同窓会
〜ラブ・アゲイン症候群〜
 木曜9時〜 テレビ朝日    
 脚本・・・井上由美子   演出・・・・藤田明二ほか   P・・・黒田徹也ほか 
 主題歌・・・ 「ex-lover」 阪井あゆみ
主題歌
ex-lover
DVD-BOX
同窓会 DVD-BOX
◆ 出演者 ◆ 宮沢朋美
杉山浩介
西川陽子
大久保真一
宮沢誠一郎
亀村太一
福島和彦
板倉真理子
杉山佳奈子
江川麻美
西川正登










黒木瞳
高橋克典
斉藤由貴
三上博史
吹越満
六角精児
尾美としのり
宮地雅子
須藤理彩
芳本美代子
神保悟志










主婦 45歳
刑事 45歳
主婦 45歳
雑誌編集者 45歳
朋美の夫 失業中 48歳
居酒屋店主 朋美たちの同級生 45歳
朋美たちの同級生 国交省官僚
朋美たちの同級生 主婦
浩介の妻 37歳
真一の妻 41歳
陽子の夫 47歳
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「私たちの、愛と死…最後の選択」  最終回69分SP  2010.06.17.             

うーん・・・
ラブ・アゲイン症候群とは・・・
いつまでたっても恋する気持ちは必要・・・ってことはわかるよ、
だからって、今ある家庭を壊して、新たに恋をすることを正当化してないか?
いまいち腑に落ちんのじゃが?

何をキレイにまとめようとしてんねん??
もやもやぁ〜な最終回だったわぁ〜!

お互いの家族が認めてくれるまで、待とう・・・って言いだすから、
そんなん、子供が巣立ってから・・とか言ってたら、お爺ちゃんとお婆ちゃんやで?なんて思ってたのに・・
一年???
短っ!!
つまり、一旦家に戻るけど、「新しい道を生きたいんだよねぇ・・」って思いながら生活していくってわけか?
そんなん、そりゃ家族も「もうええわ!」って言って手放したくもなるわい!
ってか、それ待ちかい??
納得いかんわぁ・・・

それにさ、一番可哀想なのは、死んだ大久保じゃなくて、陽子じゃない??
夫、娘、大久保・・・と全部失っちゃって!
これからどうやって生きていけっつんだよ!ってなもんだし!
あの黒い涙は、往年の聖子ちゃんを思いだしたりもしましたが。(笑)



 
総評
うーん・・始まりは「やっぱり無理かなぁ・・」なんて思いつつ、
中盤から終盤にかけて、あらあら!と面白味を感じていただけに、
この最終回はイマイチでしたな。
いくつになっても恋する気持ちは大切・・・って、わからんでもないけど、
やっぱり、「ええ年して、アンタら、何やってんの?」って想いが抜けきれない、そんなドラマでございました・・。

とくに、ぶりっ子な黒木さんにはね・・・(滝汗)



  ◇  ◇   「私、恋で人生を捨てる」   2010.06.10.                             

ま、そんな風に駆け落ちすりゃ、もめもするわな。
だからって、すぐに「バイバイ」ってことになっちゃって、ビックリ!
だいたいさ、ガキじゃあるまいし、なにをピーピー言ってんねん!って気がしてしまって!
ったく、朋美と杉山は何をしてんだか・・って感じよ。
ま、すぐに割り切れるものではないだろうけどね・・・。

一方・・
病に苦しみつつも、福島のために尽力する大久保・・
福島が逃げた理由ってのは、かなり大きなネタのようで、記事にできる話じゃないらしい・・
で、元妻に助けを借りて記者会見を・・ってことにしてくれたみたいだけど、
とうとう倒れちゃったね!
陽子が調べたところによると、どうやら脳動脈瘤らしい・・
もしや、破裂しちゃいましたか・・?(涙)

陽子は、そんな大久保が心配で、病気をことを聞こうとしてたんだけど・・・
大久保に別居中の妻がいると知ってビックリ&ガッカリ!(笑)
あの愕然っぷりには笑えてしまった。

ま、こっちの夫婦は事実上離婚してますから、そんなに落胆することでもないと思うよ?

