流れ星
 月曜9時〜 フジテレビ    
 脚本・・・臼田素子ほか   演出・・・・宮本理江子ほか   P・・・中野利幸 
 主題歌・・・ 「流星」 コブクロ 
ノベライズ
流れ星
主題歌
流星
コブクロ
サウンドトラック
フジテレビ系月9ドラマ「流れ星」オリジナル・サウンドトラック
◆ 出演者 ◆ 岡田健吾
槇原梨沙
神谷凌
岡田マリア
安田瑞希
沢村涼太
川本千鶴
中島留美
川本順二
相澤美奈子
岡田和子
槇原修一











竹野内豊
上戸彩
松田翔太
北乃きい
川口春奈
桐山照史
ちすん
北川弘美
杉本哲太
板谷由夏
原田美枝子
稲垣吾郎











新江ノ島水族館の飼育員
イメクラで働いている
マリアの主治医
健吾の妹 高校生
マリアの親友
マリアと同じ病院で入院中
新江ノ島水族館の飼育員 順二の妻
看護師
新江ノ島水族館の飼育員
健吾の婚約者
健吾の母
梨沙の兄
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「二人の決断」   最終回   2010.12.20.                          

マリアに手をかけた修一・・・しかし目を覚ましたマリア・・・
記者のフリをして話を聞いた修一・・
妹・・兄・・・、コイツなりに考えた・・・ってことか?
「 前に死んでくれって言ったよな、お兄ちゃんにできることはそれくらいかな・・・
お前がいないと生きていけそうもないし・・・だから・・・じゃぁな。」
そういってビルの屋上から飛び降りた修一・・・
そんなことされたら、いろんな意味で最悪な記憶で梨沙をしばることになるのに・・・
最後まで最低なもずくやなぁ。。。って思ったら!

一年後・・・
生きとるやないかいっ!
元気やないかいっ!まだ梨沙の世話になっとるやないかいっ!

どんなになっても寄生虫なもずく・・・(虫やねん、海藻やねん。(笑))

元気になったマリアが作った作品・・・「つながる命」・・・。
奇抜な色合いと、あのモノを彷彿とさせるフォルム・・・
そのタイトルがなかったら、とても感動できませんでしたが。(笑)

そんなマリアの受賞を神谷から知らされる梨沙。
ネットで看護師が見つけた・・・なんてどんだけ都合がいいねん!っつー見つかり方ですけど・・・(笑)
見に行く途中、岡田一家を見掛ける梨沙・・・
元気そうなマリア、幸せそうな家族、そして・・・
そんな、見つめる梨沙の目線を見て、なんか泣けた。
あの輪の中に、いられたら・・って思っちゃうよなぁ・・・(涙)


閉館後のため入れない・・・そこに足音が・・もしかして・・・?
でも神谷で・・・ガッカリ。(笑)
ったく・・・健吾もさ、もしかして・・?って思ったんだったら、あの場で追っかけてほしいよねぇ〜!
もぉ・・・・一年たっても待つ姿勢ですかぁ?

健吾に最後にもらった100万に加え、毎日貯金していた梨沙・・
その梨沙のカバンに手をかける修一・・・
もずくBGM、キターっ!!(笑)
もぉ・・・この音楽、似合いすぎてて笑えるんですけど!

で・・・梨沙の通帳を見つけちゃう・・・

そして、一人勝手に退院しやがった修一。
お金の持ち逃げだけでなく・・・
なんと、足、完璧治ってます!演技でした!
もーね、にゃ、にゃんですとーっ!と、わけもなくワクワクしちゃった。(笑)

どこまでももずくはもずくさ!
最低兄のまままた勝手に生きて迷惑かけやがるのね!!

