相棒 8
 水曜9時〜 テレビ朝日  
 脚本・・・興水泰弘ほか   演出・・・・和泉聖治ほか   P・・・松本基弘ほか 
 主題歌・・・ 「」 
サウンドトラック
相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック
前作DVD=BOX相棒 season 7 DVD-BOX 1(5枚組)
◆ 出演者 ◆ 杉下右京
神戸尊
宮部たまき
米沢守
角田六郎
伊丹憲一
三浦信輔
芹沢慶二
小野田公顕








水谷豊
及川光博
益戸育江
六角精児
山西惇
川原和久
大谷亮介
山中崇史
岸部一徳






… …
特命係 警部
特命係 警部補
小料理屋女将 右京の元妻
鑑識課
組織犯罪対策5課長
捜査一課 巡査部長
捜査一課 巡査部長
捜査一課 巡査
警察庁官房室長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「神の憂鬱」   最終回108分SP   2010.03.10.                       

なかなかおもしろかったですね!
最後の右京さんの言葉に、なんだかじーん・・としちゃいました。

投身自殺、殺人・・といろいろありましたが、
そっか、神戸が特命係にやってきた理由って、それだったんだ・・とスッキリしましたね。
まさか、防犯カメラ顔認証システムを使った新しいセンターを作るに際し、
その完成を急がせる神戸がジャマで、追い出した・・・とは。
いや、それだけじゃない、いやいや、それが本来の目的ではない、
このシステムが完成し、FRSセンターができたときには、
神戸を運用官、そして右京を捜査官にするために、
二人が相棒となってちゃんと仕事をこなせるのか調べてみたかったから・・・なんて理由があったなんて!
このぉ〜!上層部、にくいことするねぇ〜!(何が?(笑))


しかし、この事件は産業スパイからみでございまして、
大事なデータがこやつに奪われてしまった・・
FRSセンターを立ち上げるために公にしたくなくて、この男の罪も闇に葬ることにした小野田だけど・・
産業スパイがこの大きなネタを放っておくはずもない・・
すでにどっかの国に流出してるだろう・・と、そうなると、システム立ち上げでモタモタしてる日本は置いていかれる・・
先に始めた国から購入する金なんて、あるのかなぁ・・?と右京は先読み・・
茫然の小野田・・・
気づかなかったのかい、そこまで??

とにかく、二人の相性はわかった、神戸は警察庁へ戻す・・ってことになるんだけど、
神戸はそれを断りましたね。
警察官らしいことをしたくなった・・・だそうな。
この件で仕事を辞めることになっちゃった今回のゲスト伊達(水野美紀)の言葉も大きいだろうし、
右京が特命係でくすぶってるわけじゃないってことを知ったことも大きいでしょう・・
それでも自棄酒を飲んでいたので、完全に吹っ切れてるわけではなさそうですが・・・(汗)

そんな二日酔いの神戸に、「ようこそ、特命係へ・・」と声をかける右京さん。
ここでようやく、本物の相棒になった・・・って感じですね!

「はいぃ?」とわかってるんだかわかってないんだか・・・の神戸ですが。(笑)
警察庁を敵に回しちゃった可能性のある神戸を、「よろしくおねがいします」と頼む大河内監察官(神保悟志)も素敵でした・・
なかなか人間的に愛されるタイプかもしれませんね、神戸くんは♪

このシーズン8の初回のレビューで、終わるころには「真」の相棒になっててほしい・・って書いてましたけど、
なれたみたいでよかったです!
また次のシーズンも楽しみですね!
ま・・・FRSセンターの二人の仕事っぷりも見てみたい気もしちゃいましたけどね。(汗)
ただ、薫ちゃん・・・初回・新春・最終回SPのどれでもいいので、久しぶりに日本に帰ってきてくれんかなぁ・・?
3人の会話とか、見てみたいっす!!


  ◇  ◇   「右京、風邪をひく」   2010.03.03.                              

今日は一風変わった相棒でございました。
いろいろと推理させてもらったし、楽しかったですぞ!!


