臨 場
 水曜9時〜 テレビ朝日      前作レビュー・・・
 脚本・・・坂田義和ほか   演出・・・・橋本一ほか   P・・・佐藤涼一ほか 
 主題歌・・・ 「威風堂々」 平原綾香   
原作
臨場 (光文社文庫)
主題歌
威風堂々
スペシャルブック
臨場 スペシャルブック (光文社文庫)
前作DVD-BOX
臨場 DVD‐BOX
◆ 出演者 ◆
(ドラマ開始時)
倉石義男
小坂留美
一之瀬和之
早坂真理子
倉石雪絵
五代恵一
立原真澄






内野聖陽
松下由樹
渡辺大
伊藤裕子
京野ことみ
益岡徹
高嶋政伸






鑑識課 検死官 46歳
鑑識課 検死補助官 39歳
鑑識課 検死官心得 33歳
バーのママ 38歳
倉石の妻 故人 真理子の姉
刑事部長 50歳
捜査一課 管理官 46歳
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「最終章渾身〜閉じられた備忘録」   最終回   2010.06.23.            

家族のお話でしたね・・・
16年前の犯人は、清美の兄・純一でした・・
そして、その純一が遺体で発見され、殺したのは父・・
清美は皆川を死なせてしまっているし、
父・兄・妹、三人とも殺人犯って・・・すんごい家族っすね。(滝汗)

しかし・・盛りだくさんな最終回だった気が。
永嶋の家族の話もかかってきてて、
最後は父の死の真相を乗り越え、新しい時を刻みはじめた・・・と。
最後に倉石が数珠を手からはずしていたけど、
倉石自身も、新しい時を刻む・・・ってことなのかな?

もう、十分ひきずってますもんね、奥さんの死。(汗)

釣り堀での幽霊さん・・・・・は余計だったかなぁ・・・?(汗)

「Mother」の放送があるので、短めレビューですんません!(笑)


 
総評
安心して見られる続編でしたね。
一之瀬の卒業と成長、新たな仲間・永嶋の過去の清算・・・と、
毎回起こる事件とは別に、キャストの変化も見られて面白かったです。
きっとまた続編があるでしょうね。
楽しみに待ちたいです。



  ◇  ◇   「最終章・渾身前編〜停止した時間」     2010.06.16.               

最後のヤマだし、サブタイトル見ても「前後編」ってことはわかってましたが・・
そっか、永嶋くんのお父さんの事件か・・・

女子高生の自殺、その父親の転落死・・・
その父の死は他殺と判断した倉石、
その自宅で、永嶋の死んだ父の時計を見つける・・
・・・って、どんだけ記憶力がいいんだ、倉石さん!(笑)
ま、初めての臨場事件だもん、それに、永嶋くんを連れてきたばっかりだったから記憶もよみがえってたのかもね。

その時計に付着していた血痕と死んだ女子高生の父・皆川の血液が一致・・・
つまり、永嶋君の父を殺害した二人組のうち、一人は皆川ってことになるわけだ・・・
「私情をはさむな」って言われてたけど、そりゃ無理でしょうに・・・(汗)

皆川が転落死した現場に落ちていた白紫陽花の花弁・・
どこかに同じ花弁があるかも・・・と探していた倉石たち。
そんなとき、皆川と接点のある北村(大浦龍宇一)という男が浮上・・・
コイツが永嶋父殺害の一人ではないか・・?と調べ始めるんだけど・・・

倉石が皆川の妻に話を聞き、あることがわかる・・・
死んだ皆川の娘の好きだった花・白紫陽花・・
それを知ってるのは、北村夫妻だ・・ってこと・・・
そう、永嶋父殺害の二人組の一人は、北村ではなく、北村の妻・清美(遊井亮子)なのでは??
ってことです。

ま、この時点で清美では?って言ってるわけだから、清美ではないでしょう。(笑)
重要人物として、清美の兄と父親が出てきましたが・・・・
この二人のうち、どっちかかなぁ・・?って気がしますね。
ただ、そうなると動機がねぇ・・・
どうして永嶋父が殺されなくちゃいけなかったんだろ?
皆川には「お金がいる」って動機があったみたいだけど・・・
さ、どんな最終回になるんですかね?


