ブラッディ・マンデイ
 土曜7:56〜 TBS      
 脚本・・・渡辺雄介   演出・・・・平野俊一   P・・・神戸明 
 主題歌・・・ 「残像」 flumpool 
サウンドトラック
ブラッディ・マンデイ オリジナル・サウンドトラック
原作
BLOODY MONDAY Season2絶望の匣 1 (少年マガジンコミックス)
主題歌
残像
前作DVD-BOX
ブラッディ・マンデイ DVD-BOX I
◆ 出演者 ◆ 高木藤丸
九条音弥
折原マヤ
加納生馬
南海かおる
高木遥
朝田あおい
K・安斎真子
J・神崎潤
九条彰彦
苑麻孝雄
水沢響
赤石一彦
倉野理沙
萩原太朗
霧島悟郎















三浦春馬
佐藤健
吉瀬美智子
松重豊
芦名星
川島海荷
藤井美菜
徳永えり 
成宮寛貴
竜雷太
中原丈雄
黒川智花
堀部圭祐
満島ひかり
高嶋政宏
吉沢悠










… …



天才ハッカー 大学浪人中
九条総理の孫 Jと異父兄弟
殺し屋
サードアイ 捜査官
サードアイ 捜査官
藤丸の妹
藤丸の友人
藤丸の友人 テロリスト
テロリスト
内閣総理大臣
警備局局長
藤丸のバイト仲間
特殊医療拘置所の医療部長
特殊医療拘置所の新人医師
サードアイ 捜査官
サードアイ 捜査官
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「この世の果てテロの悲劇と結末へ!!明かされる真実と鍵」  2010.03.20.  最終回  

むーん・・・・納得いかない部分が多いんですけど・・・(汗)

倉野理沙が「スパーダー」ってことで、じゃ、藤丸とどういう関係が・・?ってことになるわけですが、
やっぱりそうですか、幼馴染みたいなもんですか?
敷村の娘で、小さい頃家族ぐるみの付き合いだった・・ってことね。
・・・だからって・・・・「ずっと見ていた」ってことになる?
「ずっと見ていた」っていう説得力のある説明、お願いしますよ!!

大きくなってからは疎遠になってたんじゃないの?
なんだかなぁ・・

で、倉野を追っていく藤丸・・
もうすぐ霧島たちが入るから待て!!・・って、全然入ってきそうにないんですけど。(汗)
なんか不甲斐ないんだよねぇ、サードアイ。
ってか、こんだけ大ごとなら、サードアイだけでなく他の機関も動かせばいいじゃんよ!!

「倉野を追え!」「できない・・・」「私が死ねばいけるのか?」と、自らに銃を突きつけた南海さん・・
死んじゃったんすかね?
「もう誰も死なせない・・」といいつつ、どんだけ死んでんねん!ってなもんです。
最後に響が生きていたのはよかったし、命も救ってもらえてたけどさぁ。。。
ドンパチやって、たくさん死んで、これでよかった・・なんて、思えないっすよ・・・(汗)

父も日本を救いたかった、なのに、アンタの父親は英雄で、なんで私の父が悪魔なのよ!!と叫ぶ倉野。
それが動機だったわけだ・・・
でもさ、救いたかったけど、薬を持ち込んだことには変わりないんでしょ?
何言ってんだか・・って感じですわ。
ま、犯罪者の理論なんて、筋が通ってないことはままあるわけで・・・(汗)

んな悠長に話してて、どんどん温度が上がってるんですけど!!っていう状況でしたが、
藤丸がちゃんとそれを食い止める手立てを施していたらしく、すんでのところで止まりました・・・
とっとと止めときゃいいのに、なぜそこまで上げるかね?って気もするけど。(笑)
それに、最後のドアを開けるパスワード・・・
倉野の正体がわかるまでは全然わかってなかったのに、
敷村の娘とわかってから思いだし、一つ一つパスワードをうっていった感じだったので、
あぁ、二人だけの秘密の言葉かなんかがあったのかな?って思ったのに、何も関係なかったみたいですね?
よくわからん。

