GOLD
 木曜10時〜 フジテレビ    
 脚本・・・野島伸司   演出・・・・河毛俊作ほか   P・・・東康之 
 主題歌・・・ 「Wildflower」 Superfly
商品の詳細 主題歌
Wildflower & Cover Songs;Complete Best 'TRACK 3'(初回限定盤)
サウンドトラック
商品の詳細
◆ 出演者 ◆ 早乙女悠里
新倉リカ
早乙女修一
早乙女洸
早乙女廉
早乙女晶
早乙女朋
丹羽聖子
宇津木洋介
保坂次郎
相馬幸恵
明石辰也
早乙女惣一
蓮見丈治













天海祐希
長澤まさみ
水上剣星
松坂桃李
矢野聖人
武井咲
大江駿輔
エド・はるみ
綾瀬剛
志賀廣太郎
賀来千香子
寺島進
夏八木勲
反町隆史








… …
… … …
ジム&エステ「YSコーポレーション」経営者 42歳
悠里の秘書 24歳
悠里の亡き兄 享年22
悠里の長男 水泳選手 20歳
悠里の二男 陸上選手 18歳
悠里の長女 高飛び込み選手 17歳
悠里の三男 病弱 10歳
クレーム主婦
カメラマン
運転手
エステ責任者 40歳
悠里の夫 レスリング五輪金メダリスト 44歳
悠里の父
ジムの総責任者 元水泳選手 38歳
◆ レビュー ◆
  ◇ FINAL ◇  「最終回…死なないで 母と子の号泣の結末」  最終回  2010.09.16.          

こ・こ・これは・・・・
終わったぞ、これで??
何が言いたかったんだ・・・
家族・・・ってこと?
とにかく、お口あんぐり・・・な最終回でした。(汗)

洸を取り戻すために、廉に一芝居うたせた・・ってことか?
何も知らない丈治や明石も、あたふたとしただけ・・ってことか?
で、洸は日本新記録をとって、復活っ!ってことらしい・・・
へぇ・・そうでっか・・・
それにしても、スーパースローのカメラ映像・・・長いよ・・・
それに、アンタら、くっちゃべってる間に47秒なんて、過ぎてしまってたんちゃうんかい??(滝汗)


洸が元に戻り、晶もシールタトゥーだったらしく戻ってきて、
オマケに明石まで戻ってきましたよ。
人騒がせな女だねぇ、晶!
母が病気の廉を使ってまで洸を・・・と追い詰められてるとわかったときに、
私はシールタトゥーでした・・って明かせよ。

アンタの行動も母を追い詰めたんだからね!

悠里にとっては、全員子どもが無事に戻ってきて、旦那まで戻ってきたんだもん、大団円でしょうな。
なんやかんやでリカも戻ってきたし。
しかし、見てるこっちは、なんか、おかしな気分ですよ・・
モヤモヤ・・・でもない、
ただただ、唖然・・・としたまま終わった・・って感じ??

丈治が聖子に刺され・・・ってのも、必要だったの?
家族が団結するためには必要な過程だったわけ?
丈治も家族よ、輸血したもん!っていう、古臭いオチ??
なんだぞれ・・・
それに、丈治の子ども時代が朋にそっくりって、何か意味があるの??
小さいころの丈治の姿を「朋」の姿ってことに悠里がしてただけか・・・?
チビ丈治と朋が丈治の体に吸い込まれ、丈治復活・・・って・・
なんでそんなオカルトちっくな流れに・・・・(汗)

はぁ・・なんか、何だったんだろ、このドラマ。
この悠里って女に共感できる部分がなさすぎて、
そんな本(↑)出して、売れるのか?と言いたい。(笑)

いやぁ・・期待したのになぁ・・
野島伸司脚本だってことで、どうなるんだろ?って期待したのになぁ・・・
はぁ・・・なんだかねぇ・・・


  ◇  ◇  「誰か助けて!もう限界よ…哀しき母の最後の叫び」  2010.09.09.             

えぇ〜!
ってことは、やっぱり廉の命を賭けて、洸の目を覚まさせようって話??
それが悠里の賭け?
ひどーいっ!

