医龍
Team Medical Dragon2

□ 木曜 22:00〜  フジテレビ       □ 公式HP・・・    □ 前作レビュー・・・
□ 脚本・・林宏司 □ 演出・・水田成英 ほか □ P・・長部聡介

主題歌

ONE
AI

「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック
医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX
前作DVD-BOX
医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX
DVD-BOX
原案
医龍Team Medical Dragon (1) ビッグコミックス―BIG COMIC SUPERIOR
乃木坂 太郎
◆ 出演者 ◆
朝田龍太郎
片岡一美
伊集院登
小高七海
霧島軍司
荒瀬門次
里原ミキ
木原毅彦
藤吉圭介
松平幸太朗
外山誠二
鬼頭笙子
野口賢雄












坂口憲二
内田有紀
小池徹平
大塚寧々
北村一輝
阿部サダヲ
水川あさみ
池田鉄洋
佐々木蔵之介
佐藤二朗
高橋一生
夏木マリ
岸部一徳
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・ ・・・
・・・
明真大学胸部心臓外科医
医療ジャーナリスト
明真大学胸部心臓外科医
北洋大学麻酔医
コロンビア大学客員教授
明真大学麻酔医
明真大学胸部心臓外科看護師
明真大学胸部心臓外科医
明真大学循環器内科医
北洋大学外科医
北洋大学消化器外科医
シカゴ大学名誉教授
明真大学リスクマネージメント部長
◆ レビュー ◆
◇ LAST.KARTE ◇  「運命の4時間!!最後の手術」  最終回69分SP  2007.12.20.

なんかちょっと、難しすぎて、医療的に途中からついていけなくなった・・。(汗)
一昔前に看護師をやってた私ですが、もうすっかり置いていかれたのね・・と実感。(涙)

それにしても、心・肝同時移植するなんて、医師免許剥奪!っていう話はいずこへ・・?
途中からオペの様子を見ていた人たちもさ、
「それやっちゃヤバイだろ!」とかじゃなくて、
「できるわけないじゃん」「無理だよ・・」って、「やってもいい」っていう前提で見てるじゃん?
なんだかなぁ・・・
前回終わりを盛り上げるためだけのネタだったってことかよ・・。

伊集院くん、ドナー心が入ったクーラーバッグ、振り回すわ、落とすわで、
あたいはもう、ドナー心がちゃんと明真に届くか?っていう以前の問題な気がして仕方なかったわよ。(汗)

「ヘリを手配したわ!」って、めっちゃ迅速すぎて、なんかあっけにとられちゃったし・・・
序盤から突っ込みどころ満載でございました。(笑)

患者の胸を開けてみたら、べっちょりと癒着しまくってやがって、
こりゃ剥離できねぇだろ・・って思ったら、途中でやめちゃう朝田ちゃん。
みんなヤキモキしてるんだから、ドナー心が届くまでに説明してやれよ!ってなもんです。(笑)
全部剥離せずに、もともとの心臓も残し、ドナー心をおんぶさせる形で移植することにしたわけですが・・
あんな小さな体に心臓2個入れるなんざ、めっちゃは鳩胸になりそうなんですが?(笑)

無事に移植できたものの、ドナー心のタイムリミットギリギリだったため、うまく動いてくれないわけです。
異常が起こってるところを触診で見つけた神の手・朝田ちゃんのおかげで、
今度こそ無事に終了・・・
はぁ・・・緊迫感ありますけど、神の領域すぎて、なんか「へぇ・・・・」って引き気味で見ちゃいました。(汗)

ドナー心を譲らざるを得なくなった山野会長ですが・・
霧島が持ってきた人工心臓のオペを鬼頭が成功させてて、無事だったみたいですね。
あっちこっちで、めでたしめでたし・・

あとは、悪魔・野口ですが・・・
何とか片岡がオペをやめさせないように働きかけてて、
この同時移植を自分の手柄に出来ちゃう!と思った野口は・・「れっつ・ぱぁてぃ♪」とるるるん状態。(笑)
アンタが最後に笑って終わっちゃ、爽快感に欠けますので、
どうにかなりやがれ・・・と思ったら!
善田院長、やってくれましたよ!
パーティの場で野口の不正を暴いちゃった!
このせいで、せっかくの融資話もチャラになり・・・あとは片岡がいただき!っていうオチでした。
うぃんうぃん・・・・ですな。

で、野口ちゃん、海外で悲惨な目にあってましたけど、どうしましたん?
「のぉぉぉぉぉぉ〜!」という叫びが、切なくも面白かったですけど・・。(笑)
朝田もさ、「あなたはどうするの?」っていう片岡の質問に、「このチームは最高のチームだ・・」って
答えになってねぇしっ!!

