ギルティ 悪魔と契約した女
 火曜10時〜 フジテレビ    
 脚本・・・大久保ともみほか  演出・・・・小林義則ほか  P・・・吉條英希ほか
 主題歌・・・ 「この夜を止めてよ」 JUJU 
主題歌
この夜を止めてよ
JUJU
サウンドトラック
ギルティ 悪魔と契約した女 オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
ギルティ 悪魔と契約した女 DVD-BOX
◆ 出演者 ◆ 野上芽衣子
真島拓朗
榎本万里
鶴見真人
三輪周平
宇喜田元
堂島基一






菅野美穂
玉木宏
吉瀬美智子
水上剣星
モロ師岡
吉田鋼太郎
唐沢寿明






白金のペットサロンで働くトリマー
捜査一課刑事 キャリア組
捜査一課女刑事 真島の元カノ
バーテンダー
捜査一課刑事 失踪中
捜査一課理事官
三流ジャーナリスト
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「永遠に愛してる…」   最終回   2010.12.21.                       

最終回のあらすじをダラダラと書けば、かなりの長さになりそうですが。。。
やめときます。
まさか、ペットサロンの店長が関係してたとは・・
単に心やさしい人だった・・ってわけじゃないんだ。
罪悪感から芽衣子の面倒を見てた・・ってわけね。
いやぁ・・・変なオチ。(笑)
ここにきて、それ、必要?
三沢準がフツーにイカレた野郎で、無差別殺人やってみたかった・・でよかったんじゃない?
いきなりそんなこと言われても・・って感じっすよ。

ま、怪しい雰囲気は醸し出してらっしゃいましたけど・・(笑)

で、その三沢準の最期・・・怖いねぇ・・・
あそこで溺死か・・・
はぁ・・恐ろしい。

最後は自ら青酸カリを飲んで死んだ芽衣子。
その芽衣子にキスをして、ガクリ・・と首を垂れる真島・・・
二人して死んだ・・・ってことかな?
どよよーん・・・なバッドエンドですな。(汗)


  総評  
初回のインパクトはすごくて、これはこれは・・・と惹きつけられて最後まで見ましたけど・・・
恋愛話がからむと、復讐劇ってのはとたんにつまらなくなりますな。
それすらも利用する・・・とか、そんな感じなら面白いかもしれないけど、
なんか、最後までこの恋愛のくだりがジャマで、
最後はそれで終わっちゃったもんだから、なおさら・・・って感じ?
ふぅ・・・
来期もなんだか同じ感じの匂いがしますけど・・面白くなるかなぁ・・・?



  ◇  ◇   「遂に登場 黒幕の素顔」    2010.12.14.                           

なんか・・・ダラけてるな、全体的に。
時間を引き延ばしてる感じがするし・・・

一番盛り上がるラス前のはずなのに、緊張と緩和の使い方、間違ってるわい。(汗)

だいたいね、あんなみんなで必死こいて探してる男と芽衣子が接触するってのに、
万里だけついてくってどうよ?
そこはみんなで捕まえにいかんでどうする。


宇喜田や三沢準との電話で、警視庁に宇喜田をおびき寄せ・・ってっ芽衣子が考えるんだけど、
普通、騙されるか、あそこで?
真島も万里も、もちろん宇喜田も!
メモリを渡せ・・・なんてさ、いくらでもコピーとれるのに、そこだけ奪えばいいと思ってるの?
宇喜田ちゃん、ぬるすぎです。

こやつも焦っとるんかもしれんけど、アカンですよ。

で、「どうして私がに冤罪を?」って宇喜田に聞く芽衣子。
「 お前が生きている価値のない安い人間だったからだよ。
恨むなら、守られる価値のなかった自分を恨め。」という宇喜田。
これはキツイ。
復讐しようって気が萎えるくらいに傷つくわ。(汗)

しかし、芽衣子は内線を記者クラブとつないでまして、全部流していたらしい。
くそーっ!な宇喜田。
マリリンはやっつけたものの、あとからきた真島に腕を撃たれ観念・・・
するかいっ!(笑)
ポッケ!ポッケにマリリンの拳銃!!と、きっと誰もがツッコんだに違いない・・・。(汗)
で、真島を撃とうとした宇喜田を、真島、ッ右とにしとめまして・・・

そりゃ、黒幕とは言わんでも、こいつはめっちゃ悪いやつです。
だからって、死にざまに時間かけすぎ。(笑)
権力に執着した男、手に入れた椅子で死ぬ・・・の図、かもしれんけど、
長いわっ!!

