フリーター、家を買う。
 火曜9時〜 フジテレビ    
 脚本・・・橋部敦子   演出・・・・河野圭太ほか   P・・・橋本芙美 
 主題歌・・・ 「果てない空」 嵐    挿入歌・・・ 「君って」 西野カナ 
原作
フリーター、家を買う。
有川浩
主題歌
果てない空
挿入歌
君って
西野カナ
サウンドトラック
「フリーター、家を買う。」オリジナル・サウンドトラック
DVD-BOX
フリーター、家を買う。DVD-BOX 【予約特典クリアファイル+初回生産特典ドラマオリジナルグッズ付】
◆ 出演者 ◆
武誠治
千葉真奈美
永田亜矢子
豊川哲平
大悦貞夫
永田則子
山賀亮介
塚本学
真田勝也
西本幸子
武誠一
武寿美子











二宮和也
香里奈
井川遥
丸山隆平
大友康平
鷲尾真知子
眞島秀和
山本龍二
嶋大輔
坂口良子
竹中直人
浅野温子








… …

フリーター 25歳
喜嶋建設 社員 25歳
誠治の姉 30歳
大悦土木 アルバイト 25歳
大悦土木 社長 50歳
亜矢子の姑
喜嶋建設 社員
大悦土木 作業員
大悦土木 作業員
武家の隣人 60歳
誠治の父 55歳
誠治の母 50歳
◆ SPドラマレビュー ◆
  ◇ フリーター、家を買う。スペシャル ◇  「再スタートから1年家を買ったフリーターの次なる問題は結婚!?
         両親の結婚の秘密を知り誠治は?新しい家族を作るって何だろう」    2011.10.04.   
 ◆ SPドラマゲスト ◆  千葉小百合…風吹ジュン  浅岡久志…国広富之  浅岡和義…石橋蓮司  浅岡頼子…赤座美代子

狩野英孝のプロポーズに見入ってしまって、結局最後まで見てもうた。(笑)
未だにイケメンだと思わないけど、イケてました。
お幸せに!!
・・・で、そんな幸せな気分で見たもんだから、とても面白く感じたSPドラマとなりました。

連ドラから一年後の設定・・
2年の研修のために和歌山に行ってる真奈美とは遠距離恋愛中の誠治・・
・・・って、おいおい、手をつないだこともなかったのかいっ!
それで彼女って言えるのかい!(笑)


そんな中、母・寿美子の兄という人物が現れる・・・
どうやら父とは確執がある様子・・・?
姉の亜矢子とともに話を聞き、動く誠治・・・
そして最後は・・・って話でしたね。

なんか、連ドラが始まったころとは全然違う、「家族」になってる武一家。
いいですね!相変わらず口の悪いジジィだけど、そこにはちゃんと「思いあってる」ってのが通じてくるし・・・

そして、母のため、父のため・・・と子どもが動き、
そのことで二人だけでなく、寿美子の兄も含めていい感じになっていって・・・
いやぁ・・・良かったわぁ、今回の話も。

ただ・・・・確かに、この一件や真奈美の母のこともあったから結婚を意識したんだろうけど、
手も握ってなくてプロポーズって・・・
何時代の話やねん?って感じ??(笑)
せっかくなら、真奈美の研修は一年ってことにして、これから一緒に生きていこう・・でいいのでは?
また離れるのかい!って感じだったもん!!

この際、二人が結婚して、「元フリーター、結婚後、もう一軒家を買う。」ってとこまで描いてくれんかな?
そこまで見せてもらわんとスッキリしないもん!!

是非是非、続編希望です♪
・・・買えるかどうかはわかりませんが。(笑) 同居でもいいんだけどね。

でもでも、一番グッジョブだったのは、アンジャッシュ児島かも♪
いいよなぁ、あのキャラ・・
あの扱い・・・まさに「児島」って感じで。(笑)
良いアクセントになってましたね!



◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「母さんが、笑った」   最終回69分SP    2010.12.21.          

