GM 〜踊れドクター
 日曜9時〜 TBS    
 脚本・・・林宏司   演出・・・・武藤 淳ほか   P・・・鈴木早苗ほか 
 主題歌・・・ 「LIFE〜目の前の向こうへ〜」 関ジャニ∞
主題歌
LIFE ~目の前の向こうへ~(初回限定盤A)
サウンドトラック
商品の詳細
◆ 出演者 ◆ 後藤英雄
小向桃子
漆原誠司
本木健介
後田淳
大山剛三
曽根智雄
町谷玲奈
氷室慎太郎








東山紀之
多部未華子
生瀬勝久
大倉忠義
吉沢悠
大和田伸也
八嶋智人
小池栄子
椎名桔平








名峰病院 総合診療科 医師 43歳
名峰病院 総合診療科 研修医 26歳
名峰病院 総合診療科 医師 43歳
名峰病院 総合診療科 看護師 26歳
名峰病院 総合診療科 医師 33歳
名峰病院長 63歳
名峰病院 事務長 40歳
名峰病院 総合診療科 医師
名峰病院 総合診療科 部長 43歳
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「院内感染」    2010.09.19.                               

うーん・・・・やっぱり、最後は踊らなかったか・・・
見たかったなぁ・・・コンサート。

最後の提供バックでみんなダンスしてたけど、
あれじゃ満足できないっすよぉ〜!!

驚いたのは、ファイヤーが思わずお菊人形を抱き抱えちゃったとこ!
潔癖症なのに・・
触れたじゃーん!!
みんな、ファイヤーのおかげで成長できたけど、
ファイヤーも最後は成長できたのね・・・(笑)

ただ・・・「もう、大丈夫だろうってことじゃない??」ってファイヤーが去っていったとうけとめたソウシンの面々だけど・・・
結局、最後までファイヤーの判断なしには解決できなかったわけで・・・?(汗)
ファイヤーナシでやっていけるんだろうか・・・
かなり不安・・・(汗)

なんやかんやで楽しんだりもしつつ最後まで見てきたけど、
だからといって、何か残ったか・・・と言われれば、何もない気もする・・・(汗)
「ソウシン」っていう存在がみんなに知ってもらえるいい機会にはなったかな?


  ◇  ◇   「病院崩壊」    2010.09.12.                                   

今回はポニーこと、氷室のお話・・・
どうしてこんなになっちまったのか・・・ってのもちょっと明らかにしつつ、
元妻、そして大山院長の氷室への思いもちょっと明らかになり、
今更ですが、成長しつつある氷室、それを支えるソウシンのメンバー・・・って感じですね。
なかなか面白かったです!

しかし・・・・父も祖父もぽっくり死んじゃったにもかかわらず、
それを問診で話さない患者・・・
そんな必要データを提示されなかったら、診察も診療も治療もできないっつの!
助けてあげられないじゃないのよねぇ・・

今回は事務員さんのおかげでわかったけどさぁ、なんともねぇ・・って感じです。

そして、曽根の企み・・・始動ですね、
でも、院内で大感染??
なるほど、これほどにおおきな「事」を起こしておいて、
それを「ソウシンが解決!」ってことで、一気にまるくおさめようとしてますね!!(笑)

それより、みんなでダンスは・・・どうなるんだろ?
それが一番気になりますわい・・。


  ◇  ◇   「食道がん」    2010.09.05.                                   

今回もまた・・・
「好酸球」って目に見える数値の異常(というほどでもないけど)がありながら、
あーでもない、こーでもない・・と言いつつ、
最後に「そうだ、好酸球!!」って思いだす・・・
うーむ・・・とりあえず、いろいろと推理したり勘を働かせる前に、
出てきた異常なところを、まずはちゃんと調べてみりゃいかがなものか・・?って気がする。(汗)
そう思い始めると、なんか世界的GMも、ただの踊り好きな人間にしか見えないから不思議。(笑)


桃子は・・・ってーと、待ちうける公演に向けて、
メンバー説得にいそしむ・・・
みんないまいちノリが悪いけど、最後はちゃんと踊ってくれるのか・・・
・・・それしか興味部分がなくて。(笑)

気になるのは、曽根事務長ですね。
院長の腰巾着かと思いきや、何やら企んでる模様・・・
まさか、こいつまで攻略して、ダンス仲間に・・・なんてことはないだろうね?(笑)


  ◇  ◇   「熱中症」    2010.08.29.                                   

そろそろ・・・
自覚しないようにしていたんだが・・・
飽きてきたようだ。(笑)
低血糖なんじゃないの・・?とか、ちょっと考えつつ見ていたせいか、
早く気づけよ・・って気がしないでもなかったし。(汗)

もうすぐ終わりだから、最後に「アミー&ゴー」がどうなるか、
見届けたい気持ちもあるんだけど・・
どうすっぺかなぁ・・・

そろそろ違う動きも見られそうなので、もうちょっと我慢して見るか・・
関係ないけど、最後のお知らせの場面で、
シリアス役に徹していた八嶋さんがおチャラけていたのが・・
「我慢できなかったのか・・」と、不憫になっちまいました。(笑)


  ◇  ◇   「患者の嘘」    2010.08.22.                                   