と思ったのに・・・その通帳、岡田家のポストに入れていったみたい・・
通帳の裏にはクラゲのシール・・・
ずっとずっと梨沙の心の中にいる健吾の姿・・・修一はちゃんと受け入れたみたいですな。
だからといって、すぐにまっとうに生きないあたりがもずくらしいけどね♪

兄に金を持ち逃げされてガックリ・・・の梨沙だけど・・・
店に訪ねてきた男が兄ではなく健吾だと知って!!
そう、健吾は勤めてる運送会社で梨沙の店の配送票を見つけていたんだよね・・・
どんだけ素敵な偶然・・(笑)

でも、またもすれ違う・・・
このまま会えないのか?もう終わっちゃうよ・・・って思ってたら・・・
流れ星を見に来た梨沙・・・展望台でクラゲの調整をしていた健吾と、運命の再会・・・

あたしゃね、このサイトを始めた時から何度も書いてるんですけど、
後ろからハグ=あすなろ抱きをされるとノックアウトなんどす。(笑)
キタ、キタ、キチャッターっ!ってなもんです。

一緒に帰ろう・・・帰ろう・・
このやろー!帰るに決まっとるやんかーっ!
うん、うん、ってうなづきながら抱きつく梨沙・・・
はぁ・・・よかった・・・ハッピーエンドで・・・

欲を言うならば・・・
二人で自転車に乗ったりとか、岡田家の食卓をみんなで囲んで「ヤバっ・・」とか言ったりとか、
もうちょっと見たい気もしたんだけどね・・・

クラゲ見ながらイチャつく提供バックの映像が最後に流れたんで・・・
もう、ヨシとしちゃいます!
長い目でみると、あのもずくがまた「借金作っちゃった」とか言い出しそうで怖いけど、
ま、今はハッピーだからいいよね!


  総評  
このドラマが始まったときから・・もしかして・・・とは思ってたけど、
回数を重ねるごとに、久々に感じるラブストーリーを見てキュン・・・な気持ちになれました!
ほんと、久しぶりだった・・・
上戸彩ちゃんがいつもと違う役ですごく魅力的だったし、
無駄にイケメンな竹野内くんが、激しくカッコよかったし、
何より、あんまり顔に表情が出ないからこそ恐ろしい憎まれ役を、見事に演じたゴローちゃん。
アンタの存在はデカかったで!
憎たらしければ憎たらしいほど、このドラマにのめり込んだ気がします。
終わっちゃって寂しいって気持ちと、幸せなエンディングに満足な気持ちとありますが、
ま、満足なドラマでしたよ!!


  ◇  ◇   「引き裂かれた絆」     2010.12.13.                             

あのきゅ〜んとくる抱擁のあと・・・・
ゆっくりやっていこう・・・ってことで、新たなスタートを決めた二人だったのに・・・
記者がやってきて、病院も水族館も騒ぎになっちゃって・・・

それでもさ、二人とも「本当に夫婦」って気持ちで乗り越えようとしてたのにさぁ・・・
もずく兄がよぉ・・・
梨沙が傷ついても、自分のもとに戻ってくるなら・・・って気持ちらしく、
健吾の家に忍び込んで撮影した通帳の画像を記者に見せる・・って言いだして・・・

まだまだ本調子ではない梨沙。
そんな梨沙を、マリアを、家族を守るため・・・健吾は決意する・・・
自分が矢面にたとう・・と。


記者に会いに行き、もずく兄の前で、ボクが梨沙を騙して肝臓をうばった・・って証言するのよ。
もずく兄が見せようとしていた通帳の画像も「これが証拠です」って自ら提示し・・・

何も知らない梨沙。
その梨沙を神谷医師に託し、警察に出張しようとしている健吾・・・
あたし、どこへ行けばいい・・・?また一人にするのかよ・・
そんな梨沙の言葉に、また泣けてきた・・・
梨沙にとっても、すでに大切な家族・・・大切な人なのに・・・(涙)


一方、自分が加害者だと証言してまで梨沙を守ろうとする健吾を見た修一の表情・・・
健吾のまっすぐな心が、このどうしようもない兄の気持ちを揺さぶるのか?
なのに・・・アホ兄・・・マリアの首に手をかけようとしてた・・?
アホーっ!
死ぬならお前が死んでしまえーっ!と叫びたくなりました。
でも、だからって・・・・まさか、飛び降り・・・?
確かに、いなくなっていただきたいと思いましたが、
そんな風に自分でピリオドをうつなんて・・・勝手すぎる気もする。

ま、どこまでも自分勝手な兄だった・・ってオチになるのかな?

