□ 水曜 22:00〜  日本テレビ       □ 公式HP・・・  
□ 脚本・・水橋文美江 □ 演出・・吉野洋 □ P・・櫨山裕子

主題歌

横顔
aiko

星のない世界/横顔 ホタルノヒカリ オリジナル・サウンド・トラック
サウンドトラック
ホタルノヒカリ DVD-BOX
DVD-BOX
原作
ホタルノヒカリ―IT’S★ONLY★LITTLE★LIGHT★IN★MY★LIFE (1)
ひうらさとる
◆ 出演者 ◆
雨宮蛍
三枝優華
手嶋マコト
神宮司要
山田早智子
二ツ木昭司
曽野美奈子
高野誠一








綾瀬はるか
国仲涼子
加藤和樹
武田真治
板谷由夏
安田顕
浅見れいな
藤木直人
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
企画アシスタント 24歳
デザイナー 26歳
デザイナー 23歳
企画ディレクター 30歳
企画ディレクター 29歳
経理部次長 37歳
営業アシスタント 25歳
インテリア事業部部長 37歳
◆ レビュー ◆
◇ 第夜 ◇  「家で寝てても恋愛できる!?最強干物女の恋の結末…」  最終回 
                               2007.09.12.  
番組内のサブタイトルは「家で寝てても恋愛できる!?干物女の恋の結末」

原作と違おうが、結局戻るんかい!といわれようが、いいんですっ!
そっかそっか、そこに落ち着くか・・・うん、それでいい!

だいたいね、同棲なんて、付き合ってすぐするもんじゃないよ。
恋の最初ってのはさ、自分を良く見せたい・・と努力する期間なんだから。

なのに、仕事から家まで始終一緒なんて、耐えられないわ!
干物女じゃなくったって、きっと息が詰まっちゃうと思うぞ?

それにさ・・・思った以上にマコっちゃんが嫉妬深いっつーか、ネチっこいっつーか・・。
部長との二人暮らしをずっと根に持ってて、いちいちつっかかってくるんだもん。
女が男にチクチク言うみたいな感じ?
まっすぐなホタルちゃんは、「ウソついてほしいって言ってたよね・・?」と部長とのことを内緒にしちゃったりして、
さらに関係が悪化しちゃうわけで・・
ふぅ・・・・ここが一番落ち着く。。ってトイレに篭ってる姿が何とも切なかったっすよ。
「ウンコしてるって思われてもいいや・・・」なんて、同棲初期の言葉じゃないです!!(笑)

マコトくんは、自分と一緒ではホタルがホタルではいられない・・と気がつきました。
そして、そんなホタルを見てるのも、そんなことを考えちゃう自分もイヤになっちゃったようで、
自ら別れを告げました・・
好きなのに、好きってだけじゃ乗り越えられないことがある・・ってことのようです。
決断が早すぎる!とも思えるけど、鈍感なホタルにはこれくらいしてあげないとダメなんだよね。
マコっちゃんの優しさだったんだろうね・・・(自分が辛いってのもあるだろうけど)

でも、別れたからって部長のところにアッサリ戻るホタルではありませんでした。
そのときはすでに、自分の気持ちが部長にあると気がついたみたいだけど、
だからって即効・・ってわけにはいかんかったらしいですね。
ま、これもマコトくんへの礼儀・・・自分を見つめる時間・・・ってことで、良いんじゃないんですかね?
それにしても、職場恋愛って大変だなぁ〜!
この子たちの場合、みんなに知られてるだけに、別れてからも気ぃ使ってまうわ!周りもね・・。(汗)

そしてまた夏が来た・・
ビールがおいしい季節です!と、ホタルはあの家に戻ってきました・・。
自分が自分らしくいられる場所・・・それは、部長のそばだと確信したわけですよ。
ホタルの必死の告白を聞いてる部長がちょっと涙目でさぁ〜!
何よぉ〜!何、ウルウルしちゃってんのよぉ〜!とこっちも若干ウルウル・・。(笑)

「会いたかった・・・どうしてかなぁ・・?」っていうホタルに、
「それは君が私のことを好きだからだ・・・私も、君が好きだ。」だってぇ〜!
「どうしてかなぁ・・・?」って、アンタら、最後まで可愛いのぉ・・・♪

縁側での二人の会話、もうちょっと見てたかったなぁ〜!
微妙に距離が離れすぎてたけど、これからまた徐々に近づいていくんだろうね。
「私に女ができたら、今度は君が応援する番だ!」って言い出す部長にふてくされて寝ちゃったホタルに、
「おきろ!起きないとチューするぞ!」って部長が怒って、
それでも起きようとしないホタル・・・もしかして、チュー待ち?(笑)
しちゃえば良かったのにぃ〜!!ぶちょおったらぁ〜!!(惜)

こんな会話を、ジィちゃんとバァちゃんになるまで、縁側で繰り広げてくれるのかしら?
そんなことを想像しながら、ニヤニヤしながら妄想しちゃいましたよ、あたいは♪

ふぅ・・・・ホタルがまたこの家に戻ってきてくれてよかった!
恋に破れて、また戻ってきちゃいました!と帰ってきたホタルを、仕方ないなぁ・・とまた同じように暮らす・・ってオチかと思ったけど、
ちゃんと両思いにまでしちゃうとは思いませんでした!
でも、なんだか幸せそうで、めでたしめでたしってことですかね♪

