□ 金曜 23:15〜  テレビ朝日       □ 公式HP・・・  
□ 脚本・・真柴あずさ ほか □ 演出・・片山修 ほか □ P・・中川慎子 ほか

主題歌

Destination Nowhere
ERIKA
タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付) 原作

モップガール
加藤実秋
◆ 出演者 ◆
長谷川桃子
大友将太郎
若山朗
大河内日奈
横内淳
中村環
片岡未樹
東重男
長谷川隆治









北川景子
谷原章介
高岡蒼甫
浅見れいな
マギー
渡辺夏菜
池津祥子
佐藤二朗
本田博太郎
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・ ・・・
・・・
葬儀屋「リトルエンジェルズ」特殊清掃課 21歳
葬儀屋「リトルエンジェルズ」特殊清掃課 35歳
葬儀屋「リトルエンジェルズ」営業 26歳
週刊誌編集部アルバイト 21歳
警部補
葬儀屋「リトルエンジェルズ」バイト 東の姪
葬儀屋「リトルエンジェルズ」経理 40歳
葬儀屋「リトルエンジェルズ」社長 38歳
桃子の父 病院長
◆ レビュー ◆
◇ EP: ◇  「桃子死す…さよなら大友さん!!」  最終回  2007.12.14.

何とも曖昧な最終回っつーか、
明らかに続編を意識した終わり方っつーか・・
で、大友の死んだ彼女と桃子の関係は明らかにならないのかしら?
うーん・・・・私としてはモヤモヤ感の残る終わり方だったなぁ・・・。

今回はカリスマホスト・新藤雪弥(阿部力)が殺される現場に居合わせた桃子までも
犯人にさされて瀕死の状態となり、
雪弥の娘・つららが、お守りを桃子の手に持たせたために、タイムリープ・・ってことでした。
今回は自分の命もかかってるだけに、もっと真剣に取り組まないと!!(笑)

最後まで外人ネタでつられた大友とともに事件を防ごうとし、
結局犯人は雪弥に入れあげていた女社長・堀込真土香(円城寺あや)でしたね。
二人とも刺される前に大友が駆けつけて、真土香は逮捕されるんだけど、
警官の手を逃れた真土香が雪弥に向かってきて、
それを桃子がかばい、それを大友がかばって、大友が刺され・・
ありゃりゃ、最後は大友の死??と思ったけど、
食い意地の張った大友がケチャップをポッケに入れていたため、
「ケチャップを出血と間違った・・」という、何ともベタなオチでした。(汗)

またいつもの日常に戻った桃子は、
再び死者の遺品に触れ・・ってところで終わりです。
つまり、桃子がタイムリープできるようになった理由の解明とかはナシですよ。
大友の彼女がどういう人物だったのかもわからんし、
桃子との関係も偶然だったのかどうかもわからんし、
なんか、スッキリしない終わり方でした・・。




 ■ 総評 ■

「トゥルー・コーリング」のパクリじゃん!と思って見ておりましたが、
これはこれで面白かったと思いますよ、私は。
キレイな顔した北川景子ちゃんが惜しげもなく変顔をしまくってましたし、
谷原さんとの掛け合いもなかなか面白かったですし。
テンポが良かったですよね。
続編が作られそうな感じですけど、
ワンパターンいならないように、いろんな工夫が必要になってくるでしょうね。



◇ EP: ◇  「余命1日…ヤクザの20年愛!約束の地へ」  2007.12.07.

いやぁ・・・今回は泣けたねぇ・・・
今回だけのメインの話も良かったけど、
今まで明らかにならなかった謎がようやく解けそうだ・・っていう最終回へのつながりがちゃんと出来てて、
オマケに笑わせるポイントも素晴らしく、一時間見入ってしまいました。


ヤクザ話はあんまり好きじゃないんだよねぇ・・って思ってたんだけど、
純愛のお話でした。
死期を悟ったヤクザの組長・北濱一刀(葛山信吾)が生前予約をしたことで桃子たちと関わるんだけど、
結局末期ガンであっけなく死んでしまった北濱。
思い残したことがあると知った桃子は、今回もタイムリープ・・・。