ハンカチ用意して視聴しましたが・・・・泣き所は前回ほどなかったですね。
でも、最後のお母さんの笑顔が本当に明るくて・・
よかった、よかった・・・って感じですな。


誠治に事務と営業の正社員にならないか?と言ってきた大悦。
しかし、そこに前回最終試験をぶっ飛ばしちゃった医療メーカーから電話が・・。
素直に最終面接を受けられなかったワケを話したら、その場で内定をくれちゃいました。
いくら欠員が出たからって・・・なんて優しい会社だこと。(笑)

大悦か、医療メーカーか・・悩む誠治。
土木の仕事なんか・・・とバカにする誠一とまた対立・・・ですか。
どこまでも偏屈なオナジだぜぃ。

でも、誠治は考えに考え、大悦土木を選択しました。
もう、再スタートしてる・・と言ってくれた母。
ここまで来られたのは、大悦土木で働けたから・・・
自分が変わったのだとしたら、大悦土木の存在は大きいものであることはよくわかってるもんね。
自分の基準で選ぶ・・・と言う誠治。
その誠治を見て・・・

父・誠一は、大悦に会いに行ってました。
文句を言うのか?断るのか?と思ったけど、息子を頼むと言いに来たのね。
自分の息子をケチョンケチョンに言う姿に、カチーン!ときましたけど、
ま、素直に息子を認められない頑固ジジィってことで・・(笑)

そんな誠一に、自分も子供には同じように言われてます・・という大悦。
お父さんなんて、結構そういうとこ、多いのかもしれないよね・・

誠一は誠治に、家はどうする?お前でもローンが組めるぞ、2世代ローンだ・・って言うのよ。
頭金は父が出し、ローンも父が組んで誠治が引き継ぐ・・ってことか。
頭金も全部、オレ、返すから・・・なんて、ちょっと大きくなった息子に感動してんちゃうん?(笑)
素直じゃないねぇ、ったく・・・
っていうか、アンタが買えよ!って話。
なんで息子に買わせようとしてるんだ、この人?
アンタの奥さんのための家でしょうが!!


そして引っ越しの日・・・
若山に2年間研修に行く真奈美のことが気がかりで、引っ越し放り出して見送りに行っちゃう誠治。
・・・とまぁ、このくだりは個人的にはいらんかったかなぁ・・・
付き合ってもいないのに、いきなり離れ離れで2年間なんて・・・続くと思えないし。(汗)
それと、ミカンは送ってください。
アンタに会いに行く金があるなら、貯めなくちゃいけないんで。(笑)

最後は新しい家での片付け・・・
家族を見つめながら微笑むお母さん・・・
よかった、引っ越して・・・
これからローンは大変だろうけど、この笑顔のために頑張れ!!
・・・しかし、婚カツしろって誠一に言われてた誠治ですが・・・
その年ですでに家のローンをガッツリ抱えてる男って・・・どうよ?(汗)
しかも、親つきローンアリでしょ・・?
うーむ・・・真奈美を逃すなよ・・(笑)


  総評  
初回、ニノが本当にどーしよーもない男でさ・・
本当にこの人は嵐の二宮か?っつーくらいのダメ男で・・・
そして母の病気・・・父の理解のなさ・・・仕事は見つからない・・・と苦難続きの中、
なんとか一生懸命乗り越えていく姿を、3カ月、見守らせていただきました。
大きく盛り上がる話ではなかったけど、面白かったと思います。
とにもかくにも、ニノの演技力が素晴らしかった、そんなドラマでございます。
ただ、原作にかなりのお肉をつけて・・・というお話だったらしく、
途中、どこ行くんだ、この話?とか、そんなサブキャラの話はいらんよ・・って部分が多かったのも事実。
こんなに引き延ばさなくてもよかったかもね・・って感じですな。



  ◇ 第話 ◇   「再スタート、するはずだったのに」    2010.12.14.                   

