メイちゃんの執事
 火曜9時〜 フジテレビ
 脚本・・・古家和尚   演出・・・・石川淳一ほか   P・・・橋本芙美 
 主題歌・・・ 「My SunShine」 ROCK A TRENCH
ドラマ「メイちゃんの執事」オフィシャルフォトブック
オフィシャルフォトブック
原作
メイちゃんの執事 1 (1) (マーガレットコミックス)

「メイちゃんの執事」 
宮城理子
My SunShine
主題歌
メイちゃんの執事 オリジナル・サウンドトラック
サウンドトラック
メイちゃんの執事 DVD-BOX
DVD-BOX
◆ 出演者 ◆ 柴田理人
東雲メイ
柴田剣人
ルチア

山田多美
竜恩寺泉
華山リカ
天羽凛
夏目不二子
根津
四谷
仲本夏美
仲本美冬
仲本秋子
仲本春平
本郷金太郎

















水嶋ヒロ
榮倉奈々
佐藤健
山田優
向井理
谷村美月
岩佐真悠子
大政絢
忽那汐里
中別府葵
姜暢雄
丸山智己
星井七瀬
北川弘美
石野真子
杉本哲太
津川雅彦










… …




執事 最高位Sランク保持者 21歳
うどん屋の娘→財閥の孫娘 17歳
理人の弟 メイの幼馴染 見習執事 17歳
本郷家の養女 メイを敵視
ルチアの執事
聖ルチア女学園・陰ランクの生徒 メイの同級生 17歳
聖ルチア女学園・太陽ランクの生徒 メイの同級生 17歳
聖ルチア女学園・月ランクの生徒 メイの同級生 17歳
聖ルチア女学園・月ランクの生徒 メイの同級生 17歳
聖ルチア女学園・月ランクの生徒 メイの同級生 17歳
不二子に仕える総合ランクBの執事 25歳
凛に仕える総合ランクBの執事 30歳
メイの親友 17歳
夏美の姉 OL 25歳
夏美の母 40歳
夏美の父 41歳
本郷グループの党首
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「ラストkiss」    2009.03.17.                            

ハッピーエンドだから、なんでもいいや!っていう、かなりアバウトで心地よい最終回でした。(笑)

あんだけ際どいとこにボーガンが刺さった理人ですが、
デュエロ、やってましたねぇ〜!
忍、本気でかかってきやがるし!
でも、大事なのは執事とお嬢様の信頼関係・・ってんで、
いたいところを突かれた詩織がメイを刺そうとしやがり、
それをかばった理人!かっこいいけど、丈夫すぎです!(笑)
心折れたルチアさま・・・
そしてメイの勝利・・・と、意外とあっけなく終わっちゃったデュエロでしたな。(汗)

あとはメイが本郷家を継いでいくにあたり・・っていう流れでした。
自分の素性が全部ウソでかためられてしまうことに抵抗を感じるメイ。
それを、優しい微笑みで見守る理人・・・
何をしても、メイさまには私がついております・・って感じで、
いやぁ・・・微笑まないでください、理人さま。
倒れてしまひます、ってなもんです。(笑)


で、本郷家の追っ手から逃げまくるメイと理人。
仲間たちがこぞって救ってくれて、
Sランク執事目指してイギリスに旅立つ剣人の見送りに駆けつけました。
勝負はほど理人勝利の「メイ争奪戦」ですが、
剣人は可能性を信じて時間をかけて再度アタックするようです。
そんなところも剣人らしくて、この子にも幸せになってもらいたいもんだ・・としみじみでございますな。

そしてメイはお嬢様目指して日々精進・・でございます。
そばには理人が・・・
幸せそうで何よりだけど・・・まだ二人がおおっぴらに思いを伝えあう状況ではないわけですな。
とりあえず卒業するまではヒミツに・・ってことで、
二人の中では気持ちは固まってるようです。
最後のキスも、理人のメイへの思いの告白も、もう、ありがとうございますっていうくらいの
ヒロくんの魅力全開でございました。

