□ 木曜 21:00〜  TBS       □ 公式HP・・・  
□ 脚本・・西荻弓絵
□ 演出・・吉田秋生 ほか □ P・・植田博樹

主題歌

CLAP & LOVE
絢香

CLAP & LOVE / Why (初回盤) 地獄の沙汰もヨメ次第
サウンドトラック
商品の詳細
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
橘(森福)真琴
森福千代子
橘深雪
森福三四郎
森福みちる
池之端
小森紗江
篠塚雅美
大塚翔子
城之内竜太
森福小百合
森福大三郎












江角マキコ
野際陽子
野際陽子
沢村一樹
片瀬那奈
金田明夫
白石美帆
青田典子
紫吹淳
佐野史郎
浅田美代子
伊東四朗
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
おむすびカフェ社長 40歳
三四郎の母 良妻賢母 68歳
真琴の母 ミステリー作家 60歳
会社員 真琴の夫 37歳
小百合の娘 22歳
華道家 48歳
真琴の秘書 25歳
真琴のフラダンス仲間 38歳
真琴のフラダンス仲間 40歳
深雪のアシスタント 49歳
三四郎の姉 バツイチの派遣社員
三四郎の父 69歳
◆ レビュー ◆
◇ # ◇  「愛と滝行の日々」  2007.07.12.  

完璧に「レビューを書くから・・・・」っていう義務で
何とか最後まで見ました。
ふぅ〜・・・・「滝行」並みにしんどかったかも。(笑)(←したことないけど)

自分の姑に言われた「森福家の女心得」を真琴に押し付けるなんて、時代錯誤もいいとこ!
考えも感覚も違う嫁をもらうとわかってたくせに、
いちいち自分の考えを押し付ける千代子にウンザリ。
そして、NY支店のために・・・と池之端が絡むと何かと断れない・・っていうオチも飽きた。(笑)
江角さんのあんまり滑舌のよくない長ゼリフも、聞いててあまり耳障りのいいものではないし・・

とにかく、もう無理です。
これでリタイアいたします!
さようなりぃ〜!!


◇ # ◇  「嫁姑七転八倒」  2007.07.05.  初回60分SP

おや?ん?あり?と、どっかで見たことある場面が多々・・。(汗)
まず、TBSで野際さん、伊東さん、佐野さん・・とくれば、「ダブルキッチン」ですよね。
どうせこんだけ集めたんなら、小姑役は是非横山めぐみさんでお願いしたかった。(笑)
それと、設定は最近で言うと「エラいところに嫁いでしまった!」に似てるわけで、
目新しさがないにもほどがある・・って感じです。(滝汗)
ま、想像通りでしたけど♪


だいたいさ、なんで東京でバリバリ仕事して生活している女社長がよ、
結婚するからって夫の家に同居するわけ?
あの流れだと、「同居はしません」で済んだ話じゃん?

そんな甘い先の読み方で、事業が成功するとは思えないぞ・・・?(笑)
ま、同居しないと話は始まらないわけだがね。

基本的に日本の「和」を重んじる姑・千代子のせいで、
せっかくの新居は和室に神棚&床の間ってことにされ、とんでもねぇ!と思う真琴だけど、
NY出店に欠かせない重要人物が姑と知り合いだった・・ってことで、
千代子のいうことに反論できなくなっちゃった真琴は、結婚式まで和にさせられて・・・

でもさ、NYに出店しちまえばこっちもんじゃない?
姑に文句も言えないとか歯向かえないような大人しい嫁でもないようだし、
これからは真琴の思い通りにやろうと思えばできるんじゃないか?って気もするしね。

最後の野際さんの三味線と江角さんのフラダンスは、
「ダブルキッチン」の「小太鼓」と「暖簾」そのままでしたね。
あのドラマから十数年・・・時代も女の生き方も変わってきたけど、嫁と姑の関係は変わらない・・と言いたいんすかね?(汗)
だったらさ、最初から「ダブルキッチン2」ってことにすればよかったんじゃないか?って気がするわね。

それにしても、夫・三四郎の存在感、全くナシですね。(汗)
それと、野際さんを二役にした意味が全然ないんですけど?
「見た目は似てるのに正反対ね・・」とかいう話も全然ないんだから、
別に他の女優さんでもよかったんじゃないの??
わからん・・



◆ Story ◆ 江角演じるキャリアウーマンと野際陽子扮する専業主婦の嫁姑バトルを描いたホームドラマ
◆ 期待度 ◆ まぁきっと、面白くなるとは思うんですけど、目新しさはないかなぁ・・・って気はしますね。。野際さんの二役は気になりますけど。