ラブ♡シャッフル
 金曜10時~ TBS
 脚本・・・野島伸司   演出・・・・土井裕泰ほか   P・・・伊藤一尋 
 主題歌・・・ 「FANTASY」 アース・ウインド&ファイアー
ラブシャッフル 1 (小学館文庫)
文庫本
主題歌収録
ファンタジー~パーフェクト・ベスト(初回生産限定盤)(DVD付)
「FANTASY」
アース・ウインド&ファイアー
ラブシャッフル オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
ラブシャッフル [DVD]
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆ 宇佐美啓
逢沢愛瑠
世良旺次郎
大石諭吉
早川海里
上条玲子
香川芽衣
菊田正人








玉木宏
香里奈
松田翔太
DAIGO
吉高由里子
小島聖
貫地谷しほり
谷原章介







一流IT企業の課長 愛称うさタン 29歳
フリーの通訳 愛称アイアイ 25歳
プロカメラマン 愛称オーちゃん 26歳
株トレーダー 愛瑠の彼氏 愛称ユッキー 29歳
美大生 正人の患者 19歳
素性不明の魅力的な人妻 旺次郎の彼女 34歳
家事手伝い 社長令嬢 啓の婚約者 25歳
心療内科医 32歳
◆ レビュー ◆
  ◇ vol. ◇   「運命の人にめぐり逢うために」   最終回   2009.03.20.                 

ほほぉ・・・ドン!とまとめてきましたねぇ~!
いやはや、こうも見事にシャッフル完了するとは・・・。(汗)

芽衣の結婚相手は啓ではない・・ってことは想像できてましたけど、
まさか、啓が玲子に言われて本気で政治家目指すから・・・っていう理由だとは思わなかったわ!
そして、本当はさみしいだろう芽衣に・・と諭吉の背中を押すだけでなく、
最後まで見守っちゃうなんて、ほんと、いいヤツです!
ま、芽衣のことは好きじゃないので、とくに感動とかはないんですけど・・。(笑)

海里が生きてることに驚いた旺次郎だけど、
まだ誕生日が来てないってことで、ちゃんと見はってたわけだね。
案の定、死のうとしていた海里を「オレが守る」と話して止める旺次郎・・・
なんかさぁ・・・危うい二人だけど、二人ならお互いを守れるかな・・って思えちゃったりもしますね。
戦場カメラマンをまたやる・・と旅立つ旺次郎にくっついていくことにした海里。
私は自殺以外では死ねないから、私が一緒ならあなたも死なない・・・
妙な説得力があります。(笑)
そして、トランクの上に海里を乗っけてのキス・・
なんか、いいねぇ、こういうキス!

こんなキスを空港でやってたら、ガン見しちゃうかもです、私。(笑)

玲子の子どもは菊リンの子のようです。
旺次郎とは時期が合わず、啓はやっぱ寝ちゃってて未遂で終わってて、
諭吉にいたっては・・・・ムフフ♪(笑)
ってことで、菊リンだけがドンピシャらしく、菊リン、パパでございます。
自分だけが一人ぽっちだと思ってた菊リンにとって、この子は生きる意味になりそうです。
だからって、玲子と手をつなぐ・・ってのは、ちょいと行きすぎって気もしなくはないけど、
ま、さみしい二人なんで、いいか!(笑)

それと、菊リンが旺次郎に「ボクを許すと言ってくれないか・・?」って頼んで、
旺次郎が「許すも何もねぇよ、あなたを愛していたから・・」って言うのさ!
いやぁ・・このシーンが一番グッときたね!
ちょいともらい泣きしそうになっちまっただよ・・。


啓は選挙活動をしておりまして、最初は閑散としていた観衆も、
いつしかたくさん集まるようになってて・・
やっぱりそういう魅力があるのねぇ・・なんてしみじみ。
結果はわからないけど、当選できたのかしら・・?
そんなに甘くはないと思うけどね。(汗)
愛瑠は、そんな啓にやんや言う立場でいたいという道を選びました。
啓もまた、そういう愛瑠を欲していた・・と。
ってことで、この二人も無事にくっついた・・と。

ふぅ・・終わっちゃったねぇ・・
ドラマの盛り上がりとして先週がマックス!って感じで、
今回は最後のまとめっていう感じで盛り上がりには欠けましたけど、
ま、いいんじゃないでしょうか?
啓という人物が最初から妙に熱くて、それが最終的に政治家立候補っていうオチに結びつくとは驚きでした。(笑)
カレなら何かやってくれそうな気もしなくはないしね。(笑)



