スマイル
 金曜10時〜 TBS  
 脚本・・・宅間孝行ほか  演出・・・石井康晴ほか   P・・瀬戸口克陽ほか 
 主題歌・・・ 「ありあまる富」 椎名林檎
主題歌
ありあまる富
サウンドトラック
スマイル オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
スマイル 初回生産限定版 [DVD]
◆ 出演者 ◆ 早川ビト
三島花
町村しおり
河井金太
風間健児
古瀬
高柳
北川
林誠司
柏木啓介
町村宗助
町村みどり
伊東一馬












松本潤
新垣結衣
小池栄子
徳山秀典
鈴之助
北見敏之
池内博之
甲本雅裕
小栗旬
勝村政信
前田吟
いしだあゆみ
中井貴一












フィリピンと日本のハーフ 24歳
高校生 失声症 18歳
弁護士 宗助の娘 一馬のもとで働く 29歳
町村フーズ工員 25歳
町村フーズ工員 通称ブル 25歳
麻薬担当刑事 55歳
刑事 34歳
検察官
かなりのワル ビトと因縁あり
刑務官
保護司 町村フーズ社長 65歳
宗助の妻 58歳
弁護士 48歳
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「僕らが最後に手にした笑顔」  最終回  2009.06.26.                  

最後の2話で脚本家変わったのは、なんでですか?
視聴率が悪いからかえられたの?
宅間さんが書いてたら、最後はどうなったんだろ・・?
それが気になりますが・・

さて、一向に林の父は見つからず・・・
5年経っても見つからないって、もう死んだんじゃない?と言いたくなるくらいですが。(汗)

高裁・最高裁といっても死刑判決は変わらず、
とうとう、執行の日が決まってしまいました・・

えぇ〜!そこまで行っちゃうんだーっ!驚き・・・
そんなとき、北川検事が、林の罪をかぶせられた事件のことを耳にするのさ。
あの事件は本当に冤罪だったんだ・・ってことを。
えぇ〜!知らなかったんだ、この人!
信じてたわけ、ビトがやったって?

なんか、この人もよくわからんよなぁ・・・
仕事に忠実なのか、ちょっとイカンことしても負けず嫌いなのか。
さすがに、自分が死刑に導いたビトが冤罪からみで死んでしまうとなると心が痛んだようで、
一馬に「林の父ちゃんは公園にいる」と教えてくれました。
ホームレスになってるってことだけど、そこまで辿れたなら、どこにいるかまで教えてくれよぉ〜!って感じ!!

で、ようやく見つけた一馬だけど、林の父は証言をすることを拒絶・・
でも、林はあなたの愛情に飢えてて、それを埋めるためにあんなことを!っていう言葉に心が動いたらしい。
そして死刑執行前にビトは救われたわけだけど・・・

うーむ・・・あの、花との面会・・・無理があるっしょ?
柏木さんが命がけで会わせてくれたけどさぁ・・・イマイチ感動できなかったわ・・
で、そのあとの「花、言葉を取り戻す!」も、なんか盛り上がりが足りないっていうか・・・
もっと言葉が出てくる感がないとなぁ・・って思っちゃいました。
そして、花とビトの涙のシーン・・・
これもまた、なんとなく泣けなかったなぁ・・なんでだろ・・?
正直、マツジュンの泣き顔にあんまり感情移入できなかったのかもしれない・・・(滝汗)

で、冤罪は無罪となり、林殺害は懲役10年、拘置所にいた5年を差し引いて残り5年、
模範囚だったから3年で仮釈放・・ってんで、ビト、2018年にシャバに出てまいりました・・・

・・・・ぷぷぷっ!!なんじゃ、その頭ぁ〜!!(笑)
笑わすつもりかーっ!