100万貯まった・・・
これで、新しい生活を・・と考える誠治。
父も新しい引っ越し先を探してくれてたりして、いい感じで進んでるじゃん・・・って思えたのに・・・

せっかくの最終面接の日・・・
詐欺野郎がお金の催促にきてて、お母さん、状態が悪化しておりました。
電話を受けて駆け付ける誠治・・・
すでにいくつも注文して、100万にまで代金が嵩んでいた・・・
父に相談すると、そんなことより面接を受けなかった誠治への怒りをぶつけ、
んなもん払わなくてもいい!!と怒って出て行っちゃった。
ちーったぁいい大人になったかと思われた誠一。
やっぱアカンわ、このオッサン。
かなりの視野の狭さと柔軟性のなさですな。

誠治が家に帰らなければいけないくらいの状況だったこと、
誰よりも悔しいのは誠治だってこと、
寿美子が大変なことになってるってこと、考えられないのか?
どうして自分の衝動を抑えもせずに相手にぶつけるの?
そんなんだから家族がこーなったんでしょ!って言いたくなる!!!

でもね、すでに誠治は成長しております。
確かに、面接の日にこんなことになって凹んではいたけど、
そんな風に誰かを守れる人はカッコいい・・って真奈美に言われたこともあって、強くなっておりました。
で、何をするかと思ったら・・・隣の西本家へ!
「母はうつ病です。手首も切りました。今までのことを全部書き遺して・・・」と言い・・
西本のオバハン、自白しやがりましたよ。
訪問詐欺も自分が差し向けた・・ってことまでね。
寿美子が羨ましかったからなんだと。
いつもニコニコしてて、ムカついたんだと。
いやぁ・・・外ではちょっとは不幸な顔したり不満をもらしたりしてるほうがご近所向けにはいいのかも。(汗)

お金のこと、誠治の面接のこと・・・また自分を責める母を見て、
1日でも、1秒でも早くこの込んだいを片付けたい・・・と、
貯めた100万を詐欺師に渡す誠治。
弁護士に話せば払わなくてもいいのかもしれない。
そんな時間すら母には良くないってこと、十分にわかってるからね・・

きっとあのオヤジがまたやんや言ってくるだろうしさ。
・・・払ったって知ったら、それはそれでやんや言いそうだけど。(汗)

ここで、詐欺師が心打たれてお金を受け取らない・・・とか、
んな都合のいい展開はないわけで。(笑)
どんだけ相手を思ってても、伝わらないってつらいなぁ・・なんて考えてた誠治だけど、
最後に母が注文していた就職合格祈願の札を見て・・・
その手段がたとえ褒められたことではないにせよ、思いはちゃんと通じてる・・・ってことがわかって、
ボロボロ泣く誠治ととも、私も泣いちゃいました・・
家族がこんなに頑張っても、何かにすがらないとダメなの?って虚しくなってりもしただろうけど、
そうじゃない、本当に家族の幸せを純粋に願ってただけなんだよね。

そこに詐欺師がつけこんだのだ!
いや、隣のババァが巻き込んだのだ!!
憎い・・・
まさか、今回のことで西本さんの件は終わり・・・とか言わんよね?
スッキリとする文句を是非亜矢子にぶちまけていただきたいんですけど!!!(笑)


いよいよ最終回ね・・・
最終面接をぶっ飛ばしちゃったんで、やっぱ大悦土木に就職・・ってことになるのかな?
しかし、亜矢子の家の状況は、やっぱりあんまり関係ない気がするなぁ・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「おまえに親父さんの何がわかる?」    2010.12.07.                

