BOSS
 木曜10時〜 フジテレビ  
 脚本・・・林宏司  演出・・光野道夫  P・・・村瀬健 
 主題歌・・・ 「Best Of My Love」 Superfly
主題歌
My Best Of My Life
サウンドトラック
BOSS オリジナル・サウンドトラック(仮)
DVD-BOX
BOSS DVD-BOX
◆ 出演者 ◆ 大澤絵里子
野立信次郎
木元真実
花形一平
奈良橋玲子
岩井善治
池上浩
山村啓輔
片桐琢磨









天海祐希
竹野内豊
戸田恵梨香 
溝端淳平
吉瀬美智子
ケンドーコバヤシ
丸山智己
温水洋一
玉山鉄二








警視庁捜査一課 特別犯罪対策室 リーダー 40歳
警視庁 参事官補佐 40歳
特別犯罪対策室 刑事 23歳
特別犯罪対策室 新米刑事 23歳
鑑識官 34歳
特別犯罪対策室 刑事 37歳

特別犯罪対策室 ベテラン刑事 50歳
特別犯罪対策室 刑事 32歳
◆ レビュー ◆
  ◇ CASE ◇   「衝撃の最終回拡大SP…裏切りの果て」   最終回69分SP   2009.06.24.   

そうはいっても、野立はきっと敵ではない・・・そう信じてた。
でも、泣くし!絵里子が泣くし!!
泣きながら撃つしっ!!

・・・それも演技だったってわけでしょ?
いやぁ・・・・すごいねぇ・・刑事ってすごい演技力が必要なのね!
感心、感心♪

さて、高倉(反町隆史)がすんごい爆弾を仕掛けちゃって、
それを解除できる人はいない!ってんで、爆弾魔で服役中の野垣泰造(武田鉄矢)を呼び出した絵里子。
力を借りて解除していこうとするんだけど・・・最後の最後で野垣の言うことを信じませんでした!
私もね、「こいつ、絶対面白がってるから信じちゃダメ!!」って思ってましたよ。
でも、たくさんの人を救うためなら、犯罪者にも頭を下げちゃう・・・すごいっす。
この二人のやりとりは、かなり緊張感があって、見ごたえありましたね!

そして警視総監誘拐事件・・・
高倉の要求は、服役中の仲間の釈放・・・
仲間と交換を条件に、絵里子と木元、そして屋田健三(相島一之)が移送することになるんだけど・・・
もうね、この最終回が始まってすぐに、片桐の表情や、絵里子とのアイコンタクトを見て、
あぁ・・・真相に気づきましたね?ってわかっちゃったよ。

で、妙に屋田をからめてくるあたり、コイツが本当の悪者なのね?ってのはわかっちゃいましたね。

そうは言いつつ、人質交換の場面は緊張しました・・・
野立、総監撃っちゃうし!
その野立を絵里子は撃っちゃうし!迷わず心臓、撃っちゃうし!!
えぇ〜!マジで野立、悪者やったんすかーっ!ってなもんでしたが・・
その野立に近づく屋田の姿を見つつ、
「そこでほくそ笑むんでしょ?しめしめ・・って顔、するんでしょ??」ってテレビに向かって祈っちゃった!(笑)

その通り・・・屋田は、横領の証拠を野立のポッケにしのばせる・・
はい!カーット!!ってなもんです。
お尻からムクムクッと起き上がる野立!
よかったーっ!やっぱり悪者じゃなかったんだーっ!!
・・・しかし、総監を撃ってたよね・・?と思ったら!
スキップしながら総監、登場!!可愛すぎるやないかいっ!(笑)

前回終りの野立の去り際のほほえみ・・・ありゃ、笑えるくらいヤバイっすっていうことみたい!
ピースしながら微笑んでたかと思ったら、あれは絵里子へのサインだったそうで!
いやぁ・・・もう!二人にしかわからないサインがあるなんて、ずるいぃ〜!(笑)

とにかく、野立が生きててよかった、裏切り者じゃなくてよかった!それだけです!
そして最後は、いろんな方面でほんわかムードで終わりましたし!
「離婚弁護士」の間宮まで登場させてくれたし!(巨乳・・?(笑))
何より、続編をにおわせて終わってくれたし!
読めたオチだったけど、ハラハラさせられたし、面白かったので、満足な最終回でした!

