特上カバチ!!
 日曜9時〜 TBS      
 脚本・・・西荻弓絵   演出・・・・加藤新ほか   P・・・今井夏木 
 主題歌・・・  「Troublemaker」 嵐 
原作
特上カバチ!! (Vol.1) (モーニングKC―カバチタレ! (1473))
主題歌
Troublemaker 【通常盤】 (CD)
サウンドトラック
特上カバチ!! オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
特上カバチ!! DVD-BOX
◆ 出演者 ◆ 田村勝弘
住吉美寿々
重森寛治
柿崎松郎
柿崎晴子
大野杏
検備沢京子
土方竜馬
沖田晋作
栄田千春
大野勇










櫻井翔
堀北真希
遠藤憲一
渡辺いっけい
田丸麻紀
菊里ひかり
浅野ゆう子
上里亮太
伊郷アクン
高橋克実
中村雅俊










大野行政書士事務所 行政書士補助官 24歳
行政書士 22歳
大野行政書士事務所 行政書士 48歳
アパートの大家 49歳
大家さんの奥さん 38歳
大野の娘
検備沢弁護士事務所 弁護士 48歳
検備沢弁護士事務所 弁護士 23歳
検備沢弁護士事務所 弁護士 23歳
大野行政書士事務所 行政書士補助官 46歳
大野行政書士事務所長 55歳
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「最後の敵!それは父!!」   最終回   2010.03.21.               

うーん・・・・最後のアレはいらんかったなぁ・・・
あそこはさ、「実はオレ・・あなたのこと・・・とても・・・」のあと、美寿々と同じように文句!っていうオチがいいよぉ〜!
マジ告白かいっ!ってなもんです。
それに加え、キス!
田村のくせにぃ〜!生意気ぃ〜!!(笑)

さて、今回は田村の父・鷲塚(竜雷太)との戦い!ってことですが・・
前回の事件での対決かと思ったら、新たな案件をからめてくるんですね。
多重債務をまとめてくれる弁護士に返済を振り込んでいるけど、サラ金から取り立ての電話が・・・・という案件で、
どうやら、その弁護士が提携弁護士だ・・ってことになり、
その弁護士・犬神(坂口憲二)が鷲塚ののとで働く弁護士ってことで、田村は余計に敵対心を・・ってことですね。

相手が父だからか・・・悪を許せない!と立ち向かおうとする田村に、
巨悪を撃ち正義を貫くことか、依頼者の願いをかなえること、お前の理想の法律家とは・・?と問う大先生。
そうよね、どうしたいのか・・・ちゃんと考えるべきだよね。
で、田村の出した答えは。。。依頼者のために動くこと・・
それを聞きもしないうちから「信頼できる法律家だと思うから・・・」と受け入れてくれる美寿々。
さぁ、いざ、父との対決!!ってわけですが・・・

相手は腐ってますから。(汗)
ただでは示談に応じてくれませんよ!
こっちは急いでないしぃ・・・謝ってくれんとなぁ・・っていう態度!!
到底許せない態度ですが・・・田村は依頼者のために土下座までしちゃいましたよ!
かなりの屈辱ですが、田村、カッコよかったぞ!!

そんな田村を後押しするように、大先生をはじめ、重森さんと栄田さんも来てくれて、
事務所をつぶされる覚悟で田村を支持してくれたのよ!!
そして、検備沢先生もついてくれたので、鷲塚も今回は敗北を認めましたね。
ま、でも、こいつを完全に潰す・・ってとこまではいかなかったね。
ってことは・・・続編アリ・・・な??(汗)

検備沢は、美寿々だけでなく田村も弁護士に・・・と誘い、大先生も二人を送り出すんだけど、
田村は、そりゃ弁護士の方がいいかもしれないけど、気軽に相談してもらえる行政書士っていう仕事を選んだのよね。
そりゃそうだ、ここで「そうですね!じゃ、弁護士で!」ってんじゃ、ガクっときちゃいますもん。(笑)