約束があった、それを守りたかったんだろうな・・と思った桃子は、
早速大友の力を借りて北濱を病院から連れ出すんだけど、
今回は朗まで巻き込んでましたね。
いや、お兄ちゃんまでも・・・
その巻き込まれる流れも、「あら、あらら、あららららぁ〜!」って感じが見事で、
すごくテンポが良かったと思います


北濱は若い頃、桜子(石田ひかり)という女性と駆け落ちをしようとしてたんだけど、
ケンカしてて遅れたせいで果たせず、10年後、20年後もここで待ってる!っていう桜子の言葉を頼りに生きてきたわけだ。
でも10年後はまた自分の都合でいけず・・
きっと、末期ガンにならなかったら、いまさら会いにいく勇気はなかったかもしれないねぇ・・・

スナイパーに追われていた北濱だけど・・・
あのスナイパー、凄腕ってことはないだろ?(笑)
すっとこどっこいさ加減に大笑いしちゃったわよ。


どうしても桜子に会わせてあげたい桃子は、大友とともに約束の場所に連れて行くんだけど、
そこに桜子はいない・・
でも、北濱には桜子の姿が見えてました・・
若かりし頃の桜子との約束を果たせた安堵の中、北濱は絶命・・
そして遅れて桜子がやってきて・・・
なんだよぉ〜!
せっかくだから会わせてあげたかったじゃないのさぁ〜!
このやるせなさが、このドラマの一つの味だよね・・。


今回は、「救えないとわかってる人」のために動く桃子の回でした。
一味違った感じで、面白かったと思います。
「ひょっとこどっこい」にも笑えましたよ。(笑)
桃子のボキャブラリーがおかしいのが家系ってこともわかったしね。(笑)

桃子の父は大友に見覚えがあるらしい・・
どうやら、大友の死んだ彼女が関係してるみたいだけど・・
さぁ、最終回です。
最後は桃子の命が危機に?
どうなっちゃうんでしょうか?


◇ EP: ◇  「謎の変態作家集団!?殺意の宴へようこそ」   2007.11.30.  

どこまで崩れていくんだ、谷原さんと景子ちゃんは・・・。(笑)
レズ作家に言い寄られる桃子も大変そうだったけど、
そのあとの縄縛りされてる大友さんや、幼児プレイをさせられる桃子に比べたら、
普通に感じちゃうくらいだもん!(笑)

いやはや、そこだけでもお腹いっぱいな回でした。

恋愛小説家・早乙女愛二郎(加勢大周)が殺されてしまって、
また桃子は時間をさかのぼるわけですが・・・
文藝集団「博覧強記の会」の誰かが犯人じゃないかって大友と二人で探るわけですよ。
ま、この時点で、犯人は早乙女の恋人・柚原曜子(原史奈)だろう・・とは想像してましたが、
やっぱりそうでしたね。
正直、原史奈ちゃんの演技はいつもあんまり期待できないんだけど、
今回の最後の悪女の演技はなかなかだったんじゃないでしょうか?
悪魔の微笑みに、ちょいとぞくっとしちゃいましたよ。


なかなか面白い回でした。


◇ EP: ◇  「覗かれた!?女教師の秘密の保健室」  2007.11.23.

ほほほーっつ。
そっか・・・小さな桃子を救ってくれたあの女性は、大友の恋人だったみたいですね。

この頃の大友は外人好きのエロオヤジではなかったってことか?
恋人を失って違う趣味に走ってしまったか・・。(笑)
どうも、その恋人さん、何かを感じて「行かなくちゃ」とあの日出て行ったみたいだよね?
特殊な能力を持ってたのかしら?
それを大友は知ってたのかな?
そして、恋人が救った女の子=桃子ってことを知ってるのかしら・・・?
これは、ちょこっとずつ最終回までに明かしていくネタになりそうですね。

さて、今回はイヤな女子高生の話。
有望台高校のイケメン3人組"トリプルスター"の一番人気・尾関ヒカル(山口翔悟)の彼女・佐伯亜衣(尾高杏奈)ですが、
かなりの性悪女でした。
人の弱みを握って、体を求めるわ、金を求めるわ・・・
殺されてもしゃーないね、と思いたくなるくらいのヒールでしたね。

で、犯人は「めんご♪」という寒いくらいの死語を使用する養護教諭・沖須美子(猫背椿)でした。
ヒカルに恋してて、それを亜衣に見抜かれてバカにされて、
憎しみから亜衣を殺そうとしてたみたいだけど、それに気づいた桃子も殺されそうになっちゃって!
大友が駆けつけなかったら、マジで死んでましたよ!!

