□ 金曜 21:00〜  テレビ朝日       □ 公式HP・・・  
□ 脚本・・旺季志ずか ほか □ 演出・・小松隆志 ほか □ P・・横地郁英 ほか
主題歌

彼方
ナナムジカ
彼方 女帝DVD BOX
DVD-BOX

原作

女帝
倉科遼
女帝 1 愛蔵版 (1)
◆ 出演者 ◆
立花彩香
伊達直人
北篠梨奈
美樹
杉野謙一
藤本美奈
麗子

大沢謙吾
杉野謙造
美濃村達吉
立花麻里子
香田
北條照盛
尾上雄一郎
藤村佐和
















加藤ローサ
松田翔太
酒井彩名
前田愛
斉藤祥太
中島知子
小沢真珠
金子さやか
豊原功輔
山下真司
泉谷しげる
かとうかず子
吹越満
森本レオ
伊原剛志
かたせ梨乃
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
クラブ「佐和」のホステス 18歳
なぞの男 
彩香の同級生 謙一の婚約者 18歳
彩香の親友 ホステス 20歳
彩香の初恋の人 梨奈の婚約者 18歳
大阪「エレガンス」のママ
「エレガンス」のNo.1ホステス
「佐和」の.1ホステス
ベストセラー作家
謙一の父
大阪の実力者 ミナミの妖怪と呼ばれる
彩香の母親
銀龍会のヤクザ
民生党代議士
民生党幹事長
クラブ「佐和」のママ
◆ レビュー ◆
◇ 第話 ◇  「銀座の頂点へ!!彩香最期の戦い」  最終回  2007.09.14.
番組内のサブタイトルは「銀座の頂点へ・・・最期の戦い」

いやはや、最後までツッコミさせようってことですかい?(笑)

「大事なことを決めるときは、手中のものを全部手放してからっぽにしてみる・・・
そうすると自然と大事なモノだけが残ってるものです」と佐和ママに言われて、
尾上はすべてを明らかにすると決めたようですな。
記者会見を開き、ホステスとのスキャンダルはない、なぜなら、その女性は私の娘だから・・と堂々と告白したのさ。
そこで、今の家族の了解も得た・・・なんてお涙頂戴のエピソードも交えて、
最後は「おーのうえっ!」コールで支持を集めた・・
そんな都合のいい展開、あるんやなぁ〜!(笑)
それにしても、「首相辞任!?」なんてネタ、なんてタイムリー・・
制作サイドも、このピッタリなタイミングに驚きなんじゃないかしら?(笑)
でもさ、尾上さん、実名出しすぎ!
彩香だけでなく、麻里子さんやクラブ「佐和」の名前まで!
そこまで言わんでもよかろうもん・・・?(笑)


で、「彩香が首相の娘」ってことで、完敗を認めた梨奈も謝っておりましたばい。
妖しげに笑う彩名ちゃんは、結構がんばってましたよね、このドラマでは。
私は好きでしたよ、このキャラ。(笑)


で、これであとは店もOPENして、女帝への道を・・と思ったら、
なんと、直人が脳腫瘍ってことが発覚!
しかも、もうオレの手はいらんだろう・・・と姿を消しちゃって!
失って初めて、何が一番ほしいものだったかを気づく・・・それはよくあることです。
で、そんな彩香の開店のお祝いに・・と佐和ママは直人の住所をくれました。

静岡の別荘で一人暮らしていた直人のところへ行き、
女帝になりたいと生きてきたけど、本当にほしいものはすでに持っていた・・ってことを告げるわけさ。
そして、二人で暮らし始めた・・・
って、こらっ!開店したばかりの店、どないすんねん!
と思ったら、ここから通い始めた・・・
って、こらっ!静岡から毎日通うんかい!(笑)
わかりやすい「ツッコミどころ」に、素直につっこませていただきました。(でへ♪)

そして彩香は妊娠・・・喜びを伝えようと家に帰ると、すでに直人は冷たくなってました・・
動かない直人を膝枕して、彩香が語りかけるシーンは、ちょいとウルウル・・としそうになりましたが、
このオモシロドラマでないてたまるか!とちょっと我慢しました。(笑)
彩香は女の子を出産、これからも女帝の道を極めていく・・ってことかな?

