10年先も君に恋して
 火曜10時〜 NHK    
 脚本・・・大森美香   演出・・・・片桐敬司   P・・・高橋練 
 挿入歌・・・ 「Time of love」 エンディング・・・「Cannonball」  Crystal Kay
サウンドトラック
10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
◆ 出演者 ◆ 小野沢(円山)里花
円山博
日高光治
濱田梓
蜂谷亜美
小野沢佑太
飯野マリコ
川上哲夫
青山比沙子
三田村幸助









上戸彩
内野聖陽
劇団ひとり
渡辺えり
木南晴夏
染谷将太
林丹丹
渡辺いっけい
高島礼子
藤竜也









結婚前は出版社勤務 26歳/36歳
里花の夫 エレベーター会社勤務 30歳/40歳
若手作家 30歳
ベテラン作家 50歳
里花の同期の編集者 26歳
里花の弟 フリーター 19歳
佑太の彼女 19歳
濱田の夫 専業主夫 45歳
出版社文芸部副部長 45歳
博の恩師 63歳
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「君のいる未来へ」   最終回    2010.10.05.                     

泣けたな・・・・
完全なハッピーエンドじゃない、未来を感じる終わり方・・・
私は結構満足ですよ!


老け博が未来へ戻ることに・・・
結局、何もできなかった・・ってことになるんだけど、
そうじゃない。
未来から過去に来たことで、確実に変わってるよ。
博が帰ってしまって、里花の記憶が消えてしまっても、
この過ごした時間は絶対無駄じゃなかった!って、そう思えるはず・・
そう思いながら見届けようと思ってました。


未来からやってきた、未来の自分と別れを決意していた、愛する人・・・
今はこんなに博を好きでも、10年後は違ってしまうのか・・?
そんなことない、ってこと、ちゃんと伝えないと!!と、里花は教授に聞いて、タイムスリップする場所へと駆けつけます。

博は言う。
「もう一度、君に恋するために、10年後からやってきたんだ・・・」
もぉ、この時点で涙腺決壊。(笑)

博は、こんなことになるなら、結婚しなきゃいいんだ!って思いでやってきたのに、
結局、「やっぱり里花が好きだ」ってことを思い出すことになったんだよね。
そして、現在の里花も、未来はもう愛せなくなってるらしい博と出会い、
いろいろ見聞きしたとしても、この今の気持ちは変わらないはず・・
だから、ガマンしてね、きっと心の奥ではあなたを愛してるはずだから・・と告げるのよね。
「10年先も、絶対に愛してる・・」
なんて愛の告白だろうね・・・・。(涙)

博にとっては、今の30歳の博、そして、40歳の自分自身をも愛してると言ってくれる里花に、
さらに深く愛情を感じたでしょう・・・

そして博は未来へと戻って行った・・
里花はすべてを忘れてしまい・・・

10年後の里花は、家にいました・・
ほっとする博・・
でも、日高に会ってきたらしい・・やっぱり気持ちはもう日高に・・・
と思ったら!どうやらビジネスパートナーってことらしい・・
離婚届にサインをしようとしていた博は、ある手紙を見つける・・
それは、10年前の里花から、10年後の里花へあてた手紙・・
博が未来へ帰る前の晩、書いたモノなんだね。
記憶は消えても、手紙は残るかもしれない。。って賭けだったんでしょうか?
ま、そこんとこは追求しないでおこう。(笑)


「こんなはずじゃなかった・・って思う時もくるかもしれない・・・
でも、どうか前を見て・・・今の、この幸せな気持ちを忘れないで・・
自分の選んだ人生を、もう少し信じて・・・そうすれば、未来はきっと・・・」
そう、確かに自分は博を愛していた・・
この手紙のおかげで、思いだせたんだろうね・・

離婚届の提出を明日に延ばすと言いだした里花・・
忙しいから暇になったら・・・
宇宙エレベーターが完成したら、そのときは・・・
なんて、会話をしながら、里花の入れた、きっと久しぶりのコーヒーを味わう博・・
少し、希望が見えてきた・・
まだ、お互いに、思う気持ちが残っていたから・・


はぁ・・・月9を書いたのが同じ脚本家さんとは思えない、良質なラブストーリーでしたねぇ〜!(笑)
私生活問題でいろいろとゴタゴタしたでしょうけど、
最後まで放送してくださり、ありがとうございました!
今期のドラマの最後の最終回が、気持ちのいいもので、とっても良かったです!
とにもかくにも、上戸彩ちゃんが可愛かった・・・♪


  ◇ 第回 ◇   「愛のから騒ぎ」     2010.09.28.                         