どこ行ったんだよ!
アメリカの病院で働く・・・ってことか?
待ってた白衣の人物は誰だよ!
加藤ちゃん・・・?

とにかく、いろんな意味で、まだまだ続きがありそうな、そんな最終回でございました。




 ■ 総評 ■

やっぱり朝田ちゃんはすごいってことに尽きますね。
これだけの才能と技術があれば、「白い巨塔」の財前のように権力まで欲してもおかしくないんだけど、
患者最優先の、まさに「神様」のような医者でございます。
こんな医者、海外流出はもったいないので、
是非日本で腕をふるってもらいたいもんですが。(笑)
相変わらず野口の気持ち悪さを一徳さんが好演してましたね。
新しいチームドラゴンもそれぞれのキャラがたってて良かったんですが、
やっぱり、私は旧チームドラゴンの方が好きです・・
是非、加藤ちゃんを再び登場させて、連ドラか映画化していただきたいもんですな。



◇ KARTE: ◇  「総力戦!!運命の心臓移植」   2007.12.13.

どんだけぇ〜!!(笑)
いったい、どこまで障害を増やすんだよ、このドラマは!


朝田たちの明真への復帰は、雄太のオペが成功したら・・・と前言を翻しやがった野口。
どうせ成功するはずない・・・って思い込んでるわけだよ。
相変わらず汚いぜぃ。

心臓移植実施施設認可後、第1号の心臓移植患者・山野会長のオペを鬼頭が担当することになり、
学んで来いと伊集院は鬼頭チームに入るわけだけど、
そんなとき、ドナーが見つかったと知らせが入り、山野会長のオペが始まりました。
伊集院は新潟まで心臓を取りにいくんだけど・・・
なんと、山野会長のオペで途中で中止せざるを得なくなって、
移植心臓は宙ぶらりん・・・

次なるレシピエントは・・・雄太でした。
肝硬変を発症し、母親からの生体肝移植中に知らせを受ける朝田。
肝疾患を持つ患者は心臓移植をしてはいけないという規定があるにも関わらず、
患者を救えるのなら・・・と決意する朝田。

チームも朝田に賛同し、いざ、心肝同時移植が始まる!ってわけですよ。

しかぁし!難関が二つ!
野口です。
こんなオペが成功するなんて、許されないと考える野口は、何としても心臓を到着させないだろうと木原が予測。
何とかして野口にこの緊急オペを知られないようにしないと!!
それは片岡が何とかしてくれそうだけど・・・

もう一つの問題が!
移植心臓を運んでる伊集院が乗った救急車の前で、事故が起こってました!
ドラム缶、転がってましたけど、まさか爆発しちゃう??
伊集院、新潟から走って持ってくる??(笑)
どうなるんだろーっ!

朝田の医師免許剥奪も気になるし、
オペの行方も気になるし、
来週は69分SPになるみたいだけど、それだけにおさまるかしら?不安・・・。

予告で霧島が映ってましたね!
久しぶりに登場ですか!
・・・やっぱり、加藤ちゃんは登場しないのね・・。(涙)


◇ KARTE: ◇  「余命2ケ月!!奇跡の手術」  2007.12.06.

まぁね、コイツがそんなに簡単にいいやつになるなんて、思ってなかったよ。
だいたいさ、改心したかのように涙してる時点で怪しいじゃんか!

片岡ちゃん、甘いねぇ・・・

狭心症の発作で倒れた野口だけど、
数日後に迫ったサイトビジットを成功させないと死んでも死にきれないらしく、
「自分を救える医師は世界に1人しかいない・・」と善田のところに向かいました。
直接朝田に頼まないところが、意地っ張りっつーか、策士っつーか・・。

野口の演技を見抜いていたのかどうかは知りませんが、
朝田は野口のオペを執刀することにしました。
患者であることに変わりはない・・・なんて、なんとも達観したお方でございます。
チームのみんなも、賛同してオペに臨むんだけど・・

伊集院問題はもっと引きずるかと思ったら、あっけなかったですね。
松平先生の、「天才じゃないけど、凡人がいてこそ・・ってこともあるんだぜ」っていう説得で、
伊集院のサブ人生が始まっちゃったようです。
でもなぁ・・・サブにするにはもったいないと思うので、
別にここで「お前は支える立場だ」って決め付けなくてもいいじゃないかなぁ・・って気はするけどね。