で、最後は倉野も撃ち合いの結果死亡・・・あっけない。(汗)
じゃ、Jは??ってことになるんだけど・・
どうやらJはKを救いたくて倉野を唆した・・って感じかな?
遠くにいくよ・・・で、それで終わりですか?
いや、まだ終わりそうもない気もするんだけどなぁ・・・
ホタルがJについてってるのも理由がわからんし。
萩原と加納の会話もなんだか怪しかったし・・

まだスッキリと終わった感じがしないなぁ・・・


 
 ■ 総評 ■

シーズン1の続きと言うことで、ちょっと楽しみにもしていたんだけど・・・
なんか、ちょっとそれほどの満足度はなかったですね。
今シーズンは人が死にすぎてる気がするし、
音弥の存在意味もあまり感じなかったし、
あの遥と八木くんの話なんて、一体何が言いたかったんだ?って感じです。
兄の辛さを理解するためですか?
うーむ・・・
相変わらずの複雑っぽい話で、見てて疲れるドラマだった・・と再確認したところで、
もうこれ以上の続きは特に希望いたしません・・・ってことで。
・・・・でも、どうやら続きはあるみたいですけどね・・・(汗)


  ◇  ◇   「全真相が遂に!!首謀者は!?原発とは!?復讐とは!?衝撃の真相と結末!!」
                                                     2010.03.13.   

ふーん・・・そうなんだ。
えっと、簡潔に申しますと、スパイダーは倉野理沙医師でした。
・・・
なんで?
藤丸をよく知ってる人ってJが言ってたじゃん!
倉野医師と藤丸にどういう関係があるのさ!
・・・まさか・・・・幼馴染とか、んなアホなオチじゃないよね・・?
そんな、「藤丸は昔から知ってる人だけど、視聴者としては全然しらねぇよ!」っていう関係じゃ??

はぁ・・・がっかり。
まだ南海が!!とかのほうが「いやーん!」とか気分的に盛り上がったのに・・・(汗)

それと・・・八木くんと遥・・・
いる??
何のつながりがあるわけ?
無駄な気がするんだけど・・

ここにも実は意味が!とかいう最終回に・・・なりそうもない。(汗)

それにしても・・・
藤丸って、やっぱりいまいち「すごいハッカー」って感じがしないんだけど。(滝汗)
一旦やられて、そのあと逆転!って感じでいつも乗り切ってるけど、
そうなるまでにあたふたしすぎやし、結局その先が読めてなくて先回りされてたし・・
なんだかねぇ・・・

で、最終回。
「もう誰も死なせない!!」とか言いつつ、死にすぎなんですけど。(汗)
倉野との関係が納得いくものだといいけど・・
どうなるかねぇ・・

あ、あと、J・・Kと対面してましたが・・
この人は何をしたいんでしょうかね?
J K L・・・
倉野理沙・・・L・・・なんてことは・・・ないよね?(笑)


  ◇  ◇   「最終決戦の時!!テロ首謀者の真相と正体!?遂に迎えた終焉」   2010.03.06.   

最後の最後に大きな真相を持ち越すんですね!
気になるわぁ〜!!

ホーネットちゃん、やっぱりオコチャマでしたね。
あんな脅しでゲロっちゃいましたよ。(汗)
スパイダー!!・・・誰?それ?って感じ。
どうやら、ホーネットにいろいろと教えた先生であり、藤丸を良く知る人間だそうな・・・
藤丸以上のハッキング能力を持つ人間で、藤丸を良く知る人間・・・
誰じゃ?

