深夜食堂
 火曜深夜  TBS  
 脚本・・・真辺克彦ほか   演出・・・・松岡錠司ほか   P・・盛夏子ほか
 主題歌・・・ 「嘘のつき方」 LOVE LOVE LOVE  
原作
深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)
主題歌
前作DVD-BOX
「深夜食堂」【ディレクターズカット版3枚組】 [DVD]
◆ 出演者 ◆ マスター
竜ちゃん
小寿々
ゲン
野口




小林薫
松重豊
綾田俊樹
山中崇
三石研




「深夜食堂」のマスター
ヤクザ
ベテランのゲイ
竜ちゃんの舎弟
刑事
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「ギョーザ」   最終回   2011.12.20.                    

カタギリ(オダギリジョー)の過去・・・そんなんだったんだね。
前科者だったか・・
そして、逮捕直前まで想ってた女を忘れられずにいて、
再会してみたら相手は結婚してて・・・
それでも一緒に生きていきたいと伝えるも、
女もその気になりかけたものの、
8年という時間は、取り戻せなかったようです・・。

きっと、ギョーザ屋さんの旦那(リリー・フランキー)は、
妻(黒谷友香)がいなくなったとしても、それはそれで受け入れてくれたかもしれないけど、
あの娘さんがね・・
最後の「ママ!」って手を握り、その手を包んで戻る姿が、
8年という間に作りこんで、いつしか体にしみ込んでしまったギョーザのようで・・
ここが、彼女の居場所なのだね・・

カタギリ、姿を消しちゃったそうです。
この食堂も、彼女との思い出の場所で、
そして、彼女が今後も出入りするかもしれない場所・・
もう、訪れることはできないだろうね・・。

今シリーズも今回で終了・・・
相変わらずの雰囲気で、落ち着いて見られましたが・・・
前作が素晴らしかった分、比較してみるとイマイチだった印象も無きにしも非ず・・・です。(汗)
前作でいいエピソード使いすぎたのかな?(笑)



  ◇ 第話 ◇   「肉じゃが」    2011.12.13.                         

ほぉ・・そうきたか!って感じの話でしたね!

肉じゃがの想い出を語る女と結婚すると言いだす男性客・・・
行方不明の姉を探してる、肉じゃがの思い出がある若い女・・
これだけで、あぁ、この二人は姉妹なんだね・・・ってわかるわな。
ありがちな話だぜぃ・・・って思って見てたんだけど・・・

肉じゃがの思い出を語って男を騙していたお姉ちゃんを見つけた妹!って展開で、
やっぱりね・・なんて思ってたら!
常連客の中にもこのお姉ちゃんに騙されてお金を奪われ人がいて!
えぇ〜!!って思ってたら・・・
なんと、この妹も、肉じゃがの想い出で詐欺を働いていたようで・・・
つまり、姉妹で肉じゃが詐欺をしてたのさ!

私をシマを荒らさないで・・・とか、もう、開いた口がふさがらなかったわよ!!
いやぁ・・・びっくりした。

それに・・・騙されたのは、結婚しようとしてた客と、常連客だけではなかったね・・・
オダジョーも、マスターも・・・ある意味、肉じゃが詐欺の被害者かも・・
お金はとられてなくても、心が・・・・(涙)

トラウマでマスターが肉じゃがを店に出さなくなるんじゃないかって心配。(笑)


  ◇ 第話 ◇   「冷やし中華」    2011.12.06.                         

冬に冷やし中華か・・・
見てても、「食べたいっ!」ってならないのが辛い・・・。
このドラマ、実はそこが結構大きなポイントなんだよね・・・(汗)

どっちかっつーと、鍋焼きうどんに惹かれてしまったわ。(笑)

刑事が出てきた時点で、
あぁ、お尋ね者だな、こりゃ・・ってのは想像できましたね。
しかも、あちこちで女と一緒に冷やし中華食べてたとは・・・
性格も土地土地でまちまちだったんでしょ?
話を聞けば聞くほど、信用ならんのに・・・
なんで彼女はついていこうと考えちゃったかねぇ・・・(汗)

ベタですけど、まぁ、まとまってる話ではありました。
ただ・・・
やっぱり、冷やし中華じゃ、萌えませんよ、この時期・・・(滝汗)


  ◇ 第話 ◇   「白菜漬け」    2011.11.29.                         