「めざましテレビ」で天海姐さんが言ってたけど、続編、希望させていただきますよ!!
ただね・・・これだけのメンツ、また揃えるの、大変だよね・・?
まさか、ドラマじゃなく、映画ってことになるのか・・・?
うーむ・・・私としてはドラマがいいんだけどなぁ・・・

・・・で、絵里子はどこ行ったんだ?
ソリマッチーも再登場を匂わせてたし・・・続きが気になるなぁ〜!



 ■ 総評 ■

天海姐さんは大好きで、他のキャストも結構好きな人が多くて、
しかも話も面白そうだったし、最初から期待しておりましたが、裏切られずに最後まで楽しめました!
やっぱり、素敵っす、姐さん!!
私もついていきたいっす!!(笑)
続編、ありますよね?待ってますよぉ〜!
そのときは是非、また竹野内くんも出てほしいです!
ってか、全部のメンバーをそろえてほしいです!
・・ケンコバはどうでもいいけど・・・(汗)



  ◇ CASE ◇   「容疑者はボス!?最後の事件」    2009.06.18.                  

冒頭の海のシーン・・
「あぁ・・・ふぉえばーよらぁぶ・・」と「ビーチボーイズ」の主題歌が聞こえて来そうな感じでしたね。(笑)

やっぱソリマッチーは海が似合います♪
そして竹野内くんとの再びの共演・・わくわくですね♪

さて、今回は3つの話が別々に動き始め、
最後には一つにつながりました・・

一つは、片桐に持ち込まれた警視庁の裏金問題。
小野田さんも一緒にこれを追い続けるんだけど、最後にたどり着いたのは・・
現在の裏金プールの場所は、特別犯罪対策室・・
これを立ち上げたのは・・・野立・・・。
そして小野田は何者かに襲われてましたね・・・

もう一つの事件は、連続爆弾事件。
町中のゴミ箱と、大学の講義室が爆破され、そのうちの一つの爆弾から絵里子の指紋が発見されて大変!!
絵里子尋問!まではちょっと笑える展開だったんだけど・・
この指紋の理由は、絵里子のカレシである池上浩に贈った時計からだろうと推測され、
浩の弟・健吾(石垣佑磨)が出所して行方不明であることから、健吾を追うことになったんだけど・・
木元が、爆弾の規模に気づき、警視総監の感謝状授与式が狙われてるのでは・・?と気づくんだけど・・

そのころ授与式には、テロ組織・黒い月のメンバーが乗り込んでました。
そして、それを手引きしたのは・・・・野立・・・?
シャッターを修理させたのも野立・・
この組織のボスらしき人間・高倉(反町隆史)と意味ありげなアイコンタクトをとってたと思えば、
この場所の警備の人間を動かしていたのも野立・・・
最後は、爆発後、警視総監(津川雅彦)を会場から連れ出したのも野立・・
オマケに、車の中から絵里子を見つけ、オチャメに微笑んで去っていきやがった!

本当に野立は悪い子ちゃんなのぉ〜?
前回終りの予告からそのにおいはしてましたけど、きっと誤解だって信じてたのにぃ〜!!

対策室を謹慎にしたのも、、野立が絵里子を遠ざけたかったからでしょうか・・。

さぁ、盛り上がってきましたね!!
最終回は絵里子VS野立?
武田鉄矢さんも再登場みたいだし、楽しみですね!(金八をからめたのは、そのせいか?(笑))
どうなっちゃうんでしょうか??
そして最後の最後は、いつもの微笑ましい感じで終わってほしいなぁ・・ってお願いしたいです♪

そうそう、池上と絵里子の関係、切なかったですねぇ・・
身内に前科がある者との交際はタブーってことで、キャリアを棒に振って海外にいったわけか・・
自分に近づいたのは弟のせいか・・?って疑われちゃってて、泣きたくなりましたよ・・
このときの絵里子の顔は、いつもは見せない女の顔でしたね・・・



  ◇ CASE ◇   「誰にも言えない…秘密の顔」    2009.06.11.                    

