□ 日曜 21:00〜  TBS       □ 公式HP・・・  
□ 脚本・・荒井修子 渡辺千穂 □ 演出・・ 高成麻畝子 ほか □ P・・津留正明

主題歌

星屑サンセット
YUKI

星屑サンセット 「パパとムスメの7日間」オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
原作

パパとムスメの7日間
五十嵐貴久
パパとムスメの7日間 パパとムスメの7日間 DVD-BOX
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
川原恭一郎
川原小梅
大杉健太
中山律子
桜木真一
国枝ひそか
渡辺武志
西野和香子
中島耕介
川原理恵子










舘ひろし
新垣結衣
加藤成亮
森田彩華
高田延彦
佐々木すみ江
江守徹
佐田真由美
八嶋智人
麻生祐未
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
美生化粧品 広報部副部長 47歳
高校2年生 16歳
小梅の先輩 高校3年生 17歳
小梅の幼なじみでクラスメイト 16歳
恭一郎の上司 46歳
恭一郎の義母
美生化粧品 4代目社長 62歳
恭一郎の部下 27歳
恭一郎の部下 30歳
恭一郎の妻で小梅の母 42歳
◆ レビュー ◆
◇ 第回 ◇  「7日間の秘密」  最終回  2007.08.19.  
番組内のタイトル・・・「パパ!ありがとう」 ・・・7日間の秘密

おやおや、あっという間に元に戻っちゃいましたね!
桃を持って逃げる西野さんを説得し桃を手に入れたはいいけど、
落としちゃって、転がり落ちようとする小梅(中身はパパ)を、パパ(中身は小梅)が助けようとして転落・・ってことでした。
原作では、猟奇化した西野さんがナイフで小梅を刺そうとして、パパ(中身は小梅)が助ける・・っていう展開だったけど、
ま、お互いを「助けたい!」「助けて!」っていう思いを持つ・・っていう意味では同じなんで、
ま、ヨシとするか・・・ってとこですね。

で、小梅が目を覚まして、元に戻った!!と喜ぶわけですが・・・
パパの意識が戻らない!!
必死でパパに語りかける小梅ですが・・・惜しいっ!ここはちゃんと泣いておいたほうがいいんじゃないかい、ガッキー?
ママの方がめっちゃ泣いてましたやん!(笑)


二人が目を覚ましたのは、山転落から四日後・・
なぬ!御前会議!!健太先輩の試合!!と、二人は慌てて病室を飛び出し・・・

まずは小梅・・・健太先輩は負けちゃいました・・
でも、小梅が励ましついでに告白しようとして、「オレが言う!」と健太先輩から告白・・
うん、なかなかいい感じでした!
そしてパパ・・・御前会議には間に合いませんでした・・・
中島はがんばったんだけどねぇ・・
パパは、小梅の体になって、そして自分の体でやりきった小梅の気持ちも含めて、いろいろと感じるものがあり。
ここで諦めずに社長に直談判してました。
それが社長の心を動かしたらしく・・・無事にレインボードリームは出動!!

うまくまとめてきたなぁ・・・と思ったら、まだまだすったもんだが待ってましたよ。
レインボードリームチームが「部」に昇格することになり、パパは部長?かと思ったら、
違う人がやってきた・・
それでも、パパはやり遂げた感でちょっと満足だったわけです。
ま、最終的に、ちゃんと成果を認めてもらえて、違う部の部長になることになっちゃったようで、
よかった、よかった!
・・・小梅の力で部長になったんだけど、パパ、大丈夫かなぁ・・?(汗)

健太先輩が大学の推薦に合格して、お祝いをすることになったんだけど、
チームのお祝いもかねて・・ってことで一緒にパーティすることになったとき、
そこに律子が飛び込んできました!
「先輩と旅行」ってのがお父さんにバレたみたいで、人ん家で大喧嘩ですよ。
しかし、娘の気持ちがわかるパパと、働くパパの大変さを知る娘がここにいるわけですたい!
しみじみと心に染み入る説得で、何とかおさまった・・ってとこですね。


「桃」のヒミツは、「親子愛」でして、危機に瀕したとき、「助けたい!」という思いがあってこそ、
桃の威力が発揮されるんだそうな・・・
電車での地震のときはパパが小梅を、山転落のときは小梅がパパを救いたい!と命がけで思ったからなんだよね。
そしてこの「桃の伝説」には続きが・・・
元に戻ってから7日間、お互いを思いやってないと、また戻っちゃうかも??ってことらしい!
で、お祖母ちゃん・・・二人が入れ替わってたことに気がついてたのかい?