いいんです、もずくがどうなろうが。
ただただ、健吾と梨沙が海にゆっくり漂う海月のように、
二人穏やかに幸せに暮らせる結末さえまっているのならば・・・。
お願いです。
明日、夜空にきらめくであろう流星群に、私もお願いしたい気持ちです・・・。


  ◇  ◇   「最後の夜」     2010.12.06.                             

無事に移植手術は終了・・・
マリアも拒絶反応なく、元気になったみたいで、
無駄にならなくてよかったぁ・・って感じっすな。

一足先に退院した梨沙は、新しい住まいを探すことに・・・
「ずっとここにいてもいいのよ・・」という健吾母だけど、
「契約だから・・」と頑なな梨沙。
「そうだよ、いていいんだよ。。」とは言わない健吾。
んもぉ〜!!!じれったいっ!!

マリアも、美奈子も、健吾の気持ちをわかっていた。
美奈子なんて、「健吾をお願い」とまで言い出すし・・・
でも、どんなに好きでも、「契約」で始まった関係・・・
そこに「お金」がからんでるだけに、気持ちを表には出せないよなぁ・・


そして最後の夜・・・
「駅から遠いんだろ・・」と自転車を買ってくれた健吾。
乗れない梨沙にレクチャー・・
いつもなら、音楽ベースの練習風景なんて「無駄」と感じてしまう私が、
始終、泣けてしまい、もっと二人、一緒にいさせてあげたい・・って思っちゃって・・・(涙)
離すなよ・・・いつか、離さないと・・・なんてやり取りがさ、二人の関係を物語っててさぁ・・・
切ないのぉ・・・


そして別れの時・・・
軽トラに荷物を載せて去って行く梨沙・・
健吾は思わず自転車で追いかける・・でも、離されて追いつけなかった・・
うんうんとうなづく健吾・・・
これでいいんだ、と自分に言い聞かせるように・・・


仕事場の水族館で、梨沙と出会った海岸に足を向ける健吾・・
そこに、梨沙がいた・・
水族館のクラゲを最後に見ておきたかった・・という梨沙を、思わず抱きしめる・・
言葉なんていらない・・
抱き合う二人に、また泣けてきちゃった・・・(涙)


しかーしっ!!もずくがよぉ・・・
記者にネタを流してやがって!!
でもね・・お金目的ではないようで・・
本当に、「梨沙」ではなく「梨沙を傷つけた岡田家」を傷つけたかったみたい・・・
なのに、もずく兄の思惑とは記事が載ってしまったよう・・
お金のために契約結婚をして臓器を売ったイメクラ嬢・・・っていう記事・・・
お前のせいで・・・今後、どうなっちまうんだよーっ!!
健吾は水族館を辞めないといけなくなっちゃうのか・・?
はぁ・・

契約で始まった関係を、一旦リセットした形になりました。
さぁ、これから二人はどんなふうに進んでいくのかなぁ・・
ラブストーリーなのに、きゅんきゅん♪っていうトキメキではなく、
しめつけられるような胸の痛みを感じるドラマでございますね・・・。(涙)



  ◇  ◇   「二人きりの夜」     2010.11.29.                             

ドナーになるって決めたの・・・
そういう美奈子だけど・・・・いろんな意味で遅すぎです。
まさか、いつのまにか、健吾も梨沙を大切な存在だと感じていたんですな。
わかりにくなったけどなーっ!(笑)

去る・・ってことになって、ようやくわかった・・ってことかな?

そして、大切な人に「去られた」マリアは、命のありがたみも感じつつ、
梨沙の思いを信じてみようと決意したようです。

そんなとき・・・・もずく兄が病院に臓器売買のFAXをしてきまして、
こりゃ大変!ってことになりかけたんだけど・・
神谷が盾となってくれました。
神谷もまた、梨沙と健吾の思いを信じようとしてくれたようです。

そしてオペの日の前日・・・
「覚えておいて・・」とお腹を見せる梨沙。
まぁ・・・・オコチャマみたいにすってんてんなポンポコリン♪なんてなことはおいといて・・・(笑)
そこで抱きしめちまえよっ!と、オッサン風にツッコんだりもしちゃいましたが・・・
何事もなく・・いや、二人きりの夜を過ごしまして・・・
いざ、オペ・・