数日後のサイトビジットを成功させることが患者(野口)のQOLだと判断した朝田は、
極力患者の負担が少ないオペをすることに・・
このチームにかかれば、そういう難しいオペもこなしてしまっちゃったようで、
数日後にはすっかり回復の野口ちゃん。
オペ前に、片岡に「他の投資会社はあなたの健康状態を知ってるから契約しないと思いますよ?」と挑発され、
このオペを北洋で行う条件として、幼児の心臓移植を明真で行うことと、
その後朝田のチームを明真に戻すことと、投資はウチの会社から・・って約束をすることにあんったんだけど、
あっはっは、それ、何?っては話ですよ。
オペしちゃったもん勝ちみたいな?
喉元過ぎれば暑さ忘れる・・・って、小高の麻酔くらい早いじゃないか!(笑)

余命2ヶ月の小さな命を救う手術は次回へと持ち越しのようですね。
しかし、こりゃまた病気がてんこ盛りの患者ちゃんだわ・・・
「医師免許剥奪」騒ぎにまで発展しちゃうの?
ま、朝田なら、目の前の命が救えるなら、それさえも厭わないかもしれないけどね・・・。


◇ KARTE: ◇  「絶対に許せない麻酔医!!」   2007.11.29.  

意外な展開が多くて、あっという間の一時間でした!
それに、泣けたしね・・・・(涙)

あたしゃてっきり、黒田智樹(本郷奏多)のオペを失敗して、
それで小高はオペに参加できなくなってるのかと思ったら、違ったのね。
小高は智樹の母親だったんだ。
若くして智樹を生んで、仕事を続けていた小高は、智樹の誕生日に緊急オペに入ってしまい、
その日、ぜんそくの重積発作で倒れていた智樹は、運ばれた病院の麻酔医のミスで
下半身不随になってしまって、小高はそれ以来、オペに参加できなくなってたわけだ・・

その智樹が今度は冠動脈瘤のオペで朝田を頼って北洋へ・・・
そこで智樹の父・つまり元夫の黒田俊彦(野村宏伸)と再会しちゃうわけだ・・・
「絶対にアイツをオペに参加させるな」という黒田。
智樹にも拒否されてると思ってる小高は、ただ見つめるしかなくて・・・

ま、そうはいいつつ、小高と智樹が感動の仲直り・・っていう流れになるんだろうとは思ってましたが、
そこに真ん中分け・・もとい、伊集院の話をからめてくるとは!

外山のレベルの高さを目の当たりにして、すっかり自信をなくしちゃったみたいね。
順調にチーム作りが進んでると思ったのに、ここにきて伊集院が悩みの沼にハマってしまうとはねぇ・・・
今後、これがどう影響してくるのかしら・・?

智樹のオペは、こりゃまた未熟な麻酔医のせいで命の危険に!
見学室から見ていた小高は、たまらずオペ室へ・・
止める元夫に、憎まれてもいい、生きてるだけでいい・・って訴えるのさ。
そうよ、そうよ!生きていればこそだもんね!
・・・でも、オペ室全体の入り口と、個別のオペ室の扉が同時に開くとは・・・なんて衛生環境が悪いオペ室だ・・。(笑)

「小高がいたからオペはうまくいった」と朝田は智樹の病室で話します。
黒田は、小高を智樹の母親として認めてくれたようで、
久しぶりの母子対面です!
ここまでほとんどセリフのなかった智樹が、握りしめたチョコを母に渡すわけよ。
小さい頃、母と父に内緒でこっそり食べてたチョコ・・・
智樹を失って、ずっと戒めのように食べ続けていたチョコの呪縛から解放されるときがきたんだね・・・
なんかさ、そのシーンが泣けてきてさぁ・・・
智樹が「お父さんには内緒だけど・・・」って言いながら笑うのさ。
ボロボロ泣けちゃったわよ・・・(涙)


さぁ、小高が加わり、チームは磐石・・・でもないわけですが、
さらに急展開!
なんと、クルクル野口がぶっ倒れた!!

こいつ・・・あんだけ朝田を邪険にしてたくせに、自分がいざ病になると、
確実に救ってくれそうな朝田にすがるわけだね!
汚いヤツだ・・・
北洋の院長と一美が手を組みそうな感じになってきたし、
患者ではなく、名声やお金に執着しまくる野口に反発を感じてそうな鬼頭の表情も見えてたし、
こりゃ、ますます目が離せなくなってきましたね!


◇ KARTE: ◇  「復活!!スーパードクター」   2007.11.22.  