ふぅ・・・・お腹一杯ですわ♪
でも、もう一回巻き戻して見ようっと♪♪

その後のこの二人を見てみたいので、続編なんかも作ってくれちゃったりすると、嬉しいなぁ・・なんて思っております♪



◆ 総評 ◆

ヒロくんが好きな人にはたまらんドラマだった・・・の一言につきますね。
テイストは「花ざかりのキミたちへ」に似ている感じで始まりましたが、
正直、私はあのドラマは主演が好きではないのでそこまでハマれなかったんですが、
今回は見事にクラクラきてしまいましたよ。
もう、それだけでもいいんです。(笑)
なので、総評もそれだけってことで、よろしくお願いします。(笑)
でも、唯一望ませていただけるのなら・・
メイちゃん役は、もうちょっと「可愛い」感じの子が良かったかなぁ・・・
奈々ちゃんが可愛くないってんじゃなくて、ちょっとデカすぎっつーか。(汗)
「守ってあげたい」っていうキャラではない感じなんだよねぇ・・
そこが惜しかったかなぁ・・って気がしますな。



  ◇  ◇   「死なないで、理人」    2009.03.10.                          

「私はメイ様の執事ですから・・」
「剣となり盾となりましょう・・・」
もう、このシーンだけでお腹一杯です。(笑)
あんなこと言われたら、もうその場で倒れます。(爆)


理人が戻ってきて、よっしゃ!と立ち直ったメイだけど、
金太郎爺さんは、詩織を後継者に・・・と決めてしまいます。
しかも、アメリカで開かれる会議に出席するために理人同伴で行けと詩織に命じ・・・
もう、勝利を手に入れたルチアさん、おっほっほ状態です!
ま、優位に立ったってことで、ゆとりを持てばいいのに、
理人が今もこれからもメイに仕えるって言っちゃったもんだから、
カッチーンときちゃって、両親の骨なんて、バラバラに捨ててやるわい!と挑発してきやがる!
ここまで言われて黙ってんのか、メイ!!と言いたいとこだけど、
母親が学園長の婚約者であった父を奪い取った話を聞かされ、
凹んでしまって言い返せず姿を消してしまうのよ。

そこにやってきた理人・・・
自分たちに何かがあったらメイは本郷の父に連れていかれるだろうと予測し学園長に手紙を預けていた両親。
なんて用意周到・・・
ってか、それを学園長に預けるなんて、ちょっと無神経・・?(汗)

そこには、何をするにも覚悟を決めろというようなことを書いてあって、
やっとメイは、覚悟を決めて詩織に立ち向かうのでした・・・
ってことですな。
金太郎爺さんも、メイに足りないのは覚悟だけと言ってたので、
メイが詩織に申し込んだデュエロの結果次第では、後継者も変わっちゃうかもね。

デュエロは忍VS理人てことになり。。。最終回ですねと思ったら!
なんと、ルチアさまのため・・・ってタミーが理人をボーガンで撃っちゃった!
なんか、ビックリっていうか、妙に笑えた。(笑)
いかん、笑っちゃいかんけど、あまりな展開に笑えた。

ま、死にゃせんだろうしね♪

きっと忍の気持ち次第って気がしますね。
大切な詩織のために理人を・・ということができるか・・ってとこじゃない?
そんな忍の気持が詩織に伝わり、理人は無事にメイのもとへ・・・となるといいですね。


  ◇  ◇   「決闘!!理人VS剣人」    2009.03.03.                          

ごめんよ、剣人ぉ〜!
ジャマ者だなんていって、ごめんよぉ〜!
カッコいいよ、アンタ。男だよ、アンタ!見直しちゃったよ!!!