それにしても、なんて不運な最終回・・・
だって、安倍さんが辞任しちゃうんだもん・・・(涙)
きっと、視聴率は低いだろうけど、キャスト&スタッフの皆さん、落ち込まないでねぇ〜!
→15.3%でした!首相辞任のニュースに負けずに、頑張りました!感動したっ!!(笑)




 ■ 総評 ■

正直、綾瀬はるかちゃんは苦手でしたけど、このドラマで好きになりそうです!
原作マンガを読んでないので、純粋に楽しめました!
「花ざかりの君たちへ」や「山田太郎ものがたり」は原作を読んでいたので、あまり楽しめなかった・・ってとこがありまして、
やっぱ、原作を知らずに見たほうが楽しめるんだなぁ・・としみじみ思っちゃいましたよ。(汗)
部長とホタルのシーンが、本当に楽しくて、いつまでも見ていたいと思わせるモノでした。
藤木くんも「〜なんだもん!」とかお茶目なとこもあって、益々好きになっちゃいそうですもん♪
ただねぇ・・・マコト役の加藤くんが、もうちょっとイケてたら・・って思っちゃうかなぁ?
演技がガチガチで、回をこなせば自然になるかな・・?と思ってみてたけど、
最後までガチガチでしたもんね。(汗)
もしマコトくんが部長より素敵に見えてたら・・・マコトくんを応援したかもしれません。(笑)
素敵女子の扱いは、回を重ねるごとに消えうせていった気がしますけど、
他のキャストもなかなかよかったんじゃないでしょうか?
武田くんの広島弁はかなり不自然でしたけどね。(笑)
とにかく、毎週ほのぼのと楽しませてもらいました!
面白かったです!ありがとぉ〜!
またいつか、その後の二人・・・ってのも見てみたいかも♪



◇ 第夜 ◇  「明日はどっちだ!?干物まさかの三角関係」   2007.09.05.  
番組内のサブタイトルは「干物女と2人の男」

えぇ〜!ぶちょおぉ〜!本当にホタルを好きになっちゃってたのねぇ〜!
二ツ木が前回山田姐さんに話していたけど、
なるほど、素直に気持ちを受け止めることも、表現することもできない部長を心配して
山田姐さんに相談した・・ってわけか?
この二人もくっついたりして・・。(笑)

ホタルをあからさまに避けるようになったマコト・・
なぜかっていうと、ジャージ姿に幻滅したのではなく、
部長と楽しそうにしていたことに嫉妬してたってわけだ。
だからってあの態度はちっとガキだよねぇ〜!
二人は公認の仲なわけで、みんなが変な目で見ちゃうじゃん?

そんなとこまで気が回らないところがガキなんだわよ。(怒)
口も利かないままマコトは香港に行くことになり、ホタルの様子がおかしいまま行方をくらまし・・
こりゃ大変だ!ってことでみんなで探し始めるも、
ホタルは現場に差し入れにいって倉庫に閉じ込められてた・・ってオチでした。
ダンボールに新聞紙・・差し入れのビールで爆睡のホタル・・さすが干物!(笑)

探し出した部長は、ホタルを抱きしめ・・
えぇ〜!ちょ・ちょっと!!って二ツ木をバコバコ殴る山田姐さんにバカウケ。(笑)
私も同じような気分だったわ!

本当に部長はホタルを想ってるんだねぇ・・・
ホタルには伝わってないみたいだけど・・・(汗)
山田姐さんから「部長はあなたのことが好きなのよ:」って言われてもピンときてなかったしね。

要に励まされて、ちゃんとホタルと向かい合おうと思ったマコトは、ホタルの家に向かうんだけど、
そこで部長と戯れているホタルを見て、かなりキツイ目つきで激怒!
いやぁ・・・この男、怒らせたら怖そうだぜぃ・・・(汗)
冷静にマコトに応対し、現状を説明し、「雨宮はお前の女だ」と言い切っちゃう部長・・
男前です!
それでも怒りを抑えきれないマコトが、ちょっと幼く見えちゃいましたわい。(汗)

「私を信じて!」と訴えるホタルに、「信じたいよ!すぐにでも一緒に住もう!」というマコト。
それをOKしちゃったホタルですが、
いざ出て行く・・となると、大泣きしてましたねぇ・・
あの、力を要れずに自分らしく過ごせた、楽しい夏の終わりが悲しかったんだろうね。
これからは今までどおりにはいかないぞぉ?
大丈夫かなぁ・・・
それに、この家、区画整理でなくなっちゃうらしいじゃん?
部長との別れ、この家とのお別れ、戻る場所がない不安・・・
そんなこんなの涙だったのかもしれません・・・

んが!
待ち合わせにその格好はないだろうよ、ホタルさん。(汗)
いくらジャージは気にしないって言われたからってさぁ・・・

さぁ、次回は最終回です。
部長の気持ちがホタルに向かってると知ると、なんか部長と暮らさせてあげたい気もするし、
マコトとうまくいかせてあげたい気もするけど・・
うぅ〜ん。。。どうなるんだろうね?
やっぱ、あの家での部長との二人暮らしのほうが、私としては見ていたいかな?