原作を読んだ姉から聞いた話に近づいてきましたね。

オヤジの文句を言う誠治を、ガツンを怒ってくれる大悦さん。
いい人だよねぇ・・
本気で叱ってくれる人がいるってことがありがたいって思えることも大事。
それを気づかせてくれたのもこの職場のおかげだよねぇ・・

パソコンの仕事も任されたしさ、もう、ここの正社員になっちゃいなよーっ!ってなもんです。

医療関係の会社の仕事に興味が出た・・ってことで、また面接を受けることにした誠治。
大悦さんから、オヤジに頼ってみろ、それが一番うれしいんだよ・・って言われて、
就職活動についてアドバイスをもらいたい・・って言いだせましたね。
なんだよ・・・って顔しつつ、なんか嬉しそうなオヤジ。
時間あるけど・・?って近づいてくるところが可愛い。(笑)

ボロボロの使い回しの履歴書、
3ヶ月で仕事を辞めた理由をその会社のせいにするような面接での発言・・・
なってない!と一喝するオヤジ。
ここで反抗することなく、素直に聞いて、いろいろとアドバイスを受ける誠治・・・
そんな父子のほほえましい姿を見て嬉しそうなお母さん・・・
いい感じじゃーん!って思えたわよぉ・・


で、面接の時・・
オヤジのドバイス通りに答えつつ、自分の今の正直な思いをぶつける誠治。
それが伝わったようで、一次面接合格の通知が!!
オヤジも嬉しそうじゃーん!!
いい方向に動き出した・・・
引っ越し費用の100万も貯まった・・・
さぁ、これからだ・・・ってときに・・・

隣の西本さんがよ、詐欺に騙された自分に腹を立て、
同じ思いを寿美子にさせることで発散しようとしたみたい。
詐欺師にきっと寿美子のネタを与えたんだろうね・・・
イタイとこをつかれた寿美子さん・・・印鑑、買っちまっただよ・・・(涙)

予告を見たら、せっかく誠治が汗水たらして貯めた100万を手放すことになるみたいね・・
ってことは、印鑑だけでなく表札まで買わされたか・・?(涙)
責めると病気にいけないし・・・苦しいなぁ・・・
家・・・いつ買えるんだろ・・・(涙)

今回は武家メインの話で、やっと本筋に戻ってきた感じで面白くなってきましたね。
ここ数回は確実に寄り道だったもんな・・・。(汗)


  ◇ 第話 ◇   「怖さとつきあって、みな生きてる」    2010.11.30.                

横道に反れてるよね、完全に話が・・・(汗)
怪我した哲平には悪いけどさ、どーでもいい話ですのぉ・・・
今回は見なくてもいい回だったように思えますわい。

哲平の怪我の責任で仕事を続ける自信を失った真奈美が、
周りの人の励ましで復活・・・な話。
そうね、そうなるだろうね。
みんなが励まし・・って展開もありきたりだし、盛り上がりもありゃしないし・・
だからさ、家・・・どうすんのさって話。(笑)

オヤジがお母さんの面倒を見始めたのでちょっと見直しちゃろうかとも思ったけど、
未だ誠治をバカにしてるところは許せん。
で、次回はそんな誠治がオヤジにブチ切れ、傷つける・・って話か。
ま、家族の話・・ってんなら、引き続き見てみようかね・・。

隣のオバハンが印鑑詐欺に引っ掛かってて、ざまぁみろ・・って思ったけど・・・
なんと、次回は寿美子さんも引っかかっちゃう??
もぉ・・・・お仕事熱心なのね、あの詐欺野郎。(汗)
じゃ、被害にあった者同士、仲良くなる・・・なんて展開??
んなわけないか。(笑)

そろそろ「本筋」で盛り上がっていってもらいたいもんです。


  ◇ 第話 ◇   「母さんを悲しませることすんなよ」    2010.11.23.                

フリーター、家を買う・・・って部分は全然進んでないんですけどね・・・(汗)
次週予告を見ても、まだ進みそうにないんですけどね・・・(滝汗)

オヤジの浮気疑惑・・・ですね。
そして、それぞれが一歩前に進む・・・・って話ですか。

しかし・・・なんか誤魔化された気がするなぁ・・・
あたしゃ、きっとお世話になった人の娘さんを世話してる・・とか、意味がある関係だと思ってたのよ。
なのに、偶然出会った女性に頼りにされて嬉しかっただ?
で、学校の費用を援助してやっただ?
なんだ、そりゃ。

で、あの女性はなんのお返しもなく、「ありがとう」って大金を受け取って世話になってたってわけ?
おかしくない??
キレイな関係だった・・・みたいな空気だったけど・・・
なんか納得いかんわぁ・・・

ベランダに隠れて父の本音を聞いて、自分も反省することあるかも・・・って
誠治も考えを改めちゃったのか?
で、このことはもう許しちゃうの??
えぇ〜!
病んだ妻のために引っ越す金は用意できなくて、
関係ない女の学費になら金を出せるわけ?
そこはツッコまないのかーいっ!!