ん・・・?
あの、もずくはいずこへ・・・?
黙ってるわけないじゃん・・・?と思ったら!!
あれは・・・・記者ですか?マスコミにネタを売るんですか?
「梨沙を奪われたくない」って思いがそうさせた・・ってだけではなく、
必ずそこに「金」をからませるあたり、さすがもずく。(もずくの概念が変わってきてる(笑))

オペ後、騒動になるんだろうなぁ・・・

でも、梨沙はオペ後、去っちゃうみたいね、契約通り・・・
だってさ、健吾ったらさ、「戻ってきてくれ・・・」って梨沙に言ったあと、
「好きなんだ・・・」とか、「大切なんだ・・」とか、気のきいたことではなく、
「そういう契約だろ?」とか、味気ないこと言っちゃうからさーっ!!

もぉ・・・

騒動前にいなくなるのか・・・・
いなくなってから騒動を知っちゃうのか・・・
とにかく、悪の根源・もずくマン次第ですな・・・・。


  ◇  ◇   「愛と死」     2010.11.22.                                 

どうせお金もらってんでしょ!
とっとと離婚して出て行って!!と言い放つマリア・・・
あとで神谷は、健吾に「マリアちゃんは、お兄さんを犯罪者にしたくないんですよ・・」って言ってたけど
そんな空気が感じられなくて、ただイラっ!!としちゃったわよ。
実際、涼太くらいに具合が悪かったら同じことが言えるんだろうか・・・?

その涼太君、病状悪化にて死亡・・・
あの携帯ムービの落語は反則ナリね。
泣かずにいられるかってのよ。
で、涼太の死、そして近づく自分の死・・・を感じ、マリアは生きたいと思うようです。
しかしね・・
アンタの口から「金銭が絡んだ移植」って神谷に言っちまったからね。
もう、アンタの意思で手術がどーこー、決められる段階じゃないんだわよ。


そのころ、もずく兄は・・
岡田家の母のところに行き、梨沙には手術を受けさせないと言っておりました。
お兄ちゃんとして、妹の体をきるなんざ・・・なんて、思いやりな感じの雰囲気に、
岡田母、見事に騙され金を払ってしまった・・・
この悪徳もずくが一度で引き下がるとでも思ってる??
あまーいっ!!
予告の病院へのチクリはもずく兄のせいか?

でも・・・ちょっと思うんだよね。
梨沙が健吾に恋して・・・・それがそんなに怒ること?
写真をビリビリに破くくらい・・?
それに、「お前の体に傷なんかつけさせない、お兄ちゃんが守ってやる」って言葉・・・
そこにお金を絡ませてはいるけど、ほんとにそんなことさせたくないんじゃないかな・・って気もするのよ。
このもずく兄の奥底の底にも、「妹を思う気持ち」ってのがあるんじゃないのか・・?

まさか、こっちも「出生の秘密」とか、そんなことはないよねぇ・・?(笑)

さて、マリアがオペを受けない!って言い張るもんだから、
梨沙は困って美奈子のところへ・・
オペが済んだら離婚してアンタとヨリ戻すってマリアに言ってよ・・・・って話してましたけど、
なんと、美奈子はん、それ以上のご決断を!
「私がドナーになる・・・」そうな。
まぁ、それが一番いいかもね・・・とも思うけど・・
もし、まだ健吾に美奈子を思う気持ちがあるのなら・・・
美奈子を苦しめたくない、この罪の共犯者にはさせられない、何より傷をつけるなんて・・って考えるよね?
予告で健吾は梨沙が必要だと言ってました・・
それは、梨沙を思って・・・?
それとも、美奈子を思って・・・?
なんだか、健吾の気持ちがちょっとは梨沙に動いてるのかどうか、
それが全然わからんので、ヤキモッキーでございます。(笑)



  ◇  ◇   「壊れた絆」     2010.11.15.                            

「私、もうすぐ死ぬの・・」とマリアは言う・・・
うーむ・・・どう見ても死にそうじゃないんですけど、(汗)

それに、落語を見に行っただけで倒れた涼太を連れまわし(勝手についてきたんだけど)、
あんなに顔色悪そうなのに気づかない・・ってのは、おかしくないか?って気がする。
死にそうな自分の病気と同じ・・って知ってるんでしょ?
いくら自分の置かれている状況で精一杯だとしても、ひどすぎです!
自ら病院に行かなかったらどうなってたことか・・・
ったく、このマリアの設定には納得いかんとこが多いわぁ〜!

