とめはねっ!
鈴里高校書道部
 木曜8時〜 NHK   木曜6時〜 BShi    
 脚本・・・旺李志ずか   演出・・・・森雅弘   P・・・遠藤理史 
 主題歌・・・ 「BREAK OUT!」 東方神起 
原作
とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
主題歌
BREAK OUT!(ジャケットA)
◆ 出演者 ◆ 望月結希
大江縁
日野ひろみ
加茂杏子
三輪詩織
勅使河原亮
日野よしみ
望月結子
大江義之
景山智
大江英子
三浦清風











朝倉あき
池松壮亮
亜希子
赤井沙希
浅野かや
中村倫也
奈津子
葉月里緒奈
ダンカン
八島智人
山本陽子
高橋英樹







… …


鈴里高校書道部 一年生
鈴里高校書道部 一年生
鈴里高校書道部 二年生 部長
鈴里高校書道部 二年生
鈴里高校書道部 二年生
鵠沼高校書道部 一年生
鵠沼高校書道部 二年生
結希の母
縁の父
書道部顧問
縁の母
書道の大家
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「鈴里書道部の絆」   最終回   2010.02.11.                     

最終回もさわやかでしたね!
若いってすばらしいでございますよ。

「轍」という大字をどう書いていいか悩んでいる結希。
そんなとき、四国のお祖母ちゃんが骨折したという知らせがはいり、母は戻ることを決意する・・ってわけだ。
ただでさえ悩ましいのに、さらなる悩みが・・・ってことで、
パフォーマンスがどうなるのか?と心配だったけど・・・

いい出来でしたね!
あの最後の青インクをビッチャーン!とときは、
せっかく書いた文字が消えてまうやーん!!って驚いたけど、
ちゃんと書いた文字が浮き上がってたのでよかったわ♪


で、まさか、これで優勝なんてうまい話にはならんだろう・・・と思ったら、やっぱりでしたね。(汗)
優勝は鵠沼でした。
受賞ナシか・・・と思ったら、3位受賞!
・・・しかし、あの発表順番はおかしいんじゃ・・?って気がしましたけどね。(汗)
だって、優勝校がかすんでしまうやんね?(笑)

母は結希はここに残りなさいって言ってくれたけど、
結希は一緒にいくと決めました。
仲間と離れてしまっても、心はつながってる・・・ということね。
短い間だったけど、一生忘れない思い出となるでしょう・・・


とても爽やかで心地のいいドラマでしたね。
この季節に放送するにはおかしいかなぁ・・?って思ったけど、
爽やかだったのでヨシとしましょ♪


  ◇ 第回 ◇   「書道部分裂!?」    2010.02.04.                           

ちょっと清風先生に怒られたくらいで「辞めてやる!」っていう流れはちょっと無理がある気が・・・(汗)
ま、そのあとのよしみのイジワルによるダメ押しがありましたけどね・・・

二人が抜け、3人で・・・?となったとき、
父の不貞腐れ問題で縁が悩んでて、そこに結希と結子が入ってきて、
あの「手紙」の真相が明らかになる・・・
あんなふうに明かされて、えぇ〜!!となりそうなもんですが、
さすが体育会系の女、割り切り早いっ!(笑)
離婚してこの町に戻ってきた結子に、義之が出した手紙だった・・ってわけだ。
ってことは・・もしその思いが通じていたら・・・縁と結希は兄弟になってたってことか??
そうならなくてよかったね、縁・・(笑)

今までの思いを込めて「希望の轍」の歌詞を書く義之。
それを見て、自分たちが進むべき道を見つけた結希と縁・・・
加茂先輩たちの前で、自分たちの思いを書に表しましょう!!と言い、
分裂した5人がまた結束・・・ってわけね。
二つの「不貞腐れ問題」が一気に解決しちゃいました♪(笑)

そして次回は最終回・・
「轍」の大字を結希が担当?
ま、確かに勢いと思いの強さでいうと、この子が一番適任かもね♪

それにしても・・・「私たちの若いころ」・・・の歌なのね、「希望の轍」。
結希たちが生まれる前、結子たちの青春時代の歌ってことでしょ?
そんなに昔か??と思って調べたら・・・1990年の歌だった・・・
昔やった・・・
ついこの間のような気がするのに・・・
年、とったもんじゃのぉ・・・・(涙)


  ◇ 第回 ◇   「書道か柔道か!?」    2010.01.28.                           