そして7日後・・また昔みたいな関係になっちゃうか・・?と思ったら、
そうじゃなかったですね。
ベタベタの仲良しってわけにはいかないけど、ちゃんとお互いのことを理解し合ってるって感じです。
「パパって毎日がんばって働いてくれてるんだ・・・」
「子供も毎日、必死でいろんなことを吸収して生きてるんだ・・」ってことを、
まさに身を挺して理解し合えたこの二人は、きっといつまでも仲良しでいてくれるでしょう・・。


元に戻ったとき、タッチーの話し方がまだ小梅っぽかったので、
あぁ・・戻りきってないのね、演技が・・・と思ったけど、
すぐに昔みたいに戻れるわけじゃないっていう設定なわけですね?
ま、そのほうが自然なのかもしれませんね。

途中入った三ツ矢サイダーのCMが、ドラマの内容と同じで、
ドラマの続きかと思っちゃいましたよ!
最終回で使うとは・・・なかなかニクいっすね!


 このドラマの満足度にご協力くださいね♪



 ■ 総評 ■

舘さんが女子高生になる??なんて、想像もできなかったけど、
見事なハジケっぷりでした!
これは舘さんの今後の役者人生において、意味あるドラマになったんじゃないでしょうか?
ただね・・・惜しいのがガッキーですよ。
「美少女アイドルが、”オヤジ”になる!」という千載一遇のチャンスをモノにしなくちゃいけないです!
「金八」で性同一性障害の役をやった上戸彩ちゃんや、
「神様、もう少しだけ」でエイズ患者の役をやった深田恭子ちゃんのように、
難しい役を見事にやりこなしてからの大ブレイクの可能性があるわけですよ!
だからこそ、もっとやりきって欲しかった!
足はガバッと!声も顔もオヤジ臭く・・・もっと、もっと!!って思っちゃいました・・。
それがちょいと残念ですね。
がんばっていたとは思うんですけどね・・

7話にまとめたことで、ダラダラとした展開にならずに良かったと思います。
毎回、毎回、なんかホッとできるドラマで、
こういう楽に見れるドラマって、本当にいいなぁ・・ってしみじみしちゃいました。
あー、面白かった!



◇ 第回 ◇  「もとに戻れる!!」   2007.08.12.  
番組内のタイトル・・・「これで、もとに戻れる!!・・・かも?」 伝説の桃の秘密

最終回へつなげる回ってことで、前回と比較すると面白味には欠けましたね。
でも、最終回で解決すべき問題がいくつか増えたので、
最終回を見るのが楽しみになってきました。


西野さんが家に来て何か言いたげなのを必死に妨げようとする小梅の姿をしたパパ。
そのとき、お祖母ちゃんが伝説の桃の話を思い出した・・ということで、
「コレを食べると入れ替わる」と言い出しちゃったのさ。
キラリーン!☆とお目目が光る西野さん・・・
ママと入れ替わりたいと思ってるに違いない!と慌てたパパは、一人で全部食べちゃうんだよね。
でも、それで諦める西野さんじゃないですよ・・
小梅に「パパは私のことが好きなのよ・・・」と話してて!
あっちゃー・・・こりゃ完全妄想女だわ・・・(汗)


そのころ小梅の姿をしたパパは、新しく作り直した企画の予算の承認を得ようと奮闘!
ママにお小遣いアップをおねだるするときのことを考えながら訴えて、何とかハンコをもらいました・・
最後の御前会議に出るのは、小梅か?パパか??