で・・・するーっ・・・といなくなる芽衣子。
示し合わせたように駆け付ける捜査1課の面々と記者たち。
遅いわっ!!
内線番号からどの部屋かわかってるだろうに!とっとと来んかいっ!!

はぁ・・・ツッコミどころ満載で困る回だったわ。(笑)
最終回はそうなりませんように・・・。


  ◇  ◇   「女の執念 黒幕暴く!」    2010.12.07.                           

おれへの復讐、手間がはぶけたろ・・?
なんて・・・悲しすぎるじゃないの・・って泣けてきたのに・・・
エンディングで腰ふってるんだもん、堂島さん!!(笑)

もぉ・・アンタって人は・・・

堂島は一人で黒幕を見つけ出していた・・・
そして、コンタクトをとり、その会話を携帯で芽衣子に聞かせようとしていた・・
なのに、やってきたのは宇喜田・・・
いや、それも堂島の想定内・・・ってことだよね。

堂島が掴んだ真実・・・
黒幕は、三沢代議士(津嘉山正種)と、その息子・三沢準(柏原収史)。
同級生に無差別殺人を指示して遊んでいたという準。
学校に在学していたことから隠蔽し、罪を芽衣子になすりつけた・・ってわけだ。
堂島も、刑事の宇喜田からの情報だったからこそ、記事にしたんだね、当時は・・・
頂点と地獄を経験させられた堂島。
そんな堂島の口をふさぐために、堂島の息子がバイトしている駐車場の近くのビルの屋上に呼び出した宇喜田。
でも、堂島は万里に電話していて、到着を確認後、自ら飛び降りた・・・
宇喜田を自殺教唆で逮捕させるために・・・
それに、自分が死ぬところをちゃんと芽衣子に伝えた・・ってわけよね。

芽衣子が本当に殺人を犯さなくてはいけなかった理由を書いた記事を芽衣子に託し死んだ堂島。
きっとこれは武器になる・・・とメッセージを残して・・・
確かにこれは武器にもなるけどさぁ・・・危険すぎるよねぇ〜!

で、駆け付けた万里に逮捕された宇喜田だけど・・・
車内で刑事を失神させて逃げるみたい!(殺してはいないよね?)
まだまだ終わらんか・・・こいつも・・・

堂島は、「男だったら自分が守るって決めたものは守り通せ!」と言っていた・・
すべて自分が自殺させた・・と告白した芽衣子を、真島は守る・・・と決める・・
もう、復讐なんかやめろ、愛してる・・・と。
ここで主題歌の「愛してるっていうあなたの言葉は、さよならよりも哀しい・・」っていう歌詞が流れてきてさぁ・・
見事ですよね、この場面に一致してて!

ぞくっ!としちゃったわよ・・
なのに、エンディングの堂島ロール・・・(しつこい?(笑))
面白すぎですよ、唐沢さん!


  ◇  ◇   「愛の告白 私は殺人者」    2010.11.30.                           

三輪さんが邪魔者であるように、
溝口も「黒幕」にとっちゃ、いずれ邪魔者になるわけで・・・
きっと死ぬだろうと思ってましたが、やっぱり・・・ですね。
しかし、灯油かぶって、ライターに火がついてる状態でスプレーふっかけるとは・・・
そこで引火するかもよ??ってヒヤヒヤです。(汗)
でもって、倒れ込んだ溝口が燃えちゃったんだけど、
芽衣子ちゃん、そんなにそばにいたら引火しますってば。(汗)
んでもって、ゴーゴーに燃え盛ってるのに逃げもせずに真島と見つめ合うし・・・・
もぉ・・・危機感、まるでナシ。(笑)

で・・そんな二人を見つめる堂島・・・
芽衣子を助けてあげてね・・と言わんばかりに真島に芽衣子の居場所を教えたくせして、
芽衣子が助かったのに、その表情は何だ・・・?
この人、ただの情報提供者ってだけではないのかも・・・よ?って気がしてきた。
実はこいつが・・・とか、んなことはないよね・・・

さて・・芽衣子が追わねばならない「黒幕」ネタはまったく進まず・・・
二人が愛を深めた・・ってだけっすね・・と終わってみれば、そんな感じ。
うーむ・・・
早く進んでくれないかなぁ・・・(汗)


  ◇  ◇   「解ける謎 新たな敵へ」    2010.11.23.                           