書道甲子園の結果は・・・ひろみが入賞しただけで、あとは惨敗の結果に・・
結希は柔道のインターハイが近づき、部活を掛け持ちするんだけど・・
イベントが終了した書道部はテンションガタ落ち・・
そんな中でも、掛け持ちしながら頑張る結希だけど・・・

静と動、両極端な部活だよね!
確かに掛け持ちは大変だけど、書道の集中力は柔道にも活かされるかも・・とも思うんだけどねぇ・・
書道部の面々はそうも言ってられなかった・・
柔道部の顧問から、結希を柔道に集中させてやってくれって言われちゃうのよね。
そんな中、清風から書道甲子園のパフォーマンス部門に出てみては・・?という話を聞かされ・・

悩みどころだよねぇ・・・
楽しそうだしみんなで出たい!って気持ちはあるけど、
オリンピックまで目指せるかもしれない結希を思うと、誘えない・・
そうだ、結希がインターハイで負けちゃえばいいんだ!とひどいことを考え付いたりもするんだけど、
必死に頑張り、優勝した結希の姿を見て、考えを改めるわけだ・・


そして、結希を思い、4人で参加すると決めた書道部。
しかし、そんなの、結希が許すわけない!
その前に、清風も許してなかったけどね。(笑)
どうも清風、結希がお気に入りらしい・・・
で、結希なしでいいのか?と聞かれ、それぞれが本音を言い出す・・
結希の存在がどんなものだったか・・・涙しながら語るわけだよ。
それを聞いて、結希は一緒に出たい!と訴え・・
5人で参加する!という結果に・・
うん、よかった、よかった・・・と言いたいところだけど・・
柔道的にはそれでいいのかい・・?(汗)


しれーっと勅使河原くんが結希に告白してたけど、さらーっと流されてましたね。(笑)
しかし、次回はその話題もあるらしい・・
あの手紙が勅使河原くんから・・?と考えている結希は、そこんとこ、聞いちゃうかね?
ってか、お母さん、結希の誤解、といてやってくだはれ・・・(汗)
そして、結束したら、お次は解散危機・・・という、かなりベタな展開になりそうですね。
どう乗り越えて最終回につなげるんでしょうか。

いやぁ・・しかし、朝倉あきちゃんのお顔、まんまるですねぇ〜!
「健康美」とか、「万福」とか、そんなイメージバリバリのお顔で、
見てるこっちまで何だか幸せになりそうです。(笑)


  ◇ 第回 ◇   「夢の書道甲子園」   2010.01.21.                           

ちょーっと、筆を持って字を書いてみたい気持ちになっちゃいました♪

合宿で日野ひろみが清風に「書道甲子園に推薦してほしい」といきなり頼むも、
まだまだ未熟な二人がいるため、それはできない・・と。
縁と結希は、書への思いを清風にぶつけ、条件付きで認めてもらうことに・・
その条件とは、5人のうち二人が上位5位に入ること、
そして、誰かがビリになったら、推薦はできない・・ということ・・

ま、一番足引っ張ってるのは結希なんで、かなり不安ですけど、
三角を描くような筆運びについて、勅使河原から教えてもらって上達していくのよね。
そんな二人を見て、書に集中できない縁・・
清風は、無我夢中で向き合え、楽しめってアドバイスし、
縁も吹っ切れてみるみる上達・・

そして寸評会の日・・・
ひろみが一位、結希はビリではない、さぁ、あと一人・・5位以内に入れば・・ってとこで、
5位を勅使河原と縁が争うことに!!
最終的に清風が5位に選んだのは・・縁でした!
ま、書については私はどうこう言えませんけども、
清風と縁のお祖母ちゃんのシーンとか織り込んできちゃうもんだから、
そこに若干の贔屓はないのかい・・?と疑いたくなっちゃいます。(笑)

それと・・・ビリになった人って・・・鵠沼にいるわけよね?
その人が心配・・・(汗)

ま、とにかく書道甲子園に行けることになりました!
・・・しかし、次回はちょっとお話は反れていきそうですね・・・。


  ◇ 第回 ◇   「ダンシング書道」   2010.01.14.                             