◇ 第夜 ◇  「干物ついにカミングアウト…その時彼は」   207.08.29.  
番組内のサブタイトルは「干物女のカミングアウト」

そうか・・・そういうことで、干物姿とご対面しちゃったわけか・・・
せめてポッケをちゃんと収納しておけば・・・。(ちゃうちゃう(笑))

それにしても、つくづく部長がいい人すぎます!
お中元のペア花火ヘリ鑑賞券を部下に抽選で・・ってこともすごいけど、
それをわざとホタルに当たるようにしてくれちゃうんだもん!
もれなく素敵なオマケ@夜間パトロールがついてきたとしても、じゅうぶんお釣りがきそうなやさしさです!
いやはや・・・そこに愛はないのかい?と言いたくなる。


で、ウキウキで浴衣で待つホタルですが、デザインを応募しようとしてたマコトが遅れてきちゃって、
気まずくなっちゃうかと思ったけど、何とかうまくデートは終了・・・
でもね、夜間パトロールがあるので、「帰らないと・・」というホタルに、
「じゃ、一緒に暮らそう!」とマコトくん。
いやはや、・・・いまどきの若者は簡単に同棲するんやね。(汗)

こんな姿、見せても大丈夫かなぁ・・と悩むホタルを後押ししてくれる部長。
救われるよねぇ、この人の言葉は・・
ちゃんと向き合いたい、いつか惚れた女ができたら・・・と言ってる部長に「成長したんですね。」だと?
どの口がほざいとる!
お前が成長せんかい!!(笑)


で、素直に自分の生活スタイルを(部長との同居をのぞいて)マコトに話したホタル。
「しばらく考えさせてくれ・・・」という答えに落ち込むホタルだけど、
実は、姉もジャージで過ごしてるマコトはそれほど抵抗を感じてないみたいで、
縁側でビール・・・というホタルのために、そういう部屋を探してくれてたみたいなのさ。
いやぁ〜ん!素敵ぃ〜!やっていけるかもぉ〜!と喜ぶホタル・・
そのホタルが、思わぬことで干物姿を披露することに!

ジャージでご近所に出かけたホタルは、カギをなくして会社にいる部長にカギをもらいにきたのさ!
会社にはマコトもいて、他の社員もいて、おろおろする部長・・・
部長がそこまでうろたえる必要はないんだけどね・・・(笑)
会社のそとにホタルを連れだした部長は、ジャージ姿で注目を浴びてるホタルに背広をかけてあげるのさ・・
やさしすぎるぅ〜!
・・・似合わない、とすぐに取り返してたけどね。(笑)
「カギを持ってくるからそこで待ってろ」という部長でしたが、そこにマコトが・・・
見られちゃいましたよ!
ショックで走り去ってしまいましたよ、マコトくん!!
予告でも、口を利くことさえしないみたいじゃん??

でもね、きっと、マコトくんはホタルの干物姿に幻滅したんじゃなくて、
その後ろにいた部長を見ていたんじゃないのかい?

そっちがショックで、二股?とか思ってるんじゃない?
そうであるとこを願いたい・・・・(涙)


◇ 第夜 ◇  「腹肉が憎い!!干物女の痩身お泊りデート」   2007.08.22.
番組内のサブタイトルは「腹肉が憎い!干物女のお泊りデート」

キスしたらつぎはすぐにお泊り?
今の子はやることが早いねぇ・・・(すっかりババァ発言(汗))
で、お泊りセットのお買い物までしてマコトの部屋の前まで来て、ホタルは気づいた・・・
で、「風邪気味で・・」と帰りがやった!
な・なんで?と思ったら。。。どうやら腹の肉が気になったようで。
そりゃさ、あんな干物生活してりゃ、腹だけじゃなく、いろんなとこに肉がつくだろうさ。

で、タイミングよくマコトくんが1週間の海外出張・・ってことになり、
よし!ダイエットだ!!と意気込むホタルですが・・・

仕事でイヤなことがあって、ビールを飲んでスッキリしたい気持ちはわかる。
しかぁし!「明日って字は明るい日って書くんです!だから、明日からやります!」ですとな。
それ、ダイエットの禁句ですぞ!
・・・ま、干物女に言ってもどーにもならんが・・・(汗)

でも、山田姐さんに慰められた優華が「敗北宣言」を堂々としたことで、
こりゃいかん!と本気で走ることにしたんだけど・・
外は雨・・部長、心配・・探し回る・・ホタル、コンビニ・・・部長、風邪・・・と、
なんともまぁ、部長の人のよさに感心しちゃう展開に。(汗)
私のせいだ・・・と看病するホタルですが・・
部長って、こうやってみるとイケメン・・?ですと?
今頃気づくんかい!!
で、自分の髪留めで部長の前髪を!こらこら、なんてプリティなことを!(笑)
しまいにゃ、「明日の予行演習」ってことでベッドイン!
こらこら!熱も引っ込むわい!(笑)