◆ 総評 ◆

ラブシャッフルなんて、なんて刺激的なテーマなんだ・・って最初はヒヤヒヤしてましたけど、
始まってみたら、「野島ワールド」に魅了されてましたね。
さすが野島伸司って感じです。
ちょっと古臭く大げさに聞こえるセリフも、回を増すごとにクセになってきてたし。(笑)
DAIGOは不安材料になるかと思ったけど、なかなかの好演でしたね。
しほりちゃんは嫌いではないけど、芽衣のせいでちょっと嫌いになりそうでした。(笑)
こういう女は、好きじゃないのでね。
旺次郎役の翔太くんはすごく良かったです。
危うげな感じがよく出てましたし。
海里役の吉高ちゃんは、いつもながら掴みどころのないところはバツグンです。(笑)
とにかく、登場人物が数少ないにも関わらず、
見事に練りこまれたお話で、楽しめましたね。
こういう野島ワールドも、たまにはいいもんですな♪
だからって皆様、同じように男女数組でラブシャッフルなどしないように!
こんなに見事に振り分けられるはずないんだから!!(笑)



  ◇ vol. ◇   「愛の裏返しは孤独だった」     2009.03.13.                          

いやぁ・・・菊りん、悪魔じゃなかった・・・
良かった・・
まさか、そんなことを考えていたとはねぇ・・・

海里は遺体で菊リンのところにいる・・なんて恐ろしいことを玲子さんが愛瑠に言うもんだから、
愛瑠は本気で菊リンに怒りをぶつけちゃって!
そして、啓は「信じてる」と菊リンを見つめる・・
いつか、愛瑠が啓はスーパーマンかもしれないって言ってたけど、
ほんと、この目を見ていたら、そうかもしれないって思えちゃいました・・・。

そして菊リンはすべてを話しました。
海里の自殺を食い止めるために、旺次郎に犠牲になってもらってること、
自分を失って苦しむ人の姿を見せること、
そしてそれから立ち直っていく姿をさらに見せつけ、ムカつくという感情を芽生えさせ、
タナトスからエロスへ・・嫉妬という感情から、生への執着へ・・
いやはや、菊リンったらそこまで考えていたとは・・・
ごめんよ、本気で疑っちゃって♪
・・・でも、先週終わりのキスや、啓と愛瑠に怒鳴ってたシーンは、やや本気だった気もしなくはないのだが・・?(笑)

そんなこととは露知らず、旺次郎はどん底へと落ちて行きます・・
ボロボロになっていく旺次郎、その姿を遠くから見ている海里・・
殴られて倒れた旺次郎のもとへ海里が行ってしまったときゃ、
あーっ!菊リンの計画が!!ってヒヤヒヤしたけど、
なんと旺次郎、ボロボロでドン底だけに、その海里の姿を幻覚ととらえてしまった!
苦しむ旺次郎に見かねて話しちゃいそうになる啓と愛瑠だけど、何とか我慢・・

そして旺次郎は立ち直っていく・・
その姿を見ている海里・・
きっと今は菊リンの計画とおり、海里の中でいろんな感情が芽生えているでしょう・・
この二人はもう、固いですな。

さて、問題の愛瑠と啓。
旺次郎と海里のことを菊リンから聞かされて、
自分には、オレを失って心にぽっかり穴があいちゃうくらいに思いつづけてくれる人がいるのか・・?って思えちゃったみたい。
そばに芽衣がいるのによ?
いやはや、失礼極まりない!(笑)

芽衣もさ、諭吉のことでちょっと後ろめたい気持ちもあるだろうから、
いまや立場逆転で啓に「結婚してくれるよね?」とすがっちゃってます!
で・・・本当に結婚しちゃうわけ?
愛瑠も啓も、お互いを思ってるじゃん!
自分のそばにいてほしいと望んでいるのは、そばにいる人じゃないでしょ?
それでいいの・・?

お互いを思いながら語る場面はとっても素敵だったけど・・・
素直にならないと、後悔すると思うぞぉ~??
最終回、この二人がどうなるのか、楽しみです!

芽衣が諭吉に「私を愛してるのに、「私の幸せを妨害するの?ずいぶん身勝手じゃない?」って言ってたけど、
アンタに言われたかないね!