今回の胸キュンは、片桐です。
甘いものが好きなのに、クールに決めてるあたり、可愛すぎです!
パフェ食べながら、ヒゲにクリームついてるし!
シュークリームのクリームだけほじって食べてるし!

もっと、もっとあなたの可愛い一面を見せてぇ〜!!って感じでございます♪(笑)

今回は、虐待をしてる人を殺す連続殺人犯のお話・・・
西名亘(生瀬勝久)が多重人格で、弟がやった犯罪の後始末をしてる・・って思ってたら、
実は西名が殺害をしている張本人だった・・ってわけだ。
キーポイントは、どこで絵里子が気づいたか・・ってとこだけど、
私は、被害者の息子が外で見てたのに、一人しか部屋に入らなかった・・ってとこですね。
絵里子は、マウスの位置が変わってたから・・って言ってたけど、
それは、学生か誰かが勝手に触って位置を変えてた・・って可能性もあるので、はい?って感じだったけど、
確かに、監視カメラでは足を引きずってなかったってのは大きな証明ポイントだよね。

この犯人役が生瀬さんだったってことが大きいですね。
やっぱいい役者さんだと、見ごたえがあります。


さぁ、次回は最終章ってところかな。
残り2話だと思うので、2話で解決・・ってことでしょう。
今まではお茶らけ野立ちゃんだった竹野内くんもがっつり絡んでくるみたいですし、
津川さんや豪華ゲストが登場するようです。
楽しみですね♪


  ◇ CASE ◇   「悲しき銃声…消せない過去」    2009.06.04.                    

とにかく、やまむーが裏主役?っていう回でしたね。(笑)

メインは片桐の過去をからめたお話・・・
3年前、犯人だと誤ってチンピラを射殺しちゃった片桐。
警察上層部は片桐一人に責任を押し付け、真実を隠蔽・・・
現在、その犯人だった男が射殺され、その事件に関係していた刑事も撃たれる・・という事件が起こって、
片桐には犯人から電話がかかってきちゃったりしてたわけですよ。
すっかり組織を信じられなくなってた片桐が、自分を信用する絵里子には心動かされたらしく、
犯人との会話を公表し、真犯人は3年前の被害者の関係者で、しかも情報通の人間・・ってところにたどり着くんだけど・・

まさか、やまむーのフォアンセ・ホステスの菜々美ちゃん(小西真奈美)だったとは!
ま、今回のゲストはコニタンオンリーなんで、そうなるわね・・・と思うんだけど、
いやはや、あのキャピ嬢の菜々美ちゃんが・・
ってことは、やまむーは、ぼったくられた上に、情報まで流しちゃってたという、最悪の結果?
いやーっ!可哀想!!

でも、「うぃっぐ!」っていうしゃっくりは、確かに可愛かったよ・・。(笑)
しかし、毎度、やまむーはいじられキャラですね。
この人に完全に癒されちゃってます。(笑)

それにしても、コニタンが射撃の名手って言われても、ちょっとピンときませんね。(笑)
それに、被害者のチンピラに家族がいなかったから簡単に隠ぺい・・って言ってたけど、
恋人の有無くらい調べるだろうよぉ〜!

片桐もさ、現場に花束が手向けられてるのを見て、親しい関係者がいるんだ・・とは考えなかったのか?
ちょっと納得いかない部分もありましたけど、
ま、これで片桐も「チームの一員になった」ってことで、ヨシとしますか・・。

そうそう、前回終りでカレシに刑事だとバレちゃった絵里子だけど、
あれから連絡が取れてないのかしら・・?
うーむ・・・・そもそも、どういう関係なんだろうね、この二人・・・?


  ◇ CASE ◇   「女VS女の心理戦!」    2009.05.28.                      