そんな部長が、また「〜もん」で甘えだしたときゃ、可愛いやつだ・・・と思えてしもうた。
そうやって、奥さんに甘えられてたらよかったのかもしれないのに・・

そうそう!奥さんといえば・・・深雪役の黒谷友香さん、ちょいと丸くなってましたねぇ?(汗)
あたしゃ、誰かとおもっちまっただよ。
ガックンとエステのCMに出てたときは、すんごくキレイだったのになぁ・・
っとっとっと、話がそれてもうた。
深雪が部長を訪ねてきたのさ。
それは、離婚してくれてありがとう、そして、すでに同棲してる人がいるの、ごめんなさいといいにきたらしいけど、
そこにホタルがいたもんだから「お互い様ね」ってことになっちまった!
違うのになぁ〜!なんか、腑に落ちん・・

で、その場で、「こんな散らかったところで、あんな子と・・」という深雪に向かって、
ホタルを擁護するようなことを言ってくれちゃうのさ、部長が!
なんでそんなにわかってくれてんの?っていいたくなるくらいにね・・
外で一生懸命だから、どこかで思い切り息抜きしないとダメなんだ・・って言ってくれちゃうのよ。
うぅ〜・・・そんなこといわれたら、あたいならこの時点で部長に恋しちゃうかも!(笑)


なんであんなこと言ったんですか!というホタルに部長は、
このまま一生ジャージだ!どんなに恋がうまくいってもジャージは変わらない、
それがかけがえのない時間だろ?それをわかって欲しい人がいるだろ?手嶋にわかってもらいたいだろ?っていうのよ。
・・・すぐは無理でもいつかわかってもらえるはず!とホタルは宣言し、
「何があっても二人ならきっと乗り越えられますよね・・?」とマコトと確認し合っておりました・・
その「何」が問題なんだけどね・・・
ま、実は子持ちとか、バツイチとかよりも問題は小さいか?
いや・・・逆に生活態度だけに、問題は大きいか・・・?(汗)

で、次週は早速、干物姿を披露しちゃうわけ?
で、逃げられちゃうわけ?
切なすぎるじゃねぇかぁ〜!

「ステキ女子」は優華ですが、あたいには山田姐さんの方がステキ女子に見えます。
ちょっと年いってるけどね。(笑)


◇ 第夜 ◇  「干物女のキス…大切な恋に最大のピンチ」   2007.08.15.
番組内のサブタイトルは「干物女のキス」

キスされて、「ありやとーございやーっす!」って・・・
もう、この時点で腹抱えて笑ってもうたがな!(笑)



デートが決まってウキウキの蛍だけど、マコトさんったら、会社で「休みは雨宮さんと・・」と暴露!
おいおい、なんて軽いお口なんざましょ!
で、そのデートですが・・・要がジャマしにきてさぁ〜!
そこに優華まで呼びやがって・・・っとに、ジャマ!
「じゃ、私たちも帰りますか・・」って、こらっ!蛍さんよ、何を言ってんだ・・・?
しかし、ここで諦めるマコトさんではございません!!
「ドライブ行きませんか・・?」
よし!今度こそ!!と意気込む「大人な女性になりたい蛍さん」ですが・・
緊張のあまり、爆睡・・
でも、これはわかる!
私もデートのとき、よくやったよ、コレ・・・
緊張しすぎて何を話したらいいかわからなくなって、気がついたら寝てたのよ、私も!
いやぁ・・・懐かしいなぁ・・。(笑)
でもさ、マコトももうちょっと何か話してくれてもいいのに・・って感じの車内でしたよね?
これってさ、マコトの心の中の独り言とかも聞いてみたいかも!!(笑)
たぶん、緊張して何も話せなかったんだろうけどね・・・


悩んだ蛍は山田姐さんに相談し、「恋の悩みのに正解はない、あるとしたら自分が出した答え・・」といわれ、
それを聞いてた要は、優華への思いをぶつけることにしたみたいね。
ふぅ・・・お邪魔虫がようやくいなくなりそうか・・?
ま、ステキ女子はそんなに簡単に乗り換えたりはしないようだけどね・・・。

マコトも部長に相談してました。
雨宮さんは誰かと一緒に住んでるのでは?カレシがいるのか・・?ってね。
すべて知ってる部長はそりゃ何もいえないよねぇ・・・
で、自分の経験を話してるうちに切なくなっちゃったみたいでお酒を飲みすぎて・・・
なんと、マコトを連れて家まで来ちゃった!!
泥酔してたから良かったものの、危うくここでバレてしまうとこだったわ!!

部長も泥酔してて、蛍を奥さんだと勘違いして抱きついちゃったりして・・
そしたらさ、蛍が部長に「ちょっとドキドキしちゃいました!」とか言っちゃうわけよ!
おいおい、そんなこと言ったら部長が意識しちゃうじゃんよぉ・・(汗)

んなこと言ってる暇はなく、とりあえず部屋を片付ける二人・・・
しかし、蛍さんよ、片付けようと思えばできるんじゃん!!(笑)
マコトを寝かすために居間がすっかりキレイになってて、あたしゃ驚いたわよ!