早速、DVD発売のお知らせがありましたが、
予約特典で大笑い!
「のしあがっちゃるけん&ふざくんな ボイス・キーホルダー」って・・。
DVDはいいから、このキーホルダーはちょっと手に入れてみたい気もする・・。(笑)


このドラマの満足度のご協力くださいね♪



 ■ 総評 ■

絶対即効でリタイアすると思って見始めたこのドラマですが、
見始めたら、あまりの面白さの虜になってしまいましたよ。(笑)
昼ドラの「真珠夫人」や「牡丹と薔薇」に通じる面白さです。
くだらない!と思うところも、なんでやねん!と思うところも多々あるんだけど、
つっこまずにはいられない!先も見ないとおさまらない!っていう魅力を持っておりました。
ドラマの質は別にして、かなり楽しませてもらいましたよ。
一番の強烈キャラは、真珠さんでしたけどね。(最後は出てきてくれるかと期待してたけど・・・(涙))
加藤ローサちゃんの演技も、上手くなく、絶妙に下手・・って感じで。(笑)
この感じなら、深夜枠でも十分楽しめたかなぁ・・・?って気もするので、
どうしても続編を作りたいとおっしゃるなら、今度は深夜枠にして、お色気度UPでやってみたらいかがでしょうか?
余計なお世話ってですかね?(笑)



◇ 第話 ◇  「最終章!No.1ホステス銀座追放!!」   2007.09.07.
番組内のサブタイトルは「最終章・・・妖怪と別れのベッド」

梨奈さん、怖いっす!
体を武器にしてまで彩香を陥れたいという、その気合が現れた顔が怖いっす!
そして・・・・美濃村さん、死に様が怖いような、面白いような!(笑)
すごいねぇ・・・あんな風に死なれたら、違う意味で一生忘れられない人になりそうだわい。

一億の小切手を開店資金に・・って残してたけど、それを彩香は断ってました。
で、その小切手は誰のものに?
あの秘書がシメシメ・・・と懐に入れたんじゃないのか?
んで、東京ー大阪間のタクシー代って、一体おいくら程度・・・?(汗)

彩香を陥れようとする梨奈の魔の手は「佐和」の向かいました。
ホステスを続けられなくするために、「佐和」を潰そうとする梨奈だけど、
女帝として生きてきた佐和ママの気合にあっけなく撃沈・・
悔しくて、今度は薫を使って「佐和」と焼こうとしたみたいだけど、
それも薫を騙して・・のことで、結局薫も彩香に寝返っちゃったわけだ。
やることなすこと、うまくいきまへんなぁ、梨奈さん♪

そして彩香は独立の決意をし、佐和ママに保証人になってくれ・・って頼むんだけど、
佐和ママったら、その保証人を尾上に頼んだのよ!
父親として何もしてあげられなかったから・・・と尾上は快諾してたけど、
やいや、一国の首相がホステスの保証人になるなんて、あまりに危険すぎる!!
そんなこと、頼んじゃダメでしょ、佐和ママ!

尾上はまじめな人だから、頼まれたらきっと断れないに決まってるんだから、頼んじゃダメ!!

