
でも、生まれてくる力のために黙って見逃すことにしたわけだ。
その後、ハジメも家事に協力してうまくやってきたはずだったんだけど・・
実は陶子はすごく頑張って耐えてきていたらしい。
それなのに「オレは協力してる」と思い込んでて、幸せな家族と信じて疑わないハジメに、
陶子は何も言えずにいっぱいいっぱいになってしまってたようです。
そんなとき、優しくしてくれたのが春木だった。
だから、浮気した・・ってことらしい。

そんなことか・・。
「そんなこと?」
「そんなこと」の意味にはいろいろありまして・・
「そんなことかよ!つまんねぇ理由だな!」の「そんなこと」と、
「いろいろと考えを巡らせたのに、そっか、そんなことだったのか」の「そんなこと」では意味が違ってきます。
言葉って怖いもんで・・。
ハジメのつぶやいた「そんなこと」が陶子には最後通告になっちゃったようです。
これで陶子はもう話を聞こうとしないかもなぁ〜!
でもさ、そこまでガマンしないでちゃんと話せばいいじゃん?
いくら帰りが遅かろうと、会話する時間はあっただろうし、手紙でもいいじゃん?
勝手に溜め込んで、勝手に発散されちゃ、何も知らない方は驚くばかりだわよね!

さぁ・・どうするよ、ハジメ?

っつーことで、別にハジメの浮気相手(山口紗弥加)の話はどーでもいいっす。
「家族を大事にしてる堂々さんだから好きになった・・」とか、不倫体質の女の言う言葉は聞きたくないし。
ったく、家にまで上がりこんできやがって・・
こういう女は嫌いなんだよーだ!(笑)



◇ 第話 ◇  「妻の衝撃の告白!」  2007.02.20.

なんだか、寛容な人たちがいっぱいですねぇ・・。

まずは春木の妻・薫(大塚寧々)。
夫の浮気を許してやり直そうと決めたそうな。
そのうえで、「ご迷惑をおかけしました」とハジメに頭を下げるのよ?
子供ができないことで必死に主婦として頑張ったせいで窮屈な思いをさせたかも・・・なんて
まぁ・・・なんとも出来た妻ですこと。
基本的に、女は男の浮気を受け入れる、でも男は妻の浮気は受け入れがたい・・ってこともあるのかもしれないけど、
なんかしっくりこないっていうか、なんていうか・・。

それとハジメの母。
自分の息子の浮気のせいで夫婦仲に亀裂が入ったと思いこんでいたのに、
陶子の告白を聞いて、「責めないよ、ハジメにも欠けてるところがあるんだろうし・・」ってですか?
えぇ〜!普通そんなにアッサリと容認できるもんか?
出来た姑さんだわ・・。
そりゃ夫婦だもん、気に入らんところや欠けてるところだってあるだろうさ。
だからって浮気していいんかい?ってことじゃないの?
なんだかなぁ・・・

ま、つまるところ、ハジメ自身が気づいていない「欠けている何か」があるって言いたいわけですよね。
そういえば陶子に浮気の動機を聞いてない・・ってことになるわけで、
次回はその動機が判明するらしいのですが・・
「つまる」といえば、指輪・・・掃除機につまるなんて、アリ??
家庭用の掃除機だって吸い込むってのに、業務用の掃除機につまるわけなかろーもん!
もっと、違う発見方法にすりゃいいのにさぁ・・・(汗)

しかし!ハジメが浮気したことあるんだったら話は別だわね。
自分もしたことがあるのなら、責める資格はないよ。
それこそ、「男はいいんだ、女はダメだ!」ってことになりやしないか?
ハジメにも非があるのなら、同情しかねますな。
でも、未だに謝る気がさらさらない陶子がムカつくので、どっちも同情しがたいわ。


はぁ・・・こういうドラマってさ、子役が可愛いと「この子を苦しめちゃダメだよ・・」とか
唯一の癒し映像とかになるんだけど、
この子役の子の口の利き方がムカつくので困ります。
あんな口の利き方、誰が教えたんだ?
可愛げがない・・。


◇ 第話 ◇  「浮気男と正面対決」  2007.02.13.

ハジメの仕事に対する態度っていうか考えがいつもイヤなんだよねぇ〜!
なんでこの人がデスクなのか、わからん。

春木のところに乗り込んで話をつけようとしたハジメだけど、
「現代公論」が春木の特集記事を書くことになってたみたいで、玉子たちがやってきちゃったのさ。
そして、浮気相手にヘコヘコするハジメ・・。
なんか、この調子よさがムカついてしまう。(汗)


プリンさんの書き込み(玉子の助言)で、
「あなたがすべきことは、奥さんと向き合うこと、復讐は臆病者のすることです。」って言われて、
我慢すべきか、どうするべきか・・・と思いつつ、春木の家を訪ねるハジメ。
そこで、春木が妻(大塚寧々)と幸せそうに買い物をしてるのを見て、
やっぱりコイツが幸せなのは許せない!復讐してやる!ってんで、
春木の記事を差し止めすることにしちゃったのさ。
・・・だからさぁ・・・そういう行動がイヤなんだってば、私は。
人の仕事にまで手を出すなんてひどくない?