で、アッサリつかまっちゃうかと思ったら、なんと、ヒカルはこの先生を好きだったらしいのよ!
「だめー!それ以上言ったら・・・めんご♪」で逮捕・・っていう流れは、
なんだかコントを見ているみたいで、ちょっと笑っちゃいました。(笑)


ちょっと思ったのは、メガネをかけて三つ編みにしてる北川景子ちゃんて、松雪泰子さんに似てません?
鼻の形は全然違うけど、目の辺りの雰囲気が似てるなぁ・・って思っちゃいました。


◇ EP: ◇  「グラビアアイドルの夢は夜ひらく!?」   2007.11.16.  

とにかく明日香(佐藤仁美)のキャラが濃かったですねぇ・・・
死んでも女優!っていう感じですが、結局死んでませんでした。
タイムスリップ前も、もしかしたら死の底から蘇ってきたかもよ・・?(笑)

このドラマは、私としては、タイムスリップして何とか助けようとする。。っていう根本となるストーリーよりも、
最近では、桃子のすっとぼけや大友の外人好きなシーンを楽しんでる気がします。
「でへっ!」って笑ってごまかす桃子が可愛いなぁ・・とか思えちゃって。
いつまでもそんな桃子と大友のコンビを見ていたい気もしますが、
そろそろ、「桃子の能力のナゾ」に触れてきてもいいかなぁ・・って思っちゃいますね。
小さい頃に死んでしまったあの女性との関係は最後まで明らかにならないのかな?


◇ EP: ◇  「容疑者・東社長の謎を追え!!」   2007.11.09.  

今回は、桃子が望んでタイムスリップする・・・っていう展開でしたね。

前回、人を救えなかったことで、さらに時をさかのぼることに恐怖を感じちゃった桃子。
でも、今回は社長が犯人と疑われちゃったので、どうにか真相を突き止めたい・・と
殺された葬儀コーディネーター・大津和明(橋本さとし)の遺品を握ってみるんだけど、
耳鳴りはするもタイムスリップしない・・
で、ギュギュッ!と何度も握って何とか戻れたわけですな。

ま、仲は悪そうでも、実は昔から仲がよかった社長と大津が、
今回の件でまた仲直りできた・・・ってのはよろしいんじゃないか?って思えますけど、
あんまり印象に残らない回だったなぁ・・・ってのが本音ですねぇ・・。(汗)

とはいいつつ、池津さんのかなり時代遅れの服装に、大ウケしたのは事実でございます。(笑)
「マンハッタン・ラブストーリー」を思い起こさせる、「赤い女」でございました。



◇ EP: ◇  「メイド桃子、秋葉原で愛を叫ぶ」  2007.11.02.

救いに時間をさかのぼったのに・・・救えなかった・・の巻でしたね。
しかも、救えなかっただけじゃなく、死人の思いが伝わってなくて虚しいまま・・・
何ともやりきれない回でした・・。


メイド喫茶で働く真理(小出早織)が、ストーカーの小説家・塚田(坂本真)に殺される事件があり、
塚田もその後自殺した・・とのことで、塚田の遺体を引き取り、家に移送することになった桃子。
塚田の家で、塚田の母の手から落ちたチェスの駒を触った桃子は・・・・またもタイムスリップしちゃいました。

ストーカー塚田をまず思いとどまらせようと近づくも、頑なな塚田・・
じゃ、真理を守ろうとメイド喫茶に潜入することになった桃子だけど、
あっという間に大友がフランス人メイドと絡んでるんだもん!(笑)
フットワークいいねぇ〜!
で、何だかんだでいつも桃子の手伝いをすることになっちゃう大友さんですが、
その大友さんは、真理の恋人である江本(泉政行)を疑うわけ。
でも、桃子は塚田が犯人だと信じて疑わないわけよ。
大友の考えとおり、江本は真理をカモとしてお金を毟り取ってたのよね。

