□ 日曜 21:00〜  TBS       □ 公式HP・・・ 公式
□ 脚本・・伴一彦 □ 演出・・土井裕泰 ほか □ P・・伊與田英徳
主題歌

Hug.Hug
織田裕二
Hug,Hug(初回盤)(DVD付)
サウンドトラック
冗談じゃない! DVD-BOX
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
高村圭太
高村絵恋
友田聡
広瀬香恋
広瀬世恋
広瀬未恋
山田朗
山田元雄
佐々木
広瀬壮平
野々村冴子
広瀬理衣












織田裕二
上野樹里
田中圭
仲里依紗
菅野莉央
森迫永依
新井健太郎
田口浩正
小林すすむ
草刈正雄
飯島直子
大竹しのぶ
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・ ・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
システムエンジニア 40歳
大学生 20歳
絵恋の友人 20歳
広瀬家 フランス在住 二女
広瀬家 フランス在住 三女
広瀬家 フランス在住 四女
元雄の息子
イラストレーター 圭太の同級生 39歳
圭太の上司
絵恋の父 ニースでワイナリーを経営 50歳
ファミレス店長 39歳
絵恋の母 圭太の元カノ フランス在住 45歳
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「君のいない人生は、ありえない」  最終回  2007.06.24. 

なんだこの最終回は。

一貫して、そうして圭太が絵恋をそんなに好きなのかが全然伝わってこなかったし、
母が元カノと言うヒミツが明らかになったあとも、たいして盛り上がってないし、
あっけなくクリアしちゃって、最後は仕事が忙しい夫への不満ですかい?
はい?って感じ。
そりゃさ、転職の話があって、それを相談してもらえない・・・っていう寂しさはわかるよ。
だからってあーいう話の持っていき方はどうかと・・?(汗)
それに、圭太が友達の誘いを蹴って、ファミレスに残るってのも、イマイチ伝わりにくかったですし。

最後はぶどう畑で再プロポーズ・・っていう結末だったけど、
「キミじゃなきゃダメ」だっていう説得力が全然ないし伝わらないわ。
はい??ってなもんです。

はぁ・・・なんで最後まで見たんだろ?
そんな虚しさが沸々とわいてくる、そんな最終回でございました。


ドラマ終了後のアンケート 満足度にご協力くださいね♪



 ■ 総評 ■

「20歳の年の差がある夫婦」 「妻の母親が元カノだった!」
うん、そりゃ冗談じゃないわよね・・・と思いつつ見続けたこのドラマですが、
大竹さんのキャラがかなりうっとーしくて、それがずっと尾を引いてたって感じでしょうか。(汗)
それと、圭太と絵恋が夫婦であるってのがリアルじゃなかったですよね。
一緒に寝ている姿はあっても、付き合い始めの恋人同士レベルっていうか、
なんか、「おままごと」っていう感じがしてしかたなかったです。
いたるところに難があったように思いますね。
で、最後にまとめようとして、さらに「なんじゃこりゃ?」ってことになってる気がします。
むん、来クールに期待するとしよう!



◇ 第話 ◇  「さようなら圭太」   2007.06.17. 

圭太から告白された絵恋・・・
圭太の前では平気なフリができても、母親の前ではそうもいかないよね。
圭太はフランスでこの事実を知ったけど、マモンはずっと前から圭太の名前を聞いてたわけで、
その時点で言おうと思えばできたわけで・・
今、母が父と仲良くて幸せな姿を見せていたなら、絵恋の受け取り方も違ったんだろうけど、
「離婚する」とか言い出してるから、余計にギクシャクしちゃうよねぇ・・。


パパと圭太は話し合いですっかり誤解が解けちゃったようで、
パパがマモンとやり直したいと思いを伝えるために、東京タワーで会う約束をするわけよ。
東京タワーは、20年前、圭太と理衣がすれ違った場所で、
そこを今度は自分たちの思い出の場所にしたいんだ・・・ってことで、
圭太は二人のために走り回ることにするんだけど・・・・

マモンの手を引っ張りながら言い争いをしている圭太の姿を見た絵恋は、誤解しちゃったってことか・・?
何を言い争ってると勘違いしたんだろ・・?
ま、圭太を信じられなくなってる以上、いろんな想像をしちゃっても仕方ないか・・・


指輪をはずして家を出て行った絵恋・・・
さぁ、最後はみんなで二人の仲の修復に力を貸してくれるってことかしらね?



◇ 第話 ◇  「遂に告白!!」   2007.06.10. 