でも、医者に「解決策は引っ越ししかないんですか?」って聞いてたので、
きっと何か策を講じてくれると祈りましょう・・・

あかりちゃんは弁護士をふっきって哲平へ、
真奈美は山賀へ気持ちをぶつけ、気持ちを整理した・・ということのようで、
誠治と真奈美の関係も深まりそうでございますが・・・
その話でまた一話使うのね・・
個人的には、やっぱり「フリーター、家を買う」って部分を早く進めてほしいんだけどなぁ・・・
結局このドラマの終着点は「家を買う」ことではなく、
「家族再生」で終わっちゃうのかなぁ・・・って気がしてきちゃいました。(汗)


哲平の気持ちが通じたので、そういうときはきっと事故が起こるだろう・・・って思ったら案の定。
事故で現場の作業員が怪我することにトラウマを抱えている真奈美・・ってことで、
次回はそんな話ですな。

あ、それと・・・隣の西本さんが訪問販売の詐欺に引っ掛かりそうですけど・・・
この話はどう関係していくのかね??(汗)


  ◇ 第話 ◇   「生きてる世界が違うって何だよ…」    2010.11.16.                

今回は誠治、誠一を見直そうとしてみようかな・・・の巻。
親ってのは・・子供ってのは・・家族ってのは・・・って話ですね。
なのに・・・
最後でねぇ・・・
ありゃ、マジで浮気っすか?
予告を見る限り、家まで行ってるみたいだし・・・(汗)
きっと何かワケがあるんだ・・・って信じたかったんだけどなぁ・・・

それにしても、あかりちゃんと、西本さんとこの息子との話・・・いるかなぁ・・?(汗)
全然興味ないんすけど。

でも、哲平の「オレがあかりちゃんを好きなのに、なんであかりちゃんは自分を嫌いなんだ!」って言葉は、
じーん・・・としちゃったねぇ・・
こりゃ、あかりちゃん、哲平を見直しちゃうかな?

そのころ誠一は、妻にちょっと歩みよろう・・・と、ワインを一緒に飲むんだけど・・・
あのさぁ、うつ病の薬飲んでるのに、お酒はあかんでしょうに・・ってわかるじゃーん!
ほらぁ・・相乗効果で手首を切っちゃったじゃーん!
大事に至らずに済んでよかったけどさぁ・・
でもね、受け入れられない妻の病気と向き合おうとしたこと・・・
それは認めてあげないとダメだよね。

また誠治と大げんかになるかと思ったけど、
ま、最後は誠治から歩みよろう・・・って流れになってよかったねぇ・・って思ったのに・・・

今回の隣の嫌がらせ・・・
頼んでもいないラーメンを10杯も届けやがって!!
でも、亜矢子の機転で「ただにしてもらったからおいしくいただきました!」って西本に言ってて、
きーっ!!って感じだっただろうね。
でも、これでまた嫌がらせがエスカレートしないといいけど・・・(汗)

そういや、あの西本の息子の弁護士・・・
ジャニタレだったんだねぇ・・・
うーむ・・・・どうりで・・・(滝汗)


  ◇ 第話 ◇   「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」    2010.11.09.                

オレが母さんを幸せにする!家を買うんだ!!
そう目標を見つけ、邁進する誠治・・・
頑張りすぎて、ちょっと疲れる・・・の巻ですね。


それにしても、お隣さんのイジメの発端は、オヤジだったとは・・・
とことんアホなオヤジで困るわい・・・(汗)
でもさ、「ウチらはローンでヒーヒーいってるのに、家賃5万で借りてるなんて!」ってイジメるんだ・・・
そこはさ、「借り上げ社宅?持ち家じゃないの?へぇ・・」って優越感を抱けばええやん?