廉はそれをわかっててやってるのね・・・
いや、そんな期待以上の結果を出そうって思ってたのね・・・
ひどすぎる・・・
洸が戻ってきて、「オレの役目は終わりだ・・」って廉は割り切れるのか?
そんなので家族の絆が深まるのか?
なんだそれーっ!

だいいち、洸の足は仮病??
あんな大げさなギプスまでしてたくせに・・・

それとも、廉のときのように、洸の怪我がたいしたことないって悠里は知ってて賭けに出たってことか?
幸運の娘さんから絵文字報告を受けつつ??
それにさ、決勝にいきなり・・ってあり?
シード権とかあるわけ?
ってか、入場の時点で来てなかったら失格とかないのか?
よーわからんけど、違和感があるなぁ・・・

廉を止めないなら離婚!と明石が去り、
そんな社長にはついていけない!とリカが去り・・
孤独を感じてるときに廉が倒れ、もうダメーっ!と叫んでおりましたが、
結果良ければすべて良しってか?
うーむ・・・
これで洸は好成績を出せるんですかな。
どーでもいいや!(笑)
いや、タイトルが「GOLD」なんで、金メダルを取れるかどうか、気にすべき??

丹羽聖子さん、すっかりその気で丈治にせまってました!
断られ恥かかされただけでなく、母親として失格と言われたようなもの・・・
くっそー・・と丈治を刺すのか?
それとも、丈治が好きな悠里が憎くて悠里を刺すのか?
最後の危機は丈治にやってくるようですが・・・

なんか、そんなに気にならない最終回になっちまいました。(汗)


  ◇  ◇  「息子の命と引換えに悲しき母最後の賭け」  2010.09.02.                 

命にかかわることなんでしょ?
早く言わんかいっ!!と、ずっとイライラ・・・とさせられましたよ!!

どーしよーもねぇ夫はしゃーないにしても、
リカは言わないと・・って思ってから言うまでは長すぎる!!
その間に廉に何かあったら、どないすんねん!って話っすよ!!

で、ようやく、丈治に知らせたリカ・・・
丈治も病気を確認し、悠里に話すと・・
「知ってたわ、でも、他に誰がいるの?別に強制したわけじゃない、廉が決めたことよ・・」ときた。
恐ろしい・・・
母に愛されたい、嫌われたくない・・って子どもの気持ちを利用し、
命をかけさせるなんて・・・

「あなたしかいない」って最終手段を、母親が子供に使う場面は、そりゃあるかもしれない。
でも、命をかけさせていいのか??
そんなの、「宿命」なんて言葉でキレイ事にしないでよ!!って思えて仕方ないわ。

GOLDにとり憑かれてる・・・あなたしか悠里を止められない・・・愛してるんですよ、まだ・・と丈治は明石に言う・・
悠里は、「今、大きな賭けをしている・・失敗したら、私たちはバラバラになってしまう・・・」と言う。
その賭けは、廉の命をかけるほどのモノなんですか?
廉が命がけでやってるってことが、晶や洸を刺激して・・ってことを期待してるんですか?
不甲斐ない明石の目を覚まさせようとでも?
壊れかけた家族を、また結びつけるために廉の命をかけるの?
何もかもわかってて、命をかける廉が、可哀想です。

こんな家に生まれてきた子どもたち・・・
可哀想に思えてきちゃったよ・・・(涙)

さかのぼれば、早乙女に縛られている悠里も可哀想なのかもしれないけど、
でも、ようやく気づき、目覚めるのでしょうか・・?
廉の命の灯火が消えかけて初めて・・・?

怪我しちゃった洸の復活が間に合うのか・・・ってことで、
刺青を消しさえすれば問題ない、晶が復活してくる・・・って流れになるのかね?