ちょいと泣けたよ・・・・


田舎に帰って暗い日々を送るメイ。
そんなメイを励ましたい面々がやってきても、メイは戻ろうとしない・・・
戻らなくていい、オレがメイを・・・と必死に頑張る剣人だけど・・
何をやっても暗い表情のメイを見て、自分ではダメなんだとわかってしまったんだね。
それでも意地を通すか、あきらめるか・・・
剣人のとった行動は、なんとも男らしいモノでした。

メイ同様、追い込まれた状況から動こうとしない兄・理人のもとへ行き、
このままではにっちもさっちもいかないんだ!とケンカをふっかける。
オレはメイのためなら何でもできる!絶対渡さない!!
それは自分の宣言でもあり、理人の目を覚まさせるための薬でもあるわけで・・・

このことが理人の気持ちを呼び起こすかもしれないことは十分にわかっていた剣人は、
それがメイのためなら・・とケンカをふっかけたのさ!
なんて男前なんや・・・
ウジウジ理人より、剣人にクラクラきまくりでしたわよ!!


みるくが迎えに来て学園で二人の決闘を目の当たりにしたメイ。
止めようとするも、執事・・いや、男たちが止めて、見守ることに・・・
二人の思い・・・そして、自分の思い・・・
ここでメイは確信したでしょう・・・
勝負に勝った理人の手をとりました・・・

今回は、素敵執事・理人の出番はあんまりなかったですが、今後に期待したいですな。
ただ、すでに恋の敗者になってしまった剣人も気になる存在になってしまい・・
いやはや、見てる方は辛いっす。(笑)

メイのところに戻った理人をルチアが簡単に手放すとも思えないし、
とうとう本郷の爺さんが動き出すようだし、最終回に向かって動き出した・・ってわけですな。
とりあえず、執事とお嬢様として学園を卒業し、
その後、理人と結婚する・・・ってんじゃダメですか?

卒業後ならいいんじゃない・・?って思っちゃうんだけど・・・
それは爺さんが許さないか・・・?


  ◇  ◇   「オレがそばにいる」    2009.02.24.                             

窮地を救ったのは・・・タミーの執事でしたね。
で、そこに忍もやってきて、とどめを刺すことはできなかった・・と。
忍、やっぱり自分の中の矛盾と戦ってるみたいですな。

自分のせいで、たくさんの人を巻き込んでいる・・とタミーに言われ、
自分だけが我慢すればいい話ではないんだ・・と思っちゃったメイは、
退学を申し出、周りのみんなは必死で引きとめようとするんだけど・・・
数々の引き止め作戦、どいつもこいつもスベってるし・・・(汗)
最後はうどん作戦!ときたけど、それでもメイの決意は堅くて・・・

そんなメイに、理人は自分の思いを告げてしまいます。
詩織の精神状態が悪くなり、思いにも応えられないと思った理人は執事を辞めることを決心していたんだけど、
剣人と戯れるメイを見て、この人に仕えたい・・・って思っちゃったらしい。
このときすでにメイ=本郷家の孫ってことはわかっていたから、
いつの日か、そういう日が来たらぜひ・・って思ってたみたいね。
そして実際に仕えてみたら、執事としてだけでなく、男としてメイに惹かれていってる・・と。
うむ、両思いやんけ!
二人して学園を飛び出し、恋愛しちまいな!と言いたいとこですけど・・・
邪魔ものが。(笑)
剣人ですわい。
あたしにしてみたら、剣人は邪魔だわぁ〜!

そりゃさ、理人よりもずっと前からメイを見つめてきたわけだし、
今回もいろいろと助けてくれたのは事実だけど・・・
個人的に、メイは理人とくっついてほしいんです!
キミの思いは、申し訳ないけどかなわないと思われるので、早々にあきらめてくれないかなぁ〜ん・・・
ごめんね、剣人。
なので、最後の「オレじゃダメか?@あすなろ白書」抱きも、キュンとこないどころか、
やめなさいと思ってしまいました。てへ!(笑)


メイを失い放心状態の理人・・・ルチアのもとに運ばれちゃいましたが・・・
そんなルチアを見て、忍も複雑そうですよ。
学園長はルチアに忠告してましたし、このルチア様、一体どうしたら諦めてくれるんだろうか・・
ってか、おじい様はいつまで静観なさるおつもりかしら?