急に結婚をやめると言って啓を苦しめたこと、アンタの身勝手ちゃうんかいっ!
やっぱ最後まで好きになれんわ、この子・・・(汗)

そして玲子さん。
夫に愛人がいたってことで離婚して中絶しようとまで考えてるみたい!
あの話を聞いてたら、菊リンじゃなくても、「御主人を愛してるんでしょ・・?」って思えるけどねぇ・・
ま、4人の男どもからすれば、4分の一の父親である立場から解放されるなら、ありがたかったりするかもしれないけど・・・(汗)
それにしても、最初に菊リンが自分の胸を熱く見つめなかったからって、同性愛者だって気づいたの?
どんだけ自意識過剰やねん!!(笑)

さぁ、最終回です。
啓は「ラブシャッフル、ゲームオーバー」と言っておりました。
もうゲームは終わり。
それぞれが本当の気持ちに気づいて、ちゃんと思い合える人と結ばれれば・・と思いますね。
どうオチをつけてくれるのか、楽しみに待ちたいと思います。


  ◇ vol. ◇   「キスは突然のごとく」     2009.03.06.                          

タナトス菊田、思い通りにしやがった!
怖いよぉ~!旺ちゃんがぁ~!
・・・で、海里はいずこへ・・?(滝汗)

かい離が20歳になるそのときまでのカウントダウンを始める旺次郎。
それは、そのときを共に迎え、逃げずにまっすぐに思いを伝えるため・・・
そして、その時・・
旺次郎は、「いつか自殺するだろう、でもそれは、オレが死んだあとだ、オレを追うように死ね」とプロポーズ。
うん、若干泣きそう・・・(涙)

その言葉に頷く海里。
微笑ましいひとときのあと・・・
海里はいなくなりました。
タナトス菊田が「まさか今さら生きるとは言わないだろうね・・」と近付いてたし!
あの時計を1時間早めていたのだって、
旺次郎は「海里がやったのなら、死ぬ気だったってことだろ」って思ってるみたいだけど、
絶対タナトス菊田がやったに違いないし!!
いやーっ!恐ろしいぃ~!

そしてタナトス菊田の計画通り、全身で海里を受け止めた旺次郎は海里を失い壊れていった・・・
亡くした恋人の再来とばかりに、眠った旺次郎にキスをする・・
どうやら、菊りんの嫉妬が強すぎて前の恋人が自殺した・・・っぽい?
だとすると・・旺次郎の行く末も心配でおざる・・。(涙)

さて、玲子さんは妊娠完了にてラブシャーは脱退するらしい。
子供の父親が誰か・・ってのは、明らかにはならないようですが、
ま、誰にとってもそれが明らかになったところで得はないので、それでいいでしょうな。(笑)

諭吉は芽衣が啓と結婚すると決めてショックのようです。
気になる人なんていなかったと芽衣から聞かされ、もっとショック・・・
でも、芽衣は「もしかして、私の気になる人のこと知ってたの・・?」と諭吉に・・・
「いや、知らない」という諭吉に、
実はその人の存在が大きくなるのが怖くて、二股かけるような女じゃないから、啓と結婚を決めたって言うわけよ。
なんかさ、「気になる人知ってる?」って聞いときながら、
実はその人の存在が大きくなってて・・・とか言うなんてさ、罪深くない?
いやぁ・・・芽衣ちゃん、男心を揺さぶる達人!(笑)
啓も諭吉も翻弄されまくりっす!!

そして諭吉はその思いを聞いて、自分の思いを伝えちゃいましたよ!
そしてキス・・・
さぁ芽衣、自分の仕掛けたことです、どうしますねん??

一方啓は、愛瑠に男ができたようで・・っていうことを知り平常心ではいられない・・
弱い人間である自分を、実は強い人なんじゃ?と理解してくれた愛瑠。
そして啓も、自分の思いを愛瑠にぶつけちゃいました!
キス・・・
できたかな?
愛瑠のことなんで、「何してんねん!」と突き飛ばす可能性あり。(笑)
ともあれ、両思いの二人ですが、素直にくっつくことになるんでしょうか?
・・・どうかなぁ・・・?(汗)

・・・で、海里はいずこへ・・・?
まさかタナトス菊田、本当に死なせたわけじゃないよね・・・?



  ◇ vol. ◇   「満月の夜の告白」     2009.02.27.                          