ほかにも何かカッチーン・・とくることがあったんじゃないのかねぇ・・・
きっと、あのアホオヤジが余計な自慢やら、人を蔑んだりしたんちゃうんか?
それに、あの弁護士の息子・・・感じ悪いし!
旦那さんや娘・息子に囲まれて幸せそうな寿美子さんが妬ましかったんだろうね。
可哀想なオバハンやなぁ・・・て、逆に思えたら、寿美子さんも楽になるかも・・・なんだけど。(汗)


バイトと並行して就職を探しつづける誠治。
母の世話、バイト、面接・・・と、日々忙しく、目の下に「これでもか!」っつーくらいのクマこさえて頑張ってるってのに、
あのオヤジの言いざまは何さ!
「ふさけんな!!」って亜矢子が怒鳴ってくれたときゃ、「よくいった!」って思ったわよ!
で、反論できないと手をあげるダメオヤジ・・・
このオヤジの再教育のほうが先か・・??(笑)

薬を飲み忘れたら入院しないと。。。そうするとお父さんの世話が・・・とオロオロする母。
あのオヤジのせいでこんなことになってるのに、オヤジの心配をする母、
こんなにオレが頑張ってるのに・・・と、虚しいやら疲れたやらの誠治・・・
極めつけ、やっと2次試験にうかった面接の直前に「薬がない!」と騒ぐ母・・・
「帰るまで待ってて!ジャマしないでよ・・」と言っちゃう誠治・・
で、結局、面接すっとばして家に戻り、ふつーに買い物から帰ってきた母に、「もうウンザリだ・・」と言っちゃう・・

誠治が一人で抱え込みすぎですね。
姉は埼玉に嫁に言っちゃってるので、そう簡単に来られないかもしれないけど、
電話とか、様子を見るくらいは手伝ってもらってはどうだろ・・?
あのバカオヤジはあてにならないけど、誠治一人では荷が重すぎます・・・(涙)
本当にちゃんと、早く治したいなら、入院が一番だと思うんだけどねぇ・・・
ただ、寿美子さんにとって「家」は「自分そのもの」だろうから、入院は逆効果だろうしなぁ・・・

あのバカオヤジさえ、もうちょっと理解をしてくれれば・・・
はぁ・・・
困ったオヤジだよ・・・っとに。

今回は、仕事場で誠治がちょっと自分の溜めこんでることを吐きだしたので、
今後はいろいろと気遣ってくれるかなぁ・・って思っちゃいますね。
「もし、本当におふくろがいなくなったら・・オレはたぶん、ホッとすると思う・・・」
酔って言ったことです。
そう思う気持ちがあったとしても、それが本心でないことくらい、わかってるよ・・・(涙)
誠治まで病気になっちゃう前に、誰か助けてくださーいっ!って感じだわぁ・・・・
そうはいっても、家に帰れば「病気の母」がいるわけで・・
また、日々が始めるわけで・・・
はぁ・・・何かいい転機が起こらないかなぁ・・・
あぁ・・・・泣けたなぁ・・・今回・・・(涙)
見ごたえあるわぁ・・・


  ◇ 第話 ◇   「あんなオヤジでもヒーローだった」   2010.11.02.                   

お話としては、ようやく「家を買う」って目標を持つ・・・ってとこまでたどり着きましたってことですね。
あんまり進んだ気がしないけど・・・(汗)

ゴミ捨てをやってみて、その不可解な現実に気づく誠治・・・
お隣さんに嫌がらせをうけていると知った誠治は、
医者に環境を変えることを勧められ、引っ越ししようと父に持ちかけるも、
心の弱さが問題だ!金はオレが稼いだんだ、オレが使う!と・・・

こりゃぁ・・・お隣さんより、父親が問題かも(汗)
アンタが稼いだ金かもしれん。
しかし、支えたのは奥さんじゃろがーいっ!
いや、単なるケチならまだわかる。
その金を若い女に貢いどるやないかい!