難しい・・・
そのトリックは解けませんよ・・・
尋問中に死亡した人がピルケースを持っていたので、薬を利用して時間差で殺したんだろうとは思ったけど、
どんな薬剤を使って・・とか、難しすぎます!
いまいち、一般人にはわかりづらいトリックだったなぁ・・って思っちゃいました。

それにしても・・・
特ダネ欲しさに、人が殺されているのを見ていた・・・なんて、ひどすぎです!
で、そのことを隠すために二人も殺すなんて・・・
もう、死刑確実!っていうくらいの悪質さですね。
よくもまぁ、平然とニュースをお伝えできたもんだわ!
「あなた、ジャーナリスト向きね・・」と言ってましたけど、
「アンタ、女優になれまっせ!」と言ってやりたい。(笑)


今回は、尋問中に人を死なせてしまったってことで担当を外され、
それでも一人、調べを続けた絵里子・・・ということで、
いまいち「チーム」な感じは出てきませんでしたね。
ちょっと物足りない感じです。
ただ、木元がちょっと愛らしい性格になってるのも楽しめました。
ま、なんといっても今回は、絵里子と玲子のやりとりが面白かったです♪
自然な会話なのに、巧妙なやりとり・・
絵里子のちょっとした表情や反応がたまりませんでした!(笑)


そして最後には絵里子=刑事ってことが池上に知られてしまいました!!
ま、テレビに出ちゃったらねぇ・・・それは覚悟してないとねぇ・・・(汗)
知ったあとの池上の反応が気になりますね。


  ◇ CASE ◇   「天使?悪魔?天才少女の罠」    2009.05.21.                   

いやぁ・・・・見ごたえありましたねぇ〜!
「女王の教室」コンビである、志田未来ちゃんと天海姐さんの戦い!!
素晴らしかったです!

友達が先生を殺したと言ってきた・・完璧に隠ぺいしてやった・・
あとは、他の女教師に疑いの目を向けさせ・・・と考えた由貴(志田未来)
でもねぇ・・・女としても、人間としても、絵里子のほうが格上なんだよーん!!
だいたいさ、あの大人を小馬鹿にした態度、叱ってあげないとダメ!!(笑)
精一杯突っ張ってるのね・・・なんて、大きな心で受け止めなくちゃいけないんだろうけど、
同じアラフォーなオバサンとしては、カッチンカッチンきちゃったわよ!


すんごい流暢なセリフ回しの未来ちゃんにうっとりしつつ、
その未来ちゃんと二人きりの芝居で大人な余裕を醸し出す天海姐さんにもうっとり・・でございました。
真実は、友達をかばっただけでなく、最後のとどめを由貴がさしてた・・ってことでした。
そこまで現場の状況で調べあげていたとは・・・すごいですね。
状況証拠では崩せないから、ちゃんとした証拠を誘導して出させたわけだけど、
とことん、ひっかけたって感じがしますね。(笑)
子供相手に、こんな騙しみたいなことをやらねばならないとは・・・・辛いっすねぇ・・(汗)

でも、殺した理由は、すごく大人でしたね。
嫌われるより、憎まれるより辛いこと・・・忘れられること、いや、存在すら認識されないこと・・・
ここに傷つくなんざ、かなり大人です!!(笑)

それで衝動的に殺してしまったわけですな・・・。

とにもかくにも、志田未来ちゃんが素晴らしかったですね。
ちょっと大人になって、演技もお上手になって、やはり将来が楽しみな女優さんです。

あと小ネタがちょこちょこ面白かったですね。
いつものごとくカバンのヒモだけ持っていく山村さんに、木元が「やまむーっ!」って叫んでたのも笑えたし、
すんごくくだらないギャグで自信喪失な野立にも爆笑したし、
オバチャンのシワに対して同意を求めたら、片桐まで賛同してくれたとこも、「可愛い!!」って思っちゃったし、
ほんと、志田未来VS天海姐さん以外も楽しめる、お腹一杯な回でした♪


  ◇ CASE ◇   「 対決!悲しい復讐の結末…」    2009.05.14.                   