似あってないよねぇ〜?
ってか、刑務所にいたのなら、もうちょっと短い髪じゃないとダメなんじゃないのぉ〜ん・・?
どうせヅラなら、もうちょっと短めにすりゃいいのにさぁ・・
あ、そうなるともっと似合わなかったのか?(笑)

そして、「スマイル」という店を花と二人で幸せに・・・ってことらしい。
でもさ、ちょっと外人ばっかりだと違和感っていうか・・・(汗) やりすぎ??
それと、一馬が名前を元に戻してるのも違和感だよなぁ・・
別に、ビトの生き方に感銘をうけたからって、そこまでしなくても・・って気が。(汗)

ってことで、なんか、しれーっ・・とした気持ちで見てしまった、そんな最終回でごじゃった。
ま、死なずに済んで何よりでございました。



 ■ 総評 ■

最後にはこうなることは予想できてましたけど・・・
「どうしてそんなことになったんだ?」ってとこまで、かなり引き延ばされた感じでしたなぁ・・
花とビトの出会いはやっぱり・・でしたけど、
なんでそんなにブタにこだわるんだ?と思ったら、そういうことだったのね・・・ってことがわかったので、
それはスッキリしましたけどね。。。



  ◇ 第話 ◇   「運命が動き出す!!−判決」   2009.06.19.                     

せっかく声が戻ったと思ったのに、また失ってしまった花ちゃん・・・
最後はまた、声を聞かせてくれるんですかね・・・?(涙)

さて、林の母を登場させ、母の情を訴えるという技に出た検察側。
これは裁判員たちに影響しただけでなく、ビトにも影響しちゃいました。
人を殺めてしまったという事実を、深く受け入れてしまったようです。


裁判員たちの出した結果は、死刑が多数・・
私としては、忍足くんの言うことはもっともだなぁ・・って思って見てました。
更生できたはず、避けられたはず、でも、ここに達してしまった・・・ゆえに死刑が妥当だと思う・・
昔の事件が冤罪かどうかは別にして、この段階では、私もそう判断しちゃうかな・・って思いました。
そして、ビトに下された判決は・・・死刑・・。

署名運動をする仲間たち。
昔の仲間に証言してもらおうと走りまわる金太たち。
昔の事件が冤罪だったことを証明したい一馬・・・
しかし、うまくいきません。
カギは、古瀬刑事です。
自分の娘を外国人によって傷つけられた経験のある古瀬は、どうしても偏見を捨てきれない・・
それも理解できちゃうだけに、どうしようもないわなぁ・・

しまいにゃ、ビトが控訴を取り下げると言い出した。
さぁ、最終回、どうなるんでしょうか・・。
きっと、「スマイル」な最終回になると期待したいです。
誰がどうなって、ビトがどうなるのか・・・納得できる形の展開にしていただきたいですけども。



  ◇ 第話 ◇   「運命の裁判員裁判はじまる!」   2009.06.12.                     

裁判員制度による裁判・・ってことで、そっちの方も描かなくちゃいけなくなって、
なんか、いろいろと忙しい感じになっちゃってますけど、
とりあえず、早くその先を教えてくれ・・って感じですね。(汗)

だってさ、殺人の前科のある外国人が起こした殺人・・ってだけでかなり不利なんだもん!
しかも、前回、自らさらに不利にしてるし。(汗)
それを何とか修正しようとする一馬と、容赦なく責め立てる検察・・・
しかしさ、もっと「林はひでぇヤツ」っていう証言を持ってこないとダメじゃない?
殺された人が悪かったっていう攻め方は、私はあんまり好きじゃないけど、
この場合はそこを責めるしかないっしょ!

最後に花を証言台に立たせてたけど、
「キミのお父さんのことも引き合いに出されるかもしれない、それでも耐えられる・・?」って
ちゃんと確認してないとダメでしょうよ!