山で遺体が見つかる・・・すぐに犯人逮捕・・・伊丹っち、ウッキウキ!
・・・しかし、そんな伊丹っちに、運っていうか、縁ってもんが・・・・とほくそ笑む右京&神戸。
一体どういうこと?ということになり、時間は巻き戻る・・ってわけです。

世の中って、せまいね・・っていうことは言わないでおこう。
個人的にポイントは、「じゃ、本当に探していたネックレスはいずこへ・・?」ってことでした。
最後の最後に出てきた!
本編中、ちょこちょこ出てきてた犬の散歩してる人・・
怪しいとは思ってたけど、あの犬が拾ってたとは!!
でもね、もしウチの犬がくわえてきたら・・・警察に届けるかなぁ・・?とか考えちゃって。(汗)
ま、オチとしては面白かったですけどね♪

しかし、あの犯人の女!
独居老人ってことで、悲しむ人なんて誰もいないじゃない!!とはひどすぎる・・・
殺しておいて開き直りかよっ!って感じ!!
しかもさ、あの老人には、とっても悲しむ少女がいた・・・なんてお話・・
悲しすぎるじゃーん!!
ちょいと泣けたぜぃ・・・(涙)

でも、あの軍手のマジックの二つの点・・・
ウサちゃんだったのね。
あたしゃ、「絶対、象だ!」って思ってたのに!!(笑)

それと・・・犯人の女役の女優さん・・・東風万智子さんっていうらしいけど・・・
あの大きなホクロは真中瞳さんですよね!
てっきり引退したと思ってたのに・・・お元気そうで何よりです♪

さて・・もう最終回です。
早いなぁ・・・
で・・・神戸が特命係にやってきた件が明らかになるみたい!
楽しみですね!


  ◇  ◇   「怪しい隣人」   2010.02.24.                                

いろんな面で面白かったですね!

まず、右京と神戸が離れて行動したことが功を奏したこと・・
右京が一人で証拠品を返しに行っちゃって、おいてけぼりをくらった神戸だけど、
そのおかげで、右京は神戸にいろいろと調べてもらえたわけで・・
でも、最後、ちょっとは褒めてあげてもいいんじゃなぁ〜い?
神戸は褒めて伸びるタイプ・・・かもよ?(笑)


偶然見かけた窓の割られた家・・・そこから事件を嗅ぎつけた・・のではない。
右京は、9年前の現金強奪事件の関係者の家のセキュリティが厚すぎることに疑問を持っていたのよね。
そして、隣にいる怪しげな男たち・・
被害にあったその家の住人・・
右京は中に入り込み、いろんなことに気づく・・・ってわけです。

その展開もテンポも、よかったですね!
ま、最初に忍び込んだ3人組が、あんまり悪人に見えなかったので、
本当に悪事を働かなくてよかった・・とさえ思えちゃいました。(笑)


しかし・・・3億の上に9年間寝続ける・・・
使いたいという誘惑に、私なら勝てるかなぁ・・・とか、変なことを考えちゃった!(笑)

そうそう、このネタをどうして3人組が知ったのか?っていうのも面白かったですね!
なるほど、マンホールの中で誰かが聞いてるなんて・・思わないよなぁ・・・(汗)


  ◇  ◇   「隠されていた顔」   2010.02.17.                                

中盤に犯人逮捕!しかし、実は真犯人は別に・・・っていう展開・・・
続いているので驚きはしませんでしたよ・・・(汗)


「サブリミナル効果」の本を図書館に返していた・・・なんて、わかりやすい展開で、
それを右京さんが見逃すわけもなく・・・
だけど、実はそれを利用して殺人を犯すように仕向けている人間がいた・・ってわけだ。
うーむ・・・
利用された子、可哀想なんだけど・・・
あの顔だと、どうも可哀想に思えない・・(汗)
夢に出ますよ、あのサブリミナル効果・・(笑)


  ◇  ◇   「狙われた刑事」   2010.02.10.                                

伊丹刑事が狙われた!!って話です。
ほんと、危うくガッツリ食べちゃうとこでしたねぇ・・
私も結構あーやってニンニク入れちゃう方なんで、ちょい怖だわ・・と思っちゃいました。(汗)

浜野(加藤虎ノ介)が逮捕された時点でまだ物語半ば・・・
こりゃ続きがあるな・・・って思ったけど、いやはや、とんでもねぇアホ野郎でしたね。
あのサークル時代のことから現在まで、やったことの重大さをわかってないし、
面白がってるガキです。
なのに、一番最初に自白してたくせに・・・・へなちょこ野郎め!!