今回は面白かったですな。
体中が骨折してる状態なんて・・
想像するだけでも痛くてたまらん!!(涙)

でも、その原因がわからない・・・と。
で、五浪さん・・・じゃなかった、氷室が尿に大腸の細胞を発見・・・
なんで??ってことで、ファイヤーの推理スタート!
ま、患者・墨田栄子(あめくみちこ)が、若い男性看護師の本木をはずそうとしていたってことは、
「恥ずかしがって知られたくないことがあるんだろう・・」っていう予想はできたけども・・・
尿漏れで膀胱再建をしていて、それを知られたくなかったとはねぇ・・
大腸を代用したがために、細胞が発見されたわけだ・・・
その大腸のせいで骨軟化になってたのねぇ・・
恐ろしい・・・
患者はウソをつくもの・・と、「Dr.HOUSE」のようなことを言ってたけど、
しかし、あの傷を見て、患者の言うことをうのみにしてしまったのも問題では?って気もする。

25年も前だと患者の言うことを信じるしかないんだろうけど、
もうちょっと早めに調べてみりゃよかったんじゃ・・?って気がするんだけどね・・・(汗)

今回は、マジメな医療番組に無理矢理出てしまったがために、
テレビ局に出入り禁止になって、すっかりスネまくりのファイヤー・・・だったけど、
最後には「デビューが決まった!!」って言ってましたね!
あと4週間後・・・
つまり、このドラマもあと4話ってことかな?
最終回には、「新生アミー&ゴー」のステージ、見られるのかしら?
ちょっと楽しみ・・・(笑)



  ◇  ◇   「急性腹痛」    2010.08.15.                                   

今回は、みんな一緒に!って感じで、見てても気持ちよかったですね!
最後は、一緒になって仕返ししてくれたし!
しかし・・・ポジティブの仕返しは・・・、一番不気味だったかも! (笑)

ソウシンをやめると言いだした町谷を止めようと動き出した面々だけど・・・
それぞれが「らしく」て、笑えました。
それに、デコパッチンで叱る桃子・・・
上下関係が厳しい医師の世界ではありえないっつーの!(笑)

辞めると病院を出たときに出会った患者のことを最後まで診る・・と一時的に残った町谷。
自分と境遇を重ねて、いつしか真剣に病気と向かい合っていき・・・
最終的には、すんごい「見つけるのが不可能」とも思える病気に到達!!
いやぁ・・・
ガンであんな症状が出るとはねぇ・・
一つ一つがそれぞれに病気っぽくて、
一つに繋がっていた・・・なんて、考えられないもんねぇ〜!

ま、面白かったですよ。
そして次回はテレビ出演??
まだ、グループ結成できてないけど・・??(笑)


  ◇  ◇   「リストラ」    2010.08.08.                                   

まさか・・・
漆原に引き抜きの話が??ってことでも驚きの展開だったのに、
その「引き抜き話」こそが、診断のカギになっちゃうとは!

驚いたわぁ・・・
まぁねぇ、冷静になってみれば、そんな大きな病院から引き抜きの話なんて・・
おかしいと気づくだろうに・・・(涙)

しかし、面白い病気があるもんですなぁ・・・
あ、当の本人さんには悪いけど。(汗)
でもさ、患者の訴えや答えだけで診断するなんて、ちょっと危険だよなぁ・・・
いろいろ治療を施して、悪化していくなんて、怖いっちゅーねん!!

前回から、ポジティブ後田くんが、すっかり後藤の手先になってます!(笑)
本当にポジティブになってるし!
で、後藤が後田を認めたのは、あのオタクダンス・・
今回、辞めていく漆原にはダンスセンスは皆無っぽかったんで、
どうなっちゃうのか・・?と思ったら!
安来節に感動するとはねぇ・・
でも、出してしまった退職届・・
受理されちゃってるっぽいけど、もう戻ってこられないのか・・?(涙)


  ◇  ◇   「誤診」    2010.08.01.                                   

このドラマ・・・
正直、病気の話は面倒くさいっすね。(笑)

最終的に何の病気かわかるにしても、
その過程は面倒くさくてどーでもいい感じ・・・(汗)
その前後や、間に入る小ネタが楽しみで見てる感じかな?
それに、有名GMにしては、毎度到達まで迷いすぎだよね、ファイヤー・・・(滝汗)

今回は、ネガティブこと後田の話。
リストラ話がわいてきて、氷室は後田を対象に考え、
後藤もまた、「ダンサーチーム」のリストラを考えていて、後田を対象と考えていたのよね。

そんなとき、オタクの患者が運ばれてきて、後田が担当・・
誤診しちゃったりしつつ、
最後は後藤いわく「ダンス」の励ましを披露し・・・
一皮むけたようですな。

で?オマケの話として、後田、ボンバー町谷に惚れたっぽい・・?
えらくハードルの高い女に惚れちまったもんだ・・・(笑)

今回の爆笑ポイントは・・・暗黒星雲の死者呼ばわりのお菊人形です!
確かに、ありゃ不気味だった・・・(笑)


患者のためにこっそり動いてくれた漆原先生・・・
氷室ったら、リストラ対象を漆原に変更しやがった!
ったく・・・コロコロ変わりやがるぜ!


