外事警察
 土曜9時〜 NHK   
 脚本・・・古沢良太   演出・・・吉村芳之   P・・・訓覇圭ほか
 主題歌・・・ 「」 
原作
外事警察
麻生 幾
◆ 出演者 ◆ 住本健司
下村愛子
松沢陽菜
金沢涼雅
久保田岳
住本絵美
倉田俊貴
村松久美
有賀正太郎








渡部篤郎
石田ゆり子
尾野真千子
北見敏之
平岳大
奥貫薫
遠藤憲一
余貴美子
石橋凌





… …

警視庁公安部外事4課主任
おしどり夫婦と評判の理容店の妻
警視庁公安部外事4課 元刑事
警視庁公安部外事4課
松沢の元同僚刑事
住本の妻
警察庁警備企画課理事官
官房長官
警察庁警備局長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「その男に騙されるな」  最終回  2009.12.19.                      

その男に騙されるな・・・
うむ・・・騙された・・・(笑)

前回を見て、予告を見て、予想していたのとは全然違う内容だったわ。

ジュリオを使ってフィッシュと思われるクレメンテに近づく・・・
しかし、そんな警察側の考えは読まれていて、盗聴器がはずされる・・・
・・・そこまでが住本の読み。
尾行をまいたと思わせぇの、尾行してるっちゅーの・・・・ってなっことで。(笑)

そのころスペード社は村松と取引中・・
フィッシュなんていなかった・・日本にテロの脅威なんてない・・・ってことで手を打とうってことで、
その結果がクレメンテに知らされ、はい、終わりっしょ?って余裕ぶっこいてますけど、
んな、上の取引でごまかされてたまるかい!な住本でございますよ。
お前がフィッシュなんだろ?と押しつけがましく問い詰める・・
そこへ五十嵐が!
この人、CIAと手を組んでたらしく、あの狙撃してたのはCIAってことかね?
最後まで住本を裏切ることはできず、警察官として死なせて・・・というのよ。
絶命しかけているクレメンテが爆発させようとしていた・・
ここで五十嵐を殉職させてやろう・・・と逃げる住本・・
駆けつけた陽菜が巻き込まれ負傷・・
大爆発が起こってしまったため、フィッシュの存在を隠すことができなくなったものの、
五十嵐の残したデータにより、スペード社に対して優位な取引ができたわけだけど・・

責任を取って住本と有賀が退職。
普通の暮らしがしたい・・・と妻と娘と再び暮らすことになった住本だけど・・
あの奥さんの表情。。。信じてませんね、住本のこと。
さすが、すでにウソを見抜いていたのか!(笑)

実は住本、警察をやめて普通の生活なんて・・・してません!!
さらに裏の裏に入り込んでいってるみたい!
いやぁ・・やっぱ、一度ハマってしまうと抜け出せないんですかねぇ・・・(汗)

しかぁし!誰かに刺されてましたね!
あの膝からガクガクの演技・・・すごかったぁ〜!思わず巻きもどしてみちゃったもんね!(笑)
死んで・・ないよね?
そんな簡単に死んだりしないよね、この人は。

そして最後は・・・ここにもすっかりこの世界にハマっちゃった陽菜の姿が・・
普通に生きられたはずなのに・・・
本当は住本自身がクレメンテがフィッシュってことにしたくて爆発させたってことを目の当たりにしてて、
それを内緒にする代わりに倉田のもとで働きたいと言ってましたけどねぇ。。
そんなとこ見ても、そんな世界にいたいんですかねぇ・・・

愛子は旦那さんの目が覚めてよかったね!といきたいとこですが・・
確か、事故のときって愛子の浮気のことでもめてましたよね・・・?
その記憶も戻っちゃってるんじゃ・・?(汗)
もう時効ですか?(笑)

ものすごく暗くて重たいドラマでしたけど、見ごたえありましたね。
今年のNHKドラマははずれがあんまりなかったように思います。


  ◇ 第回 ◇   「突入」    2009.12.12.                                 

それって・・・そういうこと・・・?
マジっすか・・っていう終わり方でしたね!!