で、そのマリア・・
実は、父親が浮気して作った子どもなんだと!
へぇ・・・あんだけ「マリアの命が!」ってお母さんが言ってたので、
お母さんと血のつながりがあるのかと思ってたけど違ったんだ・・・
健吾は父が許せなくて家から追い出し、愛人とマリアと住んでいた父が火事で死亡・・
マリアだけ生き残って、健吾が罪滅ぼしに・・・とマリアを引き取ろうと言いだしたみたいね。
で、マリアはそのことを知らないと思いこんでたけど、実はとっくに知ってた・・と。
マリアは、母が苦しんでマリアと死のうとした湖の記憶をたどり、
そこで自分の選ぶ道を見つけようとしていたらしい・・・

その話はマリアと梨沙の会話から発覚し、健吾たちはたどり着くんだけど・・・
「私、肝臓はもらわない」と言いだすマリア。
まぁ、もらわなくても生きていけそうな顔色してるけどね・・・(しつこい?(笑))
そして、湖に入って行こうとしているマリアを止めようとする梨沙に、
家族のことだから放っておいてくれと言わんばかりの態度の健吾・・・
ううう・・・そりゃ悲しいなぁ・・・
ここが辛いところよ。
梨沙は健吾を完全に好きになっていってる・・・
でも、健吾はまだ梨沙を「ドナー」としてしか見てないもんねぇ・・
切ないでやんす・・・


そのころ・・・
もずく兄は・・・
看護師をたぶらかし、いただいちゃったうえに、情報までゲットしてやがりまして・・・
無人の岡田家に入り込み、健吾の部屋で通帳を探し出してました!
どんだけ鼻が利くんだか!!
そして、そこで「夫婦らしくするために行った旅行の写真」を見つける・・・
その写真に写った妹の表情を見て・・・気づく・・・
梨沙が、健吾を好きだってこと・・・
いやーな意味で、兄妹なんだよねぇ・・
妹の表情だけで気持ちがわかっちゃうんだもん!!

で、もずく兄よ・・・何を考えてる・・・?
300万が梨沙に渡ったと知り、さらに引き出そうってか?
じらすために「妹の体に傷は・・・」って言いだすのか?
はぁ・・どこまでも憎たらしい・・・(笑)


  ◇  ◇   「衝撃の告白」     2010.11.08.                            

なんか、久々にグググと入り込んでるな、月9に、あたい。(笑)

梨沙との結婚を疑いだした神谷先生ですが・・・
まぁね、まさかね・・ってなもんですよ。
前の彼女と別れた、新しい彼女と電撃結婚した・・なんて、おかしくないもんね。
ただ、「まだ妹に言ってない」ってのはひっかかるけど・・・
それは妹の病状を考えて・・ってことにしちゃえば、なんとかうまく誤魔化せたね・・・って気もしますけど・・・
まだまだ100%納得はしていない様子ですな・・・

次なる問題は、いつマリアに話すか・・ってことだけど、
なんと、お互いの素性も知らずに、マリアと梨沙が親しくなっちゃってて!
困ったちゃんだわねぇ・・(汗)
オマケに、咄嗟に結婚の事実を隠しちゃう二人・・・
おいおい、どうすんだよ・・ってなもんです。
梨沙は、健吾に、いい家族なんだから、ウソつかずに全部話せばいいのに・・・というのよね。
悩む健吾・・・


そんな中、もずく兄・・・あ、違った。(笑)
修一が虎視眈々と健吾に近づいておりまして!
また借金取りに追われてるもんだから、必死っすよ、っとに!
順二さんが警戒したり、看護師さんがテキトーにあしらってくれたので、これで大丈夫・・とは思えなかったけど、(笑)
なんと、家に来やがった!
慌ててマリアが連れ出すも、「結婚したのか・・・カレは貯金あるのかなぁ・・」と早速金について話しやがる!
「私が働けばいいんだろ・・・あの家族には近づくな!!」という梨沙。
アンタが働いて金を渡しても、健吾に近づくこと、間違いナッシング!!
甘いよ、梨沙ちゃん!!