パパは、会社にいる小梅に、「伝説の桃を食べれば元に戻れる」と話をするんだけど、
そこにりっちゃんが・・・
一緒に旅行行かないの・・?という話になり、若い男ってのは・・・と生々しい話をしちゃうのさ、パパが!
で、りっちゃんご立腹・・。(笑)
オマケに、「火曜日の試合、身に来てくれよ」という先輩にキスされそうになっちゃって、
拒否しちゃったもんだから、先輩との関係もギクシャク・・・
さぁ、火曜日の試合に行けるのは、パパか?小梅か??
・・・予告を見てたら、わかっちゃいましたけどね。(滝汗)

二人で伝説の桃を取りに行くことにしたパパと小梅だけど、
なんと、西野さんも中島を誘って取りに来てました!
パパが落とした地図をちゃっかり拾って先に到着しちゃいましたよ・・・
で、桃を一つGETしちゃってました!
後からきたパパたちも桃を食べたんだけど元に戻らず・・
そこに桃を手に入れた西野さんたちを発見したパパたち!
何?西野さんの桃を奪おうとするのかしら?
入れ替わるにはまだ何か必要らしいけど、何なのかしらね・・?

元に戻ることは確定してるので、最終回は、戻るまで・・と戻ってから・・・を描くことになりますね。
戻ったあとのタッチー(舘さん)が、女の子っぽく見えたらどうしよう・・と不安になってきた。(笑)


◇ 第回 ◇  「私、小梅だもん」   2007.08.05.
番組内のタイトル・・・「だって、あたし、小梅なんだもん!」もう戻りたい7日目!嵐の告白!3者面談

一週間ぶりのせいで待ち遠しかったせいか、すごく面白かったです!
ガッキーのパパっぷりも板についてきたし、タッチーの小梅っぷりも凄みを増してるし!(笑)

今回は小梅の試験の問題ですね・・
散々な結果に終わった小梅の試験・・で、アルパチ(田口浩正)に3者面談をするって言われちゃって、
パパは大慌てなのさ!
こんな点数、小梅には見せられん!とママとだけで話を終わらそうとするも・・・
そこに小梅がすっ飛んできた!
面談中の二人の足元が笑えましたね。
パパ@小梅はめっちゃ内股で、小梅@パパはがに股。(笑) 芸が細かいです!

泣き落とし作戦が功を奏して、課題を提出すれば・・ってとこで留年しなくてすみそうです!
それと、パパが面談にでかけるとき、ボードに女の子文字で書いてたのは爆笑!
あれを見た中島がギョッ!っていうシーンがあってもよかったかもなぁ♪(笑)

でももう一つの問題が・・
ママがかなりパパの浮気を疑ってるってことです!
いちいちネチネチとパパを責めてくるママ・・・疑いだすと妻はしつこいですよぉ〜!(笑)
健太先輩へのミサンガを編んでいたパパ@小梅は、そんなママに
「だってあたし、小梅だもん!もうウンザリよ!」って言っちゃった!
ヒヤヒヤしたけど、ママにとっちゃ、「ウンザリよ!」のほうがショックだったみたいで・・。

しかも今日は特別な日なのにパパが覚えてないもんだから、さらに機嫌が悪くなっちゃって・・・

でもちゃんとパパは覚えてたんだよね。
「ちょっと頼まれてくれるか・・?」と小梅に頼むのよ。
実は今日は夫婦のプロポーズ記念日で、毎年ストロベリー・フィールドを送ることにしてたみたいで、
それを渡してくれるように頼んだ・・ってわけだ。
なんだよ、パパ!ママにちゃんとつくしてんじゃん!
ウチの旦那なんて、結婚記念日すら明確に言えねぇってのにさ!(怒)
なんか、すごく心温まるシーンでした・・

パパのために一肌脱いだ小梅ですが、今度はパパが頑張ることに!
健太先輩が家の前まで来てて、話したいって言い出したもんだから、
「風邪気味」っていう言い訳でメールで会話することにしたのよ。
仏頂面で応対するパパに、「もっと可愛く!笑顔で!!」って訴える小梅。
「表現力の限界だ」「どんだけぇ〜?」・・・アンタら、見事に面白すぎです!(笑)
「本当に好きな子からミサンガをもらいたい」
「旅行は見送ろう、川原のこと大事にしたいから・・」
健太先輩、なかなかの好青年じゃん?パパもまた見直してるはずだわ!

健太先輩と自分が応対したいと思った小梅は、電気を消して携帯のライトで手を振ります・・
なんか切ないねぇ・・
早く元に戻してあげたいよ・・・

さぁ、問題はどうやったら元に戻るか・・って話です。
あの流れだと、おばあちゃんの桃がカギとなりそうですが・・
そうなると原作と違ってくるんだよね?