  ◇  ◇   「原因不明」    2010.07.25.                                

今回は、医療部分より、「ファイヤー後藤のアホさ」部分のほうが多かった気が・・・(汗)
面白かったけどね・・・(笑)


今回の患者も、また原因がわからずいろんな治療を施されるも、何度も運ばれてくる・・・・
結局は、遺伝病ってことで、後藤が発見して・・ってことだけど・・
すごいっちゃーすごいけど、すごくない部分が多すぎて、すごさが薄れてるような・・?(笑)
ま、最後、ソウシンのみんなが屋上にいるファイヤーを見つめていたので、
ちょっとずつ認めてきている・・って感じかな?

ファイヤーと関わることで、面々が変わっていくんでしょうか・・
そして、最終回には、ファイヤーの希望通り、みんなでダンス!・・・できるのかなぁ・・(笑)

それにしても・・・ファイヤー・・・達筆♪
あの文字は、確かに女性を思わせる美しさ・・・
氷室が元妻からの・・って間違えても仕方ないかもね・・・
でも、あたしゃ最初から、「そりゃファイヤーからだと思うよ・・・」って思ってたけどね。(笑)

で、桃子は、氷室にだけは「ダンスで釣ってきた」ってことを話しましたね。
もう、一人で処理するのは無理だってことか?(笑)
いつまで後藤を騙せるのかねぇ・・・?

今回の後藤の「あだ名」の被害者は・・・漆原でした。
ラクダ顔ねぇ・・・納得。(笑)
ロバ・・・ラマ・・・うん、どれも良い。


  ◇  ◇   「診断の天才登場」   初回69分SP  2010.07.18.                    

医療の部分は「Dr.HOUSE」だなぁ・・って思うけど、
そこにヒガシの突出しすぎるキャラをくっつけたため、「パクリ」って感じはしませんでした。(笑)
ってか、すごい・・・
ジャニって部分を全面的に利用してる・・・(笑)
ジャニの許容範囲、結構広がってきた気がするなぁ・・・。

飛行機の中ですごい診断をする「自称ダンサー」の医師を見つけた、お菊人形・・・
ちゃう、ちゃう!(笑)
研修医の桃子・・・
ってか、多部ちゃんに対する呼称がひどすぎやしないか?
「奥二重ちゃん」だの「日本人形」だの、「目腫れてる」だの・・・
しまいにゃ「殴られたの??」だと!ひどすぎるーっ!
でも、ゴメン!笑えた!!(笑)

一億円で再デビューさせてもらえる・・・って信じて日本に帰国してきた後藤は、
騙されたと知りガッカリ・・で、ある患者の診断をしてほしくて、桃子が後藤をバイトで雇ったのさ!
そして・・・ALSと診断された患者の真の病気を追及していくわけだけど・・・
このままでは死を待つだけ・・って言われたほうは、
藁にもすがりたい気持ちだろうよ・・・(汗)
そんな、すがった藁どもが・・何とも頼りない「総合診療科」の面々・・・
掃き溜め状態です。(汗)


そこにやってきた後藤の存在で、最終的に病名発覚・・
よかった、治る病気で・・
辞職寸前だった氷室も、助かりましたよ、いろんな面でね・・

そして、「アメリカに帰る!」という後藤を必死で止めようとする桃子・・
「あの人、元ZOO」ですよ!と氷室を指さし・・・
おいおい、んなわけないやーん!
と言いつつ、結構笑えましたよ。(笑)
そうなのか・・・とすっかり真に受けた後藤は、ここで仲間を作って再デビュー!と考えた・・かどうかは知らんけど、
とりあえず残ってくれそうです。

そして・・この後藤の正体は・・・
アメリカでも名だたる総合診療=GMの権威らしい!
そんな大先生が、こんな病院で・・・(汗)

ま、どんな患者をどんな風に診断していくかも楽しめそうだけど、
個性的な面々も、後藤のキャラも、結構楽しめそうです。
勘違い氷室も素敵だしね♪
ただ・・・きっと、八嶋さんは、みんなと一緒にバカやりたいだろうなぁ・・・って、気の毒に思えちゃいました。(笑)



★ STORY ★ 患者の訴えを聞き、病歴や症状だけでなく、家庭や職場の環境などから病因を探る「総合診療科」を舞台にした医療ミステリー。
★ 期待度 ★ 何か考え事をすると踊りだすドクターって・・・・どんな設定やねん!(笑) ミステリーって言われましても、その段階で「コメディ」っぽいんだが?(笑)