あの予告の口のアップ・・
あの口角の上がり方・・・あれは、J・・・?
Jったら、赤石を取り込んで死んだフリ・・した・・とか・・?
もしくは・・・一番怪しくなさそうで大ボスでも納得いくとしたら、霧島・・・。
南海や萩原は怪しすぎるので、ナシと見た!
まさかまさかの音弥・・ってことはないよね?
それじゃ、確実に人間不信になって心を病んでしまいますよ、藤丸が!!(笑)

教授と響をサードアイに連れてきたものの、
響は日本に来ている同胞3人のテロリストを自分の手で始末せねば・・と藤丸を使って脱出しました。
7人のテロリスト・・・レディバード、ビースト、モスキート、ホーネット、ホタル、そしてハイジャックのときのCA・・
って、おいっ!あれもカウントされるんかいっ!
紛らわしい・・・

すでに登場してたんだから、響もメールにちゃんと書いといてよね!!(笑)
で、残る一人がスパイダーってことらしい。
ふぅ・・・なんか、無駄に振り回された気が、、、(汗)

そして、八木くんを改心させた遥だけど、
テレビ局ジャックしてある映像を流し出した魔弾の射手・・
その映像を見た八木君の様子がおかしい・・
ありゃ・・・これ、催眠かなんかで植え込まれちゃってる・・・?
拳銃を受け取った若者が暴走しちゃうのか?
面倒なことになりますのぉ・・・(汗)

さて、最終回。
スパイダーが誰か・・・ってのは気になりますけど、
あおいを殺せちゃうくらいの冷血漢であることは間違いないわけで、
「えぇ〜!アンタが??」と驚いても、「そんな理由があったのね・・」と、
とりあえず納得させていただきたいもんですが、どうなるんざましょね。

・・・・次回は最終回じゃなかった。(汗)
まだつづくのね・・・


  ◇  ◇   「最愛の友の死!?現れた宿敵の顔は!!最凶テロが遂に終幕!?」   2010.02.27.   

どうやって澤北の息子を救うのか・・・・
藤丸はホーネットとの戦いになったわけだけど・・・
やっぱりホーネットに追い込まれちゃう藤丸。
大丈夫かぁ・・?と思わせといて、最後は藤丸の作った偽サイトにあっけなく騙され、
居場所まで確定されて、捕獲!!
・・・しかし、いたのは拘束された少年だった・・・
・・・・・・・・騙されないだろ、普通?(笑)
明らかにコイツがホーネットじゃーん!!

で、藤丸は残されたPCを調べて、やっぱりコイツが・・・って気づいたっぽいけど、
他にも何か気づいたのかしら?
次回は神木くんと春馬くんの直接対決ってことになるのかな?

そして、教授と響だけど・・・やっぱりテロリスト側の人間ではなかった・・・・と。
止める側の人間っぽいですね。
総理と知り合いみたいで、音弥が会いに行ったんだけど・・
ホタルに撃たれてしまった音弥!!
教授も狙われてるし・・どうなるんでしょうか。
となると、テロリストの残りの二人が誰か気になりますねぇ・・・
萩原があっけなく藤丸に謝ったり辞職しようとしたりしてましたけど、
それも計算のうちでしょ・・?って気もするし、やっぱコイツか?


そしてJ・・・
テロの情報を聞き出すために、妹・Kに会わせるってことを言ったら、
とうとう素直に話す気になったらしいけど・・
その前に心停止になっちまいましたね!
なんか、普通に倒れるタマじゃない気がして、それすらも演技じゃないの?って気がするんだけど。(笑)
とにかく、死にはしないでしょう・・・。

クライマックスにむかってきた・・って感じの回でしたね。


  ◇  ◇   「今夜、日本沈没!?最悪の核が遂に!?」     2010.02.20.            