内野さんのいろいろな報道、見ちゃいましてね・・
コンビニで立ち読みとか、しちゃいましてね・・
そうなると、純粋な気持ちで見れなくなっちゃうっていうかね・・・(汗)
そんな中、放送中止になっちゃうんじゃ?ってヒヤヒヤしておりましたけど、
まだ放送してくれるみたいですね。
何の罪もない上戸彩ちゃんほか、スタッフ・キャストのためにも、残り一話、放送してくださいねぇ〜!

ってことで、第5話・・・
里花の浮気を疑って、どんどん関係悪化の二人。。。
そんなとき、濱田先生、筆が進んでしまってねぇ・・・
せっかくの約束のデートも、うまくいかない・・
濱田先生の夫が気を利かせてくれたのにねぇ・・・(涙)

姿を消した老け博が、三田村教授のところにいると考えた里花は、
三田村の研究室で老け博に向かって「別れることになったから!!」って言うわけだ・・
そんなことをずっと見ていた三田村教授は・・
若博に向かって、隠れている老け博に聞こえるように言う・・・
過去は変えられない、
時は尊いもの・・
未来を変えればいい・・・


ほんと、そうだよね!
比沙子が言うように、何かあるたびに過去を変えようなんて、時の神様に怒られるっつの!!
過去じゃない、未来を変える努力をすべき・・・
任務終了・・と考えていた老け博は、考えを変えました!
佑太を使い、仲たがいしていた里花と若博を仲直りさせた・・

さぁ、アンタは未来に戻って、里花を取り戻すんだ!
やれるだけのことをするんだ!!
しかし、老け博が未来に帰るということは、里花にとってはある意味「別れ」・・・だよね。
なんか、切ないねぇ〜!

帰っちゃったら記憶が消えちゃうんだよね?
どんな最終回になるんだろ!
楽しみです!!

しかし・・・いつまで卵を割るんだい・・?とハラハラしちゃいましたよ、あたしゃ。(笑)


  ◇ 第回 ◇   「恋の犠牲者?」     2010.09.21.                         

未来の結婚生活が破たんした理由・・
それは、結婚2年後、博の仕事でアメリカ転勤・・・それに伴い、里花は仕事をやめることに・・・ってことらしい。
「あなたの成功のせいで、私の夢は犠牲になったのよ!!」と暴れまくる里花・・・
その話を聞いて、自分が自分で信じられない里花・・・
でも、今の仕事が充実してる里花にとって、
自分が仕事をやめてしまうってことも、信じられないのかもなぁ・・・

愛のために自分を犠牲にするということ・・・実感がわかないだろうなぁ・・・

そのころ若博は、宇宙エレベーターのイベント会場で、里花がほかの男と親しげに話してた・・と友達から聞き、
穏やかではない気持ちに・・・
で、デートの最中に、「里花の部屋に行きたい」と言いだして・・
ま、そこにいたのは、他の男ではなく、弟とその仲間たちだったんだけどね。(笑)

安心したのもつかの間・・・
里花が電話に出るために外へ・・・
やっぱり気になる若博は、こっそり聞こうとしちゃうんだけど、聞けず・・・
相手は日高なんで、里花に後ろめたいことなんて、ないんだけどねぇ・・・
あのデートもさ、もうちょっとゆっくり話す時間を里花に与えていれば、
今、里花がどんな仕事をしてて、誰と連絡を取ってるかってのがわかっただろうに、
焦りすぎなのよ、若博!
あの店に人も、ずいぶん暖かい目で博を見守ってたっぽいのに、
結局注文もせずに出て行ってるし!失礼だわよ!(笑)


里花の弟・佑太が、老け博のメッセージを里花のカバンに・・・
里花は、近くで老け博が待ってると知り、駆け付けるんだけど・・・
それを、若博が見かけちゃうんだなぁ〜!