何をたくらんでんだ、菊リン!!
まさか・・・
死ぬと分かってる海里を旺次郎に近づけ、
旺次郎が「守ってあげたい・・」と思ったころに海里に自殺させ、
心打ちひしがれてるときに、パクっ!と旺次郎をいただき!って思ってるとか?

真正面からぶつかっても拒否されるのはわかってるから、
弱るのを演出し・・ってこと?
いや、そもそも、海里って心すら動かしてるのか、菊りんは・・?
怖いぃ~!
でもね、菊りん・・
人間の気持ちを自分が思うとおりに動かせると思ったら・・・大間違いやで・・・。


さて、芽衣は、なんやかんやで啓への思いを確信したようです。
で、やっぱり結婚すると宣言するわけですが・・・
それで愛瑠は結構ショックを受け、啓も、心から喜べない自分に驚き・・ってとこのようです。
ほらね、アンタが振り回してる間に、相手の気持ちが変わるなんて、想像してなかったでしょ?
勝手な女やわ・・・
そして、芽衣の気になる人って「諭吉」だったのね!
あこがれの存在である啓と違い、自分より弱い男に対してトキメく感情も知った・・ってこと?
やっぱり好きになれんわ、この人・・。
その芽衣の気持ちを聞いちゃった諭吉は、芽衣への思いを募らせていっちゃうみたい!
ここにきて、関係が複雑化してきましたよ・・。

海里をどう扱っていいかわからなくて受け入れるかどうか悩んでた旺次郎だけど、
菊リンの思い通りに海里を受け入れて家に引き込んじゃいました・・・
でもさ、あの海里パパのきもち、知っちゃったら切なかったねぇ~!
単なる金の亡者かと思ってたのに、愛する娘の命を何とかつなぎ止めたくて、あんな行動をとってたんだ・・・
その愛情をまっすぐにぶつけつづけてたら、海里の心は病まなかったんじゃないか・・?って思うんだけど。(汗)

よくわからんのは玲子さんですね。
自分の父親の地盤を継いで議員になってる夫は、諭吉と関係があるとかないとか・・?
で、諭吉は玲子さんの考えに気づいたらしいけど、どういうことかね?
それに、玲子さんの夫、女とホテルから出てきてなかった?
何だろうね、この夫婦・・?

愛瑠は啓が芽衣と元サヤ・・・って聞いて、思わず啓にキス!
しかし・・どうも、満月のせいで不安定だったと自ら納得しちゃったようで・・・
月のモノの関係ってことですかい?(笑)
いや・・・そうでもないと思うけどなぁ・・
それにしても、この段階で新たな男を投入してくるとは・・・
啓と愛瑠の関係を進ませるための調味料ってことか、袴田くんは?


  ◇ vol. ◇   「元カノに似てるのは君なんだ」     2009.02.20.                      

ひ・ひ・ひぃぃぃ~!!!
菊リンの目、怖いぃ~!!
そっかそっか・・・菊リンの死んだ恋人に似ている人は・・・やっぱり男だったか・・
それは・・・旺次郎・・・
雰囲気は違っておりますけど、「ちょっと似てる」どころの話じゃない!!
いやぁ・・・あの目・・やっぱり狙ってるんですかね・・?

ってか、旺次郎をどうしたくて、このラブシャーを思いついたんだか・・?
わからんわ。この人は・・・。

さて、気を取り直して、ラブシャー2週目・・・
「はじめまして」の雰囲気はもうないので、ちょっと気を許した感じで進んで行き、
しかも、今週の相手のところだけでなく、気になる人のところにも出没する感じです。
とくに海里は、旺次郎のところに通いづめ!
マジでストーカーですやん!
「霊が見える」とか「後ろに何かがいるかも」とかいうことで旺次郎は海里を怖がってるけど、
それ以前に怖いよ、この子??(汗)

「オレがやめろって言っても死ぬの?」って聞かれて、海里は戸惑ってましたね・・・
「生」への執着=旺次郎となると、旺次郎の気持ち次第で生かすも殺すも・・って感じになるから、
さらに恐ろしいと感じてしまうんじゃが・・・(滝汗)

玲子の夫に呼び出された四人の男。
てっきり「寝た」ことで責められると思ってた4人だけど、そうではなかったね。
自分には玲子を満足させられる体ではないので、了承済みだ・・・なんて言ってたけど、
それに真っ向から反論する啓。
私もさ、すごくカッコつけて、自分を守るためのいいわけにしか聞こえなかったので、
そうだ、そうだ!!って思ったけど、
そうやって虚勢を張ってないと、プライドが保てないのなら、そこは守ってあげたいなぁ・・って気持ちにもなったり・・
でもさ、車の中で、玲子は「仕事だから」って言ってたよね・
どういうこと・・?