ほらほら・・・それを嗅ぎつけた梨奈が、対立野党の袴田(長谷川初範)にネタを流してるし!
オマケに自分の体まで使って・・
この女、すごいねぇ〜!自分によほどの自信があるんだろうね!感心、感心・・(笑)

さぁ、次回は最終回!
薫に刺された傷は軽傷で済んだ直人は、どうやら頭に大きな病を抱えてるみたいだし、
父・尾上は政治生命の危機に陥っちゃうし、
彩香の店もちゃんと開店できるかどうかわからんし、
果たして彩香は女帝になれるのでしょうか??
最後までいろいろやってくれると信じて楽しみに待ちたいと思います♪


◇ 第話 ◇  「No.1ホスト!!夜王の謎」   2007.08.31.
番組内のサブタイトルは「新宿No.1ホストの秘密」

前回のあの写真で、北條を大臣辞任どころか、引退にまで追い込んじゃった彩香。
それで済むとは思えないなぁ〜・・
娘の梨奈も何をしでかすかわからんけど、この北條もこれで泣き寝入りするとは思えないし・・
あちこちで命を狙われそうだわ。(汗)


彩香がそんなことに明け暮れてる間に、「佐和」では薫が.1の座に君臨していたんだけど、
どうも様子がおかしい・・・
なんと、薫は客と寝て、そこで客のヒミツをこっそり録音して、脅して通わせていたのさ!
それだけならまだしも、自分を客にもてなしさせていやがる!
おいおい、ママさんよ、放っておいていいのかよぉ〜!と思ってたら、
どうやら、ここで今「佐和」をクビにしても、他の店で同じ事をする・・・と考えちゃってたようで・・
だからってさ、ちょっとやりたい放題だよねぇ〜!

薫が今ハマってるのが、ホストの拓也(速水もこみち)で、
彩香はこの男から薫のヒミツを聞きだすために、靴をなめようとまでしちゃって!
おぉ〜・・この映像、「もう誰も愛さない」だわ!(←古っ!(笑))
彩香の考えに触発されちゃった拓也は、彩香に協力して薫のマイクロチップを手に入れさせてくれました。
いやはや、ここでまた彩香は手柄をあげたとともに、敵を作ってしまったわけで・・

案の定、薫に刺されそうになっちゃって、直人がかばってさされちゃった!
あの長い包丁が結構深く刺さってたみたいじゃん?
かなり危険な状態っぽいけど、このドラマ、ダイ・ハードなんで、死にはしないでしょう・・。(笑)

それにしても、ホスト・拓也のヒミツって、昔チンピラだったってことですかね?
サブタイトルにまでなってるから、どんなヒミツかと思ったけど、たいしたことないんじゃ・・・?(汗)


◇ 第話 ◇  「No.1ホステス父と復讐ベットイン」   2007.08.24.
番組内のサブタイトルは「父と、復讐のベッドイン」

うん、なかなか面白かったですね!

父と寝ることが復讐・・・と乗り込んでいった彩香だけど、
「キミを抱くわけにはいかない・・」と思いを語りはじめるのさ。
自分の出世のために身を引いてくれた彩香の母のために、今の妻以外の女を抱くことはない・・と決めているようで・・
で、この話を聞いてた彩香は、この時点で父への恨みが消えた・・ってことかな?
寝ている尾上のそばに寄り添い、「お父さん・・・」ってつぶやいてたけど、
聞こえてないよね・・?ってか、尾上は彩香が娘だとは全然気づいてないの?
いや、あの眼差しは気づいていると思うんだけどなぁ・・・


この密会現場を北條が写真に収めてて、
これをネタに、尾上が総裁に就任したとき、「外務大臣にしてほしい」と脅すために使ったのさ!
汚いぜ!さすが梨奈の父親だぜ!
で、実力もないくせに、外務大臣にのし上がっちゃった北條はウホウホ・・
ご機嫌な北條を見て、なんかおかしい・・と思った彩香は、謙一を色気でおとして吐かせようとしたんだけど・・・
部屋で彩香のシャワー待ちをしてる謙一が面白かった!
リップ塗りすぎてテカテカですもん!(笑)