桃子に時間をさかのぼる能力があっても、人生経験の少なさと洞察力不足から、
人を救うことは難しいだろうね。
大友さんがいつも助けてくれていて、何とかなってる・・・って感じ。

今回も、大友の助言は聞かずに塚田を止めることで必死だったしね。

でも、塚田から「本のあとがきを読んでもらえばわかる」といわれ、読んでみた桃子は、
塚田の思いを知り、塚田が犯人ではない・・?と考えて事件現場に急ぐんだけど、
時すでに遅し・・・
真理にナイフを突きつけ、塚田を脅してる江本の姿を見ちゃうのさ!
ここで・・・「モップガール」の登場です!
掃除道具入れの中からモップを取りだして止めに入った桃子・・・
結局ずっこけちゃったけど、ま、江本の気をそらすことが出来て、塚田が江本をやっつけてくれました・・。
これでよかったんだ・・と思ったけど、塚田は江本に刺されていて死亡・・。
救いたくて戻ってきたのに、救えなかった・・・桃子の嗚咽がその悲しみを表現してました。
・・・でも、泣き方がかなり不器用な感じでしたね、桃子ちゃん。(笑)

死んだとしても、真理が江本の本性を知って目を覚ましてくれれば、
塚田も報われる・・ってことになると思うんだけど、
なんと真理は、江本を待ち続けるといいやがる!
はぁ・・何のために命を落としたんだよ、塚田さん・・。(涙)
真理の命を救えただけでも良かったってこと?
いやぁ・・・報われないわぁ〜・・・
桃子も、やりきれない思いに涙しておりましたね。
今までは時間をさかのぼることで命を救ってきたけど、今回はそうではなかった・・
このことが今後の桃子にどう影響するのかしらね?



◇ EP: ◇  「アイドル議員の秘密は蜜の味!?」  2007.10.26.

うーん・・・今回はイマイチだったなぁ・・・
あんまり、タイムスリップ前後のリンクが多くなかったように思えるし、
人間関係もイマイチ面白みがなかったわ。

片桐はいりさんをゲストに迎えたのに、うまく活かしきれてなくてもったいない・・・
メインを片桐さんにすればよかったのになぁ〜!

でも、女の友情をコン○ームに例えたエロガッパ大友さんには座布団一枚あげたい!
薄いというけど買ってみたら意外に厚い、使ってみたらすぐに破れる・・・
言い得て妙だわ・・・。(笑)

印象に残ったのはそれくらいかなぁ・・・
あ、それと、桃子は誰に遺品を触っても過去に戻る・・ってわけじゃないのね。
老人の遺品に触ってもタイムスリップしてなかったし。
その遺品に思いが残ってるか、桃子の思い入れが強いか・・のどちらかでタイムスリップするのかな?


◇ EP: ◇  「セレブ花嫁は殺人がお好き!?」  2007.10.19.

なんだか面白い・・・。(笑)
あちこちにちりばめられている「くすっ」ポイントが、結構ツボなドラマです。

今回は、人気モデル・綾乃が毒殺される・・・っていう事件に巻き込まれちゃったわけですが、
酒井彩名ちゃん、またインパクトある悪役でしたね。(笑)
あれ、Mな男の人にはたまらんかも・・。(←おいおい(笑))

で、またも綾乃の遺品を触ってタイムスリップした桃子。
そこから犯人に辿り着くまで、結構いろいろとありましたよね。
あたしは引越し疲れの中見ていたので、「で、誰が犯人やねん・・」って疲れちゃいました。(笑)

結局、綾乃の婚約者である本宮和彦(西村清孝)はゲイで、
本宮が付き合ってた花屋の清島徹(浜田学)が綾乃が食べるであろうチョコにトリカブトの毒を仕込んで・・・ってことで、
ははぁ、なるほど、清島が犯人ね。と思ったら!
実は、綾乃は本宮ではなく、使用人の神林幸弘(松田賢二)と付き合ってて、
ソイツが「綾乃を人に取られるくらいなら!」って青酸カリをチョコに仕込んで殺し、
後を追おうを考えてたっていうオチでした。
ふぅ・・・・。(笑)

事件そのものも、いろいろとありましたが、桃子もいろいろで面白かったです。
変顔もそろそろ慣れてきたし、
ジョセフィーヌを「家政婦は見た!」の市原悦子に例えるとこなんて、ナイス!って感じ。(笑)
せっかくのきめ台詞の「エゴイストです!」を言い間違えちゃったり、
いやぁ・・・・なかなかいいキャラですぞ!