誰かにやらされてるの・・?

相変わらず面倒くさい女、芽衣。
どうやら「気になる人」ってのは、相変わらず啓らしいですな。
好きは好き、でも、だからって結婚していいものか・・っていうところは全然変わってないらしい。
変に匂わせる発言しかしないもんだから、また啓が一人で悩んで空回りしてて、
もしかして楽しんでないか、コイツ?とか思いたくなるくらいよ!
いっそのこと、啓のほうから「わかったよ!面倒くせぇな!別れるわい!」って突き放してやりゃいいんだよ!って思っちゃった。
好き好き!って言いすぎなんだよ、啓は。

で、菊リン=芽衣の気になる人と思いこんじゃった啓は、菊リンに「譲る」とか言い出すんだけど・・・
菊リンの思い人に似てる人は芽衣じゃないからねぇ~ん・・・
ふぅ・・・面白いけど、最終的にどうなるんだか?

キーパーソンはやっぱり菊リンなのかね?
どうなっていくんだろ・・?


  ◇ vol. ◇   「僕の就職とプールの告白」     2009.02.13.                        

昔の自分に戻れば、芽衣は戻ってくる・・
と、うさタン、辞表出してプー太郎に・・
ほんと、何考えてるんだか・・って感じですよ。
この不景気に、仕事辞めて、夢のある仕事だ?何をぬかしてんねん!って感じですよ。
しかし、そんなうさタン、やっぱり人を惹きつけるんですなぁ・・
酔ってくだまいて警察に捕まる時も、野次馬と一体になってるんだもん!(笑)

やっぱ、キラキラな何かを持ってるんだろうけど・・
その何かに本気で惹かれはじめている愛瑠・・
どうなっちゃうんでしょうか♪
それにしても、芽衣の漠然とした「キラキラした啓」って、どうすりゃいいんだろうね。
自分では「啓に物足りない」と言いつつ、他の人が啓を褒めると嬉しそうで・・
ってことは、啓が本当に誰かに取られそうになったら、自分の思いに気づくんじゃない?
今はさ、啓のほうがスキスキ!だから、芽衣は余裕ぶっこいてんだよ。
誰かガツンとやっちゃって!(笑)


今回の海里・・・なんとも妖しい微笑みでしたねぇ・・・
本物の芸術家・海里の前で、自分は偽物だ・・と涙を流す旺次郎。
その旺次郎の涙を舌で舐め・・・微笑む・・
怖いーっ!けど、キレイーっ!
この子は、こういう役が本当にお似合いですなぁ・・・

玲子が言う「似ている人」・・・
愛瑠いわく、消去法でいくと「芽衣しかいない」ってことだけど・・・
結局誰なんだろうね?
次回は、その写真を啓と愛瑠が見ちゃって驚くみたいだけど・・

海里が菊田に「旺次郎のことが嫌いなの?」って聞いてて、
それに菊田が反応してましたね。
ってことは・・・「似ている人」って、旺次郎・・・?

仕事を辞めて就職できた(本当はできてないけど)うさタンは、勝手に「ラブシャーを卒業します!」と宣言しましたが、
芽衣は2週目にも参加する気、マンマンだそうで・・
少しずつそれぞれに変化が訪れているようですが、
また大きく変わっていくのかな・・?


  ◇ vol. ◇   「君を守るのは僕だ」     2009.02.06.                            

いやぁ・・・・深いっすね。
面白かったです。

一番気になるのは、玲子と菊田の会話・・・
菊田の部屋で菊田の亡くした恋人の写真を見た玲子・・
「今回のラブシャッフルの中に、似た人がいる・・・」
それは誰・・?ってことだけど、あの慌てようからすると・・・女ではない気が・・?

