□ 木曜 22:00〜  TBS      □ 公式HP・・・ 
□ 脚本・・成瀬活雄 □ 演出・・生野慈朗 ほか □ P・・貴島誠一郎
主題歌

「孤独のカケラ」
アンジェラ・アキ
孤独のカケラ 挿入歌

love story
melody.
Love Story 孤独の賭け~愛しき人よ~ オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
原作
孤独の賭け 上 (1)
五味川純平
◆ 出演者 ◆
千種悌二郎
乾百子
中川京子
蒔田二郎
倉沢時枝
森信子
氷室健二
宮田サムエル
東野順造
千種寿都子
大垣田鶴子











伊藤英明
長谷川京子
井川遥
堺雅人
青田典子
田畑智子
田宮五郎
羽賀研二
笹野高史
高岡早紀
古手川祐子
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・ ・・・
・・・
カリスマ経営者 31歳
「フェリーチェ」雇われデザイナー 26歳
悌二郎の秘書 29歳
大学講師 百子の兄の親友 32歳
バーのマダム 35歳
百子の同僚 27歳
東野恒産常務
画商 41歳
東野恒産会長 72歳
悌二郎の妻 33歳
新民党の副総裁の妻 42歳
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「復讐劇の幕は開く」  2007.04.19.

ありり?
さっぱりわからんまま終わっちまった。
これって、エロドラマか?っつーくらいにエロいシーンが多すぎで辟易です。
青田姉さんにしてみると、「ごちそうさま!」って感じかもしれないけど。(笑)
んで、復讐の話なのかな、コレ?
それすらもわかってない私って・・・(汗)

ま、そんなこんなで、リタイア決定!
この決断に悔いなし!(笑)


◇ 第話 ◇  「愛と金と欲望」  2007.04.12.  初回69分SP

ね・眠かった・・・。
途中、意識を失いましたよ、あたいは。

なんかね、動いてる金額とか描かれてる世界とかは派手なんだけど、
どうも画面が全体的に地味なんだよね・・・。(汗

伊藤くんもさ、この若さで凄腕の経営者になりあがっていった・・・っていう匂いがしないし、
ハセキョーも、エロさがイマイチ・・。
「体が担保・・」っていわれても、イマイチその担保に魅力を感じないんだよね・・・。
ま、こりゃ好みの問題だろうけどさ。

途中何度も意識を失ったので、完璧に把握できませんでしたが、
ま、雇われデザイナーの百子は、勤めるブランドがたった2000万の借金でつぶれそうなのを知って、
偶然出会った千種に、体を担保に2000万貸せっていうわけだ。
最初の出会いから、千種は百子に何を感じたのか知らないけど、結局貸しちゃうわけさ。
んで、最終的にぶちゅーってキスしまくりで終わっていったわけです。
・・・これでいい?(笑)

しかし、千種はん、モテモテでんな。
妻が高岡早紀で、秘書の井川遥とも関係アリだし、これでハセキョーとも・・・。

女と金を日々コロコロと転がしちゃってるわけですな。(笑)
今後、百子がブランドを自分のものにしていく・・っていう話と、
千種のカジノ計画の話が平行して描かれていく・・ってことかな?

眠い眠いといいつつ、唯一目が覚めたのは、笹野さんが出てきたとこです。
この人、最近味が出てきてますよねぇ〜!

「武士の一分」でも、ピカイチでしたし♪
んで、その後ろに、田宮二郎ジュニアが、まるで田宮二郎のごとく立っててビックリ。(笑)
この東野会長がもっと絡んでくると面白くなるかなぁ・・って気がします。

とにかく、ダラダラと69分が過ぎたって感じです。
もっと面白くテンポよく作れたんじゃないかなぁ・・・って気がするんだけどなぁ〜!
千種にも血と親が自殺した過去があるみたいだし、
百子にも足に大きな火傷があって、まだ見えない過去があるみたいだし、
まだまだ序章ってとこでしょうけどね・・・。

裏の「わたしたちの教科書」次第では、こっちはリタイアって可能性もありますけど、
もう一話だけ見てみるとしますかね・・・。


◆ Story ◆ 野心あふれる青年実業家と、自分の身体を担保に金融ビジネスでのし上がる女性デザイナーを描いた物語。
これまでドラマ化2回、映画化1回と映像化が重ねられてきた名作。原作は昭和30年代が舞台だが、今回は設定を現代に移し、ドラマ化されることになった。
◆ 期待度 ◆ なんか、暗そうなお話ですよねぇ・・・キャストも内容もあんまり惹かれるものがないので、とりあえず見ますけど、どうなりますやら・・