  ◇  ◇   「剣人の大告白!!」    2009.02.17.                             

まさか、まさかの・・・
前回終わりでルチアにチクってた女って・・・・タミーだったのね・・・(涙)
一番害がないって思ってただけに・・・ショックずら。
そっかぁ・・・こいつもルチアの手先だったか・・・

理人とメイの抱き合う写真が学園中に張り出され、
それが問題となり、とばっちりを受けた不二子と根津まで謹慎状態・・
で、ソーレのやつらが「執事シャッフル」を言いだし、
メイの執事は豆柴、理人はルチアの執事に・・・
ここもさ、タミーが純粋にクジで決めた・・って感じだったけど、
ここから仕組まれてた・・ってことになるのかしらね。
くっそーっ!


豆柴はそれなりにメイに尽くそうとするんだけど・・
メイの視線はずっと理人・・・
やるせない剣人の思いを挑発するのが、忍や根津・・・
ここままでは兄ちゃんに取られちゃうぞ・・・ってね。
で、とうとう剣人、メイに告白しちゃった!!
いやぁ・・・そうしちゃうとさ、もうそばにいにくいよねぇ・・・
で、剣人、ヤケになったのか、舞踏会の当日、「もういいじゃん」と、執事シャッフルの解除を提案。
これを堂々と言えるのは、確かにまだ執事らしくない剣人でないと無理だったかもね・・
それを聞いて、みんな、自分の執事を取り戻すんだけど・・

やっと理人が戻ってくると思ってたメイに、タミーが「時のない館」で理人が待ってる・・と言い出して、
メイはそこに入っていってしまうんだけど・・
中で待ってたのは、剣人・・・
ルチアのためにタミーが仕組んだことらしい!!
これで、二人は「執事とお嬢様の恋」という濡れ衣を着せられちゃうのでしょうか??

次回はメイが学園を辞めると言い出すみたいです。
ま、辞めはしないだろうけどね。(笑)
そうそう、この学園ができた当初、恋に落ちちゃった執事とお嬢さまがいて、
そのせいで「執事との恋はご法度」っていう決まりができたみたいだけど、
それってメイの両親のことかなぁ・・?

学園を辞めて理人とくっつけるなら・・それでもいいやん?って思っちゃうんだけど・・
両親の骨は、ルチアに頼み込んで・・ってわけにはいかんのか?

今回は「素敵執事」の理人さまの出番が少なかったので、ちょっとさみしかったどす…(涙)


  ◇  ◇   「理人が抱きしめた」    2009.02.10.                             

あ・・・理人が抱きしめちゃった・・・
そんな感じのエンディングでしたねぇ・・
いやぁ・・うっとりんこ♪
ガバッ!って感じの抱きしめ方ではなく、執事らしい距離が若干あったのが、
理人らしいっつーか、物足りないっつーか。(笑)


今回は、MI7こと、みるく(吉田里琴)と執事・大門(鈴木亮平)のお話・・
みるくちゃんって今までそんなに表に出てきてなかったので、どんな子なのか全然知らなかったけど、
そんな能力の持ち主だったんだねぇ・・・
しかし、完全に「物扱い」されてるのが可哀相だったなぁ・・
そんなみるくちゃんを、初めて人間らしく、子供らしく扱ってくれたのが大門・・・
大門もその組織の人間であるのは間違いないんだけど、
みるくにとっては大事な人だったのよね。

で、そのみるくを追い込んだのは・・・・ルチア様。
自分の思い通りにならないヤツは、とことん排除・・っていう考えらしく、
自分に刃向ったみるくを追い出そうとしてたらしい。
最終的に収束させたのもルチアなんだけど、最後までみるくちゃん、カッコよかったっす!
すごいのはIQだけじゃないのね♪
他のやつらにも見習ってもらいたいもんだわ!