やっぱり宇喜田は出世のために捏造して罪を芽衣子になすりつけた・・・
そして、三輪さんもまた、同じく・・・ってわけか。
でも、このことを償うために、芽衣子の罪を全部かぶりつつ、
15年前の事件の犯人を告発する!!と言ってくれたわけですが・・・
やっぱり、予想通り、三輪さんはここで死んじゃいましたねぇ・・
もぉ、「ストロベリーナイト」の犯人役だった林遣都くんに見せてやりたいくらいの、溝口の猟奇さ!(笑)
本気で心から憎たらしくなるわぁ〜!
何度も何度も逃がしてしまってさぁ・・
早くコイツを捕まえないとダメよぉ〜!ってなもんです!!

三輪さんを失い、真島はまた荒れちゃうみたいねぇ・・・
部下を失った時もそうだっただろうに・・・
で、とうとう芽衣子はそんな真島に自分の罪を告白しちゃうのかい??

今まで一人ずつへの復讐劇で、全体のつながりがわかりにくかったけど、
ようやく全部繋がって動き出した・・って感じで、面白くなってきましたね!

まだあと4話あるので、いろいろとありそうだわぁ・・・


  ◇  ◇   「愛と愛…衝撃の対決」    2010.11.16.                           

宇喜田ーっ!!
なんてヤツだ・・・
三輪さんのパソコンいじって、金谷殺害の計画をたててた・・ってことにして三輪さんを容疑者にしたんでしょ!!
でも、こいつが黒幕ってわけじゃないよねぇ・・?
もっと大きなのが後ろにいるんだよね・・・?

んでもって、芽衣子が宇宙人のマスクかぶった男に襲われて!
で、真島が助けたんだけど・・
こいつ、真島の部下を殺したイカレた野郎じゃんか!!
宇喜田の手下・・?
この男を野放しにしたのも宇喜田の仕業・・・?
恐ろしいやつだーっ!

芽衣子も、真島も、この男に殺させるつもりか?
もぉぉぉ〜!!

で、三輪さん、一人で芽衣子の冤罪を晴らそうとしてるみたいね。
宇喜田の目をそらしてくれ・・・って真島に頼んでたけど、
宇喜田がからんでる・・・ってことはわかってるのかね、この人??
でも、きっと思いを遂げる前に殺されちゃうんだろうなぁ、この人・・・そんな気がする・・・(汗)

そして!!
なんと、堂島と芽衣子はつながってた!!
いつからだろう・・・?
あの感じだと最初からみたいだよね。
なるほど、どうして事件関係者の居場所とか一人で調べられたのか?って疑問だったけど、
堂島からの情報だったわけだ・・
で、その見返りとして、芽衣子の犯罪の一部始終を目撃させてもらってたわけだ・・
芽衣子は復讐を遂げれば罪を償うつもりみたいなんで、
その後堂島に記事にされてもいい・・ってわけだ。

でも、真島への思いがジャマをする・・・みたいな感じ??
うーむ・・・
何度も言うが、あんまりこの部分はいらないんだよねぇ、個人的には。(汗)


  ◇  ◇   「真犯人に天罰下る!」    2010.11.09.                           

金谷を追い詰めていく芽衣子・・・
5億をどうするんだ?と思ったら、金谷から金も地位も奪う計画だったんだね。
しかし・・・なんであんなアホそうな金谷が社長なんだ?
社長で居られたのも、黒幕のおかげか・・?