関係ないとこまでほじりだすヤツじゃん、あの検事は!!
もう・・甘すぎます!!
せっかく言葉を取り戻した花ちゃんですけど、また言葉を失う・・?
いや、それどころか、もっと苦しむことになっちゃうのかもね。
だから、ビトは自分と出会ったせいで花が不幸に・・って言ってたのかもしれないなぁ・・・

今回の「おっ」と思ったポイントは、
どうしてビトが林から離れられなかったか・・っていうこと。
外国人であることでイジメられてたビトを救ったのが林で、
その後も偏見なく接してくれ、この人といれば強くなれた気がした・・って思っちゃってたんだね。
でも、最後の最後に林が言った「フィリピン野郎」っていう言葉で、
その信頼が崩れた・・
追い込まれた状況に加え、この言葉の持つ意味の大きさ・・
発砲するにいたったビトの気持ちがわかった気がしました。


それと、みどりさんが言った言葉。
ビトの悪いところをほじくり出そうとする検事に対し、「お気の毒な人」って言ったこと。
それを言われたら・・・(汗)
確かに北川は憎たらしいヤツだけど、それは検事や弁護士の仕事ですから・・・(滝汗)
でも、北川はちょっとぐぅ・・・となってたので、小気味よかったですけどね♪

ま、結果はわかってますよ。まだ拘置所にいるんだから。
ただ、審判の判断基準が「極刑か否か」ってことになってるってこと。
「死刑回避」という審判が出たとしても、無期かかなりの重い刑になっちゃうってことよね?
できれば、正当防衛を認めてもらい、軽い刑を与えてもらいたい。
ま・・・人を殺しちゃってることには変わりないんで、それ相応に償わなくてはいけないのは間違いないんだけどね・・・(涙)


  ◇ 第話 ◇   「本当の笑顔を取り戻す戦い」   2009.06.05.                     

なんか、ビトの置かれた状況をさらに悪くするための回って感じで、
何やってんだよ・・・って思っちゃいました。


林を殺してしまったビト。
気がついた花とともに、「行きたいところがある」と連絡を絶って逃避行・・・
あのさぁ・・・そこでなんで逃げる?
どうなりたかったの?
逃げ通したかったわけでもないだろうに・・・
自ら状況を悪くしております。

昔住んでた伊豆に行き夜を明かして、旅館でトイレを借り、一馬に連絡をとったビトだけど、
旅館の人に気づかれて通報され、
一馬たちを追いかけていた古瀬たちにも連絡が入り、
一馬たちよりも先に到着しちゃいましたよ。
っとに、なんて迅速な行動なんだろうね、コヤツら・・。
しかも東京の刑事が静岡でなんでそんなに動ける・・・?(笑)
ビトもさぁ、トイレ借りに旅館ってどうよ・・?
すんごい勇気がいることじゃない?トイレ借りるだけのために旅館に入るなんて・・
トイレと公衆電話が目的なら、コンビニに行きなさいよぉ〜!


「自首させるから動くな」と言い残し、一馬が旅館内に入るんだけど、
宿泊客たちが全員出てきたのを確認後、なんと、機動隊が突入!!
おーいっ!いつ準備してたねーん!!
ってか、しおりは気づかんかったんかーい!
「自首させる」と担当弁護士が言ってて、しかも中に人質もいないってのに、突入する必要があるんか?
そこんとこは問わないのかい、一馬先生よーっ!!


その後は、一馬の告白でございました。
在日韓国人で、小さい頃にビトと同じように心を痛めてきたんだ・・と。
大きくなってから、香苗という恋人との結婚話が出たものの、在日韓国人ってことで反対され、
傷つき、仕事の上司から名前を変えたらどうだ?と言われ、帰化することにし、
自分のことから逃げてここまで生きてきた・・・と。
だからこそ、まっずぐに自分の境遇を受け止め生きていて、
笑顔で乗り切ってるビトを最初は好きではなかったんだね。
でも、これからは違う、オマエだけの戦いではない・・・と、自分のこともからめて頑張っていこうとしてるようです。
いい先生に出会ってよかったねぇ・・と言いたいところですが、
何せ、相手が悪い・・
検事は、あの北川だし、きっと刑事の古瀬も証言台に立つだろうし、
何よりも裁判員制度対象ってことですよ。

外国人犯罪は印象が悪いし、過去の犯罪や、林殺害という事実に、逃げ回った末の機動隊突入・・・・・
かなりビトには不利な状況だよね?
2015年現在も刑が確定してないところを見ると、控訴・上告・・と続いてるのかもしれませんね。
今のところ、花はとくに変わりないけど、今後「不幸」になるのか・・?
そこんとこも気になるところでございますが・・
この子はいつしゃべりだすのかねぇ・・??(汗)


  ◇ 第話 ◇   「はじめてのキス」   2009.05.29.                           