今日はマモンの登場が少なかったせいか、面白かったです。(笑)

圭太の母・静子(白川由美)に向かって「静子」と絵恋が呼んだときゃ、
いくら帰国子女でもカチンときてしまったわ。(笑)
静子さん、懐がデカイっす。

その静子さん、実は圭太に会ってもらいたい人がいるってことらしいのよ。
あらら・・・こりゃ、老人を騙してお金をふんだくる、悪い男にひっかかったか・・?と思ったけど、
違ってたわ。

20歳下の50歳のその男性は、経歴詐称(今は無職&実はバツ2)をしていて、
それを聞いた静子さんは涙しちゃって、結局は傷ついちゃったのね・・と思ったけど、
こりゃまた違ってたわ。
実は静子さんも、自分が60歳と10歳もサバを読んでいたのさ!
自分のウソが許せなくなっちゃって、別れちゃおうと思ったみたいだけど、
二人でちゃんと話してみたら、実はその男性、静子さんが70歳ってとっくに知ってたのさ。
そのうえで結婚して欲しいといい、静子さんも、男性のウソなんて全然気にしてなくて、
最後は手をつないで帰っていきました・・・。

この一部始終を見ていた圭太は、ウソの上にある幸せはダメだ・・・と思ったようで、
理衣に電話して、すべてを明らかにしようと思うんだけど・・・って言うわけだ。

理衣は日本に来てて、面と向かってそれについて話し合うんだけど、
去り際に「私、広瀬とは離婚するから!」だとさ。
ったく・・・過去にとらわれずに未来をどう生きていくか・・なんて、いいこと言いつつ、
そんな言葉を残して去るなんて、意地悪だわぁ〜!

そして家に帰った圭太に、「マモンが離婚するんだって!まさか元カレと・・?」と言い出す絵恋。
「それは絶対にない・・・お義母さんの元カレは、ボクなんだ」と言っちゃいました!

さぁ・・・とうとうバラしちゃいました。
これで理衣が「パパと幸せで、圭太さんとは単なる過去」って言える状況ならまだしも、
フラついてるから厄介なんだよねぇ〜!
はぁ・・・めんどうくさそうだ。(汗)


◇ 第話 ◇  「暴かれた過去…圭太決意の時!」   2007.06.03. 

理衣のからみが減りましたね。
それでかなり楽に見られたんですけど、それはそれでつまらなくなったっつーか・・。

山田が、圭太の元カノが理衣だと思い出して、どーなることかと思ったら、
冴子との間を取り持ってほしい・・ってことでとりあえずこの問題はスルー・・ってことになって、
山田の息子・朗まで世恋との間を取り持ってほしいと言い出して、
子供たちを連れて遊園地に行かなくちゃいけなくなっちゃったわけです。
で、そこで朗と未恋がいなくなっちゃって、大騒ぎ・・なんですが、
なんか、捜してる間とか、妙に長くてアクビが出まくりでございました。(汗)

なのに、理衣とは連絡が取れなくてイライラした圭太が声を荒げまして、
最終的に、理衣は子供たちを連れてフランスに帰ることに・・
へぇ・・ここで帰っちゃうのか・・。意外にアッサリね、なんで?(笑)
ま、かなり人口密度の高い部屋がスッキリするので、よかったじゃないですか?(笑)
いないならいないで寂しいのかもしれないけど・・。

圭太と山田が理衣について話しているのを朗が聞いちゃって、
これが今後どうなるか・・ってとこですね?

バレるとしたら、この子の口からってことになるのかな?

さぁ、次回は圭太のお母さん(白川由美)の登場です。
絵恋とのバトルが見もの??(笑)
そして、「ウソはダメ」ってことで、とうとう真実を話してしまうのか?
・・・「いつバレるか」っていうことで毎回ひっぱてきてるのでここまで見てしまいましたけど、
そろそろ限界かも・・です。(汗)



◇ 第話 ◇  「結婚指輪がない!!」   2007.05.27. 

夫が結婚指輪を私の知らないところで失くしていたら・・・。
まず浮気を疑いますね、あたいなら。(笑)
でも、いつもはずしている人が失くしたのなら、しかもそれを隠そうと新しいのを買ってたら、悪気がないのなら、
まぁ、許してやってもいいかなぁ・・って思うんだけど、
新婚さんの絵恋は許せなかったようで・・。

絵恋が友田くんに昔もらった指輪をちゃんと返さないと失礼だ!と必死に探していたとき、
圭太が一緒になって自分の指輪の辿ったであろう経過を考えてる姿が、
ちょっと可愛かったっす。(笑)