  ◇  ◇   「傘〜渡された雨の夜の殺人!!」     2010.06.09.                   

泣けてもうた・・
最近、涙もろいわぁ・・・(笑)

ある殺人事件の容疑者としてホームレスのシオさんが逮捕される。
シオさんは罪を認めるものの、倉石は疑問を感じ・・ってわけです。

いつも、床屋で文句ばっかつけてる刑事部長・五代が表に出てきて、ちょっと意外!(笑)
毎回チョイと出てきて感じ悪・・・で終わって行くと思ったのに!

どうやら、シオさんと同級生らしく・・・

刑事よりも現場に戻って真相を探ろうとする倉石は、
いつもシオさんが行っていたところで、毎朝「おはようございます」と声をかける女性を発見・・
そして、シオさんのねぐらにあった赤い傘・・

そう、いつも、シオさんはこの女性に声を掛けられて嬉しかったんだよね。
ある雨の日に傘までもらって・・
その女性が、男にからまれて、その男を突き飛ばして正当防衛で死なせてしまった現場を見てしまった・・
自分が刑務所に入れば寝食に困らない、ボクが身代りになる・・・そう言って女性を帰し、
自分がやったかのように見せかけたんだ・・

ただただ、声をかけてくれたことが嬉しくて、宝物のようだったその存在を守るため・・・
シオさんは身代わりとなり、留置所で急死してしまった・・
なんかさぁ、泣けたねぇ・・・
それに、結婚間近だったこの女性のしたことを知っても、婚約者が迎えに来てくれてて、
そんなことも、心が温かくなりました・・
五代も、倉石から「身代りの真相」を聞いて、自分の思い出も思い返していたしね・・。

事件の展開としては特にひねりもない話でしたけど、
いい話でしたねぇ・・・


  ◇  ◇   「証言〜パパがママを殺した!!」     2010.06.02.                     

何人か容疑者は最初からいて・・・
でも、きっとあの管理人さんだろうなぁ・・って思ったけど、
どうして子どもは管理人さんをかばってパパが犯人だといったのか、
どうして管理人は突き落としてしまったのか・・・が気になりつつ見ておりました。

なるほどね・・・勘違いかぁ・・・
なんか、気軽に口利けないよね、こんな話見ちゃうと。(汗)

もうちょっとで幸せになれたのになぁ・・・

そして、子供は、パパに苦しめられてるママを見続けていたから、パパのせいって言ったわけだ。
それに、パパにどんなにやられても生き返る・・ってママが言ってたことがあったから、
パパのせいで死んだのなら、またママは生き返る・・って思ってたのね。
切ないのぉ・・・
あんなに慕ってた管理人さんの犯行は見てなかったわけで、
それだけは救いか・・?

それにしても、剣道の指の圧ねぇ・・・
普通は知らないよね、そんなの・・・
どこまでも幅広い知識をお持ちの倉石さんでごじゃりました。(笑)


  ◇  ◇   「声〜割れた鏡に女性記者の秘密!?」     2010.05.26.                 

うーん・・・なんか、今回のはイマイチだったかなぁ・・・

たぶん、彼女の自殺だろうってのはわかってたけど、
問題は小坂が「彼女の声をちゃんと拾えたか?」ってことでありまして・・・

しかし、小坂の挙動がいちいちデカすぎて笑えたのは私だけか?
最後の「はっ!」って頭を抱えるところなんて、大げさすぎるっちゅーの!(笑)


今回、一番印象的だったのは・・・
スーツ姿になった一之瀬が、渡辺謙に見えて仕方なかったこと!
似てきたねぇ、お父さんに・・・
しみじみ・・・

それと、前田愛ちゃん、梨園の妻ってだけで大変だろうに、女優も続けてたんだね!
お疲れ様っす!

あと、2話で突き返された(笑)金魚ちゃんにお仲間ができてよかったね!


  ◇  ◇   「濡れ衣〜ガラス片の中の真実」     2010.05.19.                    