こんな流れでリカと悠里のオチャラケを見たいとは思いませんが、
それもなくなってしまった今、結構見てるのつらいっすな、このドラマ・・・(滝汗)
お母さんの登場や退場も、それほど意味があったとも思えないしなぁ・・・
あと、丹羽聖子・・・ひきこもり解消息子にたきつけられて丈治への思いがつのってしまってますけど・・
どんなオチになるのかね?(笑)


  ◇  ◇  「母親失格−サヨナラ子供たち」  2010.08.26.                      

朋くんのこと、「ごっこ」だったと片付けられた。(笑)
意外にアッサリなのね・・・

さて、今回は三人の子供にそれぞれの動きが・・・

まずは晶。
宇津木がいなくなったのは悠里のせいだと決めつけ・・
そこで丈治が「あいつが金を要求してきたから」ってウソを・・
そのせいで、晶、宇津木を探しに行って、危うくレイプされるとこでしたよ!!
ってか、家までのこのこついていくなよぉ・・って感じだけどね。
会いたい・・・その思いが歪んだ結果に・・・
なんと、肩に宇津木と同じ刺青を入れちゃったのさ!!
激怒の悠里、バッチバチにビンタっすよ・・・
反省してないし、心を失った子に、そのビンタが愛情として伝わるかどうか・・疑問ですが。(汗)

どうやら、刺青があるとオリンピック選考にエントリーもできないようで、
これで晶への夢は潰えた・・ってわけかな?

一番の期待の星、洸は・・・というと、
沙織って女の言葉を真に受け、自らバイクに飛び込んだ!
見事、大けがにはならずに済む程度の怪我でしたけど・・
「あたし、そんなこと言ってない!」と沙織がとぼけやがりまして、
ますます追い詰められていく洸・・
こういう、いい子ちゃん。。っていうか、期待を背負ってきた子って、
挫折すると復活するの、大変そうだよねぇ〜!

でも、「もらっていいの??」ってウキウキの「幸運の娘」である沙織の妹・麻衣子・・・
この子が洸に幸運をもたらす・・・か??(汗)

二人の子供に裏切られた悠里・・・
落ち込みまくりだけど、リカの「メルヘン作戦」で復活!
そして最終兵器を使用・・・
「依怙贔屓」という名の・・・
「私には、あなたしかいない・・」と、廉に告げてました・・
ダメだよ、心臓が悪いのに!!
「そういう風に言われるの待ってたんです・・・」と応える廉・・・
命がけで母の期待にこたえようとでも??
ダメだよぉ〜!
まさか、悠里、廉の病気を知ってでもやらせる気じゃないでしょうね?
そうどとすると、本当に母親失格よ!!!


母親失格と言えば・・・その言葉を悠里に投げかけた、悠里の母・真理恵(倍賞美津子)。
いきなりの登場ですなぁ・・
厳しすぎる母に対し、安らぎの場となる役目は父・辰也だけで十分かと思ったけど、
ここにきて「早乙女教育」に反発する人が登場してきたのね・・。
洸はこのママのところに、晶は丈治のところに・・ってことになったわけだけど・・

なんだか、混沌としてきましたなぁ・・
そんな中、丈治の「聖子の息子大改良作戦」は、どう結びついてくるのか・・?
荒療治が成功して、聖子の息子を部屋から引っ張り出せたけど、
このことで聖子はすっかり丈治を好きになっちゃってるっぽい・・?
その思いが歪んだ方向へ走らないといいけど・・・(滝汗)

  ◇  ◇  「号泣!最愛のわが子を失う母親」  2010.08.19.                      

やっぱりね・・・
冒頭から「想いが見える」とリカが言い出したので、
これで朋くん、亡霊決定!と思ってたら・・・ネタバレまで今回中にやっちゃうとは・・・
驚いたわ。
そして、「早乙女母子の絆」・・・崩壊しはじめましたな・・・・(涙


宇津木が修一の息子だと知った悠里。
改ざんした理由を、丈治は「修一を汚したくないから・・」って言うのよね。
悠里も、その言葉にはグラリ・・・・
そのころ、晶にコンプレックスを感じていた宇津木は、晶に暴力を・・・
いくらカチンときたからって、暴力振るうような男、最低だわよ!!
宇津木自身も、晶のそばでは自分はまたそうなってしまうかも・・・って自覚があったようで、
自ら去って行きました・・・
しかし、晶にしてみたら、体の関係まで進んだってのに、
何も言わずに去られたんじゃ納得いかんよね?
予告で「野島さんお得意のレイプ」っぽい流れになってそうだけど・・・
どうなっちゃうんだろ・・・(涙)