そして、男所帯に戻っちゃった大野事務所・・
と思ったら!美寿々も戻ってきました!
田村が心配なんだとさ!
となると、ますます続編アリの可能性が・・・(汗)

気になったのは、あのネームプレートです。
年齢順なのかもしれないけど、栄田さんはまだ行政書士じゃないよね?
あの場合、立場的に美寿々の方が上なのでは・・・?
ま、いっか!(笑)

あ、それと、最終回ゲストでちょこっと出てきた大野くん。
クールな役で、「魔王」をおもいださせる感じでしたね!
また、大野君のこういう役、見たいなぁ〜!
・・でも、次は「怪物くん」だしなぁ・・・(笑)


 
 ■ 総評 ■

「カバチタレ!」みたいに面白くなるといいなぁ・・って思って見始めましたけど、
ちょっと翔くんが暑苦しかったかなぁ・・
頼りない男にあんまり見えないんだよね、存在が・・・(汗)
でも、美寿々役の堀北真希ちゃんは最後まで好きでした。
あの高飛車な感じ・・・クセになりそうです。(笑)
最初のころは、大家さんとのドタバタ、冒頭のクイズ、多すぎるテロップ・・・と、気になる部分が多すぎましたけど、
回を重ねるごとに徐々に減って行って、見やすくなりましたね。
最初からそうしておけばよかったのにねぇ・・・(汗)
まだ続編が作れそうではありますが、個人的にはそれほど望みはいたしません。(汗)


  ◇  ◇   「サギ師があなたを狙ってる」    2010.03.14.                      

辞めます!と出て行った手前、戻れなくなっちゃった田村・・
そんな田村のアパートで練炭自殺騒ぎが!!
投資詐欺にあったお婆ちゃんの可哀想な話でしたが・・・
美寿々もいうとおり、どうしてこういう話にひっかかっちゃうかなぁ・・
んなおいしい話、あるわけないやん!!

老後のための大事なお金なら、そんな風に使っちゃダメでしょうが…(汗)

で、友人として動き出した田村。
相手側と話をつけようとするも、相手に騙されて留置所送りになってしまった!!
ってかさ、あの「私も見ました!」って人、詐欺のやつらの仲間でしょ?
それくらい警察は調べてくれないのかい・・?
田村が捕まったと聞いて、放っておけないと言い出す事務所の面々・・
大先生が厳しいのがちょっと行きすぎ・・って気がしなくもないけど、
他の人たちが田村をどう思ってるかを描くためには必要だったのかもね・・

で、検備沢先生も手伝ってくれて、田村は無事に釈放・・
そして、相手側・ITAMの代表・大河内 (江波杏子)に会いに行った田村と美寿々・・・
「こんな風におたくの社員が老人を騙してますよ」という証拠のDVDを見せるんだけど・・
あの変装・・バレなかったわけ?
銭鳥 (田中幸太朗)、あほやなぁ・・・(汗)

ま、そのおかげで田村はお婆ちゃんたちのお金を全部取り返すことに成功したんだけど・・

大河内は、告訴したりしないっていう書面にサインしろって田村に言うのさ。
わかりました・・と簡単に判を押しちゃう田村・・
またかよ・・と心配したけど、美寿々も認めてくれたから大丈夫か・・と思ってみていたら・・

なんと、今度は田村が大河内を告訴!
判を押したんちゃうんか!といいうことになるんだけど・・・
それはお婆ちゃんの代理として判を押しただけで、告訴は田村本人ってことで、通ったみたい!
やったーっ!ってなもんですが・・

なんと、起訴猶予になりやがった!
なんでだ!!と思ったら、どうやら有能弁護士がついたみたい!
その鷲塚っていう弁護士が・・・・田村の父親みたいね。
名字が違うけど・・・離婚したのかしらね??
とにかく、確執がありそうでございますが、最後は親子の闘いみたいですな。
うーむ・・・
別にそこはどーでもいい気が・・・(汗)
法律家を辞めそうになり、みんなのおかげで戻ってきて、やっぱりオレはこの道で生きていく・・・
・・・これで終結・・でも良かったんじゃ?