妻と夫が駆け落ちしたと知って慌てまくりの誠一郎と佳奈子。
佳奈子なんて、飛び降りようとしてたしね!
でも、誠一郎が助けて事なきを得ましたが・・・
その説教文句が、陽子の受け売りってのが笑える。(笑)
アンタ、人にそんなこと言える立場かっつの!

「アンタはどうなのよ?」くらい言い返してやりゃいいのにね、佳奈子さん?(笑)

さぁ、最終回・・・
朋美と杉山がくっつくか・・・より、大久保のほうが気になるっつーの!(笑)


  ◇  ◇   「もう、逃げるしかない」   2010.06.03.                             

なんか、最初から時計ばっかり映してるけど、何か意味が・・・?って思ってたら・・・
なるほど、落ちる時はこんなにも早いもんさ・・・ってことなんだーね。

偶然(とはいえないと思うけど)の再会で負った杉山の怪我・・・
一緒にいた朋美への不信感をあらわにする夫・・子供たち・・・
そのことも加わり、上層部のいいように左遷されちゃった杉山・・・
昇進が人生の目的だったかのように怒りだす妻・・・
居場所を失った朋美と杉山・・・
そして二人は・・・ってことです。
一日でこんなにも状況が変わって行くとは・・・って感じですね。
いやはや、恐ろしい・・・(汗)
思いつめてる人を追い詰めちゃアカンってことだわよ。


杉山の左遷の話を聞き、福島にメッセージを入れる大久保。
そして福島は、とうとうすべてを語ろうとしていた・・・
長野へと向かう大久保・・
かなり病状は悪化してるようで、無事にたどり着けるかどうかのほうが心配。(滝汗)
大久保の内服薬を見た陽子・・・
大久保が置かれている状況に気づいたか・・?

大久保は、死を間近にし、陽子と娘と一緒に暮らすことを穏やかさを感じつつ、
それでも、やりたいことをして生き抜くと決める・・・
死を目の前にした男の思いは杉山をも動かしてしまったことになるわけで、
この人、自分の命が短いからって、人をけしかけすぎです!(笑)

子と配偶者を捨てて出て行った二人・・
その二人の結末やいかに・・ってことですが・・・
なんか、すごいことになっちまいそうな予感・・・(滝汗)
置いて行かれた二人(佳奈子&誠一郎」が、結構ぶっ飛んだ性格してはりますからね・・・。


  ◇  ◇   「さようなら、あなた」   2010.05.27.                             

やっぱ、朋美がイヤやわ・・・
だってさ、「亀ちゃん」で「張り込みしててここに飯食いに来た」って聞いてたでしょ?
ってことは、あんなふうに見かけたとしても、「張り込みしてるんだ・・」ってわからんのか?
なんで近づく!

ダメってわかってる・・って、自分のことしか考えてないじゃん!!
で、結果・・・張り込み対象に刺されてしまった杉山・・
もう一人の刑事は何をやってたんだ?ってのはおいといて・・
ほんと、この女のせいでさらに事態は悪化・・ってことですな。

設定が見事なのは、朋美の旦那・誠一郎が失業中ってことだよね。
仕事が見つからずプライドガタガタ・・妻は浮気・・相手は素敵な刑事・・
時間があってヒマだからこそ、余計な妄想で妻をどんどん疑いたくなる・・っていう設定ですもん。
これが、バリバリに忙しい夫ならここまでにはならなかったかもしれないもんね。

しかし・・・「外には出さん!」っていうの、最悪やな・・
その行為がますます朋美の気持ちを離れさせるってのに・・・(汗)