そしてもう一人、洸・・・
悠里は宝石商の神代(名高達男)の二人の娘を洸を自然な見合いって形で会わせるんだけど、
洸は姉妹の姉・沙織(佐藤めぐみ)を気に入った様子・・?
でも、神代にとっての「幸運の娘」は、妹の麻衣子(南沢奈央)のようで・・
こっちを選ばなかった洸には、運がない・・ってことか??(汗)


悠里は、神代の紹介で「力」を持ってる主婦(宮崎美子)に会いいくも、
あまりにも普通のオバハンだし、胡散臭い・・ってんで早々に退散しようとしたら・・・
「きっと、うまくいく、あなたには運があるもの!」と言いつつ、
「子どもを一人失う・・」って言われてしまうのよね。

その子供とは・・・?
宇津木を失い、レイプされちゃいそうな晶・・?
心臓に病を抱えた廉・・・?
「自分の値打ちを下げる必要ない、オリンピックにでなきゃいい・・」と沙織に言われて
そのことで揺らいでる洸・・・?
なんか事故にあってたっぽいけど・・?
三人とも、かなりヤバイ状態ですぞ!!

それとも・・・「すでに失ってる」朋のことか・・?
そう、朋なんて子は、生まれてすらいなかったのね・・・。
浮気三昧の辰也の愛人ともみ合いになり、流産してしまったんだ・・
「オレを許さないはず・・」って言ってたのは、このことだったんだ・・・
生まれてこなかった「男の子」・・・それが朋だったのね・・。
リカは、そのことを静かに悠里に告げる・・・
わかってる・・・という悠里・・・
それでも、必要な存在だったんだろうね・・・。
朋がいないということを認識してしまった悠里、バランスが崩れてしまうんじゃないのか・・?(汗)

全然気にならないけど、一体どんな展開になるんじゃ?ってのが、
丹羽聖子の息子に会ってみようか?と言いだした丈治・・・
悠里にためにならないと、聖子を遠ざけた罪悪感のためですか?
そこは踏み込みすぎじゃ??(汗)
そんなことやるより、今よりちょっといい仕事を紹介して悠里から引き離せばいいんじゃね?

よくわからんわ・・・・(滝汗)


  ◇  ◇  「DNA鑑定の結果は?娘を狙う男の真実」  2010.08.12.                   

宇津木のDNA検査の結果と、
運転手の保坂さんの話と・・・
なんか、全然繋がりもないまま、いきなり慰問・・・とか言われましても・・って感じで、
ちょっとはてな・・?って感じだったけど・・・
個人的に、今回の悠里の演説には頷ける部分があったので、ヨシとするか・・・(笑)

保坂さん・・そんな過去があったのねぇ・・
寡黙な男だとは思ってたけど、まさか・・・
しかし、危険を冒してやったことで、保坂さんの凍った心が溶けたのだと思うと、
よかった、よかった・・って気もしますな。

で、宇津木のDNA検査の結果だけど・・
どうやら本当に修一の息子だったらしい。
でも、父である惣一がもみ消してましたね!
ま、次回は悠里にバレるみたいだけど・・
このお父さんさ、本当に優秀な遺伝子以外は目に入らないんだね!
じゃ、廉が心臓に病を抱えてると知ったら・・
最初に見限るのはこの人かもしれないなぁ・・
実際、修一も、自殺してしまう弱さを持ってたってことで、失望して切り捨ててる感じだし!
こんな父親・・・ヤダなぁ・・(汗)