具合の悪そうな老け博を気遣う里花。
どうやら、時空を飛び越えてきた副作用が体に出てきているもよう・・・
ちょっと早めに帰ることになるかも・・・なんて言いだす老け博・・・
里花は、そんな老け博を見て、
「あなたが未来に帰ったら、この記憶、本当に消えちゃうの?すこし、寂しいね・・・」なんて言うのよ!
それを抱きしめそうになっちゃう老け博・・・
アンタら、ちょっと「想い」が芽生えてしまってるんじゃないの??
ダメですよ、それは!!!


老け博、急激な頭痛・・・
そう、若博が近づいていたから・・・
慌てて逃げる老け博・・・
近づいた若博は、「一体誰と会ってたんだ!!」と問い詰める・・
「ゴメン・・」と、里花は、老け博を追っていってしまった・・
あっちゃぁ・・・そっちに行っちゃうのぉ〜??
ビックリぃ・・・


どうやら、このことで若博と里花の仲にヒビが入っちゃうみたいね。
本当に別れちゃう??
別れたと聞かされて、老け博はどう思うの?
未来に戻ったら、本当に里花がいないかもしれないんだよ・・?
それはそれで複雑なんじゃないのかい・・?
一体、どんな展開になるんだろ?
気になるわぁ〜!!


  ◇ 第回 ◇   「恋の骨折り損」     2010.09.14.                         

「同じ声の同じ顔した人に大嫌いって言われて、すごくショックだったの・・・・」って泣いてる上戸彩ちゃんが、
激しく可愛くて、二度見してしまった!(笑)

そうね、そうよね・・・
なによ、この男!って思いつつも、この人は大好きな博さんの老けバージョン・・・
10年後、何があったか知らないけど、大嫌いとまで言われ、ショックだったのね・・・。
でも、アンタも相当言ってるけどね。(汗)

そんな風に老け博から言われても、やっぱり若博のことが好きなことに変わりはないわけで・・・
「そんな女だと当時は思いもしなかった!猫かぶってたな!」と老け博に言われたので、
前もって若博に自分はこんなとこもあるの・・・って告白する里花。
自分だってこんなとこあるし・・・・と、それでも好きだからと言ってくれる若博・・
ま、恋愛中はそんなもんっすよ。
あばたもえくぼって言葉があるように、
どんな欠点でも長所に見えてしまう・・・それが恋なりよ・・・(笑)


で、「今度、どうしてそんなことになったか話してね、せっかく会えたんだから・・・」と里香は老け博に言います。
聞きたいような、聞きたくないような・・
「憎む」とまで言ってたよ、老け博が??
10年後の里花が日高とホテルで密会(?)してたけど、まさか、浮気とか・・?
ま、そうなったにせよ、そうなるまでの過程があったはずで・・
どうしてすれ違うようになってしまったのか・・ってのが問題よね。
「あなたの成功のせいで犠牲になった」と言ってた里花・・・
パートナーの成功を喜べないくらいに、何かあったのかねぇ・・

しかし、ふっと思ったんだけど・・
老け博は、「別れるようにならないようにする」っていう目的できたわけではないんだよね?
「不幸になるから、結婚しないでほしい」ってことでしょ?
せっかく10年前に来たのなら、そうならないように働きかけることもできるのでは・・?
つまり、「どうにもできない」ってことか・・?
もしかして、10年後の博は、余命わずか・・・・とか?
そんな自分と結婚させるわけにはいかん!ってことで来た・・・とか、そんなことを考えちゃいました。
そんなことじゃなく、ただただ、「ったく、人騒がせなケンカだったわね!」ってことだといいけど・・・。

そうそう、三田村先生は10年後、生きてないのか?
じゃ、あのタイムマシンは一体誰が・・?
まだまだ謎が多いですな。


  ◇ 第回 ◇   「運命の恋なんて」     2010.09.07.                         

エレベーターみたいな狭い空間だったら・・
いくら老けこんでたにしても、「あれ・・・?円山さん・・?」ってことにならんか・・?と思ってたら・・・
なんと、老け博がサングラスとって正体バラしても、「アンタ、誰やねん」状態の里花・・・
そんなに今の博さんと変わっちゃったか??
それほど変わってないと思うぞ??(汗)

でも、見事に10年の差を演じきってる内野さんは、相変わらず素敵ですけども♪

結婚しないように未来からやってきた・・
ボクは君を不幸にするし、君もボクを不幸にした・・
そう言われて、さすがに里花も、このオッサンの言う通りなら・・・
このまま博さんと付き合うのは、博さんにとっていけないことかもしれない・・って考えちゃったらしく、
せっかくの若博さんの告白、断っちゃいました!!
一体、10年の間になんでそんなに冷え切っちゃったのかねぇ、この夫婦・・・

あらら・・・このままか・・と思ったら・・・
何気ない博の後押しが、里花の心に火を付けたようで!!
里花から付き合って下さい!と告白!!
やったーっ!!な博さん・・・
絶対不幸にしない・・・
そう、今の気持ち、お互いの気持ちを大事にしていけば、
10年後の不幸なんて、起こらないかもしれないもんね!!!