今まで不思議で納得いかなかったことが今回解決したわ!
陽子が育ててた愛人の子、なんで陽子にそこまで懐かないの?って疑問だったのよ。
なるほどね、預ってまだ一年くらいなんだ・・・
小さいころから一緒に暮らしていたのなら懐いてるはずなのに・・って思ってたのよ。
で、なんと、陽子の夫・西川の会社が倒産したらしく、
財産を守るために陽子に離婚してくれ・・・と言い出したわけだ。
子どもは愛人のもとに返す・・・ってね。
なんか、虚しいやら何やらの陽子だけど、潔くすべてを受け入れてましたね。
なのに、愛人の方は「あたし、これからどうすればいいのよ!あなたは自由でいいわよね!」と怒鳴る・・
子ども、聞いてるぞ・・?(汗)
で、あの子、実母より陽子を選んで走ってきましたね。
ちょっと感動ちっくではありますが・・・
子よ、それでいいのかい・・?(汗)

陽子は、寂しくて仕方なかった時に関係をもった大久保に温かさを感じ、好きにいなりそう・・だけどダメ・・って思ってました。
でも、子を連れて大久保のところへ・・
「三人で暮さない・・?」
そりゃ驚くわさ。(笑)
でも、正直、大久保も寂しさをかかえ、死を前に恐怖を感じていたときだった・・
だからこそ、「家族」っていう温かみを受け入れることにしたのかもね。

ま、子にとっていい環境とは思えないけども・・?(汗)

杉山の怪我により、さらに悪い方向へ転がって行きそうです・・・
でもね、周りの皆さんよ、追い詰めれば追い詰めるほど、ドツボにハマっていきますよ・・?(汗)


  ◇  ◇   「恋の罰…神様、許して」   2010.05.20.                           

なんだかなぁ・・・
「もう、夫に恋することはできない・・・」なんて言ってるけどさ、
その年で、何年も一緒に暮らして、配偶者に恋心を抱いてる人、そんなにいるかね??
あたしゃ申し訳ないけど、夫に「恋」はしてないなぁ・・
「単なる情」とまではいいませんけど、一緒にいていつもドキドキ!なんてこと、ありませんし?
ってか、そんな毎日、疲れますし??
何を求めてるわけかね、この人は・・
夫の体たらくを、自分の浮ついた恋心の言いわけにすんなってのよ。
なんかムカつくわ、やっぱ。


そんな杉山と朋美の子ど尾も経ちが歌舞伎町で補導されまして、
親が呼び出されて、両家の親、鉢合わせ・・・ってことだ。
こうやって集まってみると、杉山と朋美の関係、知らない人いないってのがすごい!(笑)
もう、バレバレやーん!ってことで、とりあえず二人は「単なる同級生」って言いわけするわけだけど・・
んなもん、信じるかっつの。
その後すぐに連絡取り合って「好き・・・」とか言ってるし。
それだけじゃない、アンタ、何歳だと思ってるの?っつーくらいのブリブリなセリフ・・
なんか、呆れつつも鳥肌たったわよ。
こいつら、本当に家族に何か起こらないと目が覚めんのかね?

次回、杉山くん、誰かに刺されるみたいだけど・・・
誰だろ?単に捜査がらみか?それとも・・・?

とか何とか言いつつも、面白がって見てる自分もいるわけで・・・
その「恋」とやらの行きつく結末を、見届けてやろうやないの?

今回は何より、うわーっ!と家を飛び出し、気がつけばジャージで警察に行くハメになった誠一郎に笑えた。(笑)
どんなに整えても、ソレ、ジャージですから・・。


  ◇  ◇   「引き返せない恐怖の愛」   2010.05.13.                           