今回は、神戸のウソを信じちゃった伊丹っちや、
自分のことをわかってくれてる右京さんにちょっと感動してる伊丹っちなど、
いろんな伊丹っちを見ることができて楽しかったです!

それにしても・・・浜野さん、本当に悲惨な人生だね・・・
親友や家族を失い、未来も壊され、最後は犯罪者になっちゃってるんだもん・・・(涙)


  ◇  ◇   「堕ちた偶像」   2010.02.03.                                

殺人事件を犯した犯人が、子供に何か目撃されて、襲おうとした・・
そういう話だと思ってました。
でも、殺したときに被害者・安田(竹本孝之)の体から落ちたUSBメモリを、七海(石井萌々果)が拾っちゃってたからなのね・・・
ここが面白いと思いましたね。
いまどきのUSBメモリはいろんな形があるわけで、
子供だからこそ、何も知らずに拾ってしまった・・・
しかも、拾ったモノだからこそ、お母さんに怒られると思って言えなかった・・
なるほどねぇ〜!って思っちゃったもん。


それに、本当にやり遂げたいことがあって突き進んでいた議員の江嶋(田中哲司)が、
必死だからこそつけこまれて賄賂を受け取ってしまい、
その賄賂を渡そうとしていた人間を取材していた記者の安田に知られてしまった・・
その安田は、自分が若いころからの盟友・・・
お互いに、わかってもらいたかったんだろうなぁ・・・
ま、殺しちゃいかんけどね。(汗)

それにしても・・・・コハルちゃん・・・違った、七海ちゃんよ、
たまきさんを見て「おねえさん」とは・・・?
「おばさん」と呼ばれても気を悪くするほど若くはないですよ、たまきさんは・・・・(←失礼かな?(笑))


  ◇  ◇   「マジック」   2010.01.27.                                

マジックショーの間に起こった転落事故・・・
見ていた右京は、事件だと感じる・・・
弟子、妻との関係、別れさせ屋、過去の弟子の死、息子との関係・・・と、
いろいろと導きつつ、惑わせつつ・・・って感じですね。
今回も良くできていたと思います。
ただ、奥さん役の人の演技が、どうも拙く感じてしまって、気になってしまって、困ってしまって・・・(汗)


  ◇  ◇   「SPY」   2010.01.20.                                

「ちょうないえす」・・・
腸内S・・・?なんだそれ・・?ってすぐにはわからなかった。(笑)
「庁内S」なのね。

一人の女性の死が、警視庁内のスパイ話へと進展し、
神戸の前で右京さんが「哀れですねぇ、Sというのは・・・」を連呼・・
神戸・・・Sですよね?
神戸はしれーっと否定してましたけど・・・右京さん、すでに気づいているのかなぁ・・?
そこが気になるところです。


しかし、警察官が不祥事を起こしても、
それが明らかになっちゃ困るってんで、たいした罪にならないとか・・・天下りとか・・・
はぁ・・・なんか、リアルにありそうな話で辟易。(汗)

美木良介さんが出てきたところで、犯人はこの人だろうとは思ったけど、
そこにたどり着くまで結構楽しませてもらえましたので、面白かったと思います♪


  ◇  ◇   「願い」   2010.01.13.                                

む・・・難しい。(笑)
で・・・誰?って感じで見続けておりましたが・・・
なるほどね・・・濡れ衣を着せられた男性の息子さんだったのねぇ・・
ある誘拐事件で、被害をこうむった遺族たちの復讐劇・・って感じでしょうか?
結構複雑ではございましたけど、
なるほどね・・・と思わせる部分もありまして、なかなかおもしろかったと思います。


しかし・・・たった一つの壊れた盗聴器からこの事件に結びつけるなんて・・すごいねぇ、相変わらず!(笑)
それと同時に復讐劇が起こったからすぐにリンクしてよかったけどさぁ・・・
ま、この復讐劇が数年後に行われたとしても・・
きっと右京さんのライブラリにはこの盗聴器がインプットされてて、
引っ張り出して結びつけて、解決してくれると思うけどね。(笑)

でも、一番面白かったのは・・・予告!
あれ、反則です!
早く本編内であのやり取りをみたいわ!ワクワク♪


  ◇  ◇   「特命係、西へ!死体が握っていた数字と、消えた幻の茶器の謎…
              東京〜京都・連続殺人と420年前の千利休の死の秘密が繋がる!?」   2010.01.01.  