みるくを救うために動いたメイと剣人だけど、
学園追放になりそうになっても、泉のおかげで嘆願書が出されて助かりました・・
しかぁし!違う問題が!
みるく問題に巻き込まれて震えていたメイを、思わず抱きしめちゃった理人の姿を
写真に撮られていて、公表されちゃったのさ!
これをルチアにチクってのは誰じゃ・・・?
どうなっちゃうんでしょ!
このままでは、理人はメイの執事ではいられなくなっちゃうかも・・?(汗)


それにしても、ルチアの理人に対する執着はすごいねぇ・・
理人欲しさにメイを追いこんでるわけでしょ?
そのルチアの手助けをする忍のきもち・・・複雑ちゃうんかなぁ・・?
他の執事を欲しがるご主人さまの願いをかなえようとしてるわけでしょ・・?
うーむ・・・




  ◇  ◇   「あなたを求めてる」    2009.02.03.                             

今日も言っていいっすか・・・・ヒロくん、カッコえぇ〜!!
ついでに、今日の奈々ちゃんは可愛かった!

しかし・・・・豆柴は、ちょいウザでござる・・・(滝汗)

泉とのデュエロは、ま、結果は見えてたけど・・
でも、あの蝶ネクタイに泉が気づいてくれないとは、なんとも悲しかったなぁ・・・
木場くんもきっとさみしかったと思うぞ・・?

で、泉の負け…で、木場は実家に戻されるのか?ってことになるんだけど、
メイが「私が勝ったから、木場さんは泉の執事のままで・・」という願いを言い出すも、
何だか意地でも木場を連れ帰りたい泉ママ。
そこに理人が出てきて、この泉ママのヒミツを暴露・・。
なんと、泉の継母であるこの人が産んだ息子、泉のお父さんの子じゃないらしい!!
泉パパは、それを知らずに死んでいったのか?切ないじゃねぇのさ!!
で、その相手の男から脅されて、竜恩寺家を乗っ取れといわれて泉を追い詰めようとしてたようで・・・
バレたんなら仕方ねぇ。。と、泉ママは頭を下げ出ていこうとするも、
心がブチ広い泉さまは、なんと、許してさしあげた・・・
今後、反旗を翻さないよう、しっかり見張ってないよね!

さて、無事に木場が執事のまま・・となった泉は、メイに「私にアンタを追い出せと命じたのは忍」と告げ口するのよ。
なんで・・?と思ったメイを、忍はある場所へ・・
詩織のいる温室に連れて行き、中にいる詩織と理人姿を見せつけるのさ!
1年前、理人は詩織の第一執事、忍は第二執事だった・・・
でも、メイが来たから理人は詩織のもとを去り、二人は思い合ってるのに引き離された・・
ご主人さまである詩織の思いをかなえたいから・・・というのよ。
メイはショックなんだよねぇ・・
ちょっと理人を意識しはじめてるときだったからねぇ・・
でも、その忍の言葉にも、理人と詩織が抱き合う姿にも負けない!っていう感じでしたね。
ただ・・・執事との恋愛はご法度なんだけど・・(涙)

食事をするシーンのメイと理人、かわいかったですね♪
理人をチラ見するメイも可愛かったし、そんなメイに戸惑ってる理人のほほえみも素敵でした。


さぁ、こうなると、詩織が前に出てきちゃいましたよ。
裏工作でどうにもならないなら、自らやっつけてやる!!ってですか?
負けるな、メイ&理人ーっ!
前に出てきたことを後悔させるように、逆に追い詰めてやれーっ!!