おやおや、ちょっと流れが変わってきましたよ・・?
北洋の評判が上がり、ちっとも自分の思い通りにいかない野口ちゃんは、
それを片岡ちゃんのせいにしたみたいで、投資パートナーを乗り換えちゃったらしい!
ってことは、こりゃ片岡ちゃんもチームドラゴンの仲間入りの可能性が見えてきたわけで・・・
それと、使えない医者の掃き溜めになっちゃった北洋の外科が、
いつしか素晴らしいチームになっていく姿を目の当たりにした院長が目覚めた!!
「野口・・・」といきなり呼び捨て!
そっかそっか、昔からこの爬虫類野口をご存知だったんですね!
「オレが明真を潰す!」ときた!!
ほほぉ・・・こりゃ、完全に北洋が立ちなおっていく構図が見えてきましたぞ!


さて、今回はアル中消化器外科医・松平のお話。
医療ミスでアル中になっちまったかと思ったら、
なんと、出世欲にまみれて、論文データの改竄をしまくり、それがバレて教授に大目玉をくらい、
助かる見込みのない患者のオペ、いわゆる”敗戦処理”担当になっちまって、
それ以来アル中になってメスを握れなくなったらしいのさ・・
うぅ〜む・・・・自業自得な気も・・・(汗)

人を救いたくて医者になり、人を救えて嬉しくなって、いつしか初心を忘れて上を目指してしまった松平。
挫折を乗り越えられずにいた松平を救ったのは、まだ医者だった頃にオペをした親子でした。
生体肝移植をした親子の母親が、食道がんを患い早々にオペをしなくては・・っていう状態だったんだけど、
自信をなくした松平は尻込みするばかり・・・
そんなとき、その母親(高橋ひとみ)が大量吐血を!
ガンが動脈を損傷しちゃったらしいのさ。
そのリペアは朝田たちがするんだけど、ガン摘出は消化器外科医の仕事なわけで・・・

ま、戻ってくると思ってましたけどね。(笑)
でもさ、最初からオペ室にいないで、後からカッコよく登場って・・・ダメですやん?
娘・香奈(川島海荷)もさ、嬉しそうにしちゃダメでしょ。
「何やってたの、先生!!」って怒らないと!(笑)


ま、そんなこんなでガン摘出は無事にすんだものの、肝臓にガンを発見しちゃった松平。
ったく・・・ここにくる患者は毎度毎度どんだけ複雑やねんっちゅー話。(笑)
それが転移なら、諦めざるを得ない状態なんだけど、これは別のガンだと診断し摘出する松平。
まだまだ医者としての能力は失ってなかったようですな。

さぁ、これで松平も仲間入り・・
・・・でも、今後胸部心臓外科に消化器外科医の出番があるのか・・?って不安にもなりますが。(笑)

そのころ小高は誰かを待っていましたが、それが次回の話みたいね。
この人がいなくても、明真から荒瀬がきてくれるなら、それでいいような気もしなくはないんだけど・・・(汗)
ってか、そっちのほうが私としては嬉しいんだけどなぁ・・・。
・・・で、ミキさんは一体何をしてるんでしょうか?
「おいしいごはん」を食べるのに忙しいのかしらね?(笑)



◇ KARTE: ◇  「もう1人の天才外科医…」   2007.11.15.  

わかりやすいくらいのコンプレックスの塊だった外山が、
わかりやすいくらいの展開でチーム入りしましたね。

ただ、私は外山は口ばかりの医者だと思ってたけど、そうではなかったようで、
これからチームの一員として強い味方になるってことですわな。
しかし・・・あの手術姿勢はありえねぇくらいに低すぎると思うんですが?(笑)

朝田が弁置換術をする・・というとき、休刊で運ばれてきた患者を外山が執刀・・
朝田の執刀を希望していた患者だけど、結果的に外山のほうが手術時間が早く、
すっかり天狗様の外山・・
ま、この時点で、きっと何かしでかしてるだろう・・ってのはわかったけどね。

手術を速さや技術でしか計っていなかった外山にとって、
この患者・五代さん(草村礼子)との出会いは大きかったようですね。
いつしか自分の本心を話していて、五代さんから「人間は一人では何も出来ない」って聞かされたんだもん・・。
その言葉を、身をもって外山に教えてくれることになった五代さんでございます。

大雨で停電になった病院・・・そのとき、五代さんが心停止に!
原因は、外山の手術ミス・・。
再弁置換術をしなくてはいけない・・って状況に、わかりやすいくらいにオロオロしちゃう外山。(笑)
そのとき、救いの神・朝田の登場!!・・・と思ったら!
なんと、朝田は暗闇で子供を救おうとして手に怪我しちゃってたのさ!
代わりにオペなんてできない・・・「お前の患者だろ!」と言われ、外山は無事にオペを成功させるんだけど・・