展開が早いなぁ〜!
問題提起で前編、解決編で後編・・ってのもアリなくらいの内容だと思うのに、
今回で全部描いちゃった!
ちょっともったいないくらいですね・・・

鵠沼のパフォーマンスを見ていた鈴里・・・
「私たちにもできる!」と言っちゃった結希たち・・・パフォーマンスをすることになってしまい・・って話ですね。
でも、まだまだ結希と縁の実力は未熟すぎる・・
それでも人数が足りないし・・と練習を重ねるも、ふらりと見に来た清風に、けちょんけちょんに言われ・・
自信をなくした結希を励ます縁・・・
恋でんなぁ〜♪
○や□も書であると知り、俄然やる気を出した結希・・
そしてパフォーマンス当日・・・

うん、鵠沼よりも目をひいてたし、クイズなんかも盛り込んで面白かったと思いますね!
それに・・・・結希の書いた書を破れない・・と、間違った答えを選択しちゃうなんて・・
縁、可愛いじゃんかーっ!!

「ボク、望月さんの書、好きです!!」
精一杯の告白だろうに・・・結希には伝わってんだか、どうなんだか・・・(汗)

パフォーマンスばかり目立って、ダメダメじゃ!と文句を言ってた清風先生も、これには納得・・・で、
よし!オレが直々に教えてやろう!と合宿を提案してくれたのよね。
それを聞いてた鵠沼は、ずるい!と自分たちも参加させろと言い出して・・・
特に勅使河原くん!ありゃ、縁に敵対心を・・?って感じよね?
勅使河原くんも結希を気にしてるのかな・・?


そう、結希もねぇ・・勅使河原君の書に心、奪われちゃってるみたいなのよ!
小さい時、「君の笑顔が好きです」っていう手紙をもらって、
雨でぬれて誰からの手紙かわからないままだったのに、勅使河原君の書を見て、もしかして・・・?って思っちゃってるみたいなのよ!
・・・たぶんね・・それ、「結希」宛てじゃなくて、「結子」宛て・・・なんちゃうか?
お母さんの名前、「結子」なんでしょ・・・?
アンタくらいの幼い子に、そんな達筆のラブレターが届くわけないやん!!(笑)

しかし、一体だれが送ったんだろうか・・・?
もしかして、縁の父・ダンカンか?
どうも知り合いみたいなのに、結希母の顔見たら逃げて行ってたしね・・・?
縁の祖母ちゃんが書道をやってたみたいだから、きっと父ちゃんもやってそうだし・・
ま、おいおい明らかになるでしょう!

とにかく、展開が早くてテンポもいいので、あっという間でしたね!
このテンポで最後まで走りきってもらいたいです!
・・・しかし、なぜこの時期に放送するんだろ・・?
夏設定ですよね?

せっかくの夏休みに合宿なんてーっ!って言われても、このクソ寒いときには・・・ねぇ?(汗)


  ◇ 第回 ◇   「書道で勝負!」   2010.01.07.                               

ま・・・若い人たちが集まると、こんな感じですよね。
特に誰とは言いませんが・・・(汗)
でも、お話としてはうまくまとまってると思いますね。

テンポも良かったし、お話もわかりやすいんですが・・・
なんか・・・華がない・・・気がして・・・(汗
題材も、書道部・・・なんですね。
今流行りっつったら、書道ガールズ・・だと思うんですよね。
ま、あっちは映画になるわけですけど・・
個人的に、そっちのほうが好きなので、どうも地味な気がして仕方ない・・(汗)

とはいえ、初回としてはつかみはOKなんじゃないでしょうか?
これからどんどん上達していくであろう結希の書も気になりますしね。
ただ・・・親がらみの話も盛り込むんですか?
どーでもいい気が・・・(汗)



★ STORY ★ 弱小書道部の部員たちが織りなす青春ドラマ
★ 期待度 ★ 青春ドラマですね・・・とりあえず見ます。