悠里は、「従兄妹じゃない」ってことで、宇津木と晶の交際を認めてましたね。
「かせ」がなくなった以上、続かないって思ってるのかもしれないけど・・
おっとっと、ヤバい展開になってますよ?
別に、法律的に従兄妹の結婚が違法であるわけではないので、そういう面ではかまわないんだけど・・
なんか、ダメーっ!って言いたくなるのはどうしてだろ?(笑)
晶ちゃんが汚される印象が・・・(汗)

やっぱ、あの宇津木くんの髪型がアカンのやわ!(笑)

予告で、子どもを一人失う・・とか言われてましたけど・・
それは心臓病を抱えた廉・・?
それとも、すでに「幽霊疑惑」を抱えている朋・・・?
宇津木との恋に落ちた晶・・・?
まさか、一番信頼している洸・・・?
とにかく、なんだかんだで目が離せなくなってる・・・そんな状態ですな。

それにしても・・・すんごい長ゼリフでしたね・・
それに感情乗っけて話せる姐さん・・・さすがっす。


  ◇  ◇  「真夏のプールサイド−母は長男を抱いた」  2010.08.05.                   

兄の自殺のこと、知ってたのか・・
それは、子供たちにとっては大事なことだよね。
金メダル目指して頑張ってた修一伯父さんが、そのせいで自殺したんだとしたら・・
そんなに追い詰められるようなこと、知ってて子どもにもさせてたのか・・?ってことだもんね。

悠里は、そんなはずない!知らなかった!と言い張った・・・
しかし、本当は知ってた・・・だって、死ぬ前の日、くじけた兄を慰めていたのが悠里だったんだもん・・
兄の張りつめた糸を切ったのは自分だってこと、認めたくなくて、
兄が自殺したってことから目をそらして生きてきた・・ってわけか・・。
そのことを認識した悠里は・・・
兄と同じく水泳の道に進んだ長男・洸に、「自殺なんてこと知らなかった」とウソをついた・・。
本当のことを言ってもいいことはない・・・ってことだろうけどね。
だけど・・・・兄の死が自殺だったと認識しても、まだ子供に同じことを強いるんだね。
なんか、悲しくなっちゃったよ・・・

そこまでして金メダルがほしいのか・・・?
ここで甘えさせるようなことを言ったら、洸も兄と同じようになるとでも・・?
まだそこまで達してないから、同じ結果にはならないと思うけど・・?
ま、悠里の生きてる意味そのもの・・・だろうからね、金メダル・・。(涙)

そして、修一の息子だと言い張る宇津木・・・
DNA鑑定しろって言いだしたよ。
そこまでして早乙女の血を証明して、一体何をしたいんだろ・・・?
よくわからんわ、まだ。


悠里は、クレーマーだった主婦・聖子と電話で親しくなっていき・・
丈治はそれを心配してやめさせようとするんだけど・・
悠里にとっては、「主婦で、仕事してて、子供がいて、夫と離婚」という自分とよく似た境遇の聖子に親近感を感じていて、
会わないか・・って言いだすのよ。
最初は拒否していた聖子も、弱ったところを見せてくれた悠里に会おうと決めて出かけようとしたら・・
ひきこもり息子に文句言われて、
慌てて家を飛び出し、階段から落ちて病院に運ばれてしまった・・
待ちぼうけの悠里・・・
せっかく繋がりかけた聖子と悠里の糸・・
事故だったんだけどね・・
悠里は悠里で、信じた私がバカだった・・って思っただろうけど、
聖子は、言付けすら残さなかった悠里に対して怒りを感じてるっぽい・・・?
本当に危機的人物になっちまうかも??


ほぼ確定・・って気がしてきた、朋の存在・・
あの、リカをいざなうような行動!
やっぱ、朋って存在しないんじゃないの・・?(汗)
いや、ここまでわかりやすくなってくると、実はやっぱり存在してるのか・・?(笑)

次回は刑務所慰問ですか?
いろいろやってますのぉ、悠里さん・・・
今回の女性の前での講演には、ちょっと頷けましたね。
女が強くなりすぎて男が弱くなってるって、思うもん、実際。
男なんて、頼ってあげりゃ「オレが守らなくちゃ!」って自然に思うもんです。(笑)
夫も隣で、極論だけどその通りかもしれんな・・って言ってますし。(爆)

それにしても・・・
丈治の存在・・薄すぎだなぁ・・・
いてもいなくても、いい気がする・・・(汗)


  ◇  ◇  「焼かれた人形−子を亡くした全ての母へ」  2010.07.29.                   