ま、残り2話あるので、きっと前フリではないかと思うんですけどね・・。
問題の西野さんは・・?と思ったら、やっぱりやってきやがった!!
ったく・・・どんどん気味悪くなってきたね、この人・・・(汗)

それにしても、タッチーが娘に見えるので、入浴シーンが全然いやらしくない!(笑)
すごいなぁ・・・タッチー&ガッキー・・♪


◇ 第回 ◇  「決戦!御前会議」   2007.07.22.

今回の話はパパメインっつーことで、必然的に小梅の出番が少なくなるわけで・・・
ただでさえ御前会議ってだけでもオッサンくさい画面なので、
小梅の出番を増やさなきゃ!ってわけですな。
原作だと、ここはほとんどパパしか出てきませんもん。
なので、両角先生とのおっかけっこは、無理矢理・・・な気もしましたね。(汗)

さて、御前会議ですが・・・
何事もなくやり過ごせ、いいたいことは飲み込め・・・と、パパ(中身は小梅)は最後まで首を傾げつつも
何とか我慢していたんだけど・・・最後は我慢ならんかったようで・・。
散々話がなされたあと、最後の最後で「売れないと思います」とはコレ、如何に!!(笑)
ま、言ってることは正しいのよ、リアルにティーンなんだから!
しかし、あの場で言うことじゃないよねぇ〜??

先生の充電器をぶんどってまで聞いてたパパ(見た目は小梅)の心中、お察ししますわい・・。(涙)

やれるもんならやってきんさい、アンタの責任でね・・・と言われ、
パパ、大ピンチ!なわけですが・・・
チームのみんなは、このパパの発言に触発されたようで、
2ヶ月で本当のティーン向けの商品に作り直すぞ!と一致団結でございます!

しかし・・・問題があっちこっちで・・・。
まずは小梅と健太先輩。
律子が自分とカレシの旅行に健太先輩を誘っちゃってて、小梅も行くことになりそう??
うぅ〜ん・・・中身がパパだけに、それは無理な話だろう・・・
すまないね、りっちゃん・・。(笑)


そして、西野さん!
隠したイヤリングをママが見つけてしもうた!
完全に疑っております!
で、パパ(中身は小梅)、自供してまうの??
その展開は予想外ですわよ!!

んで、最大の問題、西野さん・・・
マジでパパに惚れてしまいました!
抱きついてるところを中島に見られちゃったし!!
おーまいがーっ!!

続きが気になるところですが・・・次週は参院選のため放送はありません!
そんな殺生な・・・(涙)
次回への布石をいくつも発生させておいて、2週間も待てってかい?
いけずぅ〜!(笑)



◇ 第回 ◇  「大人はマジ大変」    2007.07.15.
番組内のタイトル・・・「パパのせいで留年!? ムスメのせいで夫婦の危機!?」

やっぱり面白いですね!
どんどん二人が「パパの姿した小梅」と「小梅の姿したパパ」に見えてきちゃいました!(笑)

西野に相談があると言われてレストランに入った小梅が、
パパンの姿をしているのをすっかり忘れてはしゃいでる姿に笑えました!
なんでだろ・・・可愛く見えるのよ、舘さんが!(笑)
「領収書切ってくれぇ〜!」って叫んでるガッキーも面白かったし。

で・・・・どうやら西野さんはパパに惚れちゃってるらしいですねぇ・・
これが大きな問題なんですわ、思っていたよりも!
恋の相談みたいだけど、普通上司に恋の相談なんてあんまりしないんじゃないの?って気がするしねぇ・・。

その後、中嶋からも相談をうけるパパ@小梅。
同期の梶野(柏原収史)にバカにされたことや、父親のガンの話など・・・
仕事のせいでお祖父ちゃんの死に間に合わなかったパパのことを思い出した小梅は、
サラリーマンの大変さをしみじみと感じるわけだ・・・

中嶋が梶野にはりあって試供品をの提案をしてきたもんだから、御前会議直前でてんてこ舞いになっちゃうのよ。
そんなとき、中嶋の父親の容態が悪化したという連絡が入り、
パパ@小梅は「家族より大事なものなんてない!」と中嶋を行かせるのよね。
そんなパパ@小梅に、西野さん、ウットリ・・・(汗)

会社が停電になるってんで、残りの作業を川原家でやることになったんだけど、
そこで西野さんが思わぬ行動を!