この時間帯にはもったいないなぁ・・・って思える出来なんじゃないでしょうか?


◇ EP: ◇  「葬儀会社の美少女は死体を救う」  2007.10.12.   

確かにアメリカドラマの「トゥルーコーリング」によく似たお話です。
よく似てはいますが・・・私としては、イヤな気持ちにはなりませんでしたね。
正直、「トゥルー」のほうは、ちょっとホラーちっくで、途中でリタイアしちゃったんですよ。(汗)
でも、こっちは明るく元気に描かれているので、見ていて楽ですし。

主役の百子は小さいときに自分を交通事故で救ってくれたお姉さんと出会ってから、
不思議な能力が・・・ってことかしらね?
あのお姉さんが何を言ってたのか、さっぱりわかりませんでしたけど、
あれは今後解明されていくのかしら・・?

そして大人になった桃子は、元気ではあるけど、かなりのおドジさんみたいで、
会社のブライダル部門から葬儀部門へと異動させられた・・ってわけだけど、
あんなに簡単に書類にハンコ押しちゃダメだぞぉ〜!と余計な心配をしちゃいました。(笑)

そして、異動した先で、数時間前に起こった銀行強盗の犯人の遺体に直面するんだけど、
その遺体ってのが恩師の平松先生(小倉久寛)で、なんで・・?と思っちゃうわけよ。
この先生の言葉に励まされてきた桃子にとって、先生が銀行強盗なんて信じられなくて・・・
その桃子が、先生の遺品に触れたとき・・・時間が巻き戻り、今日の朝8時に戻っていました。

ま、この時点で、「先生を救うっていう典型的パターンね・・」というのはわかりましたけど、
その前の段階で、ちゃんと時間が戻ったときに繋がるような伏線をたくさん施してあったのがよかったと思います。

同僚の将太郎のレシート集めとか、方向音痴とか、親友の日奈の仕事のこととか・・・

で、先生の銀行強盗は止められたものの、他にも犯人がいて銀行を襲ってたのよ!
そいつが逃げるときに突き飛ばした男の子に駆け寄った先生は、
泣いてる子供をあやそうとおもってオモチャの拳銃を取り出し・・
それを見た警官が発砲!
・・・なんだよぉ〜!先生を救えなかったのかよぉ〜!!と思ったけど、
桃子が「違います!」って止めたおかげで、先生を救うことが出来ました・・・

人のためじゃなく、自分のために生きなさい・・という先生に、
これは自分のためにやったんだ・・・と話す桃子。
この件を通して、桃子も救われた・・ってわけですな。

さぁ、これからどうしていくんですかね?
この能力にまず桃子が気づき、そして「リトルエンジェルス」も巻き込んでいくのかしら?
ハラショーの「ちょっとダーク」な演技はあんまりないので、ちょっと新鮮でしたね。
いつもスーツ着てビシッ!っていう感じだもんね。
この二人の掛け合いは楽しみです。

ただ・・・あんまり知名度が高くはない北川景子ちゃんが、ちょっとハジケ過ぎ?(汗)
黙ってりゃ可愛いのに・・・あそこまで変顔をさせなくちゃいけなかったのか・・?って思っちゃった。
もったいない・・・。



◆ Story ◆ 現世に強い思いを残したまま死んでしまった人の遺体に出会うと、時をさかのぼってしまう特殊能力を持つ桃子。コミカルなテイストを加えつつ、死者の再生に奮闘する桃子の姿を描く。
◆ 期待度 ◆ 内容としては、軽いタッチのオカルト・・・ってとこでしょうか?嫌いではなさそうなので、ちょっと見てみようとは思いますが、この枠は、強い意志がない限り見続けられないので要注意・・・。(笑)