恋空

□ 土曜 19:56〜  TBS       □ 公式HP・・・ 公式 
□ 脚本・・渡邉睦月 □ 演出・・今井夏木 ほか □ P・・加藤章一
主題歌

アイのうた
福井舞
恋空 スタンダード・エディション [DVD]
DVD-BOX
原作

恋空
美嘉
恋空〈上〉―切ナイ恋物語
◆ 出演者 ◆
田原美嘉
桜井弘樹
亜矢
ノゾム

加藤タツヤ
田原さおり
ユカ
ハナ
マナミ
担任・美園
桜井ミナコ
田原勝治
田原安江














水沢エレナ
瀬戸康史

三浦翔平
波瑠
永山絢斗
菊池亜希子
佐竹宇綺
小林さり
宮澤佐江
中村果生莉
松下奈緒
羽田美智子
岸谷五朗













高校一年生
美嘉の恋人 高校生
美嘉の幼なじみ ノゾムが好き
ヒロの親友
ヒロの元カノ
美嘉の同級生
美嘉の姉 OL
美嘉のクラスメイト
美嘉のクラスメイト
美嘉のクラスメイト
1年A組の担任
弘樹の姉 元不良
美嘉の母
美嘉の父
◆ レビュー ◆
◇  ◇  「ずっと好きだったよ…せつない初恋のゆくえ〜純愛が急展開する第2話」  
                                   2008.08.09.  

なんだかねぇ・・・・
やっぱりどうにも合いませんわ、私には。

この時点でタツヤは消えてしまうんですね。
しかもあんな消え方・・・
美嘉が自分の元カノに苦しめられてて、それを自分に言ってくれなくて、
他の男に相談してて、その男も美嘉を好きみたいで、
嫉妬してその男のふりして夜中の学校のガラス窓を壊しまくる・・・ってかい?
はぁ?って感じ。
でもさ、タツヤの素行が悪くないのなら、そんなこと、学校は信じないだろ?って思えるんだけど?
タツヤが家の事情で学校を辞めようかと悩んでることなんてどーでもいいっすよ。
そんなことでこんな風に人を陥れようとする男、その時点であたしゃゴメンだね!
タツヤのためにも、私たちは幸せにならなきゃって思った・・・だと?
いやぁ・・・わからん、私にはわからん。

これ、映画にはなかったエピソードのような気がするんだけど、必要だったのか?

で、愛を深めた二人は関係を持ち、妊娠・・ってか?
お前がいやなら何万年でも待つ!とか優しそうなことを言うのなら、
避妊くらいせんかい!ってな話よ!

開放感に伴う性の危険が増している夏休みのこの時期、
こんなことを放送してええんじゃろか・・・と、不安になっちまう、そんな回でございました・・


話の筋もオチも知ってるので、
もうつづけて見ることはやめます。
ってことで、リタイアでございまするぅ〜!
・・・初回の視聴率はさんざんでしたけど・・・・今回はどうなるんでしょ?
違う意味で気になるドラマかも??(笑)


◇  ◇  「2500万人が涙した真実のラブストーリー!切ない純愛…
                   感動の名作ドラマ化」    2008.08.02.  

映画は見ました。
映画はさ、新垣結衣ちゃんがとっても可愛くてさ、三浦春馬くんもなかなかよかったからさ、
最後まで見られたんだけどさ・・・
いやぁ・・・正直、ちょっと私の好みではない。(滝汗)
それに、この話自体が、あんまり好きではないんだよねぇ・・・。

それにさ、いきなりキスだの、「コレ、オレの」と焼きそばぶっ飛ばしたりさ、
ほんと、挙動が突拍子もなくて、ついていけまへんよ、おばちゃんは。(汗)

こんな嵐みたいな男に流されていってしまうんやなぁ・・・・大変ですのぉ・・って感じ。
娘をいつまでも子供だと思ってるお父さん、そのうちびっくらこいて腰抜かす展開になっちまいますよ?
ご愁傷様です・・・。

でも、映画とは恋の始まりが違ってましたね。
なんでヒロが美嘉にあんなに執着するのか、よくわかったので、それがわかりやすかったのはよかったと思います。
映画版の恋の始まりは、ちょっと??って気もしてたので。

ちなみに、このドラマ、全6話らしいっす。
短めなんで、何とか頑張って見続けるべきか・・?とも思いますが、
どうせ途中でオリンピックとかはさんで飛び飛びになっちゃったりするだろうし、
もう、最初から見ないでおこうかなぁ・・・とかも考えちゃったり。(汗)
「ROOKIES」が最高だっただけに、この後続ドラマは少々イタイっすね、あたいには・・・

気になったのは、ヒロの姉約の松下奈緒ちゃんと主演の水沢エレナちゃんがすごく似て見えたこと。
系列が同じですよね、この二人の顔?(笑)
この二人が姉妹役になりゃよかったのに・・って思っちゃいました。





◆ Story ◆ 原作はケータイ小説で妊娠、流産を経験しながら同級生との純愛を貫いた女子高生の青春を描き、書籍では140万部のベストセラーに。
◆ 期待度 ◆ いまどきの若い子の話だよなぁ・・って思います。若さゆえの軽率さに、オバチャンの私はイラついたりもしちゃった記憶があります、映画を見ての感想ですが・・・。