別にお父さんと何があったとか、どーでもいい気がするんだけどなぁ・・
ま、とにかく、次回で終わりです。
ふぅ・・・(汗)

ま、重森さんの熱い語りでちょっとじーん・・としたので、評価はこのままで・・ってことで。


  ◇  ◇   「最終章…過去から来たナゾの男」    2010.03.07.                      

はぁ・・・すんごいムカムカした!
田村にも、江口(金子賢)にも!
ってか、あの金子賢の頭はなんだ!金八かっ!気持ち悪いんじゃ!!アホーっ!!!っと、
どんどんエスカレートしてムカつきました!


会社で、元カレが自分と付き合ってた頃の卑猥な話を同僚に話すので困ってる・・・
セクハラだと思って会社に訴えたものの、逆にこれ以上騒ぎたてると不法行為だと会社から内容証明が!
それで相談にきた小百合(市川由衣)なんだけど・・
たまたま美寿々が留守しててねぇ・・
相手したのがゆとりん・田村!
最悪や・・・
ほんと、藁にもすがりたい思いでやってきて、こんなどーしようもない法律家に当たるなんて、不幸!!
相談する人間違うと、こんなになっちゃうんだけどねぇ・・・(涙)


相手の会社側の行政書士が知り合いだから・・と気楽に話をすすめる田村。
で、相手のうまい話にのせられて、示談書にサインをしちゃった小百合・・
それを知って美寿々は激怒!!
セクハラを何だと思ってんだ!!ってことよ!
相手がセクハラだと思えばセキハラなのよ!
そんな風に必死に訴える美寿々を話を聞いても、「でも二人の間の問題」と言い切る田村!
バカーっ!!本当にこいつ、アホかーっ!!

もう、ゆとりんなんて甘い名前でも呼びたくないわ!!

しかし、よくよく話を聞いて、自分のしたことの大きさに気づく田村・・・
自分を頼ってきた依頼人を、相手に差し出すなんてことをしてしまった・・
余計に傷つき追い詰められた小百合は、事故とはいえ傷害事件を起こすまでに・・・
あぁ・・・マジでムカつきます!!

でも、悩んだ田村はあることに気づく・・・
知り合いの行政書士である村田 (山崎樹範)は、会社側の代理人であり、江口のではない・・ってこと・・。
会社にとって江口のしたことが不利益になることを訴えれば、
会社側は江口を切ることを選ぶしかなくなるわけで・・
で、話はうまいこと進み、江口が小百合に謝罪するということで話はつきましたね。
しかし、小百合の受けた傷は大きいらしく、後味の悪い結果になりましたね・・

オマケに、大先生にまで、依頼人を相手側に差し出すようなヤツは法律家としても人としても失格!って言われちゃって、
おやおや、田村、辞めちゃうみたいですぞ・・?
ま、それくらい反省してもらわんと困るけどね!!
っとに・・・全然成長しないな、コイツ!!

とはいえ、今回はよくできたお話だと思えましたけどね♪


  ◇  ◇   「家族の絆を取り戻せ!!」    2010.02.28.                         

暑苦しい・・・
今回も翔くんの演技がうっとーしい・・・(汗)
それだけでちょっとテンション下がるんだよなぁ・・・
ま、それを補うくらいに美寿々がスッキリさせてはくれてるんだけど。(笑)

今回は不法立ち退き請求のお話。
一日家賃振り込みが遅れただけで、カギを取り替えられちゃった田村の友人・・
そのことに堂々と正当性を訴える相手側・・・
さぁ、田村と美寿々が立ちむかう!!って話でしたけど・・

弁護士ならもっといろいろと解決法があるだろうに・・・と悩む美寿々。
美寿々だったら、ちょっと頑張ったら弁護士になれる気がするんだけど!
能力は十分あると思うんだけどねぇ・・
でも、今回は田村が抜け道を見つけ出し、無事に依頼者を救うことができました。

100万もぶんどってやったのに、「オレがほしいのは息子の書いた絵だーっ!」なんてさぁ・・・
もう一回書いてもらえばいいじゃん、って思っちゃった。(汗)
なくなっちまったもんに文句つけてさぁ・・
救ってもらったのにワガママすぎ!って思えちゃったわよ。

ま、「新しくスタート」してくれたようで、結果的には丸くおさまったわけですが・・・


  ◇  ◇   「この仕事で生き抜く覚悟!!」    2010.02.21.                         