ありゃ、なんか面白くなってきた。(笑)

このまま普通の生活に戻るべきよね・・?って考えてた朋美だけど・・・
福島たちを見つけた大久保が、「もう引き返せない」と言った福島たちの記事を週刊誌で発表しちゃって、
ひどぉい!!と責め立てるために、また「亀ちゃん」に集合・・・
で、また杉山に再会しちゃった・・ってわけだ。

そして、それぞれに動きが・・・
まずは陽子。
夫から離婚を告げられる、金はやる、離婚してくれ・・・
バカにしないで!じゃ、何がほしいんだ??・・・
それ、言わせるか・・?愛が欲しいんだべさ、わからんのかよ・・・
ま、私ならその豪華マンションと三億もらってとっとと離婚するけどね!(笑)


大久保は、どうやら脳腫瘍っぽい・・・?
リアリストなくせに、奇跡を望んでしまう・・・そりゃ仕方のないことだけど、
「報道に携わる人だから真実を・・と言いましたよね?」と女医さんは・・
やりたいこと、時間があるうちにやっといて・・と、遠回しに「奇跡はない」と告げちゃう・・
うーむ・・・真実・・・イタイ・・・(汗)
病院で朋美を見かけた大久保は・・・きっと、「母性」もある朋美にすがりたかったんだろうねぇ・・
杉山に未だに惚れてる朋美に嫉妬したのかもしれない・・
しかし、ボッコボコに殴られちゃいましたよ。
まぁ、そんなことしたら、そうなるわなぁ・・(汗)

だからって!そんな陽子と大久保!
次回は関係をもっちゃうらしい・・・?
慰め合い・・・ってことか。(汗)

杉山は・・ってぇと、福島の一件で、「友達なんです!」と上司に反抗しちゃったせいで、
仕事面にも影響が・・
なのに、疲れて帰ってたら、妻がおかしい・・
そりゃそうさ、夫の浮気の証拠を見つけちゃったり、気になって「亀ちゃん」に行ってみれば、
そこで大久保と朋美の会話を聞いてしまったり・・・と、夫の浮気を確信しちゃうんだもん!(まだ何もしてないけど(笑))
暗闇でアイロン・・・ふぅ・・・ホラー映像・・(笑)
「あの人だけはやめてね・・」、あの人以外ならいいんですか?とツッコミたいところですが・・
一生懸命尽くしてきたからこそ、夫の裏切りに対する反動が大きいんだろうなぁ・・
可哀想でおざるが・・
その行動が、杉山の背中を押すことになっちまったわけで・・・(汗)
いや、おいおい、そんな奥さん放って出て行くのかよ!
朋美に会うのかよーっ!!許せーん!!
でもさ、最後の朋美との抱き合うシーン・・・キスもしないで抱き合って、「それで抱き合った」って意味・・じゃないよね?
オコチャマじゃあるまいし、「45歳だろ!何やってんだ!」と違う意味で言いたい。(笑)


そして朋美。
大久保に挑発されてイラっ!ときつつ・・
家に帰ったら、妻の浮気を防ぐためか、良き夫を演じるために・・・か、
誠一郎が家事をこなしていて・・
「私はこんなことしてほしいんじゃない、就職してよ・・」と言いたい朋美の気持ち、わかるぅ〜!
バリバリのキャリアウーマンで、じゃ、あなた、主夫になってくれる?なんて呑気な状況じゃないわけで、
そんなことせんでいいから、どんなんでもいいから就職せんかい!って感じよね!
でも・・・なれないことをやってみた誠一郎にしてみたら・・カッチーンだわねぇ・・

そんな感じで、4人ともそれぞれに事情を抱え、一歩踏み出してしまうようです・・
それに、福島が失踪した理由・・・汚職にからんでるとか?
そうなると、ただ逃げれば済むって話でもなくなるぞ・・?(汗)

一歩踏み出し、そしてまた一歩、泥沼へ・・・ってことになっていきそうですが、
テンポもいいし、ちょっと共感できる部分があちこちに見えてきたので、
これからは「野次馬」感覚で見ていけそうな気がする・・(笑)



  ◇  ◇   「家族を騙すピクニック」   2010.05.06.                           