長い・・・
そして、小難しい・・・
正月なんで酒を飲んでいる・・
ゆえに・・・眠い・・・(笑)
・・・ので、何度巻き戻して見たことか。(汗)
見終わるのに4日かかっちゃったよ。(笑)

頑張って最後まで見たけど・・・たいして面白くなかったなぁ・・
オチはインサイダー取引かいっ!!ってね。
この集りの中に犯人がいるのなら、きっと橋爪さんだろうと思ってたので、
やっぱりね・・ってのもあったし、
最後まで見て、時間の無駄だったと思えて仕方なかったっす・・・(汗)

長いドラマだったのに、なんと短いレビュー・・・(笑)


  ◇  ◇   「仮釈放」   2009.12.16.                                

山部(大橋てつじ)という仮釈放中の男が失踪したってことで調べることになった右京たち。
調べていくうち、村上(永倉大輔)という男と、その村上の恋人・美代子(井上和香)が浮上し・・って話ですね。

山部は何を隠していたのか?
美代子はどういう関係なのか?
そして山部は誰に殺されたのか・・?と、次々に謎がわきあがってまいりましたが・・・

オチは、刑務官の久米が、美代子と村上の不正通信を盗み見していて、
覚せい剤を隠していると知った久米が、仮釈放になった山部がそれを取り出すのを追い、もみあいとなって殺しちゃったってわけだ。

でもさぁ・・結局、その覚せい剤、持ち逃げしたんでしょ?
それで満足してりゃよかったのに・・

すべてに気付いた右京が美代子のふりして村上にメッセージを送り、
「お金はあなたの家の墓の中に・・」ってのを知った久米は、まんまとひっかかっちゃったわけで・・・
1000万は大金だけどさぁ・・
どんだけ欲が深いねん!って感じ!

最後の角田さんのお言葉・・恐ろしいですな。
刑務官が刑務所に入る・・・
うん、確かに、かなりのイジメにあいそうやわ・・・(滝汗)
ほんと、右京さんたちも気をつけないとーっ!
・・・マジで入るなんてこと・・・ないよね?(笑)


  ◇  ◇   「消えた乗客」   2009.12.09.                                

なんだかすごい展開でしたね・・・
それにしても・・・中島さん(松田洋治)、可哀想すぎる・・・

昔死んでしまった恋人、殺した男を見つけるために一芝居うった男・・・ってことよね。
それだけでも十分なのに、まだまだ時間があまってるから何かあるだろうと思ったら・・・

なんと、その死んだ恋人は同性愛者で、でも将来に不安を感じて中島さんと付き合うことにした・・ってことみたい。
つまり、彼女はまだ自分を好きだったんだ・・って知って、
恋人を殺した男・上条(平野貴大)を中島さんに殺させようとしたってわけか!
自分でやれよ!って話!!
中島さん、恋人にも本気で好かれてたわけでもなく、
恵には利用されて殺人を犯しかけるんだもん・・・
ほんと、可哀想だわい・・(涙)

しかし、コロコロとすごい展開ではございましたが、
久しぶりにたまきさんにお会いできてうれしかったです。(笑)


  ◇  ◇   「鶏と牛刀」  2009.12.02.                                  

なんか、話が小難しくてわからないところもあったけど、
なかなか面白かったですね!

横領してたのが、あの冴えないオッサンだとは・・・
で、そのオッサンが殺したかと思ったら、ヤクザもかかわっていた・・・と。
むむむ・・・・告発しようとして殺されちゃったなんて、可哀想だわぁ・・
しかもさ、恋人へのプレゼントをつきかえされるし、それで殺されちゃうし・・・(涙)

今回も見どころは、神戸、変装する!ですね!
でも、あの小野田との会話、どこで聞いてたんだろ・・?
巻き戻して見たけど、いないんだよねぇ・・
まさか、女装・・・?(笑)



  ◇  ◇   「フェンスの町で」  2009.11.25.                                  