この謙一さん、梨奈に「妊娠してる」って言われて結婚したのに、それがウソだとわかってヤケっぱちな心境だったこともあり、
見事に彩香の騙しに引っかかっちゃったわけです。
梨奈さんよ、謙一を総理大臣にしたいみたいだけど、
こんなボンボン、無理だと思いますよ?(笑)

北條のワナだったと気づいた彩香は、北條を陥れようと、誘っておいて、
服をビリビリに破いて、「襲われた!」みたいなことになってもいいの?と脅したかったみたいだけど、
相手は腹黒大臣ですから、上手でしたね・・・
だいたいさ、こんなオヤジ、今までだっていろんな女をこういうとこに誘ってますがな。
で、いつもこのホテルを使ってて、いつもあーやって口止めしてるんやんか。
騙すなら、相手のフィールドでやっちゃあきまへんで!
逆に立場が悪くなっちゃった彩香はが北條に殴られそうになってるところへ・・・
正義のスーパー直人マン、参上!(笑)
バッチリ写真を撮ってくれましたよ!
かっこよかったわねぇ〜!

ちょいと惚れそうだわ♪

しかし、彩香には更なる敵がじゃんじゃん増えております!
薫は敵意むき出しで、彩香の.1の座を奪っていったし、
エリは、直人がらみで彩香に憎しみを抱いてるし!
怖いよぉ、女は男が絡むと怖いんだからぁ〜!!

次回はもこみっちーが夜王として登場ですね。
風体は完璧ホストでしたね。

今回は特に、森本レオさんの間の取り方が長すぎて、イラッ!ときちゃいました。(笑)


◇ 第話 ◇  「銀座No.1ホステス撃たれる!!結婚サギの罠…」   2007.08.17.  
番組内のサブタイトルは「No.1ホステス、撃たれる!」

今日は一段と演技のレベルが低かったっすねぇ〜!
ローサちゃんはわざとあんなに下手に演じてるのかい??(汗)
一番笑ったのは、塚原の女のヒットマンですけど。(笑)
でも、演技レベルが低ければ低いほど、なぜか面白味を感じる・・・なぜだ?(笑)

彩香のところに高須(春田純一)がヤクザの組長・大翔辰紘(西村和彦)を連れてきたのよ。
で、この日とは彩香を気に入ってくれたようで、ゴルフに誘ったんだけど、
そこで大翔が撃たれそうになったのをかばった彩香がお腹に銃弾を!
いやぁ・・・この撃たれたときのローサちゃん、あそこまでベタな撃たれ方、なかなかできまへんで!(笑)

ま、これで大翔に恩を売ることができたわけだけど、彩香は失うものが多かった・・
まず。ヤクザの組長の情婦だと薫が噂を流したせいで客が減り、
彩香の怪我に激怒した直人の姿を見てエリが何か勘付いちゃったみたいだし、
入院してる間に、親友の美樹が塚原って男に入れあげてお金を貢ぎまくり・・・
どうやら、この塚原ってのはヤクザの末端構成員で、数々のホステスを食い物にしてるらしいのさ。
彩香は乗り込んでいって、「美樹と別れろ!」とタンカをきるわけだ。
美樹は「なんでそんなことするの??」と逆に彩香に怒りをぶつけて・・・
でも、塚原が女と一緒にいるところを見て、ショックで手首を切って自殺未遂・・・
うぅ〜ん、典型的な「騙されパターン」ですな・・。

これで怒った彩香は、塚原のところに乗り込んでまたも熊本弁でタンカをきりまくり!
いやぁ・・・熊本県人からすると、あの熊本弁はありえねぇーっ!ってレベルですけども。(汗)
ま、この時点で、「恩を売っておいた」大翔が助けてくれる・・・ってことはわかってたけどね。(笑)
で、その結果、塚原に食い物にされてたホステスから感謝されて、
銀座での彩香の存在は認められた・・ってわけだね。

そんな彩香に次なる試練が・・
なんと、北條が、梨奈の結婚式の日、「尾上の相手をしてやってくれ」って言うのさ!
で、彩香は実の父親と寝るってことらしい!
いやぁ・・・恐ろしき復讐・・・(汗)

マジでそうなっちまうんでしょーか!!
それより、このことが政界を揺るがす大スキャンダルになっちまうらしい!
おやおや、大変だ!