うーん・・・
45歳だろ!何やってんだ!っていう予告のセリフに激しく頷いてしまう私・・・(汗)
どーしても理解できないんだよなぁ・・

同級生を捜すために来た面々・・・
だけど朋美は見つからなければいい・・なんて不謹慎なことを考えておりましたが・・・
浮気を疑った夫が追いかけてきてるとは思ってもいなかっただろうさ・・
で、なに?自分から好き・・・止められない・・な雰囲気を醸し出しといて、
杉山がグググっときたら、はい、ここまでよ・・とな?
策士やな、アンタ。(笑)

なんか、ちょっとブリッコな感じも鼻につくし、
夫が追いかけてきてたと知って、なおもウソをつくあたり、好きになれん。
いや、夫のウソを受け止め、夫の気持ちを知り、ここで気持ちに区切りを・・ってのならわかるよ?
でも違うんでしょ?
なんだかねぇ・・

で?朋美の娘と杉山の息子も巻き込んでいくわけですかね?
ドロドロ化していきそうですな・・・

自分の留守の間に、夫が愛人を家に入れていた陽子。
夫の浮気、夫の連れ子・・・それを受け入れていても、「家」だけは守ってきたのに・・
その彼女なりの「一線」を越えられたら・・・壊れちゃいそうな気がしなくもないですな・・・

次回はドロドロリンな感じですね。
ま・・見ますけど・・
入り込むことはなさそうな気がする・・・(汗)


  ◇  ◇   「愛と裏切りの捜索旅行」   2010.04.29.                           

なんか・・・ズルズルと無意識にっていうより、意識的に「不倫への道」に
足を突っ込んでってる面々って感じ?

だからかな、全然共感できん・・・(汗)

だってさ、福島たちが山中湖にいたらしいって話を聞いてさ、
大久保と杉山が探しに行くらしいから一緒に行かない?って陽子に誘われて、
行くわけないじゃん・・とか言いつつ、
夫に再就職のやる気があったら、行かない・・・なんて勝手に決めるあたり、
「夫が面接に行かないだろう」ってわかってて自分で賭けを考えてるじゃん?
素直になんなさいよ、行きたいでしょ?(笑)

ったく・・・
なんだかねぇ・・・

ま、失業中でやる気のない夫がいるのはつらいかもしれないけど、
杉山だって反抗的な息子がいるくらいで特に大きな問題ないし、
陽子のやるせなさは理解できるけど、
平凡な暮らしを捨ててまで・・っていう状況じゃない人たちの行動に全然ノッていけないんだよね・・

でも、朋美の旦那・誠一郎、いち早く妻の異変に気づいて追っかけちゃうみたい。
じゃ、もう朋美の暴走は次回で終了・・って感じのはずだけど、
逆にムカついてさらに暴走しちゃうって展開か?

とにかく、なんか、勝手にしやがれってスタンスで見ちゃう私です。(笑)


  ◇  ◇   「30年ぶりの再会…事件が始まり私は壊れた」   初回69分SP   2010.04.22.       

「SCANDAL」ってドラマがありましたよね? そういや、あれも井上さんの作品だったなぁ・・・
それに似た展開っちゃー、似てるけど・・・
とにかく、「同窓会には行くな」ってことね。(笑)

最初に言っときます・・・
黒木さん60年、三上さん62年、高橋さん64年、斉藤さん66年生まれです。
つまり・・・斉藤さんと黒木さんには6歳差があるわけで・・
ま、貫禄ありまくりの斉藤さんなので、それほど見た目の年齢差は感じられないけど・・
ちょーっと年齢関係に違和感を感じなくもない・・って感じかな?
それと・・・
セレブ主婦で昔はマジメだったけど、今はちょっとやさぐれてる・・・っての、斉藤さんには似合わない。(汗)
正直、あたしゃ女だけど、あの人に誘われても・・・ついていかんのじゃないかね・・?って気がしてならん。
もっと違う人がよかったなぁ・・・
あと、高橋さん。
高橋さんが一歩踏み出すのを躊躇する・・・とか、それも似合わない。(笑)
そこ、いつものあなたならパクッといっちゃうでしょ!って思えて仕方なかった!