どれにしても・・詩織がメイを襲おうとしてることを知ってる爺さま・・・
ったく、何を考えてるのやら・・。


  ◇  ◇   「あなたに仕えたい」    2009.01.27.                             

なんか・・・・のんびりと話が進むなぁ・・と思ったら、
えっ?終わり??次回に続く???って感じで、ちょっとマッタリんこ。(汗)
別に2話にわけなくてもいいのにねぇ・・・。


ルチアの正体を知ったメイ。
ルチアは、自分が後継ぎになったら、両親の骨は一緒にしてあげるって言ってくれて、
メイはこの学校にいる意味を失ってしまい・・
しかも、ルチアの正体を知りつつ自分には内緒にしていた理人に対して不信感を持っちゃったりと、
メイと理人の仲に亀裂が・・・・。

でもさぁ、そもそも、両親の骨を一緒にしてあげたいっていうのが在学の理由ってのも
イマイチピンとこないんだけど、
ルチアのことを黙ってたってことで理人を無視したり怒ったり・・ってのも、イマイチわかりにくい・・。
執事ですもん、他の人のこと、ペラペラ離さなくても仕方ないじゃん?
学校にいる理由がないなら、辞めればええんちゃう?って思っちゃった。(汗)

そんな中、泉は竜恩寺家の跡取りではなくなり学校も辞めて、執事も返さなくちゃいけなくなり・・
何より、泉は執事の木場と離れるのがイヤらしく、
「ルチアさまに頼めば・・」と忍が耳打ちし、泉はルチアに頼んで、その代わりにメイを追放しろと言われちゃいまして、
メイに対決を申し込みました。

メイは木場が泉と一緒にいたいって思ってることを知ってるので何とかしてあげたいけど、
対決をする理由はないもん・・って感じで、
しかも、理人は「私はいけませんが頑張って」とか言うし、
行く気はさらになくなっちゃうわけだよ。
ま、最終的には対決場所に行くんだけど・・・
ここで続くっすよ。
なんか、かなり中途半端な出来だった気がするなぁ・・
もうちょっとテンポよくいってもらいたいもんです。

それと、どうやらまだ理人はメイにヒミツにしてることがあるみたい・・。
「私がメイ様にお仕えしたいのです!!」って言いはるところにその理由があるのか・・?

だって、Sランク執事の理人がメイにこだわる理由・・まだわかりませんもんね。


  ◇  ◇   「命をかけて守る!!」    2009.01.20.                             

結局、何やかんや言いつつ、やっぱり楽しんでる私がいるような・・・(笑)
ほぼヒロくん目的ですけど。むふっ♪

イジメ組の中でも、見るからにイジメキャラのリカがメインのお話。
難癖付けてメイを追い出そうとするリカは、戦いを申し出て、執事同士がフェンシング対決・・・
理人はメイの「勝って!」という言葉をで本気を出して勝ち、
リカの執事・青山はメイの執事に・・
この時点で理人は青山を使ってリカをけん制し、しかもメイの株をあげようと考えてたのかな?
理人らしくない横暴な態度を青山にたいしてとってたもんなぁ・・

青山のリカに対する思いを知り、リカに返そうと考えるも、
舞台は理人が整えておりました・・
剣人には悪いけど、ダメ執事のせいでリカが恥をかく・・っていう状況に追い込んで、
青山自体を動かし、最終的にリカに頭を下げさせる・・ってわけだ。
うーむ・・・理人、策士ね♪
結果、メイはランクアップのために必要な宝石をゲットして、ちょっと前進・・ってとこみたいね。
あの宝石を誰にいつ、どんなときにあげるか・・ってのは、
あの学園長・ローズの判断・・ってこと?
一体、誰が仕切ってんだ、この学園は・・?