ちゃんと五代さんの言葉を聞いていた外山は、
胸の痛みを訴えていたことを思い出し、冠動脈の狭窄も見つけちゃったのさ!
非常用電源も落ちた中で、バイパス手術まで行っちゃった外山・・・
周りのみんなが支えてくれ励ましてくれたおかげでございました・・。

「オレをチームに入れろ、きっと執刀医を譲りたくなる・・・」
改心してもデカイ態度だぜ!(笑)
ま、それでこそ外山・・だけどね。

患者の前でちゃんと土下座して謝ってたし、人間としてはちゃんと変わったってことかな?

さぁ、次回は松平(佐藤二朗)ですね。
スーパードクターの目が覚めるんでしょう!
そしてその次が小高かな?


◇ KARTE: ◇  「決行!!運命の無輸血手術」   2007.11.08.  

いやはや・・・朝田のオペ技術もすごいけど、
その若さであんなにボロボロな心臓もすごい。(汗)

それに無輸血で40分であれだけのオペをやっちまうなんて、ドラマですなぁ・・・

伊集院は、貴重な血液探しに奔走するんだけど、
すっかり人のいいヤツになっちゃってる木原が、野口が止めたにもかかわらずお手伝い!
でも、見つからないのさ、バーディーバーの血液の持ち主さんがよ!
そんな中でも、諦めることをしない朝田は、想像以上に状態の悪い美羽の心臓と格闘しておりました・・。
血液ナシで人工心肺を回すなんてとんでもないわけですが、
なんと、血液を希釈するという荒業に!
「ボクには無理です・・・」と尻込みする野村に、「オレたちはチームだ、一人じゃない・・・」って語りかけるのよ。
そんなことしてる間に、貴重な残り時間が刻々と!とヒヤヒヤしたのは、私だけではあるまい・・。(笑)

一美は、このオペが成功するためには、MEの野村だけでは無理とふんで、小高を説得。
ま、大前提として、権力者である恩田の信頼を勝ち得ることが大事だったとしても、
この人のどこかに、心から美羽を助けてあげたい・・・って言う気持ちがあるって信じたいですね。
野口も、それをちょっと疑ってたみたいだし・・。

そして手術は進行していくわけだけど・・・
ま、必死の手術シーンですからセリフはないわけですよ、
でもさ、ちょっとBGMが大きすぎ!!
特に小高のセリフなんて毎回聞き取りにくくて困っちまうぜぃ!

無事に手術を終えた朝田たち・・
ガックリのうな垂れる野口の前に、「すみません!」と頭を下げる木原ちゃん・・
この木原が血液探しに関わっていたことで、野口ちゃん、復活!!
明真への手助けをやめようとしていた恩田に、「実はウチの医師の木原がやりました」とぬけぬけと!
そして一美もそれに乗っかっちゃいましたよ。
いやはや、恐ろしいヤツらだぜぃ・・。

美羽の回復ぶりも恐るべきですが、そこはつっこまないでおこう・・・。(笑)

恐ろしいといえば、一美はさらに根回しを・・・
美羽が騒ぎ立てないように、父親である恩田との仲まで取り持っちゃって!
あんなウソついちゃって大丈夫かぁ?
ちゃんと恩田と口裏合わせてないと、更に親子仲が危うくなっちゃうんだからね!

さて・・・MEの野村はチーム入りを無事に果たしたようですが、
次回は外山かな?
そして荒瀬は小高へアプローチしていくみたいね。
もっと荒瀬とミキに出番をください!!(笑)


◇ KARTE: ◇  「絶対殺せない患者」  2007.11.01.

今回は次回との「前後編」って感じですね。
そのせいか、若干間延びした感じ・・・。
それに、朝田が「チーム」「チーム」っていうたびに、なんかちょっと居心地悪くなっちゃうんだよなぁ・・・
そういうことを、言葉ではなく態度で示す・・・っていう男だったような気がするんだけどなぁ・・。

ま、チームドラゴンとの出会いで変わった・・ってことなんだろうけど。

北洋に虫垂炎で入院してきた子の友達である美羽(黒川智花)が心臓に病を抱えていると
胸を触っただけでわかった小高は、それをそっと朝田に告げるわけだよ。
やっぱりこの人、かなりの腕の持ち主らしい・・・
でも、荒瀬が「オレ以上」っていうくらいの曲者らしいので、
攻略するのは大変そうですが・・・。