分裂してしまった住本と陽菜。
住本は「ハメられてる気がする・・」と調査をさせてもらうものの、
安全を考え、SATの準備を進める有賀。
とにかく、ジュリオから話を聞かねば・・・と、倉田は村松に頼んで官房機密費まで動かし、
愛子をジュリオと会わせようとするんだけど・・・

住本は愛子をこのまま動かしていいのか・・・?とニケのことがあるから思ってて、
チャチャをいれてくるわけですよ。
そんな住本の言葉を聞いて、やめる・・と言い出す愛子。
私の言うことじゃなく、住本の言うことにどうして耳を貸すのか・・?と不満げな陽菜だけど・・・
愛子を動かしたのは・・陽菜ではなく住本だった・・ってわけだ。
夫への罪悪感、夫の介護というどん底の暮らしから、
警察の手先とはいえ、引きずり出してくれた住本との間にこそ信頼関係ができていた・・ってわけだ。


その住本・・自分の手から離れた愛子に、危険性を十分に伝えたうえで
「やってもらえますか・・?」と頼む。
そして愛子はジュリオを会い、ジュリオは「あそこにいるのはテロリストではない・・」と言うのよね。
SAT突入と同時の発言で、間に合うのか?とヒヤヒヤだったけど・・
団地の一室にいたのは本当にテロリストじゃなくて・・・

そして住本の部下が調べ上げたところ、セキュリティ会社が自分たちの利益のためにテロを起こそうとしてるとわかって・・
くっくっく・・・と笑いだす住本。
「あ〜あぁ・・」とつぶやき・・・
むむ?どういうこと??と思ったら!!
次回起こるであろう大爆発から救い出された陽菜の口から「住本が・・」という言葉が!!
なぬ??
つまり・・
住本が・・?ってこと??
えぇ〜!!!なんじゃそりゃーっ!!

いやいや、こんな大オチ、予告で見せるわけない!
もっと大どんでん返しがあるに違いない!!・・・と思う。

さて、最終回・・・どんな結末になるんでしょうかね・・・


  ◇ 第回 ◇   「裏切り」    2009.12.05.                                 

ぐ・ぐ・ぐ・・・・うなるほどに面白い。(笑)
しかし・・・・・心が重くなるドラマでやんす・・・


この件からはずされた陽菜。
一方愛子は一人暴走する・・・
ジュリオのバーに再び通い始めるのよね。
住本にしてみたら、愛子はまるで自分の母親・・
だからこそ、利用できない、これ以上危険にさらせない・・ってんで、協力者として登録もしない・・
陽菜は、愛子の安全を守りたくて、登録して自分が運営したいと思ってて、
なんと、倉田側についてしまった・・ってわけだ。
まんまと倉田に利用されてる気がするんだけどね・・・(汗)

住本の協力者で、その仕事を終えたにも関わらず一人潜入して捕まったニケの遺体が発見された・・
すでに登録解除されてるため、遺族への補償もなければ、死亡も隠蔽されてしまうらしい・・
なんてひどい・・
これじゃ何も変わってない!と有賀に怒る住本。
実は住本の父は有賀の代わりに殺され、殉職扱いにもならなかったらしいのよね。
変えたくて父と同じ仕事に就いたのに、結局なにも変わらない・・
だったらテロの一つくらい起こればいいんだ・・という問題発言につながったわけだね。

回を重ねるごとに、ロボットのように冷徹だと思われた住本が人間らしく見えてくる・・
このドラマでの渡部さんのセリフはそれほど聞き取りにくくないので、見直しちゃいそうです!(笑)


ニケの残した「827」というメッセージ・・
そして愛子がジュリオから手に入れた団地の住所・・
そこに爆弾が隠されているということになり、陽菜が倉田にチクったことで、
住本のチームを出し抜いた形になったようですが・・

愛子は、ジュリオが自分におちたから手に入れられた情報だ・・・と自慢げ。
陽菜も、自分が運営するから手を出すなという・・
しかし、住本は、ニケの残したメッセージの文字が違うと、殺されちゃったんだ!と訴える・・
追っていく中、住本の表情がおかしかったのはそのせいなのね。
ニセの情報とわかってて追ってたわけだ・・
そして愛子に問う・・・
ジュリオがお前におちたんじゃない、利用されてるんだ!お前がおちたんじゃないのか・・?
それとも・・・そもそも裏切り者なのか・・?と・・


どっちなんだろーっ!!
愛子が「ずっと騙しててごめんなさい・・」って謝ってたのは誰よ・・?
いよいよ次回はSAT突入ですか?
残りあと2回・・・どうなるんでしょ!


  ◇ 第回 ◇   「囮(おとり) 」    2009.11.28.                                 