ヒミツをばらすといわれて、「別に恥じることではない」って言ってたし、同性愛者か・・?
「キレイな人ね・・」って言ってたので、女性って線も捨てきれないが・・・。
ま、玲子さんを抱いていたので、両刀使いってことかも・・。(笑)
菊田が「ラブシャッフル」をしようと思った理由・・
そして、このラブシャを支配しつつ、どんな結果を求めているのか・・
それは、その「そっくり」な相手がわかれば、ちょっとわかる気がするけど・・。
いやはや、何か隠してるなぁ・・って思ってたけど、まさか、似た人がいるとはねぇ・・
予想ですけど・・・うさタンかなぁ・・?なんて。

旺次郎の相手は海里。
愛瑠や芽衣と同じように心の壁をひっぱばそうとするも、
自分が思うようにできなくて、ちょいとイラついて「死ぬなんてウソなくせに」と言っちゃうわけですが・・・
海里はマジで飛び込みまして・・・
それに気づいて飛び込むまでの旺次郎の反応、めっちゃ短かったっすね!
このドラマの翔太くんは、ちょいとカッコいいっす。
で、「どうせ死ぬなら抱かせろよ」なんてまた刺激的なことを言っちゃう旺次郎ですが、
「今日はパパいないから・・」と海里に言われるまま、抱いちまったようで!
えぇ~!それってさぁ・・・ちょっと危険だよなぁ・・
確かに、菊田の思惑通り、海里は「死」だけしか見られなかった昔とはちょっと変わってきてて、
「生」というものに関心を抱きだしてる感じはあったさ。
でもさ、それやっちまうとさ、執着しそうじゃん・・?
それにちゃんと応えられるならまだしも、深く傷つけやしないか・・と心配でございます。

それにしても・・ホッペ、ぷにっ・・の吉高ちゃんは、めっちゃ可愛かったですな!

うさタンはアイアイと、諭吉は芽衣と・・という組み合わせで、
「お互いの相手にお互いをフォローし合おうぜ!」と密約を結ぶタラちゃんズ・・。
しかし、それが思わぬ方向へ・・。
諭吉は、わざと啓と愛瑠のデートにくっついていって、そこでハプニングを用意しちゃったのさ。
女の子二人が若者にさらわれ、そこにカッコよく登場した啓が救いだし、芽衣は惚れ直す・・って展開を作りたかったらしい。
お金で雇った人たちを使って・・ね。
そうとは知らずに乗り込んだ啓。
ヤンキーに啖呵きって、「おぉ~!素敵うさタンの登場ね!」と思ったら・・
そのヤンキーたちは、諭吉の雇った人たちをボコボコにして、助けてくれてた人で・・。
急に腰が低くなり、みっともないうさタン・・。(汗)
これがオチじゃ、カッコ悪いだけやん・・・って思ったけど、
ヤンキーの頭を会社に呼んで、サシで決着をつけてましたね。
そこ!芽衣に見せるべきでは???(笑)
愛瑠が見ても、しゃーないやん!って感じ。

そして、ヒビが入りそうになった「タラちゃんズ」の関係ですが・・。
お金でしか人とのつながりを持てない諭吉を理解したうえで、「貸し切りにしたから払ってね」といううさタン。
これってさ、諭吉にはとっても嬉しかったと思うよ。
本当に友情で結ばれたわけだから、違うお金の使い方や人との関わり方ができるようになるといいね・・。

さて、一周しましたラブシャーですけど・・。
次回はまたおかしな展開に?
愛瑠がうさタンに惚れちゃった・・?
うさタン、会社辞めちゃう・・?
どうなるのでしょうか!
毎週楽しみなドラマになってまいりましたね!


  ◇ vol. ◇   「愛情なのか友情なのか」     2009.01.30.                         

旺次郎ったら、本当に女の心を引き出すのが上手ねぇ・・
意外と、啓のこともあんな感じで心を裸にしていったら、啓も自分の本音に気づくかもしれないのに。(笑)

旺次郎に写真を撮られながら、啓への思いを吐き出す芽衣。
自分のせいでカレがキラキラしなくなってるのかも・・って言う思いが芽衣を苦しめてるのかもね。
ま、それはある意味正しいのかもしれないけどね・・
「啓が大好き・・・」と思いながら流した涙の写真・・
何も知らずに見たら、啓は嫉妬しちゃうだろうなぁ・・って思ったら、
芽衣の「旺次郎と寝た」というウソでとんでもないことに!!
うーむ・・・
しかし、自分は玲子と寝ておいて、芽衣や旺次郎を責めんなよ!って気もしますけど。(笑)

最終的に芽衣は旺次郎にキスしちゃってましたけど、
ま、これは感謝とごあいさつのキスってことで・・。(笑)