とっとっと、驚いたことに、そこに健吾が!
健脚でんなぁ・・・自転車で追いかけてきてましたよ!!
借金で苦しめられてる・・・こりごり・・・って梨沙が言ってたので、またか!って追いかけてきてくれたのね!
そして・・・
「梨沙はボクの妻です!連れて帰ります」とキッパリ!
こらーっ!惚れてまうやろーっ!!(笑)

オマケに、「梨沙!!帰ろう、一緒に・・・」ですと!
「梨沙」とか呼び捨てにしやがってぇ〜!
無駄にイケメンのくせにぃ〜!(←意味不明(笑))

そして一時退院を神谷が許可し、マリアが帰ってきました・・・
梨沙を見て驚くマリア・・
そして、まずは漢族移植が必要なほどに状態が悪いことを話し、
マリアが承諾さえすれば移植できる・・・っていう健吾・・
移植を誰に・・・とかより、まず、そこまで私の体は悪いのか?ってショックだよね。
そして、おそらく、「愛のない結婚」であること、「美奈子との別れ」についても気づいたであろうマリア・・・

笑顔で「手術を受ける」と言ってたけど、かなりのショックみたいです。
まぁね・・・わからんでもないけど・・
ここはありがたく、事を荒立てずに受け取っちゃいなさい・・・
あのもずく兄がこの取引について知る前に終わらせたいのよぉ〜!!
・・・んなわけにはいかんだろうけど。(涙)


そうそう、やっぱりマリアと健吾は異父兄妹っぽいですね。
「あの人やお父さんが生きてたら。。」ってお母さんが言ってたもんね。
その事実もいつかマリアが知るときがくるのかねぇ・・・?

結構楽しみなドラマになっちゃってます!
無駄にイケメンなくせに、無駄に優しい健吾・・・そして揺れる梨沙・・・ってのが切なくてさぁ〜!


  ◇  ◇   「二人の秘密…」     2010.11.01.                            

あはっ!とんだ勘違い♪
神谷と梨沙、美奈子は何の関係もないようで・・・(汗)
健吾と結婚した梨沙は、早速検査のために病院に行き、神谷から説明を受ける・・
なのに、神谷はマリアから「これがお兄ちゃんの婚約者の美奈子さん」って聞かされて・・・
健吾と梨沙の結婚に疑問を持つ・・ってことか・・・
契約結婚ってことがバレたら大変なのにぃ〜!
とりあえず、美奈子とはわけあって別れたので、この人と結婚するって話しとけばよかったのに!
あ・・・でも、涼太の姉ちゃんのせいで、「涼太は移植が必要な病気・・・ってことは、私も移植が必要・・」って
なんとなくわかっちゃったしなぁ・・
うーむ・・・

そんなことはよそに、梨沙の肝臓は移植可能・・・ってことになりました。
安堵する健吾を複雑な目で見ている梨沙・・
すでに「肝臓のための結婚」ってことにちょっと心がモヤモヤ・・・っときてるのか・・?
梨沙にとって、「岡田家」が居心地のいい場所になればなるほど、
複雑になっていくんだろうなぁ・・・・


さぁ、そして!アホ兄ですよ!
梨沙が行方をくらましたと気づき、ごみ箱の中から水族館のチケットの半券を・・・
そこにご丁寧にスタッフ紹介の看板があって・・・
早速健吾に近づいちゃったよ!
でさ、あんまり疑われないような言い方しやがってさぁ〜!

次回は、契約結婚でもなんでも、マリアが救えるのならいいでしょ・・?って感じの梨沙に、
神谷は医者としての「倫理」を曲げることができるのか・・?ってとこでしょうか。
難しいよね。
これを許したら、誰もが「金で臓器を買う」ってことを承認しちゃうわけだからさ・・・
そして、全然消える気配のないアホ兄の存在!(笑)
ますますジャマしてきそうでんなぁ・・・
金が絡んだ契約結婚ってことを知ったら・・
どんどん上乗せしてきそうだし!
あぁ・・・うっとーしい・・・でも目が離せない・・・
何より、ゴローちゃんが出てくるとお決まりのダークなBGMが流れるのが笑える。(笑)



  ◇  ◇   「命がけの想い」    2010.10.25.                            