なんと、夫婦の寝室に忍び込んで、自分のピアスをパパの背広のポケットに!
おまけにつまづいたフリ(?)してパパ@小梅に抱きついてるし!!
それを見ていたママ・・・
高いレストランで領収書もきらずに西野さんにご馳走したこともバラされてるし、
本当に夫婦の危機になっちゃいそうだよね!

一方、小梅@パパは、現代の高校生の試験レベルの甘く見ていたようで、惨敗してしまい、
「留年はヤバイ!」と必死に勉強するのよね。
泊まりにきてた律子たちを見つけて「久しぶりぃ〜!」って手を振ってる舘さんも可愛かった!(笑)
そこに健太先輩からの呼び出しが・・・
「試験中なのに。。こんな時間に・・」と文句を言いつつ行く小梅@パパだけど、
去年の試験問題を持ってきてくれた健太先輩に感動して、抱きついちゃった!!
「私の初ぎゅっ!が・・」と悲しそうなパパ@小梅・・
こんな小さなことで一喜一憂するもんですよ、思春期ってのはね・・・♪

そして朝になり、準備が完了した仲間が帰っていくんだけど、そこに中嶋が戻ってくるのよね。
リーダーに感謝し、最近のリーダーは素敵だと褒めるのを聞いた小梅@パパは喜ぶも複雑・・。(笑)

さぁ、留年のかかった試験の行方は!?
御前会議の行方は!?
そして、西野さんの動きは!?と気になる展開になってまいりました!

ベースは原作通りに、ちょっとずつ肉付けしてエピソードを加えたりして、なかなか上手い作りになってますね。
この流れだと、原作通りのラストになりそうですね♪
楽しみです!


◇ 第回 ◇  「パパの初デート」   2007.07.08.
番組内のタイトル・・・「パパのせいで失恋!? ムスメのせいでリストラ!?」

今日も面白かった!
二人のそれぞれの立場が妙な方向で作用しちゃって、いい方向に動き始めちゃう過程がうまく描かれててGoodです!
普通なら、小梅のデートで一話、
パパのリストラの危機で一話・・ってことになりかねないけど、
さすが全7話なので、ギュッ!と詰めてきましたね!
テンポがよくていいですねぇ〜♪

パパは、小梅の体で健太先輩とのデートに行くことにしたのは、幻滅させてやろうと考えていたわけだ。
でも、自分好みの映画とか、読書の話とか、それがパパには結構楽しめちゃったみたいで、
おやおや・・?いい感じじゃん!と思ったら!
やっぱりパパは行動に出ました・・。(笑)
女子高生が食べる量じゃないくらい頼んで、しかも先輩の話に相槌ちもうたない・・
こりゃ普通なら嫌われちゃう展開だけど、先輩ったら好感度UPってことになっちゃった?(笑)
で・・・なんと、先輩ったら小梅に告白しそうになっちゃって!!
ここが乙女心なんだよなぁ・・・
先輩が自分を好きって言ってくれるのはすごく嬉しいんだけど、
直接自分にいってもらいたい!!っていう気持ちのほうが大きいわけで、
なんと、パパの体で止めに入っちゃった!(笑)
でもただ止めに入るのではなく、ちゃんと小梅をよろしく!と言っちゃうあたりがうまいよねぇ〜!(笑)
とりあえず、パパのせいで失恋?は免れた・・ってわけですな。(笑)


そして今度はパパの問題・・
日曜日に社長へ新製品について説明する「御前会議」が行われるってんで、
その準備をしなくちゃいけなくて出勤したわけだ。
そしたら、仕えない女子社員が女子高生を対象にしたアンケートを全部消しちゃって、
どうしよぉ〜!ってなっちゃうわけよ。
「リーダー、お願いしますよ」とか言われちゃって、責任とってリストラ??とビビる小梅・・・
そうなると友達ともお別れか・・?と考えてて、「友達だ!」と思い立ち、
メールで友達みんなにアンケートに協力してもらって、なんとか間に合ったってわけだ・・
これがもしパパのままだったら・・って考えると、大変なことになっただろうね!
デートは、小梅のままでもどーにかなっただろうけど、
この仕事は小梅がパパだったからこそ間に合わせることができた・・と思うもん!