そうまでして止めたいっていう気持ちはわかるけど、だったらもっと前にやれよって気がするし!
「玉子の原稿、読んだか?」と轟に言われて、玉子の原稿に対する姿勢と熱意を感じたハジメは、
差し止めはやめて、やっぱり直接会いにいくことにしたのさ。
・・・轟さん、鼻血ティッシュを鼻に詰めてマジメな話をしないでください。(笑)

さて、ハジメは春木に会って何をするのかと思ったら・・・
春木の口から半年前からの浮気を告白されて、バチコーン!と殴った後、
なんと、春木に「奥さんに電話してください」って言うのよ!
それはちょっとなぁ・・
私は妻の立場として、さすがにそれはやめてもらいたいわ。
・・・いや、もし旦那が浮気してたら、相手の女を不幸にしてやる・・ってその女の夫に知らせるかも・・?
いやいや、そこまではしないな。
だって、悪いのは浮気してるヤツだもん!

「これは、家族同士の問題です」と電話を迫るハジメに、春木は妻に電話をすることに・・
「あなたのご主人、ボクの妻と浮気しています」と言っちゃいました・・
はぁ・・玉子さん同様、「大変なことをしちゃいましたね」って感じ。
次回は陶子の反撃らしいけど、反撃っつったって、単なる逆ギレじゃん?
「汚い」だと?浮気してるやつに言われたくないってんだ!
浮気したくせに逆ギレして反撃するようなヤツ、とっとと別れちまえ!って気がするんでけど?



◇ 第話 ◇  「浮気される理由!?」  2007.02.06.

なんていうか・・・このノリについていけない感じがするんですよね。
「不倫」「浮気」っていう重たい題材だから、ちょっと軽めに扱いつつ・・ってことかもしれないけど、
浮気相手と一緒にいるところに居合わせて、部屋で話し合い・・っていうのに、
あの軽いノリはいかがなもんかと?
「とりあえずお前が座れよ」って感じでイライラしちゃったわ!(笑)
なのに、終わりの方になると毎回すんごくシリアスになっちゃって、
コミカルとシリアスのバランスがすごく悪いような気がしますね。

さて・・陶子は本当に浮気をしてましたねぇ・・
「出来る男」っていう感じの浮気相手が冷静に事情を説明し始めたら、
そりゃカッチン!ときますわな。
陶子も何も言わないしね。
「僕ら」だの「彼女は」だの、その表現もカッチンカッチンくる気持ちはわかります。
遊びでつきあってるのかどうかもわからず、いつから会ってたのかも確認できないまま、
ハジメは「離婚だ!もう帰ってくるな!」と出ていっちゃったわけですが・・・

「プリン」さんの正体があっさりわかっちゃいましたね。
もうちょっと引っ張るかと思ってたけど・・。
玉子が書いてたんだそうな。
んで、この玉子さん、もしかしてハジメのことが好きなのかしら?
ハジメからプリンが贈られてたとき、嬉しそうに二人でプリンを片手に写ってた写真を見てたよ?
ここにも不倫の香り・・?(笑)

それにしても・・あの陶子の態度はどうですか?
自分が浮気をしたのには理由がある・・・きっとそれはハジメへの不満からなのかもしれない。
でもさ、そんなん、浮気の理由になるのか?
んなこと言ってたら、そこらへんの奥さんは全員浮気しなくちゃいけなくなるやないかい?
ま、理由があったにせよ、とりあえず謝れよ!って感じ。
盗人猛々しいっつーか、罪を犯した人間が開き直ってどうする!

あたしなら、浮気したから・・とかじゃなくて、この人間性で離婚しちゃいそうです。

そうはいいつつ、「それでも浮気してるところを見たわけじゃないから・・・」と、
まだ陶子は浮気してないかも説を捨てきれなかった私ですが、
「半年前に一度関係を持った」と最後に言われちまった・・。
「関係」ってのは、ま、そういうことでしょ?
そっか、やっぱりやってやがったか・・。
こうなると、軽めのノリがさらに見てられなくなりそうな気がします・・。

さて、浮気相手役がフミヤなのは何故でしょ?
この役は結構重要ですよね?
ちゃんとした役者をもってくればよかったのに!
あの緊迫したムードにあの下手っぴな演技・・・ふぅ・・・何故に・・。


◇ 第話 ◇  「愛と勇気の捜査線」  2007.01.30.