今回はなかなか良かったかなと思います。
だいたいね、田村は甘いんですよ!!

食中毒を出した 「キッチン・ミヤシタ」の開店時に手伝いをした田村は、
被害者側ではなく、どうしても加害者側に味方したくなっちゃう・・・
人情としてわかる気はするけど、
依頼者は被害者側なんだから、そこはちゃんと割り切りなさいよ・・・・と相変わらずイラっ!とさせられ・・・(汗)

被害者側の代理人になれと重森から言われた田村は、
500万の慰謝料に納得いかない・・・
でも、被害者側にもそれなりの逼迫した理由があり、
それを目の当たりにした田村は、決意する・・ってわけね。

でも、そんな田村に危うさを感じる美寿々。
ただ勢いで相手の家屋にまで取り立てするような真似は、ヤクザと一緒!後悔してほしくないから・・って引き留めるのよね。
しかし、田村はちゃんとわかってただろうけど、
改めてそう言ってくれた美寿々に対して、ありがたいと素直に思えたところは田村らしいですね。
非情とも思われる家族への取り立てだったけど、
それは家や店を守るために、加害者側にとってもよかれと思っての行動だったのね。
それはちゃんと相手にも伝わって、無事に解決できたみたいだし、
田村の成長できたみたいで、よかったでございます・・
重森も、そんな人情派の田村らしい行政書士になってほしくて、厳しい仕事を任せたみたいだし、
そんな重森さんも、その重森に「ありがとう」って言ってくれる大先生も、
素敵な上司に囲まれて、幸せだねぇ、田村・・・


美寿々は検備沢から誘われていたけど、あれは断るのかな?
意味深な終わり方だったけどね。


  ◇  ◇   「娘へ!!亡き母からの贈り物」   2010.02.14.                         

無駄がなくなってきて、だいぶ落ち着いて見られるようになってきましたね。
大家のシーンとかクイズとか、変な時代劇演出とか・・
最初から普通につくってりゃよかったのに・・・(汗)

やっぱり、あの大先生がお金を渡してたのは娘さんでしたね。
この娘・杏ってのがカレシがいるようで、どういうやつが調べろ!!っていう大先生。
調べてみると悪い奴じゃなく、珍しくいい若者だったんだけど・・
この甲斐洸(太賀)くんの父親が洸くんの名前で借金してるという問題が!
この子が良くても、こんな親がいるじゃねぇ・・・
しかもさ、洸くん、こんな父親でも育ててもらった恩があるってんで縁は切りたくないとか言っちゃって、
しまいにゃ、お母さんまで父親とともに息子に借金かぶせて逃げられちゃった!!
いやぁ・・・腐っとる。
こんな親、とっとと縁を切りなさい!!


で、この問題を何とかしようと動く田村たち。
最後の秘策は、結婚!
なるほどねぇ・・・そんな技があったとは・・・
で、無事に解決、めでたし、めでたしぃ・・・ってわけですけど・・
一人蚊帳の外だった大先生、可哀想でしたね!
ま、相談すれば絶対反対だっただろうけど。
しかし・・・あの若さで結婚なんて・・・早すぎる・・美寿々の二の舞にならなきゃいいが・・・
あ、美寿々と違って相手をちゃんと知ってるから大丈夫か!(笑)


  ◇  ◇   「保証人地獄に落ちた妻」   2010.02.07.                         