コンタクトをとってきた犯人(山田孝之)。
プロファイリングの手法もまったく通じず、まさか、元警察官で警察を恨んでるのか・・?と思ったけど、
そうではありませんでした。
昔、悪3人にリンチの末に殺された江川さんが、イジメから救った子・田島だったのね。
イジメを止めようとして悪3人に目をつけられ、殺されてしまった江川さん。
その場面を見ていて何もできなかった田島は、匿名で通報することしかできず、
でも、結果、江川さんは死んでしまった・・
こんなことをしたのに数年で出てきた3人が、江川さんを殺した日、パーティやってるのを見て、
絶対許せない!と、自分がやられたイジメの方法を使って殺していった・・ってわけだ。

しかし・・・江川さんと悪3人の関係性で洗っていけば、
3人にイジメられてた田島があがってこなかったのかねぇ・・?
ちょーっと捜査に難がある気がするんだけど・・・(汗)

それに、ここまでに達するには、全部木元のがんばりが大きいじゃん?
モールス信号で居場所のヒントを教えてくれなかったら、無理だったもん!!
そして最後は絵里子の推理で居場所を特定できたわけだけど、
なんだかスッキリしないんだわよ・・。

一番モヤっとしたのは、田島の逮捕現場よ。
なんか、あっけなかったですよね。

確かに、青酸ガス装置のスイッチを押すのをためらってたけど、
それまでも3人殺してる男だよ?
あんな近づき方、危険すぎます!
あそこまで追い込まれた犯人が心変わりする確率より、自棄になる確率のほうが高い気がするんだけど。(汗)
ま、木元の言葉で力抜けてくれて、助かりましたけどね・・。

木元がしっかりとしていられたのは、絵里子がくれたお守りのおかげだったんだね。
手から落ちたとき、大慌てしてたもん・・・
「私たちはチームだから!」って言葉が支えだったんだね。
そしてその通りに救ってくれた仲間・・
これで木元の考え方は変わってきただろうね。

最後の野立の持ってきた写真・・
アイツが平助か、平助がアイツか・・わからなくなる・・ってとこで、爆笑でした!
いやぁ・・天海姐さん、素敵すぎっす!

あんな格好までしちゃうんだもん♪
その写真、コピーしてください!
落ちこんだとき、元気になれそうだし!(笑)

また池上と会ってた絵里子だけど、どうやら池上の弟が刑務所に入ってるみたいね。
この前映った刑務所からのハガキは、弟からのものだった・・ってことよね。
それを絵里子も知ってる・・つまり、その事件に絵里子もからんでる・・ってことかしら?
でも、池上は絵里子の職業を知らないのよね?
どういうことなんだろうか・・。

最後に一言。山田くん・・・いつまでその風貌なんですかね?
最近、いろんな作品のイベントに参加してますけど、どれもこれもその風貌で、怖いんですけど・・(汗)


  ◇ CASE ◇   「悲しみの復讐者 」   2009.05.07.                          

山田孝之くんがゲストってことと、
冒頭のおちゃらけシーンが長かったことから、
あぁ・・・こりゃ、次回に続く!バージョンだな・・・ってのは想像できましたけど・・
それにしても、最後の病院での捜索シーンは長すぎましたね。
引き延ばし過ぎです!

そこが気になっただけで、それ以外は非常に楽しくみられました。

殺人事件発生・・・現場には「4」の文字:・・
確かに、「これ、何かしら・・?」ってとき、目を細めますよね?
「老眼ですか?」ってコラっ!!花形くん!!(笑)
ごめんね、ボス、大笑いしちゃった。(笑)

二人が連続して殺された時点で、怨恨の線を推理した絵里子。
結果、5年前のリンチ殺人事件の加害少年であることがわかり、
残りの一人の命を救わねば・・・と動くも、時すでに遅し・・・
殺されちゃってました・・・
でも、「4」の文字の意味は・・?と考えていたら、
絵里子は、警察の捜査に文句が出ていた・・ってことから、もしかして!って思うのよ。
そこに山村さんが駆け込んできて!!