美羽のオペをすることにした朝田たちだけど、
実は美羽は元厚生労働大臣、恩田哲三議員(竜雷太)の隠し子だったのよ。
それを知った野口たちは、美羽を明真に入院させて恩田に恩を売ろうとするんだけど・・・
なんと美羽の血液はかなり稀少なタイプで、オペになったら輸血ができないことが発覚したわけ。
自己血輸血のためにオペも先延ばしになっちゃって、
野口にしてみたら、とんだババを引いちゃった・・・ってことで、
それを愚痴ってるところを美羽が聞いちゃったのよね。

最初から、患者を助けたいという朝田の気持ちを感じ取っていた美羽は、
北洋で手術してもらいたい・・・と明真を抜け出して歩いて北洋まできちゃったもんだから、
その場で倒れ、大動脈乖離が起こってしまった・・
緊急オペをしなくちゃいえkない状況だけど、輸血ナシでオペができるのか?ってとこで続く・・・でやんす。
さぁ朝田ちゃん、成功できるのか?
まだチームとして成り立ってないやつらをどう扱うんでしょうかね・・?

でも、これで美羽のオペに成功すれば、恩田は北洋サイドについてくれる・・・かな?

気になるのは、内田有紀ちゃんのセリフなんだよね・・・
どうもセリフの区切りがおかしいように思うのよ。
そこで区切らず一気に話すべきと思えるシーンが多々あって、どうもイライラしちゃうんだよなぁ・・・
重要な役だけにもったいない・・・。(汗)

それにしても、明真にまたイヤなヤツが登場しましたねぇ〜!
基本的に、大鶴義丹さんの声が私はダメなんですよ。(汗)
なので、あの声で嫌味をちくちく言いやがるとこは、こっちまで拳をぐーっ!と握っちゃった!(笑)
ぎゃふんといわせてやりたいわ、あの男!

MEの野村くん(中村靖日)、目覚めろぉ〜!負けるなぁ〜!!


◇ KARTE: ◇  「その手術は失敗する」  2007.10.25.

まさか、西沢さんの心臓の病気の原因がガーゼの置き忘れとは・・・
しかも、その手術の執刀医は「山本」という医師ではなく、
カルテが改竄されていて、執刀医は野口だった・・・
いやはや、驚きでやんす。
だから、西沢さんに過剰に反応してたのね、野口のヤツ!
「その手術は失敗する・・」って断言しやがるから、何で?と思ったら、
ずっと前から西沢さんの体の中にカーゼを置き忘れているって知ってたわけでしょ?
口止めされてるとはいえ、たくさんの人間がその事実を知っておきながら、
黙って見過ごしていたとは・・
ほんと、怖いよ、この人たち・・・
人間の命を何だと思ってやがんだ!


そしてこの事実を西沢さんに伝えようとした藤吉や朝田ですが・・
一美が先手を打ってました。
治療費全額こちらで負担、そしてお見舞金の200万を・・ってことらしい。
金さえちらつかせれば、裁判なんて面倒なことをするわけがないっていう単純な考えよ。
人間ね、そんな単純じゃないんだよ!

西沢さんには、認知症が進んでる奥さんを放っておけない事情があるんだよ!
お金がほしくて裁判しないんじゃないんだ!
最後にお金をつき返したときは、こっちもスッキリしたぜぃ!
・・・・治療費は全部払ってもらって当然なので、そこは受け取ったんだよね♪

意外にも朝田がヒューマニストになってましたね。
ここまで明らかに「命の大切さ」を重要視するスタンスになるとは思ってなかったので意外でした。
一美や野口、そして戻ってきた鬼頭との違いを明確にする必要があるんだろうけどね。
でも、前作のような神々しい感じはなくなってる気がしますね・・・。

それにしても、恐ろしい新メンバーたちですなぁ・・・
荒瀬は「マイナスとマイナスだと、プラスになる」って言ってたけど、
ほんと、マイナス度がデカすぎるだけに、プラスに転じたらすごく大きな力になりそうね・・・
でも、そこまでの道のりが大変そうだ・・。(笑)


麻酔医の小高は何か理由があって無気力な感じになってるんだろうけど、
あの外科医の外山(高橋一生)は気質の問題だから心配だわぁ〜!
自分の能力を過信しすぎてるし、自分中心で世界が回ってるような男だから、
きっと思い切り鼻っ柱をへし折ってやらんとダメだな!
そして、パソコンとしか会話しない野村技師と、まだまだ不明な松平医師・・
ちょうど4人なんで、マイナル×マイナス×マイナス×マイナス=プラスってことでいいんですかね?(笑)

荒瀬とミキは、明真とのスパイみたい役目になっちゃうのかな?
鬼頭チーム対朝田チームみたいになって、敵対せざるを得ない状況にならないと良いけどなぁ・・。(涙)


◇ KARTE: ◇  「捨てられる患者」  2007.10.18.