今回は・・・
「深夜食堂」の意味がいまいち感じられなかったっていうか・・・
まぁ、白菜づけが結ぶ縁・・・なんだろうけど、
別にここじゃなくてもいい話かなぁ・・って気がした。

あと、やっぱ、白菜づけじゃ萌えない・・・(涙)
ごめんよ、お腹が空かないよ、白菜づけじゃ・・・・
もっと、むほっ!ってやつ、お願いします・・・・


  ◇ 第話 ◇   「クリームシチュー」    2011.11.22.                       

冒頭から、クリームシチュー調理工程の映像・・・
うまそう・・・

最近寒いし、今晩は我が家もクリームシチューや!
決定!(笑)

家を出た小説家・・・父が家を出たという若い女性・・・
・・・見事に二人は父子でして・・
あまりにもうまくいきすぎな気はしますけどね・・(汗)
なんか、デリヘル呼ぶ父と、デリヘルやってる娘・・
気まずい再会をして、あんな風に笑えるようになるとは・・・
理解しがたいんだけども。(汗)

しれーっと存在するオダジョー・・・
空気を凍らせる存在になってしまってる・・(笑)


  ◇ 第話 ◇   「缶詰」    2011.11.15.                             

これは・・・
えっと・・・死と生がわかりにくい・・・
幽霊っぽくて生きてて、生きてるようで幽霊だった・・・みたいな?
いろいろ凝り過ぎて、面倒くさくなっちゃったパターン??(汗)

とはいえ・・・まぁ、いろいろ考えたよ。
今の若者は、「ただ置かれている缶詰」を見て、「お供え物か?」という
単純な発想はわいてこないのか?とかね。
置いてあるからって、無害な食べ物とは限らないぞ?とかね。
客が持ってきたものを調理して出して、後々問題になったらどーすんだ、マスター?とかね。

ただ・・・あたしゃ、酢豚にパイナッポーは許せないタチなんでね。
だからといって・・・・
パイナッポーの缶詰を他の料理にどう使うかと聞かれれば・・・・
いやいや、そもそも、あたしゃパーナッポーがそれほど好きじゃないのさ。
だから、あえて料理になんてしないのさ!!(笑)

缶詰か・・・
非常食として買ったことはあるが・・・
使うとしても、ツナ缶くらいかなぁ・・
あ、冬になると小豆缶がよくパッカーンと開くこともあるわな・・・

いかん・・・ドラマの感想より、缶詰談義のほうに花が咲くわさ。(笑)


  ◇ 第話 ◇   「煮こごり」    2011.11.08.                             

ううう・・・・えぇ話や・・・
ほんと、マスターの言うとおり、タイミングがピッタリと合った二人でしたね。
お互いにとって、新しくスタートをきるための、素敵なタイミング・・・

二人が幸せになってよかった・・
これからもずっと続きますように・・・

弁当屋に勤める将司(清水優)はイクミ(伊藤歩)という女性に惚れる・・・
思い切って告白すると、「カレシがいるから・・・」と断られる。
しかし、イクミはソープ嬢だった・・・
ウソをつかれたこと、ソープ嬢だったこと・・いろいろとショックだった将司。
それでも、好きは好き・・・

そんなとき、実家の母が倒れた・・・・ということで、定食屋を継ぐために実家に帰ることになった将司。
最後の夜、深夜食堂で飲んでいたら・・
「マスター、お祝いして」とイクミが入ってくる・・
”カレシ”と別れたんだそうな・・・。
そう、親の借金のために働いていたイクミは、すべて、返し終わったようで・・・

すべてを知ったうえで、イクミのその言葉に「よかった・・」とつぶやく将司。
そして、一世一代の再告白・・・・
すべてを受け入れ、ともに生きることにした二人・・
”イクミのこと”と知らない人たちに囲まれ、新しく生きていってくれてる。
あの写真の笑顔が、それを物語ってましたね。

まぁ、キレイゴトでは済まない、いろいろとあるかもしれないけど、
せっかくの「深夜食堂の支店」!!
しっかり守っていってほしいですね!

あぁ・・・いい話やったわ。


  ◇ 第話 ◇   「あさりの酒蒸し」  2011.11.01.                           