はぁ・・・・もうイヤだ。
見てられない。

リナちゃんのお母さんが告訴取り下げただの、
花とドキドキのキス(もどき)とかも、
もう、そんなの、どーでもいいっつーか、ふっとんだっつーか。
ま、あの「キリン」には、ちょっと、「いやーん!」って思っちゃったけど。(笑)
「たくさんのキリンを見せてあげる」って言われて、あんなとこに連れていかれたら、
この、このぉ〜!!ってちょっと惚れちゃうかも。(笑)


さて、んな、ホンワカモードはどこかへぶっとぶ展開になりました。
甲斐に一泡くかしちゃろと出かけた林は、すっかり偉くなった甲斐に返り討ち。
くっそー!と仲間に電話するも、ことごとく無視され・・

ボク、改心しますねん、やり直したいですねん、ビトと話がしたいですねん・・・
んな言葉、一馬さんまで信じないでくださいよぉ〜!!
元カノにうまいこと利用されちゃったもんだから、ショックでカンが鈍ったか?(汗)

で、「もうカタをつけたいんです・・」と言い出したビトを一人で送り出しちゃいまして、
そこで林が切り出した話ってのが・・・
「刑務所時代のお金10万円イリの財布を落とした。
ムショ出たばかりの自分のいうことを警官が信じてくれないかもしれない、
だから、お前の名前で届を出してほしい・・」というもの。
おかしいやん、そんなん。
100歩譲って手を貸すとしよう。
アンタじゃなくて、そこは伊東先生に電話して行ってもらえばいいじゃん!!
何をのこのこ信じて交番まで行ってんねん!!


バカ正直に、届け出に名前を書いてたビト・・
そこに、警官を襲って拳銃をうばいにきた林!
ほらほら、やっぱりじゃん。
おろおろしまくりのビトは、まんまと林の計画にのせられて、ミナコちゃん家へ・・・
そこで、「甲斐をやるんだよん」という林の話に、おののくわけで・・・

それをさ、探しに来てた花が目撃するわけ!
よし!よくやった!まずは伊東先生にメールで知らせて・・っと・・・・
・・・違うんかいっ!!
一人で部屋に乗り込んでくるんかいっ!

どんだけ無謀やねん!
あんた、自分のどんだけの女と思てんねん!
アホちゃうかーっ!!!!
林にボコボッコにされ気を失った花・・
「甲斐をやってこい、じゃないとこの女、ヤッちまうぞ?」
はぁ・・・お荷物になってもうたやんか・・
「やめてください・・」と言い続けるビトにも、なんか、ウンザリしてきちゃってさ・・・(汗)

で・・・そうなると・・そうなりますわな・・
「甲斐をやってこい」とビトに拳銃を渡して背を向けちゃう林。
おーい!撃ってくてっていう合図っすかー?っつーくらいの無防備。
そうなりますよね?ビトの銃口は林に向かいますよね・・・
「ほら撃てよ!「と挑発する林。
花のこと・・・・フィリピン野郎と言われたこと・・すべてがいろいろと重なり・・・
ビトは林を撃ってしまった・・・しかも・・・胸。
いやーん!お腹にしましょうよぉ〜!死んでまうやん・・・・と思ったら・・・
林君、絶命っす。
あら・・・・死んじゃった・・・・はぁ・・・やっちまった・・・
ま、でも、甲斐をやるくらいなら林をやっちゃいなさい・・と思った私がいたことも事実でございます。(笑)

交番で名前を書いちゃったことで指名手配されたビト。
花とともに逃避行のようです。
なんかさ・・・いたるところで避けようと思えば避けられたと思うんだよね、この結末。
だからさ、なんか、同情できないっつーか、見てらんないっつーか・・・

はぁ・・・もう、なんだかなーっ!って感じの複雑な気持ちでいっぱいっす。
この事件で2015年現在あの場所にいるわけだね・・。
林は元・警察庁のお偉いさんの息子みたいだし、正当防衛を証明できないし、
古瀬って刑事に目をつけられてるしねぇ・・・・はぁ・・・・やだやだ・・・


  ◇ 第話 ◇   「僕が社長の無念を晴らす」   2009.05.22.                     