結局はYシャツのポケットに入れていて、クリーニング屋さんで絵恋が見つけて帰るんだけど、
そのころ理衣が勝手に新しいのを買っていて、しかもサイズが小さくて抜けなくなって、
絵恋には「失くしたからって新しいのを買うの・・?それは違うんじゃない?」っていうわけだ。
で、怒った絵恋は外泊し、友田を呼び出して酒を飲むわけですが・・・

今回は友田くんはえらかった!
香恋に言い寄られても、「淫行、淫行・・・」と自分を戒めていたし、
大好きな絵恋が酔っているとはいえ自分を頼って身をゆだねている・・
そこをグググッ!と我慢した友田くんを褒めてやろう!(笑)
そして、圭太も大人でしたねぇ・・。

ま、結局はいつものように仲直り・・ってわけですが、
いつもいつも、理衣がいなきゃ騒動は起こらないような気もするし、
早く帰れよ!といいたい。(笑)

「圭太さんの気持ちを見失わないで!」とかさ、なんか意味ありげでヒヤヒヤするし・・。(汗)

さぁ、お隣の同級生・山田さんがいよいよ思い出しちゃった・・?
本当に思い出したのなら、ちょっと大変かもねぇ・・。(汗)



◇ 第話 ◇  「浮気!?ハンカチおやじ大ピンチ」   2007.05.20. 

自分が夫の不倫で悩んで家出までしてきてるくせに、
バーで出会った女性の不倫相談に「いっちゃえ!」って応援する理衣が理解できん。

軽い気持ちで言ったにせよ、それで励まされは冴子は行動に移そうとしてたわけでしょ?
無責任にもほどがある!

冴子と圭太が一緒にいるところを友田が写メで絵恋に送って、
自分がけしかけた女性の思い人が圭太だと知った理衣は、
家に冴子を呼んで、家族団らんを見せ付ければ諦めると思ったようで、
みんなが集まった場所でフランス語で絵恋に説明するんだけど・・・
なんと、冴子もフランス語を話せちゃうようで、バレバレ・・・
で、冴子の「ベルファミーレの由来」話とか何とかで、その場は和やかムードに・・ってですか?
なんだかねぇ・・・

最終的に、「ベルファミーレ」には義理の家族っていう意味もある・・っていう話から、
圭太は急にやってきた絵恋の家族とも打ち解けて暮らしていくことを決意し、
今の職場でも、お客様を家族のように思いたいという冴子のように頑張りだす・・っていう
温かなオチになりました・・ってことですな。

いい話だけども、とくに心には響かないんだよなぁ・・。
やっぱり、理衣とか姉妹たちが「お邪魔しちゃってすみません」っていう態度がないのが気に食わんのよ。
ママが帰るまでここにいさせてね♪っていう可愛げもあんまりないし・・。

そろそろリタイアしちゃおうかなぁ・・。(汗)

そうそう、今回は「冗談じゃない!」っていうセリフがほとんどなかったすね?
さすがにそのセリフ自体のウザさに気がついたか・・?(笑)


◇ 第話 ◇  「ママの元カレなの?信じてる」   2007.05.13. 

マモンだけでもかなりの負担で「ウザイ」んですけど、
妹3人がやってきて、益々ウザさが増してしまった・・。(汗)
本気で圭太に同情しちゃいましたよ。
いくら妹だってさ、母親が家に泊まりにきてるってだけで旦那に恐縮してもいいくらいなのに、
そこに妹3人やってきても「いいよね?」っていう態度の絵恋・・。
20も年下の女と結婚するとキツく言えないもんかねぇ・・。(汗)

二女・香恋のカンで、「マモンの元カレって、圭太じゃない?」ということになり、
マモンの尾行を開始した娘たちですが・・。
タクシーに乗り込むマモンのスカートが過剰にひらめいてまして、
イヤなもん見たな・・・とつぶやく私。(笑)

お年のわりに短すぎやしないか、そのスカート??(汗)

マモンの密会相手は杉田(高田純次)で、ホッと一安心の絵恋だけど、
杉田の会話から、圭太とマモンが手を握っていたと聞いて、「マジで圭太が元カレ?」と思っちゃった絵恋。
即効で圭太を問い詰めに行くんだけど、
なんと、マモンまでも圭太に会いに行くと言っていて、圭太、大ピンチ!

ここで先に絵恋が来てくれて助かったわねぇ、圭太。(笑)
問い詰められてるときにマモンがやってきて、「圭太さんとも格闘技に行ったのよ」と答えてくれて、
元カレ=圭太という疑惑は払拭できたようです。
このまま内緒にできるんかねぇ・・・?
マモンがフランスに帰るのが一番なんだけどなぁ〜!