その黒幕について・・
祖母ちゃんの命がかかっても結局しゃべらなかった金谷・・
でも、芽衣子の義兄たちを殺した岡氏に薬を入れたのも薬を盗んだのもオレって白状しちゃいまして、
「コレ、録画しているから・・」って芽衣子に言われ、
コレをネットに流せば、アンタの命は・・・って脅し、自殺に誘導・・・
金谷、死んじゃいましたよ。
ちょーっとあっけない気もしたけどね、
ま、その直前に「ある人物」から「もうかばえない」って感じで言われてたしね、
絶望・・・ってことだろうさ。

意外だったのは、真島が「連続殺人は芽衣子ではなく三輪さんがやってるかも・・」って考えてること。
なるほどね・・
明らかに芽衣子に関係する人物が死んでるってのに、なんで芽衣子を疑わないの?って思ったら、そういうことか・・

実際、金谷の職場の前で三輪さんを見ちゃったしね・・
しかし、三輪さんは何をしてるんだろ?
過去を償うため・・・ってんなら、芽衣子に殺人を犯させちゃいかんのじゃないのか?
黒幕捜ししてるのかなぁ・・
殺されないといいけど・・・

妙に怪しくてうっとーしい、上司の宇喜田・・・
確実に黒幕と関係しているね。
真島のマンションを荒らして、真島がかぎまわってることを確信しやがってましたけど・・
芽衣子の事件にも関係してるのか、コイツ??
警察内部にこんなに加担した人がいるなら、
そりゃ芽衣子がどんなに無実を訴えても無理だっただろうなぁ・・(涙)


さて、次回予告の「マリリーン!」な堂島さんが忘れられなくなりそうですが、(笑)
とうとう芽衣子は真島が刑事だと知っちゃいました。
動きづらくなるよねぇ・・
ってか、自分に近づいてきたことすらも疑わざるを得ない状況なわけで・・・
せっかくの恋心が・・・あ、あんまり「恋」部分には切なさを感じないのでどーでもいいっすけど。(笑)
どうなっていくんでしょうか。


  ◇  ◇   「私を罪に陥れた奴ら」   2010.11.02.                            

初回の二人の死人は、裁判で芽衣子にとって不利な証言をした二人だったんだ。
今回も、裁判で証言した男・金谷(山崎裕太)がターゲットのようですな。
覚せい剤をやってるってことを写真におさめたり、
金谷の彼女と親密になったり、
金谷の祖母とも心通わせたり・・と、
すごいですわ、芽衣子はん。
どんだけ時間を有効利用してまんねん!(笑)


そうそう、芽衣子の過去、知ってて雇ってたんだね、オーナーさん・・・
三輪さんも、そこが保護観察中の人を受け入れると知ってたらしい。
そして、芽衣子のこと「可哀想なことした・・」って言ってたみたいで・・
一体、何をしたんだろうかね、三輪さんは・・。

芽衣子の犯したとされる事件の詳細を知ろうとする真島だけど、
公判記録を見ることもできない・・
大きな力が動いているらしいですな。
で、堂島に頼んで公判メモを見せてもらったら・・
そこには自殺で死んだとされる三人の男の名前が・・
そして、芽衣子が持ってた携帯の着信の名前「カナヤ」も公判メモに!
次なるターゲットは金谷なんだ・・・と会社に駆けつけておりましたが!
すでに芽衣子の復讐は実行中で・・・
彼女や祖母を人質にとられた形の金谷・・・
芽衣子から5億を要求されてましたよ!
この復讐・・・遂行されるのでしょうか・・
真島は止められるのか・・?

そして、芽衣子はやっぱり「黒幕」は知らないみたいね。
誰の指示でみんながウソの証言をしたのか・・
初回の二人を殺すときも、ちゃんと聞いてみたのかしらね・・・?
躊躇なく殺してるから知ってるのかと思ってたのに。(汗)


堂島は、やっぱり芽衣子が重ねる復讐をネタに一発あてようとしてるみたいね。
芽衣子の15年前の事件のときから今まで・・
コイツも罪深いよ、ほんと。(汗)


  ◇  ◇   「追い込め悪徳弁護士」   2010.10.26.                            

うーん・・・・
悪徳弁護士を自殺に追い込もうとしてるのはわかるけど、
芽衣子は自分がまた捕まってもいいと思ってるのか?
松永弁護士が死んだあとの公衆電話ボックスの始末、全然してないし?