ゴーーーーーーーーっていう音が・・っていうの、すごくわかる!
私も横田基地近くに住んでいるので、
夜中にも轟音が響いてます。
寝てる時のあの重低音・・・結構気持ち悪いんです。(汗)
まだ直下ではないからマシかもしれないけどね・・・
ま、だからといって、ぶっ壊したいとは思いませんけど。(笑)

それにしても・・・悪いことがいろいろあると、何かのせいにしたい気持ちはわかりますが・・・
だからって、爆弾作って基地を・・なんて、すごいよねぇ〜!
子供だからこその発想って気が・・・
それに気づく右京さん、さすがです。(笑)
それに、最初の郵便局強盗の逃亡法を見抜くのもすごかったよね!


それにしても・・・爆弾モノ、多くないっすか??(汗)
それと、村越くん・・・カッコよかったです♪(←関係ないか!(笑))


  ◇  ◇   「背信の徒花」  2009.11.18.                                  

すごい無理矢理な気が・・・(汗)
だって、米沢さんが見てたDVDに一瞬映っただけの男性に・・・
しかも、5年前の事件で死んだ人だ・・って気づくのって、無理がないですかぁ?
ま、それが右京さんらしいすごさと言えばそうかもしれないけどさぁ・・・
ちょっとねぇ・・

国土建設省の官僚・三島章(村井克行)の死亡に疑問を持ち、
三島の同僚だった片倉渉(中村繁之)を調べ、
しまいにゃ警察に連行して事情を聴くところまで行っちゃったんだけど・・
オチとしては、犯人じゃなかったのね!
老人ホームの所長・江藤大(でんでん)だったとは・・・
金目当てで土地を買い、高速道路ができれば儲かるって思ってたのに、
三島がその計画を止めようとしてるってことで井戸に落として・・・ってことだけど・・・
なんか、すごい勢いで犯行が明らかになりましたね。(笑)
で、落とした、引き揚げた、運んだ、落とした・・・ってことですか?
すんごい労力!!(笑)
一人でできたのねぇ・・・すごいわ。

とまぁ、なんか「えぇ〜・・・?」って思うところが多くて、あんまり面白くなかったかも・・です。
ま、そんな無理矢理なところも「相棒」にはよくあることだけどね・・・(笑)


  ◇  ◇   「錯覚の殺人」  2009.11.11.                                  

そういうオチだったのねぇ〜!
色の錯覚かぁ・・・
なるほど!って感じでしたね!!
とっさでそれを思いつくんだもん、やっぱ頭のいい犯人でしたね!

しかし、今回は、なんだか「古畑任三郎」を感じたんだけど気のせい??
ま、右京を古畑とすると、今泉が神戸ってことになるわけで・・・
それじゃ神戸が可哀相か!(笑)

それにしても、動機がねぇ・・
頭のいい人だから、自分の出世のジャマになって・・・とかかと思ってたのに、
年の離れた若い恋人が自分を憐れんでるようで・・・ってか?
自分よりも若い男と話してる時は楽しそうだった・・という嫉妬も・・・
うーん・・・
思い違い・・つまり、これまた錯覚だった・・・と。
おあとがよろしいようで・・・(笑)


そうそう、途中、「つまり、だましゑです・・・」って右京さんが言ってたけど、
「だましゑ歌麿」とかけてるのか?(笑)
それと、伊丹が神戸のことを「そん」って呼んでたね!
「尊」・・・たしかに「そん」・・(笑)
しかし、神戸を探れ!と言われて右京のところにいった芹沢さん・・・
結局はいいように使われてしまひ・・・
これは右京の錯覚トリック?(笑)


  ◇  ◇   「ミス・グリーンの秘密」   2009.10.28.                              

なんだか今回は、「相棒」を見てる・・っていう、懐かしい感覚を覚えました。
神戸と右京さんのコンビもしっくりきはじめてる・・・ってことかな?

スズランの模様のオルゴール・・・
それが汚いベランダの中でひとつだけ浮いてて印象的だった・・・という投書から物語は始まります。
で、とんでもない事件へと動いていくわけだけど・・

ほんと、とんでもねぇヤツラですな!
ハプニングをわざと引き起こして、それをビデオで撮って「ハプニング映像」として投稿する・・
じゃぁさ、それを仕掛けられる人間も、アンタらがやれよ!って話!
関係ない人を巻き込んで、しかも、そのあとどうなったかなんて関係ねぇ!なんて、
許し難いっす!!