◇ 第話 ◇  「第2章!!銀座No.1黒服VS復讐ホステスの罠…」   2007.08.10.
番組内のサブタイトルは「銀座の最高級クラブで復讐」

今日はちょっとマッタリでしたね・・・
それにしても、加藤ローサちゃんに色気を求めちゃあきまへんな・・・(汗)

直人が佐和のとこにきたのは、女帝とはなんぞやってのを見に来てたわけか。
組に追われて死をも覚悟してる姿に何かを感じ取った佐和は、銀龍会から直人を預かって、
黒服として雇ったわけだ。
直人は、黒服から銀座の帝王を目指してる・・ってわけね?
たしか、「黒い太陽」ってそんな話じゃなかった?見てないけど。(汗)

経営困難に陥った「佐和」を救うために彩香は「佐和」にくることになったんだけど、
「アマン」の弘美ママ、素敵でしたねぇ〜!
でもさ、美樹って金魚のフンみたいにくっついてくるけど、本当にいい子なのかしら?
最後の最後で裏切る・・ってことはないのか?(汗)


彩香がきたものの、「佐和」に客が戻ってくることはなかった・・・
でもさ、「銀座の魔女」と呼ばれてるエリ(滝沢沙織)とか、彩香とか、今までの客を呼べばいいじゃん?
あんなに閑古鳥が鳴いてる店、珍しいぞぉ〜!(笑)
でも、「佐和」の名前はやっぱり大きいもので、上客が戻ってきました。
その中には大沢も・・・
大沢が連れてきた高須っていう映画プロデューサーが、「義理返し」とやらで大沢と彩香の写真を記事にし、
それを見た人たちが彩香目当てに来店・・ってことになったみたいよ?
へぇ・・・そんなシステムあるんだね。(笑)

彩香の心を捉えている男・直人が生きていて、そばにいると知った大沢は、
「心の半分でお前を抱く・・」とか言っちゃって、なんだか男前だわぁ〜!
でも、一緒にいるのは辛くなったのか、アメリカに行くことにしちゃったみたいよ?
「いつでもキミを心に抱いてるから・・」なんて言っちゃって!
く・くっさぁ〜!(笑)


大沢という大きな存在を失った彩香は、自分だけの力で「のしあがっちゃるけん!」と
とうとう実父である尾上に接近していきました!
色仕掛けで父親を落とそうとしてるらしいよ?
いやぁ・・・あの胸がパックリ開いたドレス、似合わなかったねぇ〜!(汗)

どうやっても色気を感じないですよ、ローサちゃんは・・
あのエリの客が言ってた通りだわい。

そうそう、エリは直人を好きみたいね。
こりゃ直人の取り合い・・ってことに発展しちゃうのか?

今回は醜い女の争いがあんまりなかったので、面白味が半減でしたわ。
序盤に薫が彩香にキスして唇を噛み切ったときゃ、ギョギョッ!としたけどね。(笑)
でも次回はまたいろいろありそうですぞ?
親友の自殺に、銃撃騒ぎ?
どんだけぇ〜??(笑)


◇ 第話 ◇  「女子大生No.1ホステス銀座対決!!」   2007.08.03.  
番組内のサブタイトルは「女子大生No.1ホステスの罠」

相変わらずの「面白さ」ですな。
でも・・・真珠ちゃんがいないと、ちょいと寂しい・・・(笑)
金子さやかちゃんも頑張ってたけど、「憎たらしい!」に「面白い!」が加わらないとダメなのよ!
真珠ちゃんは、やっぱりすごいよねぇ・・・しみじみ。
いつか復活願う!