啓は海里と遊園地へ・・・
まだ海里の気持ちを解放すことはできそうもないなぁ・・って思ってたけど、
UFOキャッチャーで必死にパンダを取ってもらえたことでちょっと変わったかも・・?
本気で啓を好きになっちゃったら・・と考えるとちょっと怖い気もしちゃいましたが。(汗)
菊田が意図して海里をラブシャに参加させた結果が、ちょっとずつ出てきたかも・・?ですね。
ただねぇ・・・16万ねぇ・・・
高すぎるパンダやな!(笑)

死にたいと思ってる海里を変えたくてラブシャに参加させた菊田。
愛瑠に、自分の死んだ彼女の話をする菊田。
お墓にまで連れて行き、自殺してしまった彼女を紹介する・・・
一人だけ客観的なスタンスでいると思ってた菊田も、ちょっと気持ちに変化が出てるのかもね・・
愛瑠はそんな菊田に「私じゃダメ?」と聞いてましたけど、
うーん・・・ちょっと突拍子もない気がしてしまったなぁ・・・(汗)
啓に愛瑠が呼び出されて、一人になっちゃった菊田が、
帰り道膝をついて涙してる姿は、なんとも切なかったっす・・・

諭吉は、啓が玲子と寝ちゃったと聞き、
玲子さんとのラブシャにはベッドが付きもの♪と勘違いしちゃったらしく、やる気マンマン。(笑)
しかし玲子さん、誰でもええっちゅーわけではないようで・・・
ただ、諭吉がメガネをとると意外に好みとわかり、ベッドイーン!!
うーむ・・・わからん・・・
菊田と玲子のラブシャで、どうなるか・・って感じですね。

それぞれが少しずつ変わってきてるのがわかるので、面白いです。
奇抜すぎる内容ですが、他人事なんで、楽しめますな。(笑)


  ◇ vol. ◇   「運命の人は一人だけですか?」     2009.01.23.                     

これ、全部辿って書くのはすごく大変!
4組のことをまとめるのも大変だし、それぞれにいろいろありすぎてさぁ・・
ってことで、軽めにいきます♪

啓は玲子と危うい関係になりそうになるも、何とか理性でセーフ・・・
しかし、普通ではない状況で興奮状態になると、人間って我を忘れちゃうんだよねぇ・・
で、最終的に関係を持っちゃった・・?(汗)
ラブシャって、そういうとこまで行くのもアリなわけだろうか・・?
ってか、やっちまってたら、婚約解消じゃろがいっ!って気がするので、やってないってことに・・・ならんか?(笑)

その普通ではない状況ってのは、ビリヤード対決だったわけだけど・・
あのビリヤードシーンって、本当にタマッキーがやってるわけだね?
すごくなぁい?何度かトライしてのOKショットかもしれないけどさ、
かなり盛り上がるよなぁ~!
うん。我を忘れても仕方ないかも・・・。(笑)
芽衣はそんな啓のすごいところを知ってました。そして、それを自慢気に語る・・
なぁんだ、やっぱ啓のこと、好きなんじゃん!って思ってしまいましたが、
それを芽衣が実感することが大事なんだろうけどね・・。


愛瑠と旺次郎は、写真撮影ごっこ。
そこで、愛瑠の閉ざされた扉をこじあけちゃった旺次郎。
ほじくりすぎて殴られたけど、それはそれで愛瑠は気が楽になったかもしれないし、
目をそむけていたことに気づかされちゃったわけで、
旺次郎・・・テクニシャン♪(笑)
これは次週の芽衣にも使われる手になりそうだ・・。

芽衣は菊田の催眠療法を受けてたけど、イマイチわからんなぁ・・
菊田って、ラブシャを取り仕切ってるっつーか、この人が組み合わせを決めてるってこと?
この人の手のひらでみんな踊らされてることになるんじゃないのか・・?

海里と諭吉は、諭吉が可哀相になるようなデートでしたね。
あの雰囲気、あたいには耐えられないよ・・(汗)
よくまぁ頑張ったよ、諭吉。
それにしても、諭吉と啓のやりとりは可愛いですな。
どちらも憎めないキャラでございます。

こうやって順番にシャッフルしたとしても、あと3週で終わりじゃん?
そのあとは、もう一順するってことかなぁ・・?
そこらへんも気になりますね。

気になったのは、28階のフロアでのパジャマパーティ・・
あのフロアにはアンタらだけしか済んでないのか?
あんな壁に写真とか貼ったままにしてて管理人に怒られないのか?
ま、セレブリティな住まいのことは、わからないからなんとも言えんがね・・。(笑)


  ◇ vol. ◇   「恋人交換する?」   初回69分SP   2009.01.16.                    