防犯イベントで途中で帰っちゃって出社拒否していた木元は、
実は犯人に拉致されていたのさ!
まさか、そこに繋がってるとは・・驚いたわ。
木元が箱の中で水攻めにあってるライブ映像が送られてきて、
携帯の微弱電波から場所を特定、映像に医療機器がうつってることから、潰れた病院と推定、
駆けつけてみるも・・・
そこには、水攻めにあってる人形の姿が・・
その人形には「5」の文字が!被害人数が増えたってこと??
木元はどうなったのさ!
犯人はどこにいるのさーっ!ってとこで続く・・・でございますよ。

それにしても。。。冒頭の絵里子と野立の会話、笑えましたねぇ〜!
まみりん、やまむーって・・。(笑)
山村さんを「やまむー」って呼ぶセンス、最高です!!(爆)
それに、泥棒役のメイクがとれない温水さんにも笑えたなぁ〜!

できれば、もうちょっととれないでいれほしかった・・。

でもさ、レンタカーまで辿りついたのなら、ナンバーで追跡すべきだと思うけどね。
そこはちょっと気になってしまいましたね・・。

次回も楽しみです!
今期はこのドラマだけだね、視聴率がいいのは・・。(汗)


  ◇ CASE ◇   「女の敵は絶対に許さない! 」   2009.04.30.                     

「女の敵は女」・・・って最初に言ってましたし、
犯人確保の時点でまだ時間が有り余ってたので、
あぁ・・・犯人は樋口ゆかり(酒井若菜)なんだなぁ・・・ってわかりましたね。

それにしてもさ、ゆかりを追い詰める材料が、
態度があやしかった・・・刑事のカン・・・・程度の材料でいいんですかね?って
聞きながらヒヤヒヤしちゃいましたよ。(笑)

そんなん「言いがかりよ!」って言われて当然です!
しかし、ちゃんと客観的な材料もありましたね。
木元が現場で探したタバコは、まぁ、普通でしたけど、
まさか、山村さんが演技しつつ、ゆかりの指紋等を採取していたとは!
最初に絵里子からの指示があった・・ってことかしら?
すごいねぇ〜!
ケンコバ同様、すっかり騙されてしまってましたよ、あたい!!(笑)

事件関連の感想はその程度ですけど・・・
片桐はなんで定時に帰りたがるのかなぁ・・って思うんだけど・・
ただ単に、無駄に仕事したくないってだけ?
定時に帰らないといけない理由でもあるのかと思ってたんだけど・・
今回は、事件の被害者を勤務時間外に見舞ったりしておりまして、
「ちゃんと残業つけなさいよ」と絵里子に見抜かれてましたね。
優しい男のようです・・。

絵里子のカレシの池上は、刑務所からの手紙を受け取ってましたね。
それを絵里子も知ってるみたい・・・
一体どういう関係でどういう人間なんだ?
気になるじゃねぇかぁ〜!!

次回のゲストは山田孝之くんみたいですね。
もうしわけないですが・・・最近の山田君の風体は、まさに犯罪者の香りが・・・(汗)

どんな役になるんですかね?


  ◇ CASE ◇   「知りたい…好奇心という罪」   2009.04.23.                       

初回ほどのオモシロはなかったように思えますね。
ちょこちょこ小ネタは入ってるんですけど、それほどツボではなかったなぁ・・

どうしても初回と比べてしまうんでね・・(汗)

今回はネットからみの殺人事件。
事件発覚前にネットに書き込みしてた男が、自らを「神」と名乗っていたため、
見ている人からどんどん「神」扱いされていくんだけど・・・
実は事件ではなくどれも事故や自殺と犯罪性のないもので、
この男は単なる犯罪マニアで、消防無線を聞きとり、いち早く現場に行って写真を撮ったりしてたらしい。
その男を捕まえたので事件は終わりかと思いきや・・・
この「神」に触発された人間が、書きこまれた殺害依頼にお答えして殺人をしでかし、
絵里子がおとりとなって犯人を捕まえようとするんだけど・・・

逃げ込んだ小屋を爆発させて自殺・・と見せかけてましたけど、
それにしても、あんだけ警察がいて、追っていくのが大澤班だけってどういうことよ?
なんか、納得いかんところが多かったなぁ・・・・。


真犯人、野村宏伸さんだったのね!全然わからんかった・・・(汗)
ってか、警官の服からいきなりマント姿に変身・・・って、おかしいでしょうよ。
あの制服の下に着込んでたわけ?
あんな狭いトイレで服脱いでたら、ガサガサいってバレるっつの!(笑)
犯人の靴からニセ警官だと気づいた絵里子は、無事に犯人確保しましたけど・・
自分の部屋なんだから、包丁とか持って隠れればいいのに!
武器を持たないのが主義ですか?(汗)