あらら・・・本当に浮気してるんだね、陶子さん・・。
「ホテルのコンベンションの前に会議がある」と言って土曜日に出かけたのに、
美容室に行ってるし、指輪はずしてるし、あれは浮気してるってことでしょぉ・・・。
一番気になったのは、出かける前の陶子にハジメが探りを入れるところで、
「パーティ三昧だな」って言ったら、陶子が「パパは残業三昧・・」って言ってたとこです。
もしかして、すごく良き母・良き妻な陶子だけど、ハジメに対する不満があるんじゃないかしら?

ハジメが気がつかないだけで、陶子には浮気に走るだけの理由があった・・?
ま、理由があろうとも浮気は到底許せないことですけどね。(汗)

書き込みのプリンさんや、玉子の言うとおり、ハジメがどうしたいのか、それが大事なんだよね。
感情に任せて乗り込むまでは勢いで出来る。
でも、その後、どうしたいのか・・それを考えてから行動しないとダメなんだよね。

至宝の浮気を疑って会社に来た妻・君子に「至宝さんを愛してるんですね・・・」ってハジメが言ったら、
「愛してなくて、どうして一緒にいるの?」と真っ直ぐに答えていたことや、
玉子の話を聞いて、「愛してるなら逃げちゃいけない」と思ったハジメは、
陶子を取り戻すためにホテルに乗り込む!と決めたのよ。

そんなとき、仕事でトラブルがあって、デスクとしては会社を離れられない状況になったんだけど、
「すいません!」と出かけようとするのよ。
いやぁ・・・あの場であの発言、すごいっすね。
しかも、「行きなさい、よっぽどのことなんでしょ」と認めてくれる編集長もすごいわ。
なんてアットホームな仕事場・・。(笑)

ホテルに行ったけど、どうしたらいいかわからないハジメに、くっついてきた轟も一緒になって陶子探しが始まりました。
本当にホテルに来るのか・・?と思ったけど、いましたねぇ・・。
あのフロントの雰囲気は、確実に浮気の香りがしてましたよ!
エレベーターに乗ろうとしてる二人に、どうしよぉ〜!と焦るハジメだけど、
観光客に紛れて乗り込んでたわよ。
でもさ、フードをかぶったら怪しすぎるでしょーに!(笑)
そしてハジメはフードをはずし、二人と対峙しました・・。
さぁ、どうなるんでしょーか!
陶子は素直に浮気を認めるのか?
一縷の望みとして、「浮気はしてない」っていう可能性も残されてるのか??
気になりますな。

でもさ、ハジメは「ここで止めないと浮気しちゃうよ!」って思ってるけど、
もう何回も会って浮気を重ねている可能性も多々あると思うんだけど・・・?(汗)




◇ 第話 ◇  「決死の結婚記念日」  2007.01.23.

ハジメがダメ男過ぎて、同情できないのがネックだね、このドラマは・・・。(汗)
妻の浮気がショックなのはわかるけど、ダメっぷりが本気でイヤになってきちゃうんだもん。
このドラマは男性向きかもしれないですね。

陶子の浮気についてネット掲示板で相談したら、
「一旦冷静になって、浮気度を確認したほうがいい・・」という書き込みを見て、
ハジメはどうやって確認すれば・・?って考えるわけよ。
そんなとき、カメラマンの河野がバイク盗難に遭ったけど、GPSをつけてて助かったって話になって、
そのGPSを陶子のカバンに・・って考えるんだけど、結局できずに自分のカバンへ・・。
ま、ここで、そのうちこのカバンを失くすっていう展開になるだろう・・ってのは想像ついたけど、
あんなことになるとは・・・。(汗)


陶子のことで食事は取れないわ、お腹は壊すわ・・・で調子が悪いハジメは、
轟から、陶子が素敵な男性を一緒にいたと聞いてさらに悩んじゃうわけよ。
今日が結婚記念日と言うことで、ケーキを買ってちゃんと話をしよう・・って考えるんだけど、
そこに馬場から電話があって、作家の原稿は??って聞かれるわけさ。
そう、考えすぎててカバンをどこかに置き忘れたらしい・・
どうしよ!どうしよ!とさらにストレスがたまって便意を催しちゃったハジメは公衆トイレに・・。
男子便所が使用中で女子トイレにやむなく入ったんだけど、女子高生に見つかって警察へ・・
はぁ・・・ったく・・
ま、GPSのおかげでカバンは無事に見つかったけど、GPSが入ってなかったら本当にヤバいことになってたよね?
笑えない失敗だわ・・。(汗)