今回はちょっと面白かったですね。
無駄な部分が減って、ちゃんと法律や技を見せてくれたからかもしれませんな。

別居中の夫のせいで銀行口座も凍結され、給料も差し押さえられちゃった女性・吉田香織(清水美沙)。
実は夫が知り合いの女に頼んで妻の名前で保証人としてサインしてたってわけだ。
筆跡鑑定で妻の筆跡ではないとわかるも、お当てが誰だかわからない・・
ってんで、田村が鑑定人の部屋を掃除することで、たくさんの書類の中から筆跡を見つけてもらったのさ!
で、クラブのママってことがわかり、美寿々が潜入するわけだけど・・・

計画的倒産をして、財産をママ名義にしておいて、債権者の借金を妻にもかぶせ・・という、最悪な夫で、
最終的に田村たちがそれを暴き、警察に行くか、慰謝料2000万を払うか・・で話をつけてくれました。
2000万を手に入れ、さぁ、栄田さん・・告白か??って流れになったんだけど・・

今回は、栄田さんが香織に惚れてしまった・・っていう前提で始まりまして、
最後はどうなっちゃうの?って気になってましたけど、
なんだ、あれは?
あの店長とお付き合いしてたってこと?
途中で嫌がってたよね??違ったっけ??

このあとにも別ストーリーが作れそうなイヤな予感もしそうなくらい、気持ち悪そうな店長だったのに・・・(汗)

今回が栄田さんだったので、重森さんの話も見たいなぁ・・って思っちゃいます。
よろしくお願いします。(笑)
ちょこちょこ、女子高生に貢いでいる大先生が描かれてますけど、
これはいつ描かれるのかな?
どうせ、娘でしょ?って気はしますけど。(笑)


  ◇  ◇   「パワハラ経営者に勝つ方法」   2010.01.31.                         

あの冒頭の大家さんのすったもんだと、クイズのシーン・・・
あそこ、全然面白くないんだけどなぁ・・・・(汗)

最後までこの感じでやるのかしらね?
できればやめてもらいたいくらいなんですけど・・・

今回は美寿々の高慢っぷりが出てて、そこはよかったんだけど・・・
最後は「法」っていうより「情に訴え」て問題解決・・・みたいな?
それでいいのかい?(汗)

相変わらず、頼りにならないくせにいちいちうるさい田村の存在もウザいですし、
話もそんなに面白いと感じませんでしたし・・・
どうしようかなぁ・・
これもリタイア候補だなぁ・・・(汗)
でも、高慢ちきな美寿々は見たいんだよなぁ・・・(笑)


  ◇  ◇   「絶対不敗の交渉術」   2010.01.24.                           

うーん・・・・
今回は美寿々のほうがしてやられる場面が多かったせいか、
高慢ちきで小悪魔な堀北真希が少なかったせいか、物足りない・・・(汗)

それに、やっぱ解決編だけってのはちょっとダラダラした感じするなぁ・・って気もしますね。
できれば、一話完結でお願いしたいもんです。

人情派の田村がどんな解決法を編み出すのか・・・と思ったら、
やっぱ一人では無理でしたね。
背中に太陽背負ったり、中山さんの青果店を株式会社にしる案を教えてもらったり・・・と、
「だったらその先輩を連れて来いよ!!」と怒る中山さんの気持ちもよくわかりまする。(汗)
そしてしまいにゃ、自腹切って中山さんの借金返済を手伝ってる・・
うーむ・・・確かに美寿々のいうとおり、いい人かもしれんけどプロではないわな・・・(汗)
でもよ、入学金でそんなアタフタして大丈夫か??
卒業するまで、私立の医大っつったら相当お金がかかるぞ・・?(滝汗)

最後は美寿々が同僚になっちまう・・というサプライズがありまして、
さてさて、どうなりますやら・・ってことですな。

今夜の生電話・・・一番のサプライズでしたね。(笑)
なんで話し中・・?
一瞬つながったかと思ったのにねぇ・・・
最初の無駄話なんかやめて、早々に電話につないでしまえばいいのにねぇ・・
と、いろいろと文句を言いたくなっちゃいました。(笑)


  ◇  ◇   「法テクバトルの嵐」   初回69分SP  2010.01.17.               