日本版クロエ・・(アメリカドラマの24の中の登場人物です)、
追い詰められた理由も全く同じでしたね・・・(汗)

マヤの言われたとおりのところに行った藤丸と音弥だけど、
すでに響の姿はなく、そこを教えてくれた「教授」って男も消えてしまった様子・・・
響が残していったPCの中を探っていた藤丸は、
そこで「レディバード、ビースト、モスキート、ホーネット、ホタル・・・7人のテロリスト」って書いてあるメールを発見したんだけど、
残りの二人が響と教授ってことで、この7人が魔弾の射手ってことになるわけかね?
だとしたら、そんなメール自分でわざわざ書かなくても・・って気がしなくもないですが。(汗)
とりあえず「魔弾の射手」の姿は見えてきたけど・・・
まだどういう組織なのかはつかめてませんね。

そして、ツァーリ・ボンバーのありかを特定した藤丸は、さっそくサードアイに知らせるんだけど・・・
スパイであるメガネ女@澤北(阿南敦子)が知らせてしまい、
ビーストたちに先回りされちゃうのよね。
で、コンテナ内の透視画像を澤北が差し替えてしまったため、トラップに気づかずに南海が入ってしまい・・
爆発!!
えぇ〜!広島の原爆の3300倍の威力よ?生きてるわけないじゃーん!と思ったら・・
生きてまして。
それは小さな空気爆弾で、中の核物質が抜かれていたのよね。
なんてこってい・・・状態。

サードアイ内に裏切り者がいることは間違いない・・・
それを捜さずに呑気な藤丸にイラッ!とし、
裏切り者を捜さずにやんやケンカしてるサードアイにもガッカリでございますが・・・(汗)

澤北に最後の指令がきたとき、あ・・と思いましたね。
藤丸が仕掛けた罠だろうなぁ・・って。
で、見事に引っかかっちゃった澤北は、Jを暗殺しようと霧島を遠ざけ、一人病室に入るんだけど・・・
霧島に捕まっちゃいました。
息子が殺される!!と泣き叫ぶ澤北・・・
魔弾の射手に狙われているようで・・
ま、そりゃ言うこと聞いちゃいますわなぁ・・・(涙)

さて、魔弾の射手は奪った核物質をどう使おうとしてるんでしょうか?
そして、ホタルが仕掛けていた「拳銃配りまくり作戦」も進行しているようで、
これがどう絡んでくるのかな?


予告に・・・神木隆之介くんと思われるお姿が・・・
ホーネットってことかな・・?
それとも、7人のテロリストの一人・・?
とにかく、こりゃ楽しみになってきたわい。


  ◇  ◇   「ヒロイン死す!!裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?」     2010.02.13.    

ありゃーっ!お姉ちゃん、ごめーん!お姉ちゃんの推理が当たってたーっ!!
・・・あ、すんません、内輪の話で。てへ♪
だってウチのお姉ちゃん、「あのメガネじゃない?」って言ってたんです!
そうです、メガネが裏切り者だったんです!
アンタは影薄いから違うと思うてたのに・・・(涙)


ま、いろいろありまして・・・あ、すんません、難しくて詳しくは書けません。(笑)
とにかく、いろんな人が追ってる「第三の皇帝」ってのは・・・・ツァーリ・ボンバーと呼ばれる水爆のことみたいね。
折原マヤは総理の命をうけて・・・ってことで、
あのチャラ男と色気女は魔弾の射手の手先として・・ってことよね。
で、最終的に、マヤは藤丸と音弥を守るために死んでしまったわけですが・・

ここでマヤの退場はイタイなぁ・・
最後の加納さんとのシーン・・・色気アリアリだったもん!
今後はそれがなくなるなんて・・・かなちぃ・・。(涙)
ご冥福を・・・
・・・まさか、また「死んだと見せかけて生きてる」っていう展開にはならないよね?(笑)

マヤが死んだってことは、内部に裏切り者がいたってわけで、
加納だと思って尋問したり尾行してた萩原・・・ばかちーん!
メガネ女じゃないか!
しかし、なんで裏切り者になったんだろ?
前シリーズからいたよね、確か・・?
動機になるようなことがあったっけ・・?