そうさね、そう簡単に「金と臓器を交換、おーわりっ!」ってわけにはいかんわね。(笑)


三百万の借金の肩代わりと交換に、肝臓を分けてやってもいいと言う梨沙。
今夜は泊めて・・という梨沙を家に連れて帰り、母に話をする健吾ですが・・
とりあえず、この時点で梨沙は行くとこがないわけで、話半分でOK・・・って感じよね。
岡田家としては深刻なんですけど。(汗)

店からカレシに返す金・300万を借りた梨沙は、また借金返すために店にいくことになるんだけど、
そこに修一が!
憎い、死んでくれたら・・って思う反面、傷つけてしまった兄・・・
どうしたらいいかわからなくて、「てんちょー!この人が!!」って叫んで、
兄ちゃん、ボコボコにされちゃいました。(笑)
ざまーみろっ!ってツバでも吐いて捨てちまえばいいのに、こんな兄ちゃん!
なのに・・・梨沙は兄を連れて家に帰っちゃったようですな・・・
放っておけない兄ちゃんなの?
こんなに苦しめられてるのに?
こんなアホでも、昔はいい兄ちゃんだったとか・・?(涙)


連絡しても電話に出ず、姿を見せなくなった梨沙・・・健吾や母は「やっぱり・・・」って諦めモードですが・・
健吾は、梨沙の勤め先の名刺をもらってたので、店を訪ねてみるのさ。
で、あとをつけて家まで訪ねる・・・
そこにいたのは修一!
家族はいないって梨沙は言ってたので驚く健吾。
そこに戻ってきた梨沙は、兄の前では「面倒な客」として健吾を追い返すのよね・・
きっと、悪魔の兄の餌食に健吾がなったら・・って考えてくれたのかな?
いや・・・時すでに遅しですよ・・・・
目、つけられちゃいましたから・・・(涙)

どんなことするんだろ・・・?
憎たらしいけど、気になるわ。(笑)

大きな荷物を抱えて健吾を訪ねてきた梨沙。
婚姻届を出し、もう、アンタしかいないの!!と言うのよね。
そしてサインをする健吾・・・
・・・ん?そこは代筆でもかまわん欄じゃ・・?自筆は一番下の欄じゃないの・・?とか、
んなことをツッコミたくもなりましたが、
とりあえず、契約結婚へ一歩踏み出した・・ってわけね。

さて、人間関係が複雑になる兆しが一つ・・・
マリアの担当医師の神谷、昔の彼女が忘れられないっぽいけど、
まさか・・・美奈子??
世間は狭いねぇ〜!!
ま、健吾と別れたわけだし、問題ないか?って気がするんだけど??
いや・・・もしや、梨沙のほうか?
健吾が結婚する相手として梨沙を連れてきてビックリ!
で、健吾は美奈子と言う別の女性と結婚するはずだったことをマリアから聞き、偽装結婚と気づく・・とか?
ってか、美奈子としては「やっぱり無理・・・ごめん・・」って自分から別れておきつつも、
健吾があっさりと別の人と結婚すると知ったら・・複雑だろうね?
きっと、そこに「マリアの肝臓」ってのが関わってるって気づくだろうし・・・
すんなりと「結婚→移植→離婚」とはいかない筋道がたくさんでてきそうですな・・・(汗)

気になるのは、涼太の存在。
マリアが自分の病気を知り、向き合うために必要な人材なのかね?
それだけのためだとしたら、尺、取りすぎだよなぁ・・
正直、うっとーしいキャラなので、それほど出てこなくてもいいな・・・個人的には・・・(滝汗)
っていうか、やっぱり、お元気そうで深刻さが伝わらないきいちゃんのお姿も問題やな・・・

妹をどんなことをしても助けたいと思う健吾を見て、梨沙はどう思っただろう・・
自分の兄は自分を食い物にしてる最低の男だってのに・・
そんな兄でも捨てられない自分・・・
複雑だろうなぁ・・・と、考えずにはいられないお話でございますな。


  ◇  ◇   「最愛の人は一年の命 契約から始まる愛!!」   初回69分SP  2010.10.18.       