心温まる話で終わってくれてよかった・・・
ここ2話、悲しいやら切ないやらで、正直、今回も「どっちか死ぬな・・」と思いつつ見てたもん。(汗)

よかった・・・二人とも無事で・・・・

しかし、憎まれ口を叩いていても、親子なんだよね・・
とくに、父親に捨てられ、二人きりで生きてきた母子だもん、普通以上に絆があるでしょう・・
でも・・・そろそろやっぱり結婚してくれんとな。(笑)
ま、あのお母さんが姑になると思うと・・・若干怖いけども。(汗)

あさりの酒蒸しか・・・
ニンノクと鷹の爪・・入れたことなかった、(汗)
今度やってみよう!

今回、子どもたちがわんさか出てきて、
この子たちのリクエストにも全部答えちゃうのか、マスター??ってヒヤヒヤしたけど、
結局全員カレーになってた。(笑)
まぁ、カレーが嫌いな子どもはいないだろう・・・ってことだな!

昔イジメられっこ、今は心広き大きな男・・・
宇梶さんにピッタリの役でした!
是非、最終回にでも「お嫁さん付き」で再登場してほしいですね♪



  ◇ 第話 ◇   「唐揚げとハイボール」  2011.10.25.                         

かーっ!これ、これ!「深夜食堂」の醍醐味よ、この感じ!
唐揚げとハイボール・・・食べたーいっ!飲みたーいっ!!
週末はコレで、旦那と一杯やろう!決めた!(笑)

深夜衝動で微笑みながら眠る女性・サヤ(平田薫)
どんな夢見て、そんな笑顔してるのか・・・と思ったら・・・
お兄ちゃんとの小さいころの思い出だったんだね。
だけど、現実は、売れない芸人の恋人のせいで苦しんでいるようで・・・

そこでゲンちゃん、大活躍!
仲間引き連れてライブ会場に乗り込んでる!
怖っ!あれじゃ、絶対笑いなんてとれない!(笑)
「女に貢がせてこの芸か?お前、男やめろや・・・」
くーっ!効くぅ〜!(笑)
でも、この脅しだけで終わるのではなく、ちゃんとサヤちゃんとこに連れていくあたり・・
もっとカッコいいぞ!


結果、サヤちゃんはこの芸人と別れ、今は明るい女の子に戻ってました・・
お兄ちゃんが自分をいつも見守ってくれてる・・っていう安心がそうさせたのかもね。
いやぁ・・・しかし、まさかこの食堂で兄妹が再会するとは!

さて・・次回は宇梶さんがゲスト・・・
豪華だな・・なんて思ってたら!
オダギリジョー、帰ってきた!
ほほぉ・・・こりゃまた楽しみだ!


  ◇ 第話 ◇   「再び赤いウィンナー」  2011.10.18.                           

やっぱいいわぁ・・・この雰囲気・・・
しかも、泣かせてくれるし・・・・
さて、「第十一話」と表記されているため、前作のレビューページをそのまま使用することにしました。
それが、このドラマにはふさわしい感じがしちゃいます。

お久しぶりだけど、何にも変わってなくて、いつもそこにあったんだなぁ・・と思わせてくれた初回。
竜ちゃんのせつない恋のお話でした・・。

豪華でしたね、ゲスト!
三石研さんだけでもすごいのに、安田成美さんまで!
最後は悲しい結末で・・・

病院を出た後の、声も聞こえず、顔も見えない・・だけど、号泣してるであろう竜ちゃんの姿に、
こっちまで号泣!

そして、その後もセリフなく、三人で訪れた深夜食堂、二人でお通夜帰りに訪れた深夜食堂・・・と描かれ、
短いながらも、時間の経過を感じさせ、哀愁ある終わり方でした・・。

そっか・・・竜ちゃんが赤いウィンナーを好きな理由・・
そこにあったんだね・・・。
あぁ・・・泣けたわぁ・・・。

今作も楽しみな深夜ドラマになりそうです!
・・・あ、でも、今回は「美味しそうでお腹が空いて困っちゃう!」っていうより、
切なさの方が勝ってしまってる回でしたが、
今後はやっぱり、「食いてぇ〜!」って感じになっちゃうのかな?(笑)



◆ 2009年 10月期 レビュー ◆  水曜深夜  TBS  
  ◇ 第話 ◇   「ラーメン」  最終回  2009.12.16.                           