全面的にリカが味方に・・ってことではないけど、とりあえずイジメ組から一人抜けた・・のかもね。
唯一公平に物事を見ていた泉の存在は貴重だったけど、
どうやら、それも怪しくなりそう・・
きっと、ルチアが手をまわして泉が公平ではいられない状況に陥れるんだろうね。

このルチア、なんと本郷家の跡取り候補の一人・本郷詩織っていう名前らしい。
おしとやかで優しそうなお姉さま・・って存在のルチアだけどさ、
山田優ちゃんが演じてる時点で、そんな可愛い存在ではないことは最初から想像できたよね・・。(笑)
メイの前で正体を明かしたわけですが、メイをどうするつもりかねぇ・・?
ってか、本郷の爺ちゃんは一体何をしたいんだか。
詩織とメイ、どっちが後継ぎにふさわしいか、見極めようとしてるのかしら・・?


この学校の大原則「執事との恋愛禁止!」
ま、そうはいかないだろうってのは想像できますけどね・・・♪

そうそう、メイちゃんが来ていた青いドレス・・・
あまりにも似合ってなかった気がするんだけど・・・?
まだまだお嬢様にはなりきれてなくて、服に着られてるってことを演出したくて、あんな風に似合わないのか?
それとも、本当に似合わないのか・・?(汗)
前者だと思っておこう・・。(笑)


  ◇  ◇   「女性の願望叶えるイケメン執事たち!!」   初回69分SP    2009.01.13.       

いやぁ・・・・参ったね。
水嶋ヒロくんの素敵執事っぷりには!
うっとりんこですよ・・・
私、礼儀正しい、言葉使いが美しい、背筋の伸びた、低音の声の持ち主に、弱いんですよぉ〜!
イケパラ(花ざかりの君たちへ)によく似た香りのするドラマですが、
設定が「執事」なので、イケパラみたいにチャラ男苦手な私としては、こっちの方が好きです。


んが!
女子たちがねぇ・・・
お嬢様学校にやってきた一般人をイジメ追い出そうとする・・
キャンディ・キャンディを思い出してしまったわ。(古っ!!(笑)))
「花より男子」にも似てるよね。
しかし、こういうイジメ設定は好きじゃないんだよねぇ・・

しかも、陰湿やし。
「花男」は好きだけど、イジメ時代はあんまり好きではなかったもんなぁ・・(汗)
落とし穴に落とすくらいにしてりゃいいのに、灯油ぶっかけて火をつけるだ?
結局水による脅しだったけどさ、やることがえげつない。
しかも、料理対決では腐った食材と入れかえ、それでも頑張って作ったうどんをゴミのように扱う・・
本当に見ててムカつきますな。
それにね、そのイジメる側の女子生徒たちが、個人的に苦手なタイプの子ばっかりで、
見てて辛いんですわい・・・。

でも!それを補うくらいのヒロくんの素敵執事・・・
うーむ・・・見続けるべきか、悩みどころですわ・・・。(汗)


それにしても、佐藤健くん、「豆柴」呼ばわりが可哀相だったけど、
奈々ちゃんとヒロくんと並ぶと、確かに「お豆」・・・(汗)
言い得て妙でございました。
奈々ちゃんは髪を切ってから可愛くなってる気がしますけど、かなりおぼこいですねぇ・・
今後、セレブとして磨かれていくうち、キレイになっていくのかな?

はぁ・・・
昨日の「ヴォイス」と違って、登場人物が多すぎて目が疲れた気がするのは気のせいか・・・?(笑)



★ STORY ★ 主人公のメイは平凡な高校生だったが、両親を事故で亡くす。そんなメイの前に現れた美青年・・・財閥の孫娘だと知らされたメイは全寮制の学校へ転校することとなり、執事として美青年理人がつくことに・・
★ 期待度 ★ いやぁ・・・・ヒロくんの執事っぷり、楽しみ!それに、奈々ちゃんってショートのほうが似合うよねぇ〜!すごく可愛くなってる気がします!ちょっと楽しみなドラマですね!