社長・・・死に急いだんじゃ・・?
社長が死なないと団結しない従業員じゃないでしょうに・・・
でも、自殺で保険金って出るんですかね?
それに、大事な仕事場で首をつるってのもどうかと・・?
そのあと、そこで口にするものを作るわけでしょ・・?

うーむ・・・
それと、それと!女の子の親にビトが告訴された件はどうなったわけ?
このまま有耶無耶にする気っすか・・?
ちょっと、アラが目立つ回でしたね・・

それより!
オグリン・・・・・怖すぎです。
怖すぎで、本気で嫌いになるかもです。(汗)
「天地人」ではおかしな髪型してるし・・・なんか、最近のオグリンはどうも・・
ってか、別に好きでもなかったんですが。(笑)

元従業員のミナコちゃん、林に脅されて証言したのかと思いきや!
結婚詐欺にあって借金抱えていたため、たった10万円の謝礼でウソをつきまくったそうな・・・
かなり寛容に許されてましたけど・・
あの記事さえなかったら、こんなことにはならなかったんですよ?
あたしゃ許しがたいけどねぇ・・・・(汗)

その林、ミナコの部屋に居座ってました。
ミナコを訪ねてきたビトと花・・・
風呂に入ってる林を見た時点で、花を帰してほしかった。
大事な女性が悪魔に覚えられるなんて、危険すぎるもん!!

で、花ちゃん、林にムカついちゃって、ビンタかましちゃいましたよ!
さすが大物の林・・・その場で激昂するなんてなこともございませんでした。
笑い飛ばされるからこそ、その先が怖いんだよぉ・・・(汗)

みんなの努力で、帝国食品の不正が明らかになり、町村フーズの無実が証明されたわけですが・・・
次の悲劇が待ち受けておりました。
林が花に目をつけ、拉致しちゃうみたい!
そこで「だめだ・・」とか言ってないで、さっさと走らんかいっ!と思わずどつきたくなったわよ!
もぉ!!花のこと守るって決めたんでしょーっ!!

ま、予告で花が無事っぽいのはわかりましたけど。
で、次は林が改心?
実は林より甲斐の方が悪いとか?
えぇ〜??なんか、それは腑に落ちん・・・・ので、次回を楽しみに待ちたいと思います。

それにしても・・・ガッキーのクチビルは読み取りにくい!
言葉が出なくて、口の動きで相手に理解してほしいなら、
もっとはっきりと口を動かすべきです!!
最初は可愛いと思ってましたけど、最近、そこがイラっとくるかも・・・(笑)


  ◇ 第話 ◇   「誕生日にもらった一生の宝物」   2009.05.15.                     

ひやぁ・・・・
やっぱぴね・・・・。
そうなると思ったけど、そうなってほしくなかった・・・
辛すぎる・・・


この問題が起こっても、町村フーズを取り巻く人々は優しかった・・・
仕事を断る人もいなかったし、銀行も見守ってくれてた・・
なのに・・
とにかく、「林」がガンなんだね。
ビトと再び・・と考えていた林を伊東が阻止、それを面白く思わない林は・・


結婚退職した町村フーズの元職員を林が脅し、宗助をひどくいった記事が出てしまったのよ!
これで取引先が遠のき、銀行も融資を断るだけでなく、これまでの借金もすぐ返せ・・・と。
追い詰められた社長・・
イヤな予感がしましたよ・・。
そして、ビトの誕生日を祝ったあと、首つり自殺しちゃいました・・・(涙)
悩み過ぎて病気で・・・ってことになるかなぁ・・?って思ってたけど、首つりとは・・・
死んでどうするよぉ〜!それで事の収拾を図ろうとでも?
ダメだよぉ〜!それじゃ解決にはなんないんだよぉ〜!!!