もうちょっとマジメな印象の人がよかったんじゃないかなぁ・・って思える。
と、まぁ、第一印象の違和感について、語ってみました・・・と。

お話としては、濃いっすね。
同窓会で久しぶりに再会した面々・・
なのに、マジメな官僚と主婦が失踪・・・「私たち、愛し合ってしまった・・・」ですと。
えっと・・・その日に久々の再会で盛り上がって関係を持ったってことよね?
実は昔からずっと・・ってことではないよね?
えぇ〜!それ、すぐ冷めるって!
湖?心中する気??何をしてんだか・・・

ま、この二人の失踪は、他の面々を「同窓会以後も会わせる理由」にすぎないでしょうな。

さて・・4人それぞれですが・・・書いときますか。
朋美は、リストラされた夫と子供二人と暮らす主婦。
持ち家を売って・・と、転落した人生に・・ってことか?
家族とケンカして家を飛び出し、そういえば同窓会だった・・とホテルに向かい、
服を買おうとしてお金が足りず万引き・・・ま、のちに後悔してお金を送ってましたけど・・
服はいいよ?靴は?メイクは?髪型は??とつっこみたくなりますよね。
引っ越しの片づけしたあとなんて、普通はボロボロっすけどね!(笑)

で、昔から好きだった杉山くんに会ってトキメキ・・・と。
福島たちの失踪のおかげで杉山と連絡を取り続けることができることにさらにトキメキ・・と。
ここで終われたらいい思い出だったのにねぇ・・・
娘、すでに怪しんでますから!
それに、リストラ中で卑屈になってる旦那にも要注意!絶対勘付きますから!!

陽子は、セレブな夫と娘の3人暮らし・・・と思ったら!
あの娘、愛人の子みたいじゃん?
愛人に産ませた子を妻に育てさせてるわけ?最低やなーっ!
ま、そんなこんなで、金には満たされてるけど、心は飢えてる・・ってことかな?
それにしても・・・大久保くんとのタクシーでのキス・・
うーむ・・・萌えない・・・(汗)


その大久保くんは雑誌編集者、福島からネタを引き出そうと同窓会に参加するもいい情報は得られず・・
でも、福島の失踪をネタに記事を書く様子・・・
仕事なんだろうけど、ヤな男だねぇ・・
で、別居中の妻がいるようですが、キャスターとも付き合ってる様子。
じゃ、別に陽子に手を出さなくてもいいんじゃないかね?

杉山はマル暴の刑事。家族は妻と息子・・
きっと奥さんは忙しい夫より、息子に手をかけることを生き甲斐にしてるんだろうね。
息子は刑事の父を軽蔑したようなこと言ってるし・・・
こりゃ、家に休まるところナシ・・ってか?
で、昔から好きだった朋美と・・ってことに?
ったく・・・ヤダヤダ。

なんか、同窓会に出るの、イヤになるね、こういうの見てると。
とくに、「このままでいいのかな、私の人生・・」とか考えちゃうお年頃だから、
余計に危険な感じよね。
みんな、ちょっとはウソついて見栄張るだろうし、その後酔った勢いとか・・・ねぇ?

ま、ドラマとしてはツカミはOKって感じでしょうか?
とりあえず視聴続行ってことで・・・



★ STORY ★ 45歳を迎えた男女4人が30年ぶりに中学の同窓会で再会し、予期せぬ恋の嵐に巻き込まれるラブミステリー。
純愛、危険な恋、嘘、真実に翻弄されながら必死に生きる大人の本音を描く。
★ 期待度 ★ すんません、どうしても彼女が・・・、期待はしてないし、視聴するかも怪しいでやんす・・・ 他のキャストはいいんだけどね・・・