さて・・・銀座にやってきた彩香。大沢センセも彩香狙いでこっちにもご来店♪
それを面白く思わないのが、女子大生で金持ちの娘のNo.1ホステス・薫(金子さやか)です。
敵意むき出しだけど、彩香は「あたしはプロだから」と素人を相手にしないのさ。
ほほぉ・・・成長してるんやね、彩香!
薫は大沢の家にまで行って何とかしようとしてたけど、
アメリカ文学だかなんだか知らんけど、その知識すら彩香に訂正されちゃって、
あっちもこっちもギャフン!と言わされっぱなしのさ!

オマケに、父親の会社が倒産しちゃって、踏んだり蹴ったりの薫なんだけど・・・
なんと、「私も店を持ちます」と言い出しやがった!
おいおい、どこにそんな金があんねん?(汗)
今度はプロ同士で戦いよ!ってことらしいけど・・・なんで予告で二人がキスしてたのよ?
薫ちゃん・・・次回の活躍、期待しちゃうぞ!(笑)

そんなとき、彩香は直人らしき男が死体で発見されたというニュースを聞いて愕然・・・
通りかかった大沢センセに慰められ・・・関係を持っちゃいました。
んでもって、自分が抱えてきた過去と野望をすべて話して・・
一介の作家に何ができるかわからんけど、美濃村に続き、大きな味方を得た・・ってわけですな。

そして時が過ぎ・・「アマン」での地位も磐石となってきた彩香の前に、佐和がある男を連れてやってきた!
それは民生党幹事長の尾上・・
どうやら、この男が彩香の父親みたいね?
捨てられたと彩香は思ってるけど、何か理由がありそうですな・・・
でもさ、昔愛して女に似ている・・・と彩香を気に入っちゃった場合、ヤバくないっすか?
好きになっちゃいけないでしょーよ、娘なんだから!!

彩香・・・どこまでやるつもりだろうねぇ・・?

尾上のことを聞きたいと佐和のところを訪れた彩香の前に・・・直人が!
生きてますやん!
しかし様子がおかしいねぇ・・・なんか怒ってる??

今回は「のしがっちゃるけん!」がなくて寂しかったけど・・・新たなる名言が!
いつまでも彩香のことを考えてる謙一に対して梨奈が言った言葉です!
「ココ、食いちぎるわよ!」ですと!
男性の大事なところをむんずと掴んで、こうおっしゃったんですよ、お嬢様が!

いやぁ・・・腹かかえて笑ってもうたわ。(笑)


◇ 第話 ◇  「銀座へ!!No.1ホステスVS超セレブ」  2007.07.27.  
番組内のサブタイトルは「ついに銀座へ!.1ホステス最終決戦」

いかん・・・・面白い、(笑)
話も演技も作りもB級だと思うんだけど、それなりに面白いのさ。
先が読めても、テンポがいいので気にならないくらいです。
相変わらずローサちゃんの演技はどーにもこーにもですが、
それはそれでいい味になってきたのか?と錯覚しちゃうくらい・・・
いかん、ハマったか、あたい?(笑)

彩香が「のしあがっちゃった」ので、面白くないのが麗子ですよ。
体を使って彩香の客を取り、おまけに「あの子のパトロンは美濃村なんです」って耳打ちしたせいで、
彩香の客、減りまくり!
そりゃアカンやろ。。とママに怒られたら、けっ!と出ていきやがった麗子はん。
今度はヤクザの香田に近づき、体をエサに彩香を妨害しようと試みるんだけど・・・

彩香はんの強運は尽きることなく・・
ある日偶然助けたお婆ちゃんが、大阪で名だたるヤクザの若頭・篠原(古谷一行)のお母さんで、
彩香シジャマをするためにやってきた香田たちを撃退してくれたのさ。
どうせこの篠原が偉い人なんだろう・・とは思ってたけど、
いやぁ・・・痛快、痛快。(笑)