せっかく、帝国食品の社員が内部告発しに来てくれたのに、やめちゃいそうだよね。
あぁ・・・・なんてこってい・・
そして林の悪の手が花に・・・?
2015年の花は、本当に幸せではないみたいだけど、林のせいで不幸になるの?
頼むよ、これ以上見てて辛くなる展開はやめてくだされ・・・・(涙)


今回、伊東のもとに元カノ・香苗 (羽田美智子)がやってきましたけど、何しに来たんだ?
「オレ、今は日本人なんだ・・」って言ってたので、伊東の過去を知る女性ってことだけど・・

それにしても、小栗くん、マジ怖っす。
森三中・村上の家を訪れたときの顔!怖すぎるぅ〜!イメージダウンっす!!!(笑)
本当に憎たらしくなってきたよ・・。


  ◇ 第話 ◇   「僕が彼女を守る!!」   2009.05.08.                          

食中毒事件としては、あんまり動きはありませんでしたけど、
花の過去わかり、ビトの気持ちに変化が・・ってところですね。

町村フーズが作った赤飯が原因ってことはもう間違いないわけだよね?
花も倒れたってこと、報告してないのかしら?
そしたら、共通の材料に問題があった・・っていうことになるんじゃ?
製造工程ではなく、材料自体に問題があるってことに一馬は気づいているので、
そこをどう頑張ってくれるか・・期待したいもんです。


さて、花の過去ですけど・・
吉村悠くん演じる男性は、区役所の福祉課の人でした。
花の過去について見守る立場のようです。
花の父親はマルチ商法で捕まったらしく、その結果イジメられたり、マスコミを追いかけられたりしてたようで、
声を失ったのもそのせいのようです。
町村フーズの一件でもマスコミにおびえていたし、まだまだ乗り越えられそうにないけど・・

そんな花、ビトへの思いを隠さずに、手紙で伝えました。
あんな風に、ここが好き、ここも好き、笑顔が大好き!なんて言われてごらんさいよ!
悪い気、しないよねぇ〜!

しかも、抱えている傷を知ったことも大きいでしょう、
あの子を守らなくちゃ・・って思えてきたようです。

でもねビトくんよ、人を守るとかいう前に、自分の身を守れ!
林が出所してきて、町村フーズのことをテレビで見ちゃって、ビトの居場所を突き止めちゃってたわよ!
それに、おはぎの件で少女の母親から告訴されちゃったし!
どないなんねん!!
まだまだ堕ちていくわけだね、ビトくん・・・(涙)

それにしても、イっちゃってる小栗くん、怖すぎっす。(滝汗)
ビトを苦しめるために花に手を出すんですか?
最低すぎます。やめてください。


  ◇ 第話 ◇   「君の笑顔を避ける理由」   2009.05.01.                          

花ちゃんは積極的やなーっ!
どんな精神的傷があるのかしらないけど、恋愛方面には及んでないようで。(笑)

ビト、タジタジでやんすよ。
ただね。。ビトには花の気持ちを素直に受け入れられない理由があるわけで・・
それは、花と一緒にいた男性(吉沢悠)の存在と、自分の過去・・・
どんな関係かは知らないけど、花の気持ちを信じられない要因にはなるよね。
で、もうひとつは、ビトの悲しい過去・・・
小さい頃、初恋の相手とフォークダンスをしていたとき、「なんか汚い・・」って言われちゃって!
いやぁ・・そりゃ傷つくっしょ!ひどいっしょ!

そんなビトの手を握ってくれた花。
赤いリボンで自分と繋がってくれた花。
ビトの気持ちは少しずつ動いていくようですが・・・
「ボクと会わなかったら彼女は・・」って言ってたけど、2015年には花は不幸になっとるですか?
えぇ〜!この流れだと幸せになっていてもらいたいんだけど・・

さて、食中毒事件・・・
何が原因か分からない状態で、ビトはとんでもないことを・・・
店の材料を使って、おはぎを作ってお見舞いに行っちゃった!
もうさぁ・・・不用意極まりない!