パパとの冷却期間を置きたい・・・なんて、ほんと、冗談じゃない状況でございます。


◇ 第話 ◇  「僕は君を守る!でも離婚…?」   2007.05.06. 

私としては、圭太と理衣のからみより、冴子との絡みのほうを楽しみにしてたんだけど、
どうも冴子はまだまだ圭太をイジメぬくだけっていう設定でつまらん!
好きなのに・・ちっくしょーっ!っていう笑えるシーンにしてくれるといいのになぁ〜!

で、絵恋がパパを連れて帰ってきたんだけど、
なんとパパ、本当に浮気してやがった!
圭太は男だから本当のことを言ったのかもしれないけど、それを聞かされた婿の立場は・・・(汗)
婿としても聞き捨てならんのに、理衣は圭太の元カノなわけで・・・


浮気を問いただされても絶対認めてはならぬ!という考えのパパですが、
その証拠写真を見せ付けられたらどうにもこうにも・・・
で、日本式の謝りスタイル、ザ・土下座をして謝るわけですが・・許しがたいよねぇ〜!
でも、ブドウを守るバラのようにボクがキミを守る・・っていう言葉を思い出させるように
大きなバラの花束をもらった理衣は、パパの滞在するホテルに圭太と向かうわけよ。
これでようやく理衣がフランスに帰るか・・?と期待したのに!

なんと、ホテルにパパの浮気相手が!
まさかぁ〜!と思ったら、本当にパパの部屋まで行って抱擁してやがる!
くっそぉ〜!とマモンがパンチ!かと思ったら!・・・殴ったのは圭太だった!
おいおい・・・ついつい出ちゃったその手、どう言い訳する気かい・・・?(滝汗)

このときのスローな映像の大竹さんが、どう見ても笑ってるようにしか見えなくて、なんで?って感じでした。(汗)

それにしても・・・「冗談じゃない!」って多用しすぎ!
いい加減うっとーしい・・。


◇ 第話 ◇  「私達結婚したんじゃないの!?」   2007.04.29. 

やっぱり、絵恋は圭太が会社を辞めることを相談してくれなかったことに腹をたててたのね。
圭太と理衣があたふたしてるけど、そうだと思ってたので別に何の心配もしてませんでした。(笑)
なので、圭太の勘違いだった・・ってわかるまでがちょっと長かったかな?

絵恋は、これから家計が大変になる・・・とバイトをするんだけど、
圭太は隣の朗にそれを教えてもらってショーを見にいくわけですが・・・
ガキのくせに大人に舌打ちしやがって・・・と、思わずムカッ!としちゃいました。(笑)

で、ショーの途中、共演者に乳をもまれてしまった絵恋は激怒して退場・・・
絵恋は人生のパートナーとして自分も頑張りたい・・って思ってたと知り、
圭太は感動・・ってわけです。

で、圭太は理衣が紹介してくれたファミレスの副店長になると決めるんだけど、
冴子は圭太がやってきた!!って喜んでたのに、店の前でキス(ホッペ)してたり結婚指輪を見ちゃって、
履歴書から圭太が既婚者だとわかってしまったのさ・・・
「えこい(絵恋)・・・?20歳・・・?」シャキーン!!っていう流れがちょっと面白かったです。(笑)

それからはえげつない意地悪女になっちまった冴子・・・
うふっ!ってトキメいてる冴子が可愛かったので、イジワル女になっちまって、ちょっと残念・・・
今後もこんな感じ?
「おぉっほっほっほ!」って高笑いしてたのは笑えたけど。

これで夫婦仲も修復できて・・と思ったら、父の浮気を知った絵恋は一人フランスへ!
なんと、家には圭太と理衣が二人きり・・?
はい、そうね、冗談じゃないわね。

でも、次回は父を連れて帰ってきちゃうみたいですな。
ったく・・・人騒がせなお母さんで困るわよ。
絵恋が家を飛び出したあともイタズラ電話したり、ちっとも可愛げがなくてイヤになっちゃう!
やっぱり、この母の存在は私にはどうも笑えない・・・・。


◇ 第話 ◇  「秘密がバレた!?」   2007.04.22. 

うぅ〜・・・やっぱり理衣(っていうか大竹さん)がうっとーしい。(汗)
何しに帰ってきたの?
最後のほうで「夫が浮気してるの・・」とか言ってたけど、それすら怪しい・・。
このタイミングであんな荷物まで持って帰ってくるのには、他に理由があるように思えるのよねぇ・・
少なからず圭太のことが関係してると思うしさ!
家に居座るだけじゃなく、弁当作ったり、
圭太の退職を知ってるからって、絵恋の前で意味深な発言&態度をとったりして、
すごく感じが悪いんだよなぁ〜!