子どもたちに金メダルを!!と言ってるわりに、廉に対しては冷たくないか・・?
「もう陸上やめる!」って言って父親のところに逃げ出した二男にたいして、放任すぎやしないか・・?

ちょっと調べれば、廉が抱えてる問題に気づくだろうに・・
なんか、ちょっと納得いかんし、
「もう、喜ぶ顔が見られない・・不良品って言われたくない・・」って泣いてる姿は可哀想でしたよ・・・
・・・ま、野島作品なんで、まだ何があるかわかりませんけども。(汗)

さて、今回は、存在してたはずだけど、今までほとんど出てこなかった相馬さんの話・・・
いきなりすぎて、で、そのまま退場しちゃうもんだから、
ちょっと唐突過ぎる気がしなくもないけど・・・

それに、「兄の自殺」を知っていたからこそ、相馬が子を失った後自殺しちゃうのでは・・って心配したって流れなら
この話をもってきた「繋がり」が理解できるんだけど、
どうやら予告を見る限り、悠里は兄の死が自殺だとは知らなかった様子・・
うーん・・やっぱり、唐突な気がするね、この話は・・・

それでも、相馬さんの事件はちょっと泣けたなぁ・・
悩みが多すぎて、ストレス発散しないとやってられなくて、パチンコいって、子どもを車の中で死なせてしまった・・
よく聞く話で、「ったく、どんな親やねん!」って毎度思ってるのも事実・・
でも、そのあとの苦しみを目の当たりにして、放っておいてはいけないと思った悠里の気持ち・・
相馬を救ったことに間違いないでしょう・・
そして、もう、大丈夫だ・・・ってことで、相馬は去っていくわけだけど・・・
それにしても、あの「焼けた人形」・・・ひどすぎるね。
陰湿っすよ。
犯人はわからずじまいですが、最低ですな。
本気でゾッとしちゃったわよ!
・・・7時台におぞましい動画の番組を見ていたので、余計にゾゾッとしちゃったわよ。(滝汗)

さて、付き合いを認めてくれなきゃ、飛び込み辞めると言いだした晶を、
そんなことと天秤にかけるなんて・・と受け入れ拒否した悠里。
で、宇津木は晶を自分の家に泊まらせているようですが・・・
悠里は単なるカネ目当てとか、そんなものではない何かを感じていたようで・・・
それは当たってました。
なんと!
宇津木は、死んだ修一の息子・・・晶にとっては従兄にあたるらしいのさ!

ここにきて、修一の秘密が二つも明らかに・・
自殺だったことと、息子がいたらしいこと・・・
ブラコンである悠里には、どっちも衝撃だろうなぁ〜!
で、じゃ、母親は誰やねん?ってことになるけど・・それはまた、後々・・・ですね。

でも・・こんな話の展開になっちゃって、「金メダル目指して・・」って話は、遠くに追いやられちゃってますな。(笑)
そして・・・去りゆく相馬のそばにいた子どもの姿を見たリカ・・・
こうなると・・・やっぱり、三男くんは・・・って疑いが強くなってきますなぁ・・

今回、いいなぁ・・って思ったのは、長男の洸です。
頼りになるねぇ、長男くん!かっこいいですわ!


  ◇  ◇  「涙…母と娘の決別!娘に男の影、そして俺と同じ孤児達へ!丈治の熱き叫び」  2010.07.22. 

今回もリカと悠里の掛け合いは面白かったけど・・・
ちょっと説教臭い部分が多くて、辟易しちゃったのも事実・・・(汗)
野島伸司作品だから仕方ないんだけどね・・・

でもさ、悠里の兄ちゃんも残酷なこと言うよねぇ〜!
「気持ちは伝えず、一生友達として悠里のそばにいてやってくれ・・・」だとさ。
で、その呪縛にとらわれて今まで生きてきちゃって、晶のことがあって、ついつい言っちゃった・・・みたいな?
でも、孤児だからって我慢しなくてもいい・・・ってな感じで自己解決しちゃったようで・・・
とりあえず、この二人の関係は修復・・ってことかな?