イラ立つ香田は、直人に「あの女、はよ風俗に売らんかい!」と命じるのよ。
香田は麗子も足蹴にしちゃって、麗子も立場なし!
で・・・麗子はんのとった行動は、彩香に硫酸をぶっかけるべし!でした。
直人が助けてくれて、もみ合った末に、麗子はん、硫酸まみれに・・・
ありゃりゃ・・・こりゃもうホステスはできまへんな・・・
後々、すんごい顔で復讐しにきそうでワクワク・・・いや違う、怖い・・。(笑)

身の危険が迫ってるからしばらく身を隠せ・・という直人に、イヤ・・とすがる彩香。
抱かれてもいい!っていう勢いの彩香に、「オレとお前が抱き合うときは、二人が天下をとってからだ!」と突き放す・・
なんか、このときのキスシーンが妙にリアルで、
なんでこういうシーンだけ上手なの、ローサちゃん!と突っ込みたくなりました。(笑)

で、姿を消した直人ですが・・・
今度彩香の前に出てくるとき、どこまで「のしあがって」るのかしらね♪

そして彩香は「エレガンスを辞め、銀座へ・・
美濃村の紹介で、「アマン」のママ・弘美(東ちづる)に連れられ政界のパーティにいく彩香だけど・・
そこで梨奈に再会しちゃうのさ。
謙一が未だに彩香につきまとってるから、余計に彩香を敵視するんだよね、この子・・
ジュースを自分の足にジュースをかけ、「拭いて!」と叫び・・
アンタのとこまでのし上がっちゃるけん!!と宣言する彩香・・
さぁ、今度は銀座のクラブでイジメられつつ、のし上がっていくわけですね!
ちょっと楽しみになってきた・・。(笑)


◇ 第話 ◇  「復讐ホステスVS大金持ちの妖怪!!」   2007.07.20. 
番組内のサブタイトルは「復讐ホステス、妖怪と寝る」

やっぱりチープだわぁ〜!昼ドラだわぁ〜!
前半を見てたら、こりゃアカン・・・とリタイアしちゃおうと思ったけど、
「ぷらぁいむ・しょっぴんぐっ!」が出てきたら、なんか妙に笑えてきて、
最後まで見ちゃいました。
うぅ〜む・・・・CMまで昼ドラちっく♪(笑)


ミナミの妖怪をモノにしたる!と意気込む彩香は、3回の約束のうち、一回目は自分の身の上話を始めました。
えぇ〜!ここは麗子さんのおっしゃるとおり、CLUBに楽しみに来てるのに、
なんでそんな辛気臭い話を聞かされなアカンねん!って感じだわよ。
で、妖怪、帰っちゃいました・・
そして2回目、今度は妖怪、彩香をお持ち帰りいたしまして、料亭で話をするのさ。
そこで本気の告白をする彩香ですが・・またも妖怪「帰れ」ときた。
そして3回目・・・
高級旅館に呼び出された彩香の本気を受け止めた妖怪は、彩香とチョメチョメ(By山城新伍)・・。
「こんな醜い男・・・ありがとう」と逆にお礼を言われちゃって、
しかも、愛人ではなく、ミナミ一の女帝にしてくれると言ってくれたのさ。
これで彩香は大きなバックを手に入れたわけですが・・・

最初に抱かれるのは、一番醜い男がいい・・・と、妖怪に抱かれた彩香。
トコトン失礼なヤツです。(笑)

お口直しに直人を呼びつけたのか?(爆)
しかし、直人は彩香の本気を知ってるので、甘えるな・・・と突き放すわけですな。

さてさて、妖怪というバックを手に入れたものの、それだけではミナミ一の女帝どころか、
「エレガンス」のNo.1になれるかどうかもわからない彩香の次なるターゲットが登場・・・
ベストセラー作家の大沢です。
大沢の作品を褒めちぎる麗子に対し、「初期の作品みたいなナイーブな世界が消されてて残念・・」という彩香。
おいおい、だからぁ〜・・楽しみに来てる店で批評されたないっちゅーねん!
この子、ホステス向きではないと思うんだが・・?(汗)