良く言えば、ちょっと懐かしいテイストのするドラマ、
悪く言えば、いろんな意味でちょいと古臭い感じのドラマですな・・。

いやいや、扱ってる題材は斬新で目新しいのかもしれないけどさ、
主題歌とか、「ジョーっ!」とかのネタとか、いちいち古臭い感じがするのよね・・・。
ま、それを懐かしいと思えちゃう自分が、もうすでに古臭いヤツなんじゃがね・・。(笑)
そんな世代のみなさまは、同じように楽しめたかもしれませんね♪

恋や愛、人生に行き詰ってる男女8人の恋人交換のお話ですが・・。
一番共感できたのは、芽衣ですね。
10代のときに、スキー場でキラキラ輝く男性に運命的に出会った・・
この人だと思ったはずなのに・・・
いざ結婚が決まると、これでいいのかと思えてきた、だから、結婚をやめようと考えた・・ってわけでしょ?
なんか、わかるぅ~!
スキー場での出会いってだけで、日常からかけ離れてるもんね。(笑)

日常に戻ってつきあってみたら、自分は二流だからと自分を卑下する男だし、
社長令嬢の恩恵の甘い汁にすっかり浸かりこんでしまっている男だし、
別れると言えばすがってきて、しかもそれは愛ゆえではなく、金目的か・・?と思える言動・・・
うーむ・・こりゃ愛が覚めても、愛を疑いたくなっても仕方ないと思うわぁ~!

ま、だからって、あの真面目そうな芽衣がシャッフルに「参加します!」っていいだすのはちょっと突拍子もない感じもしますが、
それが大前提ですので、そこは何も言わないでおきましょう・・・
最後まで渋っていた啓も、やる気を見せてきましたし、
さぁ、次回からシャッフル開始!ってことのようです。

さて、他の面々ですが・・
セレブな人妻と付き合ってるカメラマンの旺次郎・・
パケラッタか・・・懐かしい・・・で、ちょっと笑えた自分が悲しい・・・。(笑)
旺次郎は本当に人を愛することを自ら避けてる気がしますねぇ・・
このシャッフルの末、本当に誰かを愛せるようになるんでしょうか・・?
セレブ妻の玲子は・・コメントいないでおきましょう・・
もうちょっと別のキャスティングでもよかった気がするんだが・・・(汗)

金持ちの株トレーダーと付き合ってた愛瑠。
ストーカー気味の諭吉に辟易していて、シャッフルに参加することにしたみたいだけど・・
一筋縄ではいきそうもないよねぇ、この彼女も。
どう変わっていくんでしょうか・・。
DAIGOですけど、想像していたよりも、演技は大丈夫でしたね。
足を引っ張らない程度で安心しました。(笑)


心療内科医の菊田は、「3ヶ月後、20歳の誕生日に死ぬ」って言ってる患者・海里を参加させてました。
飄々としてて、自分は感情に流されないって感じですが、
最後までそんなクールでいられるでしょうかね・・?
海里は・・・うーむ・・・この子担当になった男性は、振り回されそうだよねぇ・・・?(汗)
「本当に誰かを好きになったら、相手を傷つける」って本人も言ってたけど、
うん、私もそう思う・・。(汗)


海里は3ヶ月後に死ぬ・・と。
芽衣と啓は3ヶ月後に結婚式・・と。
玲子の旦那は3ヶ月後に出張から帰ってくる・・と、3ヶ月後がこのシャッフルの期限となりそうですね。

それにしても、すごくバブリーなマンションだったねぇ・・
あの年であんなマンションに住めるなんて、羨ましすぎる・・。
ま、こうやって非現実的な空間にしてくれたおかげで、
自分の日常ではない気がしてすんなりと入り込めたような気もしますけど。


まずは、愛瑠と旺次郎、玲子と啓、菊田と芽衣、諭吉と海里ってことになりそうです。
一週間でシャッフルを続けていくみたいだけど、どんなふうに動いていくのかな・・?


★ STORY ★ 20代半ばから30代の、高級マンションの同じフロアに住む男女4人が、ふとした事から顔見知りになり、なんとそれぞれの恋人を「恋人交換=ラブシャッフル」することになる!!
★ 期待度 ★ 設定としては許せない気もしますが、ま、ドラマなんで・・・(笑) 野島さんがどう描くか、楽しみですね。