最初に言っておきますと・・・
わたしは堀北真希ちゃんが苦手なんです。
それを大前提として見始めたわけですが・・・

このドラマの堀北真希は良いっ!!
あの、小悪魔的で、しかし出来る女で、食えねぇな、コイツ!って感じが見事に出てたと思います!

いやぁ・・・一気に見直しちゃった感じです!
それに比べて翔くん・・・
どーしてもこの人の演技はいつも同じになっちゃうんだろうねぇ・・・
役の情けなさも加えて、やっぱりダメだわ、あたしゃ・・って思っちゃいました。(涙)

「カバチタレ」と言えば、常盤貴子&深津絵里のなつかしきドラマで有名ですが、
それとは全くもって違っていて、どっちかっつーと、こっちのほうが原作には近いと思いますね。
・・とはいえ、「特上カバチは現在読んでないんですけど、(汗)
ふかっちゃんの「女版・栄田さん」も好きでしたが、
ヅラカッツミーの栄田さんも結構好きです♪
めっちゃ怖い重森さんもね!(笑)
ただ・・・大先生がねぇ・・・
そもそも、雅俊さんはお顔が善人なので、そんな演技されても・・・ちょっと違う感じがしてしまうのよねぇ・・・(汗)

うーん・・・違和感が今後消えていくのを祈ります・・。

さて、お話は・・というと、
親友から400万借りた青果店店主の中山さん(吉田栄作)。
返済は今月末だったけど、今年いっぱい待ってくれると親友・上杉さん(田口浩正)が言ってくれたはずなのに、
急に全額返せと言われて困ってる・・という依頼。
口約束は水掛け論・・・それは素人でもわかります。(汗)
法的に口約束も有効っていうほうが意外ですよ!
で、相手側との話し合い・・・となったんだけど、上杉さん側に美寿々という行政書士がついたから大変!
もめもめの展開に・・・

しかしさ、上杉さんの言い分とその後の家族の状態を考えると・・・
全面的に上杉さんのほうに味方しちゃいそうですねぇ、私は・・
だってさ、400万も親友から借りといて、返せないから待ってくれ・・・なんてさぁ、勝手な言い分って気がしちゃうのよねぇ〜!
でも、ちょっと中山さんも可哀そう・・・
何が可哀想って、ヘタレな田村にあたってまったことだわね・・・。

依頼者のためなら、相手には鬼と思われたってかまわない・・っていうスタンスの美寿々。
それはプロだと思います。
ただ、それだけでは割り切れない人情ってのを大事にしたい田村くん・・って感じですね。
そんな甘いこと言ってて、また美寿々にやられちゃいますよぉ〜!

しかし・・・これ、次回に続くんですね、
延長までして解決しないってどういうことぉ〜!!って感じなんですけど!!(笑)

今回、「ドラマにテロップを入れる」っていうやり方がニュースになってますけど・・
なんか、テロップを入れることは悪くないと思うけど、
ちょっと見せ方が違うような気がするんですよね・・
無駄なテロップが多いっていうか・・・(汗)
ま、好みでしょうけどね・・
そして最後の生電話、大変ですね、出演者・・(汗)
そんなにしてまで・・・・と、なんだか必死さが伝わってくる気がして、若干引き気味・・(滝汗)
前作が「JIN」だったから、プレッシャーははかりしれませんが・・(涙)

ま、個人的には嫌いではない感じですので、次回も視聴決定でやんす。




★ STORY ★ 東京・新宿の行政書士事務所を舞台にしたコメディー。行政書士を目指す主人公、田村(櫻井)は、要領は悪いが法律だけでなく、ほかの方法で人を救おうとする熱血漢。負けず嫌いで元ヤンキーの敏腕行政書士、住吉(堀北)との“凸凹コンビ”で問題に立ち向かう。
★ 期待度 ★ 「カバチタレ!」は好きだったんだけど・・・「特上カバチ」はどうなるでしょうか・・・