老け博さんも、そんな里花の言葉に、少しずつ「やってきた意味」が揺らぎ始める・・・のかな?
もしくは、今は冷え切った夫婦関係かもしれないけど、
出会ったころの気持ちを思い出し、、そして、普通なら知ることができない、彼女の気持ちを見聞きすることができるわけだし、
老け博自体が変わった状態で、10年後に戻れるのかもしれないですね。

どっかぶっ飛んでる弟くんが、妙に可愛かったですね。
老け博を、「未来刑事」と呼び、姉ちゃんを守るためにやってきた!と思ってるらしい・・・
いや、こうすぐに信じちゃうのも、ちょっと心配だね・・・(笑)
老け博が、今の佑太を見て「佑太くん??」って驚いてたので、
10年後はマトモになってるんだと、信じよう・・・(笑)
そうそう、スカイツリーが頓挫って聞いて激しく落胆しそうになったけど、
よかった・・無事に出来上がるのね!(笑)


  ◇ 第回 ◇   「未来からの恋人」     2010.08.31.                         

うわぁ・・・改めて思った、上戸彩ちゃんって、可愛いねぇ〜!
こんな子と遊園地デート・・・楽しそうだなぁ〜♪
なんて、しみじみ感じた初回です。

出版社編集者の里花は、最近周辺をうろつく怪しい中年男を追いかける・・・
一体何者か、さっぱりわからないまま、ある日、「あのバスに乗らないでくれ!」と言われるんだけど・・・

この男、10年先の未来からやってきた、里花の未来の夫・博なのよね。
どうやら、「結婚を阻止するため」にやってきた様子・・
どうして阻止したいのか、それはまだ明らかにされてませんが、
未来のキミのため・・・と里花に言ってました。
確かに、10年先の里花は博と離婚しようとしてるみたいだもんね。
一体、出会ってから10年、二人に何があったんだろうか・・・・

んなことは関係なく、結局出会ってしまった今の里花と博・・
何をしても、出会って恋しちゃう関係なんじゃないのかい、この二人は・・・?
でもよ、未来の博さん、どうしても阻止したいなら、今の自分を阻止したらどうだろ?
陰から何かして、待ち合わせの時間に行かせない・・とかさ。
これから起こること、全部知ってるんだから、なんとでもできそうですがね・・・(汗)

そんな、未来の博の思惑なんて関係なく・・・
今の博と里花は楽しいデートをしてました!
普通、理系男と文系女なんて、話、全く合わないっすよ!
それが、「宇宙エレベーター」の話で意気投合しちゃってて!
こりゃ、運命感じちゃうかもよねぇ〜!!

そのころ博は・・・大学時代からお世話になってた、恩師の三田村のところへ・・・
中年博を見つけて、三田村は「いつから来た??」ってすぐに理解してくれたみたい・・
おそらく、未来の三田村の力で、未来の博は現代にやってきた・・・んだろうね。
ただ、今の博とニアミスすると、かなりの頭痛を起こしていたようで・・
大丈夫かな、オッサン博・・・(汗)

それにしても、服装や髪形なんかで、本当に中年にも見えるし、30歳にも見える内野さん・・・
すごいわぁ〜!
感動っす!

可愛い彩ちゃんに、見事な内野さん・・・
この二人だけで、十分に見ごたえがあるドラマですね!
ま、ありきたりな話っちゃー話だけど・・・楽しくて切なそうなんで、今後も楽しみです!



★ STORY ★ 「もしも人生をやり直せたら・・・」誰もが一度は感じるそんな切ない想いをベースに、恋愛のときめきと苦みと感動を描く、大人のためのロマンチック・ラブストーリー。
★ 期待度 ★ ちょっと期待しちゃうねぇ〜!楽しみです。