いやいや、丈治の発言のせいで、晶に魔の手が!!
あの宇津木っていうカメラマン・・・
「Mother」のときの虐待男だよね?
もぉ・・・佇まいからして気持ち悪いんだよっ!
可愛い晶ちゃんに触れないでってなもんです!(笑)
さすがに危機を感じた悠里が宇津木にくぎを刺すも・・・
どうやら時すでに遅し・・・?
晶の心は宇津木にハマっちゃってる模様・・・
それに、「ダメ」と言われりゃ余計に突っ走りたくなる・・・それが思春期ナリ!

宇津木が何か企んでる感じなので、とっても心配です・・・(涙)

今回、やっぱりか・・・?と思ったこと・・・
どうして両親はこんな風になったのか?と廉に聞かれた辰也・・・
オレを許さないよ、お前も、洸も晶も・・・って言ってたよね?
どうしてそこに朋の名前がない??
やっぱり、朋って・・・存在してないんじゃないの??
全然からんでこないし・・・
これからも要チェックだわ!!


  ◇  ◇   「女の子の育て方」   2010.07.15.                                

こ・これは・・・・
一話と同じドラマか?っつーくらい、印象が変わってしまいましたよね?
リカと悠里の掛け合いの多いこと!(笑)

ま、私は楽しんで拝見しましたけどね。
「舌ったらずな口で!」とか「逆なでする甘ったるい声で」とか、
「長澤まさみとは!」ってのを見事に表現してくれてまして!(笑)
いやぁ・・・そこまで言ってくれてありがとう!!

しかし・・・悠里さんよ・・
まさか、リカちゃん好きだから、「リカ」ちゃんを雇ったのかい??
そして、その甘ったるい声で「お友達♪」って言ってもらいたくて雇ったのか??(笑)

さて、洸の元カノ・椎名涼子(波瑠)が「妊娠した」と言ってきて大問題か?と思ったら・・
早乙女家の大事な血が・・・とお喜びの悠里。
なんじゃ、そりゃ!と思ったけど、その返事に対する涼子の態度から、ウソだと見抜いて丈治にに調べさせたら・・
やっぱりウソで・・
しかも、リストラされてしまった父親の入れ知恵でこんなことをしてるんだってことまで推理・・
そして、慰謝料を要求してきた父親の前で大芝居をぶっこく!という展開に・・・

スポーツを愛する人間は自分や身内さえよければいいって考えじゃダメなのよ!という信念のもと、
自分たち家族だけが「ウソで助かった」のではなく、
ウソをついた側への救いも施してやったらしいっす。
まぁね、理屈はどーでもいいけど、結果良ければすべてヨシか?(笑)

さて・・・次なる問題。
晶です。
丈治は、自分に想いを寄せている晶に、「お母さんにプロポーズした、お前が生まれる前から愛してた」って言うのよ。
あのさぁ・・まっすぐなのはわかるけど・・・
今、それ、言わなくちゃいけないかなぁ・・?
別にさ、「バッカだなぁ・・」て軽く流しておいて、モチベーションを保ってたほうがいいんじゃない?

ほれみー、チャラいカメラマンと遊びに出掛けちゃったじゃん!!
スランプ気味の長男、心臓がどうかしてるらしい二男、病弱な三男・・
頼みの長女の存在だってのにぃ〜!
なーんか、この丈治って男、なんでいるの・・?って気がしてきてしまうわ・・。(汗)

気になるのは・・・三男くんですよ。
いくら病弱とはいえ、食卓に一緒に座ってもいいだろうに・・・?
なんかねぇ・・・存在が薄すぎて気になるんだよねぇ・・・
それと、二男の病気・・
もし本当なら、一人で抱え込む問題じゃないと思うんだけど・・・(涙)


  ◇  ◇   「女社長、愛と涙のスパルタ天才教育法!」   初回69分SP  2010.07.08.        