しかし、彩香の発言に触発された大沢は、再度来店し、彩香を指名・・・
ズケズケと図星をついてくりゃ、男ってなびくもんすか?
簡単すぎるな・・・(笑)

次回は銀座へ??しかも、またキャストが増える??
直人がヤクザと知った麗子はどう出る?
うぅ〜ん・・・もうちょっと見てみよう・・。(笑)


◇ 第話 ◇  「銀座No.1ホステスVS復讐の女!!」   2007.07.13. 
番組内のサブタイトルは「No.1ホステスVS復讐の女」

なんじゃこりゃっ!!
昼ドラですやん!ネタてんこ盛りですやん!下手くそすぎますやん!!(笑)
いやぁ・・・違う意味で目が離せなかったわ!


ま、一応熊本出身の人間から言わせていただくと、
ドラマのキャッチフレーズの「のしあがっちゃるけん!」が熊本弁だったとは・・・恥ずかしいっ!(笑)
あちこちに熊本の映像が入ってて、懐かしゅうございました♪

さてさていろいろとツッコんでいきますかね?
とりあえず、主演のローザちゃん、演技が下手すぎです!
イジメ役の真珠さん、「牡丹と薔薇」まんまです!関西弁が下手すぎです!
吹越さんのヤクザ、何故か笑えてしまいます!
ミナミの妖怪の泉谷さん・・・マジ妖怪です!
そこここに面白キャラがいるので、気が抜けないわ!(笑)

高校生のとき、スナックをやってた母のことで梨奈に嫌味を言われ、
母がガンになり学校を辞めようとしたら、謙一に襲われそうになっただけでなく、
見つかったら謙一は彩香に罪を擦り付けて逃げようとしやがるし、
謙一の父には金と権力でバカにされ・・・しまいにゃお母さん、死んでしまい・・
と、不幸のオンパレードでございまして、
「金と権力で人を踏みつける男たちの上に、女を武器にのりあがっちゃるけん!」と女帝を目指すことにしたようです。

で、大阪に出てきた彩香が入ったのが「エレガンス」・・・
オセロ・中島のママっぷりはそこそこいいんじゃないですかね?
わかりやすいくらいの.1ホステス・麗子によるイジメには笑えますけど、
この人がなんでNo.1なのかが不思議・・・。(笑)
月1000万以上売り上げって、すごいのかね?
ホステスを量る尺がわからんので何ともいえませんが・・。

そこにやってきた、ミナミの妖怪・美濃村を自分の客にしようと思い始めた彩香。
3回のチャンスをくれと言ってましたけど、どうなるんですかね?

そして、彩香に近づいてきた直人っていう男、最初から怪しかったけど、
なんとヤクザで、こうやってホステスの心をGETし、売り飛ばそうと考えてたらしいんだけど、
彩香の決心を聞いて応援する・・と言い出しました。
ほんとかいな?まだまだ信用でけへんな・・・
ヤクザの香田にどう言い訳するか、まだわからんしね・・。

とにかく、すんごい安いドラマって感じだけど、昼ドラ感覚で楽しめばそこそこ面白いかもしれないですね。



◆ Story ◆ 金と権力を振りかざす人間たちに人生を翻弄(ほんろう)されたヒロイン、彩香が復讐に燃え、女を武器に夜の世界でのし上がっていく物語。
◆ 期待度 ◆ 「夜王」と同じ作家の原作ってことで、同じ匂いがプンプン・・。(笑)加藤ローサちゃんのダークなイメージがあんまり浮かばないんですけど・・。。(汗)