そうそう、マヤは藤丸に今後の動きを指示していたけど、
そこに響もいる・・って言ってたよね?
仲間なわけ・・?
さっぱりわからん!

それと、Kこと真子、あの事件の後おかしくなっちゃって警察の管理下にヒミツでおかれているみたいね。
・・・本当におかしくなっちゃってるかどうかは・・怪しいもんですが。
どうにもこうにも信用できないもんでね、このドラマは。(笑)
実はあおいも生きてる・・とか、(笑)


  ◇  ◇   「友情と裏切り…驚愕の毒ガステロの真相!!味方に敵が!?」     2010.02.06.    

相変わらず、話の筋を追ってレビューするのは難しすぎるドラマです。(汗)

前回からの続きで・・・Jが死んじゃうのか?と思ったけど、
拳銃に弾が入ってなくて死ねませんでしたねぇ・・・
Jの言葉から、サードアイにスパイがいるとわかったことで、
そのスパイを捜すために動き出した加納と南海。
その結果、萩原が怪しい・・ってことになるも・・そのやり取りを萩原が聞いてやがった!!
怪しいよね?間違いなく怪しいよね?
なのに・・・捕まったのは加納!!
加納がマヤと連絡を取ってること、言えないもんねぇ・・
そして、加納名義の口座に振り込まれた大金!あれは・・・何だ?
ま、加納は怪しくないと、私は信じてますけどね♪
じゃ、スパイは誰だ・・・?ってことになるわけだけど・・・萩原?簡単すぎなんだけどねぇ・・・

さて、ガス供給網システムをホーネットに支配されてしまって、
3人の囚人を釈放しろという要求を突き付けていた「魔弾の射手」
テロリストに屈するわけにはいかん・・・と、政府の命で藤丸がシステムを奪い返そうとするも、
ホーネットとの攻防が・・
あの感じだと、ホーネットのほうが上手な感じだよねぇ・・
最終的に、藤丸お得意の「他のPCも借りちゃおう作戦」で、システム奪還!
これでテロリストに屈することはない・・と思ったら!
法務大臣が勝手に釈放してやがった!!
この大臣、クビやで!

「魔弾の射手」は、この囚人たちがどうしてもほしかったようですが・・
爆弾を作らせたかったのかね?

前回から引き続き、遥の男友達くんがイジメにあってて、死にたい・・って思ってて、
その話がどうつながってくるんだろ・・?と思ってたら!
なんと、そこに「魔弾の射手」がつけこんで、拳銃をこの子に渡してしまった!!
こうなると・・・自分が死ぬためではなく、イジメた相手に・・・って可能性がでてくるのね?
違う方向からも攻撃を始めているわけかいね、「魔弾の射手」??

Kこと、真子が生きてるらしいのはわかった。
じゃ、あのホーネットってのはだれかね?
まだ出てきてない子なのかな・・?
そして、響はやっぱり敵でしたね。
藤丸もさぁ・・・なんであのPCの部屋に勝手に入れるようにしてるのかしら?
そんなに親密だったっけ??


そうそう、マヤと一緒に行動させられている音弥だけど・・
マヤからあおいが死んだのは藤丸のせいって吹き込まれてましたね!
友情にヒビが・・・?(涙)
マヤは何をしたいんだか・・・わからんわ。次回は死んじゃうみたいだし??


  ◇  ◇   「東京壊滅テロへ!!迫るテロの悲劇と東京最期の日!?」     2010.01.30.      

なんか、ちょっとあっちこっちに飛んでるかんじで、
見ててついていけない感じはありましたけど・・・ね。(汗)


マヤは・・・・総理に渡してほしいチップを音弥に託したんだけど、
それを狙ってるやつらに拉致されて逃げまくり・・・と。
それを救おうと藤丸が建物をハッキングして誘導しようとするも、またもジャマされ音弥たちは危険に・・・
・・・うーむ・・・藤丸…負けまくりやん!!
何とか加納さんたちが追いつくも、音弥は拉致され、遥だけが救えたんだけど・・・
あの犯人たちが「魔弾の射手」ってことかな・・・?