捕まりたいのか?
捕まることで、昔の事件の真相も明らかにして・・とか考えてるの?
なんか、よくわからん。(汗)

しかし・・・芽衣子と真島の微妙な関係のくだり・・・結構長いよね。(汗)
ま、今後、「復讐の鬼」である芽衣子を真島がどうしたらいいか・・と悩むために必要な過程なんだろうけど、
なんか、見てらんないっつーか。(笑)

一方真島は、芽衣子の事件の資料の中に気になる点を見つける。
事件の鑑識担当者の名前が記載されてない・・・
当時の捜査官に話を聞き、思い出してもらったら・・・
それは三輪だった・・・
三輪は、芽衣子が犯人ではなく、他に真犯人がいるという証拠をどうにかしちゃったのか?
それで今、悔いてるのか?
真犯人はかなりの権力を持ってるんだろうね・・・?
だって、ポンコツ弁護士の松永が、あんな事務所を構えられるくらいになってるんだもん・・
やっぱ、こっそり会ってた男かな・・?
芽衣子の相手にしてる人は、大きすぎるようですな・・。
はて、そこまでたどり着いてるのかな、芽衣子は??

松永を芽衣子が殺したところを見ちゃった堂島。
面白がって写真を撮ってるようだけど・・
どうなんだろ、すぐにネタにする様子もなく、通報する感じもなく・・
もしや、こいつ・・・
芽衣子を冤罪に追いやったこと、ちょっとは後悔してる・・?
いや、単にもっともっと見たいだけか・・?(汗)

それにしても、松永への復讐に2話も割いて・・・・
どうりで、初回のドギマギ感が足りないなぁ・・と思ったわよ。

お爺ちゃんと銀行マンへの復讐は1話にまとめたくせに・・
もっともっとスピードをあげてほしいもんですな。


  ◇  ◇   「復讐の鬼 愛を捨てる」   2010.10.19.                            

復讐に命をかけつつ、善行もやってるのか・・・なんて思ってたら・・
やっぱりか、あの美咲ちゃんって子は、復讐相手・松永征一(石丸謙二郎)の娘だったか・・・

お金を取られただけで復讐が終わりなわけないと思ってたけど・・
今度はこの娘の命を賭けて、「死なんかい」と松永を脅す気・・?
おー・・・怖っ!

しかし、今回は、「家族殺しで服役した女であり、三輪さんが追いかけていた女」である芽衣子を
どんな女だ・・?と興味を持った真島が、いつしか惹かれていく・・っていう話なのかな?
そのために犬のレオン、殺処分ですか・・・?可哀想・・・(涙)
で、さらに芽衣子に興味を持った真島は、堂島に三輪の残した手紙を見せることで、
芽衣子の過去をしろうと取引しておりました・・。
堂島の書いた記事が芽衣子を追いこんだわけで・・
やっぱ、ケラケラ笑ってる場合じゃないよ、堂島さん!!
いつか、アンタに魔の手が・・・
ってか、芽衣子の居場所に気づいて追い始めた堂島を、先にどうにかすべきかもよ・・・?(滝汗)

さて、今回の復讐相手の松永ですが・・
芽衣子の担当弁護士だったみたいね。
やる気のない弁護士で、こいつのせいで・・・ってこと??
いや、それだけじゃない、芽衣子を犯人にする動きの中の人間だった・・ってことかな?
それにしても、事務員に非弁行為をさせてた松永さん。
トカゲの尻尾切りのように事務員のクビを切ってましたけど、
金庫だの預金だの、お金を任せるほどだった男を軽率に扱うからそんなことになるのよ。
いろんな意味で自業自得でんな。(汗)
芽衣子に弁護士会に懲戒を申し出られちゃった芽衣子だけど、
権力者に金を渡してなかったことにしてもらうみたいね。
この権力者・・・芽衣子の事件にも絡んでるのかしら??

そして、真島は、前回自殺で死んだ二人が「桜葉館学園高校」つながりであることまでは突き止めました。
はて、芽衣子とどんな関係があるのかねぇ・・・?
それと、真島の部下を焼き殺した溝口って男・・・
最低だね!
あんな堂々とアカンベーとかしてるんだもん、やっぱ責任能力アリで再び裁いていただきたいわ!
あぁ・・・すんごく癇に障るわね、あの顔・・・(怒)

前回の初回に比べると、インパクトにも展開にも欠ける話だったかなぁ・・って気がしますが、
もうちょっと様子見してみましょう。


  ◇  ◇   「復讐の幕が開く!」   初回69分SP  2010.10.12.                     