部長が気を利かせて家を出て、蛍はマコトに添い寝してました・・
目が覚めたら隣に好きな子が寝ていた・・・なんて、かなり刺激的だと思うけど!(笑)
二人してホンワカと縁側で過ごし、「またデートに誘ってくださいね」とお別れしたんだけど・・・
「今から行きましょう!!」とマコトが蛍を誘いました!!
あのプリクラのシーンだけどさ、あれ、間違いなく「素の蛍」だよね?
ステキ女子を演じてないもん!!

自然体ですごく可愛いけどね♪

二人で歩きながら、マコトは部長に言われたことを話します。
「つないだ手は絶対離してはいけない・・」といわれたと話すマコトだけど、
蛍はその言葉の真意を知ってるから、ちょっと複雑だったかもね・・。

で、お互いを「マコトさん!ホタルさん!」と呼び合うバカップルになったところで・・・
マコトからキスでございますよ!
心の中で「ありやとーございやーっす!」と叫んじゃうわけですよ。
うん。おめでとう!良かったね!!

そのころ部長は一人部屋のお片づけ・・・離婚届にサイン・・・
うぅ〜ん・・・切ない・・・
そんな部長を励ましに二ツ木がスイカを持ってきたけど留守で・・・
そこに部長と蛍が帰ってきて一緒に家に入って行っちゃったのさ
おーまいがーっ!見られたぁ〜!!
お口アングリの二ツ木さんよ、どうするつもりですかいのー!!


◇ 第夜 ◇  「干物女遂に告白!恋の神様が降りてきた」   2007.08.08.
番組内のサブタイトルは「干物女と恋の神様」

うまくいかない恋愛関係より、うまくいく友達関係でいればいい!と
失恋すらもなかったことにしようとする蛍。
それを見かねた部長が、マコトのいる会議室に蛍を呼び寄せてカギをかけるというナイスアシスト・・・
しかぁし!蛍は普通の会話すらできないのに!とテンパるばかり・・
いやはやしかし、部長ってほんとお世話焼きさんね♪
放っておけないんだろうけどど、いい人すぎます!


山田姐さんの代わりに出席した結婚式で、部長がスピーチするんだけど、
「思いは言葉にしないと伝わらない・・」って言葉が心に響くわけだ。
でも、普通の会話すらできない蛍にとって、んなもん無理じゃわい・・・と思ってたら!
山田姐さんのトラブルのおかげで、何とか普通に会話できたのさ。
で、小躍りしながら喜ぶ蛍だけど・・
普通の会話で満足しちゃうなんて、悲しすぎるじゃないかぁ〜!
しかも普通の会話を心がけるあまり、不自然すぎるし!!(笑)

で、再び部長の手によって会議室に閉じ込められる・・・

そこで二ツ木にデザインアワードにマコトが優華と行ったと聞かされた蛍。
偶然出会って一緒に行ったという優華は「しっかりつかまえておかないと次は偶然じゃ済みませんよ」と言われちゃった!
ひゃぁ・・・・ステキ女子、怖い女子!!
落ち込む蛍は、帰宅した部長を無言でお風呂場へ・・・で、閉じ込めた!
いやぁ・・・アンタら、面白すぎます!
上司と部下じゃないし、恋人同士でも友達でもないし、一体どういう関係って言ったらいいんだろ??(笑)


仕事でトラブルがあって、壁の色を塗りなおす・・ってことになって、マコトと作業することになった蛍。
他の同僚もいてくれたおかげで、なんとなくいい雰囲気で過ごせたものの、
何か寂しさを感じるわけだ・・・
で、家に帰って部長を閉じ込めていたことを思い出す蛍。
そぉ・・っと新聞紙を部長にかける蛍・・・って、アンタら、寝てる人になぜ新聞紙をかける!!(笑)

恋なんてどーでもいいと生きてきた私には、味方してくれる恋の神様はこないのかな・・?と愚痴る蛍。
友達関係のほうがいいんだ・・・という蛍に、部長はイラだってきて・・
その部長も大変なわけですよ。
奥さんとやり直そうって考えてたのに、なんと大学の後輩とすでに同棲してると!!
で、離婚してあげようと考えてたそのとき・・・
蛍から「鬼!」と電話が!
また会議室に閉じ込められたらしい!
高野の仕業だと思ってた蛍だけど、高野は「チャンスだ!オレは今を後悔してる・・」って話しわけよ。
「やだもん!別居なんてやだもん!って言いたかった・・思いは言葉にしないと伝わらないぞ!」ってね。
その口から「やだもん」って聴くとは思わず、ちょいと笑えてしまったわ。(笑)
追加で「閉じ込めたのはオレじゃない、恋の神様じゃないのか?」という部長。
いやいや、今回のいろいろなあなたの発言と行動・・・あなたこそが恋の神様です!
蛍!このオッサン神様の後押しを無駄にするなぁ〜!!


そして蛍の告白が始まります・・
すっぽかして悪かったと謝り、さよならと言われて悲しかったということ、
あの日のキスは、埋もれていた私を見つけてくれたような気がして・・・
私は、あなたのことが・・・好きです!
よく言った!!さぁ、なんて返事が・・?と思ったら!そこに恋の神様@二ツ木登場!(笑)
「電話します!」とつげるマコト・・
さぁ、デートのお誘いかな??