終わっちゃいましたねぇ・・
最後まで素敵なドラマでした・・

まさか、初回のヤクザの刺傷事件が最後につながってきてるとは思いませんで、
あのケンちゃんって男がだれだか気づきませんでしたよ。(汗)
兄貴分の仇討ちでやっちまったことらしいけど、
そのあと逃げちゃったから大変・・・

そんな中、食堂に少年がやってきて、ここが差出人のハガキをもっていて「お父さん」を探しているらしい・・
まさかマスターの・・?とも思ったけど、
なんとケンちゃんの子でしたね。
マスターの言葉、息子の出現により、出頭する気になったケンちゃん・・
無事に執行猶予までついて、クリスマスには元気な顔を見せてくれました。

で・・・サンタみたいに「カニ」をプレゼントしてくれたわけですが・・・
うまそう・・・焼きガニ・・・
そして、カニといえば・・・無言がつきもの。(笑)
なんだろうね、アレ。
ほんとに無心になってほじくっちゃうよね、カニって!
まさに、サイレントナイト・・・(笑)


最後の〆は、カタギリの出発でした・・
最初から最後まで謎起き男ですけど・・
なんと、あのマスターの顔の傷、カタギリがつけたらしい・・?
一体この二人に何があったのか??
気になりますねぇ〜!!


絶対続編があると思います!
ってか、やっていただきたい!
そのときも深夜のこの空気でお願いしますね♪


  ◇ 第話 ◇   「アジの開き」  2009.12.09.                             

八千代さん(りりィ)・・・
同業者だろうな・・てのはすぐにわかりましたけども。(笑)

自分で選んだ道とはいえ、
なりたかったものを諦めて入った道・・・
昔の仲間の成功を目の当たりにし、余計に卑屈になりそうなマリリン(安藤玉恵)だけど・・・
八千代さんとの出会いで変わったんだね。
ほんと、いい出会いだったねぇ・・
よかった、よかった・・

で、八千代さんの注文は、あじの開き・・・
開き・・・
あしの開き・・・
御開帳〜!!ってんで、
おあとがよろしいようで・・・・(ド下ネタ(笑))

で・・・最終回??
もう終わっちゃうの??
寂しいなぁ・・・・


  ◇ 第話 ◇   「ソース焼きそば」  2009.12.02.                             

あのアイドル時代の歌・・・
YOUさん・・・イタイ・・・(汗)
なんか、映画「キサラギ」を思い出しちゃった・・・(笑)
あれから現在は女優さんへと移行できてるなんて・・・よかったねぇ・・・

自分の過去と重なるからこそ、受けた仕事だったのに・・・
自分を捨てた父をまだ許せていないため、その演技ができない・・・
苦悩する風見倫子(YOU)。
でも、偶然深夜食堂にきてた倫子の父から聞いた「ソース焼きそばのワンポイント」をのっけたマスターのおかげで、
父との楽しかった思い出を思い出し、乗り越えることができたようです・・。

ま、普通のドラマなら、ここで父子の対面をマスターが演出・・ってことになりそうだけど、
そんなベタなことはいたしません。

お互いはそれぞれにまた自分の道を・・・って感じだよね。
いいんじゃないでしょうか、こんな感じで♪

序盤で出てきた常連さんがちょこちょこ出てきて、後日談って感じで見せてくれるのね・・・と思ったら、
次回はそんな回みたいですね。


  ◇ 第話 ◇   「タマゴサンド」  2009.11.25.                             

かーっ・・・切ないのぉ・・・
中島(田中圭)がタマゴサンドを食べられる日は、一体いつか・・・・(涙)


売り出し中のタレント・リサ(村川絵梨)は深夜食堂で苦学生の中島と出会う。
タマゴサンドを介して親密になっていく二人・・
リサは売れ始め、二人の間の差が大きくなっていく・・
その差のせいか、強気になれない中島。
さらに距離は深まり、中島が自分の気持ちに気付いた時は、すでに遅かった・・
リサは事務所の社長と婚約してたのよ!