ニュースで町村フーズに強制捜査が入ってるのを見てあわてて取り戻しに行ったけど、
その子、搬送されていく途中で・・・
食べちゃったか・・?
しかも、試作品を作る時に一緒に食べちゃった花までも倒れた??
ん?なんでビトは倒れない??

それにさ、本当に原因となった食材は町村フーズの米なんだろうか・・?
ビトの一件でしてやられた北川検察官は伊東とビトに対してかなりの恨みをもっちゃったみたいだし、
それに刑事の古瀬があおってるしなぁ〜!
こりゃ、ビトには関係のないところで起こった事件とはいいがたくなってきた・・・(汗)
どうなっちゃうんだろ・・?

さて、伊東の過去ですけど、どうやらカレは韓国の人みたい・・?
在日韓国人かな?
この過去、今は隠せてるけど、北川に捕まれたらほじくり返されそうだなぁ・・・(汗)
伊東はビトに過去を話そうとしてましたね。
ちょっと心を開きかけているようです。
2015年みたいに親しくなるにはもうちょっと時間がかかるし、いろいろと乗り越えないといけないんだろうね。
これ以上に苦難は、もう見たくないんだけどね・・・(涙)

それにしても・・
前回終りの予告で、町村フーズに危機が!ってわかってたんだけど、
それが今回の終わりとは・・・・引っ張りますねぇ・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「アナタは私が救う!!」   2009.04.25.                            

捕まっちゃったビトは、過去のことと、偏見で見ている刑事のせいで、
本当に罪をひっかぶる危機に・・・
そこで大活躍なのが・・花ちゃんでした!

いやはや・・・あの花ちゃんの行動力、すごすぎです!
いろいろと危なっかしいのに、見つからないし、捕まらないし!(笑)

ちょっとうまく出来過ぎではあるけど、絶対私があの人を救う!って気持ちは伝わってきましたね。
しかし・・・なんでそんなにビトを救うの?
本当に「命がけ」じゃん?
本屋で万引きになりそうなところを救ってくれた・・・だけじゃない気がするんだよねぇ・・。
ビトの昔の映像で、イジメられてた女の子のランドセルを取ってあげてたけど、
あの少女=花ってこともありかしら?

何度も救ってくれた男の人・・っていうのかもしれませんね。

さて、その花ちゃんの前に現れた一人の男性・・・吉沢悠くん。
一体何者・・?
普通に考えたら、お兄ちゃんってとこが妥当だけど・・
町村フーズが給食を納品している小学校にいたけど、何してる人なんだろ?
医者・・・かなぁ・・?
ってことは、花の担当医って可能性が大だね。

その小学校で食中毒発生!
ま、これにはビトの生まれとか過去は関係してない問題だろうけど、
今後には関わってくる問題なので気になるところではありますね。
それが、2015年の拘置所にいるビトへとつながるものになるのか・・・。

弁護士の伊東だけど・・・
しおりからも、花からも、町村夫妻からも頼まれてたのに、全然乗り気じゃなかったですね。
それどころか、やっぱり嫌悪感すら感じる・・・

不遇な生まれで悪いことをする軽率な人生を送ったビト。
それなのにたくさんの人に愛されているビト。
普通の人よりも辛い境遇ながら、笑顔でいるビト。
そのビトがイヤ・・・って感じがするのよね。
同じ境遇でも悪いことをしない人もいるし、
同じ境遇なのに、人の愛を感じられる環境になかった人もいる。
自分はそうだった・・ってことじゃないかなぁ・・?

とにかく、ほわほわしがちな雰囲気を、中井さんがギュッ!とひきしめてくれてる感じで、
やっぱ、いい役者さんですわ♪
それと・・・いやはや、ガッキー、可愛すぎです。(笑)


  ◇ 第話 ◇   「未来を夢見た男の純愛と正義〜笑顔に秘めた真実」   初回69分SP  2009.04.18.  