Jは、自分の知ってることを話すためには藤丸に会わせろ・・っていうんだけど、
藤丸を盾にして、最後には自殺??
うーん・・・なんであんな重要人物の警護があんなにゆるいんだろ?(汗)

誰も信じられない・・って言ってた藤丸は、加納だけは信じてたみたいだけど、
その加納がマヤと話しているのを見ちゃいましたね!
どういうことだろ・・?

今のところ、怪しい空気を出しまくってるのは、バイト仲間の響だよね。
そして、萩原も怪しい・・・
まだ全容は見えてきませんね・・・。


  ◇  ◇   「今夜日本に核投下!!最凶テロの日本再起動計画…衝撃の首相暗殺1500万人の命が一瞬で!!
        止まらない悲劇に伝説のハッカーの孤独な戦いが今、始まる!!」 」  初回120分SP 2010.01.23.  

いやぁ・・・目まぐるしい・・・疲れた・・・

あの「ブラッディ・マンデイ」から藤丸はパソコンに触ることもやめていたんだけど・・・
実は違法なサイトを取り締まってたんだね、こっそり。
やっぱり離れることはできないか・・

そんな中、九条総理が射撃される事件が!
しかも、総理は折原マヤと連絡を取っていた・・・?
祖父ちゃん、何をやってるんだ?

東京に核爆弾が明日8時に・・・という情報が入り、サードアイは調べを始めるも、
「折原マヤ」という名前でいろんな事件が起こる・・・
こりゃファルコンの手が必要だ!ってんで、藤丸はまた駆り出されることになり、
あおいに遥のことを頼むんだけど・・

あおいちゃん、テロリストに拉致されちゃいましたよ・・
確認してドア開けないとぉ〜!!
藤丸が、飛行機に搭載されている核爆弾を抑え込もうと動き出すと・・・
あおいが捕まってる映像が流れてきて!
これ以上ジャマするとあおいと殺すよ・・?という脅迫をうけ、動けなくなってしまうのよね。
でも、音弥と遥は無事に安全確保し、あおいも無事だという知らせを受け、
また爆発を止めようと動いた藤丸。
そして、ギリギリで止めることができたんだけど・・・

あおいちゃん、死んでましたね・・
まさか、早々に主要キャストが死んでしまうとは・・・(涙)

たくさんの人のために、一人や二人の犠牲は仕方ないだろっていう萩原の態度!
コイツ・・
こりゃ、藤丸も、あおいの電話を無視した遥も、自分を責めちゃうだろうなぁ・・・(涙)

さて、他にも驚くべきことが!
まずは、撃たれたはずのマヤ・・・生きてますやん??
そして、Kこと安斉真子!生きてるやん!!
ったく・・・わっかりましぇーん!!

KはJを殺したくて、Jを移送中の飛行機に爆弾を・・ってこと?
マヤはKとは対立関係にある・・ってこと?
総理に協力してるってこと・・?
わからんのぉ・・

ま、とにかく、今シリーズもハラハラしながら見続けていくことにしましょう・・・
それにしても・・・海外ドラマみたいな話ですなぁ・・
すんごい他人事に感じてしまうんだけど・・・(汗)



★ STORY ★ 人気シリーズ第2弾。ウイルステロとの戦いから2年が経過した設定。爆発までのタイムリミットが迫る中、核爆弾が搭載された飛行機が東京に近づいてくる展開で、再び三浦演じる天才ハッカー・藤丸が立ち上がる。
★ 期待度 ★ このドラマは休止中のドラマで、レビューは書いてないですけど、楽しんで見てましたよ!続編も楽しみです。