パパ、小梅に感謝しないと!!

しかしパパ、小梅に感謝するヒマもなく、新たな問題が!
なんと、パパに西野さんが急接近!!
小梅にしてみたら、ちょっと大人のお友達・・♪くらいの気持ちで接してるのかもしれないけど、
あれは危険なツーショットですぞぉ〜!(笑)

そんな二人を驚いて追いかけるパパ!
どうなっちゃうんでしょーか!

面白いんだけど、難を言うなら・・・
ガッキーの声ですね。
舘さんは、小梅の中に入ってるときの声と、心の声が全然違うので、「あ、これはパパの気持ちね?」ってわかりやすいんだけど、
ガッキーは、小梅の心の声と、パパが小梅に入ってるときの声のトーンがあんまり変わらないので
どっちがしゃべってるのかわかりにくい!

そこをもうちょっと工夫したらいいんじゃないかなぁ・・?って思いますね。


◇ 第回 ◇  「心と体が入れかわった!パパが私で私がパパで」 
                         2007.07.01.  初回69分SP
番組内のタイトル・・・「マジ!?パパがあたしで、あたしがパパで・・・」


舘さんはかなり頑張ってたんじゃないでしょうか?
さすが、ガッキーをストーカーのように観察してるだけはある・・。(笑)
でもねぇ・・・惜しいかな、ガッキーからあんまり親父を感じないんだよねぇ・・。
まず、あの足の開き方が甘い!
男の人って、膝が最大に開く、踵が外側を向く、つまりカエルのように足を開くと思うのよ。
でも、かなり控えめすぎて、かなりの物足りなさを感じちゃいました。
「時代劇みたいぃ〜!」っていう話し方もあんまり出てこないし、
もっともっと!!って思っちゃいました。

最初は、小梅とパパの関係の説明・・ってことで、
かなりパパが可哀相な描かれ方でしたね・・。
世のお父さん方は、少なからず「うんうん・・」と頷きながら見ていたのでしょうか。(涙)
さぁ、二人が入れ替わるときがやってきた・・ってことで、
ママの実家から二人で帰る途中大地震に巻き込まれちゃって、
そこで二人の中身が入れ替わっちゃったわけです。

小梅になっちゃったパパは、小梅の体で学校に、
パパになっちゃった小梅は、パパの体で会社にいくことになるんだけど、
ちょっと問題発言や「らしくない」ことをして、ちょっとした騒動になるものの、
結果として功を奏していく・・っていく流れなわけですな。

若者向けの香水を作る部署にいるパパ(小梅)は、きっと「女子高生」であることを生かしていくんでしょうね!

そして、もう一つ、二人の関係に大きく関わってくるのがママですね。
小梅(パパ)に、恋の話とかして気持ちを説明したり、
パパ(小梅)に、どれだけ娘を愛してるか知ってるよ・・って言ってあげたりすることで、
お互い知らなかったことを知っていくことになるようだし・・・

「パパとムスメの7日間」ってことで、「7日」経てば元に戻る・・ってことはタイトルが意味しているようですが、
それまでにいろんな出来事を二人で乗り越えていき、
最後はいい父娘の関係になっていく・・ってことなんでしょう。

ガッキーの更なる頑張りに期待したいとこですが、ま、可愛いからヨシとしますか?(笑)
舘さんにはもっと上乗せしていっていただいてもかまわないので、頑張っていただきたいです!

さぁ、次回は小梅の代わりに健太先輩とのデートに出かけたパパ・・・
何かほくそ笑んでましたよ?
何を企んでるんでしょーかっ!




◆ Story ◆ 一緒に乗っていた電車のアクシデントで身も心も入れ替わってしまった父と娘。女の子の体で学校に通うことになった父親が、娘のボーイフレンドとデートしたり、裸を見られたくない娘が、自分の体になった父親に、目をつぶってお風呂に入るよう命令したりするなど、笑いにあふれたドタバタ劇が繰り広げられる。
◆ 期待度 ◆ この作家さんの小説は大好きで、この作品も既読なんですけど詳細は忘れかけてる・・。(汗)どういうふうな感じになるか楽しみです。舘さんのギャル・・・・想像したくないっ!(笑)