もうさぁ・・・捕まるのね、無実の罪で捕まっちゃうのね・・ってわかってるからさ、
見てるのが辛くて、最後の方は「はよ終わってくれ・・・」って思っちゃった。(涙)

「スマイル」ってタイトルなのに・・・笑えねぇぜ・・・(汗)

物語の始まりは2015年春、ビトは拘置所の中にいます。
昔からの夢「多国籍料理の店を出す」ことを夢見ながら・・・
ビトの担当弁護士は伊東。
いつかここからビトを出す・・とがんばってくれてるみたいだけど、
一体ビトは何をして、どうして拘置所にいるのでしょうか。
それがこれから描かれるようです・・。

2009年春。
ビトは町村フーズに住み込みで働き、夜は違う店でバイトしてました。
将来の夢をかなえるため、気になる味を追求してるようで、
その店のデミグラスソースを習得したくて働いてるみたい。
でも、そこで、昔悪かったころの因縁の相手・近藤が一緒に勤めてて、
近藤が覚せい剤をアイドルに売ってるのを見ちゃったビト。
近藤は、ビトのロッカーのカギを取り上げ、どうやら隠し場所として使いそうで・・・

ここでさ、ビトは強気じゃないんだよねぇ・・
過去、悪かったころ・・・といっても、そんなに悪くなさそうだったしなぁ・・
9年前、林というリーダーのもと、やんちゃしていたみたいだけど、
その林ってのが悪魔のような男で、今は刑務所にいるらしいけど、
ビトは足を洗ってマジメに生きていたんだけど、過去からは逃げられない・・ってとこかしら?
「人殺し」と言われてたけど、執行猶予がついたってことは、正当防衛・・とかかしら?

でも、ビトには今は優しい人が周りにたくさんいて・・
そんな悪い奴らと関わっちゃダメ!って、夜のバイトを辞めるように言ってくれるんだけど、
いざ辞めようとしたとき、警察が踏み込んできちゃって!!
ビトのロッカーのハンガーに仕込まれてた覚せい剤が見つかり・・
「警察には行かないよ・・」と逃げだしちゃうビト!
えぇ〜!そこで逃げたらさらに状況は悪くなるっつーの!!
「フィリピン野郎が・・」という刑事の捨てゼリフ・・
ほんと、感じ悪いっていうか、胸糞悪いっつーか。(←汚い言葉ですんません)

そういう目で見てたら、真実なんて見えないだろうね、この刑事は。

過去の罪、執行猶予中、日本人ではない、逃げた・・と、いろいろと悪条件が重なってしまってるわけで、
ビトは謂れのない罪を問われることになっていくんでしょうな。
そこに伊東がどうからんでくるのか・・
ビトがお世話になってる家の娘・しおりの上司である伊東に弁護の依頼がいくだろうけど、
どうやらこの伊東にも何やら過去があるらしい・・
名前を変えてること、刑事の悪態に反応していたことから考えると、
もしかすると、この人も外国の血が流れていて、それを隠して生きてるのかな・・・?

ビトと関わることで自分の過去が・・って考えて、最初は拒否するのかもね。

さて、一方、ビトには出会いがありました。
声を失った少女・花。
この子の声を失った理由とビトが関係してないといいなぁ・・と思っちゃいますが。(汗)
ビトとの関わりで声を取り戻せたらいいなぁ・・とは思っちゃいますね。
それにしても・・・言葉が出てないほうが、なんかいいっすね、ガッキー。(笑)

悪メンなやつら・・・イケメンが多し。(笑)
林役のグリリン(小栗旬)はさておき、甲斐役の松田悟志さん!
好きなんですよ、あたい♪
また出てきてねぇ〜!!

結構気分は↓↓↓になりそうなドラマで、疲れちゃいそうですが、
とりあえず視聴続行・・ってことで。



★ STORY ★ つらい過去を持つハーフの青年と失声症の少女、弁護士が困難を乗り越えていくヒューマンストーリー
★ 期待度 ★ 「歌姫」の宅間さんのオリジナルドラマですね!面白くなるといいなぁ・・・