・・・うむ・・・・いくらさみしいからって、優しくされた男になびいちゃうリサちゃんよ・・・
切なすぎるじゃないかいっ!
マスターのフォローも傷ついた心には薬になったかもしれないけど、
まだまだ立ち直れないと思うわ・・・

切ないと言いつつ、無性にタマゴサンドが食べたい・・と思う、不謹慎な私でした!(笑)

それにしても豪華ですね、ゲスト!
次週も豪華だもん、楽しみです。


  ◇ 第話 ◇   「カツ丼」  2009.11.18.                             

あぁ・・・今回もいい話だったなぁ・・・
話の筋は読めてましたけど、オチがよかった!
カツ丼は売り切れました・・・と親子丼を出すマスター!
にくいねぇ〜!!

それと、アケミ役の霧島れいかさん・・・相変わらずお美しい・・・
好きなのよねぇ、この人の醸し出す雰囲気!!
いろんな意味で目の保養になった今回でございました♪

あ、でもね、マスター。
私はもっと親子丼の卵はトロトロのほうがいいです。
関係ないけどね。(笑)


  ◇ 第話 ◇   「バターライス」  2009.11.11.                             

バターライス・・・
カロリー、高そうなんだけど・・・
食べてみたい・・・
マヨネーズと醤油っていうのは結構好きで、小さい頃に食べてた気がするんだけど、
バターと醤油ねぇ・・
やったこと・・・あったっけか?
うん、今度やってみよう!!

さて、お話ですが・・・
料理評論家が深夜食堂?合わなーいっ!!(笑)
ったく、あの人、なんでこんなヤツ連れてきたんだよーっ!

みんな不愉快じゃん!!って思ったら・・・
流しのゴローさんの登場で雰囲気ガラリ・・
どうしてゴローさんに会いたいんだよ、評論家?と思ったら・・
なんと、小さい頃に知り合いだったとはねぇ・・
で、姉と恋仲にあったゴローさんと再会したわけですが、
なんと、二人ともまた独り身・・・
年月は経ちすぎた気もしなくはないけど、今からでも遅くないよね。

今回はとても温かいお話・・・
ちょっとだけ・・・ちょっとだけの醤油をたらして・・・
バターライス、かっこんでみようかしらね♪


  ◇ 第話 ◇   「ポテトサラダ」  2009.11.04.                             

深夜ならではのネタ・・・(笑)
風間トオルさんがAV男優・エレクト大木役なんて!
うん、そう見えるから不思議・・・(笑)

超有名AV男優が目の前に現れたら・・・
男性の方々は、「うおぉぉぉぉ〜!」ってなるもんですか?(笑)
私にはわかりませんけども・・

そのエレクト大木に弟子入りしたい!と言いだす若者・田中(田中聡元)・・・
初出演の前に、母の具合が悪いという知らせが入るも、
自分のことで精いっぱいの田中は、帰らない・・と言いだす。
エレクトさんは、怒って「絶対帰れ!!」っていうんだけど・・・

実はエレクトさんは、AV男優になったことで、実家ではうとまれて帰れない状況になってたのよね。
そうなる前に、会える時に会っとけ・・ってことなのさ。
うん・・確かに・・
私も、もしお兄ちゃんがそうだったら・・・って考えると、うん、そうかも・・って思っちゃうもんなぁ・・・(汗)

すると、今度はエレクトさんがいなくなっちゃって・・
なんと、実家の母がボケてしまってたらしく、妹さんから連絡があったのよね。
会っても、もう自分を誰かはわからない状態になってた母・・・
もう、会えない・・・
大好きだった母のポテトサラダにも、もう、会えない・・
切なかったですなぁ・・・


私もポテサラ大好き!
早速近いうちに作ろうっと!!


  ◇ 第話 ◇   「お茶漬け」    2009.10.28                                  

ミキ(須藤理彩)ルミ(小林麻子)カナ(吉本菜穂子)、3人女のお話。

だいたいね、女は3人っていう数字が一番ダメなんですよねぇ〜!
二人がより親しくなり、一人余る・・っていう構図になりがちです。
でも、とりあえず、この3人はうまくやってる感じだったんだけど・・・
「純愛で結婚!」なんて言ってて、一人ずつ抜けていって、一人残る・・ってヤツかと思ってたけど
違ってましたね。
ま、とりあえずバラバラに・・・はなりましたけど。

そうねぇ・・・男が絡むとねぇ・・・女の友情なんて儚いもんですよねぇ・・・(涙)
なんだか、見てていたいたしく感じてしまいました。(汗)

ま、そんなこんなで、話としては、女たちのすったもんだを見せられた感じですけど、
相変わらず、夜中にみるのは毒なドラマ・・・
お茶漬け・・・
夜食うとうまいんだよねぇ〜!(笑)
シャケ・・・ない。
タラコ・・・ない。
ウメ・・・ある!
お茶・・・沸かすの面倒くさい・・・
で、食べませんでしたけどねん♪


  ◇ 第話 ◇   「猫まんま」    2009.10.21                                  

いやぁ・・・・良いっ!
2話にして、すでにこの世界、、お気に入りです!!