永嶋(平山浩行)が新加入・・の回ですね。
「改心組」か・・・
なんか、「キャリア」とか「ノンキャリ」とか、いろいろと分類するのね、警察って・・・(汗)

今回の事件、犯人はきっとお兄さんだろうってわかってましたけども、
これ、相変わらずですが・・・
でも、面白かったですね。
あの鑑識の説明とか、ほほぉ・・・って思っちゃいましたし。

しかしさ、いつも思うけど、刑事ってなんであんなに態度デカイのか?
鑑識は鑑識だけやってりゃいいんだよ!みたいな?
鑑識の結果や導きがないと、犯人に達することなんてできないだろうにさぁ・・
なんか、かなり感じ悪いっす!

でもさ、あのメガネのくだり・・ちょっと無理がないっすか?
二人分のメガネってことは、度数が違うレンズが入ってるわけで・・
そこまでは調べなかったのかね?
ってか、あんなふうにメガネを割られた刑事さん・・・
ちゃんと倉石の説明、見えたかな・・?(笑)


今後、新人・永嶋の「改心」のキッカケになるところとか、描いていくのかな?
倉石のカリスマっぷりと、この新人の成長と、まだまだ楽しみですね!


  ◇  ◇   「カウントダウン〜タロが報せた死」     2010.05.12.                    

老人の死・・・
一之瀬の検死、そして卒業・・・の話ですね。

なんか、すごく切ない話でしたね・・・
この家を離れたくない、だから一人で静かに死んでいこうとした・・・なんてさぁ・・。
ま、まさか、あのヘルパーさんが死ぬと知ってて見殺しにしたとは・・・
いくら本人の頼みだとしても・・・ちょっと驚きの展開でしたわい。(汗)

一之瀬を卒業させるため、かなり厳し目の倉石。
ちゃんと一人で導き出せるところまで見届けて・・・のことなのね。
ケンカ別れになっちゃいそうでヒヤヒヤしましたが、
最後はお互いを尊重し合って、サヨナラ・・となりましたね。
ま、これから現場でちょくちょく会うと思いますけど♪

出ていたワンコ、芸達者やなぁ・・って思ってたら・・
ソフトバンクのCMの「お父さん」だったのね!
ちゃんとエンドロールに「カイくん」って出てきたので笑っちゃった。(笑)

一之瀬の後釜は、やっぱり以前出てきた警官のようですね。
使えるのかなぁ・・?ちょっと不安。(汗)


  ◇  ◇   「似顔絵」     2010.04.28.                                

ま、こりゃまた、犯人は「登場してきたとき」に、予想がつく・・ってもんですな。(笑)
「薄幸」な人をやらせたらピカイチの奥貫薫さんです!(←褒め言葉として受け取ってください(笑))

なので、あとは「証拠」ですよ。
彼女がやったという証拠・・
なくなっていたタバコの包装のフィルム・・・
何かにまぎれて持って行ったってのがカタイだろうとは思ってたけど、
そうなると、もう消滅してる確率が高いわけで・・・

しかーし!今回は、「社会見学」と称して、メイドさんの仕事を一から見ることにより、
彼女のモノの中から発見することができた・・・
タオルと一緒にクリーニングにまわされなかったことは、かなりの「運」だと思いますけども。(汗)
ま、それなりに面白かったかな?

さぁ、いよいよ一之瀬君の卒業ですか?
となると、小坂の昇進?
となると、この間の交番勤務の警官が鑑識に配属・・・って流れですかね?


  ◇  ◇   「未来の花」     2010.04.21.                                

あの、警察官(平山浩行)は一体何者・・?
あんだけのために出てくる俳優さんじゃないし、「なぁ〜んだ・・」って意味ありげだし・・・
そこが気になって仕方ないんだけど、後々出てくるのか?