勝手に使うって、そういうことかい!
最低だーっ!!
偉そうなことばっかいいやがって・・・

しかし誠治くんよ。
お母さんのために、お母さんが元気に過ごせる家のために、家を買うと決意するのはいいけど、
そんな果てしない夢、目標・・・
いつ果たせるかわからないんだから、とりあえずアパートでもマンションでもいいから、引っ越しましょうよ。
母の病気の改善が先でしょ?

そこに居続けるのは問題だよぉ・・・

とはいえ、誠治がバイトにちゃんと向き合って仕事し始めたのはほほえましいことです。
そろそろ、就職への高望み度も下げていってくれるといいんだけど・・(笑)


  ◇ 第話 ◇   「どうせオレは恥ずかしい息子だよ」   2010.10.26.                   

今回は、誠治の心の変化・・・でしたね。
お母さんの病状に関しては。。。よくなる傾向、ナシです・・・(涙)

お母さんは、隣の幸子の嫌がらせを受けてました。
ペットボトルのゴミ袋の中にビンを入れられ、返却される・・・っていう嫌がらせ・・
きっと、今までも何度もあったんだろうね。
でも、それだけであんな風に追い詰められるだろうか・・・?
きっと、他にも何かされてると思うなぁ・・・
で、幸子はなぜお母さんをイジメるんだろ?
何かキッカケがあったのかなぁ・・・
うーむ・・・


そんなことは知らない誠治は、母の面倒に時間を取られ現場に遅刻・・・
今日は帰れ!と大悦に言われちゃって、むくれて「辞めてやる!」ときたもんだ。
で、またハローワークに行き、職種はなんでもいいけど、20万は欲しい・・・と言いだし、
とうとう「20万払う価値があるかどうか決めるのは会社ですよ?その価値があなたにあるのか?」と言われちった。
ごもっとも・・・(滝汗)


で、最後の手段・・・と父に就職について相談すると・・
オレの顔を泥を塗る気か!と一喝。
確かに仕事は続かないし、どーしようもない息子かもしれん。
お父さんの言うことは正しい部分もある。
しかし、そこに「思いやり」がないと、相手には伝わらないよ・・・?

しかもさ、何?浮気してんの、お父さん??
あんなにお金下して、若い女とどこかへ行ってましたよ??
お母さんの薬より大事な女か?
最低やなぁ〜!!
・・・何かワケがあると信じたいが・・・(涙)

誠治のバイト先の服にアイロンをかける母・・・
いつもいつも、温かく見守ってくれた母・・
どんなことがあっても、自分を信じてくれた母のためにも、もう一度・・・と、現場に出かける誠治。
何も言わずに受け入れてくれる大悦土木のみなさん。
いいよねぇ〜!体育会系はスッキリしてて!!
そして、必死に働いた誠治は、「やりがい」ってものを実感したようです。
あんな風に、キレイに仕上がった、誰も通ってない道路を見たら、感慨深いでしょうさ・・
しかも、今月分の給料は25万!!
すごーいっ!!
羨ましい・・(笑)
「働く」ってことがよーくわかっただろうから、大事に使いなさいよ!!

さて・・・次回はとうとう、母の置かれた状況を知るようです。
そして、母のために家を・・って決意するわけですな。
しかし、やっぱりお姉ちゃんの話だけ浮いてるよね・・?
何か関係してくるのかなぁ・・?
まさか、出戻ってくる??(汗)


  ◇ 第話 ◇   「明るかった母さんが壊れた…!」   初回69分SP  2010.10.19.            