音もね、静かなんですよ、このドラマ!
冒頭なんてほぼ無音。
あり・・・?テレビの音量、小さかったっけ?と思わずリモコンを持ってしまうくらい!(笑)
そして静にはじまる・・・夜がまた訪れたかのように・・って感じ?

今回は、「かつぶし、ある?」と入ってきた女性の話。
「猫まんまかい?炊きたてのご飯でつくってやるよ」とマスター・・
でもさ、あたしゃ西の人間だからさ、「猫まんま」といえば、味噌汁ぶっかけご飯なんだよね・・
ちょっと違和感♪

その猫まんまをおいしそうに食べる女性・みゆき(田畑智子)。
彼女は売れない演歌歌手で、マスターは馴染みの作詞家を紹介してやる・・って言うんだけど、
聞いてみないことには・・ってことで、店でコンサートまで開いちゃうことに!
でも、その歌・・・決してうまくはないものの、なぜか心に響く・・・
で、作詞してくれた曲がバカ売れしまして、一気にスターになっちゃったみゆきちゃん。

でも、みゆき・・・体を病んでました・・
死ぬ数日前、みゆきは店に来て猫まんまを食べた・・・
そして消えるようにいなくなり、天国へ・・・
深夜食堂の常連さんたちにも愛されていたみゆきちゃん。
ある朝、不思議なことがあったそうな・・
入口の前にいたネコ。マスターが猫まんまをあげ、「みゆきちゃん」と声をかけると顔をあげ返事をした・・・
また、食べに来てくれたんだ・・・
「おかえり・・・」

はぁ・・・なんだか、ほんと、心に沁み入るドラマですなぁ・・・
田畑智子さんが猫顔だなだけに、「猫まんま」や「入口の猫」が彼女を連想させる・・(笑)

ほんと、いいドラマです・・・・♪


  ◇ 第話 ◇   「赤いウインナーと卵焼き」    2009.10.14                          

おぉ〜!いい感じだ!
雰囲気というか、空気というか・・・
物語の展開などが気になるドラマとは違って、
自分もまるでその食堂に居合わせているかのような、そんな気持ちにさせてもらえるドラマでございます!

とにかく、これ、深夜にやっちゃダメです!
だって・・・お腹すくもん!!(笑)

単なるタコさんウィンナーなのに・・・おいしそうだし、
あの玉子焼き!!
食べたい・・・じゅるるん・・・とヨダレの出る見事な映像!!
まずそこにグイッ!と心をつかまれました!(←そこかいっ!(笑))

豚汁だけ・・・といいつつ、頼まれたらできる限りお応えするマスターの食堂に、
常連さんや初めてのお客さんが訪れてくるわけだけど・・・
派手な展開や、わかりやすいオチなどはございません。
ただ、そこを訪れる人のある一日を見せてもらってる・・って感じ。
その雰囲気を十分に楽しむ・・・そんなドラマで、なかなかいい感じです♪


驚きは・・・オダギリジョーがしれ〜・・・っと出てること!
あれは毎回あんな感じで出てくるわけ??
なんて豪華な・・・(汗)
なんか、儲けた気がするのは何故??(笑)

今後も、その食堂の片隅で豚汁定食やなにかをつまみながらチラ見してる気持ちで、
じっくりと楽しませてもらいたいと思います♪



★ STORY ★ 舞台は繁華街の片隅にある小さな食堂。深夜0時に開店。メニューは豚汁定食だけ。でも、そこには様々なストーリーがあって・・・。繁華街の片隅の、深夜しかやっていない小さなめしやで繰り広げられる、ユーモラスで時にビターな人間模様。
★ 期待度 ★ なんか、ちょっと気になるので見てみます。