部長に感謝し、干物女卒業だ!!と喜ぶ蛍。
しかし、部長は「好きだって言ったくらいで干物女を卒業できるか!もしできたらこの家を出ていってもらう!!」と言って・・
「絶対卒業してこの家を出て行ってやる!」と宣言したけど・・
なんか、部長が寂しそうだったのは気のせい?
まさか、部長が蛍を・・ってことはないよね?
二人の関係はこのままであってほしいんだけどなぁ〜!!



◇ 第夜 ◇  「干物女,恋も仕事もいっぺんにはムリ!?」  2007.08.01.
番組内のサブタイトルは「干物女は恋よりビール!?」

デートで何分待つか・・・
この話が出てきた時点で、マコトは蛍を誘う、しかし、30分以上待たせてしまい、うまくいかない・って流れは
簡単に予想できましたね。(汗)

しかし!まさか、「デート♪デート♪」が「ビール♪ビール♪」に変わってしまって家まで帰っちゃうとは・・・
どういう思考回路してるんだ、コイツは?
ま、そんな蛍が、私には結構ツボで、今回も楽しめました!

マコトがアートイベントのペアチケットをもらってるのを見ちゃった蛍は、
誘っておくれぇ〜!!と願うわけです。
そんなとき、新しいビルのスペースに何をOPENするか・・っていう社内コンペが行われることになり、
マコトと要、蛍と優華のペアで考えることになったのさ。
初めて仕事を任された蛍は、これをちゃんとやり遂げて、おいしいビールを飲むんだ!と決意するわけだ。
そして、自分からマコトを誘ってやる!!と意気込んで仕事に打ち込むんだけど・・

そのころマコトは蛍に彼氏がいるんじゃないか・・・?って諦めかけてて、
優華にチケットをあげたりしてたのよ。
でも、さすがステキ女子!「本当に好きな子を誘って・・」と返しちゃいました!
「でも、カレシいるみたいだし・・」というマコトに、
「カレシがいるならやめる・・ってそれくらいの思いだったの?」って突っ込んじゃってて!
いやぁ・・でもね、アンタも本当に好きなら、そのチャンス、モノにしないと!!(笑)

コンペは見事優華と蛍のヤツが通って、ヨシ!これで自分から動くぞ!と思った蛍のところに、
マコトから誘いの電話が!
ひゃっほぉい!と喜ぶ蛍。
で、その日は直帰で待ち合わせ場所へ・・・と思ったら、急に現場にいかなくちゃいけなくなって・・
あぁ、なるほど、仕事でトラブって時間に遅れる・・・って流れか・・・と思ったら!
なんと、るるるん気分がデート→ビールに移行してもうたがな!
どんだけビールが好きやねん!!(笑)

家に帰って冷蔵庫を開けてビールがなくいてガッカリの蛍に「何やってんだ!」と驚く部長。
その時点で「遅れます!」ってマコトに電話しろよ!!ときっとみんながツッコんでたと思いますが。(笑)
しまったぁ〜!と慌てて出て行く蛍に、優華から「ごめんね、今日はマコトくんの誕生日なのに言わなくて・・」と電話が。
どこまでステキ女子やねん!
・・・しかし、これが仇となってもうた!(笑)
「何か買っていくべき??」とコンビニに立ち寄った蛍は、ケーキがなくてカレーパンを買っていくんだけど、
すでにマコトの姿はなし・・・電話!と思って携帯を探すと、家に落としてきてて・・・
家に帰って携帯を見つけた蛍に、マコトから電話が!!
「あなたが好きでした・・・さよなら・・・」
・・・・えっ?何もしないでフラれてやんの??
えぇ〜!そんなぁ〜!
マコトくんもさ、あっさり諦めすぎ!!
居眠りしてる女にキスする度胸があんなら、もうちょっと辛抱せいかい!!(笑)


家に帰って冷蔵庫を開けると。。そこには「初デートおめでとう」のメッセージ入りビールが・・
マメだわ、部長!(笑)
そのビールを涙ながらに飲む蛍。
唇がブルブル震えながら飲んでる姿は、切なかったですけど・・・・自業自得ですから。(汗)

さぁ、ここで盛り上がった気持ちがしぼんでしまうかと思ったら!
次回は告白ですか?
しっかりやれよ!!
で、カレーパンにロウソクって・・・やっぱアンタ、笑えるわ。(笑)


◇ 第夜 ◇  「干物女に恋は無理!?失恋ドジョウ掬い」  2007.07.25.
番組内のサブタイトルは「干物女の失恋ドジョウ掬い」

前回がすごく面白かったので、今回はちょっとトーンダウン・・・って感じかな?
でも、山田姐さんに隠れて見えない要とか、
答えに窮すると、上目遣いで睨みながらジリジリと後ずさっていく蛍には笑えました!