うわぁ・・・すごいねぇ・・
ドップリ漬かっちゃうよ、この世界に・・・
重たく沈み込んでしまうような内容だけど・・・見事にハマって抜け出せない沼のような・・・
面白いドラマですね・・


ジュリオが携帯で連絡を取り合ってる人間をつきとめるために、
愛子にジュリオの携帯のデータをコピーさせることになったんだけど・・・
金を渡して「ケチるな、ズブズブにしとけ」という住本が恐ろしいぃ〜!!(汗)
住本から受け取ったお金を使って、愛子の旦那を病院に入れたり治療を受けさせたりする陽菜。
そんな中、潜入する愛子だけど・・・

持ち帰ったデータには何も入ってなくて!!
実はジュリオはこっそり大事な時だけチップを入れ替えて使ってるみたいなのよ。
だから、奥の部屋に入り込んで再度コピーしなくちゃいけないんだけど・・・
それはさすがにかなり踏み込んだことをしろっていうことになるわけで・・
二の足を踏んでる陽菜に代わり、住本自身が愛子に接触・・・
あなたが望むなら・・・と旦那さんを殺そうとするのよ!!
愛子は、旦那の介護から解放されてこのj仕事を楽しんでる自分が怖い・・・・っていうんだけどさ・・
それ・・・旦那さんの目の前で話す内容じゃないよね・・?
治療を受けたあとなんだから、ちょっと回復してるかもしれないのに!!


結局愛子は再度ジュリオに近づく・・・
そして、睡眠薬を入れた酒をジュリオに飲ませて、寝込んだところをカギを盗んで・・って考えてたみたいだけど、
そんな甘いことでは済まず・・・ジュリオと体を重ねることになってしまった愛子。
それをヘッドフォンで聞かねばならない陽菜・・・
私ももう、見てられないし、聞いてられなかったよ!!
背中を見せてた住本も、動揺してるみたいでしたね・・

そしてデータを持ってきた愛子。。
その中にはフィッシュの思われる人間の場所を特定できそうな内容があり・・・
でも、ジュリオは愛子がスパイって知ってるよね・・?
それをフィッシュには報告してなかったけど・・
何を考えてるんだ・・?

そして、とうとう陽菜も巻き込まれる爆発事件が起こるようです!
女の死体・・?それって愛子が死んじゃうってこと・・?

今回は、意識不明の夫の介護をする愛子に重ね、住本の過去も明らかになりましたね。
住本の父も同じく外事の仕事をしてたのかな?
その結果、植物状態になっちゃったんだけど、
父から言われた最後の言葉「お母さんを守ってくれよ」という言葉を通り、
父を殺そうとしていた母の代わりに自分が殺そうとしていたら・・・
母に見つかって「恐ろしい子・・・」って突き飛ばされてましたね・・
そんな思いまでして、なんで父と同じ仕事をしてるんだろ・・?

住本の協力者だったニケが、住本が仕事を終わりといったにも関わらず勝手に仕事を続けてて、
フィッシュに捕まっちゃっいました。
これで「タムラ」と名乗ってる住本の存在もバレちゃったわけで・・・
妻と子供を実家に逃がそうとしてるけど、すでに妻からは「あなたは誰・・?」とか言われてるし!!
それにさ、愛子に渡したお金って住本が工面した借金なんでしょ?
どうしてそこまでするんだろ・・?
テロが憎いから・・?
でも予告では「テロの一つくらい起きた方がいい」って言ってたよね?
こと男・・・闇の部分が深くて、わからんよ・・・(汗)


  ◇ 第回 ◇   「協力者」    2009.11.21.                                  

いやぁ〜ん・・・コワイ・・・

前回捕まえた外交官・ラモンに協力させようとするも、
あっけなく殺されちゃいました・・・
外事の人たちもなかなかすごいと思うけど、それよりさらに上を行ってる気がするのよね、テロリストたち・・・(滝汗)
次に住本は、協力者であるニケ・ワタナベを使って地下銀行へと接触させるんだけど・・
なんかさ、前回終わりに住本の腹黒さを知ってるだけに、
「ありがとう、もういいよ、家族と幸せに暮らせ・・」ってお金を渡してる住本を見ても、
そのあと、口封じに殺すんじゃ・・?とかよからぬことを考えてしまったわ!(笑)
だってさ住本って、、「協力者のすべてを受け入れる覚悟」っていうか、
「協力者にならざるを得ない状況にしてる」って感じがしてならんのだもん!!