躊躇ねーなーっ!!恐ろしすぎるじゃろ!ってのが感想。(笑)
本当に憎いんだねぇ・・・(汗)


序盤がちょっとまどろっこしいというか、抽象的なシーンが多くて、
ダラーっ・・・としちゃった気もしますが、
最後の方になってくると、いろいろと繋がってきた感じはしたんだけどね。
無駄に延長なんぞせずに、ノーマルな時間にギュっとまとめりゃよかったのに・・・(汗)

芽衣子の復讐の動機は「冤罪」ってことのよう。
15年前、姉の夫と子供が殺された事件の犯人にさせられたのね。
「姉への嫉妬・・」とか言ってたけど、そんなに嫉妬してたのかね?
ちゃんと調べたのかね、警察は・・・(汗)
オマケに、その後姉は自殺、母は心を病んでしまった・・・そして無期懲役・・・
散々な目に合わされた芽衣子は、15年弱で刑期を終え、トリマーとして普通に生活してました。
しかし・・・無期懲役をくらった人間があんなオシャレなペットサロンで働けるのかしら・・?(汗)

さて、その芽衣子の復讐・・・だけど、あの飛び降りお爺ちゃんも復讐対象だったのね。
そして、銀行にお勤めの男も、追い詰められた末、駅のホームに飛び降りろと命じられるもできず・・
奥さんを突き落とすぞ?と言われ、芽衣子が新聞に挿んでいた封筒の中の青酸カリ入りカプセルを飲んで自殺・・・
ってことらしい。
えぇ〜!!あんなに挙動がおかしな人がいたら、駅員は気づかないの?
それに、あの赤い封筒、ちゃんと回収しなくていいのか?
いまいち納得できない部分もありますけど・・

そんな、「自殺なんかしない」はずの人が自殺で死亡した・・っていう2件に気づく刑事・真島。
この真島、先輩刑事の三輪さんが行方不明ってんで、その調査をしてたんだけど、
その過程で、赤ちゃん置き去り自殺爺さんや、青酸カリ飲んで死んだ男の存在を知る・・・
そこに三輪さんもからんでる・・
三輪さんは過去の清算をするらしい・・・?
何の事件だ・・・?って調べたら・・・
芽衣子の事件のファイルが!!

偶然芽衣子と知り合っていた真島・・・
へぇ・・初回で「芽衣子は元受刑者」ってことに気づくんだねぇ・・・そこにビックリですわ。
明らかに不審人物っていうことになるわけで、
今後どうなっていくんだろ!

それに、まだ芽衣子の復讐は終わらない様子・・・
一体、姉の夫はなんで殺されたんだ?
一見、関係なんかなさそうな爺さんと銀行マン・・・何をして恨まれたんだ・・・?
「頼まれたから・・」って銀行マンが言ってたけど、黒幕にはまだたどり着いてないのかね?

そして・・・真島にも悲しい過去が・・・
部下だった男が、ある事件を追ってる最中に、犯人に灯油ぶっかけられて火をつけられて死んじゃったみたいね。
応援を呼ぶべきだったんだろうね、あの場合は・・・(汗)

それにしても、唐沢さん、怪しすぎ!!
あのキチャナイ髪型!(笑)

当時「少女A」だった芽衣子に気づいたみたいで、また追い始めるみたいだけど・・
アンタも復讐対象なんじゃないのか??(滝汗)

そして真島の同僚たち・・
吉瀬さんもだけど、吉田さん演じる宇喜田も怪しいなぁ〜!
冤罪に関わってたりして・・?
もぉ、どいつもこいつも怪しすぎ!(笑)

とにかく、次回も気になりますんで、視聴続行ですな。


★ STORY ★ 菅野演じる野上芽衣子は心の美しい、優しい女性だったが、19歳の時に姉の夫と息子を殺害した無実の罪で 12年も刑務所に。出所後は復讐に生きがいを見いだし、表の顔は、腕利きのペットトリマーとして周囲に慕われ、裏では13年前に起きた事件の謎を探り、自分に近づいてくる男たちを破滅や死へと導く。
★ 期待度 ★ 菅野ちゃんがどこまでドロドロになってくれるか・・・ちょっと楽しみですな。