引越し準備をしていたので、正直あんまり真剣に見られませんでした・・・。
ちょっと残念・・。(涙)

完全に原作とは違った流れになってくるとは知ってましたけど、
まさか、こんなふうに分裂させるとは・・・。
でも、私は原作の展開より、このドラマの展開のほうが好きかもです!(笑)

北洋から有能な医師を明真に移し、北洋は姥捨て山状態に・・・
一美は朝田を危険視していて、北洋に移すべきと考えるんだけど、
野口は、朝田を手放す気はなかったんだよね。
でも、お金重視、経営が一番!の野口の考えに、朝田はのってこないわけだよ。
それでも朝田の腕を手放せない・・と思ってた野口・・

そこに、西沢という患者がやってきて、いろいろと騒動になるわけです。
(すんません、あらかた見てましたが、何となくしか見てないので、詳細はスルーいたします。)
クレイマーだと決め付ける伊集院に、藤吉は、「決めつけるな」と診察し、本当に問題を見つけるわけよ。
明真でやった手術の再手術が必要となり、朝田は実行しようとするも、野口がそれを許可しない・・
自分がこれから作るメディカルシティに朝田の腕が必要だと言ってたくせに、
なんで急に態度を変えたのか・・?
それは、一美が「朝田に代わる医師を連れてきたら・・?」と提案してたからさ!

そして朝田は、藤吉・伊集院とともに、北洋へと追いやられます。
ミキと荒瀬とは引き離された・・・そう、チーム・ドラゴンの崩壊です!

どうなっちゃうでしょーっ!

これからは、北洋でのシーンがメインとなるわけかな?
朝田たちとこれから働くことになる、「あまり使えそうもない」数人の医師との関係が気になるところですが・・・
イマイチ、パンチの効いてないメンバーですな。(汗)
そこにミキと荒瀬がどう絡んでくるか・・
一美が呼び寄せた「朝田の代わりになりうる」医師とは誰か・・・
予告で鬼頭先生が映ってたので、彼女かな・・?
霧島はもう出てこないのかしらね?


◇ KARTE: ◇  「復活!!チームドラゴン!!母の命か胎児の命か…
  余命2カ月の心臓病患者は妊娠7カ月!!絶対子供はあきらめない!!
  運命の緊急手術が始まる」    初回138分SP  2007.10.11.   

2時間18分スペシャルって・・・・きっとグダグダになるに違いない・・・
そう思っておりましたが、とんでもない!最後まで息つく間もないくらいの緊張感でしたね!
最後の最後でそうもってくるとは・・
ふぅ・・・・初回でこんなにハードルあげて、次回から大丈夫かなぁ・・?(笑)

チーム・バチスタ解散後、明真には伊集院とミキ、そして気の抜けた荒瀬だけが残ってて、
加藤ちゃんは外国の大学へ、朝田も海外で仕事し、藤吉は福岡の病院で・・ってことになってたわけだ。
そこに、みんなのところへ「バチスタ集合」というメールが・・
一体誰が出したんだ・・?ってのは、最後の最後にわかりましたけど。

明真にまず戻ってきたのは、チルチル頭になった野口でした。(笑)
タイから戻ってきましたよ、経営不振に陥った明真を救うために。
そして、朝田も戻ってきたんだけど、その戻り方が派手でしたねぇ〜!
病院の前でひき逃げされた片岡一美の緊急手術を無事に成功させたのよ。
あの状態で、よく助かったな・・と感心しきりでございます。

その朝田を歓迎する野口・・・こいつ、今回は朝田を利用しようと考えてるみたいよ。
公開手術をするから引き受けろというんだけど、朝田はお断りです。
でも、そんな朝田のところへ、藤吉が難題を持ってきちゃったから大変・・
妊娠7ヶ月の拡張型心筋症の患者のオペの話です。
余命2ヶ月といわれた患者・富樫ゆかりは、長い不妊治療の末に恵まれた子供を諦められないと、
どうにか助けてほしいと頼んでるらしいのさ。
いや・・・無理だろぉ・・・?
全身麻酔下で行わねばならないバチスタ手術だもん、子供がお腹にいちゃぁねぇ・・・