夫を殺された妻が、「他殺だ」と聞かされホッとする理由・・・
それはすぐにわかるよね、保険金だろう・・って。
他殺でホッとする・・・自殺では困る・・・っていうところから推理すると、
夫が自殺したと勘違いして、自分で凶器の刃物を抜いた・・・っていうのが考えられるよね。
ま、倉石の「オレのとは違う」・・ですけど。(笑)

あと、殺された人に恨みを持ってるような人がいて、
その人は自殺してて、その奥さんが恨めしそうで・・となりゃ、
まずこの人を疑うべきでは??
倉石のヒントがないとたどり着けない立原さんって・・・どうよ?(汗)

そうそう、立原さんといえば・・
先週も思ったけど、政伸さんの目の血管・・・すごすぎっす。(汗)


  ◇  ◇   「封印〜警笛の秘密!!」     2010.04.14.                         

まぁね、鈴木浩介さんがさ、単なる警官じゃないってことはわかってたけどさ・・・

そっか・・・
自殺した谷村さんは、この奥寺っていう警官をかばったんだ・・・
元鑑識の人間が、本当に殺しをしたのなら、
自分の指紋がついたものをたくさん残していくわけがない・・
きっと意味がある・・・
全部拾って、真実をつきとめる・・
それは、死んだ谷村さんから引き継いだ「意志」だから・・


そして、倉石のたどり着いた真実・・
娘の万引きを脅していた男を問い詰めるために行った奥寺が起こした殺人・・・
それをわかったうえで、奥寺の罪をかぶって、証拠をたくさん残し、
一人拳銃自殺をした・・ってわけだ。

まぁね、仲間も家族っていう谷村さんの気持ちはわからんでもない。
でもさ、「殺人犯の娘」として生きて行かなくてはいけないかもしれなかった娘を考えてごらんよ・・
それでいいのか・・?
余命が3カ月しかないのなら、その短いかけがえのない時間を、娘のために使えなかったのか・・?
とっても悲しい決断でしたね・・・


そして最後の倉石の言葉・・・
父の気持ちを娘に伝える、倉石らしい言葉・・・
泣けてきたよ・・
この人の熱い思いが伝わってきて、こっちまで泣けてきた・・

やっぱすごいよ、内野さんは・・

しかし、自分をかばって谷村さんが自殺したってのに、
しれーっと証言したり仕事したりしてた奥寺・・・
うーむ・・・谷村の娘を救いたかったアンタと、同一人物か?って言いたいわ。(汗)

見ごたえのある後編でしたね♪


  ◇  ◇   「封印〜前編」     2010.04.07.                              

「前編」ってことで、繋がっていく話かな?と思って見始めたけど、
いつしか、それすら忘れていて、最後の最後に警笛が見つかったって聞いたとき、えぇ〜!って驚いちゃった。(笑)
そっか・・・まだ事件は終わってないのね・・

相変わらずの倉石と仲間たち・・・で始まり、
警察官の死亡事件の検視が始まる・・
普通はあの流れだと、あの若者に殺されたのか?ってとこだけど、
倉石はすぐに「自殺」だと断定・・
ガンだったらしく、病気を苦に・・ってことみたいだけど・・・

拳銃が現場から盗まれていた!
そして、その拳銃を使った殺人事件が発生・・・ってことですね。
自転車に轢かれて死んでしまった我が子の復讐・・ってことで、
夫か?とミスリードしたかったんでしょうけど、ま、奥さんってことは最初からわかってましたが。(笑)
でもね、一人で苦しんでるって思いこんでしまったこの奥さんの不幸による犯行って感じかな?
子供がいなくなれば夫婦なんて他人・・って言ってたけど、
それはそうともいいきれないと思うし。
お腹を痛めてないから男にはわからないなんてのも、勝手な言い分だと思うし。
ちゃんと言葉にして話し合って、がまん強く寄り添って生きていけてたら・・
この夫婦もこんな結末を迎えずに済んだんじゃ・・?って気がしましたね。


で、事件は解決・・かと思ったら!
死亡した警官の警笛がなくなってることに執着していた倉石のもとに、
ある事件の被害者のそばに警笛が見つかったという知らせが!
一体、どんな関わりがあるんだろうね?
死んだ警察官の自殺の理由も、病気を苦に・・ってことではなかったのかも!

次回も楽しみです!


★ STORY ★ 遺体や現場に残された物証から難事件を紐解く検死官の人間ドラマで、昨年4月期に放送された連ドラの続編
★ 期待度 ★ 続編ですね。気楽に見られそうです。