なんか韓国ドラマとかでありそうな・・・話な気もしなくはないけど・・・(韓国ドラマは契約結婚話がけっこうあります。(笑))
でも、なかなか面白かったと思いますよ。
なんせ、上戸彩ちゃんがちょっと汚れ・・な感じで良い!

いつものイメージとはガラリと違いますよね!
あんな風に足を出すのも初めて見たかも・・って気がするし。

それにしてもゴローちゃん・・・。
いや、お兄ちゃん・・・最悪やな・・・。

一体いくらの借金を妹に押し付けて逃げてんだよ。
イメクラで働いて、やっと返し終わった・・
イメクラのことは内緒にして付き合ってきた誠(大東俊介)との未来が見えてきた・・と思ったのに・・・
妹・梨沙を見つけ出した兄ちゃん・修一は、携帯から誠にコンタクトをとり、
店を出す資金を投資に・・・と持ちかけて、300万を奪っちゃった!
はぁ・・・もー、ほんと、マジで嫌いですよ、ゴローちゃん。(笑)
オマケに、梨沙に向かって「お前の借金だって返せるし、イメクラなんかで働かなくても・・・」と誠の前で平然と・・
こらこら、空気読め?
いや、わざとだな、ありゃ・・・
で、誠は当然ドン引き・・・で、ほぼお別れ状態・・・
失意の梨沙は、兄ちゃんと刺し違えようくらいの勢いだったけど、いざ血を見ちゃうと・・・
で、一人、踏切の中に・・
そこで梨沙を止めたのが、健吾です。

健吾は、妹が重い肝臓の病で、移植が必要だけど自分も母も適合せず、
家族の中からドナーを探すも、断られつづけ・・
どうやら何かあるみたいね、この家族。
叔父さんの口調からすると、血のつながらない娘か?
お母さんの連れ子・・・とか?
とにかく、可哀想だけど、身を切るほどの関係とも思えず・・・みたいな?
途方に暮れたお母さん・・・
なんと、健吾の婚約者・美奈子に土下座!!
大好きな人の妹だもん、助けてあげたいよね?その気持ちはあるんだけど・・
でも、正直、怖い・・・親に反対されてホッとした自分が悲しい・・・
だから、結婚も白紙に・・ってことみたいね。
妹の命、自分の結婚・・どんどん暗い方へ動き出しちゃった健吾の未来・・
そこで、梨沙との出会い・・ってわけだ。

水族館で梨沙に出会っていた健吾。
梨沙のイメクラ名刺に「O型」と書いてあるのを見ていた・・
ここにも妹と同じO型の人間が・・
血がつながってなくても家族なら移植してよくて、家族じゃなかったらダメなんて理不尽・・・
そんな思いで覚えていたんだろうね。
借金を苦に自殺しようとしていた梨沙に、僕が返す、だから結婚してほしい・・と持ちかける健吾・・

ま、普通、は?何言ってんの??って話っすよね。
で、ちゃんと話を聞いてみれば、体(臓器)と交換に・・ってことになるわけで、
結局は体目的・・・ってことで、最初は受け入れないのかな?
でも。。。どうせあのバカ兄ちゃんが、すごい車を買っていたので・・すごい借金が膨らんでるんじゃね?
どーしようもない兄でも、見捨てておけなくて、契約結婚・・って流れかしら?
でもね・・
きっと、そんな中、愛が芽生えていっちゃう・・って流れでしょ?
そうなると。。最終的に、やっぱりあのバカ兄の存在がすんごい迷惑なことになりそうな予感よ・・・?

それに、「愛」の前に「契約」ってのがあると・・・・「愛」が信用できなくなっちゃうからねぇ・・
難しい恋になっちゃいそうですね・・(涙)

結構面白く拝見しました。
次回も楽しみに見たいと思ってます。
ただね・・・きいちゃんが、あまりにもお元気そうで、全然切羽詰まって見えないのが・・・・なんとも・・・(滝汗)



★ STORY ★ 人生に絶望した男女が偶然に出会い、さまざまな困難を乗り越え、 「本当の愛」を真正面から問いかける切ない姿を描く。
★ 期待度 ★ 竹野内くんで月9っていうと、「氷の世界」を思いだすんだけど・・これはラブストーリーなんだよね・・・。