「フリーター、家を買う」・・・その意味がちょっとだけわかった気がする。
原作は読んでないので、なで家を買うのがゴールなのか・・・・わかんなかったのよね。
なるほど・・あの隣のババァだな・・・
この「家」が、「家」そのものがストレスになってるんだね・・
だから、家を買ってあげよう・・って思う、そういうことになるのかな?
いやぁ・・・大変、大変。

お母さんがうつ病になるまでストレスを感じていたこと・・
それを父・誠一は「いつまでもブラブラしてるお前のせいだ!!」と誠治に言い、
誠治も、自分が悪かったのかも・・・と思って慌てて割りのいいバイトを探したようですが、
そんなん、何十年も連れ添った旦那や、可愛くて仕方ない息子のことだもん、
急激に現れるストレスではないはず・・
あのババァだわよ、きっと!
嫌がらせしてるんだわ!

家のことって旦那や外に出た娘にはわからないもんなぁ・・
「今日ね、こんなことがあってね、最悪ぅ〜!」とか、愚痴れるお母さんなら良かったんだろうけど、
あの旦那には愚痴れないし、嫁に行った娘にも言えないし、
一人息子は頼りになるどころか、未だに心配の種だし・・・
一人で全部抱えて、吐き出すところもなく、溜めこんで溜めこんで、うつ病になっちまったんだね・・・
ま、ババァのことが大きなストレスだとしても、
夫や息子のことは全く関係ないか・・といえば、それも違うわけで。(汗)
妻が、母が、あんな風になってしまってからの、家族の再生物語・・ってとこでしょうかね。


あ、なんか完結しちゃいそうでしたけど、もっと言いたいことはありますよ。(笑)
そこに至るまでの誠治の体たらくっぷりったら・・
今時の若者は自分のことかも・・・と少しは心が痛くなったところがあるかもしれませんね。
気に入らないから仕事辞めただ?じゃ、どこでも無理だね!
オレの能力を認めてくれるところだ?んなとこ、この不景気、あるかいっ!
食費も入れずに文句言うな!っていうか、家を出て一人で暮らしてみろ!ありがたみがわかるってんだ!!
・・・と、誠治には言いたいこと、てんこ盛り!(笑)
ま、これから始まる物語のために必要な設定・・・なんだろうけどね。(汗)


そして夫の誠一!
主婦がヒマで楽だと思うなよ!
誰のおかげで飯食えてると思ってるとか思うなよ!
誰のおかげでつつがなく暮らせてると思ってんだ!
でもね・・・うつ病ってね・・・良くなったように見えちゃうから困るんだよね・・
この病気の大変さを、誠一にももっと理解してもらわんと!!

さて、バイト出入った土木の現場・・・
ここで男勝りに働く真奈美に出会った誠治ですが・・・
いろんな面で負けまくりです。
まずは言いわけ癖、直さないとね!!(汗)

しかし・・・「ごめんなさい・・・今日も死ねませんでした・・・」は、さすがにキツかったですな・・・
あの様子を見ても強気でいられる誠一、すごいわ。(汗)
ま、認めたくないんだろうね、このお父さんは。
息子のせい、オレは知らん、そのうち治るだろ・・・ってな。
あぁ・・なるほど、誠治・・父を嫌ってるだろうけど、アンタ、お父さん似やわ・・・(滝汗)

隣のババァのくだりは、きっとお母さんの病気に繋がる必要な話として・・
姉・亜矢子の「姑の濃いキャラ」設定は、今後話に関係してくるのか・・?
幸せな嫁ぎ先・・ってんじゃダメだったのかね?
よくわからんけど・・嫁ぎ先もあんなで、実家がこんなじゃ・・・大変だろうなぁ・・・(汗)

これから誠治が大人になり、お母さんが元気になって、いつか家族が幸せに暮らせる家を手に入れられるまで・・・
見守っていきましょう・・。


★ STORY ★ 二宮が演じる主人公の武誠治は、25歳のフリーター。三流大学から中堅の部品会社に就職するが、わずか3か月で退社し、両親と同居する自宅で自堕落な生活を送っている。しかし、母親がうつ病になったことにショックを受け、工事現場のバイトを開始。「オレは家族のために家を買う!」と夢に目覚める。。
★ 期待度 ★ ニノの主演、久しぶりだなぁ・・楽しみです!