ところがさすが朝田、諦めません!
赤ちゃんが外に出ても大丈夫な時期、そしてゆかりが耐えられる時期のギリギリを計り、
妊娠36週でのオペをすることにしたわけ。
まずは帝王切開で赤ちゃんを取り出し、その後バチスタ・・
うん、コイツらなら出来るかも?って思えたのに・・・

なんと、公開手術の前日に急変しちゃって、同時にオペいなくちゃ危険ってことになったのよ!
そして朝田のとった行動は・・
まずは公開手術をし、45分後に戻る!というもの・・
んなアホな!と思ったら、ちゃんと準備してましたよぉ・・
コロンビア大学に行ってた霧島に頼んで帰国してもらって、バトンタッチの準備をしてたのよ!
霧島にとっては、派手な舞台を引き継げるってんで、嬉しかろうさ・・。
おいおい、朝田ちゃん!と文句を言ってた野口も、最初から予定通り♪ってノリノリだったしね。(笑)


そして朝田はゆかりの待つ北洋病院へ急ぎ、オペ開始・・
アンタ、帝王切開もできるのね・・・あ、そっか、国境なき医師団だもんね。
赤ちゃんを取り出し、さぁバチスタ・・と思ったら、なんと、その赤ちゃんに先天性の心臓疾患が見つかったのよ!
おいおい・・・・どんだけ盛りだくさんやねん・・・(汗)

赤ちゃんの緊急オペを朝田が、ゆかりのバチスタは伊集院が引き継いで行うことに・・・
でも、赤ちゃんのそのオペの経験が朝田にはなくて、その道のスペシャリストである鬼頭の指示を仰ぐことに!
そうです、鬼頭センセも公開手術に合わせて帰国してたんですよ、シカゴから!
いやぁ・・これだけの面々が揃っててよかったねぇ〜!

移動しながら携帯で指示を出す鬼頭。
でも、それにも限界がありました・・
鬼頭が指示できる限界を超えていたのよ、赤ちゃんの状態は・・・
ここで諦めないのが朝田ちゃんです!
鬼頭の話を聞きつつ、自分の頭の中で新しいオペを模索していたのさ!
そして無事に3つの手術は成功・・・
ふぅ・・・こりゃ2時間かかるわな、描くのに・・。(笑)

よかったね♪って終わっちゃ、次に続きませんもん!
実は、これ、全部仕組まれていたことだったのさ・・

伊集院が気づいたのよ、一美の仕草を思い出して・・
外資系の人がよくやる仕草を一美がしていた・・と気づき、全部の点がつながったってわけよ。
「チームバチスタ集合」のメールも、藤吉のところにゆかりが診察に来たのも、反対する野口が受け入れたのも、
北洋病院とうまく手術できたのも、その後の報道の流れも、全部、一美の仕組んだこと・・
一美は外資系の会社の人間で、病院の乗っ取りをしてる人間なのね。
北洋病院のオーナーってのも、一美だったわけだ・・
ひき逃げも計画のうち?と驚いたけど、それはなかったね。(笑)
命を救ってもらったくせに、利用するという仕事はやめない・・・恐ろしい女ですよ、コイツは。


鬼頭も霧島も、みんないい人になっちゃってて、野口も「悪オーラ」が小さくなってたので、
悪役がいないのか・・?と思ったけど、そっか・・・一美だったか・・・
ノーマークだったぜぃ!
次回からは大塚寧々も出てくるみたいだけど、どう絡んでくるのかな?

2時間以上の話を書き連ねると、こうも長くなっちまうだぁねぇ・・・ふぅ・・疲れた。(笑)
あ、そうそう、荒瀬ったら、香さんと結婚して赤ちゃんまでできてたんだね!
よかったねぇ〜!
でも、アンタのお守りのせいで緊急オペになったのかもよ・・・?(笑)
それと、加藤ちゃんはもう全然出てこないのかな?
ここまでみんなが揃ったのに、あの人だけ出てこないってのも不自然な気がするんだよねぇ・・・

そこだけが残念でございました。



◆ Story ◆ 今作は原作を基にしたオリジナル脚本で、病院経営、産婦人科と小児科の閉鎖や地方の医師不足問題にメスを入れる。 ドラマを通して問題提起する内容になっている。
◆ 期待度 ◆ 登場人物キャストはほぼ同じですが、置かれている状況が原作とは違ってきてますね。稲森さんの代わりに内田有紀ちゃんが入ったってわけか・・・「パート2」って成功する可能性が・・・ねぇ?(汗)でも、やっぱり期待せずにはいられませんけども♪ BGMが結構好きだったので、前作そのままでお願いしたいですね。