やっぱり、理衣が好かん。

それとは対照的に、出番は少なかったけど、飯島さんはいい味出してましたね!
一度だけ会った圭太が忘れられず、借りたハンカチをずっと持っていた冴子は、
職場にやってきた圭太を見て小躍りして喜ぶわけよ。
「ハンカチ王子」ならぬ、「ハンカチオヤジ」でございます。(笑)
でも、慌てて出ていっちゃった圭太を見送りつつ、入ってきた客には冷静に・・っていう切り替え部分が、
クスッ!と笑えて、なかなかいい場面でしたね♪

今後はもっと接点が増えるようで、冴子さん、大喜びですな!(笑)

さてさて、圭太は辞表を提出して、ヘッドハンティングを受けていた会社に行くんだけど・・・
そりゃねぇ、リストラにあうような人材、いらんわな。(あってないけど)
しかも40歳からの転職・・・厳しすぎます!
結婚したてのくせに、読みが甘すぎ!次を決めてから辞めてください!


ってことで、最後に絵恋が怒っていたのは、
母・理衣と圭太の仲を知った・・っていうのではなく、圭太の退職を知ったからでしょうね。
私も、別に旦那が会社を辞めてもいいけど(困るけど)、相談ナシなら激怒しますもん。


◇ 第話 ◇  「妻の母が元彼女!?その関係はヤバスギ」  2007.04.15. 初回69分SP

なんだか一昔前の感じがするなぁ・・。(汗)
ま、前クールの「華麗なる一族」とは全然違ったテイストで、
すごく気楽に見られることは見られるんだけど・・・。

40男が20歳の若い女と結婚するっていうだけで、私としては「冗談じゃない」と思うんですが。(笑)
その20歳の絵恋の母・理衣が、40男・圭太の元カノだったから、こりゃまた「冗談じゃない」わけです。
でもさぁ・・・あっちこっちで心情的に複雑だよね。
まずは圭太・・・絵恋を好きになったのは、元カノの影を見たからか・・?と自分が信じられなくなりそうだし、
絵恋にしても、後々このことを知ったら、本当に好きで結婚したのか・・?って思いたくなるだろうし。
でも、理衣は、複雑でもちょっと嬉しいかも?
だって、昔のカレが自分の娘と結婚っていうのは驚くだろうけど、
自分と似ている(当然)娘を20年経って好きになってるってことは、自分を忘れてない・・ってことじゃない?
忘れてないっていうか、いつまでもカレの中に自分がいる・・っていうか。

でも、この事実で夫や娘たちを悲しませるのは間違いないわけで、やっぱり複雑ですわな・・。

こんな年の差があるのに、結婚直前まで相手の親にあってないってのも、
圭太の親は何もいわなかったのか?ってのも、
そんなところは「気にしないでください」っていう設定になってますね。(笑)
そこんところがしっかりしてりゃ、こんな面倒なことにはなってないかも・・って気もするけどね。

上野樹里ちゃんは、あちこちで「のだめ」が出現しておりまして、やっぱり「のだめ」の印象は大きすぎますね。
織田くんは、こういうテイストのドラマにはよく合ってると思うので問題ないんですけど・・・
一番違和感があるのは、やっぱり大竹さんかな?
織田くんの「5歳上」ってのは無理があると思うのよねぇ〜!(汗)

実際は10歳くらい年の差があるわけで、私としては黒木瞳あたりが妥当だったんじゃないか・・って思いますが。
それにあの髪型・・・ある意味感動です、あんな髪型できるなんて。(笑)
織田くんに合わせて「サル」にしてみたとか?(←おいおい)

一番ぴったりだったのは、フランスがお似合いの草刈さんかな?
あの娘たちはずっとフランスにいるっていう設定なのかな?もう出てこないのかしらね?
それと、これから飯島さん演じる冴子はどう絡んでくるんだろ?
絵恋と理衣と、会社の問題とで手一杯だってのに、さらに波紋が起こるのかしら?
はぁ・・・マジで冗談じゃないっすね。(笑)

でも・・・思ってたよりも面白くなかったかもなぁ・・
気楽に見ますけど、最後まで見るかどうかはわかりませぬ・・。



◆ Story ◆ 20歳年下の妻(上野樹里)と結婚した40歳の役。結婚後に妻の母親(大竹しのぶ)が5歳年上のかつての恋人だったことが発覚し、騒動が始まる・・・
◆ 期待度 ◆ 久しぶりの織田くんのドラマだし、本当に「冗談じゃない」設定が面白そうなので、楽しみにしたいと思います♪