それによ、前から目をつけていた外国人バーの店主・ジュリオが好意を寄せているのが下村愛子ってことで、
住本はこの愛子とかかわりのあった陽菜に、愛子を協力者にさせようと考えて、
この外事に陽菜を呼んだ・・ってことよね?
ここまで知らされたらさ、「私は無理!」って出ていきそうなもんだけど・・

陽菜は愛子を協力者として獲得すると決意しました!
なんでそんなことを・・・(涙)
そして、隅から隅まで愛子のことを調べ、接触する陽菜・・・
優しさを見せといて、まずはそのお礼に軽い仕事をさせ、その後すべてを明かし協力者に仕立てる・・・
なんて腹黒いんだろーっ!
いやになっちゃう!!
でも見るのはやめられない!(笑)


「本当は協力してもらいたくて近づいたの・・」ってだけじゃ、
「だましてたのね!ひどい!」で終わっちゃう可能性もあるわけで・・
そこは住本の出番!
実は愛子、不倫してまして、それが旦那にバレてて、車を運転中の旦那ともめてて、そのせいで事故・・
そして夫は意識不明の寝たきりになってるようで、
そこをグサグサとついてきやがるのさ、住本は!!
そんなことができるんだから、探りの仕事もできるはず!と言いたいらしい!!
帰れ!と追い出す愛子だけど・・・
協力するみたいよ・・?
でもねぇ・・女ですから・・しかも相手は愛子に好意を持ってる・・
となると、そういうことも仕事の一環になってしまうのか・・?
はぁ・・・ドロドロやん・・・(汗)


  ◇ 第回 ◇   「テロリスト潜入! 」    2009.11.14.                            

暗いねぇ・・・画像が・・・
でも、ちゃんと夜見れば、問題ないし、このドラマの雰囲気を表現するにはいい感じかも・・ですね。
渡部さんの相変わらずのボソボソしゃべりには苦労させられそうですが、
字幕表示にして見ることにしたので、耐えられそうです。(笑)

いやはやしかし、いろんな意味で衝撃的なドラマでしたね・・・
公安ってのは表に出てこない裏の顔がほとんどだろうから、
こうやって描かれるだけでも新鮮で面白いと思えますが、
まさか、国益のためなら何でも・・・っていうのをあんな風に表現されるとは・・・
な・なぬーっ!!って最後、驚きまくっちゃったわよ!!


日本に入り込んでる「フィッシュ」というテロリストがいるという情報が入ってきて、
外事4課はテロリストを探して動いておるんですが・
そこに、女刑事・陽菜が異動させられてきて、いろいろ戸惑いつつ・・っていう始まりでしたね。
この陽菜の存在のおかげで、見てるこっちも話がわかりやすいです。
あまりにも常識からかけ離れた存在だからねぇ、ここは・・・(汗)


ラモンという外人に目をつけ、追っていく外事4課。
その主任が住本という男で、この男の下で陽菜は研修を受けるわけだけど、
元同僚である刑事・警官たちを「ハエ」と称して追っ払わなくてはいけない・・・
しかも、それを問い詰められても、公安という立場上、何も話せない・・・
辛いなぁ・・・なんか、心がすさんでいきぞう・・・(汗)
もう一人の女公安さん@五十嵐は、辞めていきましたね。
これはきっと、住本のしたことを知ったから・・・だろうね。

ラモンを追い詰めるために谷村(田口トモロヲ)という男もともに追い詰めていってしまう結果になり、
陽菜はそれを見て見ぬふりできなくて苦しむんだけど、
そこに救いの手が差し伸べられて、よかった・・と思ったら、
その救いの手も騙しで、結局さらに追い詰められた谷村は、犯罪に手を出してしまい・・
メインはラモンを捕まえること、谷村は単なる道具・・
でも、それをやったのは谷村の意志・・・
そうしてでもラモンを捕まえることに意味があった・・ってことで納得させられそうでしたが!!

なんと、谷村に一瞬差し出された救いの手・・あれは住本の仕業だったのよ!
ラモンを捕まえるためには、谷村にもう一歩踏み出してもらわないといけなかった・・・
そのために一瞬助けて、また地獄にたたき落とす・・という手段をとったんだよね!
ひでぇことしやがるっ!!
しかし、家ではマイホームパパ・・・そのギャップが怖い・・・(涙)
この住本本人にも何やら過去があるらしいし、
その住本の存在自体を警戒してる男もいるようですし、
次回から登場の石田ゆり子さんがどう絡んでくるのか、
今回登場してきた中に、「フィッシュ」がいるのか・・・
いろいろと気になりますし、見ごたえもあるので、次回も見ちゃおうと思います!



★ STORY ★ 警視庁公安部外事4課へCIAから極秘情報が届く。<フィッシュ>と呼ばれる国際テロリストが日本に潜伏しているという。対テロのウラ作業を専門とする住本健司は、所轄から来た松沢陽菜らとともに、怪しい外交官の追尾を開始。爆発物検知器を扱うメーカーの社長、谷村(田口トモロヲ)との接触現場を視認する。住本は外交官を追い込み、自らの協力者に仕立てることでテロの端緒を掴もうとする。
★ 期待度 ★ 渡部さんのしゃべり方が苦手なんですけど・・・一生懸命耳をかっぽじって聞きたいと思います!!(笑)