ま、だからと言って、犯罪を犯しちゃいかんのだけどね・・・
ミスグリーンの気持ちはよくわかるし、
御老人なのにネットや携帯など、扱えてしまうもんだから、エスカレートしちゃったんだろうねぇ・・

ただ、気になるのは、お気に入りとはいえ、
あんな安定感のない、しかも割れる可能性のある、結構重量感もありそうなモノを、
ピルケースとして持ち歩く・・なんて、あるかなぁ・・?

もうちょっと小さめで設定すりゃいいのに・・・とも思ったけど、
それだと、ベランダのゴミの中で「ひときわ目立つ」という存在にはなりえないわけで・・
難しいところですな!(笑)


  ◇  ◇   「さよなら、バードランド」    2009.10.21.                              

えぇ〜!
階段から落ちて死ぬ・・・
それ、絶対死にます??

殺人が完了する確率、低くないっすか??
階段が腐食していてはずれた・・・なら、そこで落ちる・・・とか、
怪我で済んじゃうとか・・・いろいろあるっしょ??
死ななかった場合、どうするつもりだったんだよ!ってな話っすよ。
なんだかなぁ・・・・ちょっとオチでガッカリ。(汗)

交換殺人ねぇ・・・なるほど・・
でも、実は青柳(大浦龍宇一)は黒木の奥さんを殺してないんでしょ・・?ってのはわかりましたね。
で、黒木を殺したいわけだ・・・ってのも、わかっちゃいましたし。
それでも、あの階段殺人がなければ、それなりに納得したんだけど・・
うーむ・・・納得いかん!!(笑)


今回は、まだ2回目(SPを入れたら3回目)なのに、すっかり気の合う二人でしたね!
右京のやり方には従えない!って感じだったのに、
今回はすんなりと右京の手先になっちゃってる神戸・・・
うーん・・・早すぎ。(汗)
右京の言うことを聞いてるフリして、独自で動いちゃう神戸・・くらいでいいじゃないの、まだ??
あっけなく仲良くなられたらつまんないっ!(笑)

とまぁ、ちょっとまだ「相棒」を楽しみきれない感じの私でございまする・・・。


  ◇  ◇   「カナリアの娘」  初回108分SP  2009.10.14.                           

「相棒」はずっと見てきましたけど、レビューはしてませんでした。
今回はちょっとやってみようかと思ってます♪

さて、恒例の初回2時間スペシャル!
しかし・・・「相棒」の2時間SPは、「テロ」度が高いですね!(笑)
今回は、昔のテロ組織の爆弾魔を、娘の件で脅して再びテロをさせる・・と計画した人間たちの犯行でございまして、
新・相棒コンビは、その娘の護衛という役割を官房室長から命じられたわけですが・・・

最初から右京さんの非凡ならぬ部分が垣間見えて、
そうなのよ、この人、こういう人なのよぉ〜!って、視聴者からも神戸に説明してやりたくなるスタートでした!(笑)
早々に事件の一端に辿りついちゃった右京さんですが・・
犯行グループも災難ね、
最初に右京さんに目をつけられなかったら、こんなに早くバレることもなかっただろうに・・

でも、テロ犯・本多篤人(古谷一行)の娘・茉莉(内山理名)が、
実は犯行グループの一員だった・・っていうオチは、ちょっと浅かったかなぁ・・・
「どうしてそれに気づいたの?」っていうのも、ちょっと簡単すぎたし・・
右京だけでなく、神戸も勘が鋭い・・っていうことを見せたかったのかもしれないけど、
ありゃ、誰でも気づきそうなもんですわ・・・(汗)
全体的に、事件としてはそれほど面白くなかったかなぁ・・ってのが印象です。(汗)

今回面白かったのは、右京さんがまだまだ神戸を信用してないことや、
神戸も右京さんの普通じゃないところに驚きつつ、楽しみながらも距離を置いてる・・ってところが
いたるところで見えていたところですね。
この二人の距離・・・徐々に近づいてくるんでしょうね!
今シリーズの終わりには、「真」相棒になっていてほしいと思います!

ミッチーの相棒っぷりは、まだまだしっくりとはきてませんけど、
ま、二人の関係もまだそんな感じだし、
回を重ねるごとに、いい感じになってくるんじゃないでしょうか?
トリオ・ザ・捜一の面々も相変わらずいい感じなので、そこも安心して楽しめそうです♪


★ STORY ★ 人気シリーズの第8弾
★ 期待度 ★ 今まで見続けてきたけどレビューはしてませんでした・・今回はしてみる・・・?