うーん・・・
何て言ったらいいんだろう・・・
もうちょっと「楽しい」ドラマを予想していたからか、複雑な心境です・・・(汗)

独特の子育て論・・かもしれないけど、
「友達みたいな親でいいのか?」ってのは結構共感しちゃいますね。
やっぱ、親は尊敬できる存在だってこと、小さいころから教えておかないとダメっすよ。
で、そんな悠里に敵意むき出しの主婦・聖子・・・
だからってさ、自分の子がひきこもってDVするからって、その恨みを悠里に向けるなんざ、おかしい!
・・・でも、やるせない思いを誰かにぶつけたい気持ちはわからんでもないけどね・・・

さて、悠里のは4人の子が・・
父親の惣一が息子・修一に金メダルを取らせようとしていて、
是非金メダルをとって、その父の思いを完結させようとしていたのに死んでしまった・・
その思いを引き継いだ悠里は、DNAの意味で元金メダリストの辰也と結婚し4人の子をもうけ、
子どもたちに金メダルをとらせようと英才教育を施していた・・・わけだけど・・
そんな親の想い、押し付けられちゃうのは子供にとってはたまらんかもなぁ・・・(汗)
でも、それぞれにキャラがあって、なかなかいいですね。

長男の責任を感じつつ、親の言うことをきく、いい子ちゃんだけど・・・
彼女と別れたり・・・と悩みは多そうですな。
次回は、その彼女が妊娠??
いい子の長男だっただけに、この問題は悠里としてはショックかもなぁ・・・

二男は今時のチャラい部分もあり、新米秘書をからかったり・・と。
そして、陸上をやめるといきなり言いだし悠里に「だったら出ていけ!」って言われてました。
そんな子どもたちの逃げ場となってる父・辰也・・
どうしようもない男・・と言いつつ別れないのは、
子どもたちにとって必要な存在ってわかってるからなんだろうね。

そこに愛はあるのか・・・は、わかりませんけども。

長女の晶は高飛び込みで今のところ問題なさそうだけど・・
この子のモチベーションはどうやら丈治らしいね。
親ほどに年の離れた丈治のことが好きみたい!
それを知ってる悠里・・
それで成績が伸びるなら・・・と黙認するわけか?
丈治は悠里を口説いてるってのに・・・・
罪な女だ!!

三男の朋は・・・病弱で、悠里はほかの子供たちとは全然違う過保護状態ですね。
実はこの子の存在は悠里にとってかなり大きいんじゃないでしょうか。
本当は、そんな風に子どもと接したかったのかもしれないしなぁ・・・

そんな悠里の新米秘書のリカ。
家族だけを描くより、こういう第三者が入り込んで・・っていうほうがまとまりはあると思いますね。
甘ったるい話し方のまさみちゃんだけど、「しっかりしてる」ってところも出てきてたので、
ま、安心した・・かな?(笑)
この子の存在が悠里に影響・・・与えられるかな・・?(汗)

丈治は、悠里のそばにずっといる「同志」みたいなもんだろうね、悠里にとっては・・
ただ、丈治はそういう感情だけではないわけで・・・
この感情が今後どう話を動かして行くのかな?

盛りだくさんに詰め込まれた感じの初回でしたね。
想像してたよりは重たい内容だったような気がするので、期待してたのとはちょっと違うかな・・・・?
ただ、そうはいっても「野島伸司脚本」ですから!
今後何があるか、わからないぞぉ・・・?とうっすら期待しつつ・・・

もうちょっと様子見ましょうかね・・・



★ STORY ★ 天海演じる巨大スポーツジム&エステを経営するカリスマ美容家の早乙女悠里が、4人の子供を通じて家族、教育に向き合うホームドラマ。
★ 期待度 ★ 野島さんのファミリーものと言えば「ひとつ屋根の下」ですが・・・それくらいの名作になるといいですね!とにかく、あたしゃ、天海姐さんってだけで絶対見ますけども!(笑)