いいねぇ・・綾瀬はるかちゃん♪

前回終わりのメールは、マコトからではなく、要からでした・・
優華とマコトをくっつけようと、飲み会を企画して、副幹事に蛍を任命し、一緒にどじょう掬いをしようと言い出しやがって!
んなことは知らずに、イヤイヤ練習してた蛍だけど、
要が優華を好きなのに、自己犠牲で二人をくっつけようとしてる・・と知り、
蛍は力を貸すことにしちゃったのさ・・
いくら相手がステキ女子だからってさ、そこまでせんでもよかろーもん?って気がするわい。(汗)

飲み会は無事に終了・・・
二人で帰ることになった優華は、帰り道、マコトから蛍の話を聞いちゃうのよね。
そっかそっか・・・マコトはずっと前から蛍を好きだったのね・・・
しかも、「ステキ」なとこじゃなくて、「干物」なところをすでに見られてるってことか・・?
ってことは、蛍の私生活を知っても、さして嫌いにはならないか・・?
いや、アレを見たらさすがにひくだろう・・・。(笑)


朝倉屋のリフォームが完了し、そこでマコトに「この店が変わって嬉しい、ありがとう」って告げる蛍。
きっと、その言葉がマコトも嬉しかったんだろうね・・
イスのキーホルダーを蛍にプレゼントしてました。
で、嬉しさのあまり、店内でドジョウ掬いしちゃってる蛍を見ていた優華・・・
ここで、意地悪になっちゃうかと思ったら、ステキ女子はあくまでステキ女子・・・。(笑)
「マコトくんのこと、好きなんでしょ?」と聞く優華に、「んなことないよ!」とウソをつく蛍。
ウソついたら負けますよ!といわれ、またもジリジリ・・と後ずさる蛍。
うん、ステキ女子の言うことはごもっとも!
正々堂々と言ってくれてるんだから、ちゃんと答えないとダメでしょ!
さぁ、ここからは「ステキ女子VS干物女」ですな。
ま、マコトは蛍を好きなので、蛍が優位なんですけど、それを蛍は知らないからねぇ・・・・

今回の部長はといいますと・・・妻から昔送った手紙を送り返されてきて、
ショックでそれを燃やそうとしちゃったのよ。
ダメ!と必死に消火する蛍・・
なんだかんだで、部長も蛍に救われてるんですよね・・・。
ただ、「昔もらった手紙だけを送り返す妻の気持ち」を考えてみるとですね・・・
私なら、「このときの気持ちを思い出して」っていう思いで送り返すような気がするんですよ。
奥さんは別れたがってるのかどうか、怪しいような気もしますね。

で・・・・ソバにコロッケって、うまいっすかね?(笑)


◇ 第夜 ◇  「恋をするのも命がけ干物女とラブメール」  2007.07.18.
番組内のサブタイトルは「干物女とラブメール」

このドラマ、好きですわぁ〜!
綾瀬はるかちゃんはそんなに得意ではなかったんだけど、かなりイケてます!
しょーがないなぁ・・・って、結局手を貸しちゃう部長もかなり可愛いし♪
ムダなオヤジギャグが減ったのも良かったですわ!
この二人の関係が、ちと「のだめ」に似てる気がしますけど、
「のだめ」ほどぶっとんでるわけではないので、共感できますし♪

「アホ宮」ってのも、かなり可愛かったです!


近くにあるパン屋さんの改装をやってみたいと言い出したマコトをサポートするような発言をした蛍。
でも、実際には何もできずに、マコトが悩んでいても手を貸せないわけだ。
「失敗から学ぶこともある!」と思いついた蛍は、夜なべして資料を作成。
そんな蛍の姿を微笑ましく見ている部長・・・

で、いつ渡すのかなぁ・・・・と、仕事そっちのけで気にしている部長。(笑)
なのに、渡さず帰ってきて、資料もそこらへんに放置してグッタリしている蛍に激怒なわけよ。
部長の役割は、蛍を叱咤激励することなんですわ。
で、いつものごとく部長に背中をドドン!と押された蛍は、「資料を作りました」ってメールを送るんだけど、
「今から取りにいきます」って返事が来ちゃって!!
部長と同居してるって知られたらヤバイ!と部長に玄関を掃除させ、
自分は着替えようとするも、テンパっちゃって、南国気分な服装に・・
ってか、その服、どーいったシチュエーションで着る気で買ったんじゃ?(笑)


呆れて見放したかと思った部長ですが、ピッチリと雨合羽を着こんで、
「オレが何とかする!」と台風の中出て行きました!(笑)
何とかって、どうするんだよぉ〜!と思ったら、「雨宮から電話で資料を受けとってきた、はい。」だとさ。
えぇ〜!なんか、それ、あんまり説得力のないセリフと格好ですけど??(笑)
ま、マコトは不審に思わずに帰っていき、その資料を見ながら何とか書き上げたみたいだね・・・

それを見た優華は喜び、そこにやってきた要に見せるんだけど・・
この部の中の恋愛矢印は、早智子→要→優華→マコト→蛍ってことですかね?
かなりな一方通行ですが・・。(笑)
で、しかも、心にもないことをみんな言いやがる!「あなたの恋を応援する・・」だとさ。
優華だって要だって、本当はそんなのイヤなくせに!

マコトの想い人が蛍と知ったとき、優華はどうするんですかねぇ・・?