今回は、木元と片桐が銃を撃てないってことはわかりましたけど、
その理由は詳しくはわかりませんでしたね。
片桐にはどうやら過去があるみたいだけど・・。
後々描かれるにしても、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。

それと!絵里子は池上という男性には刑事であることを隠してるみたいね!
一体どういう関係だよぉ・・・気になるわぁ〜!
でも、身長の感じとか、雰囲気がすごくいいですね♪お似合いです!


  ◇ CASE ◇   「最強アラフォー女刑事、ボスになる!」   初回69分SP   2009.04.16.       

面白かった!
私としては、とりあえず今のところ、お気に入り1位ですわん♪
期待通りで嬉しいです!

どこが気に入ったって、刑事ドラマとしての謎解き・・よりも、
キャストの魅力ってところかな?

妙に自分が大好きな野立さんも笑えたし、
新人らしく張り切ってる花形くんも可愛いし、
珍しく陰気臭い役の戸田っちも今後が楽しみだし、
「落としの山さん」の「落とし」が、まさか落し物の「落とし」だったとは・・。(笑)
相変わらずのお色気ムンムンな吉瀬さんも、
組織としてつるむのは嫌い!と言いつつ、しっかりやることはやる玉テツも素敵だし、
何より、もう、すっかりBOSSな絵里子が素敵です!
ただ・・・奈良橋に「お母さん?」と間違われたり、
犯人に「貧乳」と揶揄られたり、
背中見て学べって野立が言ったのに、「広い・・」と新人につぶやかれてしまったりと、
可哀想な場面が多々ありましたね。(笑)

それもまた、このドラマの魅力な気がします!
それぞれのキャラが今後どんな風に生かされ、どんな風に変わって行くのか、楽しみですね!
・・・あ、ケンコバ忘れてた。(汗)
だって・・・特に言うことないんだもん・・・

さて、事件は上半身だけの焼死体から始まり、
連続爆弾魔へと発展していき、最後はその犯人を誘導し落とす・・という展開でしたね。
ま、「時計」が出てきた時点で、あ、時間のトリック使うのね・・ってのは想像できましたけど。(汗)
でも、なかなかの演技でしたよ、絵里子さん!
女ですもの、それくらいはね♪
「女」ってことで見下されることを逆手にとっちゃって、男をギャフン!と言わせるあたり、
女からしてみたら、かなりの爽快感でございますね♪


しかし、一体何があって出世の道を捨てたんだろうね、絵里子さん。
「男」が原因らしいけど・・・
最後に出てきた丸山さん演じる男性がその「男」ってことかしら?
「つまんない」理由じゃないといいけど・・・・(汗)


犯人役の武田鉄矢さんもなかなかでしたね。
昨日の「夫婦道」とは大違い!(笑)
今後の犯人役にも期待したいと思います!

カット割とか、画面の忙しさとかは、ま、気に入る気に入らないがあるかもしれませんけど、
私は「オシャレ」な感じがして嫌いではないです。
「離婚弁護士」で慣れてるからかな?

最近は初回延長は当たり前だけど、「延長しなくても・・」っていうことが多い中、
このドラマの初回は、そんな「無駄な感じ」はなかったですね!
いやぁ・・・久々、大満足のドラマでうれしいわん♪

天海姐さん、竹野内さん、玉テツ、クルクルパーマな溝端くん、丸山智己さん・・・
好きな俳優さんばっかりだと、ほんと、それだけで見てて楽しいわ!


★ STORY ★ 男のために出世を棒に振ったことで左遷させられたものの、その後、問題児を厄介払いするために新設された警視庁捜査1課特別犯罪対策室のトップに就任。そこで“BOSS”として、素行や性格に問題のある刑事たちをまとめ上げて優秀な捜査チームを築き上げるという物語。
★ 期待度 ★ 天海姐さんのドラマです!こういう快活なドラマ、似合うんですよねぇ〜!楽しみです!