気を取り直して家に帰るハジメだけど・・
あのさ、そのケーキ、トイレの中にも持って入ってたよね?
あたしゃ、その時点でもうダメなわけさ。
「グシャグシャになっちゃったよな・・」とかいう問題じゃないわ!
グシャグシャのケーキの方がなんぼかマシです!
あんなきちゃないトイレに持ち込んだケーキなんて食べたくないのよぉ〜!!(笑)


プレゼントを買えなかったハジメは、玉子から聞いた「8年目はゴム婚式」というのを思い出し、
風船をケーキの箱につけて帰るんだけど・・・
なんと、陶子は息子の友達の誕生日会にお泊りで出かけてしまってたのさ!
忘れてやがった・・
さすがにハジメが可哀相だったわ・・。(涙)
でもさ、ハジメが記念日を勘違いしてる・・っていうことじゃなかったのね?(汗)

そういや陶子が会社を出るとき、「イベント好きなのよねぇ〜!」って言ってたのは、このお誕生日会のことなの?
悲しくてムカついて、「乗り込んでやる!間違ってないですよね?」と掲示板に書き込むハジメ。
・・・どうせそんな勇気もないくせに・・。(笑)

んで、陶子は本当に浮気をしているのか・・?
いい妻過ぎてわからないけど、「youji-spring」が絡むと途端に表情が一変してるしなぁ〜!
でも、陶子がハジメと結婚した理由・・・っていうのが肝になってくるのではないかと思います。
ハジメすらも忘れている、その理由がなんなのか、知りたいもんですね。


◇ 第話 ◇  「大ピンチの男!」  2007.01.16.  初回69分SP

たぁすけてぇ〜!♪が、間違いなく今夜、私の頭から離れないに違いない・・。(笑)
とにかく、「たすけて」のインパクトが大きすぎる初回でございました♪
可もなく不可もなく・・ってとこかな?

ユースケらしいドラマですねぇ。よく言えば役にピッタリ・・悪く言えば、いつもこんな感じ・・。(汗)
石田ゆり子さんは、「家族」では家庭を捨てて出て行っちゃった冷たい妻・・っていうイメージがまだ残ってたんだけど、
一転、とってもイケてる奥さんですね。
仕事もバリバリ、でも、仕事も家庭も両立してて、自慢の奥さんって感じだもん。
もし、携帯を間違って持ち歩いて、中身を見たりしなかったら、浮気を疑ったりしなかっただろうに・・・

しかもさ、「youji-spring」なんて登録されてたら、疑うよねぇ〜!
普通に苗字で書いてあったら、「仕事相手だろう」って全然気にしなかったはずなのにさ。

んで、陶子さんは本当に浮気してるんだろうか・・?
あの意味ありげなカットがちょこちょこと入ってくるのが気になるし、
あの望遠鏡で覗いた送ってきた車のシーンは確かに疑わしいけどさ。
本当に浮気してるならもうちょっとうまくやるような気がするんだけどなぁ・・・。
予告でフミヤが出てたけど、アレが「youji-spring」ってことみたいですね。
相手がフミヤかぁ・・・こりゃ厳しい戦いになりそうですな。(笑)

たいして仕事が出来る!っていう男でもないハジメが、
妻の浮気を疑っちゃったために仕事に支障が出てきて、
自分勝手な行動で、社の別雑誌にも迷惑をかけちゃうわけだけど、
雨の中、土下座して「かっこいいな・・」なんて流れはどうでもよかったかなぁ・・という気がしなくもない。(汗)
あんまりカッコイイとは思えないしねぇ・・。

だって、自分の私的感情からの発言の尻拭いってわけでしょぉ〜?
ハジメの仕事っぷりが、日頃のユースケのいい加減っぷりと重なってしまって、どうにもこうにも・・・。(滝汗)
でも、結婚式のDVDを見ながらしんみりと泣けてくるところはなんとも切なかったですねぇ・・。

自分のどこが悪いかわからなくて、どうして浮気されるのか検討もつかない男が、
ネットの質問サイトに「今週、妻が浮気します」と相談したことからこのお話は始まったそうですが、
私はこの原作(というかやりとり?)を全然知らないので経過も結末も知りません。
きっと、悲惨な話にはならないと思うんだけど、どうなるか、見守っていこうかと思います。

個人的には、夫の足の臭いを夜中に嗅いでる広田レオナさんに笑えました。(笑)


◆ Story ◆ インターネットのQ&A掲示板に、「今週妻が浮気します・・」という書き込みをした男が、そこで交わされるやりとりを通して気持ちを整理していく物語。
◆ 期待度 ◆ またもネットでのやりとりをドラマ化・・ってことですね。ユースケなので面白そうかなぁ・・・とちょっとだけ期待しております。