部長が蛍を応援してくれたのは、一生懸命尽くしてくれた妻の姿を蛍と重ねたからだったのね・・
部長も私も、変わることできますよね!と、励ましたつもりの蛍に・・
「キミは・・・・無理!一生無理、死んでも無理!絶対無理!未来永劫、干物女!」と言われた!!
ち・ちどいぃ〜!
絶対部長は「S」だわ!(笑)


その言葉にカチンときた蛍は、マコトにとんでもないメールをうっちゃった!
「進んでますか?大丈夫ですか?私は・・私は・・あなたに逢いたいです (*^0^*) ホタル」
なぬぅ〜!いきなりすぎるだろぉ〜!
確かに疑問系を使用してるけど・・。(笑)
コレにマコトはどう反応するんだろ?
次回はどんなすったもんだが待ってるんでしょうか?
楽しみです!

このドラマも「バンビ〜ノ!」に続いてスピンオフが公開されています。
インテリア事業部の「メンズホタルノヒカリ」ですが。。。うぅ〜ん・・・イマイチっす。(汗)


◇ 第夜 ◇  「恋愛するより家で寝てたい…干物女が恋をした!?」  
                        2007.07.11.  初回64分SP

なんとなく、古臭い感じがあちこちにあるのが気になるのよね・・。
「干物」=「オヤジ」って感じに見えちゃった。(汗)
それに、フジッキーのセリフもなんだか古臭いつーか、オッサンくさかったなぁ・・・
もうちょっと普通に会話すりゃいいのに、って思っちゃいました。

会社では普通のOLの蛍。でも家ではグータラでズボラな干物女・・
飲み屋で知り合ったオッサンの家を借りて住んでたんだけど、
そこに、オッサンの息子が帰ってきちゃったのさ!
しかもそのオッサンの息子ってのが、妻と別居中の部長・高野だった・・ってわけです。

女と一緒に暮らせるか!一週間以内に出て行け!って言われちゃって、
仕事中に考え込んじゃって、眠り込んじゃった蛍・・
その蛍にいきなりキスする男が!
それは、インテリア事業部にやってきた手嶋マコトだったのよ。
なんでコイツはいきなり蛍にキスしたんだ?
自分のデザインした椅子で心地よく眠りこけてる姿に惚れたのか?


久しぶりのキスに動揺しまくりの蛍は、マコトを意識しまくりなんだけど、
マコトが同じ部の優華と食事に行ったと知り、何なのよ・・って思っちゃうのよね。
そりゃそうだ、そりゃそうだろ。
そんなとき、また高野からお小言をチクチク言われて、
「私はこの生活が気にいってるから出て行きません!!」って宣言するのよ。
高野にしてみたら、このズボラな干物っぷりは、自分にタイアする嫌がらせだと思ってたのに、
そうじゃなくて望んでやってるのか!って驚きだったみたいね・・。(笑)


そこに優華から泣きながら電話がかかってきて、慌てて駆けつける蛍。
いやぁ・・・ちょんまげ頭でシミ付体操服に破れたジャージにゾウリ・・・
うぅ〜ん・・・いくら「家では干物」でも、外に出るときは着替えようぜ・・。(汗)
優華の悩みは、実はマコトが好きなんだけど、どうやらマコトには好きな人がいるらしいってことなのよ。
キスしちゃった・・ってことも聞き、「あたし・・?」と動揺する蛍。
そこにマコトが!!
ひゃぁ〜!と逃げ帰ってきた蛍に、高野は「一緒に暮らそう」といいます。
おやおや、どんな心境の変化だ・・?と思ったら!
「君は女じゃないからなぁ〜!」って言われちまった!
干物女でもはや女じゃない、すでに枯れている、女として終わってる・・・
そこまで言うか??ひどすぎるじゃろがい!!

「確かに干物みたいだけど、でも干物だって恋をするんです!私は恋に落ちたんです!!」
そっか、ここから「干物女」の変貌を描いていくわけですかね?

マコト役の加藤和樹くん・・・・なんていうんだろ、不思議な顔だよね?(汗)
イケてるっちゃーイケてるような・・・でも、なんか眠そうな・・・
NEWSの錦戸くんを大人にして老けさせた・・って感じ?(笑)
私としては、どっちかっつーとフジッキーの方がいいです。(←誰も聞いてない(笑))
別に、蛍と高野に恋の予感はないわけよね?
だって不倫になっちゃうし・・
一緒に暮らすことで、外面だけでなく、内面から女らしくしてくれる人なのかもね♪

ま、とりあえず及第点ってとこでしょうか。
視聴する側からすると、マコトにトキメキを感じるようになれば、もっと入り込んで見られそうな気もするんだけど、
うぅ〜ん・・・・どーでしょーっ??(笑)




◆ Story ◆ 職場では普通のOLらしさを装っているが、合コン、デートにいそしむ周囲を横目に毎日直帰、ひとり手酌で酒を飲むのが好きな24歳・雨宮蛍が主人公。5年も恋愛から遠ざかっていた蛍が、ひょんなことから上司の男性と同居することになり、さらに年下のイケメンデザイナーと恋愛関係に。 久しぶりの恋とあってなかなか順調に事が進まないという、ドタバタぶりを描くラブコメディー。
◆ 期待度 ◆ 「ハケンの品格」と似た香りが・・・。スタッフも同じかな?安田さんが「一ツ木さん」に続いて「二ツ木さん」ってのに笑える・・。(笑)